Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 www.golaco.club)



    今季限りでシティ退団のY・トゥーレ、ペップとの決裂を公に

     今季限りでマンチェスター・シティを退団した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、ライバルチームにあたるプレミアリーグの“トップ6”への加入を望んでいることを、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

     Y・トゥーレは退団表明後に、ジョゼップ・グアルディオラ監督に対し「彼はどこへ行ってもアフリカ人との間に問題があった」と痛烈に批判し、人種差別的な振る舞いがあると指摘。指揮官との間に生じた亀裂を公にした。

     また、代理人を務めるディミトリ・セルク氏もペップの対応に苦言を呈しつつ、トゥーレがプレミアリーグに留まることを望んでいる意向を明かした。

    「今、ヤヤには様々な国から多くのオファーが届いている。莫大なオファーもあった。それでも、来季はグアルディオラに捧げようと決めていたんだ。シティのファンに、まだ引退には程遠いことを証明し、示そうとね。彼はエネルギー満タンであり、来季もイングランドでプレーすることを望んでいる」


    “トップ6”のためなら「ヤヤは週給1ポンドでプレーできる」

     さらにセルク氏は、トゥーレの“トップ6”への移籍に強いこだわりを見せ、そのためなら格安の給料でも厭わない姿勢を示した。

    「イングランドでは選手に対し巨額の資金を投資しなければならないなかで、ヤヤはフリーエージェントとしてトップ6のどこかで週給1ポンドだけでプレーする準備ができていると正式に宣言する。成功報酬としてちゃんとしたボーナスをもらえれば十分だ。ヤヤのような選手は、アーセナル、チェルシー、ユナイテッド、トットナム、リバプールにとって決して悪い選択肢にはならないことを約束するよ。彼は勝利を経験してきた選手だ」

     同記事では、トゥーレ側がプレミアのトップ6入りに熱心になる理由について、「グアルディオラに依然としてトップレベルで戦えることを証明するために、シティのライバルへ赴こうとしている」と伝えている。決別という形で長らく在籍したシティを去ることになったトゥーレだが、来季はライバルチームの一員としてペップと顔を合わせることになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    今季限りでマンチェスター・シティを退団したヤヤ・トゥーレ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】打倒ペップのために… Y・トゥーレが“プレミアTOP6”移籍熱望「週給1ポンドでいい」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     マンチェスター・Cに所属するFWレロイ・サネは6日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むドイツ代表メンバーからの落選を受け、自身のInstagramに心境を綴った。

     サネは「失望を感じている」と率直な心境を明かした一方、「決断を受け入れなければいけない。逞しくなって戻ってくるために全力を尽くす」と前向きな言葉を残した。「成功を願っている。ぜひ優勝してほしい!」とドイツ代表メンバーへエールを送った。

     22歳のサネは、今シーズン32試合に出場し、10得点15アシストを記録。その活躍ぶりが認められ、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選ぶ最優秀若手賞に選出されていた。

    ドイツ代表から落選したマンC所属FWレロイ・サネ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「決断を受け入れなければ」…ドイツ代表から落選のサネが心境明かす…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)の北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンスは、レスター移籍に近づいているようだ。6日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     エヴァンズには昨年夏からマンチェスター・Cやアーセナル、さらには古巣のマンチェスター・Uも獲得に関心を示していることが報じられていた。しかし、WBA側は同選手の移籍を認めず、移籍は成立しなかった。

     しかし、WBAは2017-18シーズンを最下位に終わり2部降格が決定。エヴァンズには降格した場合に発生する契約解除条項があり、これにより他クラブ移籍が濃厚と見られている。

     多くのクラブが獲得に関心を示す中で、同メディアによるとレスターがエヴァンズ獲得間近になっているという。クラブ側とは契約解除金の350万ポンド(約5億2000万円)を2分割で払うことで合意しており、同選手は48時間以内にレスターのメディカルチェックを受けることになったようだ。

     現在30歳のエヴァンズは、マンチェスター・Uの下部組織出身で、2007年にトップチームデビュー後、2015年8月まで同クラブに在籍。公式戦には通算198試合に出場していた。その後、WBAに加入し、今シーズンは28試合に出場するなど主力としてプレーしていた。

    レスター移籍に近づいているエヴァンズ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マンCやアーセナルなどが関心も…エヴァンズ、移籍先はレスターか!?】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    欧州リーグの強豪チームたちが獲得に興味を示す

     ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)に、プレミアリーグ移籍の可能性が浮上している。英紙「イブニング・スタンダード」が報じた。

     酒井は2016年にハノーファーからマルセイユへ移籍。2年目の今季はリーグ戦33試合に出場し、3アシストを記録した。また、RBライプツィッヒ(ドイツ)とのUEFAヨーロッパリーグ準々決勝第2戦では、移籍後初ゴールを決めるなど、不動の右サイドバック(SB)として確かな地位を築いている。

     記事によれば、その酒井獲得にクリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が興味を示しているという。同指揮官は、来季の補強ポイントに右SBを挙げており、ターゲットの一番手はフルハムのイングランド人DFライアン・フレデリックスだったが、ウェストハムへの移籍が決まって断念。そこで、クリスタル・パレスはフランスで活躍する日本代表DFに白羽の矢を立て、1200万ポンド(約18億円)を準備して獲得を目指すようだ。

     他にも、プレミア勢ではブライトンや日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターも関心を示しており、セビージャ、ACミラン、インテル、ナポリなどの各国の強豪も移籍先候補に浮上している。熱視線を集める酒井だが、ロシアW杯での活躍が来季の所属先に大きな影響を与えるかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    酒井宏樹(マルセイユ)に、プレミアリーグ移籍の可能性が浮上している【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マルセイユ酒井宏樹がプレミア上陸か クリスタル・パレスが18億円準備…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「ベルギー代表はマンUよりも良いチームか?」 ルカクの回答は…

     FIFAランキング3位のベルギー代表は、12日にコスタリカと親善試合を行い、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグに挑む。近年、躍進を遂げてきた“レッドデビルズ”(赤い悪魔)は優勝候補の一角とも言われるが、エースのFWロメル・ルカクは、所属するマンチェスター・ユナイテッドとどちらが良い陣容か問われ、そのユニークな反応が話題を呼んでいる。

     ベルギーはW杯連覇を目指すドイツ、王国ブラジルに次いでFIFAランキングで3位につける強豪国。ルカクのほか、MFエデン・アザール(チェルシー)やMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、FWドリース・メルテンス(ナポリ)など欧州5大リーグのビッグクラブでプレーする選手を多数擁する。ロシアW杯ではさらなる飛躍が期待されるなか、思わぬ質問がルカクに投げかけられていた。

    「今のベルギー代表は、マンチェスター・ユナイテッドよりも良いチームですか?」

     3日にポルトガル戦(0-0)、7日のエジプト戦(3-0)を行ったなか、あるジャーナリストが「我々のフォロワーからの質問」としてエースに問いかけたのだ。

     それまで静かに笑顔で回答していたルカクも、この質問には「フー」と大きく口をとがらせた後、声を上げて会見のテーブルを叩き、笑いながら回答した。

    「Yeah(ああ)」

     米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のサッカー専用公式ツイッターは、一連のやり取りの動画とともに「彼の反応はプライスレス」と投稿。「ハハハハ、ナイスリアクションだ」「最高だぜ」とルカクの表情に対するコメントのほか、「なんて馬鹿げている質問なんだ」「シャレた真実だ」「そこに嘘はない」など、質問や回答についての反応も多く寄せられた。

     ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督とは確執が噂されたこともあり、今回の一件はより注目を集めることになったが、ルカクは自らの発言が正しいことをロシアW杯で証明できるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表FWルカクが仰天質問に見せた笑撃リアクションが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】FWルカク、仰天質問に見せた笑撃リアクションが話題 「プライスレス」】の続きを読む

    このページのトップヘ