Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 f.image.geki.jp)



    オーレ・グンナー・スールシャール 写真提供: Gettyimages

     マンチェスター・ユナイテッドがオーレ・グンナー・スールシャール監督のために2億5000万ユーロ(約303億円)を用意しているようだ。14日、英紙『サン』が伝えている。

     今冬の移籍市場でボルシア・ドルトムントイングランド代表MFジェイドン・サンチョレッドブルザルツブルクノルウェー代表FWエルディング・ホランドなどの獲得の噂が報じられているユナイテッド。どうやら、クラブは後半戦へ向けて大型補強を視野に入れているようだ。

     両選手の獲得にはユナイテッド優位に立っているとも報じられている。サンチョは先日、素行などが問題になりドルトムントが1月の移籍市場で売却することを容認したとも報じられている。一方、ホランドはスールシャール監督とノルウェーサッカークラブ、モルデで2シーズンともに戦った経緯もある。

     果たして、ユナイテッドは今冬ビッグネームを獲得出来るだろうか。今後のユナイテッドの動向に注目が集まる。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンU、スールシャールの為に303億用意か?】の続きを読む

    no title


    グアルディオラ監督は休暇条項を行使か チーム離れた後の緊急事態にクラブが備え

     マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督が、今季いっぱいでチームから離れる可能性がある。英紙「デイリーミラー」はグアルディオラ監督とクラブの契約条項を挙げ、現指揮官が離れる場合は後任として前トットナム監督マウリシオ・ポチェッティーノ氏の招聘を考えていると主張している。

     シティはプレミアリーグ第16節を終えてすでに4敗しており、勝ち点32で3位となっている。昨季は32勝2分4敗で優勝していることを考慮すれば、チームは苦戦していると言わざるを得ない。以前から監督業には周期があると話してきたグアルディオラ監督だが、今季はその周期の終焉となっているのかもしれない。

     同紙はグアルディオラ監督とシティの契約において休暇条項があること挙げ、指揮官が今季かぎりでチームを離れる可能性があると示唆。グアルディオラ監督とシティは2021年まで契約を延長したが、その契約にはグアルディオラ監督が望めば今季終了後にチームを離れることができる条項が組み込まれているという。現在の成績を考慮すると指揮官チームからの離脱を望む可能性もあり、チーム指揮官の意見を尊重すると見られている。

     グアルディオラ監督が離れる緊急事態に陥った場合、シティは前トットナム監督のポチェッティーノ氏を監督に迎えようと考えているようだ。

     2009年から2012年にわたってエスパニョールでの指揮経験のあるポチェッティーノだが、現在シティのCEOを務めるフェラン・ソリアーノ氏とフットボールディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏は以前から評価していたという。ポチェッティーノ氏がエスパニョールを指揮していた頃にシティのトップを務める2人はバルセロナにいて、隣クラブ指揮官にその頃から目をつけていたようだ。

     早くも来季の体制が話題となっているシティだが、クラブグアルディオラ体制のまま後半戦を巻き返す算段を立てていることだろう。(Football ZONE web編集部)

    ペップ・グアルディオラ監督の後任はポチェッティーノ監督か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】シティ、今季後に監督交代か グアルディオラ監督の後任にポチェッティーノ氏浮上】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    2019年も残りわずかとなるなか、『Sky Sports』がプレミアリーグのこの10年間のベストゴールをまとめている。

    リヴァプール時代のルイス・スアレス2012年に決めた超ド級ゴールも選ばれていたぞ。その仰天プレーがこれ!(以下動画1分17秒~)。

    こりゃすげぇ…!

    ロングボールに反応して全力疾走で走るスアレスニューカッスルDFコロッチーニと競りながら驚異的なトラップボールコントロールすると、冷酷無比なフェイントでGKまで料理!

    驚異的としか言いようのないプレー…。当時のブレンダン・ロジャーズ監督も「ルイスは打破不可能だ。とても頭がよくスマートで、本物のワールドクラスストライカーだ」と絶賛していた。

    スアレス、リヴァプール時代にやった「震える変態トラップ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】スアレス、リヴァプール時代にやった「震える変態トラップ」がこれ】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    アーセナルvsマンチェスター・シティの一戦が中国国営テレビの放送予定から削除されたようだ。イギリスBBC』が伝えた。

    報道によると、中国の国営放送局であるCCTVは、プレミアリーグ第17節のアーセナルvsシティの一戦を削除したとのこと。これは1つのSNSの投稿が原因とみられている。

    それは、アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルSNSに投稿したもの。中国のウイグルイスラム教徒の扱いについての投稿だった。

    イスラム教徒であるエジルはウイグル人に対し「迫害に抵抗する戦士」と投稿。中国とイスラム教徒のどちらも批判する形となってしまった。

    中国は、国内にいるウイグルイスラム教徒の虐待を一貫して否定している状況でのコメント。これに中国サッカー協会は、エジルのコメントについて「受け入れられない」ものとし、中国ファンの「感情を傷つけた」として非難している。

    CCTVは、アーセナルvsシティの一戦を生配信する予定だったが、これを取り消しトッテナムvsウォルバーハンプトンの試合を放送することにしたようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナルvsシティの一戦が中国で放送取り消しに…SNSの投稿が引き金か】の続きを読む


    エルリング・ブラウト・ホランド 写真提供:Gettyimages

     レッドブルザルツブルクノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドは、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督に同クラブへの移籍希望を伝えたようだ。英紙『ミラー』が報じている。

     今シーズンリーグ戦だけでなくチャンピオンズリーグ(CL)でも素晴らしい活躍を見せているホランド。多くのビッグクラブから注目を集めていると報じられており、早ければ今冬に移籍するのではないかと噂されている。そんなホランドだが、ユナイッテドへの移籍を希望しているようだ。

     報道によると、ホランドはユナイテッドのスールシャール監督に移籍希望を伝えたという。1月の移籍市場で移籍する場合、第1希望はユナイテッドだと『ミラー』は伝えている。

     ただ、ホランドの代理人を務めている辣腕で知られるミノ・ライオラ氏。同選手の移籍先に関しては、すべての可能性を考慮しており、より良い条件を提示するクラブへの移籍を進めるだろう。

     サッカー界に颯爽と現れた新星ホランド。果たして、1月の移籍市場でユナイテッドに移籍することになるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】注目株ホランド、スールシャールにマンU移籍希望を伝える!?】の続きを読む

    このページのトップヘ