Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ベルギー代表のチームメートであり、チェルシーでも共闘した2人

     レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワは、代表でともにプレーし、チェルシー時代のチームメートでもあったMFエデン・アザールと、マドリードでも一緒にプレーしたいと考えているようだ。英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」が報じている。

     現在、チェルシーで10番を背負うアザールは、数年前からレアルへの憧れを公言していた。アザール、そして彼の家族もロンドンでの生活に満足していると報じられているが、現在、チェルシープレミアリーグで6位に低迷。チェルシーが今季に続き、来季もUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すことになれば、2020年7月までの契約を結んでいるアザールが、レアルへの移籍を決断しても不思議ではない。

     クルトワは昨夏、4シーズンを過ごしたチェルシーからレアル・マドリードへ移籍した。2014-15シーズン2016-17シーズンアザールとともに、2度のプレミアリーグ制覇を経験したクルトワは、アザールがどのような意思を持っているかは分からないとしつつも、彼自身は再び一緒にプレーしたいと考えていることをベルギーメディア「VTM NIEUWS」で明かした。

    「あまり多くのことは話せないけど、もちろん、また一緒にプレーできたらいいよね。でも、それは彼とレアルが判断しなければいけないことだ。レアルは彼が必要なのかを判断しないといけないし、クラブがどう考えているのか僕は知らないからね。でも、エデンはトッププレーヤーだし、僕の相棒でもある。彼がここに来たら楽しいだろうね。でも、彼が自分で選択しなければいけない」

     移籍について話をしたかという質問に対しては、「いいや。また一緒にプレーしたいなと笑って話をしたりはするけど、具体的な話には干渉しないようにしている。シーズンが終わってどうなるのか見てみよう。でも、エデンは間違いなくファンタスティックな選手だよ」と答えている。(Football ZONE web編集部)

    (左から)レアル・マドリードGKクルトワ、チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアル守護神クルトワ、“盟友”アザールの加入を熱望 「彼が来たら楽しいだろうね」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    イギリスデイリーメール』がイタリア『トゥットスポルト』の情報として、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)を巡るユベントスの動きを報じた。

    イタリアの絶対的王者に君臨するユベントスは本格的にサラーを追跡。リバプールに対して、移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)+アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のオファーで獲得を打診したという。

    サラーは2017年夏にローマからリバプールに加入して以来、得点能力が開眼。公式戦44得点のデビューイヤーに続き、今シーズンもここまで20得点(34試合)とリバプールの攻撃陣を牽引している。

    そのサラーは昨年7月に5年間の新契約にサインしたが、解除条項は未設定。一方のディバラはここまで公式戦7得点を記録しているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの登場により、エースの座を失っている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーベ、サラーに62億円? +ディバラも!】の続きを読む



    (出典 secure.static.goal.com)



     そうなる運命だったのかもしれない。2016年夏、セネガル代表FWサディオ・マネは、2年のときを経てユルゲン・クロップ監督と再会を果たした。「一緒にプレーができることが幸せだ」。リヴァプールでついに相思相愛の師弟関係が実現した。

     2人の運命は2012年に静かに動き始めた。マネはセネガル代表の一員としてロンドンオリンピックに出場していた。そのときは自身のパフォーマンスが当時ドルトムントを率いていたクロップ監督を魅了したことを知る由もなかった。それから2年後の2014年クロップ監督から声がかかる。マネもドルトムント行きを希望していたというが、このときは移籍は実現しなかった。

     クロップ監督は今年1月、当時のことを地元紙『リヴァプールエコー』にこう話している。「私は人生でいくつかミスを犯してきた。最も大きなミスの1つはドルトムント時代にサディオを獲得しなかったことだ。オフィスで彼と話したが、そのときは確信に至らなかった。でもそれは本当に私のミスだったよ」

     結局、マネはプレミアリーグサウサンプトンに活躍の場を求めた。2人は別々の道を進んだが、2015年に転機が訪れる。クロップ監督が黄金期を築き上げたドルトムントを去り、リヴァプールの新指揮官に就任。同じプレミアリーグで戦うことが決まった。

     クロップ監督のプレミアリーグホーム戦は、奇しくもマネが所属するサウサンプトン戦だった。するとマネが終了間際に同点弾を決めて、クロップ監督のプレミアリーグ初勝利を阻止。さらに5カ月後の直接対決でも2得点の活躍で、リヴァプールの勝利を阻んだ。

     そんなマネの“アピール”を間近で見たクロップ監督は、ますます後悔の念に駆られたのだろう。シーズン終了後の2016年夏に念願のマネ獲得を実現させた。「人生はサディオと一緒に戦うためのセカンドチャンスをくれた。僕らはそれを大事にしていきたいね。彼と過ごしてきた時間は素晴らしいものだ。彼を愛している!彼は傑出したプレイヤーだよ!」

     マネはついにクロップ監督との“再会”を果たした。今年1月、愛用するニューバランスの新スパイク『FURON(フューロン) V5 PRO』の発表会に出席した彼は、インタビューで「やっとまた会えたと思ったよ」と当時の喜びを振り返った。「一緒にプレーできることになってとても幸せだ。これから何年も一緒にやっていけることが楽しみだね」

     クロップ監督は特にその情熱的な人柄でファンを魅了し、日本での人気も高い。そんなことを伝えると、マネは「僕より人気があるの⁉」と無邪気な笑顔を見せつつ、「クロップはとても素晴らしい人で、 世界トップクラスの監督だ」と指揮官への愛と信頼の言葉を続けた。

    「厳しい要求もあるけど、それは普通だと思う。誰でも選手には限界まで挑戦してほしいと思うでしょう? 彼は今までで一番の監督だ。もちろん、練習以外でも日々のことについてよく話すよ。僕だけでなく、他のプレーヤーたちともよく話をしているね」

     圧倒的な加速力と決定力を誇るマネは、クロップ監督のチームに欠かせない存在となった。今シーズンプレミアリーグでは第26節終了時点で24試合に出場し、12得点をマーク。現在はリーグ戦4試合連続ゴールチームをけん引している。リヴァプールの悲願のプレミアリーグ初制覇も夢ではない。

    「もっとゴールを決めたいし、チームメイトのためにアシストもしたい。プレミアリーグチャンピオンズリーグで優勝したいね」。クロップ監督と固い絆で結ばれるマネがリヴァプールを栄光へと導く。

    2年越しで師弟関係となったマネとクロップ。リヴァプールの栄光の鍵となる [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マネが語るクロップとの絆…2年越しで実現した師弟関係「やっとまた会えた」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、同クラブ加入後100回目の試合欠場を記録したようだ。イギリスメディアBleacher Report』が伝えている。

     アーセナルは14日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)ファーストレグでBATEボリソフ(ベラルーシ)と対戦。アウェイで0-1と敗れた。フランス人FWアレクサンドル・ラカゼットが退場し、無得点で敗れたアーセナル。エジルはベンチ外で、遠征に帯同しなかった。

     同メディアによると、エジルはアーセナル加入後100回目の試合不出場となったという。2013年夏にレアル・マドリードからアーセナルへ完全移籍で加入し、今シーズンで加入6年目を迎えている同選手。アーセナル313試合出場を記録しており、ピッチに立たなかった試合は全体の約24.2パーセントとなる。

     先月25日のFAカップ4回戦、マンチェスター・U戦で先発メンバーに名を連ねた後、公式戦3試合連続でピッチに立っていないエジル。次戦は21日のELラウンド32セカンドレグだが、逆転突破を狙うホームゲームで出番は訪れるだろうか。

    直近3試合連続でピッチに立っていないエジル [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【EL】ベンチ外のエジル、アーセナルで100回目の不出場…加入後全試合の約24%】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    『Independent』は14日、「チェルシーのFWペドロは、マウリツィオ・サッリ監督の戦術は時に難しいと話した」と報じた。

    このところチームの調子が下降しているチェルシー。ボーンマスに0-4、マンチェスター・シティに0-6と大敗しており、他のチームに対策を講じられている状況にある。

    【関連記事】チェルシー、衝撃の6失点…キャラガー「アーセナルみたいに弱い」

    ペドロは現在のチームについて、サッリ監督のアイデアは時に難しくなると話す一方、それを支持していると明かした。

    ペドロ

    チームの全員がマウリツィオ・サッリのアイデアを支持しているよ。

    強いプレッシャーをかけ、コンパクトさを保ち、そしてチャンスを作っていく。いいポゼッションをして、多くボールを触って。我々はチームとしてそれに取り組んでいる。

    しかし、時にはこの形でプレーするのがとても難しいんだ。対戦相手に依存していることだ。

    マンチェスター・シティはとてもいいプレーをした。プレスをかけるのも、スペースを作るのも、守るのも非常に難しかった」
    「だがそれがマウリツィオのアイデアだ。高い位置でプレスをかけるのは好きだ。チャンスを作るために早くボールを奪い返すことがね。

    90ボールが転がってくるのを待って、ゴールを決めるために60メートルを走るよりね。

    この数試合は、結果を残せるだけのいいコンディションではなかったんだ。マルメ戦は自信をつけるチャンスだよ」

    (サッリ監督の戦術に選手が不満を持っているとも言われるが…)

    「どんな監督にとっても難しいと思うよ。高いモチベーションと野心を持ってやってきたときには。

    それはチェルシーのドレッシングルームだけではない。どんな指導者にとってもそうだ。

    サッリにとってはあまり良くない状況だ。結果が出ていないからね。しかし今の力学を変化させるのは、我々にとっていいことだ。

    カラバオ・カップの決勝に進出したこと、FAカップのユナイテッド戦を控えているのもいいことだよ。リーグでは目標達成が難しくなったが、4つの大会で戦っているんだ。

    今期を分析するのは時期尚早だ。シーズンが終わってからやればいいんだよ」
    サッリの戦術が機能しなくなるのはなぜか?ペドロはこう答えた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サッリの戦術が機能しなくなるのはなぜか?ペドロはこう答えた】の続きを読む

    このページのトップヘ