Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 img.footballchannel.jp)



    クリスタル・パレス戦で右足を負傷し交代

     6月に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)を前に、最近ではブラジル代表FWネイマールを筆頭に負傷者が続出している。そして3月31日には、リバプールのイングランド代表MFアダム・ララーナが悲劇に見舞われてしまった。

     その場面は、プレミアリーグ第32節の敵地クリスタル・パレス戦(2-1)で起こった。後半20分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わり途中出場を果たしたララーナだったが、直後の同23分に相手のボールホルダーにプレッシャーをかけた際に右足を負傷。担架に乗らず歩いてピッチを後にしたが、状況が心配されていた。

     この負傷に対してリバプールの指揮官であるユルゲン・クロップ監督は、「深刻そうに見えた」と述べたものの、W杯出場を危うくするかどうかを判断するのは「時期尚早だ」と主張している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

     試合後、ララーナはハムストリングの負傷を受けて松葉杖姿でスタジアムを後にしたように、イングランド代表としてW杯に出場するチャンスが危惧されているが、会見でクロップ監督は「結果を早期に求めてしまうことはいいことではない」と、自身の見解を明かしている。

    診断結果は不透明も「間違いなく良くない状況」

    「これは間違いなく良くない状況です。しかし、それがどれほどのものかは正確には分からない。最初に見た瞬間は、正直本当に深刻なように見えました」

     加えて、診断結果についてはまだ分かっていない状況の中ではあるが、ララーナの負傷は代表だけでなく、リバプールにとっても大きな損失になるとクロップ監督は語っている。

    「私たちは彼が帰ってくるのを待っています。そして戻ってくるまで、一歩一歩前に進んでいかないといけません。これは私たちにとって大きな、大きな打撃です」

     リバプール、そしてイングランド代表の関係者すべてがララーナの復帰を待っている。軽傷か、重傷か。まだその答えは出ていないが、果たして今夏のW杯でララーナの姿は見られるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    クリスタル・パレス戦で右足を負傷したMFアダム・ララーナ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】W杯出場に暗雲? 英代表MFララーナが負傷、クロップ監督「深刻そうに見えた」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    「26億円でジダンのチームへ行く」 4月1日恒例の“エイプリルフールネタ”が話題

     ポルティモネンセのMF中島翔哉は初挑戦のポルトガル1部リーグで9得点7アシストを記録するなど鮮烈な印象を残し、リーグの注目株となっている。日本代表にもデビューするなど充実の時を過ごすなか、23歳のアタッカーがスペインの名門レアル・マドリードに移籍すると現地メディアで報道された。

    「ナカジマがレアル・マドリードの選手になる」

     現地時間1日付でこう報じたのは、アルガルベの地元メディア「Sul Informacao」だ。「ナカジマは2000万ユーロ(約26億円)でジダンのチームへ行く」と記した。

     ポルトガルの名門ポルトやベンフィカ、MF香川真司が所属するドルトムントなどビッグクラブからの関心が伝えられていたドリブラーが大きなステップを踏むとの報道だが、これは4月1日恒例の“エイプリルフールネタ”だった。

     同サイトはのちに「ナカジマのレアル・マドリード移籍の情報は4月1日のジョーク」という記事を更新。改めて「この情報はエイプリルフールの実在しないもの」と伝えた。

     移籍情報は全くのデタラメだったとはいえ、それだけ中島の残したインパクトは大きいということを物語るエピソードと言えるだろう。さらなる活躍で、正真正銘のビッグクラブ移籍を勝ち取ることができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    ポルティモネンセのMF中島翔哉【写真:Ana Borralho/Portimonense】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】“昇り龍”中島翔哉がレアルへ?】の続きを読む



    (出典 www.ad-vank.com)



    「夢を諦めないように…」 ピュエル監督が岡崎にアドバイスと英紙が特集

     バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は3月のテストマッチを終え、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた選手選考は最終段階を迎えている。そのなかで注目されるのは、レスターのFW岡崎慎司だ。約半年間代表から遠ざかり当落線上の状況にあるが、英紙「レスター・マーキュリー」は指揮官がロシア行きへのモチベーションを保たせようとしている。

    「クロード・ピュエルは、レスター・シティのストライカー、シンジ・オカザキにW杯の夢をあきらめないようにアドバイス」。このような見出しが躍ったのは現地時間31日の紙面だ。

     同紙は岡崎の日本代表における現状をフォーカス。日本代表111試合50得点という実績をあげながら、ここ2回の国際Aマッチウィークに未招集となっていることに触れている。

     記事では、ハリルホジッチ監督が岡崎に対してレスターと代表での役割の違いについて言及したことも紹介しているが、ピュエル監督は岡崎の心情を慮っている。

    「日本の監督が岡崎を選んでくれることを願っている」

    「それはまだ終わっていないことだ。彼がW杯に参加できることを願っているし、シーズンが終わるまでは分からないだろう。ここからシーズンが終わるまでに彼のクオリティーを見せて、日本の監督が岡崎を選んでくれることを願っている」

     チーム内競争が激しいとはいえ、最高峰のプレミアリーグで岡崎は今季リーグ戦で6ゴールを記録。それだけに「ポジティブな考え方を保つ必要がある」と励ました。終盤戦で結果を残すことが大きなアピールとなる。ピュエル監督がこう明言したことを踏まえると、岡崎にとってレスターでのチャンスは巡ってきそうだ。(Football ZONE web編集部)

    レスターのFW岡崎慎司【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】レスター監督、半年間代表未招集の岡崎へ“W杯行きエール” 「まだ終わっていない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    これじゃロシアW杯で勝てるわけがない。今からでも監督を交代すべき…。

    といった調子で、かつてない逆風真っただ中のハリルジャパン。でも、実はポジティブな要素もたくさんある!?

    * * *

    みじめとしか言いようがない…。

    ロシアW杯のグループリーグで対戦するセネガル、ポーランドを想定し、日本代表はマリとウクライナとの親善試合2連戦を行なった。

    だがW杯に出場しない両国に対し、マリ戦は試合終了間際にようやく1-1に追いついてドロー、4日後のウクライナ戦は、一度は同点に追いつきながら1-2で敗れるという散々な結果に終わったのである。しかも日本は2試合とも、内容的にもほぼ相手に主導権を握られっぱなしだった。サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が語る。

    「マリ戦は代表戦初出場やキャップ数の少ない選手を多く起用したため、チーム内にコンビネーションのかけらもなく、目も当てられない状態でした。ウクライナ戦ではさすがに中3日の間で守備組織を修正し、先発を経験豊富な選手中心で固めたので相手ボールをうまく奪えていた時間帯もありました。ですが、そこからシュートまで持ち込めず、逆にミスから相手にボールを渡してカウンターを食らっていました。

    言い訳の材料があるマリ戦はまだ諦めがつくものの、ある程度やりたいことがやれたのに歯が立たなかったウクライナ戦は、選手たちのショックも大きいでしょうね」

    事実、遠征中のチームの雰囲気は芳(かんば)しくなかったようだ。スポーツ紙の日本代表番記者A氏が言う。

    「W杯出場が確実な主力組は、相変わらずの『縦に早く』はもちろん、『前線にロングボールを蹴れ』とまで試合中に指示を出し始めたハリルホジッチ監督の采配に不満を漏らす一方、当落線上や新顔の選手は23人の最終メンバー入りを意識して縮こまっているので、ベルギーでは全体がどんより暗いムードに包まれていました」

    仮想敵にはこてんぱんにやられるわ、チームの士気は上がらないわで、一部メディアからはハリルホジッチ監督解任論が再び叫ばれている。W杯本戦まで残された時間はあとわずか。ハリルジャパンは、このまま自滅していくしかないのだろうか…。

    いや、光明はある。まずひとつは、期待の新星の存在だ。2連戦を現地で取材したサッカージャーナリストの西部謙司氏が語る。

    「両戦とも出場時間は短かったものの、マリ戦で同点ゴールを決めた初招集の中島翔哉(ポルティモネンセ)は、十分存在感を示しました。現代表が標榜している縦に早いサッカーは、必然的に前線の選手へのサポートが遅くなるので、アタッカーには個人の力でドリブル突破やシュートまで持っていく能力が求められます。その意味で中島が使えることがわかったのは、今回の遠征の収穫でしょう」

    めったに選手をホメないハリルホジッチが、ウクライナ戦後に「中島はひとつの発見だった」と名指しで評価したことからも、いかにインパクトが強かったかがわかろうというものだ。

    「何しろウクライナ戦では、わずか15分足らずの出場時間で、その試合で両チームの選手を通じて最多となる3本のシュートを打っていましたからね」(A氏)

    若手ではないが、槙野智章(浦和)も評価を上げたひとり。

    「2試合を通じて対人の強さを示しました。W杯本番で吉田麻也(サウサンプトン)とセンターバックを組むのは彼でしょうね。ポーランド戦では相手のエース、レバンドフスキに張りついて封じ込めるかも」(後藤氏)

    そして今、最も懸念されているのは戦術やチームづくりといったハリルホジッチの指揮官としての力量なのだが、その点も決して悲観するには及ばないという。

    「そもそも彼が気の毒なのは、2015年のアジア杯後に解任されたアギーレ前監督の後を引き継ぐ形での就任となったため、国内組で代表編成した昨年の東アジアE-1サッカー選手権の前を除けば、選手を何週間も拘束してトレーニングする機会が一度もなかったこと。数日前に海外組が集合して、試合をやって解散の繰り返しでここまできましたからね」(後藤氏)

    「しかも世界の中での日本の実力を考えれば、『自分たちのサッカー』を貫いてW杯で勝とうなど、とうてい無理な話です。戦力的には出場国中で最低レベルなのだから、対戦相手を研究し、個別に作戦を練って戦うしかない。

    まとまった練習時間が取れない代表チームでそうした多様な戦い方を実現させるため、彼はまず基本となる戦い方を決め、そこにいろいろな選手を当てはめてテストし、選手の適性データを蓄積しながら戦術のアイデアを増やそうとしているのです」(西部氏)

    毎回メンバーが変わるわけだから当然、チームは右肩上がりに強くなってはいかない。

    「その代わりに、一定レベルの強さを持った戦い方の引き出しが何種類もできていくので、それをW杯本番で相手に合わせて組み合わせていくわけです。絶対的な強さを手に入れようというのではなく、相対的に目の前の相手を上回って勝とうというやり方ですね」(西部氏)

    (撮影/藤田真郷)

    ◆1998年のW杯で優勝したフランスと似ている!? この続きは『週刊プレイボーイ』16号(4月2日発売)「ハリルジャパンは“意外と安心”だ!」にてお読みください。

    欧州遠征での凡戦は想定内…ハリルホジッチにも同情する余地がある?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】欧州遠征での凡戦は想定内…ハリルホジッチにも同情する余地がある?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/02(月) 06:29:36.35 ID:CAP_USER9.net

    これじゃロシアW杯で勝てるわけがない。今からでも監督を交代すべき…。

    といった調子で、かつてない逆風真っただ中のハリルジャパン。でも、実はポジティブな要素もたくさんある!?

    * * *

    みじめとしか言いようがない…。

    ロシアW杯のグループリーグで対戦するセネガル、ポーランドを想定し、日本代表はマリとウクライナとの親善試合2連戦を行なった。

    だがW杯に出場しない両国に対し、マリ戦は試合終了間際にようやく1-1に追いついてドロー、4日後のウクライナ戦は、一度は同点に追いつきながら1-2で敗れるという散々な結果に終わったのである。しかも日本は2試合とも、内容的にもほぼ相手に主導権を握られっぱなしだった。サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が語る。

    「マリ戦は代表戦初出場やキャップ数の少ない選手を多く起用したため、チーム内にコンビネーションのかけらもなく、目も当てられない状態でした。

    ウクライナ戦ではさすがに中3日の間で守備組織を修正し、先発を経験豊富な選手中心で固めたので相手ボールをうまく奪えていた時間帯もありました。ですが、そこからシュートまで持ち込めず、逆にミスから相手にボールを渡してカウンターを食らっていました。

    言い訳の材料があるマリ戦はまだ諦めがつくものの、ある程度やりたいことがやれたのに歯が立たなかったウクライナ戦は、選手たちのショックも大きいでしょうね」

    事実、遠征中のチームの雰囲気は芳(かんば)しくなかったようだ。スポーツ紙の日本代表番記者A氏が言う。

    「W杯出場が確実な主力組は、相変わらずの『縦に早く』はもちろん、『前線にロングボールを蹴れ』とまで試合中に指示を出し始めたハリルホジッチ監督の采配に不満を漏らす一方、当落線上や新顔の選手は23人の最終メンバー入りを意識して縮こまっているので、ベルギーでは全体がどんより暗いムードに包まれていました」

    仮想敵にはこてんぱんにやられるわ、チームの士気は上がらないわで、一部メディアからはハリルホジッチ監督解任論が再び叫ばれている。W杯本戦まで残された時間はあとわずか。ハリルジャパンは、このまま自滅していくしかないのだろうか…。

    いや、光明はある。まずひとつは、期待の新星の存在だ。2連戦を現地で取材したサッカージャーナリストの西部謙司氏が語る。

    「両戦とも出場時間は短かったものの、マリ戦で同点ゴールを決めた初招集の中島翔哉(ポルティモネンセ)は、十分存在感を示しました。現代表が標榜している縦に早いサッカーは、必然的に前線の選手へのサポートが遅くなるので、アタッカーには個人の力でドリブル突破やシュートまで持っていく能力が求められます。その意味で中島が使えることがわかったのは、今回の遠征の収穫でしょう」

    めったに選手をホメないハリルホジッチが、ウクライナ戦後に「中島はひとつの発見だった」と名指しで評価したことからも、いかにインパクトが強かったかがわかろうというものだ。

    「何しろウクライナ戦では、わずか15分足らずの出場時間で、その試合で両チームの選手を通じて最多となる3本のシュートを打っていましたからね」(A氏)

    若手ではないが、槙野智章(浦和)も評価を上げたひとり。

    「2試合を通じて対人の強さを示しました。W杯本番で吉田麻也(サウサンプトン)とセンターバックを組むのは彼でしょうね。ポーランド戦では相手のエース、レバンドフスキに張りついて封じ込めるかも」(後藤氏)

    そして今、最も懸念されているのは戦術やチームづくりといったハリルホジッチの指揮官としての力量なのだが、その点も決して悲観するには及ばないという。

    「そもそも彼が気の毒なのは、2015年のアジア杯後に解任されたアギーレ前監督の後を引き継ぐ形での就任となったため、国内組で代表編成した昨年の東アジアE-1サッカー選手権の前を除けば、選手を何週間も拘束してトレーニングする機会が一度もなかったこと。数日前に海外組が集合して、試合をやって解散の繰り返しでここまできましたからね」(後藤氏)

    「しかも世界の中での日本の実力を考えれば、『自分たちのサッカー』を貫いてW杯で勝とうなど、とうてい無理な話です。戦力的には出場国中で最低レベルなのだから、対戦相手を研究し、個別に作戦を練って戦うしかない。

    つづく

    4/2(月) 6:00配信 週プレニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00102297-playboyz-socc


    【【日本代表】<ハリルホジッチにも同情する余地がある?>『自分たちのサッカー』を貫いてW杯で勝とうなど、とうてい無理な話…】の続きを読む

    このページのトップヘ