Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ

    no title


    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ナポリvsバルセロナが25日に行われ、1-1で引き分けた。

    リバプールザルツブルク、ヘンクと同居したグループEを3勝3分けの2位で通過したナポリは、12月アンチロッティ前監督の解任を断行した中、ガットゥーゾ監督を招へい。公式戦ここ7試合で6勝とチーム状態を上げた中、守備の要クリバリを負傷で欠いたが、それ以外はベストメンバーで臨んだ。

    一方、ドルトムントインテル、スラビア・プラハと同居したグループFを4勝2分けの首位で通過したバルセロナは、スーペル・コパでの敗戦を受けて1月にバルベルデ前監督の解任を断行。セティエン監督を迎え、コパ・デル・レイこそ準々決勝敗退に終わったが、ラ・リーガでは4連勝中で首位に浮上し、次節レアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、ナポリ戦を迎えた。

    ビダルを3トップの右に据えたバルセロナボールを握る展開で立ち上がった中、ナポリはメルテンスのみを最前線に残す[4-5-1]で応戦したため、静かな序盤戦となった。

    そんな中30分、ナポリが最初の決定機をモノにする。ジュニオールフィルポのトラップミスを突いたジエリンスキがボックス手前右まで持ち上がって中に折り返すと、ボックス手前左のメルテンスがトラップから右足を一閃。完璧なシュートゴール右上に決まった。

    先制後もナポリが自陣に引いてスペースを消す中、攻めあぐねるバルセロナメッシを完全に封じられ、枠内シュートを打てずに前半を1点ビハインドで終えた。

    迎えた後半も同様の構図で試合が推移する中、ナポリはメルテンスが54分に負傷のためミリクとの交代を強いられた。

    すると57分、バルセロナが一瞬の隙を突いてアウェイゴールを奪う。ブスケッツのスルーパスでボックス右のスペースを突いたN・セメドのクロスグリーズマンが押し込んだ。

    失点を受けて重心を前に上げたナポリはインシーニェが個人技から枠内シュートを浴びせれば、63分にもカジェホンがGKと一対一に。しかし、テア・シュテーゲンにセーブされた。

    終盤にかけてはバルセロナが押し込む流れが続いた中、互いに決定機なく1-1で終了。3月18日にカンプ・ノウで行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。


    ルイス・フィーゴも生解説!伝統の一戦クラシコ
    WOWOWにて生中継!
    ■詳細はこちら>

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ナポリ先制もバルサがグリーズマンのアウェイゴールでドロー!】の続きを読む




    (出典 img.footballchannel.jp)



    ライオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

    2019/2020ラ・リーガ第25節、バルセロナ乾貴士が所属するエイバル相手に圧勝(5−0)し、リーグ1位の座を取り戻した。来週月曜3月2日(日本時間)に行われる現在2位のレアル・マドリードとの大一番「エル・クラシコ」に向けても、エイバル戦は勢いをつける大事な一戦となった。

    しかし、そんなピッチ上での好調に反して、現在バルサピッチ外にて、選手、フロントサポーターなどを巻き込む大きな問題を抱えている。

    ここ数日、バルサに関する事実か噂かはっきりしない様々な情報が挙がっているが、事実であればクラブの大きなピンチとなり得るだろう。今年になって表に出た不可解な出来事をまとめてみる。

    キケ・セティエン 写真提供:Gettyimages

    シーズン途中の珍しい監督交代

    バルサ2020年は不思議な監督交代から始まった。2017年の夏から監督を務めていたエルネスト・バルベルデが1月14日(日本時間)に解任となり、後任として選ばれたのは2017年5月から2019年5月までレアル・ベティスで指揮を取っていたキケ・セティエンである。

    その瞬間から、バルサにとって珍妙なシーズンとなることを想像した人は多いだろう。ブラウグラナ(バルサの愛称)がシーズン途中に監督を変えるのは滅多にないことで、最後にこのようなシチュエーションが起こったのは、2003年ルイ・ファン・ハール監督解任の時だった。

    セティエンが監督となってからプレーに迷いが出た試合もあったが、新しいコンセプトに慣れなければいけないチームにとっては当然のことだ。しかし、これに関する深刻な状況が、2月に入ってから明らかになり始めた。

    リオネル・メッシ 写真提供:Gettyimages

    SDアビダル氏の発言とメッシのリアクション

    2月の始まりにバルサスポーツディレクター(SD)であるエリック・アビダル氏が、バルベルデ監督の解任に関してこう語った。

    「数人の選手がバルベルデとの関係を不安に思っていた。ロッカールームでの雰囲気は悪くはなかったが、私も選手だったので何かがおかしいことを感じ取って、監督解任という選択をした」

    そして、この発言に対してリオネル・メッシが強いリアクションを示したのだ。2月4日に、以下のような発言をしている。

    「誰かが選手の話をする時は、名前をきちんとあげるべきだ。そうじゃないと全員に泥がつくこととなり、でたらめも生まれる」

    このやり取りの後、状況が落ち着く様子は全く見られず、さらにクラブの信用が疑われるような大きなトラブルが表に出た。

    カルレス・プジョル 写真提供: Gettyimages

    I3 Ventures社によるネガティブキャンペーン

    『カデナ・セール』というスペインテレビ局が取り上げた話題の1つが、もし事実なのであれば大変なことになる。ジョゼップ・マリアバルトメウ会長率いるバルサの幹部陣が『I3 Ventures』という企業と契約を交わし、SNSを通じてバルサの選手を含めた特定の人物を批判させていたと報じられた。

    クラブはすぐにその報道を否定し、I3 Ventures社との契約はSNSにおけるバルサに対するポジティブメッセージネガティブメッセージモニタリングするため、と発表した。

    しかし、カデナ・セールが作成した36ページのレポートでは、I3 Ventures社がメッシシャビカルレス・プジョルなど、バルサレジェンドに対するネガティブメッセージを配信したアカウントを管理していたという証拠が明らかにされたのだ。そして、バルサから発生したI3 Ventures社への支払いが正規の経理資料に含まれてないと証明できることも発信され、大きな問題となった。

    さらにメッシ2月20日スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』へのインタビューで、バルサへの疑いが解けない内容の発言をしている。

    「その話が本当かどうか僕にはわからない。これから明らかとなるだろう。しかし、1月から様々な不思議なことが起きているのは事実です」

    ジェラール・ピケ 写真提供:Gettyimages

    取締役会で上がった重要な話

    メッシインタビューの翌日(2月21日)に、バルトメウ会長は、監督とベテラン選手(メッシジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト)とのミーティングを経て、取締役会の会議に挑んだ。

    取締役会で上がった最も重要な話は、I3 Ventures社に支払われた料金に関する問題だった。バルサ内の規則では20万ユーロ(約2400万円)を超える支払いが発生する場合は理事会の承認が必要となるそうだが、I3 Ventures社に支払われた料金80万ユーロ(約1億円)が、その金額を超えないよう小分けにされたという。

    この話し合いは、まだ続いているそうだ。

    バルサ、そしてメッシの未来はどうなる?

    この大問題はしばらく解決せず、これから数年のクラブの活動に大きな影響を与えると思われる。ホームスタジアムであるカンプ・ノウ、そして練習施設などのリニューアル計画も抱えているバルサは、本当に大丈夫なのだろうか?

    また、バルササポーターメッシのことも心配しているだろう。彼は2021年までの契約が残っているが、この数ヶ月で2020年6月にクラブを離れるという噂が流れている。そして、メッシの移籍の可能性が高まったのはこの問題が始まってからということを、複数のメディアが報じている。

    災厄の2020年開始となったブラウグラナは、一体これからどうなるのだろうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルセロナのピッチ外の不可解な大問題。メッシはどうなる?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    マジョルカは25日、韓国代表MFキ・ソンヨン(31)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

    FCソウルでプロキャリアをスタートさせたキ・ソンヨンは、2010年1月にセルティックへ完全移籍。2012年8月にはスウォンジーへと完全移籍した。

    その後、サンダーランドへのレンタル移籍を経て、2018年7月にニューカッスルへ完全移籍。加入1年目はプレミアリーグで18試合に出場し1アシストを記録、EFLカップでも1試合に出場していた。

    しかし、今シーズンプレミアリーグで3試合、FAカップで1試合の出場にとどまっており、1月31日を持って双方合意の下で契約解除となっていた。

    プレミアリーグでは通算187試合に出場し15ゴール11アシストを記録していた。

    また韓国代表としても113試合10ゴールを記録。2010年南アフリカワールドカップ2014年ブラジルワールドカップ2018年ロシアワールドカップにも出場している。

    キ・ソンヨンは、古巣であるKリーグ1のFCソウルJリーグMLS(メジャーリーグサッカー)のクラブへの移籍も噂されていたが、新天地は自身初となるスペインに決定。日本代表MF久保建英と共闘することとなる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マジョルカ、韓国代表MFキ・ソンヨンを獲得…久保建英と共闘へ】の続きを読む

    no title


     バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが、クラブの置かれた立場について語った。24日、米メディア『ESPN』が伝えた。

     2月のバルセロナはコパ・デル・レイ準々決勝アスレティック・ビルバオ戦を除いて全勝で、22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節エイバル戦では5-0の勝利を収めたことでレアル・マドリードから首位の座を奪還。良い流れで25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ・ナポリ戦に臨むことが期待される。

     一方、ピッチ外では2020年に入ってからネガティヴなニュースが続いている。エルネスト・バルベルデ前監督が1月に解任されると、2月の頭にはエリック・アビダルSDが前監督時代の内部事情を暴露したことでリオネル・メッシらが反発。さらに、ジョゼップ・マリアバルトメウ会長が会長選に向けた裏工作を行なっていたことが明らかになり、その中でメッシやピケらへのネガティヴな発言も確認されてしまった。

     それでもピケは、選手たちは目の前の試合に集中しているとアピールピッチで結果を出すことが騒音を黙らせる最善策だと主張し、5年ぶり6度目のビッグイヤー戴冠への自信をうかがわせた。

    「僕たちは僕たちがコントロールできることに集中する。それはサッカーだ。近年クラブにとって重要なのは、『ピッチで何が起きたか』だ。結果は常にクラブを支えてきた」

    「それ以外のことは全部“騒音”だし、バルサのようなクラブが弱さを見せてしまったら、選手を守ることは難しくなる。だから、僕たちは責任を自覚しているよ。チームが良い時は結果が出ているし、最終的な収支などはクラブにとって問題にならないだろうことを知っている。人々がバルサに求めているのは勝利であり、それは僕たちの手に委ねられている」

    「僕の名前が出てきたことは気にしていない。僕はバルトメウ会長の『知らなかった』という説明を信じている。先に進まないとね」

    メッシとともにバルトメウ会長の裏工作の被害者とされるピケ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ピケ、度重なるピッチ外での問題には動じず「人々がバルサに求めているのは…」】の続きを読む

    no title


     25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ナポリホームバルセロナを迎え撃つ。

     ナポリは3勝3分、バルセロナは4勝2分と、共にグループステージを無敗で勝ち上がってきた。しかし、その後に監督交代を実施。これが新体制で迎えるCL初戦となる。“初勝利”を掴むのはどちらのチームか。欧州サッカー連盟UEFA)の公式サイトUEFA.com』のデータをもとに、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

    ◆初の直接対決

     長い歴史を持ち、欧州タイトルも保持する両チームだが、公式戦での直接対決は今回が初めてのことになる。ただ今季のプレシーズンで両者は対戦しており、昨年8月にアメリカで2試合が行われた。結果は、第1戦を2-1、第2戦を4-0で制したバルセロナの2連勝。あくまで親善試合、さらに当時から監督も変わっているため、結果自体は参考にならないが、選手たちは相手の強さや癖をある程度把握しているはずだ。

    ◆GS最強のバルサ、決勝Tはスロースタート

     バルセロナはCL通算24回目の出場。レアル・マドリードと並んで大会最多記録となる。最近16大会連続で決勝トーナメントに進出し、ここ13大会連続でグループ首位通過。さらにグループステージではここ3シーズン連続で負けなしを誇るなど“無敵”を誇る。しかし、決勝トーナメントの初戦は2016-17シーズンから3年連続で勝利なし(2分1敗)。先にリードを奪うことができていない。ラウンド16で敗退したのは13年前、リヴァプールを相手にした2006-07シーズンまでさかのぼるが、今回は幸先の良いスタートを切れるだろうか。

    ナポリを倒せば…

     ナポリがCL本選に出場するのは、今大会で6回目。決勝トーナメントに勝ち進むのは、2011-12、2016-17シーズンに次いで3度目となる。ただラウンド16を突破したことは1度もなく、2011-12シーズンチェルシー2016-17シーズンレアル・マドリードを前に敗退を余儀なくされた。なお、ナポリを決勝トーナメントで下したこの2チームは、決勝まで勝ち上がって欧州制覇を達成。バルセロナもこのラウンドでナポリを倒せば、頂点への視界が一気に開けるかもしれない。

    ◆CLもアウェイで苦戦するバルセロナ

     今季リーグ戦、バルセロナが喫した4敗はすべて敵地で記録したもの。アウェイゲームの成績は改善ポイントの1つだ。CLでもアウェイゲームを苦手としており、最近16試合で6勝6分け4敗。勝率は37.5%と5割を下回っている。なお4敗は、決勝トーナメントのアウェイゲームで喫したもの。2016-17シーズンパリ・サンジェルマン(0-4)とユヴェントス(0-3)、2017-18シーズンローマ(0-3)、そして昨季はリヴァプール(0-4)と“大敗”を喫している。鬼門のアウェイをどう攻略するのか、指揮官の采配からも目が離せない。

    バルセロナイタリア勢との相性は?

     バルセロナはアウェイゲームだけでなく、イタリア勢も苦手としている。欧州カップ戦における「ホーム&アウェイ方式」でイタリア勢と対戦するのは14回目。過去13回のうち8回で勝ち抜けに成功しているが、直近の2回(2016-17シーズンユヴェントス2017-18シーズンローマ)はいずれも敗退を余儀なくされている。なお、イタリア勢とのアウェイゲームは通算25試合で7勝11分け7敗(勝率28%)。今大会のグループステージ第6節インテル戦(2-1)で勝利を挙げるまで、イタリアでは8戦未勝利(5分け3敗)だった。「アウェイ×イタリア勢」という壁をうまく乗り越えられるのか注目が集まる。

    メッシイタリア勢との相性は?

     イタリア勢との相性が悪いバルセロナだが、リオネル・メッシはどうだろうか。CLにおけるイタリア勢とのゲームは過去22試合に出場。通算12ゴールマークしている。国別の得点数としては、対イングランド勢の26ゴール、対ドイツ勢の17ゴールに次ぐ3番目の記録だ。ただ敵地で奪った得点はわずかに2つと、イタリアの地を得意にしているわけではない。またイタリア勢から1ゴールを奪うのに要する時間は約158分と、対ポルトガル勢(約239分)、対スペイン勢(約187分)に次いで効率が悪い。直近のエイバル戦では4ゴールをたたき出すなど、異次元の活躍を見せたが、今回もエースの仕事をやり遂げることはできるだろうか。

    ナポリスペイン勢との相性は?

     ナポリが欧州カップ戦のノックアウトステージスペイン勢と当たるのは、今回で7回目。相性が良いとは言えず、過去6度のマッチアップで勝ち抜けを果たしたのは1度だけとなっている(1992-93シーズンUEFA杯1回戦・バレンシア戦)。ただCL本選でホームスペイン勢を迎えた試合は、わずか1敗(2勝4分け)。唯一の敗戦は2016-17シーズンの決勝トーナメント1回戦で、レアル・マドリードに1-3で敗れた。バルセロナを本拠地に迎える今回は、圧倒的に不利な下馬評を覆し、勝利を挙げることができるだろうか。

    (記事/Footmedia

    ナポリ対バルセロナで知っておきたい7つのこと [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】新体制で迎えるCL初戦…ナポリ対バルセロナで知っておきたい7つのこと】の続きを読む

    このページのトップヘ