Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 Egg ★ :2018/04/24(火) 19:42:49.21 ID:CAP_USER9.net

    『フランス・フットボール』、『AFP』の両フランスメディアは23日、2017-18シーズンにおける「フットボーラーの総収入ランキング」を発表。2位に大きな差をつけ、バルセロナFWリオネル・メッシがトップになっている。

    昨年11月にバルセロナと契約を延長したメッシ。『マルカ』などのスペインメディアでは、年俸は4200万ユーロまで上がったとされ、世界最高給の選手になったと噂されている。

    そして、『フランス・フットボール』、『AFP』が発表した、給与総額や広告収入などを合計した「フットボーラーの総収入ランキング」で、堂々のトップとなった。メッシの総収入は、およそ1億2600万ユーロ(約167億円)にも上るようだ。

    2位は、長年メッシとともにフットボール界を牽引するレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド。昨季からおよそ650万ユーロアップの9400万ユーロ(約125億円)となったようだ。

    以降、今季開幕前にバルセロナからパリ・サンジェルマンへと移籍したFWネイマール、FWギャレス・ベイル(レアル・マドリー)、DFジェラール・ピケ(バルセロナ)と、スペインの2強関係者がトップ5を独占している。

    また監督部門では、マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョが2600万ユーロ(約35億円)でトップに立った。

    ●2017-18シーズン総収入トップ5選手

    1位 リオネル・メッシ:1億2600万ユーロ
    2位 C・ロナウド:9400万ユーロ
    3位 ネイマール:8150万ユーロ(約108億円)
    4位 ギャレス・ベイル:4400万ユーロ(約58億円)
    5位 ジェラール・ピケ:2900万ユーロ(約38億円)

    ●2017-18シーズン総収入トップ5監督

    1位 ジョゼ・モウリーニョ:2600万ユーロ
    2位 マルチェロ・リッピ:2300万ユーロ(約31億円)
    3位 ディエゴ・シメオネ:2200万ユーロ(約29億円)
    4位 ジネディーヌ・ジダン:2100万ユーロ(約28億円)
    5位 ジョゼップ・グアルディオラ:2000万ユーロ(約27億円)

    4/24(火) 12:09配信 ゴール
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000004-goal-socc


    【【海外サッカー】<メッシの収入はなんと167億円!>仏紙発表のランキングでトップに…監督はモウリーニョで約35億円でトップ】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    レアル公式ツイッターが練習でのワンシーンを公開

     前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を目指すレアル・マドリードは、現地時間25日にバイエルン・ミュンヘンと準決勝第1戦を敵地で戦う。

     その大一番での活躍が期待される一人が、スペイン代表MFイスコだ。今季は一時思うように出場機会を得られず、去就の噂も絶えないが、CL準々決勝ユベントスとの2試合ではともに先発。また、3月のスペイン代表戦でも出色のパフォーマンスを披露するなど、レアルにとってはバイエルン戦でも攻撃のキーマンになり得る存在だ。

     そんなイスコが、トレーニングで華麗な技を見せて話題を呼んでいる。レアル公式ツイッターが「超絶コントロール」とのコメント付きで公開した動画では、自身の左後方からのロングボールに対し、スペースに流れたイスコが軽くジャンプしながら右足を出して空中でトラップ。右足の繊細なタッチで完璧にボールの勢いを殺すと、足下にピタリと収めてすぐに右へターンし、追走してきた相手と対峙した。

     この華麗なトラップに、返信欄には称賛の声が殺到。「真の魔法だ」「世界最高」「クール」「魔法使い」「なんてクラックだ」「彼は足でボールを抱くようにして持った」など、誰もがその卓越した技術に脱帽といった様子だ。レアルの一員としてCL3連覇、そしてスペイン代表の新エースとして今夏のロシア・ワールドカップで輝きを放ち、歴史に名を刻む名手となれるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    レアルMFイスコの“超絶トラップ”に、ファンも脱帽している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアルMFイスコの“超絶トラップ”にファン喝采 「魔法」「足でボールを抱くように…」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    25日にCL準決勝バイエルンとの第1戦に臨むなか、レアルのペレス会長が優勝約束

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は現地時間25日に準決勝、バイエルン対レアル・マドリードの第1戦を迎える。通算二度目の3冠を狙うバイエルン、前人未到の3連覇を目指すレアルのマッチアップに世界中から注目が集まるが、剛腕で知られるレアルのフロレンティーノ・ペレス会長が13度目の欧州王座をサポーターに約束したとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

     リーグ戦、国王杯ともに振るわない戦いとなったレアルにとって、今季残されたタイトルはCLのみとなっている。CL決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン(PSG)を撃破し、続く準々決勝ユベントス戦もポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッドキックなどもあり、各国王者を撃破した。そして準決勝はブンデス6連覇を決めたバイエルンとタフな日程が続く。

     クラブ関係のイベントにGKケイラー・ナバス、DFナチョ・フェルナンデス、そしてラウール・ゴンザレス氏らOBと出席した同会長は「バイエルンは非常に強い相手で、とても難しい試合になることは分かっている」と相手をリスペクトしたが、このように話している。

    「選手たちはその魂を見せつけてくれるはずだ。我々は偉大なコーチを有しているし、私は人間として可能な欧州カップ制覇は全てできると信じている。新たな記録を作り、伝説に加え続ける。それこそがレアル・マドリードなのだ」

     欧州で抜群の強さを誇る“白い巨人”のプライド。「タイトルで見ても歴史的な時代なのだ。CL連覇を経験したクラブは我々以外なく、4シーズンで3回も制覇しているのだから。多くの相手が我々の団結力を撃破したいと思っているが、今後数年間このまま継続しようとしている」と同会長は語っている。

     勝利、タイトルが義務付けられるクラブにあって、会長の“3連覇予告”は信任を得るために必要な行動なのかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    レアルのCL3連覇をサポーターに約束したペレス会長(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアル会長、前人未踏の“CL3連覇”を予告 「新たな記録を作り、伝説に加える」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    世界最高峰のMFも感じる名門の重圧

     レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で前人未到の3連覇に向け、大一番となる準決勝バイエルン戦に臨む。チームの主力であるクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、スウェーデンのテレビ局「SVT SPORTS」のインタビューに応じ、レアルの一員で居続けることの難しさを吐露している。

     モドリッチは2012年にレアルへ加入後、細身ながら正確無比なパスと冷静沈着なドリブルで定位置を確保。ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロとはジネディーヌ・ジダン監督体制で鉄板とも言える中盤トライアングルを形成しており、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらのゴールを数多くお膳立てしている。

    「僕らはいい感じでプレーしているし、チャンピオンズリーグにかけては特にそうだよ。僕らは二つの優勝候補を破ったわけだしね」と、パリ・サンジェルマンとユベントスに勝利したチームの状況に手応えを得ている。

     ただ、それと同時にレアルでプレーする上で直面するのは、過酷なチーム内サバイバルだ。各国のエースクラスが集まり、なおかつファンやメディアからすべての試合での勝利、好プレーを求められる。その重圧は世界最高峰の司令塔であるモドリッチでさえも、ひしひしと感じるようだ。


    「今が幸せだし、キャリアの最後までレアルにいたい」

    「レアルというクラブでは、毎試合パフォーマンスの質を高いところに引き上げて出さなければならないんだ。なぜなら、それができなければクラブを去ることになるからね」

     モドリッチの言葉は、ポジションを争ったライバルを見れば分かる。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは昨夏バイエルンに去り、スペイン代表の新エース候補であるMFイスコにすら移籍の噂が絶えないほどだからだ。

     そうした過酷な環境でも安定感を見せ続けているモドリッチは、高い評価を受けて然るべき存在とも言える。「僕の契約はあと2年あるからね。今が幸せだし、キャリアの最後までレアルにいたいよ」とも語ると同時に、「もし叶わなければ……」と将来的なMLS(メジャーリーグサッカー)移籍も示唆した。

     それでもモドリッチの的確なゲームメイクは、今のレアルには不可欠。1日でも長くその技巧を目にしたいというマドリディスタが大半だろう。CL3連覇という偉業を達成し、その地位を確固たるものにできるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    司令塔モドリッチが、レアルの一員で居続けることの難しさを吐露【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】司令塔モドリッチ、“レアルで輝き続ける”難しさを吐露 「質の高さを示せなければ…」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/04/24(火) 00:51:24.95 ID:CAP_USER9.net

    スペインのスポーツ新聞『アス』は23日、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、今季限りでの同クラブ退団を検討していることを報じた。

    昨夏にバルセロナと1年の契約オプション付きの2年契約を結んだバルベルデ監督。しかし、来季以降もチームを率い続けることには迷いがある模様だ。

    その理由は、クラブ首脳陣との関係悪化にあるという。先のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグ、ローマ戦で0-3の敗北を喫し、同大会敗退により三冠達成の可能性が潰えたバルセロナだが、クラブ首脳陣のバルベルデ監督への信頼は、その一件によって大きく揺らいだともされる。

    スペイン『ムンド・デポルティボ』はバルセロナのCL敗退の際、もし同チームがコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦にも敗れた場合、クラブ首脳陣がバルベルデ監督解任に動く考えがあることを報じていた。それでもバルベルデ監督率いるチームは、セビージャに5-0で勝利し、リーガ・エスパニョーラではあと勝ち点1で優勝と、二冠をほぼ手中に収めている。

    だが『アス』曰く、バルベルデ監督は自身の解任の可能性も考慮したクラブ首脳陣に対する疑念を払拭できておらず、近しい人間に対して辞任を検討していることを伝えたという。

    なおバルセロナの選手たちはバルベルデ監督を支持しており、今後も支え続ける意志を同指揮官に示した模様。だがしかし、バルベルデ監督の選択肢には、今季限りでの辞任も含まれてしまったようだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000031-goal-socc


    【【リーガエスパニョーラ】バルベルデ、今季限りでバルセロナ監督辞任か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ