Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    コナミが“マドリードの久保”に関心「ビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

     日本代表MF久保建英は、現地時間10日にビジャレアルへのレンタル移籍が正式決定した。2020-21シーズンは保有権を持つレアル・マドリードプレーすることはなくなったが、レアル専門メディアによれば、近い将来に久保をゲームジャケット写真に起用するプランがあるという。

    コナミ、マドリードの久保をビデオゲームの表紙にするのを夢見る」

     このように見出しを打って取り上げたのは、レアル・マドリードの専門メディア「Defensa Central」だった。

     2019年夏にFC東京からレアルへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストマークして存在感を放った。2020-21シーズンは保有権を持つレアルでのプレーは叶わなかったが、今季リーガ・エスパニョーラ5位に入り、UEFAヨーロッパリーグ出場権を持つ強豪ビジャレアルへのレンタルが決まった。

     記事によれば、コナミが「レアル・マドリードパートナーに、久保を表紙で最高のスターとして扱うのを熱望している」という。

    コナミ? それともEAスポーツ? どっちのフランチャイズが主導権を握る? FIFAかプロ・レボリューションサッカー? それは世界中のすべてのeスポーツファンの議論になっている。マドリードは現状、年ごとに方針を変えている。レアル・マドリードは公式パートナーにまでなって、クリスティアーノ・ロナウドが表紙に登場した。2012年2013年がそうだった。サンティアゴ・ベルナべウ、ユニホームチャント……。すべてがコナミライセンスになっていた」

     一時はバルセロナ優勢の状態に変わったが、現在人気ゲームFIFAシリーズ2025年までレアルと提携を結んでいるという。

    コナミは地球中で最も成功を納めたチーム、そして愛国的な資産であるタケ・クボを抱えることを夢見ている。若き日本人クラックがすでに日本ではそうであるように世界的スター選手の中に割って入り、数年後にはプロ・レボリューションの表紙に現れる可能性があると見ている。PES 2026が出る頃にはクボが25歳になっているのだからどうなるのかは分からない。コナミではそうなれば何百万(ユーロ)の収入になり得ると計算しており、長い目で見てそのためにレアル・マドリードを次の加入者の一つにしたいと目指している」

     来たる新シーズン、久保がビジャレアルで確固たる結果を残せば、そのプランが実現するのも不思議はないかもしれない。
    Football ZONE web編集部)

    ビジャレアルへレンタル移籍した日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】久保建英、将来的な“ゲームジャケット写真”起用をレアル専門メディアが示唆 「コナミは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     マンチェスター・Uバルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレに関心を示しているようだ。11日、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。

     マンチェスター・Uは今夏、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得を目指していることが明らかとなっている。一部では個人合意に至っていることも報じられていたが、ドルトムントが要求している1億2000ユーロ(約150億円)の移籍金は新型コロナウイルスの影響を受ける現在の移籍市場では現実的ではないとマンチェスター・Uは考えており、交渉は難航している。

     そんな中、10日にドルトムントミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が「サンチョは我々の計画の一部だ。彼は来シーズン(2020-21シーズン)も一緒にプレーする。これは最終決定だ。これがすべての疑問の答えになるだろう」とサンチョの残留を明言。マンチェスター・Uは今夏の同選手獲得を諦めてはいないようだが、移籍実現の可能性は低いと見られている。

     そこで、マンチェスター・Uは代役としてデンベレ、バイエルンフランス代表FWキングスレイ・コマン、ユヴェントスブラジル代表FWドウグラス・コスタらをリストアップしているという。

     その中でも、同メディアマンチェスター・Uがデンベレ獲得に向けて非公式ながらバルセロナと会談を行ったと報道。バルセロナ側はケガに悩まされている同選手へのオファーを聞き入れる方針で、非公式ながら買い取りオプション付きのレンタル移籍で交渉が行われたという。現時点では正式なオファーは確認されていないようだが、今後の動向に注目が集まっている。

    バルセロナに所属するデンベレ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】サンチョ獲得難航のマンU、デンベレが代役候補に…非公式ながらすでにバルサと接触?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sport-japanese.com)



     バルセロナの選手たちが8月11日PCR検査を受診し、全員が陰性反応だったという。スペイン大手紙『アス』電子版が伝えている。

     バルセロナ8月14日UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝バイエルン戦をポルトガルの首都リスボンで戦う。UEFAのプロコトルでは、試合の72時間前にPCR検査を受けなければならず、陽性反応者が出た場合、該当者は隔離され、その他の選手も活動を停止して再度の検査を受ける必要があった。

     しかし、今回の検査では全員が陰性となったため、チームは予定どおり8月13日にリスボン入りすることとなる。

     ただし、これはあくまで第一関門を突破した段階に過ぎない。選手やチームスタッフはリスボン入りした後にもPCR検査を受けなければならず、これが14日に試合を行えるかどうかの最終関門となる。再び全員が陰性だった場合は、晴れてバイエルン戦に臨めることとなる。

     バルセロナの選手たちはこれまで、ラ・リーガUEFAに義務付けられたすべてのPCR検査で陽性反応者を出しておらず、選手たちは新型コロナウイルス感染回避に向けた意識の高さを示している。

     報道によると、リオネル・メッシら数人の選手は、新型コロナウイルスを除去する特殊なマットレスを購入して快眠に努めるなど、感染防止に向けた慎重な行動を続けているという。

    CL準々決勝でバイエルンと対戦するバルセロナ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルセロナ、決戦72時間前のPCR検査で全員が陰性…第一関門突破でリスボンへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    2019-20シーズンアーセナルプレーしたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)に関して、レアル・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペインマルカ』が報じた。

    昨夏、出場機会を求めてアーセナルに活躍の場を移したセバージョス。負傷による離脱もあったが、公式戦37試合で2ゴール2アシストの成績を収め、クラブのFAカップ制覇に貢献。しかし、買取オプションが付随していないこともあり、マドリー復帰が既定路線となっている。

    しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が戦力に含めていないことから3500万ユーロ(約43億7000万円)前後の値札を貼ったとも報じられ、自身が望むアーセナルへの完全移籍や、古巣のレアル・ベティス、バレンシア移籍の可能性が取り沙汰されている。

    そうしたなか、マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でマンチェスター・シティの前に敗退。この敗戦を受けて状況が変わったマドリーは、中盤の強化を検討しており、コロナ禍の影響による財政難で、保有権を持つセバージョスの呼び戻しを考えているとのことだ。

    最終的な判断はジダン監督次第だというが、クラブはプレシーズンパフォーマンスで判断を下してほしいと考えている模様。なお、レアルソシエダにレンタル移籍中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)も復帰する可能性があるようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】セバージョスはマドリー復帰? 最終的判断はジダン監督次第】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    ウスマン・デンベレ 写真提供: Gettyimages

     マンチェスター・ユナイテッドバルセロナフランス代表FWウスマン・デンベレの獲得に興味を示しているようだ。11日、英メディア『ESPN』が報じている。

     かねてからボルシア・ドルトムントイングランド代表FWジェイドン・サンチョの獲得に対する興味が噂されているユナイテッド。しかし、最近ではドルトムントミヒャエル・ツォルクスポーツディレクターサンチョの残留を示唆したことや、ドルトムントが同選手との契約を秘密裏に2023年までに延長していたことが報道されており、サンチョドルトムント残留が有力視されている。

     そんな中、ユナイテッドプランBとしてデンベレをリストアップしているようだ。デンベレは2017年ドルトムントからバルセロナへと加入したものの、度重なる怪我の影響もあり思うように結果が残せていない。そのためバルセロナも同選手の売却に前向きな姿勢を示しているようだ。

     また、同メディアによるとユナイテッドは既に非公式ながらもバルセロナとの交渉を開始している模様。デンベレに関してはユベントスなども興味を示していたものの、ユナイテッドサンチョ獲得を断念した場合、同クラブポールポジションに位置することになるようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マンU、サンチョ獲得の代替案にデンベレをリストアップか…】の続きを読む

    このページのトップヘ