Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム


    ルーニーがイングランド代表引退を表明「代表でのプレーは特別だった」 | ニコニコニュース



    ルーニーが代表引退を表明した [写真]=AMA/Getty Images
    サッカーキング

     エヴァートンに所属するFWウェイン・ルーニーが23日、イングランド代表引退を表明した。

     ルーニーは自身の公式サイトで、「今週、ガレス・サウスゲート監督と話し合い、またイングランド代表に招集したいと言ってくれたんだ。とても感謝しているよ。でも、長い間、真剣に考えた結果、ガレスには代表引退を決めたことを伝えたんだ」と発表。「本当に難しい決断だった。イングランド代表でプレーすることは特別だった。選手や主将として選ばれたことは、とても名誉なことだ。僕を支えてくれたみんなに感謝したい。でも今が引退のときだと信じている」とコメントした。

     さらに「マンチェスター・U退団は難しい選択だったが、エヴァートン復帰は正しい決断だった。今は全てのエネルギーをエヴァートンに貢献するために使いたい」と引退理由を説明。「これからもイングランド代表のファンでいるよ。少ない後悔のうち、イングランド代表の一員として大会で成功できなかったのは残念だ」とつづり、「夢はいつか必ず叶う。ファンとして、いや、どんな立場であれ、その瞬間に立ち会えることを楽しみにしている」と締めくくった。

     現在31歳のルーニーは、2003年2月17日にオーストラリア代表との国際親善試合でイングランド代表デビューを飾った。17歳111日での代表デビューは当時の最年少記録だった。同9月6日には、ユーロ2004予選のマケドニア戦で、17歳317日で初ゴールをマークし、代表最年少得点記録を更新した。

     その後、ユーロ2004、2006年ドイツ・ワールドカップ、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012、2014年ブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016に出場。2009年11月14日に行われた国際親善試合のブラジル代表戦で初めてキャプテンマークを巻いてプレーし、2014年8月にスティーヴン・ジェラード氏から主将を引き継いた。

     同年11月には史上最年少でイングランド代表100試合出場を達成。2015年9月に通算50得点をマークし、ボビー・チャールトン氏を抜いて代表歴代最多得点記録を更新した。約14年の代表キャリアで通算119試合に出場し、53ゴールを記録している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルーニーがイングランド代表引退を表明「代表でのプレーは特別だった」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    豪州代表監督が日本戦に意気込み「この時のために4年間費やしてきた」 | ニコニコニュース



    豪州代表監督がワールドカップ出場へ意気込みを語った [写真]=FIFA via Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の日本代表戦、タイ代表戦を戦うオーストラリア代表メンバーが23日に発表された。

     同日、オーストラリア代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督は会見を行い、日本代表戦への意気込みなどを語った。その様子がオーストラリア代表公式サイトで公開されている。

     シーズンが始まったばかりのヨーロッパ組のコンディションについては「アーロン(・モーイ)やトミ(・ユリッチ)、(マシュー・)レッキーについては全く心配していない。最高のコンディションにいるし、これから数年間これを続けていくはずさ」と信頼を置いていることを明かした。

     今回のタイミングでの発表は「たぶん発表しなければならない期限より前にメンバーを選んで発表している訳だが、これはこれから試合に向かう選手に対する労いだと考えている」と語った。

     招集を見送ったキャプテンのミル・ジェディナックに関しては「彼がいれば良かったとは思う。彼はキャプテンだしここ4年間で素晴らしい仕事をしてくれた。彼の不在をカバーする必要がある」と手痛い損失であるとの考えを示している。

     最後には「この時のために4年間を準備に費やしてきた。偉大な、重要な試合に向けて良い準備をしたい」と意気込みを語った。

     日本代表のメンバーは24日に発表。オーストラリア代表との試合は31日、埼玉スタジアム2002で行われる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【豪州代表監督が日本戦に意気込み「この時のために4年間費やしてきた」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    日本戦に向けたメンバーが発表…豪州代表が教える「知っておくべき5つのこと」 | ニコニコニュース



    オーストラリアが今回のメンバーを紹介。ケーヒル以外にも注意が必要 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の日本代表戦、タイ代表戦を戦うオーストラリア代表のメンバーが23日に発表された。

     オーストラリアサッカー協会はこれを受けて「知っておくべき5つのこと」と題して今回のメンバーについて紹介している。

     まず1つ目としてあげたのはキャプテンを務めるMFミル・ジェディナックの不在。ジェディナックはここ数ヶ月ケガに苦しんでおり、今夏に行われたコンフェデレーションズカップにも不参加だった。所属するアストンヴィラの練習には復帰したものの試合出場はなく、招集が見送られたようだ。

     2つ目にあげたのは国内組の選手。オーストラリアリーグからの招集は3名で、FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)、MFマーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)、MFジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)のみ。中でも37歳のケーヒルは昨シーズン、リーグ戦22試合の出場で11ゴールをマークしている。

     3つ目は国外でプレーする選手。16人の選手がヨーロッパでプレーしており、4人はアジア各国でプレー。注目はプレミアリーグ初昇格を果たしたハダースフィールドのMFアーロン・モーイ。10番を付けるモーイは開幕戦でフル出場すると、第2節では決勝点をあげる活躍で昇格クラブの2連勝をけん引している。また日本代表FW原口元気が所属するヘルタのFWマシュー・レッキーも開幕戦で2ゴールをあげ、チームを勝利に導いた。

     4つ目はキャップ数。今回のメンバーで最多キャップを持つのはケーヒル。先日には代表100キャップを記録したケーヒルは37歳となった今もチームの大黒柱だ。FWアワー・メイビルとGKダニエル・ヴコヴィッチがまだ代表デビューを飾っていない。

     5つ目は期待のヤングスター。今回が初招集のメイビルは21歳のウインガーで、17歳の時にオーストラリアのアデレード・ユナイテッドでプロデビューを飾った。ライジングスター賞にも選ばれたメイビルは2015年夏にデンマークのミッテランに移籍。国内リーグだけでなくヨーロッパリーグでのプレーも経験した。今夏の移籍市場ではポルトガルのパソス・デ・フェレイラにレンタル移籍。すでに3試合に出場している。「予測不可能なストライカー」であり大きなポテンシャルを持つと紹介されている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本戦に向けたメンバーが発表…豪州代表が教える「知っておくべき5つのこと」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    レアルのDFヴァラン、同胞ポグバから付けられた一風変わったニックネームは? | ニコニコニュース



    フランス代表でチームメイトのヴァラン(左)とポグバ(右) [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     レアル・マドリードのDFラファエル・ヴァランが、フランス代表のチームメイトであるマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバから一風変わったニックネームで呼ばれていることが明らかになった。

     ともに1993年生まれの24歳、A代表でも同じ試合でデビューした両選手だが、若くして頭角を現したポグバからしても、ヴァランの落ち着きぶりは目を見張るものがあったという。レアル・マドリードの公式チャンネルからインタビューを受けたポグバは、そんなヴァランにとっておきの呼び名を付けたことを明らかにした。

    「ラファエルのことは何年も前から『爺さん』と呼んでいる。何故そんなあだ名を付けたかって? 彼は若手の頃から経験豊富なベテランのようなプレーをしていたからね。16歳の時点で既に25歳のようだったよ」

     レアル・マドリードに入団する前には、当時クラブのアドバイザーを務めていたジネディーヌ・ジダン監督から直接誘いの電話を受けたものの、「夜も遅かったし疲れていたので、改めて電話を掛けて欲しいとお願いした」というほど、感情よりも理性で行動するというヴァラン。その際に「あのジダンからの電話をすぐ切るなんて、お前はどうかしている」と唖然としたという兄のアンソニーさんや父のガストンさんも、「ラファエルは冷静沈着な男だ。子供の頃から常に自分の責任を理解しており、仕事で集中力を高める術を熟知している」と、同じプログラム内のインタビューで口を揃えている。

     若干18歳でランスから加入して以来、レアル・マドリードで7年目を迎えたヴァランだが、ポルトガル代表DFペペが退団した今シーズンは一層の重役を担うこととなる。チームは盤石の攻撃陣を有しているだけに、情熱溢れるプレーが持ち味である主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの異なる個性で互いを補完し合うセンターバックのコンビがしっかり機能すれば、リーガ・エスパニョーラ2連覇やチャンピオンズリーグ3連覇も自ずと見えてくることだろう。

    文=北村敦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアルのDFヴァラン、同胞ポグバから付けられた一風変わったニックネームは? | ニコニコニュース】の続きを読む


    豪州代表、日本戦の23名発表! 横浜FMのデゲネク選出。主将ジェディナク外れる | ニコニコニュース



    オーストラリア代表のメンバー【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     オーストラリアサッカー連盟(FFA)が22日、埼玉スタジアム2002で31日に行われる2018年W杯アジア最終予選の日本代表戦に向けた23人のメンバーを発表した。

     現在グループBで勝ち点16の3位に位置しているオーストラリアは、W杯本選進出に向け勝ち点17で1位の日本、勝ち点8で6位のタイ代表との試合に臨むこととなる。

     予備登録メンバーには、FIFAコンフェデレーションズカップを戦った22名に加えオーストラリア代表主将のMFミレ・ジェディナクやDFブラッド・スミスら怪我で同大会を欠場した選手なども入っていた。しかし、今回の日本戦のメンバーからジェディナクが外れている。

     メンバー23名は以下の通り。

    【GK】
    ミッチェル・ランゲラク(シュトゥットガルト)
    マシュー・ライアン(ブライトン)
    ダニー・ヴゴビッチ(ヘンク)

    【DF】
    ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)
    アレックス・ガーズバック(ローゼンポリ)
    ライアン・マッガワン(貴州智誠)
    トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧)
    ブラッド・スミス(ボーンマウス)
    マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城)
    ベイリー・ライト(ブリストル・シティ)

    【MF】
    ムスタファ・アミニ(オーフス)
    ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン)
    マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)
    マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
    アーロン・ムーイ(ハッダースフィールド)
    トム・ロギッチ(セルティック)
    ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)

    【FW】
    ティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)
    トミ・ユリッチ(ルツェルン)
    ロビー・クルーズ(ボーフム)
    マシュー・レッキ-(ヘルタ・ベルリン)
    アワー・マビル(パソス・デ・フェレイラ)
    ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【豪州代表、日本戦の23名発表! 横浜FMのデゲネク選出。主将ジェディナク外れる | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ