Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ


    日本代表も苦戦必至!? ブラジル代表DFの“空中妙技”が話題「足に羽が生えている」 



    圧巻の足技を披露したブラジル代表DFマルセロ【写真:Getty Images】

    ブラジル代表DFマルセロが高難度の“エラシコ”を空中で行う凄技を披露

     サッカー日本代表と国際親善試合で対戦するブラジル代表は、目前に迫った戦いに向けて黙々と調整を続けている。同国サッカー連盟は不動のサイドバックが練習中に繰り出した“空中妙技”を公式インスタグラムで動画付きで紹介。ファンから「魔法使いだ」「足には羽が生えている」と反響を呼んでいる。

     サッカー王国ブラジルは、練習の何気ない動作でも観る者を魅了してしまう。圧巻の足技を披露したのは、ブラジル代表DFマルセロ(レアル・マドリード)だ。

     ブラジルサッカー連盟は8日に練習風景を公開。そこでは本格的な練習が始まる前と思われるパス回しの様子が収められている。自身を含めて3人で三角形を作ったマルセロは、右側から来たボールを右足のアウトサイドで受け止めて外側に移動させ、そのまま瞬時に右足のインサイドで内側に切り返す“エラシコ”を繰り出し、左側にいたチームメイトにパスをつなげた。

    一秒にも満たない一瞬の出来事で、目で追うのも少々困難だが、同国サッカー連盟が「空中エラシコだ」とメッセージ付きで投稿した動画には、スロー再生も設けられている。 エラシコ自体は練習や試合でも目にすることはあるが、利き足とは逆の足でダイレクト、しかも空中にあるボールで何気なくやってのけてしまうところにマルセロの凄さが凝縮されていると言えるだろう。 

     卓越したテクニックに定評のあるマルセロだが、同国のインスタグラムにはファンから「マルセロは魔法使いだ」「サッカー界のアイドル」「センセーショナル」「君の右足には羽が生えている」「クラックだ」と驚きの声が多く寄せられた。順当に親善試合に出場するとなれば、日本にとって厄介な相手となるのは間違いない。

    【動画】足に羽が生えている!? ブラジル連盟が紹介したマルセロの“空中エラシコ”の瞬間


    【動画】足に羽が生えている!? ブラジル連盟が紹介したマルセロの“空中エラシコ”の瞬間

    ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本代表も苦戦必至!? ブラジル代表DFの“空中妙技”が話題「足に羽が生えている」】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2017/11/09(木) 00:13:48.12 ID:wkHO3Dns0.net

    こんなんいってええんか


    【海外サッカー選手「将来はバルサとか行きたいなあ」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/08(水) 08:14:42.75 ID:CAP_USER9.net

    48本ものシュートを放ちながら…。

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、リーガ・エスパニョーラで得点を挙げられずにいるクリスチアーノ・ロナウドへの信頼を強調した。

    だが、スペイン紙『As』が現地時間11月6日に伝えた数字は、今シーズンのC・ロナウドの決定力不足を如実に表わしている。

    4試合の出場停止により、11節を消化したリーガで7試合にしか出場していないC・ロナウドだが、それでもシュートの本数は48本を記録。
    データサイト『Opta』の情報として『As』紙が伝えたところによると、これは欧州5大リーグで8位に入る数字だという。

    ところが彼は、48本ものシュートを放ちながら1ゴールしか挙げていない。
    決定率は2.08%と惨たんたる数字で、こちらは5大リーグで710位という驚きの順位。
    シュート本数でトップ50に入った選手のうち1ゴールしか挙げていないのは、C・ロナウドのほかに3人しかいないという。

    また、シュート48本はR・マドリーの中で最多の数字。
    つまり、C・ロナウドはチームのだれよりも多くシュートを放ちながら、1ゴールしか記録できていないのだ。
    ちなみにマルコ・アセンシオはシュート30本(決定率13.33%)、イスコはシュート22本(同18.18%)で、ともに4ゴールを挙げている。

    5大リーグの得点ランクを見ると、首位のチーロ・インモービレ(ラツィオ)は49本のシュートで14得点(決定率28.57%)。
    2位のラダメル・ファルカオ(モナコ)は26本で13得点(同50%)と驚異の決定率を誇る。
    同じく13得点のエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)も、シュート数は41本(同31.71%)と見事な数字だ。

    12ゴールで4位につけるリオネル・メッシ(バルセロナ)は、5大リーグで最多となる69本のシュートを放ち(同17.39%)。
    59本でシュート数の2位につけるハリー・ケイン(トッテナム)は8ゴール(同13.56%)、シュート数3位のパウロ・ディバラ(ユベントス)は57本で11ゴール(同19.30%)だった。

    ジダン監督やキャプテンのセルヒオ・ラモスは、「ゴールは決められなくても、違いを作ることでチームの勝利に貢献している」と強調した。
    だが、これだけ決定力不足を露呈していれば、周囲が騒がしくなるのは当然だ。

    今シーズンが終わったとき、C・ロナウドの決定率はどのように変化しているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00032203-sdigestw-socc
    11/8(水) 6:30配信


    (出典 cjp.h-cdn.co)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 pds.exblog.jp)


    【C・ロナウドの決定力不足が深刻すぎる!決定率は欧州5大リーグで710位】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 豆次郎 ★ :2017/11/04(土) 11:48:50.01 ID:CAP_USER9.net

    2017年11月4日 9時49分
    ▽今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマール(25)の将来的なレアル・マドリー移籍が基本合意していると、スペイン『Don Balon』が報じた。

    ▽今夏に史上最高額となる2億2200万ユーロでバルセロナからPSG入りを果たしたネイマール。しかし、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が将来的なネイマールの獲得を望んでいるようで、代理人も務める同選手の父親とコンタクトを取っているようだ。

    ▽ペレス会長とネイマールの父親の関係は非常に良好のようで、最後の会合では同選手の将来的なレアル・マドリー移籍について合意したと伝えられている。ペレス会長は、FWクリスティアーノ・ロナウドの後釜としてネイマールにクラブの顔になってもらいたいと考えているようだ。

    ▽一方のネイマールは2シーズンをPSGで過ごすことを考えており、その後は状況を見て判断していくという。ペレス会長はC・ロナウドが最高のレベルを保ち続けるのは後1、2シーズンを見ており、2019-20シーズンに移籍の動きが出てくるとみられている。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13843941/


    【ネイマール、2年後のレアル・マドリー移籍で合意? 】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 数の子 ★ :2017/11/06(月) 16:19:46.37 ID:CAP_USER9.net

    11/6(月) 16:01配信 フットボールチャンネル

     リーガエスパニョーラ第11節の試合が現地時間の5日に行われ、レアル・マドリーはホームでラス・パルマスに3-0の勝利を収めた。この試合で、FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のアシストしたゴール後に見せた様子が物議をかもしている。

     序盤から優位に試合を進めたマドリーは、41分にCKからMFカゼミーロのヘディングで先制。56分には相手GKの弾いたボールから、MFマルコ・アセンシオが強烈なダイレクトシュートを突き刺してリードを広げた。

     さらに74分、右サイドのタッチライン際を疾走したC・ロナウドが縦パスを受けて中央へクロス。これにMFイスコが合わせて勝利を決定づける3点目を奪った。

     だが注目されているのは、このゴールが決まったあとのC・ロナウドの様子だ。自身のアシストした得点を喜ぶような素振りは見せず、ゆっくりとピッチを歩く。近寄ってきたチームメートたちとのハイタッチには応じたが、最後まで笑顔を見せることはなかった。

     スペインメディアはC・ロナウドの振る舞いについて、「奇妙なリアクション」「考え込むような様子で、失敗した後のように歩いて戻っていった」などと伝えている。

     1アシストは記録したC・ロナウドだが自身のゴールは生まれず、リーガでは3試合連続の無得点。今季7試合に出場してわずか1得点という結果にフラストレーションを募らせているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00239197-footballc-socc


    【自身のゴールがなければ不満? Cロナ、絶妙アシスト後の反応が物議】の続きを読む

    このページのトップヘ