Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ


    リュディガー、人種差別したサポーターへの処罰求める「理解できない人もいる」 | ニコニコニュース



    人種差別を許さないリュディガー [写真]=Chelsea FC via Getty Images
    サッカーキング

     今夏にチェルシーへ移籍したドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは、ローマに在籍していた時に受けた人種差別に対する制裁を待っていると語った。イギリスメディア『イブニングスタンダード』が29日に報じている。

     リュディガーはローマのライバルクラブであるラツィオのサポーターから人種差別を受けていた。イタリアサッカー協会はクラブへ罰金処分を科したが、野次を飛ばしたサポーターに対しては罰則を設けていない。

     国際サッカー連盟(FIFA)はこの件に関して処分を検討していたが、昨年9月に反人種差別労働組合により当該行為を行ったサポーター組織は解散させられている。

     リュディガーは「全てのイタリア人がレイシズムではない。私は裁きを待っている。FIFAやイタリアサッカー連盟がそのような行為をした人々を対処するのを望んだいるんだ」とコメント。さらに「イタリアにいる人全員が彼らのような人ではない。ごく少数の人が人種差別するんだ、全ての人じゃない。でも、そういう人は罰せられるべきだと思う」とコメントした。

     セリエAでは度々このような時間が起こるため、リュディガーは主張を強めたようだ。ラツィオとの一戦で、同選手のことを猿と呼ぶ声に「あなたは寂しい人だ」と答えていたリュディガー。「ああいう声が聞こえた時に寂しい人だと感じるんだ。強くならなければいけない。でも、人は時々理解できない時がある。反応する人もいるし、そうでない人もいる。どちらにしろ僕には理解できない」と悲しみを語った。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【リュディガー、人種差別したサポーターへの処罰求める「理解できない人もいる」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    フェライニにガラタサライ移籍が浮上! トルコメディアは合意と報じる | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    モウリーニョ監督に重宝され、昨季マンUで公式戦47試合4得点

     

     マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニに、トルコの名門ガラタサライ移籍の可能性が浮上している。トルコメディア「AJANSSPOR」はすでに移籍で合意に達したと報じ、ガラタサライのスポーツディレクター(SD)を務めるセンク・エルグン氏も接触を認めている。

     

     194センチの長身で、中盤で激しいファイトのできるフェライニは時に熱くなりすぎてラフプレーに走るきらいはあるものの、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重な戦力としてプレー。昨季は公式戦47試合に出場、4得点を記録している。

     

     その実力者に熱視線を送っているのが、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸へ移籍し、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルと契約解除するなど、今夏大きな戦力の入れ替えを行っているガラタサライだという。現地報道では、すでに合意に達しているという。

     

     

     

    ガラタサライSD「我々のレーダーの中にいる」

     

     ガラタサライのエルグンSDは、「フェライニはマンチェスター・ユナイテッドを離れるだろう。そして彼は今、我々のレーダーの中にいる」と語った。さらに「(移籍マーケットで)サプライズがあるだろう。我々はフェライニと交渉している」とサプライズ移籍の成立を予言した。

     

     ポドルスキとスナイデルというワールドクラスを失ったガラタサライだが、スウォンジーから元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスを獲得したのをはじめ、シャルケなどでプレーしたモロッコ代表MFユネス・ベランダ、ポルトで活躍したブラジル人DFマイコン、前セビージャのDFマリアーノらを積極補強している。ここへフェライニという新たなビッグネームが加わることになるのだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【フェライニにガラタサライ移籍が浮上! トルコメディアは合意と報じる | ニコニコニュース】の続きを読む


    2連敗のチェルシー指揮官は「モウリーニョのシーズン」を避けられるか | ニコニコニュース



    失敗するわけにはいかないコンテ監督 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     チェルシーのアントニオ・コンテ監督は「モウリーニョのシーズン」を避けなければいけないと語った。イギリスメディア『BBC』が29日付で報じている。

     ジョゼ・モウリーニョ監督は2014-15シーズン、チェルシーの監督としてプレミアリーグ優勝を達成した。しかし翌シーズンに16位までチームが沈黙したことを受け解任の憂き目にあっている。

    「2年前、チェルシーはリーグ戦を10位で終えた。あのようなことは二度と起きてはいけない」とコメントしたコンテ監督。昨シーズン、プレミアリーグへ3バックのシステムを輸入してきたコンテ監督は、来シーズンの意気込みを語っている。

    「我々は、モウリーニョが過ごした厳しいシーズンを知っている。チャンピオンとして、あのようなことを避けなければいけない。14-15シーズンと15-16シーズンの優勝監督は解任されている。私たちはハードワークして、最高の解決策を見出さなければいけない」とコメントした。

     さらに「私たちにはたくさんの若くて優秀なプレイヤーがいる。もっと上に行くために必要なことだ」とチームを分析したコンテ監督。プレシーズンが始まってフルアムとアーセナルに連勝したチェルシーだったが、続くバイエルンとインテルには敗戦。2試合で6失点を喫している。

     稀代の名将と称されるモウリーニョですら職を追われたチェルシーで、コンテ監督は自らの地位を確立させることができるか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2連敗のチェルシー指揮官は「モウリーニョのシーズン」を避けられるか | ニコニコニュース】の続きを読む


    風邪を引いたサンチェス、1日にチーム合流「インフルエンザだった」 | ニコニコニュース



    風邪をひいていたサンチェス [写真]=AMA/Getty Images
    サッカーキング

     アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが8月1日にチームに戻ってくるとアーセン・ヴェンゲル監督が語った。イギリスメディア『BBC』が29日付で報じた。

     サンチェスは今夏に行われたコンフェデレーションズ杯にチリ代表として参加。チームが先にバカンスを始めている中で代表の試合を行っていたので、ヴェンゲル監督はチームとは別に同選手へバカンスを用意していた。当初は30日にチームへ合流する予定だったが、病気のためチーム復帰が遅くなっているという。

    「彼はインフルエンザだった。私は昨日彼にメッセージを送ったよ」と語ったヴェンゲル監督。28日に『インスタグラム』で「風邪だ」と投稿したサンチェスは、間も無くチームのプレシーズントレーニングに合流できる。

     アーセナルファンにとって最も心配なのは、彼の移籍報道だ。サンチェスを含めイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレン、同代表DFキーラン・ギブス、同代表MFジャック・ウィルシャー、そしてドイツ代表MFメスト・エジルが来年でクラブとの契約が切れる。そして、どの選手とも未だに契約更新のアナウンスは出ていない。

     ヴェンゲル監督は「我々との契約が1年しか残ってないプレイヤーは、我々との契約を尊重し最後までプレーしなければいけない。監督としては、クラブの将来も考えなければいけないため、少し状況が違う」とコメント。また、「私はクラブのグローバル政策の責任がある。選手のことだけ考えればいいというわけではない」とも語っている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【風邪を引いたサンチェス、1日にチーム合流「インフルエンザだった」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    インテル監督がペリシッチのマンU移籍に待った! 提示した放出の条件とは | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    スパレッティ監督が「マルシアル+金銭」の好条件を要求

     

     イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、新シーズンに向けた補強として日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチの獲得を狙っているが、インテル側がかなり厳しい条件を突きつけた模様だ。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

     

     ペリシッチは主に左サイドを主戦場とするアタッカーで、2011年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司らとともにプレーして頭角を現した。ヴォルフスブルクを経て15年にインテルに移籍すると、左サイドで長友とコンビを組むことも多かったアタッカーは、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督にとっては獲得を熱望する存在になっている。

     

     しかし、新シーズンに向けて戦力の見極めを行っているインテルのルチアーノ・スパレッティ新監督は、ペリシッチの移籍にはユナイテッドから好条件を引き出さない限り認めない方針を固めたという。

     

     それが、ユナイテッドのFWアンソニー・マルシアルに金銭を加えた条件というもの。マルシアルは一昨季に、当時のルイス・ファン・ハール監督の肝いりでユナイテッドに移籍加入し、成果ボーナスが満額までいけば1億ユーロ(約130億円)を超える移籍金になるとして話題を呼んだ。

     

     

    ペリシッチの放出には「強く反対」

     

     また、英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、スパレッティ監督はペリシッチの移籍には「強く反対」であるとして、「代わりの選手を見つける時間が短くなれば厳しくなる」とも話しているという。マルシアルを交渉条件に含める背景には、そうした事情もありそうだ。

     

     果たして、ユナイテッドは将来性に大きな期待をかけて獲得したFWを放出してまで、クロアチア代表アタッカーにこだわるのか。モウリーニョ監督を含む、ユナイテッドの判断に注目が集まる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【インテル監督がペリシッチのマンU移籍に待った! 提示した放出の条件とは | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ