Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ラモスらレアル勢は監督就任話を事前に知っていたとスペイン紙が報道

     スペイン代表のフレン・ロペテギ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前日に電撃解任されるという大激震が、世界中を駆け巡っている。騒動の発端となったのは、ロペテギ監督が来季からレアル・マドリードの指揮を執ると発表されたところにあるが、スペイン紙「マルカ」によると、この人事はクラブ、代表ともに主将を務めるDFセルヒオ・ラモスを筆頭にレアル勢は事前に知っていたと衝撃的な内容を報じている。

     レアルは現地時間12日夕方にロペテギ監督が来季の監督に就任することを発表。これに激怒したスペインサッカー連盟(RFEF)が、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長やかつての名選手で技術委員長を務めるフェルナンド・イエロ氏(ロペテギの後任監督就任が決定)が解任の決断に至った。その直前まで選手側からは慰留の声があがったようだが、所属クラブによってその“情報差”があったようだ。

     それは来季から新指揮官を迎え入れるレアルの選手たちだ。剛腕で鳴るフロレンティーノ・ペレス会長はすでにキャプテンであるS・ラモスに対し、ジネディーヌ・ジダン前監督の後任最右翼としてロペテギの名前を伝えていたという。

     また、S・ラモス以外にもMFルーカス・バスケス、MFマルコ・アセンシオ、MFイスコ、DFナチョ、DFヘスス・バジェホもベースキャンプ地であるクラスノダール入りした時点で情報を共有していた模様だ。

     スペイン代表を主に構成するのはレアル勢だが、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、そしてヴィッセル神戸に移籍したMFアンドレス・イニエスタらバルセロナ勢、そしてMFコケ、MFサウール・ニゲス、FWジエゴ・コスタらアトレチコ・マドリード勢、そして各国リーグのメガクラブ所属選手も多い。今回の衝撃の解任劇で、選手たちの間に溝ができる可能性も決して否定できない。


    (Football ZONE web編集部)

    ラモス(左)らレアル勢はロペテギ氏の監督就任話を事前に知っていたと報道された【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】ロペテギ問題で波紋 主将ラモスらレアル監督就任を事前把握、スペイン代表内紛勃発か!?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    レアル新監督就任発表が引き金か

     2大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝を目指すスペイン代表に激震が走った。スペインサッカー連盟(RFEF)は13日、本大会開幕前日にフレン・ロペテギ監督の電撃解任が決定した。

     ロペテギ監督は12日、ロシアW杯終了後にレアル・マドリードの新監督になることが突如として発表されていた。5月22日にRFEFと2022年までの契約延長を果たしていたばかりだっただけに、衝撃の監督人事となった。

     スペイン「ラジオ・マルカ」によれば、RFEFのルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長はロペテギ監督とレアルの間で交渉があったことを認識していたものの、W杯直前というタイミングでの発表に対して怒りを示していたという。

     これにより、RFEFはロテペギ監督に対する不信感を募らせたようだ。

     日本時間13日の17時半から記者会見が予定されていたが、1時間半以上も遅れてロペテギ監督不在の中で会見がスタート。主将DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)ら選手たちはロペテギ監督の続投を希望して説得していたとも報じられたが、ルビアレス会長は解任を決断した。

     ルビアレス会長は会見で、「我々は代表監督と決別した。我々は彼の幸運を祈る。スペイン協会は彼の仕事をさらに向上させないといけない。スペイン代表はすべての国民にとってのものだ。W杯まで2、3日でこんなこと(レアル監督就任)はできない。我々はこの決断を強いられた」と説明している。


    (Football ZONE web編集部)

    W杯開幕前日にスペイン代表監督を解任されたロペテギ氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】W杯開幕前日にスペイン代表激震! 来季レアル就任のロペテギ監督を電撃解任「我々は決別した」】の続きを読む




    (出典 img.qoly.jp)



    関西大学は6月12日、同大学の宮本勝浩名誉教授が試算した、スペイン・FCバルセロナに所属していたアンドレス・イニエスタ選手のJリーグ・ヴィッセル神戸入団による経済効果を発表した。経済効果は、全国で約99億2,783万円、関西で約79億4,226万円に上るという。

    ヴィッセル神戸の収入増加額を7億7,300万円、ヴィッセル神戸以外のクラブの収入増加額を4億2,322万円、イニエスタ選手が他の日本人選手の評価に与えるプラスの効果を1億円と推定し、3年契約で1年間約33億円といわれているイニエスタ選手の年俸と合計して45億9,622万円。経済波及効果を入れて99億2,782万円とした。

    同教授は、「チームと楽天において大きな宣伝効果になり、世界のサッカーファンの目を日本に向けさせた。日本においても新たなファン層の掘り起しにもつながると期待される。また、ヨーロッパで活躍した実績のある日本人選手たちが再評価されることになるだろう」とコメントしている。

    ※画像は本文と関係ありません

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタのヴィッセル神戸入団による経済効果は?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    今季は二冠達成の一方でCLはベスト8止まり「もっと勝ちたかったのは正直なところ」

     バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、13歳で下部組織(カンテラ)に入団し、以降バルサ一筋を貫いてきた。今季は2年ぶりのリーグ優勝を飾った一方で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8敗退。CL優勝は永遠の宿敵であるレアル・マドリードが果たし、どちらが良いシーズンを送ったのか議論が繰り広げられている。そんななか、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、バルセロナでアルゼンチン代表のキャンプを行っているメッシが、スペイン紙「スポルト」に自身の思いを語った。

    「僕たちは(リーグとカップ戦で)二冠を達成して素晴らしい一年を送った。確かに、CLを優勝することには意味があり、それが世間を騒がせる。でも、だからと言って、我々の結果に意味がないわけではない。リーガ優勝とCL優勝は全く違う。バルサのシーズンは劇的だった。シーズンを通してたったの3敗。残念ながらそのうちの一つはCLだったが、それでも二冠は素晴らしい結果だ」

     メッシはリーグとカップ戦の優勝に胸を張った。CL優勝数を比べると、レアルの通算5回に対し、バルサは4回。レアルが今季三連覇を達成した一方で、バルサはここ7年間でわずか1回にとどまっている。これについては、「もっとCLで勝ちたかったのは正直なところだ」と述べている。

     CL準々決勝はASローマと対戦。ホームの第1戦で4-1と優勢に立ちながら、第2戦で0-3と敗れ、アウェーゴールの差で敗退の憂き目に遭った。メッシは「準々決勝敗退は起きてはならないこと。特に、今回はファーストレグでリードしていた。あのような負け方をしたことで、敗退がより辛いものになってしまった」と振り返った。


    グリーズマン獲得の噂には「素晴らしい」

     レアルとリバプールが激突したCL決勝はウクライナの首都キエフで行われたが、メッシは母国アルゼンチンにいたために主にハイライトで何が起きたのかを確認したという。

     チームメイトのスペイン代表DFジョルディ・アルバは常にレアルの負けを望んでいるそうだが、との質問には「私はただ勝ちたいだけ。他のチームの結果に関心はない。だがバルセロナの選手としては、自分たちの出場していない(敗退した)大会で、我々のライバルに勝ってほしいとは思わない。でも、まず大事なのは、自分のチームが勝つということだ」と話した。

     決勝戦後にはレアルのジネディーヌ・ジダン監督が突然の退任発表をして世間を驚かせたが、メッシも「僕も驚いた。非常にびっくりした。全く予想していなかった」と言及。「彼には彼の理由がある。僕も自分の潮時を分かっている。彼がなぜ辞めたのかは私には分からないが、誰も彼を非難することはできない」と見解を述べている。

     今夏、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得を狙っているとされるバルサだが、これについての見解を聞かれると「僕はものを言える立場にはいない」と前置きしたうえで、「彼の優先順位が一番高いかどうかは分からないが、CLで再び優勝するにはベストプレーヤーが必要ということに異論はない。そしてグリーズマンはその一人だ。もし彼を獲得できたら、素晴らしい」と語った。


    (Football ZONE web編集部)

    メッシは今季リーグ戦で34得点を挙げ、2年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシは“アンチ・レアル”!? CL3連覇の宿敵に言及「勝ってほしいとは思わない」】の続きを読む



    (出典 www.golaco.club)



    1 ちょこぼΨ ★ :2018/06/10(日) 21:50:14.93 ID:CAP_USER9.net

     スペイン1部ベティスと契約したサッカー日本代表・乾貴士(30)が10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)にVTR出演し、試合後のセレモニーの裏側について語った。

     「ワールドカップ直前サッカーSP」にVTRで出演した乾は、試合後のユニホーム交換について語った。「基本は交換しない。恥ずかしいから(相手に)言えない」と話していた乾だが、エイバル所属時代の2017年5月22日にバルセロナ相手に2得点の活躍をした。試合後にメッシのもとを訪れ、ユニホーム交換を申し出たという。「2点とったから行けっかと思った」と語ったが、返事はまさかの「ノー」だった。

     「『先に(約束した)相手がいる』って…。あいつら試合前に予約しているんです」とチームメートとの“争奪戦”に敗れたことを明かした。「イニエスタに行こうかと思ったけど(メッシに)断られた後に行くのは失礼かと思って」と自重したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000205-sph-socc


    【【日本代表】乾貴士、メッシにユニホーム交換申し出るも断られていた…】の続きを読む

    このページのトップヘ