Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    マンチェスター・シティ23日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でシャフタール・ドネツクとアウェイで対戦し、3-0で勝利した。

    2日に行われた前節のホッフェンハイム戦で今季CL初勝利を飾ったシティは、直近に行われたプレミアリーグ第9節のバーンリー戦から先発を4人変更。アグエロ、ザネ、ベルナルド・シウバ、コンパニに代えてガブリエウ・ジェズス、スターリング、デ・ブライネ、オタメンディを起用した。

    一方、ここまでCLで2引き分けのシャフタールは、前節2ゴールのジュニオール・モラエスフェルナンド、マイコン先発に起用された。

    マフレズ、ジェズス、スターリングの3トップで試合に臨んだシティは、立ち上がりから両ウイングを経由した厚みのある攻撃でシャフタールゴールに迫る。すると14分、シルバスルーパスでゴールエリア付近まで侵入したジェズスがシュートを放つも、これは飛び出したGKピアトフに阻まれた。

    導権を握るシティ28分、マフレズの右クロスからゴール前に走り込んだシルバが左足で合わせたが、これは右ポストを直撃。決定機を逃したシティだが、30分に左サイドの高い位置でパスを受けたメンディの折り返しをボックス中央左寄りの位置で受けたジェズスが反転からシュート。これは相手DFのブロックに遭うも、セカンドボールの浮き球をシルバダイレクトボレーでゴール右隅に突き刺した。

    先制したシティは、35分にもデ・ブルイネの左CKをゴール前のラポルテがヘディンシュートゴール右に流し込み、立て続けにゴールネットを揺らした。

    後半も開始々からシティが、シャフタールゴールに迫る。49分、マフレズスルーパスを受けたジェズスがボックス右まで持ち上がりクロス。これを走り込んだシルバが左足で合わせるも、イスマイリがスライディンブロック。さらに、このプレーで獲得したCKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったマフレズが、ミドルシュートゴールを狙うも、これはの左に外れた。

    攻撃の手を緩めないシティは、69分にデ・ブライネを下げてベルナルド・シウバを投入。すると71分、マフレズのパスをバイタルエリア右で受けたベルナルド・シウバダイアゴナルなドリブルでボックス中央まで持ち込みシュート。これが左ポストに当たりゴールに吸い込まれた。

    その後も危なげない試合運びを見せたシティは、3-0のまま試合をクローズ。敵地で快勝のシティが、CL連勝を飾りグループFの首位に浮上した。一方、ホーム敗を喫したシャフタールは、最下位に沈んでいる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】敵地で3発快勝のシティがグループF首位に浮上!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     チャンピオンズリーグCL)・グループステージ第3節が23日に行われ、ユヴェントスはアウェイマンチェスター・Uに1-0で勝利した。

     クリスティアーノ・ロナウドの古巣凱旋で注を集めた試合は、開始17分に動いた。サイドを抜け出したC・ロナウドクロスを入れると、フアン・クアドラードがニアに飛び込み、そのこぼれ球を中央のパウロ・ディバラが押し込んで、ユヴェントスが先制に成功する。その後もユヴェントスチャンスを作り、38分にはペナルティエリア手前左のFKでC・ロナウドが弾丸シュート、こぼれ球にエリア左のブレーズ・マテュイディが詰めるが、どちらもGKダビド・デ・ヘアの好セーブに阻まれる。

     後半もユヴェントスの攻勢は変わらず、51分にはC・ロナウドエリア右から強シュートを放つが、これもGKデ・ヘアがセーブマンチェスター・Uはなかなか決定的なチャンスを作れず、75分には同じく古巣対決のポール・ポグバエリア手前でボールを奪い、そのまま左足で狙うが、シュートは惜しくも左ポストに弾き返された。90分にもアントニー・マルシャルがドリブルで持ち上がり、右足ミドルで狙うが、GKにキャッチされた。このままユヴェントス完封勝利を収め、3連勝でC・ロナウドの凱旋試合を飾った。敗れたマンチェスター・Uは1勝1分1敗となった。

     次節はユヴェントス11月7日マンチェスター・Uホームに迎える。

    スコア
    マンチェスター・U 0-1 ユヴェントス

    【得点者】
    0-1 17分 パウロ・ディバラユヴェントス

    スターティングメンバー
    マンチェスター・U(4-2-3-1)
    デ・ヘア;ヤング、スモーリングリンロフショーポグバ、マティッチ;ラッシュフォード、マタ、マルシャル;ルカク

    ユヴェントス(4-3-3)
    シュチェスニー;カンセロ87分 D・コスタ)、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ;ベンタンクール、ピアニッチ、マテュイディ;クアドラード(81分 バルザーリ)、ディバラ(78分 ベルナデスキ)、C・ロナウド

    古巣マンチェスター・Uの本拠地に凱旋したC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】古巣凱旋のC・ロナウドが決勝点を演出…ユーヴェ、ディバラ弾でマンUに勝利】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    22日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)のジョゼ・モウリーニョ監督22日、古巣レアル・マドリードスペイン)に復帰する可性を否定した。

    モウリーニョ監督23日に行われる欧州チャンピオンズリーグCL)、1次リーグユベントスイタリア)戦に向けた前日会見で「私の未来はここにある」とコメント。「契約が切れるまで、マンUのことしか考えない」と述べた。

    さらに「契約が切れた後もここに残りたい」と話した。マンUとの契約2020年まで。クラブ側に1年のオプションがある。

    レアルフレン・ロペテギ監督は成績不振を理由に解任がうわさされている。同監督が解任された場合、モウリーニョ監督が後任の最有スペインメディアは報じている。

     10月22日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣レアル・マドリードに復帰する可能性を否定した(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マンU監督、レアル復帰の臆測を否定】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    5試合連続で勝利なしと苦しんでいるレアル・マドリーフレン・ロペテギ監督の解任説も飛び交っているが、驚きの噂が出てきた。

    90min』などによれば、レアルがアーセン・ヴェンゲル氏に接触したという話があるようだ。

    昨季限りで20年以上揮したアーセナル監督から退任したヴェンゲル氏。彼は69歳になったばかりだが、来年1月にも導者に復帰したい意思も見せている。

    ただ、PSGディレクターとして彼を招聘したがっているという話も。

    全てはUEFAチャンピオンズリーグレアル対ヴィクトリア・プルゼニチェコ)戦の結果次第になりそうだが…。

    仰天… レアル・マドリー、ヴェンゲル監督に接触か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天】レアル・マドリー、ヴェンゲル監督に接触か】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ピャニッチが独自の見解、ロナウドの成長物語に欠かせなかったスコールズからの“学習”

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリードでの9年間でUEFAチャンピオンズリーグCL)三連覇など、クラブとしても個人としても数々のタイトルを獲得してきた。今から加入したイタリア王者ユベントスでは、セリエAゴールまで4試合を要したが、それ以降は6試合で5得点と順調にゴールを積み重ねている。

     そのユベントスで、チームメイトボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、マンチェスター・ユナイテッド時代にともにプレーした元イングランド代表MFポール・スコールズを手本にしたからこそ現在の姿があると、英「ザ・ガーディアン」のインタビューで独自の見解を示した。

     ロナウドユナテッド2003年から6シーズンを過ごし、プレミアリーグ優勝3回、CL優勝など、数々のタイトルを手にして大きな成功を収めた。ピャニッチは、その間に生きた教本に出会えたことが、その後のさらなる飛躍につながったと分析した。

    マンチェスター・ユナイテッドでのロナウドと、世界最高の選手になったロナウドべたら、彼のゲームが変わったことに気がつくだろう。より明確になったんだ。ロナウドポール・スコールズのことや、彼がどうやってトレーニングしていたかを話しているものを、たくさん読んだよ」

     ピャニッチはそのスコールズについて、「みんなが彼を素晴らしいと言うが、それは彼が物事をシンプルにし、彼自身をスペシャルに仕立て上げたからだ。きっと、ロナウドはそういう選手から学んだんだと思うよ」とった。

     ロナウドの所属するユベントスは、現地時間23日のUEFAチャンピオンズリーググループステージ第3節で古巣ユナテッドと対戦。希代のアタッカーはかつての本拠地オールド・トラフォードでどんなプレーを見せるだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ピャニッチは、ユナイテッド時代にともにプレーした元イングランド代表MFポール・スコールズを手本にしたからこそロナウドの現在の姿があると、英紙のインタビューで独自の見解を示した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドの手本は「スコールズ」 ユベントス同僚が語る“世界最高”に飛躍した秘訣】の続きを読む

    このページのトップヘ