Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 football-tribe.com)



    バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の来年の獲得に自信を抱いているようだ。イギリスミラー』が、スペイン『スポルト』の情報を基に報じた。

    ジョゼ・モウリーニョ監督との関係悪化報道などから、バルセロナへの移籍が盛んに報じられていたポグバ。しかし、プレミアリーグの移籍市場は既に閉まっており、ユナテッド側が売却に動く可性は低いとみられている。

    しかし、今回の『ミラー』によると、バルセロナポグバから手を引いたわけではなく、来年の獲得に向っているようだ。また、今噂に挙がっていたパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアンドリアンラビオ(23)、アヤックスオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)に関しても、同様のタイミングでの確保をしているという。

    『スポルト』は、ポグバユナテッドを離れたがっており、バルセロナとのサインを望んでいる、と報道ユナテッド側は現時点でのポグバ売却の選択肢を用意していないが、来年1月、もしくはの移籍市場で動く可性が高いとしている。

    挙がっているデ・ヨング、ラビオ、ポグバに関して、3人中2人がバルセロナに加わることになるだろう、とも記事は伝えている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルセロナ、来年のポグバ獲得に自信?】の続きを読む



    (出典 net-perfect.jp)



    Mirror』は29日、「トッテナムのFWハリー・ケインは、リヴァプールが優勝補と言われているのはを使ったからだと話した」と報じた。

    先日行われたプレミアリーグで、マンチェスター・ユナイテッドを3-0で撃破したトッテナム

    これでトッテナムリヴァプールチェルシーワトフォードと並んでプレミアリーグ3連勝を果たした。

    のマーケットでは全く補強がないというしい状況となり批判を浴びたが、シーズンが始まってみれば好調。ケインは以下のように話し、を使えば優勝補と見られるものだと摘した。

    ハリー・ケイン

    「人々は、リヴァプールやそのようなチームについて話しているね。しかし、彼らはを使わなければならなかったんだよ。

    々は自分たちの歴史を作ろうとしているんだ。トッテナムは、このリーグで毎年トップにいるようなクラブでなかった。

    だから、々はそうならなければならないし、タイトルに挑戦し続けなければいけないんだ。

    選手である々は駆り立てられているし、飢えているよ。クラブを次のレベルに引き上げようとね。

    々がやってきたで勝つ。これは大きな明だ。々はいいスタートを切ったし、3連勝をした。ファンタスティックな始まりだよ」
    金を使ったら優勝候補になるのか?ハリー・ケインがぶっこむ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】金を使ったら優勝候補になるのか?ハリー・ケインがぶっこむ】の続きを読む



    (出典 o.aolcdn.com)



     開幕戦でレスターに勝利したものの、マンチェスター・Uは続くブライトントッテナムに連敗してしまった。チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督といえば、ビッグクラブを率いた3シーズントラブルに見舞われるという「3年ジンクス」が噂されている。マンチェスター・Uでの勝負の年を迎えて、やはりそのジンクスが降りかかってしまうのか。チェルシーレアル・マドリードで同指揮官が経験した3シーズンをおさらいする(成績は全てリーグ戦のもの)。

    ■第一次チェルシー時代
    2004-05シーズン…優勝:29勝8分1敗 勝ち点「95
    2005-06シーズン…優勝:29勝4分5敗 勝ち点「91
    2006-07シーズン2位:24勝11分3敗 勝ち点「83
    2007-08シーズン…5位:3勝2分0敗 勝ち点「11」 ※第5節終了後に解任

     ポルトチャンピオンズリーグ優勝に導いた功績を買われ、2004-05シーズンチェルシーの新監督に就任。豊富な資で獲得したペトル・チェフやアリエン・ロッベンディディエ・ドログバらとともに、50年ぶりのプレミアリーグ優勝をもたらし、自ら「スペシャルワン(特別な監督)」であることを明して見せた。勢いそのままに、翌2005-06シーズンには史上2クラブとなるリーグ2連覇を果たし、順調にチーム作りを進めていた。

     ところが、圧倒的なカリスマ性と人心握術でチームをまとめあげていた指揮官クラブの間に、3シーズンにして裂が生じることになる。発端となったのは、守備的な戦術を志向する監督と魅的なチームを作り上げたいロマンアブラモヴィッチオーナーとの確執だった。FAカップカーリングカップを制したが、3シーズンにして初めてリーグ優勝を逃すと、自分が望まない選手を連れてきたり、ケガ人が続出したにもかかわらずの移籍市場満足いく補強をおこなわかったオーナーへ不信感を表し、2007-08シーズンの始まりから約1カ後にチェルシーを去った。

    レアル・マドリード時代
    2010-11シーズン2位:29勝5分4敗 勝ち点「92
    2011-12シーズン…優勝:32勝4分2敗 勝ち点「100
    2012-13シーズン2位:26勝7分5敗 勝ち点「85

     インテルに初の“トレブル3冠)”をもたらし、年間最優秀監督賞を手にしたのち、2010-11シーズンからレアル・マドリードを率いることになった。初年度にはコパ・デル・レイを手中に収め、翌2011-12シーズンにはクラブ史上最多の15連勝、リーガ・エスパニョーラ史上最多の121得点と勝ち点「100」を立してリーグ優勝を果たした。2012-13シーズンの移籍市場でも、ルカ・モドリッチやマイケル・エッシェン、アルバロ・モラタなどの実者を加え、チームはさらに強固になるはずだった。

     しかしリーグ戦が始まると、4試合で勝ち点「4」しか取れず、その後も格下相手に取りこぼすようになる。終わってみれば、ライバルバルセロナに勝ち点差「15」もつけられた上での“敗”だった。選手との確執が噂されたが、チームをうまく操できなかった理由は、「クラブ革に伴い、バルセロナとのギャップを埋められなかったから」と、退任した後に自らの口で説明した。

    ■第二次チェルシー時代
    2013-14シーズン…3位:25勝7分6敗 勝ち点「82
    2014-15シーズン…優勝:26勝9分3敗 勝ち点「87
    2015-16シーズン…16位:4勝3分9敗 勝ち点「15」 ※第16節終了後に解任

     スペインでの挑戦を終え、2013-14シーズンに古巣のチェルシーへ「ハッピーワン幸せ監督)」として復帰した。1シーズンにはリーグ戦3位で終えたものの、翌2014-15シーズンには1年通してわずか3敗と、監督が望む「とにかく負けない」戦い方を遂行し、5年ぶりのリーグ優勝を達成。めて“英雄”としてファンから絶大な人気を獲得した。

     それでも、第二次チェルシー時代での3シーズンは、「ハッピー」な結末とはほど遠かった。自分の望んだ補強戦略が実現せず、開幕から5試合でくも連敗。その後も16試合でわずか4勝しかできず、3度の連敗を喫したところで解任を言い渡された。当時のテクニカルディレクターだったマイケル・エメナロ氏は「選手との不仲」が理由だとり、スタジアムには選手を批判するファンが掲げた「The 3 rats(3人の裏切り者)」の文字が見られた。

     モウリーニョ監督が3年チームを離れた理由は大きく分けて2つ。「成績不振」と「選手、フロントとの関係悪化」だ。どちらの原因も監督が解任される、または退任するには十分な理由だが、3シーズンに必ずその問題が噴出するあたり、不思議な縁を感じざるを得ない。今の移籍市場でもチェルシー時代と同じように、フロント監督の望む選手を獲得できずに開幕を迎えた。仮にイギリスメディアデイリーメール』が報じたように、選手たちとの間に裂が生じており、勝ちに見放され続ければ、マンチェスター・Uでも解任が現実味を帯びてくることになる。

    マンチェスター・U時代
    2016-17シーズン…6位:18勝15分5敗 勝ち点「69」
    2017-18シーズン2位25勝6分7敗 勝ち点「81」
    2018-19シーズン…13位:1勝0分2敗 勝ち点「3」 ※第3節終了時点の成績



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】“あのジンクス”はマンUでも? モウリーニョ政権の3年目を振り返る】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    15年にリバプールがシティへ移籍して急成長 9月9日スペイン戦で代理人派遣

     UEFAチャンピオンズリーグ3連覇中の欧州王者レアル・マドリードが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングへの関心を強めていると英衛星放送局「スカイスポーツ」が報じている。

     23歳のスターリング2015年リバプールからマンチェスター・シティへ移籍。17歳プロデビューを果たし、そのまま代表まで上り詰めるなどイングランド期待の逸材として評価を高め続けている。

     昨季キャリアハイの18得点を挙げてプレミアリーグ制覇に貢献した。そんな若きスピードスターに熱視線を送っているのが銀河系軍団レアルだという。

     記事によれば、間もなく終了となる今の移籍市場での獲得をすというわけではないものの、レアルは以前からスターリングの状態を熱心にモニタリング。さらにウェンブリー・スタジアムで行なわれるUEFAネーションズリーグイングランドスペイン9月9日)戦にはレアルから代理人が派遣されるだろうと報じられている。将来的に獲得に動く可性を漂わせている。

     スターリングはシティとの契約2020年6月末まで残すが、契約延長の話は難航していると言われる。レアルからのアプローチスターリングの心はさらに揺れ動くことになるのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・シティFWスターリング【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル、英代表の逸材FWスターリングに熱視線 昨季18得点でシティの優勝に貢献】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    リバプールに所属するセネガル代表MFサディオ・マネが過去マンチェスター・ユナイテッドオファーを断った経緯をめてった。同選手がイギリスPremier League Today show』でった内容を同『リバプールエコー』が伝えた。

    現在リバプールの絶対的として活躍しているマネは2016年サウサンプトンから加入した。だが、当時同選手の獲得に強い関心を示していたのが、ユナテッドだった。

    過去にもユナテッドオファーを断り、リバプール行きを決断した経緯に関してっていたマネだが、今回の『Premier League Today show』でめて移籍の経緯を説明した。

    「(リバプール加入について)当時は全く信じられなかったよ。あの時は幾つかのチームを欲しがっていたんだ。間違ったチームをほしがった。それはマンチェスター・ユナイテッドさ」

    「もちろん、は(当時監督の)ファン・ハールとも話したし、彼らは実際にオファーもしてきた。だけど、にとって彼らは移籍するのに適切なクラブではなかった。タイミング監督クラブを含めて自分にとって適当だとは感じなかったんだ」

    現在、FWモハメド・サラーとFWロベルトフィルミノと共に世界のアタッキングユニットを形成し、今季からリバプールの新10番を背負うまでに成長したことを考えると、当時のマネの判断は適切だった言えるだろう。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マネがユナイテッド行きを固辞した過去を改めて語る! 「間違ったチームからオファーが来た」】の続きを読む

    このページのトップヘ