Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/18(木) 14:38:20.16 ID:CAP_USER9.net

    10/18(木) 5:14配信
    「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!

    「我々は日本アタッカー陣のスピードとコンビネーションに屈した」
     
     試合後、ウルグアイ代表を率いるオスカール・タバレス監督の言葉が印象的だった。
     
     新生日本代表は4-3の快勝に終わったウルグアイ戦で、その長所と短所を鮮明に描き出していた。長所とはもちろん、攻撃である。ここまで攻撃がストロングポイントとして浮かび上がったチームを私は知らない。四半世紀以上、日本代表を取材してきて、初めての感覚ではないかと思う。
     
     ポジティブな要素は数え切れない。
     
     明らかに勝ちにきた骨のある相手に、3試合で10得点を挙げた。南野拓実はそのうち4得点を決め、本物のストライカーであることを証明。中島翔哉の卓越したプレービジョン、高精度のパス&キックの精度、そしてどこからでも貪欲にシュートを撃つ姿勢が目を引く。森保ジャパンにおける変革の旗頭は間違いなく彼だ。
     
     堂安律も素晴らしい。ウルグアイ戦では代表初得点を綺麗に決めたし、とりわけその後半、右サイドで構築した酒井宏樹との連携が圧巻だった。急造とは思えない円滑さで、ホットラインと形容するに相応しい。日本の波状攻撃を引き出し、ウルグアイ守備陣にとっては脅威以外のなにものでもなかった。中島と長友佑都の左サイドも然りで、日本の両翼は躍動したばかりでなく、娯楽性も十二分だったと言える。

     
     これまで長きに渡って、日本代表の強みは常に中盤にあった。中田英寿、中村俊輔、小野伸二らが活躍した時代、日本が誇る世界的な名手はいずれもミッドフィルダーだった。換言すれば、サッカー少年や若手が目ざした憧れの対象もまた彼らミッドフィルダーで、香川真司や本田圭佑らがバトンを受け継いだ。
     
     とはいえ、最大の長所なりチームカラーは攻撃だ、と断言できる時代はなかった。ロシア・ワールドカップが良い例だろう。前述の3選手のほか、大会では大迫勇也や乾貴士、原口元気、柴崎岳といったタレントが異彩を放ったが、かならずしも“攻撃的”ではなかった。FIFA(国際サッカー連盟)のテクニカルレポートによれば、出場32か国で「敵ペナルティーエリア内に侵攻した平均回数」で、日本は下から4番目。韓国、パナマ、イランをわずかに上回ったに過ぎない。数字上でも明らかで、攻撃的とは言えないチームだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048926-sdigestw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】「代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!】の続きを読む



    (出典 public1.potaufeu.asahi.com)



    1 久太郎 ★ :2018/10/18(木) 10:40:18.60 ID:CAP_USER9.net

    オーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに所属し、カンボジア代表GMでもある32歳の本田圭佑が18日に記者会見を行なった。

     以前、本田は2020年の東京オリンピックを目指していることを明かしていた。ライバルに打ち勝つためにも、プレー面の向上が求められる。メルボルン・ビクトリーでは、どのような本田圭佑をピッチ上で見せていきたいか問われると 「試合を観てもらえればわかると思いますが、ポジションが変わりますので。まぁ、新しいポジションで新しいチャレンジになるので」と答えている。詳しくは話さなかったが、新しいポジションはボランチだと思われる。

     メルボルン・ビクトリーは現地時間20日にメルボルン・シティとの“ダービー”を控えている。この試合に向けて本田は「残り1日しっかり練習して、自分の力をどれだけ出せるかということが楽しみで仕方ないです」と語っている。オーストラリアで成し遂げたい目標に関しては「優勝ですね」とし、「簡単な目標ではないと思うんですけど、幸いプレーオフルールがオーストラリアにはあるということで、プレーオフに入って勝負に勝てれば…。とにかくリーグで1位になりたいなと思っています」とコメントしている。

    取材:植田路生(メルボルン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00293603-footballc-socc


    【【元日本代表】本田圭佑、新天地でボランチ転向か「新しいポジションで新しいチャレンジになる」】の続きを読む



    (出典 soccer-time.net)



    1 ゴアマガラ ★ :2018/10/18(木) 15:58:35.63 ID:CAP_USER9.net

    2020年東京五輪のエース候補に仰天プライスがついた。サッカー日本代表は16日、国際親善試合(埼玉)で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング5位のウルグアイに4―3で競り勝ち、森保ジャパン発足から3連勝を飾った。
    なかでも存在感を発揮したのは代表初ゴールを決めたMF堂安律(20=フローニンゲン)だ。欧州ビッグクラブが注目する逸材を、選手代理人の田路雅朗氏(63)が緊急査定。移籍金はなんと1億ユーロ(約130億円)まで跳ね上がる可能性があるという。

    期待の若手MFが躍動した。2―2で迎えた後半14分、ゴール前でパスを受けると華麗なステップから反転してシュート。待望の代表初ゴールは貴重な勝ち越し弾となった。
    「あそこでボールをもらえば決める自信はあった。ウルグアイ相手に大事な得点を取れて思い出に残るゴールになった」と笑顔を見せた。

     昨季オランダリーグで10得点を決め、フランスのサッカー専門誌が21歳以下の最優秀選手に贈る「コパ賞」候補の10人に選ばれるなど、世界が注目するアタッカー。「まだまだアピールしないといけない。
    サバイバルは続くので、もっと上を目指したい。もし負けていれば、世代交代の話がある中で何か言われていたかもしれない。自分たちが日本を強くしていけるというのが示せたと思う」と力を込めた。

     欧州ビッグクラブも大きな関心を寄せるが、カズこと元日本代表FW三浦知良(51=J2横浜FC)を担当した代理人の田路氏は「最近、知り合いの(欧州クラブの)スカウトから聞かれるのは堂安のことばっかり。
    フローニンゲンはすぐに売らないだろうけど、オランダからドイツやイングランドに移籍するときにクラブ側は移籍金として2000万ユーロ(約26億円)は見込んでいるんじゃないか」と指摘する。

     さらに「堂安は香川(真司=29、ドルトムント)や本田(圭佑=32、メルボルンV)を超えるのは間違いないと思う。将来的には5000万ユーロ(約65億円)から1億ユーロ(約130億円)の値段がつく初めての日本人選手になるんじゃないか」。
    2001年にMF中田英寿がローマからパルマ(ともにイタリア)に移籍した際、日本選手の過去最高額となる移籍金2600万ユーロ(約33億8000万円)をも上回るという。

     堂安が注目されているポイントはまだ20歳という若さだ。「選手としてまだまだ成長できるからな。バルセロナやレアル・マドリード(ともにスペイン)が買いに来るかもしれない。
    堂安はテクニックのある選手だから、バルセロナあたりがリストアップしていても不思議じゃない。(アルゼンチン代表FW)メッシの後継者になれる可能性がある選手じゃないか」

    また、A代表で3試合連続の4得点を決めた南野拓実(23=ザルツブルク)については「ゴールを決められる選手はどのクラブも欲しがる。フィジカルもあるからドイツクラブなら移籍金として1000万ユーロ(約13億円)はつくだろう」。
    日本の10番を背負うMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)には「5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)のクラブならば1000万ユーロ以上は出すだろう。
    クラブは移籍金を2000万ユーロと言っているようだけど、絶妙な設定額だ。まあ満額を払うクラブはないと思う」とした。

     森保ジャパンをけん引する“三羽ガラス”。田路氏はいずれも高い評価だったが、堂安は別格。今後、日本サッカー界を驚かせるような大きな飛躍を果たすかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000004-tospoweb-socc


    【【日本代表】代表初ゴールのエース候補・堂安 移籍評価「130億円」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/10/18(木) 16:41:36.84 ID:CAP_USER9.net

     パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、2年後に迫った東京オリンピック出場への意欲を示した。フランスメディア『RMC SPORT』が17日に報じている。

     19歳の若さで2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝に大きく貢献し、パリ・サンジェルマンでも活躍を続けているムバッペ。年代別代表では2016年にUEFA U-19欧州選手権を制しているが、次なる目標はオリンピック出場のようだ。

     ムバッペは「やるべきことはたくさんある。全てを勝ち取りたいんだ」と今後のキャリアに向けて抱負を語り、「代表チームでは、ユーロで勝たないといけない。そしてもう一つ、オリンピックだ。そこで戦いたいんだよ」と、2020年の東京五輪出場を見据えていた。

     ムバッペは1998年生まれの19歳で、いわゆる“東京五輪世代”の一人。すでに世界的なスターとなった若武者だが、フランス五輪代表の一員として来日する資格を持っている。東京五輪出場のためには、来年6月に行われるU-21欧州選手権でベスト4以上の成績を収める必要がある。フランスは前回のリオデジャネイロ・オリンピック出場を逃しているだけに、ムバッペにかかる期待は大きなものとなりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00849570-soccerk-socc


    【【仏代表】ムバッペ、2020東京五輪出場へ意欲!「そこで戦いたいんだ」】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/18(木) 16:56:58.45 ID:CAP_USER9.net

    10/18(木) 16:55配信
    移籍専門メディアがマンCの“堂安再アプローチ”を予想
     イタリアの移籍専門メディア『カルチョメルカート』が、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がフローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)に注目していると伝えている。

     堂安は昨年よりオランダ・エールディビジに挑戦。29試合に出場して9ゴールをあげる活躍。『フランス・フットボール』紙が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手候補にもノミネートされた。

     2年目の今季は開幕戦で得点するなど、全8試合にフル出場している。日本代表にも初選出されると、先日のウルグアイ戦では初ゴールを含む圧巻のパフォーマンスをみせた。

     『カルチョメルカート』のフェデリコ・ザノン記者は夏にもマンチェスター・シティが興味を持っていたとすると、「再びアプローチをするのは時間の問題だ」と予想。「ルイス・スアレスやアリエン・ロッベンと同様に、オランダで成長を続けている」と、フローニンゲンから巣立った先輩たちを引き合いに出して、期待を寄せている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-03082100-gekisaka-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】移籍専門メディアがマンCの“堂安再アプローチ”を予想】の続きを読む

    このページのトップヘ