Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    22日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)のジョゼ・モウリーニョ監督22日、古巣レアル・マドリードスペイン)に復帰する可性を否定した。

    モウリーニョ監督23日に行われる欧州チャンピオンズリーグCL)、1次リーグユベントスイタリア)戦に向けた前日会見で「私の未来はここにある」とコメント。「契約が切れるまで、マンUのことしか考えない」と述べた。

    さらに「契約が切れた後もここに残りたい」と話した。マンUとの契約2020年まで。クラブ側に1年のオプションがある。

    レアルフレン・ロペテギ監督は成績不振を理由に解任がうわさされている。同監督が解任された場合、モウリーニョ監督が後任の最有スペインメディアは報じている。

     10月22日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣レアル・マドリードに復帰する可能性を否定した(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マンU監督、レアル復帰の臆測を否定】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    5試合連続で勝利なしと苦しんでいるレアル・マドリーフレン・ロペテギ監督の解任説も飛び交っているが、驚きの噂が出てきた。

    90min』などによれば、レアルがアーセン・ヴェンゲル氏に接触したという話があるようだ。

    昨季限りで20年以上揮したアーセナル監督から退任したヴェンゲル氏。彼は69歳になったばかりだが、来年1月にも導者に復帰したい意思も見せている。

    ただ、PSGディレクターとして彼を招聘したがっているという話も。

    全てはUEFAチャンピオンズリーグレアル対ヴィクトリア・プルゼニチェコ)戦の結果次第になりそうだが…。

    仰天… レアル・マドリー、ヴェンゲル監督に接触か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天】レアル・マドリー、ヴェンゲル監督に接触か】の続きを読む



    (出典 liverealmadrid.jp)



    的緊が原因? ラモスがBチーム21レギオンに怒りの暴挙

     レアル・マドリードは現地時間23日にUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第3節でチェコ1部プルゼニと対戦する。しかし、事前トレーニング中にハプニングが生じたようだ。将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが若手に激怒してボールを蹴りつける行動が話題を呼んでいる。

     ラグビーのように手でパス交換を行う練習中、ボールを持ったラモスに対し、パスカットを試みたBチームカスティージャに所属する21歳DFセルヒオ・レギオンタックルを仕掛け、顔面に接触してしまう。これに苛立った将のラモスは、11歳年下のレギオンボールを蹴りつけた。

     その場は不穏な空気で凍り付いたが、ラモス練習後に自身の公式ツイッター更新し、謝罪と励のメッセージ投稿している。

    「そう見えなかったかもしれないが、あれは当たり前の状況だった。だが、言い訳はしない。自分のリアクションはあってはならないものだった。たちは常に全だ。そうだろう、レギオン? 最後にチームで勝利しよう」

     これを受け、レギオンも「常にチームキャプテンとともにある。明日の勝利のために!」と強く返答した。

     英デイリーメール」は「ラモス明らかに精的緊が増している状態にあった」と、将が今回の騒動の引き金となったと摘。英デイリー・エクスプレス」は、後輩ボールを蹴りつけたラモスに対し、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが落ち着かせに歩み寄った舞台裏を伝えている。

     現在レアル公式戦5試合未勝利(1分4敗)でリーグ7位に沈むなど苦戦を強いられているが、ラモス将として人一倍のストレスを抱えているようだ。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】不振のレアルで内紛!? 主将ラモス、若手のタックルに怒りのボール蹴りつけで波紋】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    レアルからユベントスに移籍した身として古巣言及は回避「適切な時期ではない」

     ユベントスは現地時間23日、UEFAチャンピオンズリーグCLグループステージの大一番、敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を迎える。古巣との対決となるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは前日会見に出席。不調のレアル・マドリードについても言及し、元同僚のスペイン代表MFイスコの発言に同意しながらも「レアル・マドリードについて話すのは僕じゃない」と返答した。スペインマルカ」が報じている。

     事の発端となったのは、レアルイスコ23日のCLグループステージ第3節プルゼニ戦の前日会見で発した言葉だった。公式戦5試合勝利なし(1分4敗)という泥沼に陥り、フレン・ロペテギ監督の解任説が浮上しているなか、イスコは選手たちにも責任はあると。さらに「過去のことについて涙を流す必要はない。レアルはここにいたくないかのために涙を流すことはできない」とC・ロナウドを暗に揶揄するような発言をしていた。

     これについて問われたC・ロナウドは「いいね、いいね。泣くことはできないよ」と同調。一方で、この質問をレアルからユベントスへと移籍したばかりの自分に聞くべきではないという考えを明かした。

    レアルについて尋ねるのは本当に適切な時期ではない。レアルについて話すのは僕じゃないんだ。(イスコの発言に関しては)はそれでいいと思っているよ」

     レアルC・ロナウドの退団で得点低下が大きな課題となっている。もういない元エースのことは忘れて、今在籍している選手たちで新たなステップを踏めるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    (左から)MFイスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、元同僚イスコの“ここにいない誰か”発言に同調 「泣くことはできない」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 数の子 ★ :2018/10/23(火) 17:55:09.42 ID:CAP_USER9.net

    数字が結果を物語っている。レアル・マドリーは直近の5試合で119本のシュートを放ち、34本を枠内に飛ばしているものの、わずか1ゴールしか決めることができていない。

    この数字は、日本時間24日(水)4:00からのヴィクトリア・プルゼニ戦で改善が無ければ解任の可能性があるロペテギの最も大きな悩みとなっている。

    レアル・マドリーは、彼らの歴史において危機的状況を過ごしている。過去には、ルイス・モロウニーがチームを率いていた1984/85シーズンに似たような状況を迎えていた。

    サンティリャーナ、バルダーノ、ブトラゲーニョのようなフォワードを揃えていながらも、リーガの終盤で5試合連続ノーゴールなどもあり、タイトルを逃している。UEFAカップの準決勝セカンドレグで、インテル相手にサンティアゴ・ベルナベウで有名な逆転劇を演じたシーズンでもあった。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010009-sportes-socc


    【【リーガエスパニョーラ】レアルマドリー シュート119本で1ゴールの実態】の続きを読む

    このページのトップヘ