Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    W杯初戦は「最高のレベルで」

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団し、今夏からJリーグのヴィッセル神戸へと移籍する。発表までの過程で様々な憶測が飛び交ったが、本人がスペインのラジオ局「COPE」で、その移籍の真実を語った。

     イニエスタは、新天地を検討するにあたり、愛する古巣と対戦するクラブには加入しないと断言してきた。ところが、元バルサでジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティに移籍するという噂が、英国メディアを中心にたびたび報じられた。

     これについて、イニエスタは「ゼロだ。これまでの報道は見てきたが、一度もコンタクトはしてない。事実を教えよう。あの時、そのような会話はゼロ、全くなかった」と一蹴し、「考えもしなかった。私がバルサを退団するということは、ヨーロッパを去ることだったので、あのような情報は全くつじつまの合わないことだ」と続けた。

     そして、自身4度目の舞台となるロシア・ワールドカップ(W杯)へと挑む。スペインの初戦は15日で、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)を擁するポルトガルと対戦する。イニエスタは長年クラシコで死闘を演じた、ライバルとの一戦に向け、こう語った。

    「クリスティアーノは現・欧州選手権王者のポルトガルにいて、どのチームにとっても要注意の選手。ポルトガルは崩すのが難しいチームだと思っているし、彼らに勝つのは非常に厳しい。我々は最高のレベルで戦わなければならない」

     2度目の挑戦となった2010年の南アフリカW杯決勝では、スコアレスで突入した延長後半に決勝弾を決めたイニエスタ。開幕2日前に来季レアル指揮官就任が発表されたフレン・ロペテギ監督が電撃解任され、フェルナンド・イエロ新監督が誕生した激震のラ・ロハ(スペイン語で赤)だが、希代の名手は誇りに満ちたユニフォームに袖を通し、再び頂点を目指す。


    (Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸への加入が決まっているイニエスタだが、その移籍の真実を語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【告白】イニエスタ、神戸加入前の噂を否定 「シティ移籍は考えてもいなかった」】の続きを読む




    (出典 img.qoly.jp)



    W杯出場断念も覚悟し、「本当にショック」

     リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、左肩を負傷して無念の負傷交代となったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦について、「キャリア最悪の瞬間」と振り返った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

     サラーは今季のCLで10得点を挙げ、大会を盛り上げた主役の一人として決勝の舞台に先発出場した。だが、前半25分にレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと交錯。倒れた際に左肩の靭帯を痛めてピッチを去った。エース不在のリバプールは1-3で敗れ、2004-05シーズン以来のビッグイヤー獲得は果たせなかった。

     あらためてレアル戦での悲劇を振り返ると、サラーは「(CL)決勝で交代したことは僕のキャリア最悪の瞬間だった」と、口にした。

     また負傷の影響で、ロシア・ワールドカップ(W杯)のピッチに立てない可能性も出てきた。この災難続きに、「W杯に出られないということも考え始めた。それは本当にショックだったよ」と苦しい胸の内を明かす。

     サラーのロシアW杯への出場は、母国エジプト国民にとっても悲願だ。28年ぶりとなる大舞台に懸ける思いはやはり強い。「僕らにとってW杯の予選突破というのは、スペインなら優勝と同じようなものだ」。エジプト代表のエクトル・クーペル監督はウルグアイとの初戦までに復帰できるというが、国民の期待を一身に背負うサラーは、ロシアのピッチに立つことはできるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    リバプールFWサラーは、負傷交代したCL決勝は「キャリア最悪の瞬間」と語った【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】エジプト代表FWサラーが嘆いた悲劇 負傷交代のCL決勝は「キャリア最悪の瞬間」】の続きを読む



    (出典 calciomatome.up.seesaa.net)



    イタリア王者の守備を支えた熟練の右SBがアーセナルの救世主として加入

     ユベントスのスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーは現地時間5日、移籍金ゼロでアーセナルへの完全移籍が決定。ウナイ・エメリ新体制における補強第1号となった。英メディア「sportskeeda」は、「リヒトシュタイナーがアーセナルにもたらす3つのこと」と題して特集。百戦錬磨のベテランについて紹介している。

     記事で一つ目に挙げられたのは、「リーダーシップ」だ。リヒトシュタイナーは若手のリスペクトをつかむ素質があり、チームを牽引することができる。それは、ビッグマッチや大舞台で遺憾なく発揮されると太鼓判を押されている。アーセナルは今季、公式戦で60失点以上を喫したが、これは過去5年間で最も多い。リヒトシュタイナーの加入で、脆弱な守備の改善が期待できるだろう。

     二つ目は「守備カバーの向上」だ。アーセナルは元フランス代表DFバカリ・サニャ(現ベネヴェント)が退団した後、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンというタレントに恵まれた。しかし、23歳の右SBは攻撃志向が強く、守備に弱点を抱える。それだけに、リヒトシュタイナーはレギュラーの最右翼となるだけでなく、カバーリングの心構えを学ぶ“教材”としても申し分ない。

     さらに、記事ではスペイン代表DFナチョ・モンレアルやドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィとタッグを組むフランス代表DFローラン・コシエルニーのポジションのカバーもこなすことができると伝えている。


    通算500試合以上に出場した経験値は唯一無二

     最後の三つ目は「経験値」。アーセナルに与えることができる最も大きな要素とも言えるだろう。リヒトシュタイナーは、セリエAで絶対的な信頼を寄せられるDFの一人だった。ワールドカップ(W杯)でも3大会にわたってキャプテンを任され、代表通算100試合出場も近づいてきている。2011年から所属した古巣ユベントスでは、7シーズンで通算259試合に出場し、6度のリーグ制覇に貢献した。キャリア通算500試合以上で培ってきた経験値と思考力は唯一無二のレベルだ。

     来季アーセナル復活の鍵を握る一人だけに、ロシアW杯でもぜひともチェックしておきたい存在だ。


    (Football ZONE web編集部)

    スイス代表DFリヒトシュタイナーが、新天地アーセナルにもたらす「3つの要素」とは?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】スイス代表主将リヒトシュタイナー、新天地アーセナルにもたらす「3つの要素」とは?】の続きを読む



    (出典 i1.wp.com)



     リヴァプールは8日、ドイツ人MFエムレ・ジャンの退団をクラブ公式サイトで発表した。

     2014年にレヴァークーゼンからリヴァプールに加入したジャンは、同クラブで167試合に出場。クラブとの契約延長交渉が行われていたが、契約満了に伴う退団が決定した。

     リヴァプールから離れることが決まったジャンの移籍先にはユヴェントスが筆頭候補として挙げられ、イギリスの複数メディアは契約合意は近いと報じている。

     また、リヴァプールアカデミー出身のイングランド人DFジョン・フラナガンの退団も同クラブは併せて発表。同選手は2011年のマンチェスター・C戦でのデビュー以来、51試合に出場していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプール、エムレ・ジャンの退団を発表…ユヴェントス加入間近?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     アーセナルは5日、ユヴェントスに所属するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーの加入が決まったと発表した。フリートランスファーでの加入で、背番号は「12」。契約期間は明らかにされていない。

     リヒトシュタイナーは1984年生まれの34歳。母国のグラスホッパーでプロキャリアを始め、リールとラツィオを経て2011年からユヴェントスでプレーしている。2017-18シーズンはセリエAで27試合に出場した。

     なお、先月7日付のドイツ紙『ビルト』によれば、ユヴェントス退団の意向を表明していたリヒトシュタイナーの新天地は日本代表MF香川真司のドルトムントが有力視されていた。他にも日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユやMLS(メジャーリーグ・サッカー)のクラブも候補に挙げられていたが、アーセナル加入が決まった。

     リヒトシュタイナーはアーセナル加入にあたり、「素晴らしい瞬間だ。ユヴェントスを経てアーセナルへ加入することは素晴らしいことで、この大きなチャレンジで大きなことをこのクラブとともに成し遂げたいと思っている」と喜びを語っている。

     また、ウナイ・エメリ新監督も「シュテファンは豊富な経験とリーダーシップを我々のスカッドにもたらしてくれる。素晴らしいクオリティーを持った選手で、ピッチ内外で我々を向上させてくれる」と、加入を歓迎している。

    アーセナル加入が決まったリヒトシュタイナー [写真]=Arsenal FC via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アーセナル、ユーヴェのリヒトシュタイナーを獲得…今夏最初の補強に!】の続きを読む

    このページのトップヘ