Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 the-ans.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/15(水) 03:57:03.26 ID:CAP_USER9.net

    本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野
    8/15(水) 3:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00299809-nksports-socc

    【メルボルン(オーストラリア)14日=八反誠】オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りするワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32)が、新天地でボランチ転向を申し出た。
    カンボジアからタイを経由しメルボルン国際空港に到着。メディカルチェック後の会食でマスカット監督に直訴した。年齢制限外、オーバーエージ(OA)枠での出場を狙う20年東京五輪を見すえた仰天のポジション転向案。本田は今日15日に正式契約を結び、入団会見に臨む。

    自ら望んで実質的なカンボジア代表監督になったように、本田はやっぱり仕切ることが大好きだ。メルボルンではボランチに転向し、中盤でチームを仕切りたいようだ。
    サングラスにスーツ、ネクタイも締め、メルボルン入り。南半球は真冬で気温は14度。報道陣の問いかけには、何も答えなかったが、言うべきことはしっかり言っていた。

    クラブ関係者によると、この日夜の初めての会食でマスカット監督にボランチ転向を直訴。いかにチームに有益かを説き、説得にかかる見込みだ。
    イメージは中盤の底の司令塔。元イタリア代表で、同じACミランに在籍したピルロや、日本代表でともにプレーし、そのセンスに心酔するG大阪の遠藤。「レジスタ(演出家)」などと呼ばれた名手への変身プランを温めていた。

    海外に出て、とにかく点を取ることで成り上がってきた。しかし、ミランを退団し、思いを改めた。
    「(今まで)すごく自己中心的な考えでやってきたけど、年を重ねるごとに違うって気付くわけですよ」とも語っている。実際にロシアでのW杯では控えを受け入れ、周囲を生*働きもした。気が利くプレーで、味方を生かし、長いパスも蹴ることができる。体も強い。スピードに難があるだけに、実は最適ポジションかもしれない。

    以前から「ボランチ本田」待望論はあった。実際、8年前にはCSKAモスクワのスルツキ監督(当時)が起用を模索した。
    ただ、あの時はトップ下にこだわり、頑として受け入れずメンバー外となったこともあった。
    この驚きのチェンジは、東京五輪を見すえたもの。OA枠での出場で金メダル獲得をぶち上げた自国開催の大舞台。
    一番求められるのは経験を生かしたゲームコントロール。ならば、ボランチ。チーム事情もあり、受け入れられるかは微妙なところだが、本田にとっては秘策でも何でもなく、当然の策のようだ。


    サインする本田圭佑

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ◆本田のポジション変遷 石川・星稜高ではトップ下。名古屋では左ウイングバックなど中盤左サイドが主戦場で、攻撃的な左サイドバックとしても起用された。
    VVVフェンロではトップ下に君臨し得点を量産。CSKAモスクワでも主にトップ下だったが、数試合ボランチでもプレー。
    ACミランではほぼ3トップの右、右FWに固定された。パチューカではFWや中盤の攻撃的な位置を複数、高いレベルでこなす。日本代表ではトップ下と右FWが指定席。


    【【日本代表】本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/15(水) 11:13:09.07 ID:CAP_USER9.net

     オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに加入したMF本田圭佑が15日に現地で入団会見を行い、ロシアW杯後に現役引退を考えていたことを明かした。英『ザ・ガーディアン』が伝えている。

     本田はベスト16に終わったロシアW杯後、次の大会を目指さないことを明言していた。さらに胸の内では「W杯の後にキャリアを終えようと思っていた」と現役引退も考えていたようだ。しかし「メルボルン・ビクトリーのオファーが私の心を変えた」と、新たな挑戦が再び本田を突き動かした。

     12日にはカンボジア代表の実質的な監督に就任することが発表されており、メルボルン・ビクトリーでは二足のわらじを履きながらプレーすることになる。クラブのトレント・ジェイコ*CEOは「彼は本当に野心的な男だ」と本田を称賛した。

    8/15(水) 10:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-01673259-gekisaka-socc


    【【日本代表】<本田圭佑>メルボルン・ビクトリー入団会見!W杯後に現役引退を考えていたことを明かす!】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/15(水) 05:10:27.60 ID:CAP_USER9.net

    来年のコパ・アメリカ出場も疑わしい…

    8月14日(現地時間)、アルゼンチンの『Clarin(クラリン)』紙などの各メディアが伝えたところによると、
    同国の英雄であるリオネル・メッシが少なくとも年内の代表試合に出場することはなく、その後のことも未定だという。
     
    先のロシア・ワールドカップ、決勝トーナメント1回戦でフランスに3-4で敗れ、自身4度目の檜舞台においても、悲願の世界王座に手が届かなかったメッシ。
    代表チームにおける去就が注目されたが、彼はその件について口を開いていない。
     
    アルゼンチンは、ロシアW杯期間中にメッシら選手と対立したとされるサンパオリ監督を大会後に解任し、暫定としてチームスタッフだったスカローニが指揮を執り、
    U-17代表を率いていたアイマールらがサポートするという体制を整えていた。
     
    9月には、7日にグアテマラ、11日にコロンビアとの親善試合が、いずれもアメリカで行なわれる予定であり、
    スカローニ監督は招集メンバー決定の前に、まずメッシに代表続行の意志の有無を確認。
    その結果、年内の代表入りは拒否、来年のコパ・アメリカ出場も疑わしい状況にある。
     
    クラリン紙によれば、メッシは代表について、休みを取るとしながらも、それがいつまで続くのか、そしてその休みに終わりの時が訪れるのかについては、何の約束もしていないという。
    多くのアルゼンチン・メディアは、これをネガティブなニュースと捉え、このまま代表引退となる可能性もあるとも報じている。
     
    ロシアW杯敗退後には、マスチェラーノ、ビグリアが代表引退を宣言したが、
    長くアルゼンチンのシンボルとして君臨し、チームを牽引してきた背番号10は無冠のまま、水色と白のユニホームを脱ぐことになるのだろうか。
     
    所属するバルセロナでは、13日のスーペルコパで2つのゴールに絡み、自身、このクラブでの33個目のタイトルを手にしたメッシ。
    16日には母国の名門ボカをカンプ・ノウに迎え、恒例の「ジョアン・ガンペール杯」を戦うが、クラリン紙はこの日が、メッシが代表チームでの今後について語る、ちょうど良い機会になると綴っている。
     
    2016年のコパ・アメリカ・センテナリオ後に一度は失意の代表引退を宣言したものの、後に国民の願いを聞き入れて復帰、ロシアW杯をタイトル獲得のラストチャンスとして懸命に戦ったメッシ。
    果たして、代表でのキャリアはここで幕を閉じるのか。そして、それについて近いうちに口を開くのか。要注目である。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00045665-sdigestw-socc
    8/15(水) 5:08配信


    【【海外サッカー】メッシ、年内のアルゼンチン代表招集を拒否と現地メディア! そのまま引退の可能性も…】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    自身のSNSで代表引退を表明 「代表チームは僕に全てを与えてくれた」

     マンチェスター・シティのMFダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した。ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ、バルセロナDFジェラール・ピケに続き、また一人、黄金期を築いたスーパースターが“ラ・ロハ”に別れを告げた。“魔術師”の異名をとる司令塔に対して、労いと称賛のコメントが相次いでいる。

     シルバはスペインの強豪バレンシアでブレークし、2010年にマンチェスター・シティへ移籍。プレミアリーグ優勝3度など、近年のシティを象徴する選手の一人となった。スペイン代表としては125キャップで35得点を記録し、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と08年と12年の欧州選手権連覇を経験。スペイン代表の赤いユニフォームを着るのは、今夏のロシアW杯が最後となった。

     シルバは自身のSNSを通じて声明を発表。「数日、数週間をかけて考えた。代表チームは僕に全てを与えてくれ、選手として、人間としての成長を助けてくれた」などとメッセージを綴った。

     シルバの下には「ありがとう、エル・マゴ(魔術師)」「真のレジェンドだ」「スペイン代表があなたとイニエスタのいない中盤でプレーするのが想像できない」「彼もまたフェノーメノだ」と称賛の声が届けられている。

     メッセージはファンからだけではなく、シティの同僚であるフランス代表DFバンジャマン・メンディもハートの絵文字でシルバにメッセージを送った。SNSの使いすぎを指摘され、先日ジョゼップ・グアルディオラ監督から「メンディはメンディだ。時々殺したくなることもあるが、素晴らしい選手だと思うこともある。まだまだ改善すべきところはあるが、SNSのことは忘れて取り組んでほしい」と苦言を呈されていたが、さすがの“SNS狂”ぶりを発揮した。


    (Football ZONE web編集部)

    ダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】「ありがとう魔術師」「真のレジェンド」 シルバのスペイン代表引退に労いの声殺到】の続きを読む



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    本田が選手としてプレーしながら、カンボジア代表で実質的な代表監督兼GMに就任

     新シーズンからオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでプレーするMF本田圭佑が、12日にカンボジアの首都プノンペンで記者会見に臨み、カンボジア代表チームで実質的な代表監督兼GM(ゼネラルマネジャー)に就任したことを発表した。これを受けて韓国メディア「OSEN」は、「サッカー界のドン・キホーテ」と称賛している。

     本田は12日に自身の公式ツイッターで「カンボジアにいる」と滞在を報告し、その後に記者会見を実施。「Head of delegation」という肩書きで、カンボジア代表の実質的な代表監督兼GMとしてチームに関わることが決まった。チーム構成や指揮も含めた働きが期待されている。

    そんな本田について「サッカー界のドン・キホーテ」と伝えたのは、韓国メディア「OSEN」だ。「ドン・キホーテ」とは、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説の主人公で、自らの夢を探求し続ける男の象徴となっている。現役のサッカー選手でありながら、他国の代表チームにも関わる本田の姿にロマンを見たようだ。

    「ドン・キホーテ。有名な文学小説のタイトルであり、非現実的な夢を追って挑戦する人を呼ぶ言葉だ。韓国と日本の二大ドン・キホーテの挑戦が私たちを熱狂させる」

     本田とともに、今年韓国1部全北現代からドイツ2部ホルシュタイン・キールに移籍した韓国代表MFイ・ジェソンにも言及。今夏ロシア・ワールドカップに出場した25歳は欧州でのチャレンジを選択し、「本田ほどではないが、KリーグMVPのイ・ジェソンも果敢な挑戦に乗り出した」と伝えている。

    韓国メディア、ファンが熱狂する理由を分析 「本田が特異な点は…」 

     その一方で本田に関しては、「今回、本田が特異な点は、彼がまだ現役選手という点である」と指摘し、「現代サッカー界のドン・キホーテと見ても過言ではない」と称賛した。

    「日韓両国のドン・キホーテの果敢な挑戦に、サッカーファンも熱狂している。おそらくファンが熱狂する理由は、他の人々と違う道を行く困難な旅に出た情熱があまりにも美しいからだろう。本田とイ・ジェソン。二大ドン・キホーテの物語は現在進行形である。今後、韓国サッカー界から、より多くのドン・キホーテが出てくるのを願っている」

     本田の新たなチャレンジを韓国メディアも興味深く見守っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    MF本田圭佑【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】本田圭佑は「サッカー界のドン・キホーテ」 韓国メディア称賛「あまりに美しい情熱」】の続きを読む

    このページのトップヘ