Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 たんぽぽ ★ :2018/02/27(火) 17:04:37.34 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344881000.html

    カズ51歳の誕生日「日本代表入り目指す」と意気込み
    2月27日 16時13分

    サッカーJ2、横浜FCの三浦知良選手が26日、51歳の誕生日を迎え、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている」と意気込みなどを話しました。

    サッカー元日本代表で「カズ」の愛称で親しまれる横浜FCの三浦選手は、Jリーグの現役最年長選手で「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」として今月、ギネス世界記録にも認定されました。

    26日、51歳の誕生日を迎えた三浦選手は、27日午前、横浜市内で行われたチームの練習に参加しセットプレーの確認やミニゲームをして調整しました。

    練習が終わると、チームメートたちがクラッカーを鳴らしながら「ハッピーバースデー」を歌って誕生日を祝いました。
    このあと、三浦選手はこの日のために用意したという黄色のスーツに着替えて登場し、報道陣から花束とケーキを贈られました。

    そして、意気込みなどを聞かれると「ことしJリーグは25周年を迎えるが、開幕元年から携わっている責任を感じる。それと同時に、息子と同世代の選手たちと一緒にグラウンドに立てていることはうれしい」と笑顔を見せました。

    そして、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている。自分も日本代表入りを目指し、ドリブルで5人抜きをしてマラドーナやメッシを驚かせたい」と話していました。


    【【仰天!】カズ51歳の誕生日「日本代表入り目指す」…】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1 Egg ★ :2018/02/27(火) 06:06:48.10 ID:CAP_USER9.net

    本田圭佑がシーズン公式戦二桁得点を達成した。現地時間24日に行われたリーガMXの後期リーグ第9節で、パチューカを勝利に導く劇的なPKを決めている。
    ただ、本田の好調ぶりは他の場面でも明らか。それは直接ゴールとは関係のない2つのプレーから見てとることができた。(文:河治良幸)

    ●本田圭佑がPKでゴール。好調物語る2つのプレーとは

    リーガMX(メキシコ1部)2017/18シーズンの後期リーグ第9節、パチューカはホームでレオンと対戦した。
    前半に元アルゼンチン代表FWマウロ・ボセッリのゴールでレオンに先制されたパチューカだったが、後半にカウンターからFWセバスティアン・パラシオスの鮮やかなミドルシュートが決まって同点に追いつく。

    そして後半アディショナルタイム。パワープレーの流れで得たPKを本田圭佑がきっちりと決め、パチューカが勝利した。引分けを挟み3連勝中のパチューカは“リギージャ”(上位8クラブによる決勝トーナメント方式のプレーオフ)圏内の6位につけている。
    この日の本田は[4-1-4-1]の右サイドハーフでスタートし、後半から選手交代にともない右インサイドハーフにポジションを移してフル出場。冷静なPKで後期4得点目、リーグ通算7得点目を決め、チームに貴重な勝利をもたらした。

    流れからのゴールやアシストこそなかったものの、地元メディアでも高い評価を得た本田。多くのチャンスに起点として絡み、守備の局面でも献身的にチームを助けていたのがその理由だろう。
    ディエゴ・アロンソ監督の掲げる戦術に対する理解や仲間とのイメージ共有を含め、心身ともに良い状態にあることが見てとれる。

    チャンスに直接絡む以外にも、本田の好調を物語る2つのプレーがインサイドハーフにポジションを変えた後半にあった。1つはセカンドボールの奪取だ。左の後方から前線にロングボールが出たシーン。
    FWのアンヘロ・サガルが競りにいくが、レオンのDFアンドレス・モスケラに跳ね返されてしまう。当然セカンドボールはレオンのMFが拾うと見られたが、後方からダッシュして追い越した本田が先に触った。

    ●シーズン二桁得点達成。代表復帰へ好調維持できるか

    結局ボールコントロールがうまくいかず、咄嗟に反応したモスケラにクリアされてしまった。しかし、不利な位置から相手を追い越してボールを先に触ったというのは、
    状況を考えながら流れに応じて動き、しっかりと数手先を予測してプレーできていることの表れだ。

    もう1つがパラシオスによる同点ゴールのシーン。カウンターからパラシオスが中央左をドリブルで一気に持ち上がり、中に踏み込んで右足ミドルシュートを決めた。
    本田は直接ゴールに絡んだわけではないが、大きな役割を果たしている。パラシオスがドリブルを始めた時点では彼より後ろ、ハーフウェーラインの手前にいた本田だが、そこから一気にペナルティエリア前まで駆け上がった。

    パラシオスがシュートを打つ瞬間には本田が右横に並走する状態になっていたのだ。前方の左右サイドを走るサガル、ワウテル・ゴンサレスに本田が加わることとでレオンのディフェンスは下がりながら4対4で対処する形になった。
    本田としては最後にパスを受けて左足でシュートを狙うイメージだったかもしれないが、積極的なプレーがフィニッシュに厚みをもたらしたシーンだ。

    PKによりシーズン公式戦での得点を「10」に伸ばした本田だが、90分の中でボールに絡むプレーに加えて攻守の切り替え、動き出しなど1つひとつのプレーの質も量も高かった。
    もちろん細かいミスパスなどもあったが、オン・ザ・ボールとオフ・ザ・ボールの両方で効果的な働きをしていた。

    こうした目立たないプレーも代表復帰につながるコンディションのバロメーターであり、現在の本田は日本代表に必要とされる要素も十分に満たしていると見られる。
    海外組に代表招集のレターが送られるメンバー発表の2週間前まで、残すは28日に行われるコパMXのアトレティコ・サン・ルイス戦、そして3月5日のトルーカ戦の2試合となった。
    しっかりと好調をアピールし続けることができるだろうか、期待して見届けたい。

    (文:河治良幸)

    2/26(月) 10:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00010000-footballc-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【要因】本田圭佑、好調示す2つのバロメーター!!多大な貢献…】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     欧州サッカー連盟(UEFA)はドーピング違反で元フランス代表MFサミル・ナスリに対して期限付きの追放処分を下したようだ。25日、イギリス紙『BBC』やスペイン紙『マルカ』など多数メディアが報じている。

     ナスリはセビージャに所属していた2016年冬の休暇中、12月26日に滞在先のロサンゼルスのホテルで500ミリリットルのビタミンを多く含む栄養剤を静脈注射したとされる。

     静脈注射という行為自体は問題ではないが、世界アンチドーピング機構はその許容範囲を6時間あたりで50ミリリットルまでと定めている。また、同機構は医療目的や救急における治療に関してはドーピングに当てはまらないと定めている。しかし、ナスリの場合は体調向上や疲労回復の為でありこれに当てはまらないと判断された。

     当時所属していたセビージャは2017年に治療目的使用に関わる除外措置申請を行ったが、これはUEFAに却下されている。当初2年間の出場停止処分が下される予定だったが、スポーツ仲裁裁判所にナスリ側が提訴し6カ月間に軽減される見通し。今回下される最終決定は26日に公式発表されるようだ。

     同選手はトルコのアンタルヤスポルと昨夏に2年間の契約を結ぶも、先月の31日に契約を破棄し無所属となっている。最近ではスペインのラス・パルマス入団が近いとの報道がでていた。かつてはマンチェスター・Cやアーセナルで活躍したナスリの処分はどうなるのだろうか。

    ナスリの処分はどうなるのだろうか [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃!】元フランス代表ナスリ、“ドーピング”により6カ月間の出場停止処分へ…】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    香川がドリブル能力「86」で日本人唯一となる7位にランクイン

     ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが、人気サッカーゲーム「FIFA18」のドリブル能力値に基づいた「ベストドリブラーTOP10」のランキングを公開。ドルトムントのMF香川真司が日本人で唯一、7位に名を連ねた。

     ランキングは「FIFA」のシリーズ最新作「FIFA18」の選手レートに基づいて作成。数値が高いほどゲーム中の選手能力が高いことを示しており、ドリブルを示す「DRI」の項目が「86」の香川は、FWブルーマ(RBライプツィヒ)、ドルトムントの同僚FWマルコ・ロイス、FWラファエウ(ボルシアMG)よりも上となる堂々の7位にランクインした。

     映像では、トップスピードからの切り返しや華麗な反転ドリブル、相手に倒されながらもすぐに立て直したプレーが紹介されている。香川は昨年11月にリーガ公式YouTubeチャンネルが公開した総合レート部門でも「83」で、7位に入っていた。

     ランキング上位3人は、バイエルン・ミュンヘンの選手が独占。3位に元フランス代表MFフランク・リベリー(数値89)、2位はスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(同90)、そして1位は同数値ながら元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(同90)という顔ぶれとなった。トップ3にあと一歩届かなかった4位は、RBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(同89)だった。

     ランキングトップ10は以下の通り

    1位 アリエン・ロッベン(バイエルン/MF)
    2位 チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/MF)
    3位 フランク・リベリー(バイエルン/MF)
    4位 ナビ・ケイタ(RBライプツィヒ/MF)
    5位 マリオ・ゲッツェ(ドルトムント/MF)
    6位 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/FW)
    7位 香川真司(ドルトムント/MF)
    8位 ラファエウ(ボルシアMG/FW)
    9位 マルコ・ロイス(ドルトムント/FW)
    10位 ブルーマ(RBライプツィヒ/FW)

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    香川真司、「独ベストドリブラー10」で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で評価


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】香川真司、「独ベストドリブラー10」で堂々7位!!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/02/25(日) 23:12:57.19 ID:CAP_USER9.net

    国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップの開催を予定しているカタールから開催権を剥奪することを検討しており、イングランドあるいはアメリカが代替開催地の候補であるという。独誌『フォーカス』が23日付で伝えた。

     ロシアで行われる今年の大会に続いて、4年後にはカタールでワールドカップが開催される予定となっている。だが、両大会の開催国が決定された投票をめぐって票の買収などの汚職が行われ、不正な形で開催国が決定されたのではないかという疑惑が持たれている。

     また、ワールドカップ開催に向けたスタジアム建設の労働者の環境が劣悪であり人権を侵害しているとの批判や、酷暑の気候が大会にもたらす影響、カタールが昨年6月にサウジアラビアなど周辺諸国からの国交断絶措置を受けたことなど、様々な不安要素を抱えた大会となっている。

    『フォーカス』がサウジアラビア外相の周辺筋からの情報として伝えたところによれば、カタールはワールドカップ開催権を剥奪される危機に立たされているという。FIFAはロシア大会終了後の今年9月にその決定を下す見通しだとされている。

     代替開催国としては、開催地決定時の決選投票でカタールに敗れたアメリカ、あるいはイングランドが有力だと伝えられている。もしアメリカで開催されれば1994年大会以来、イングランドで開催されれば1966年大会以来でいずれも2回目となる。

    2/25(日) 21:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257951-footballc-socc


    【【衝撃】<FIFA>カタールから2022年W杯開催を剥奪へ? 代替開催地の候補は…アメリカ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ