Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 portal.st-img.jp)



     バルセロナマンチェスター・Uイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。

     ラッシュフォードマンチェスター・Uの現行契約はあと1年となっており、クラブ側が2024年までの契約延長を持ちかけている状況だが、未だに合意には至っていない。同メディアによるとそこに目を付けたバルセロナは今夏、ラッシュフォード獲得のために1億ポンド(約144億円)程度の移籍金を提示する準備ができているという。

     オーレ・グンナー・スールシャール監督が正式就任して以降、公式戦9試合で7敗を喫してチャンピオンズリーグ出場権争いでも遅れを取っているマンチェスター・Uだが、下部組織出身の生え抜きスター候補を失うことになってしまうのだろうか。

    マンチェスター・Uのラッシュフォード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサ、今夏のラッシュフォード獲得へ144億円程度のオファーを準備か】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    チェルシーバルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)を注視しているという。『フットボールエスパーニャ』が報じた。

    今夏、ベルギー代表MFエデン・アザールレアル・マドリー移籍の可能性が取り沙汰されるチェルシー。今後2つの移籍市場で補強禁止処分が科されている状況だが、国際サッカー連盟(FIFA)に処分軽減の訴えを起こすと共に、アザールの代役探しに動いている模様だ。

    そこで、名前が挙がったのがバルセロナ在籍2年目のコウチーニョ。先日にプレミアリーグ復帰の可能性を否定したが、エルネスト・バルベルデ監督の下で先発の座を確保できておらず、パフォーマンスに対する批判も少なくなく、消化不良シーズンを過ごしている。

    一方で、バルセロナ側は今夏の補強に向け、コウチーニョの年俸1400万ユーロ(約17億4000万円)を浮かせたい意向。そのため、移籍金1億ユーロ(約1243000万円)以上のオファーが届けば、交渉に応じるプランもあるとみられる。

    なお、コウチーニョを巡っては、チェルシーのほか、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているとのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アザール流失危機のチェルシー、コウチーニョを監視か】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    チェルシーバルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)を注視しているという。『フットボールエスパーニャ』が報じた。

    今夏、ベルギー代表MFエデン・アザールレアル・マドリー移籍の可能性が取り沙汰されるチェルシー。今後2つの移籍市場で補強禁止処分が科されている状況だが、国際サッカー連盟(FIFA)に処分軽減の訴えを起こすと共に、アザールの代役探しに動いている模様だ。

    そこで、名前が挙がったのがバルセロナ在籍2年目のコウチーニョ。先日にプレミアリーグ復帰の可能性を否定したが、エルネスト・バルベルデ監督の下で先発の座を確保できておらず、パフォーマンスに対する批判も少なくなく、消化不良シーズンを過ごしている。

    一方で、バルセロナ側は今夏の補強に向け、コウチーニョの年俸1400万ユーロ(約17億4000万円)を浮かせたい意向。そのため、移籍金1億ユーロ(約1243000万円)以上のオファーが届けば、交渉に応じるプランもあるとみられる。

    なお、コウチーニョを巡っては、チェルシーのほか、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているとのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アザール流失危機のチェルシー、コウチーニョを監視か】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    バルセロナマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に自信を深めているという。イギリスデイリーメール』が報じた。

    昨年末にオーレ・グンナー・スールシャール監督が到着して以来、ストライカーとしての才能に磨きがかかるラッシュフォード。1年の延長オプションを除けば2020年に現行契約が失効する状況だ。

    そのラッシュフォードとユナイテッドは現在、延長交渉中。ユナイテッドは週給30万ポンド(約4300万円)+2024年までの新契約で引き留めを狙っているが、チーム状況が良くないこともあり、進展がない。

    バルセロナはその状況を有効活用して、ユナイテッドの未来を強襲する計画を企てている模様。今夏の移籍市場で移籍金1億ポンド(約143億8000万円)で引き抜きを試みることを画策しているとのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】バルサ、ユナイテッドの未来を143億円で襲う?】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    『Talksport』は25日、「チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールは、レアル・マドリーに対して大きな給与を要求した」と報じた。

    チェルシーとの契約が2020年6月30日までとなっており、今夏チームを離れる可能性があると言われているアザール。移籍先として最有力とされているのがレアル・マドリーだ。

    記事によれば、アザールは彼を獲得しようとしているレアル・マドリーに対し、現在「年俸2000ユーロ(およそ24.9億円)」という条件を要求しているようだ。

    チェルシーは彼の移籍金を1億ユーロ(およそ124.3億円)と設定しており、レアル・マドリーの入札額は8000万ユーロ(およそ99.5億円)であると言われている。

    また、エデン・アザールレアル・マドリーに対して「10番を明け渡すように」と求めているとのこと。

    【関連記事】アザールが退団するなら…チェルシーが獲得すべき5名のアタッカー

    レアル・マドリーの10番はルカ・モドリッチが着用しており、彼はそれを手放す意思がないことから、クラブモかなりこれには悩んでいるようで…。

    レアル、給与はこれだけ払え!アザールの要求がでかい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル、給与はこれだけ払え!アザールの要求がでかい】の続きを読む

    このページのトップヘ