Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 f.image.geki.jp)



     チェルシードルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が16日に報じている。

     チェルシー18歳以下選手の獲得で規約違反があったとして、国際サッカー連盟FIFA)から最大2年の補強禁止処分を受ける可能性があると報じられている。同メディアによると、同クラブは今冬の移籍市場で補強禁止処分に備えるために若い選手の補強を画策しており、現在20歳のプリシッチに狙いを定めたようだ。またプリシッチ2020年で満了する現行契約の延長を拒否しているため、ドルトムント側は7000万ポンド(約101億円)の移籍金が支払われれば同選手の移籍を容認する構えだという。

     1998年まれの同選手は2016年1月に17歳の若さでブンデスリーガデビューを飾った。その後すぐに定位置を確保している。「プレミアリーグは子供たちに取って夢の場所だ。僕もいつかそこでプレーしたい」と語り、プレミアリーグへの移籍希望を公言している同選手だが、どのチームユニフォームを纏うことになるのだろうか。

    ドルトムントに所属するプリシッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】チェルシー、補強禁止処分前にプリシッチを狙う…移籍金は100億円超にも】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    ABC』は14日、「チェルシースペイン代表FWアルバロ・モラタは、心理士の診断を受けていることを明かした」と報じた。

    昨年夏にレアル・マドリーから5800万ポンドでチェルシーにやってきたモラタ。当初はゴールを量産したが、怪我もあって徐々に調子を落とし、後半戦ではほとんど結果を残せずに終わった。

    しかし今季は再びフォームを取り戻しており、マウリツィオ・サッリ監督の下でゴールコンスタントに決めている。

    彼が明かした復調の理由は、心理士の元を尋ねて診断を受けたことだったという。

    アルバロ・モラタ

    「僕は思う。自信を持つことはとても重要なのだとね。

    人生のこの時点で気付いたんだ。常に自分の心を鍛えなければいけないと。フィジカル面の準備をするだけではなくてね。

    プレッシャーに対処するために。そして仕事をするために。これがピッチの中で最も重要なことなんだよ。

    僕は精神を鍛えるということを考えたことはなかったんだ。サッカー選手として、『心理士』という言葉を最初に聞いたときはビックリしたけれどもね。ただ、僕は助けが必要だと気付いていたんだ」
    「心理士と最初に話す時には、少し恥ずかしかった。自分の問題を全て伝えることがね。そして、皆の助けを借りることができて、サッカーでの幸せを取り戻せたんだ。

    心理士のところに行くということは、何かの問題を抱えていたり、何かネガティブなものに関連している。それが本当に重要なものであるときには、それを考えるべきだと思う。

    今、ピッチの上では僕は最高の時を迎えてはいない。しかし、これまでよりもずっと幸せだ。チェルシーでも、代表でも。

    再びゴールを決められた。しかし、最高のサッカーをしているわけではない。だから心理士のところに通い続けるよ。プレッシャーと感情を管理するための助けになるからね」

    (昨季の後半戦では怪我と不調に苦しみ、ワールドカップにも出られなかった)

    「妻や家族には言ったんだ。僕はサッカーを楽しむために1~2歩後ろに下がらなければならないなと。

    多くのプレッシャーにさらされていた。そういう時、サッカーが楽しめなくなるものなんだ。この夏には、プレッシャーのないチームに行きたいと1~2回思ったほどだった。

    多くのことが頭の中で起こる。しかし、今僕はまたサッカーを楽しめている。つまり頭の中をどう調節するかの問題だったんだ。それこそが、体をコントロールすることにも繋がるよ」
    サッカー選手は、心理士に相談すべし!あのモラタがアドバイス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サッカー選手は、心理士に相談すべし!あのモラタがアドバイス】の続きを読む



    (出典 calciomatome.up.seesaa.net)



    Sky』は14日、「レアル・ソシエダのベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイは、マンチェスター・ユナイテッドについて話した」と報じた。

    かつて香川真司ポジションを争ったことで知られるヤヌザイ。しかしジョゼ・モウリーニョ監督の就任でマンチェスター・ユナイテッドでのチャンスを失い、サンダーランドへのローンを経て放出された。

    ルイス・ファン・ハールの下でデビューした際には次なるスターになれると期待されたものの、ユナイテッドでは成功することができなかった。

    現在スペインプレーしている彼は以下のように話し、ジョゼ・モウリーニョ監督の決断を批判したとのこと。

    アドナン・ヤヌザイ

    モウリーニョ監督は、名前が知られている経験豊富な選手がほしいと思っていたので、僕には本当にチャンスがなかったんだ。

    マンチェスター・ユナイテッドプレーするだけのクオリティを持っていることはいつも分かっていたんだ。自分がやれることは知っていた。

    彼らは僕にチャンスを与えなかった。ただ、僕はもうスペインで幸せに過ごしているし、ここでサッカーを楽しむことになんの問題もないよ」

    (いまのマンチェスター・ユナイテッドについては?)

    「彼らは苦戦しているね。素晴らしいチームだし、素晴らしいファンもいるが、今は難しい状況だ。

    試合に勝つために、マンチェスター・ユナイテッドは正しい判断を下さなければならないと思うよ。

    苦戦には様々な理由がある。したがって、彼らは正しい決断をしていく必要があるんだ」
    ユナイテッドは「正しい決断」をするべし…あのヤヌザイが意味深な指摘


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ユナイテッドは「正しい決断」をするべし…あのヤヌザイが意味深な指摘】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     2015-16シーズンレスタープレミアリーグ優勝へと導いたクラウディオ・ラニエリ監督が、フルアムの新指揮官へと就任した。同監督は記者会見にて喜びのコメントを残している。17日にイギリスメディアスカイスポーツ』が報じた。

     ラニエリ監督はレスターを奇跡的なリーグ制覇へと導いたにもかかわらず、わずか9カ月後の2017年2月に成績不振で解任となってしまった。当時同クラブリーグ優勝の確率は1/5000であった。

     同監督はプレミアリーグ復帰について次のように語った。

    「私はプレミアリーグに戻ってこれたことを嬉しく思う。イングランドでのサッカーに熱い思い入れもあったため、心からこのリーグへと帰ってこれてよかった」

    「以前この国で努力の末に実った成果を励みにさらなる高みを目指したい。良い仕事をしたいと思っている。フルアム周辺の地域は素晴らしい。初めて到着した時に驚いたよ」

    ラニエリ監督はプレミアリーグ復帰を喜んだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】岡崎の恩師ラニエリ監督、プレミア復帰を喜ぶ「戻って来たかった」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールは以前指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルについてコメントを残した。16日にイギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

     エメリ監督は2016年から2018年の2年間パリ・サンジェルマンを率いた。リーグ・アン優勝を果たしたものの、シーズン閉幕時に解任が決まり、その直後にアーセナルの新監督として就任。現在公式戦16試合連続無敗を貫くなど、初挑戦となるプレミアリーグでも好成績を残している。

     ネイマールアーセナルについて次のように語った。

    アーセナルは魅力的なサッカーをしているし、とても調子が良いチームだ。誰もがエメリ監督の実力をわかっているし、クラブの歴史や強さも知っている」

    「僕は彼の下で働けたことを嬉しく思う。彼はとても努力家で、僕ら選手に真剣にサッカーを教えてくれたと同時に、自分自身の学びも深めていた」

    「彼はアーセナルに良いものをもたらすよ。とても大きなクラブだし、イングランドにとって大切なクラブだ。成功を祈っているよ」

    エメリ監督はパリ・サンジェルマンでネイマールを指導した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマール、新体制のアーセナルを称賛「良いチーム」…恩師に感謝も】の続きを読む

    このページのトップヘ