Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコに退団の可能性があるようだ。22日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

     現在27歳のイスコは今シーズン負傷していた影響もあり、ここまで公式戦出場は4試合にとどまっている。しかし、復帰後もレギュラーとして起用されないことに不満を抱えている模様で、報道によると、イスコは来年1月の移籍市場で退団する可能性があることを認めたという。なお、同選手にはマンチェスター・Cアーセナルが獲得に関心を示しているようだ。

     2013年夏からレアル・マドリードプレーしているイスコは同クラブとの契約が2022年6月30日までとなっているが、果たして移籍を決断するのだろうか。

    レアル退団の可能性があるイスコ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】イスコが来年1月にレアル退団? マンCとアーセナルが関心か】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ユルゲン・クロップ監督 写真提供:Gettyimages

     リバプールユルゲン・クロップ監督が、先日30人の受賞候補者が発表されたバロンドールについて言及した。英誌『デイリースター』が報じている。

     アリソン・ベッカー、フィルジル・ファン・ダイク、トレントアレクサンダー=アーノルド、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、サディオ・マネ、ロベルトフィルミーノと、リバプールから最多となる7人の候補者が演出されたバロンドールクロップ監督は「選ばれなかったのは誰だ?(笑)」と冗談交じりのコメントを残した。

     昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)を制し、今シーズンプレミアリーグ優勝を現実のものにしようとしているクロップ監督は、以下のように語っている。

    ユルゲン・クロップ

    「うちからは7人の選手が選ばれたと聞いたけど、最初の疑問は“誰が選ばれなかったのか?”ってことだね(笑)

     いいね。正直なところ、そういったものについて、選手にとってどのような意味を持つのかについてを100%理解しているわけではないんだけど。

     勝ち獲れれば大きいということは理解しているし、勝ち獲れなかったとしてもダメージは少ないだろうね。

     とても良い兆候だと思うよ。サッカーの専門家たちかいるのであれば、昨シーズン以降の私たちのプレーは、多くの選手がノミネートされてしかるべきものだった。

     正直、私がFIFAの賞を受賞したことに驚いているよ。そして、マンチェスター・シティの選手が1人も入っていないことにも驚きだ。私たちは、彼らがいかに素晴らしいフットボールプレーしたかを知っているからね」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】クロップ、バロンドールに言及「うちから選ばれていないのは(笑)」】の続きを読む

    no title


    3得点1アシストと爆発したアタランタ戦で絶妙のテクニックも披露

     プレミア王者マンチェスター・シティは、現地時間22日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節アタランタ(イタリア)戦で5-1と勝利を飾った。イングランド代表FWラヒーム・スターリングは12分間でハットトリックを達成したが、試合中に繰り出した2人翻弄のドリブルがCL公式インスタグラムによる「スキル・オブ・ザ・デイ」に選出されている。

     シティは前半28分にPKで先制を許すも、すぐさまスターリングアシストからアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めて同点に追いつく。その4分後にアグエロがPKで勝ち越し点を奪うと、後半はスターリングが12分間で3ゴールと爆発。アタランタに地力の差を見せつけた。

     3得点1アシストを記録したスターリングだが、アタランタ戦ではテクニックも光った。CL公式インスタグラムが公開した動画では、敵陣のアタッキングサードで前を向くと、アタランタDFラファエウ・トロイを目線のフェイントとワンタッチの切り返しで翻弄。さらにカバーに来たベルギー代表DFティモシー・カスターニュが足を出してきたところで股を抜き、本拠地のエティハド・スタジアムは大きく沸いた。

    「トロイを欺くためにフェイントし、カスターニュに股抜き」とCL公式インスタグラムがこの日の“最優秀スキル”に認定した投稿には、「な、なんだ」「クールだね」「世界クラス」「ニューメッシ」「スターリングムバッペ」とスターリングを称えるコメントが相次いだ。

     今季リーグ戦でも、ここまでチーム2位の6ゴールを挙げているスターリングプレミア3連覇、CL優勝を果たすにはこの男の活躍は不可欠だ。(Football ZONE web編集部)

    アタランタ戦、3得点1アシストと爆発したスターリング【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】シティFWスターリング、2人翻弄ドリブルが“最優秀スキル”認定 「世界クラス」】の続きを読む

    no title


    直近の公式戦64試合で58回得点に絡む

     マンチェスター・シティブラジル代表FWガブリエル・ジェズスは、現地時間19日に行われたプレミアリーグ第9節のクリスタル・パレス戦(2-0)でシティ通算110試合目の出場を果たし、50点目を決めた。ジョゼップ・グアルディオラ監督はクラブの公式ウェブサイトで、同選手を「契約したなかで最高の選手の1人」と絶賛している。

     ジェズスは2017年にパルメイラスからシティに移籍。まだ22歳の若さだが、ここ公式戦64試合で直接ゴールに関与した回数は58回を数え、先発した直近20試合では21ゴールを決めている。グアルディオラ監督はピッチの内外における同選手の献身さと姿勢に称賛の言葉を贈っている。

    ガブリエルは最初からずっと素晴らしかった。残念ながら、2度にわたり苦しい故障に見舞われ、ワールドカップの後は彼にとって簡単ではなかったと思う。だが、彼はブラジルの強力なナンバナインクラブ素晴らしい若手選手を、素晴らしい金額で獲得した。最高の契約の一つだ」

     ジェズスはシティ加入以降、チームエースであるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと厳しいポジション争いをしてきている。グアルディオラ監督は、そのアグエロとの競争における困難さについて十分に理解を示している。

    「何度も言ってきたが、セルヒオと戦うのは最も難しいことだ。セルヒオはレジェンドで、とてつもなく素晴らしい選手だ。多くのことでセルヒオを必要としている時もあるが、ガブリエルが必要な時もある。それだけのこと。彼は冷静で、競争者であり、決断を受け入れる。全てのトレーニングセッションで、彼は動物のように戦う」

     そのうえで、クリスタル・パレス戦でジェズスを先発させた理由を「波長が合っていると思ったから」と説明した。

     次の試合ではどちらを先発させるかは分からないとしながらも、「彼のメンタリティーを持ってすれば、間違いなく成功する。彼はハングリーで、世界にとって重要なストライカーになると思っている。彼がいてくれて私たちは運がいい」と話しているグアルディオラ監督。ジェズスの活躍は指揮官にとって、“嬉しい悲鳴”であることは間違いなさそうだ。(Football ZONE web編集部)

    グアルディオラ監督がFWジェズスを大絶賛!【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】グアルディオラ監督、“得点関与率”90%超えのFWジェズスを大絶賛 「最高の契約」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグマンチェスター・シティ対アタランタで、珍しい場面があった。

    前半終了が近づいた時、先発出場していたMFロドリが足を痛めてしまってプレー続行が不可能になってしまう。

    そこでジョゼップ・グアルディオラ監督はベンチに座っていたDFジョン・ストーンズに出場を求めたのだが…(動画はツイートリンク先『The SUN』で)。

    ストーンズはそれを聞いて靴下を引き上げるような仕草をすると、グアルディオラ監督は激しいジェスチャーを見せた。

    『The SUN』によれば、ストーンズはすでにシンガードを着用していたものの、そのポジションを修正しなければならない状況だったという。

    すぐに準備をしてほしかったグアルディオラはその仕草に怒りを見せ、素早い準備を求めたとのこと。

    とはいえこの場面の後はグアルディオラ監督がストーンズに指示を出しているところも映されており、特に両者の関係に問題はなかったようだ。

    ペップ監督、ストーンズにブチギレ!珍しい「激怒シーン」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ペップ監督、ストーンズにブチギレ!珍しい「激怒シーン」がこれ】の続きを読む

    このページのトップヘ