Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



     レアル・マドリードが2年連続でヨーロッパの最も市場価値の高いサッカークラブになった。

     クラブ公式サイトによると、コンサルタント会社KPMGによって作成された「ザ・ヨーロピアン・エリート2020」のレポートで、マンチェスター・U(33億4200万ユーロ)やバルセロナ(31億9300万ユーロ)を上回り、2年連続でレアル・マドリード(34億7800万ユーロ)がヨーロッパで最も市場価値の高いサッカークラブになったことを明らかにしている。なお、同クラブのここ1年間の成長率は8パーセントだという。

     このレポートは2016年2020年の5年間を調査したもので、レアル・マドリードはこの期間で3度のチャンピオンズリーグ優勝を達成したことで得た高収入、さらには収益性の向上と商業収益の41パーセント増加の累積成長の結果であることが強調されている。

     ヨーロッパで市場価値の高いサッカークラブランキングは以下の通り。

    1位 レアル・マドリード(34億7800万ユーロ
    2位 マンチェスター・U(33億4200万ユーロ
    3位 バルセロナ(31億9300万ユーロ
    4位 バイエルン(28億7800万ユーロ
    5位 リヴァプール(26億5800万ユーロ
    6位 マンチェスター・C(26億600万ユーロ
    7位 チェルシー(22億1800万ユーロ
    8位 トッテナム(20億6700万ユーロ
    9位 パリ・サンジェルマン(19億1100万ユーロ
    10位 アーセナル(18億5200万ユーロ
    11位 ユヴェントス(17億3500万ユーロ
    12位 ドルトムント(12億8100万ユーロ
    13位 アトレティコ・マドリード(11億9700万ユーロ
    14位 インテル(9億8300万ユーロ
    15位 シャルケ(8億1400万ユーロ

    欧州で最も市場価値の高いサッカークラブとなったレアル・マドリード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル、2年連続欧州で最も市場価値の高いサッカークラブに輝く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    練習でメッシが披露したプレーに海外注目 「あらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった」

     新型コロナウイルスの影響でリーガ・エスパニョーラは中断していたが、各クラブが活動を再開し始め、バルセロナも練習をスタートしている。そんななか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同僚にお見舞いした強烈タックルからゴールを奪うまでのプレーに対する反響が拡散している。

     バルセロナは今季リーグ戦で首位を走り、3連覇に向けて視界良好だったなか、新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグ戦は中断。約2カ月にわたって休止状態にあったが再始動しており、スペースを確保した個別練習から全体練習へと移行している段階にある。

     そんななか、バルセロナ公式インスタグラムは練習風景を動画で投稿。ミニゲームで敵チームの20歳MFリキ・プッチを相手がドリブルで突破を計った際、メッシは背後から強烈なスライディンタックルを敢行してボール奪取した。そのままドリブルで侵入し、仲間との素早い連携から最終的にメッシ自らがネットを揺らしてみせた。

     メッシが披露した圧巻のパフォーマンスは世界で反響が拡散している。英メディア「The 18」は「メッシメッシたらしめることをしている」と見出しを打ち、「直近のトレーニングメッシはあらゆることを自分だけで成し遂げる圧倒的な存在だった。開いた口が塞がらないパフォーマンスは、サッカーの再開よりも準備が整っていることを証明した」と説明している。

     また、バルセロナ専門メディアFCBN」は「バルサトレーニングで自分だけで何でもできる強烈なプレーを完遂した」と取り上げており、「メッシは飢えており、トレーニングで血気盛んであることを示した」と指摘している。ボール奪取の守備からゴールを奪う攻撃まで、たったワンプレーで全てを自分で行う絶好調ぶりを見せつけていた。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWメッシの練習風景に注目【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「血気盛ん」 絶好調メッシの” 強烈タックル→ゴール”に反響拡大「開いた口が塞がらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    ジネディーヌ・ジダン監督が率いているレアル・マドリーは、以前からマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバを獲得しようとしている…と伝えられてきた。

    数年前からその獲得のチャンスを伺っていると言われてきたが、今夏は新型コロナウイルスの影響もあって大きな資金を動かすことができない。

    『The SUN』によれば、そのためにレアル・マドリーはなんと4名のスター選手をユナイテッドに譲渡する準備を整えているとか。

    それはマルティン・ウーデゴールレアルソシエダにローン中)、ルーカスバスケス、ハメス・ロドリゲス、そしてブラヒム・ディアスだそう。

    先日トレーニングが再開されたマンチェスター・ユナイテッド。徐々に試合に向けてのコンディションを上げている。

    30秒~のGKトレーニングもなかなかハード

    InstagramではセントラルMFのポジションを争うことになると予想されるブルーノフェルナンデスポール・ポグバのツーショットも…。

    通常の取引で獲得しようとすれば1億ユーロ(およそ119.2億円)以上は必要だと言われるポール・ポグバユヴェントスへの復帰話は新型コロナウイルスの影響で立ち消えになったとも言われている。

    【関連記事】ユナイテッド出身であることを「忘れられかけてる」8名のプレミア戦士

    レアル・マドリーとしてもいつものような投資ができない中、苦肉の策として多数の選手を譲渡することもあるのだろうか…。

    ポグバが欲しいレアル、ユナイテッドに「大物4選手譲渡」も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ポグバが欲しいレアル、ユナイテッドに「大物4選手譲渡」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    昨年までJリーグヴィッセル神戸プレーしていた元スペイン代表FWダビド・ビジャ

    長く所属したバレンシアでの活躍が印象的な彼であるが、タイトルを総なめしたのは2010年からのバルセロナでの3シーズンだ。

    彼がちょうど9年前となる2011年5月28日チャンピオンズリーグ決勝で叩き込んだのがこれ!

    ペナルティアークでパスを受けると、そのままワンタッチゴール右隅へ!

    パワーに頼らない見事なコントロールと判断…まさにビジャの得点感覚を表したシュートだ。

    【関連記事】ここ10年のバルセロナ「コスパ最高」だった獲得7名

    天皇杯決勝を最後に現役を離れてからはアメリカのUSL(ユナイテッドサッカーリーグ)に所属するクイーンズボロFCのオーナーを務め、MLS参入に向けての準備を進めている。

    元神戸のビジャ、これがバルサ時代の「精密ミドル」…ユナイテッド相手に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】元神戸のビジャ、これがバルサ時代の「精密ミドル」…ユナイテッド相手に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 spread-sports.jp)



    レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオが自身のコンディションについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

    アセンシオは2019年7月下旬に行われたプレシーズンマッチで、左ヒザ前十字じん帯断裂および外側半月板を損傷。今季中の復帰は絶望とみられていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による延期を受けて、今シーズン中にも復帰できる可能性が高まっている。

    大ケガからの復活が目前に迫っているアセンシオが、クラブ公式チャンネルRealmadrid TV』のインタビューに応じ、ヒザの状態が良好であることを明かしている。

    「僕はとても元気だよ。トレーニングに戻った最初の週は今までと違い、チームメイトと一緒にいた。僕は順調に回復しているし、ヒザは良い反応をしている。本当に僕のコンディションは良い状態だ」

    「負傷していた期間はとても長かったね。多くのトレーニングをしてきたし、何よりも忍耐強くやってきた。チームメイトが毎日トレーニングをしているのを理学療法室から見ていた時は苦労したよ。今となってはチームメイトと一緒に居られることが重要だ。待った価値はあったね」

    また、リーグ再開についても言及し、ハードワークし、全ての試合に勝ってタイトルを勝ち獲りたいと意気込んだ。

    「僕たちはリーグを再開させたいし、タイトルを決める試合に臨みたいと思っている。僕たちは生きるか死ぬかの試合になることは理解している。全ての試合で最大限の力を発揮することが必要だし、残りの全試合で勝とうと思っているよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】大ケガによる長期離脱から復帰目前のアセンシオ「コンディションは良い状態」】の続きを読む

    このページのトップヘ