Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ

    no title


    プレミアリーグで勝点が並んだ5位アーセナルと6位チェルシー。ただ、ミッドウィークに行われたUEFAヨーロッパリーグでは明暗が分かれた。

    アーセナルがBATEに1-0でまさかの敗戦を喫した一方、チェルシーは敵地でのマルメ戦に1-2で勝利したのだ。

    そうした中、元イングランド代表のマイケル・オーウェンジョーコールの発言が話題になっている。

    『BT Sport』の番組で2人はこう述べたのだ。

    マイケル・オーウェン

    チェルシーアーセナルは実質的には生き写しさ。

    両者はプレミアリーグで同じ勝点、同じ得失点差、そしてヨーロッパリーグでも同じラウンドにいる。

    ほとんど同レベルだけど、どちらのチームプレーしたい?どっちのチームを見に行くか?

    チェルシーには暗雲が立ち込めているって皆は言うけれど、僕はいつだってアーセナルよりもチェルシーがいいね」

    ジョーコール

    「彼ら(チェルシー)は常にタイトル争いが期待されているからね。

    この20年間のチェルシーはそうだった。(それだけに悪くなれば)アーセナルよりも早く危機になる」

    アーセナルだと何も勝ち取るつもりがないかもしれないと人々は受け入れる、彼らは10年間の移行期にあるからね。

    チェルシーは(タイトルを)勝ち取ることを求められる。

    もし選手なら、アーセナルよりもチェルシーに行くだろう。より質のある選手たちがいるし、タイトルを勝ち取るチャンスがより高い」

    チェルシー選手のコール、そしてオーウェンもチェルシー派ということだろうか。そのチェルシーは来週にマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ5回戦を控えている。

    「アーセナルとチェルシー、どっち派?」オーウェンとJコールの回答が話題


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「アーセナルとチェルシー、どっち派?」オーウェンとJコールの回答が話題】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    チェルシー戦で通算11回目のハットトリックシアラーと並び最多タイに並ぶ

     マンチェスター・シティは10日、プレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦し、6-0の大勝を収めた。この試合でハットトリックを記録したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロには多くの称賛の声が挙がっているが、衛星放送「FOXスポーツ」は「アグエロイングランドで保持している優れた5つの記録」という特集を組み、アルゼンチンストライカーの偉大な記録を紹介している。

     1つ目の記録は、シティのクラブ史上最多のゴールスコアラーとなっていること。以前の記録保持者である元イングランド代表FWエリックブルック氏が13年間で177ゴールを奪っていたが、アグエロはこの記録を昨シーズン中に更新。今季で8年目を迎えるなか、現在222ゴールを奪ってダントツトップとなっている。

     2つ目は、プレミアリーグで活躍する欧州人プレーヤー以外での通算最多得点を記録していること。アグエロは現在プレミアリーグ全体のゴールランキングでは8位となっているが、欧州人選手以外ではユナイテッドなどで活躍した元トリニダード・トバゴ代表FWドワイトヨーク123ゴールを大きく超えて160得点をマークアーセナルの英雄となった元フランス代表FWティエリ・アンリイングランド人以外で最多の175得点を奪っているが、近い将来、この記録を抜くこともできるだろう。

     またチェルシー戦でのハットトリックにより、アグエロは通算11回目のハットトリックを達成した。これは元イングランド代表FWアラン・シアラーの記録と並ぶプレミア最多タイ記録だ。さらに200得点以上を記録している選手のなかで“85分に1点”を決めるゴール率は、アンリの“86分に1点”の記録を超えて、こちらもトップとなっている。

     最後の記録は、1試合における最多得点をマークしていること。15年のニューカッスル戦で、アルゼンチンストライカーは1試合5得点をマーク。これはシアラーや元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフらと並んで1試合での最多得点となっている。これらの記録を見ても、いかにアグエロが多くのゴールを奪ってきたかが分かるはずだ。

     キャリアのピークと言える30歳という年齢を考えても、今後も記録を更新し続けていきそうなアグエロ。シティは今季も4冠の可能性を残しており、まだまだ得点を積み重ねそうだ。(Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アグエロが保持する「5つのプレミア記録」に脚光 ゴール率でも“伝説のFW”超え】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    イギリスタイムズ』がチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)の続投条件を報じた。

    シーズンからチェルシーの指揮を執るサッリ監督。レギュラーの固定化や、ナポリ時代の秘蔵っ子であるイタリア代表MFジョルジーニョを軸にしたポゼッションスタイルシーズン開幕から勝ち点を積み重ねた。だが、シーズンが進むに連れて失速。10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティを相手に0-6の大惨敗劇を演じてしまい、進退問題がより加熱している。

    そのサッリ監督の去就を巡っては、今月2月の残る試合結果次第とも囁かれているが、チェルシーは今シーズンいっぱいの猶予を授ける意向。サッリ体制の存続は来シーズンチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にかかっており、それが叶わなければ解任されるという。

    なお、チェルシーは現在、プレミアリーグ15勝5分け6敗の6位。CL出場権の獲得条件はプレミアリーグ4位以内に入るか、ヨーロッパリーグ優勝の2択となる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシー、サッリ続投はCL権次第か】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ベルギー代表のチームメートであり、チェルシーでも共闘した2人

     レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワは、代表でともにプレーし、チェルシー時代のチームメートでもあったMFエデン・アザールと、マドリードでも一緒にプレーしたいと考えているようだ。英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」が報じている。

     現在、チェルシーで10番を背負うアザールは、数年前からレアルへの憧れを公言していた。アザール、そして彼の家族もロンドンでの生活に満足していると報じられているが、現在、チェルシープレミアリーグで6位に低迷。チェルシーが今季に続き、来季もUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すことになれば、2020年7月までの契約を結んでいるアザールが、レアルへの移籍を決断しても不思議ではない。

     クルトワは昨夏、4シーズンを過ごしたチェルシーからレアル・マドリードへ移籍した。2014-15シーズン2016-17シーズンアザールとともに、2度のプレミアリーグ制覇を経験したクルトワは、アザールがどのような意思を持っているかは分からないとしつつも、彼自身は再び一緒にプレーしたいと考えていることをベルギーメディア「VTM NIEUWS」で明かした。

    「あまり多くのことは話せないけど、もちろん、また一緒にプレーできたらいいよね。でも、それは彼とレアルが判断しなければいけないことだ。レアルは彼が必要なのかを判断しないといけないし、クラブがどう考えているのか僕は知らないからね。でも、エデンはトッププレーヤーだし、僕の相棒でもある。彼がここに来たら楽しいだろうね。でも、彼が自分で選択しなければいけない」

     移籍について話をしたかという質問に対しては、「いいや。また一緒にプレーしたいなと笑って話をしたりはするけど、具体的な話には干渉しないようにしている。シーズンが終わってどうなるのか見てみよう。でも、エデンは間違いなくファンタスティックな選手だよ」と答えている。(Football ZONE web編集部)

    (左から)レアル・マドリードGKクルトワ、チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアル守護神クルトワ、“盟友”アザールの加入を熱望 「彼が来たら楽しいだろうね」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    イギリスデイリーメール』がイタリア『トゥットスポルト』の情報として、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(26)を巡るユベントスの動きを報じた。

    イタリアの絶対的王者に君臨するユベントスは本格的にサラーを追跡。リバプールに対して、移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)+アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のオファーで獲得を打診したという。

    サラーは2017年夏にローマからリバプールに加入して以来、得点能力が開眼。公式戦44得点のデビューイヤーに続き、今シーズンもここまで20得点(34試合)とリバプールの攻撃陣を牽引している。

    そのサラーは昨年7月に5年間の新契約にサインしたが、解除条項は未設定。一方のディバラはここまで公式戦7得点を記録しているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの登場により、エースの座を失っている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーベ、サラーに62億円? +ディバラも!】の続きを読む

    このページのトップヘ