Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ヨーロッパスーパーリーグに参加を表明したプレミアリーグの6クラブに対して、エバートンが怒りの声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

    18日、ヨーロッパの12のクラブが一斉に参加を表明したヨーロッパスーパーリーグ構想。しかし、これには多くの反発が寄せられ、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)が反対意見を発表していた。

    選手やOB、監督、そしてファンサポーターからも多くの反対意見が出る中、レアル・マドリーの会長でもあるフロレンティーノ・ペレス会長はその意義を訴えていた。

    プレミアリーグからはマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドチェルシーアーセナルトッテナム、そしてリバプールが参戦を表明していたが、各クラブサポーターも大反対。スタジアムでバナーを掲げるなど抗議を行った。

    そのチームと切磋琢磨してきたエバートンは、この発表を受けて声明を発表。6クラブを批判するとともに、撤回して欲しいと願った。

    エバートンは、6つのクラブによって進められている独立したリーグの提案を知り、悲しく、落胆している」

    「6つのクラブは、完全に自分たちの利益のために動いている」

    「6つのクラブは、我々のリーグと試合の評判を落としている」

    「6つのクラブは、プレミアリーグテーブルを囲んでいる他の全てのクラブを軽視することを選択した」

    「6つのクラブは、国内および海外の大多数のサッカーサポーターを当然のこととし、裏切っている」

    「国内、および国際的にも危機に瀕しているこの時期、我々のゲームが決定的な時期に、各クラブは我々の試合とそのサポーターの理想を最優先し、協力して連携する必要がある」

    「それにも関わらず、これらのクラブは自分たちのために役に立っていたサッカーピラミッドから、抜け出そうと密かに共謀している」

    「そのピラミッドの中で、エバートンは、レスター・シティ、アクリントン・スタンレー、ジリンガム、リンカーン・シティ、モアカム、サウスエンド・ユナイテッド、ノッツ・カウンティなど、歴史のなかで、その存在自体がサポーターの生活を豊かにしてきた全てのクラブに敬意を表する。その逆もまた然りだ」

    「自称スーパー6は、我々が愛してやまない試合を支えている構造そのものを脅かすことで、自分たちを含むゲーム全体でサポーターの権利を奪おうとしているように見える」

    「その反発は理解でき、当然のことであり、耳を傾けなければならない」

    「このようなとんでもない傲慢さは、この計画を立案したクラブ以外の、サッカー界のどこにも求められていない」

    「我々は、エバートンに関わる全ての人々を代表し、この提案が直ちに撤回されること、そして、我々の美しいゲームを信頼性という点でおそらく過去最低の位置にまで貶めてきた私的な会合や破壊的な行為が終了することを、謹んで願いたい」

    「最後に、6つのクラブオーナー、会長、役員の方々は、クラブの管理者としてだけでなく、試合の管理者としての特権的な立場を忘れないでもらう。彼らが負う責任は真剣に受け止められるべきだ」

    「我々は、彼ら全員に、彼らがどのような遺産を残したいのかをを考えるように促していく」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「悲しく、落胆している」エバートンが欧州スーパーリーグ参戦表明の6クラブに失望し批判「自称スーパー6」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ついに本格的に動き始めた欧州スーパーリーグ構想。参戦に合意した12クラブにはプレミアリーグ王者リヴァプールも含まれている。

    ただ、各方面からは批判が寄せられており、元リヴァプールDFジェイミー・キャラガーも反対を公言している。『Sky Sports』によれば、こう述べていたそう。

    ジェイミー・キャラガー

    「彼らは1チームが勝つリーグに参加する。その他のチームには何が残る?何もない、競争もない。

    彼らはプレミアリーグをカラバオカップのように扱い、レアル・マドリーバルセロナとの対戦のために最高の選手たちをセーブする(起用しない)だろう。

    人々はあっという間に退屈になる。サポーターを遠ざけるだろう。

    サッカーは(観る者たちを)他にはない場所に連れていくことができる。この実現が許されれば、その場所に連れていくことは2度とないだろう」

    スーパーリーグができれば、ファンたちはつまらなく感じるようになり、全世代のファンを失うと危惧しているようだ。

    【動画】吉田麻也も感動!聖地アンフィールドの震える合唱シーン

    また、キャラガーはファンや選手、監督も声を上げて欲しいと訴えていた。

    「欧州スーパーリーグはつまらん…全世代のファンを失うぞ」 キャラガーが警告


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「欧州スーパーリーグはつまらん…全世代のファンを失うぞ」 キャラガーが警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ついに本格的に動き始めた欧州スーパーリーグ構想。参戦に合意した12クラブにはプレミアリーグ王者リヴァプールも含まれている。

    そうしたなか、リヴァプールMFジェームズ・ミルナーがこの件に言及。リーズ戦後の『Sky Sports』のインタビューでこう述べた。

    ジェームズ・ミルナー(リヴァプールMF)

    「誰にとっても多くの疑問があると思う。

    個人的には好きではないし、実現しなければいいね。

    昨日から皆が話していたのと同じ理由さ。

    他に言われたことは想像することしかできないが、ほとんどに同意するよ」

    ミルナーは気に入らないと明言していたのだ。

    【動画】南野拓実も見た!プロ職人ミルナー、リヴァプールでの激怒シーン

    そのうえで、現行のトーナメントはうまく機能しているとも述べていた。

    「欧州スーパーリーグは嫌い、実現しなければいい」 リヴァプールMFミルナーが斬る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「欧州スーパーリーグは嫌い、実現しなければいい」 リヴァプールMFミルナーが斬る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    2019年末からチームを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督を解任したトッテナム

    26日にマンチェスター・シティとのリーグカップ決勝を控えるなかでの電撃解任だった。

    そうしたなか、マンチェスター・ユナイテッドで指導を受けたウェイン・ルーニーがこの件に言及。『BBC』によれば、こう述べたという。

    ウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ監督)

    カップ戦決勝前にやるのはクレイジーだ。

    タイミングがおかしい。待つことができたはずだ。

    すばらしい監督さ。見てきたなかで最高のゲームのひとつだ。

    彼は復活すると確信しているよ」

    決勝まで1週間というタイミングでの解任は狂っていると感じているようだ。

    【動画】再現不可能!?ルーニー、ユナイテッドで伝説になった神憑りシュート

    ただ、モウリーニョはスパーズでのリーグ戦平均勝点は1.64(58試合)に留まった。Optaによれば、これはアンドレ・ヴィラス=ボアス監督(54試合で1試合平均勝点1.83)らよりも低い数値だそう。

    「ここでのモウリーニョ解任は狂ってる」 教え子ルーニーがトッテナムに苦言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「ここでのモウリーニョ解任は狂ってる」 教え子ルーニーがトッテナムに苦言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ヨーロッパスーパーリーグ構想について、参加を表明したクラブファンサポーターからも強い反対意見が出されている。

    これまでは噂の域を出なかったこの構想だが、18日にヨーロッパの15のビッグクラブが一斉に公式声明を発表。その設立に向けて動いていることが明るみに出た。

    初代の会長をレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が務めることが決定。そのマドリーのほか、バルセロナアトレティコ・マドリースペイン勢と、マンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティリバプールアーセナルチェルシートットナムイングランド勢、ユベントスミランインテルイタリア勢の12クラブが参加を表明している。

    これには国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)も反対意見を表明しているが、クラブにとって最も大切なサポーターからも全くもって支持されていないことが判明した。

    プレミアリーグから6クラブが参加を表明しているが、どの「サポーターズ・トラスト」も賛同はしていない。

    サポーターズ・トラスト」とは、日本のサポータークラブとは異なり、クラブとは別にサポーターが信託会社を作り、チームの経営を支えるというもの。形態としてはサポータークラブと似ているが、構造は異なる。

    しかし、その「サポーターズ・トラスト」も怒りを露わにしている。

    チェルシーサポーターズ・トラストは「許しがたいこと」とし「世界中の我々のメンバーサッカーサポーターは究極の裏切りを経験した」と、チームの決断を非難した。

    また、同じロンドンアーセナルサポーターズ・トラストは「スポーツ機関としてのアーセナルの死を意味する」とし、クラブは死んだと表現。そのアーセナルライバルクラブであるトッテナムサポーターズ・トラストは「我々が大切にしている試合の本質的な価値を犠牲にし、欲と自己利益によって推進される」と見解を示した。

    その他、リバプールサポーターズ・トラストは親会社であるフェンウェイスポーツグループ(FSG)をやり玉にあげ「FSGはファンを無視し、執拗に貪欲に金を追い求めている。サッカーは我々のものであり、彼らのものではない。我々のサッカークラブは彼らのものではなく、我々のものだ」とした。

    また、マンチスター勢も反対。ユナイテッドサポーターズ・トラストは「完全に受け入れられない」とし、「サッカー、そしてマンチェスター・ユナイテッドが支持すべき全てのものに反する」と断固反対の姿勢。シティのサポーターズ・グループも「関係者が試合の伝統を全く考慮していないことを示している」とし、「このスーパーリーグの案に反対する決意を固めた」とした。

    ファンサポーターから全く受け入れられないヨーロッパスーパーリーグ構想。このまま推し進めることで得られるものは、今のところ見えてこない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「究極の裏切り」「死を意味する」プレミア6クラブのサポーターが欧州スーパーリーグ参加表明のクラブに憤慨】の続きを読む

    このページのトップヘ