Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > プレミアリーグ

    no title


    南野拓実が移籍したリヴァプールスコットランド代表の左サイドバックアンディロバートソンは近年最高の掘り出し物といえる。

    25歳の彼は下部リーグから世界最高のクラブにまで上り詰めた成り上がり選手。『Soccerbile』のインタビューでこんな話をしていた。

    アンディロバートソン(リヴァプールDF)

    「(Nikeが青のスパイクを出した時は困る?)

    あぁ、難しいね。

    彼らはちょうどチャンピオンズリーグ決勝というタイミングで青いスパイクを出すことに決めた。僕らの多くがジレンマに陥ったよ。

    でも、そういうものさ。様々なカラーがあり、(どの色も)全て出る。

    でも、正直なところ、青よりも赤のほうが好きだね!」

    「(靴紐がどうなっているかとかは大事?)

    紐が長すぎるのが好きじゃないので、試合中に突き出ないように最初に少し切るんだ。

    それから、(スパイクを)綺麗にして、手入れする。

    自分のスパイクが汚れているのは嫌い。だから、試合に行くときは間違いなく綺麗にするよ」

    「(Nikeは新カラーモデルをどれくらい前に送ってくれる?試合までにどれくらい練習できる?)

    週の初めに届いたら、週末には履けるかな。

    大体、月曜か火曜に送られてくるんだ。もしミッドウィークに試合があったら、週末までは履けないね。

    通常は週末に(新カラーが)お披露目されるからね。

    いつも新しいスパイク、新しいカラーが出るのを楽しみにしているよ。常に新鮮に見える」

    「(スパイク一足はどれくらいもつ?)

    毎日トレーニングして、1週間に3試合ある時は、かつてほどはもたないね。

    幼い頃は1年くらい使っていたかもね!

    でも、自分たちにとって(商売)道具なので、いい状態に保つようにしている。履き始めたら、すぐに交換するよ」

    「(ずっと保管しているスパイクはある?)

    両親は僕が最初に履いたスパイクをとってあると思う。Diadoraなんかのかなり小さいやつだったね。

    それから、セルティックにいた幼い頃に個人向けに作られた(Nike)ティエンポをゲットしたのも覚えているよ。

    緑と白で自分の名前も入っていたので、とっておいた。12,13歳の頃だったと思う。

    それ以外だとCL決勝のスパイクも保管しているよ。プレーオフ決勝のもあるし、全てのスパイクが自分にとって大事だ。

    決勝のために常にパーソナライズしていて、自分や家族のために常にとっておいている」

    宿敵エヴァートンカラーである青のスパイクを履くのはやはり難しいようだ。そんなロバートソンがいま履いているのは、この色!

    ピンク!これなら問題なさそうだ。

    リヴァプールDFロバートソン、「青いスパイクは困る話」がおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールDFロバートソン、「青いスパイクは困る話」がおもしろい】の続きを読む

    no title



    プレミアリーグ初優勝に向けて無敗を続けるリヴァプール。だが、第27節ウェストハム戦には苦しんだ。

    開始9分で先制するも後半途中に逆転され、初黒星がよぎる展開に。だが、モハメド・サラーサディオ・マネの2発で逆転仕返し、3-2の勝利を収めた。

    守護神アリソンがチームを救った驚異的なセーブがこれだ(以下動画6分25秒~)。

    完全なる大ピンチ

    裏に抜けたジャロド・ボーウェンと1vs1になるも、落ち着き払った対応で平然と阻止してみせた。ポジショニングと相手への詰め方、最後まで倒れない判断力はさすが。

    試合後、ユルゲン・クロップ監督は「相手にはチャンスがあったが、アリがセンセーショナルなセーブをしてくれた」と讃えていた。

    リヴァプールを救った!アリソンの「世界最強レベルの1vs1」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールを救った!アリソンの「世界最強レベルの1vs1」がこれ】の続きを読む



    (出典 my-ynwa.red)



    過去にレアルへ移籍した自身の同僚を例に挙げてG・ネビルが指摘

     元イングランド代表DFギャリー・ネビルは、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが「リバプール踏み台に」して、近いうちにスペインレアル・マドリードか、バルセロナへ移籍すると考えているようだ。英メディア「エキスプレス」が報じている。

     2017年リバプールに加入してから、最も多くのゴールを挙げてきたサラーは、2019年UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。だが、ネビル氏はサラーがレアルプレーすることを希望していると信じており、元イングランド代表MFデビッド・ベッカム、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと同じ道に進もうとしているサラーを責められないと考えている。

    「彼のような選手の穴を埋めるのは、簡単なことではない。18カ月前、私はサラーがリバプールを去ると思っていた。リバプールファンが、サラーに対する愛情を示さないのは単純な理由かもしれない。それは親和性と忠誠心の理由からだ。彼には『いつかレアルプレーしたい』『バルセロナへ行こう』と、そういう大型移籍をしようとする考えがあると思う」

    「これはサラーに対する批判ではない。私はデビッド・ベッカムプレーをしたし、ルート・ファン・ニステルローイクリスティアーノ・ロナウドともプレーをした。彼らはバロンドールを勝ち取りたかった。彼らはレアル・マドリードに行きたかった。より光を浴びる場所へ行き、世界で最大のクラブプレーをすることを希望したんだ」

     いつかリバプールを離れることを念頭に置いているからこそ、サラーはリバプールファンから最大のバックアップを受けられていないと指摘するネビル氏は、「彼はリバプールを彼のキャリアの踏み台にしていると思う。彼には野心がある。正直になろう。多くの選手にとって、レアル・マドリードバルセロナは頂点なんだ」と、見解を述べている。

     リバプールに加入し、世界のトップ選手へと飛躍したサラーは、ネビル氏の予想通り、スペインの2大クラブへ移籍することになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    スペイン2強へ移籍の可能性を指摘されたサラー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】サラー、スペイン2強へ移籍? 元英国代表DFが去就予想「リバプールを踏み台にする」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ポール・ポグバ 写真提供: Gettyimages

     マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバは今シーズンここまでプレミアリーグで首位を走っているリバプールに対して賞賛の言葉を送った。24日、『ESPN』が伝えている。

     昨年の夏の移籍市場でのユナイテッド退団が既定路線とされていたポグバ。結局はクラブに残留したものの、怪我の影響もあり今シーズンは公式戦8試合の出場のみにとどまっている。そんなポグバは今シーズン、他チームに圧倒的な差をつけ首位を独走しているリバプールに対して賞賛の言葉を送っている。

    ポール・ポグバ

    「彼らは他のどのチームよりも先を行っているよ。彼らは未だ今シーズンプレミアで負けなしだし、既にトロフィーに手が届いているね。

     ユナイテッドの選手として、ライバルとしてはリバプールに優勝してほしくはないよ。自分たち以外の優勝は望んでいないよ。けど、フットボールファンとしてそして、リスペクトとして彼らが優勝にふさわしいと言わなければならないね。

     彼らはチャンピオンズリーグレアルに敗れた2年前よりも、優勝した昨シーズンよりもより良くなっているんだ」

     ポグバに対してはユナイテッドも既に移籍に前向きな姿勢を示しており、今夏の移籍市場での退団が有力視されている。レアルユベントスといったビッククラブが獲得を望んでいるだけに、去就には注目が集まる。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ポグバ、リバプールを称賛「彼らは他のどのチームよりも先に行っている」】の続きを読む



    (出典 www.footballchannel.jp)



    チェルシーに所属する元スペイン代表DFマルコス・アロンソ(29)がセリエA復帰を希望しているようだ。同選手の父親であるマルコス・アロンソペーニャ氏がイタリアカルチョメルカート』で語った。

    レアル・マドリーレジェンドであるマルキートス氏を祖父に、アトレティコ・マドリーバルセロナで活躍した名サイドアタッカーのペーニャ氏を父親に持つサラブレッドマルコス・アロンソ

    2013年から3年間在籍したフィオレンティーナで台頭した後、2016年夏に加入したチェルシーではここまで公式戦136試合に出場。プレミアリーグヨーロッパリーグ、FAカップの3つのタイトル獲得に貢献してきた。

    ただ、フランク・ランパード新体制では直近のトッテナム戦で貴重な追加点を挙げる活躍を見せた一方、ここまで16試合の出場に留まっており、チーム内での序列が低下。今冬の移籍市場ではチェルシー指揮官のアントニオ・コンテ監督が率いるインテル移籍の可能性も報じられていた。

    その息子の去就に関して父親のペーニャ氏はセリエA復帰の可能性を口にしている。

    「(息子さんはイタリアに良い印象を持っている?)素晴らしい思い出があるよ。フィレンツェでの素晴らしい思い出をいつでも話している。同時にセリエA美しいコンペティションであり、イタリアには多くの友人がいることもあり、とても身近に感じているとも言っている。とにかく、息子にはイタリアでの素晴らしい思い出がある」

    「(将来的なイタリア復帰の可能性は?)わからないよ。私の口から何か言うのは難しい。息子とチェルシーの間には3年の契約が残っており、去就に関して彼自身に選択権はない。クラブの考え方次第だ。現時点では息子がイタリアを愛しているということしか言えない」

    チェルシーでの現在の立ち位置を考えれば、今夏に放出候補に挙がる可能性は濃厚なマルコス・アロンソだが、新天地は自身の愛するイタリアとなるのか…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マルコス・アロンソはセリエA復帰を希望! 「息子はイタリアを愛している」】の続きを読む

    このページのトップヘ