Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 数の子 ★ :2018/10/19(金) 19:02:06.78 ID:CAP_USER9.net

    10/19(金) 18:49配信 スポーツ報知


     日本サッカー協会は19日、U―15日本代表のフランス遠征メンバー18人を発表し、スペインの名門レアル・マドリードの下部組織、カデーテAに所属するMF中井卓大(14)を初招集した。中井が世代別の日本代表に選出されるのは初。


     滋賀県出身の中井は、2012年夏に日本で行われた「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012」で優秀選手に選ばれ、13年4月にはスペインで「チャレンジキャンプ」に参加。同9月の入団テストに合格し、9歳で名門の下部組織に加入した逸材だ。その経歴から同じくスペインの名門バルセロナに所属していたFW久保建英(17)=横浜M=と比較される。

     U―15代表は「バル・ド・マルヌU―16国際親善トーナメント2018」に参加。10日にU―15オーストラリア代表、11月1日にはU―15フランス代表、同3日にはU―15イングランド代表と対戦する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000121-sph-socc


    【【日本代表】レアル下部組織のMF中井を初招集 U―15日本代表フランス遠征で初の日の丸】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    ドイツ戦でヴェルナーを弾き飛ばした衝撃のボール奪取が再生回数30万回を突破

     ロシアワールドカップW杯)王者のフランスは現地時間16日、UEFAネーションズリーグ第4節で強ドイツを2-1で破った。フランスサッカー連盟(FFF)は、不動のダイナモである身長168センチMFエンゴロ・カンテチェルシー)が見せた気迫のショルダーチャージの決定的間を公式ツイッター開。「な肩」「小さな皇帝」と反を呼んでいる。

    ドイツストライカーは、突然彼がボールを持っていると思った」

     このようにFFF公式ツイッターが一文を添えて開したのは、16日に行われたドイツ戦のワンシーンだ。

     自サイドにこぼれたボールに対し、カンテとドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)が同時に猛ダッシュ。両者ほぼ同じタイミングボールの一歩手前に入ると、左側からアプローチしたカンテは右肩でヴェルナーにショルダーチャージを敢行する。予想以上の衝撃にドイツの若きストライカーは弾き飛ばされ、カンテが難なくボールをモノにした。

     27歳のカンテが168センチ70キロなのに対し、22歳のヴェルナーは180センチ75キロ。体格では後者に軍配が上がるが、カンテは小さな体で相手をはね退け、世界最高峰の守備的MFと言われる所以を示した。

     動画開から9時間で再生回数30万回をえ、コメント欄にはファンから続々と賛辞が届いている。

    な肩」
    「史上最高のディフェンシブMF
    ラグビー級の威
    「パーフェクトだ」
    「小さな皇帝
    「もはや怪物」

     カンテは日本人選手と変わらぬ体格だけに、多くのプレーヤー勇気を与えるに違いない。(Football ZONE web編集部)

    フランス代表MFカンテ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仏代表】カンテ、衝撃の“ラグビー級”ショルダーチャージが話題 「小さな皇帝」「神聖な肩」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/10/19(金) 11:02:16.20 ID:CAP_USER9.net

    【AFP=時事】スペイン1部リーグ、レアル・マドリード(Real Madrid)のカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)の取り巻きが、同選手に権利がある金銭を取り返す目的で誘拐に関与した疑いが浮上している。仏ニュースサイト「メディアパート(Mediapart)」が18日に伝えた報道では、この事件は未遂に終わったとされている。しかしながら、ベンゼマ側はこの訴えは「奇怪」なものであると主張した。

     自称ベンゼマの代理人であるレオ・D(Leo D.)氏は、今月8日に自身が誘拐未遂の被害者だと告発した。訴えによると、同7日に行われたフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)対オリンピック・リヨン(Olympique Lyon)の試合後、ベンゼマの親しい友人がパリ市内において、現金を渡すように仕向けるために33歳の同氏を捕えようとしたという。

     レオ・D氏の話では、ベンゼマの子ども時代からの友人で、現在は同選手の運転手を務める男性が同氏をつかまえて黒いバンに乗るように命令し、その際に車の後部座席に「カリム・ベンゼマのような人影」が見えたとしている。

     同サイトの記事によると、いさかいの原因とされている5万ユーロ(約640万円)は、元フランス代表のベンゼマが今夏モロッコへ旅行するために、とあるスポンサーが支払いを約束したものだったとされている。ところが同選手の関係者は、レオ・D氏がその金を自分のものにしたと考えている。

     ベンゼマの弁護士を務めるシルヴァン・コルミエ(Sylvain Cormier)氏は同日、レオ・D氏が「カリム・ベンゼマの代理人であったことは一度もない。このことが問題の発端となっており、彼は失望しているだろう」とコメントすると、今回の訴えは話題づくりであると批判した。

    「今回のことはすべて、この男が自分の問題をとんでもなく下手な方法で隠すために扇動しているものだ」「この男は、カリム・ベンゼマを支えている一人の関係者に言いがかりをつけている。われわれは、カリム・ベンゼマが現場にいなかったことも確信しており、誘拐未遂疑惑など奇怪もはなはだしい」

     しかしながら、レオ・D氏の弁護士は、「カリム・ベンゼマが名誉棄損(きそん)で訴訟を起こそうとするならば、彼は困ったことになるだろう」と反論している。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000008-jij_afp-socc


    【【リーガエスパニョーラ】ベンゼマの取り巻きが誘拐未遂、被害者は自称ベンゼマ代理人 仏報道】の続きを読む




    (出典 www.football-zone.net)



    マンチェスター・シティが、フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安(20)の獲得に再び動き出す可性があるようだ。イタリアカルチョメルカート』が伝えている。

    2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍した堂安は昨シーズンエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月全移籍。今8日にはフランスフランスフットボール』が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手「コパ・トロフィー」の補者10名にも選出された。また、先デビューを飾った日本代表では、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルアイ代表戦(4-3で日本が勝利)で初ゴールも飾っている。

    ティは昨シーズン中にも同選手獲得のオファーを提示。共同保有の提案をしたものの、これはフローニンヘンに拒否された。さらに同メディアによると、シティは今にも獲得に動いていたようだ。

    しかし、今回伝えられるところによると、シティはまだ堂安獲得を諦めていない模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が引き続き注しており、再びフローニンヘンに接触するのは時間の問題であるとも伝えられている。

    オランダで著しい成長を見せる堂安。さらなる飛躍へビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ペップも注目? 昨季から関心寄せるシティ、堂安律獲得にリベンジか】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    アメリカ人気番組に出演、少年ら13人は歓喜

     LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、今年7月タイ洞窟に2週間以上も閉じ込められながら、全員事に救出されたタイサッカーチーム少年ら13人と対面を果たし、「世界最高のチームかもしれない」と称賛の言葉を送った。

     今年6月末、タイチェンライ県で洞窟に入ったサッカーチーム少年コーチ合わせて13人が閉じ込められたと、世界的なニュースとなった。少年らはスコールによって洞窟内にが溜まって脱出不可能となっていた状況から、ダイバーたちによって発見された。洞窟に入った6月23日から2週間以上が経った、7月10日全員事救出された。

     注の存在となったこのサッカーチーム少年コーチ13人が、アメリカ人気トーク番組「エレンの部屋」に出演。番組の後半、MCエレン・デジェネレスが呼び込んだのは、少年たちの憧れの選手であるイブラヒモビッチだった。

     少年らとハイタッチを交わしたイブラヒモビッチは、席に着くなり「彼らはチームワーク耐強さを示し、そして人のを信じていた。彼らは世界最高のチームかもしれないね」とコメントした。

     カリスマの登場に少年らも歓喜。イブラヒモビッチからはユニフォームなどLAギャラクシーグッズも贈られ、両手を胸の前で合わせてお辞儀するタイ伝統の挨拶ワイ(合)」で感謝の気持ちを表現していた。(Football ZONE web編集部)

    LAギャラクシーのFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「彼らは世界最高のチーム」と称賛 イブラヒモビッチがタイ洞窟から救出の少年らと対面】の続きを読む

    このページのトップヘ