Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ


    Cロナ、5試合の出場停止! クラシコで主審を押した行為に処分発表 | ニコニコニュース



    レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     スペインサッカー連盟(RFEF)は14日、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドに対し、合計5試合の出場停止処分および罰金処分を下す決定を発表した。

     マドリーは現地時間13日に行われたスペイン・スーパーカップの1stレグでバルサと対戦。敵地で3-1の勝利を収め、タイトル獲得に向けて大きく優位に立ったが、エースのC・ロナウドはこの試合で退場処分を受けてしまった。

     交代出場したC・ロナウドは80分に2-1の勝ち越しゴールを記録した際、ユニフォームを脱いでゴールを祝ったことで1枚目のイエローカードを受けた。さらにその2分後、相手エリア内での転倒がシミュレーションとみなされて2枚目のイエローカードを出され、退場となった。さらに、この判定を不服としたC・ロナウドは主審を突き飛ばしてしまった。

     RFEFの発表によれば、C・ロナウドは退場処分を受けたことに対して1試合出場停止および800ユーロ(約10万円)の罰金処分。また、主審を押したことに対して4試合出場停止および3005ユーロ(約39万円)の罰金処分を言い渡された。

     処分に対しては、10日以内に異議申し立てを行う権利が認められている。処分が確定すれば、C・ロナウドは16日に行われるバルサとの2ndレグに加えて、リーガエスパニョーラの開幕から4試合を欠場することになる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Cロナ、5試合の出場停止! クラシコで主審を押した行為に処分発表 | ニコニコニュース】の続きを読む


    C・ロナウド、主審への“暴力行為”が物議 スペイン紙「最大12試合の出場停止」を指摘 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    バルサ戦警告2枚で退場 主審への抗議の意味を込めて軽く小突く

     

     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間13日に行われ、スペイン・スーペルコパ第1戦の敵地バルセロナ戦で途中出場から1ゴールを決め、3-1の勝利を導いた。しかし、背番号7のエースはこの試合で2枚のイエローカードを受けて退場処分。この退場シーンではリカルド・デ・ブルゴス主審を突き飛ばしたことが物議を醸しており、スペイン紙「マルカ」では4〜12試合の出場停止が下される可能性を指摘している。

     

     ロナウドはゴール後にユニフォームを脱いで警告を受け、その1分後にはDFウムティティに背後から押される形で倒れたプレーがシミュレーションと判定されて退場となった。この際、ロナウドは抗議の意味を込めて主審を右手で小突いていた。

     

     スペインサッカーの規約96条によれば、ロナウドがしたような審判への軽度の暴力行為は4~12試合の出場停止の可能性があるとされている。ブルゴス主審は試合のマッチレポートに「レッドカードを提示した時、選手は異議のサインとして私を軽く押した」と記しているという。

     

     本拠地でのスーペルコパ第2戦には出場できないことが確定しているロナウドだが、その先の重要な試合にも欠場する可能性が浮上した。タイトル獲得に向けて大きな勝利を手にした一方で、大きな代償を支払うことになるかもしれない。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【C・ロナウド、主審への“暴力行為”が物議 スペイン紙「最大12試合の出場停止」を指摘 | ニコニコニュース】の続きを読む


    バルサがパウリーニョ獲得合意を発表 移籍金52億円、二度目の欧州挑戦へ | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    17日にメディカルチェック、違約金は155億円に設定

     

     バルセロナは14日、広州恒大からブラジル代表MFパウリーニョを獲得することで合意に達したと発表した。

     

     移籍金は4000万ユーロ(約52億円)。バルサ加入後の違約金は1億2000万ユーロ(約155億円)に設定されたという。現地時間17日にメディカルチェックを行い、その後に正式発表となる見通し。

     

     バルセロナは今夏、ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンへ移籍。その後釜探しの様子がメディアを賑わせていたが、ネイマール放出後、最初の新加入選手はネイマールとブラジル代表のチームメイトで、中盤センターを本職とするパウリーニョとなった。

     

     29歳のパウリーニョは、2013年にコリンチャンスからプレミアリーグのトットナムへ加入。しかし、期待された活躍を披露できず、15年に広州恒大へ移籍していた。二度目の欧州挑戦で世界屈指のメガクラブへたどり着いた。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサがパウリーニョ獲得合意を発表 移籍金52億円、二度目の欧州挑戦へ | ニコニコニュース】の続きを読む


    「バルサからの移籍は死を意味しない」 PSGのネイマール、1G1Aデビューに歓喜爆発 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    フランス初陣のギャンガン戦で3-0勝利の立役者に 「プレーできれば僕は幸せ」

     

     パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールは、13日に行われた敵地ギャンガン戦でフランスデビューを果たし、1ゴール1アシストと躍動。3-0勝利の主役となった“魔法使い”は、「バルセロナからの移籍は死を意味するものではない。自分はこれまで以上に生きている」と充実感を爆発させている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     

    「人々はバルセロナを去ることは死を意味すると思っているけれど、それは逆だ。自分はこれまで以上に生きている」

     

     PSGデビューを果たしたネイマールはこう語った。バルセロナから2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でやってきた男は1-0で迎えた後半17分、鮮やかなスルーパスでウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニのゴールをアシストすると、同37分にはゴール前に進出し右足でダメ押し弾を決めた。

     

    「プレーできれば僕は幸せなんだ。フットボールは同じだ。国や街が変わっても、フットボールは変わらないんだ」

     

     

     

    「偉大な選手とのプレーは簡単なんだ」

     

     空前のメガディールで世界的強豪のバルセロナを去り、潤沢なオイルマネーを誇るPSGに移籍したことで守銭奴との批判も受けたが、当の本人はどこ吹く風。リーグアンでのプレーを、心から楽しんでいるようだった。

     

     近年強化を進めるPSGには、ネイマール以外にも名手が揃っている。「チームは良かったし、最高の試合ができた。デビューには満足している。偉大なクオリティーの持ち主とプレーすることは簡単なんだ。カバーニは偉大な選手。ディ・マリア、ヴェラッティ、モッタ、アウベスとのプレーも簡単だ。お互いを理解すれば、チームは向上できるんだ」

     

     ネイマールは新天地で、希望に満ち溢れていた。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「バルサからの移籍は死を意味しない」 PSGのネイマール、1G1Aデビューに歓喜爆発 | ニコニコニュース】の続きを読む


    レアル、敵地で先勝も…ジダン監督は「試合はまだ終わっていない」 | ニコニコニュース



    敵地で先勝した試合を振り返ったジダン監督 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグが13日に行われ、レアル・マドリードがバルセロナを3-1で下した。レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督の試合後のコメントを、同クラブ公式HPが伝えている。

    「勝利したことには満足している。しかし、まだファーストレグが終わっただけで試合は終わっていない。セカンドレグに向けて準備をするだけだよ」と試合はまだ終わっていないことを強調した。

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退場したことについては「審判について何か言うつもりはないよ。あのプレーについてはPKではないだろうけど、イエローカードでもないと思う。セカンドレグに出場できるようになることを期待している」とコメント。

     続けて「10人となった後のパフォーマンスも良かったね。最後まで勝利のために戦った。今はセカンドレグに向けて、しっかりと休み、準備をすることが大事だね」と試合を振り返った。

     また、3点目を決めたスペイン代表MFマルコ・アセンシオについては「彼のパフォーマンスに驚いてはいないよ。彼はスピードがあって、精度の高いキックがある。短い時間で結果を残すのは大変だが、ゴールを決めてくれて満足している。だが、満足しているのは彼だけではない。イスコやコバチッチも素晴らしかった。チーム全体の働きが良かったよ」と語った。

     セカンドレグは、レアル・マドリードのホームで16日に開催される。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアル、敵地で先勝も…ジダン監督は「試合はまだ終わっていない」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ