Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を否定した。20日、スペイン紙『アス』が伝えた。

     現在36歳のC・ロナウド2009年夏から2018年夏までレアル・マドリードプレー。公式戦通算438試合の出場で450ゴールを記録し、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。しかし、今季のユヴェントスが不振に陥っていることを受け、一部でレアル・マドリードに復帰する可能性も報じられている。

     物議を醸す欧州スーパーリーグ(ESL)の初代会長に就任したペレス会長は20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。そのなかで、C・ロナウドが復帰する可能性について問われると、「ノー。彼はユヴェントスとの契約が残っている。彼が戻ってきても意味がない」と否定した。一方で同選手に向けては、「私は彼をとても愛している。彼は私たちに多くのものを与えてくれた」と賛辞を送った。

     また、ペレス会長は、主将であるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの去就にも言及。同選手の契約は2021年6月30日で満了を迎えるが、サラリーや契約年数をめぐって対立が続き、交渉は難航が続いている。

    「私も彼をとても愛しているが、私たちはとても悪い状況にある。現実的に考えなければならない。ラモスと延長しないとは言っていない。まずは今シーズンが終わってから、来シーズンがどうなるかを考えている。多くの選手と話をしているが、多くの選手が自主的に減俸に応じており、すでに賃金をカットしている者もいる。すなわち、(レンタルで)去っていった2人、ルカ・ヨヴィッチとマルティン・ウーデゴーアだ。昨年、ラモスは減俸を受け入れた。今年は彼の状況が違うから…(どうなるかは分からない)」

     ペレス会長に対しては、獲得が噂されるパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・エンバペに関する質問も。同会長は、「事実、彼はとても良い選手だ。マドリーには変化が必要だが、エンバペのことではないよ。もう何年も彼とは話していないと断言できる。私が知っているのは新聞で読んだことだけだ」と答え、獲得に動いていることを否定した。

    ペレス会長(左)がC・ロナウド(右)に言及(写真は2017年) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長がC・ロナウドの復帰を否定…S・ラモスとの契約交渉は「とても悪い状況」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、欧州スーパーリーグ(ESL)構想についてコメントした。20日、スペイン紙『マルカ』が伝えた。

     レアル・マドリードプレミアリーグの“ビッグ6”など欧州の強豪12クラブは18日、欧州サッカー連盟UEFA)が主催するチャンピオンズリーグ(CL)に対抗する新たな大会として、ESLの創設を宣言。ペレス会長が大会の初代会長に就任した。

     ESLについては、「一握りのビッグクラブにのみ富が集中し、クラブ間の貧富の格差が今まで以上に拡大する」、「ビッグクラブ同士の対戦の価値が下がる」などといった批判も。各連盟や各リーグUEFAと協力して妨害の動きを見せており、計画不参加のクラブや元選手・現役選手からも続々と反発の声が上がっている。

     そんななか、ペレス会長は現地時間20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。ESL創設の意義について説明し、同大会の商業的成功を確信した。

    サッカーは進化する必要がある。ネットワークが私たちの振る舞いを変えたように、サッカーも現代に合わせて適応する必要がある。サッカーへの関心は失われているのだ。若い人たちがサッカーに興味を持たなくなっているが、それはなぜか? 質の低いゲームがたくさんあり、興味を持てず、他のプラットフォームで気を紛らわせているからだ」

    「(レアル・マドリード黄金期を築いた元会長サンティアゴ・)ベルナベウがサッカーの歴史を変えたように、何かを変えようとするときには、必ずそれに反対する人たちがいる。ビッグチームの中でプレーするという事実、競争力、それがより多くの資源を生み出すのだ。私たちは一つのサッカークラブであり、危機的状況にあるサッカーを救うためにやっているのだ」

    「(現在のCLには)質の悪い試合が存在する。『バルセロナマンチスター』は、CLの『マンチスター対格下のチーム』よりも面白い。全世界が何を求めているのか? 我々には世界中にファンがいる。それがお金になるのであって、他の大会ではお金を生み出せない。そして、そのお金は皆のものとなる。これはピラミッド型のシステムであり、1番上のクラブがお金を持っていれば…(下のクラブにも再配分される)。だがお金が生まれなければ、その構造も存在しない」

     UEFAは18日に発表した各国協会との共同声明で「ESLに参加するクラブは国内、欧州、世界のあらゆる大会への出場が禁止され、所属選手は代表チームへの出場機会を失う可能性があります」と強硬措置を示唆。また、UEFAの執行委員を務めるデンマークサッカー協会(DBU)のイェスパー・メラー会長は19日、「23日にUEFAの臨時委員会が1回開かれるはずだ。そこで(ESL参加の)12クラブは追放されるだろう」とコメントしていた。

     しかし、ペレス会長は“脅し”に屈せず。19日に発表されたCLの新フォーマットを含めて、UEFAを厳しく批判した。

    「脅しが実際に起こることはないから、選手たちは落ち着いていられる。独占権を管理しているUEFAは、透明でなければならない。UEFAは良いイメージを持たれていない、UEFAで起こったことを言及したくはないが、脅迫ではなく対話でなければならない。彼らは誰も理解していないフォーマットを提示し、2024年に開始すると言っているが、(ESLがなければ)2024年には我々は死んでいるだろう。(コロナ禍で)何億ユーロもの損失を出したクラブもあるんだ」

    ESL初代会長のペレス氏(写真は2020年2月) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長、スーパーリーグの成功を確信「CLの“マンチェスターvs格下”よりも面白い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、13シーズン連続での公式戦30ゴールを達成したようだ。19日、データサイト『オプタ』が伝えている。

     メッシは17日、コパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオ戦に先発出場。2点のリードを奪った68分にチーム3得点目をあげると、その4分後にはダメ押しとなるゴールを連続して決めて見せた。この試合に勝利したバルセロナは、クーマン新体制のもとで初となるタイトルを獲得している。

     この日の2得点により、今季のメッシバルセロナでの得点は公式戦通算で「31」に。これによりメッシは、2008-09シーズンに38ゴールを記録して以来続く、シーズン30得点以上という大台の記録を、なんと13シーズン連続で達成することとなった。なお、これまで1シーズンで決めた最多のゴール数は2012-13の「60」となっている。

     33歳を迎えたサッカー界のスーパースターだが、まだまだ衰えを見せることはなさそうだ。

    国王杯決勝では2ゴールを決めたメッシ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシが偉業!…国王杯決勝の2ゴールで13シーズン連続の公式戦30得点を達成】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    バルセロナとの契約問題が注目され続けるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)だが、数日のうちに新たな動きがあるかもしれない。

    スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、メッシの父親であり、代理人としても交渉の窓口も担うホルヘ・メッシ氏が18日にバルセロナ入りしたようだ。

    ホルヘ氏とバルセロナは今後、面談を予定。バルセロナは今回の面談がエースの契約更新に向けた出発点になることを期待しているという。

    しかし、面談の日程は現時点で決まっておらず、ホルヘ氏も個人的な用事を済ませるためにすぐさまイタリアに向かう見込みとみられる。

    昨夏にバルセロナから移籍を志願したが、法外な契約解除金もネックとなり、最終的に残留したメッシ。今季もエースたる所以を示すが、契約は今季が最終年だ。

    先日にコパ・デル・レイを制して、キャプテンとして初のトロフィーリフトを経験したメッシバルセロナ会長はエース残留に今も自信をのぞかせているが、果たして。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】契約最終年のメッシ、バルサと交渉開始? 父親が現地入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     バイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバは来シーズンレアル・マドリードプレーする可能性が高まっているようだ。17日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     今年2月、バイエルンはアラバが今シーズン限りで退団することを発表。現在28歳で2008年からバイエルンの下部組織に所属している同選手は、これまで数多くのタイトル獲得に貢献し、また複数のポジションを高いクオリティプレーできることでも知られる。そして今回の報道によると、レアル・マドリードへ移籍する可能性が高まっているという。

     同クラブでは現在、DFセルヒオ・ラモスとDFラファエルヴァラン、そしてDFマルセロの去就が不透明。これまでチームの主力を担ってきた選手たちが退団する可能性が高まっており、彼らに代わる新たなチームの核として、アラバを迎え入れることに力を注ぐようだ。またレアル・マドリードは、アラバが要求する1100万ユーロ(約14億円)の年俸を用意できるとも報じられており、さらに同選手はバイエルン時代のチームメイトでもあるMFトニ・クロースが住む近くで住居を探しているという噂もある。

     注目が集まるアラバの去就だが、果たして来シーズン、“白い巨人”ではどのような顔ぶれが揃っているのだろうか。

    バイエルンに所属するアラバ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアルがアラバ獲得へ本腰…主力選手の去就不透明で来季チームの“核”となるか】の続きを読む

    このページのトップヘ