Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 football-tribe.com)



     マンチェスター・Cアトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲスに関心を示しているようだ。16日付のイギリス紙『ミラー』が報じている。

     マンチェスター・Cは以前からブラジル代表MFフェルナンジーニョと定位置争いを繰り広げられる選手の獲得を目指してきており、リヨン所属のフランス代表MFタンギ・エンドンベレ獲得を狙っていると報じられている。今回の報道によると、マンチェスター・Cエンドンベレだけでなく、サウールも夏の補強ターゲットとして考えているという。

     サウールアトレティコ・マドリードは9年間の超長期契約を結んでおり、今シーズンはまだ契約の2年目となっている。そのため、アトレティコ・マドリードは同選手の契約解除金を1億3000万ポンド(約184億円)に設定しており、マンチェスター・Cにとってはこの額がネックとなっている模様だ。

     現在24歳のサウールアトレティコ・マドリードの下部組織出身。ラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍から復帰した2014-15シーズンから定位置を確保しており、今シーズンリーガ・エスパニョーラでは第24節終了時点で20試合に出場し1得点を挙げている。

    マンCからの関心が報じられたサウール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】中盤強化を目指すマンC、サウール獲得を画策か…契約解除金は184億円】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    アーセナルが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を今夏のターゲットに据えているようだ。イギリスメトロ』が報じた。

    名門アヤックスの下部組織で屈強な身体を鍛え上げ、今シーズンからトップチームキャプテンも務めているデ・リフト。2018年にはDFトレントアレクサンダー=アーノルド(リバプール)やFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)らを抑えてゴールデンボーイ賞も獲得した逸材だ。

    当然ながらその動向は欧州中のクラブに見守られており、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの夏加入を内定させたバルセロナや、DFヴァンサン・コンパニの後継者を探すマンチェスター・シティが有力とされている。

    しかし、報道によるとデ・リフトはアーセナルの熱烈なサポーターである模様。アヤックスで共に働くマルク・オーフェルマルス氏やデニス・ベルカンプ氏といった、現役時代にアーセナルで輝いた人物たちに憧れを抱いているようだ。

    なお、トップ4圏外もしくはヨーロッパリーグ(EL)制覇を阻まれた場合、アーセナルの今夏の補強予算は約4000万ポンド(約57億円)。もし何らかの方法でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できれば、約1億ポンド(約142億円)の費用を引き出せるとされており、その場合の獲得候補としてウナイ・エメリ監督がデ・リフトを挙げているようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】シティ&バルサに渡さない! アーセナルがデ・リフト争奪戦に名乗り】の続きを読む

    no title


    CLベスト8進出へのカギとなるデュエル 「世界最高SBアラバvs世界最高FWサラー」

     バイエルンは19日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、リバプールとの第1戦が控えている。大一番に向けて、バイエルンオーストリア代表DFダビド・アラバが自信を示したと、ドイツメディアsport.de」が報じている。

     現地時間19日に行われる第1戦でバイエルンリバプールホームスタジアムであるアンフィールドに乗り込む。この一戦についてバイエルンカール=ハインツ・ルンメニゲ会長は、カギとなるのはリバプールエースとして君臨するエジプト代表FWモハメド・サラーとダビド・アラバの“デュエル”だとコメントし、アラバの守備に期待をかけた。

    「私はダビドに絶対的な信頼を置いている。彼は世界最高の左サイドバックの一人だ。彼ならサラーを支配できるし、そうしてくれるだろう」

     試合を左右するデュエルにおいて“絶対的な信頼”を寄せられたアラバは、ドイツ紙「ビルト」の取材に「ルンメニゲ氏が信頼してくれることを、とてもありがたいと思っている。サラーとのデュエルに向けてしっかりと準備をし、ピッチでは自分のプレーをするつもりだ」と語ったうえで、そのデュエルに対して自信を見せるコメントを残している。

    「サラーは図抜けている。僕が考える世界最高の選手の一人だ。彼はスピードがあるけど、僕もスピードのある選手とは対戦したことがあるからね。例えば、(パリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・)ムバッペとかね。そういう経験から、自分の強みに着目することが重要だと分かっている」

     下馬評ではリバプール優勢とされているが、相手エースとのデュエルに自信を持つアラバは「決して簡単な試合にはならないだろう。でも、もちろん僕らは自分たちを信じている。自分たちの強みを分かっているからね。僕らはバイエルン・ミュンヘンだし、どの相手に対しても引けをとらないよ! 最終的にこの対決で成功を収めるため、僕らはすべてを活用するつもりだ」と、CLベスト8進出を見据えて力強く語っている。(Football ZONE web編集部)

    アラバとサラーの“デュエル”がカギとなるだろう【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バイエルンの“世界最高SB”、サラーとの“デュエル”に自信 「彼は図抜けているけど…」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が元スペイン代表MFダビド・シルバを大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じている。

    シティは16日に行われたFAカップ5回戦でニューポート・カウンティ(イングランド4部相当)とアウェイで対戦。U-21イングランド代表MFフィルフォーデンの2発を含む4得点でニューポート・カウンティを退け、8強進出を果たした。

    タイトルにまた一歩前進したグアルディオラ監督は試合後、82分までプレーした33歳の“絶対的司令塔”ダビド・シルバについて次のように言及。「18歳のようなプレー」だったとベタ褒めした。

    「インクレディブルだよ。33歳で、戦い、デュエルに勝った。本当に、本当に凄いね。ダビドは素晴らしい選手。彼はリーグ2(4部相当)のクラブ相手に18歳のようなプレーをした。まるでフィルフォーデンみたいだったね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】33歳ダビド・シルバが“18歳”の輝き! ペップ大絶賛】の続きを読む



    (出典 %E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8Bwiki.xyz)



    マンチェスター・ユナイテッドが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)を今夏のトップターゲットに設定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。

    ユナテッドにとって、センターバックは長らく課題として挙げられているポジションの1つだ。新戦力の確保を目指すユナイテッドは、ナポリセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)とサンプドリアデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)をリストアップしているという。

    しかし、クリバリに関してはナポリが放出を拒んでおり、コンタクトを取ったとされるもう一方のアンデルセントッテナムに加入する可能性が高いことから、両者の獲得は困難と判断しているようだ。

    そうした中で、シュクリニアルをトップターゲットに据えているという。同選手はインテルと新契約締結に向けて交渉しているが、ユナイテッドにより長期的に動向を追われている事も把握しているという。

    また、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督は補強方針について「フィットする適切な選手でなくてはならない」とコメント。最近ではDFクリス・スモーリング(29)とDFフィルジョーンズ(26)と契約延長したばかりであり、シュクリニアルの獲得に成功した場合はDFエリック・バイリーの立場はさらに厳しくなると『インデペンデント』は指摘している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッド、シュクリニアルをトップターゲットに設定か】の続きを読む

    このページのトップヘ