Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 soccer.skyperfectv.co.jp)



     チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、セビージャとマンチェスター・Uが対戦した。

     試合は開始早々にマンチェスター・Uにアクシデント。17分、アンデル・エレーラが左足の負傷で自ら交代を要求し、代わってポール・ポグバが送り出された。25分、ロメル・ルカクがエリア内で浮き球パスに左足ボレーで合わせるが、これはクロスバー上に外れた。

     セビージャは28分、ホアキン・コレアが左サイドから切り込み、右足を振り抜くが、シュートはGKダビド・デ・ヘアの正面。前半アディショナルタイム1分には、右サイドからのクロスにゴール前フリーのルイス・ムリエルが頭で合わせるが、至近距離からのシュートはGKデ・ヘアの片手でのスーパーセーブに阻まれた。

     後半に入ってもセビージャが攻勢に出るが、ゴールは遠く、膠着状態が続く。86分には途中出場のサンドロ・ラミレスがエリア内中央で折り返しを受けるが、シュートは相手選手にブロックされる。マンチェスター・Uは直後にカウンターから、途中出場のマーカス・ラッシュフォードがエリア内から右足シュートを放つが、枠を捉えられなかった。ラッシュフォードは89分にもエリア手前左のFKで直接狙うが、このシュートもわずかに枠の右に外れる。

     試合はこのままスコアレスドローで終了。セカンドレグは3月13日にマンチェスター・Uのホームで行われる

    【スコア】
    セビージャ 0-0 マンチェスター・U

    セビージャの前にマンチェスター・Uの守護神デ・ヘアが立ちはだかった [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】マンU、守護神デ・ヘアがスーパーセーブ!…】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     バルセロナは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のファーストレグでチェルシーと対戦。敵地で1-1の引き分けに終わった。過去のデータを紐解くと、バルセロナが準々決勝へ進出する可能性はかなり高いようだ。20日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     同紙によると、UEFA(欧州サッカー連盟)主催大会において、バルセロナがアウェイでのファーストレグを1-1で終えたのは過去13回あるという。そのうち勝ち抜けを果たしたのは11回。約85%という高い確率で、次ラウンドへ進出しているという。

     一方、敗退した2回は、1992-93シーズンと2002-03シーズンのことになる。1992-93シーズンは、CL2回戦(今回と同じベスト16)でCSKAモスクワ(ロシア)と対戦。ホームでのセカンドレグで2-3と敗れ、大会からの敗退を余儀なくされた。また2002-03シーズンには、ユヴェントス(イタリア)相手にホームで1-2の敗戦を喫し、CL準々決勝で姿を消した。

     なお、アウェイでのファーストレグを1-1で終えた直近の試合は、2009-10シーズンのことになる。CL決勝トーナメント1回戦でシュトゥットガルト(ドイツ)と対戦すると、ホームでのセカンドレグは4-0で快勝。準々決勝進出を果たした。

     ただし今回、バルセロナ相手にホームで勝利を逃したチェルシーにとっても、悪い結果ではないようだ。同クラブはホームでのファーストレグを1-1で終えた過去4回中3回で次ラウンド進出を果たしているという。唯一、勝ち抜けることができなかったのは、1998-99シーズンのこと。カップウィナーズカップ準決勝でマジョルカ(現スペイン3部)と対戦した際、敵地でのセカンドレグを0-1で落として敗退が決まった。

     果たして、ベスト8への切符を勝ち取るのはバルセロナか、チェルシーか。注目のセカンドレグは、3月14日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われる。

    (記事/Footmedia)

    CL決勝トーナメント1回戦で対戦したバルセロナとチェルシー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ファーストレグはドロー…バルサ&チェルシーの勝ち抜けの可能性は?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    CL決勝16強第1戦バルサ戦、チェルシーが本拠地で先制するも追いつかれ1-1ドロー

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の注目カードが現地時間20日に行われ、チェルシー対バルセロナの第1戦は1-1のドローに終わった。この試合でチェルシーはほぼ完璧な守備対応を見せながら、一つのミスでアウェーゴールを与える展開となった。アドバンテージを得られなかったことに、かつてバルサに所属した経験のあるスペイン代表MFセスク・ファブレガスは「次戦のカンプ・ノウで守り倒すのは自殺行為」と試合直後のインタビューで語った。

     チェルシーのアントニオ・コンテ監督が立てたゲームプランは、ハマっていたはずだった。ペナルティーエリア付近で構築した守備ブロックに対して、バルサ攻撃陣はボールを持ちながら攻めあぐねるなか、後半16分にはこの日好調だったブラジル代表MFウィリアンのコントロールショットでチェルシーが先制。地元テレビ局「BTスポーツ」に「今日は勝利に値したと思った」とウィリアンは試合を振り返っている。

     ところが同30分、チェルシー最終ラインの横パスがスペイン代表MFアンドレス・イニエスタにかっさらわれ、最後はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに同点ゴールを決められた。同対戦カードで8試合連続無得点に抑えてきたメッシに得点を許した気落ちもあったか、チェルシーは勝ち越し点を奪えず90分間を終えている。

    「僕らは(陣形を)コンパクトに保ちつつ、走れていた。ウィリアンはハットトリックもできたんじゃないかな」と話すのはセスクだ。ポスト直撃シュートが2本あったウィリアンの働きを称賛しつつも、3月14日第2戦のアウェー戦についてもこう話している。

    2011-12シーズンのシナリオを再び…

    「まだ試合は分からないけど、もう一度完璧な試合をするしかない。90分にわたって守り倒すのは長すぎるし、自殺行為になる。バルサにダメージを与えにいくしかない」

     セスクはかつてバルサでプレーしただけに、カンプ・ノウの威圧感を肌身で知っている。また昨季はパリ・サンジェルマンがCLバルサ戦でホームでの初戦を4-0と勝利しながら、カンプ・ノウで1-6と大敗し、大逆転で敗退した事例もある。

     それだけにチェルシーとしては苦しい状況となるが、前回優勝の2011-12シーズン準決勝ではカンプ・ノウで決勝進出を決めた過去もある。そのシナリオを再び描けるか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    チェルシーMFセスク、CL敵地バルサ戦へ警戒「カンプ・ノウで守り倒すのは自殺行為」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】チェルシーMFセスク、CL敵地バルサ戦へ警戒「カンプ・ノウで守り倒すのは自殺行為」…】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    CL16強のチェルシー戦、0-1で迎えた終盤にメッシの同点弾をアシスト

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー対バルセロナの第1戦は、1-1の引き分けに終わった。先制点を許したバルセロナを救ったのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの一撃だったが、それをアシストしたのはスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。9年前の同じ会場での劇的な決勝ゴールに続く大仕事に、地元メディアは“聖イニエスタの再降臨”と湧いている。

     試合は後半17分にブラジル代表MFウィリアンのコントロールショットでチェルシーが先制。そしてアントニオ・コンテ監督が敷いた鉄壁の守備ブロックが、バルサ攻撃陣に決定機を与えない展開となったが、同30分にチェルシーの最終ラインでの横パスがずれ、これをイニエスタがかっさらう。ペナルティーエリア内左に侵入しマイナス方向にラストパスを送ると、メッシが冷静に左足で流し込み、貴重なアウェーゴールをゲットした。

     このゴールはメッシにとって、チェルシー戦9試合目にしての初ゴールとなったが、エースの活躍以上に絶賛されているのはイニエスタだ。

     バルセロナの贔屓紙「スポルト」は、「“聖イニエスタ”がスタンフォード・ブリッジに再降臨」とのタイトルで、試合直後の「チェルシーは素晴らしいチームで強かったよ。それでもボールを保持し続けて、それを生かせた」とのコメントを紹介している。

    今も語り継がれる伝説のアウトフロント弾


     イニエスタとスタンフォード・ブリッジで語り草となっているのは、2008-09シーズンのCL準決勝第2戦のこと。この日もチェルシーの守備網を前に攻めあぐねてバルサ敗退が濃厚と見られたが、後半アディショナルタイムにメッシのパスを受けたイニエスタが、ダイレクトのアウトフロントシュートを叩き込んで決勝進出をもぎ取った。このゴールを現地ではゴラッソ(スペイン語で素晴らしいゴール)とかけて、「イニエスタッソ」と今も呼ばれているほどだ。

     あれから9年、同紙はこの日の採点でイニエスタにチーム最高点となる8点をつけ、「名手だ」と記している。9年前のシーズンはリーガ・エスパニョーラ、スペイン国王杯、そしてCLの三冠を達成したが、イニエスタが敵地で再び放った輝きは、バルサを栄光に導くのだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    「“聖イニエスタ”の再降臨」と現地紙絶賛! 9年前の伝説弾に続く大仕事に「名手だ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】「“聖イニエスタ”の再降臨」と現地紙絶賛! 9年前の伝説弾に続く大仕事に「名手だ」】の続きを読む



    (出典 fc-crocodile.net)



     バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのチェルシー戦を振り返った。同選手のコメントを、『マルカ』などスペインの複数メディアが伝えている。

     敵地スタンフォード・ブリッジに乗り込んだバルセロナは、62分にブラジル代表MFウィリアンに先制点を許したものの、75分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールで同点に追いつくことに成功。貴重なアウェイゴールを記録し、1-1の引き分けに持ち込んだ。

     UEFA(欧州サッカー連盟)が公開しているデータによると、この試合でバルセロナが記録したボール支配率は68パーセント。パス本数も329本だったチェルシーの3倍近い、894本を叩きだした。フル出場したラキティッチは、圧倒的にボールを保持していた状況を”ハンドボール”に例えてみせた。

    「ほとんどの局面で僕らが試合を支配していたし、相手を上回っていた。でも、相手はほとんど何もしていないのに、とても大きな成果を手にした。彼らは3本のシュートを打って、うち2本がポスト、うち1本がゴールに結びついた。とてもうまくスペースを消していたし、僕らのミスを待っていた」

    「エリア内で相手が8人も守っていたときは、まるでハンドボールの試合みたいだった。ただ僕らはしびれを切らさなかったし、自分たちのゲームが完璧にできた」

     なお、ラキティッチはアウェイでのファーストレグで得点を奪ったことを高く評価するとともに、3月14日に行われるホームでのセカンドレグでは辛抱強く戦うことが大事だと語った。

    「アウェイで得点することはすごく大事だし、あのゴールは妥当だった。セカンドレグに向けては良い準備をしないとね。厳しいゲームになるだろう。僕らは今日と同じことをやって、辛抱よく戦わなければならない。相手のペースが落ちてくるタイミングや、自分たちのチャンスが巡ってくる瞬間を見逃さないことだ」

    (記事/Footmedia)

    チェルシー戦を振り返った(左)ラキティッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ラキティッチ、相手を圧倒したことを例え…】の続きを読む

    このページのトップヘ