Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 f.image.geki.jp)



    「打ちのめされたので何とも言えない。結果がすべてなので……。すべてのレベルにおいて低いなというのを感じました。どうすれば、ここ(ワールドカップ)で勝てるのか……。誰か教えてくれるなら、教えてほしいですよ」

     2014年6月25日。ブラジル中西部のクイアバでコロンビアに1-4の惨敗を喫した後、背番号14をつけたボランチ・青山敏弘(サンフレッチェ広島)は人目をはばからず大粒の涙を流した。

     1分け1敗と崖っぷちに立たされた日本代表の救世主となるべく、アルベルト・ザッケローニ監督(現UAE代表)からスタメンに抜擢されたものの、序盤から相手のスピートとパワーに翻弄される。前半こそなんとか1-1で折り返したが、ハメス・ロドリゲス(当時モナコ、現バイエルン)が出てきた後半は圧倒的な力の差を突き付けられる。そして2失点目を喫したところで青山は山口蛍(セレッソ大阪)と交代。ベンチから1-4で大敗した瞬間を迎えることになった。これほどの無力感を味わったのは長いサッカー人生で初めて。止めどもなく流れてくる涙が過酷な現実を如実に物語っていた。

     その後、青山はヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制初陣だった2015年3月のチュニジア(大分)・ウズベキスタン(東京)2連戦を最後に日本代表から遠ざかった。それでも「コロンビア戦で自分の中に火がついた。あの試合で一番感じたのは一対一や球際のところ。僕はブラジル・ワールドカップが初めての大きな国際大会だったんで、そのレベルに慣れていなかったところはある。一番早いのは海外に出ることだけど、Jにいる自分はそこにこだわり続けて、個の力を上げていくしかない」と語気を強めたように、本人は世界基準をつねに思い描きながらピッチに立ち続けてきた。2015年にはJリーグMVPに輝き、FIFAクラブワールドカップでも3位に入るなど、青山が進化の歩みを止めることはなかった。

     2016年から2017年は広島が苦境に陥ったうえ、彼自身も小さなケガやコンディション不良に苦しみ、思うようなパフォーマンスを見せることができなかったが、城福浩新監督の下で迎えた今季は20代に戻ったかのような躍動感とフレッシュさを取り戻している。

    「今年1月に始動した時、青山は体の不調をあちこちに抱えていて、コンスタントに高いパフォーマンスを出せる状態じゃなかった。それを踏まえて、1からフィジカルを鍛え直して、走れる状態に引き上げました」と指揮官の右腕である池田誠剛フィジカルコーチも神妙な面持ちで語っていたが、今季の青山はここまでのJ1全15試合に出場。5月20日のC大阪戦を含めた11試合でフル出場を果たしている。90分プレーした際の走行距離は毎回のように12キロ以上に達しており、最多だったのは4月8日の柏レイソル戦の13.13キロ。これは今季J1走行距離ランキングの6位に位置する破格の数字で、いかに彼が走れているかがよく理解できるだろう。攻守の要がいい仕事をしているからこそ、広島が今季J1で独走体制に入れているのだ。

     目下のコンディション面の充実ぶりを自身2度目となるロシアW杯に大いに生かしたいところだ。5月30日のガーナ戦(日産)に向けて選出された今回のメンバーは27人。これから追加招集があるかもしれないが、少なくとも4人は落選の憂き目に遭う。中でもボランチは大激戦区。常連組の長谷部誠(フランクフルト)、山口に加え、大島僚太(川崎フロンターレ)、三竿健斗(鹿島アントラーズ)、井手口陽介(クルトゥラス・レオネサ)の合計6人が呼ばれている。柴崎岳(ヘタフェ)もボランチをこなせることを考えると、7人の中から絞り込みが行われることになる。

     そこで生き残ることが青山にとっての第一関門だが、今の彼なら長谷部や山口以上の好パフォーマンスが期待できるかもしれない。西野ジャパンでは森保一コーチも重要な役割を果たすため、その意図を瞬時に汲み取ってプレーできるベテランボランチの存在価値は少なくないはずだ。

    「ワールドカップは出るだけでは意味がない」と本人はブラジルW杯後に繰り返し語っていたが、今回は勝利という結果を手にすべく、持てる経験値のすべてを駆使する覚悟はあるはずだ。6月19日の初戦の相手・コロンビアはJ・ロドリゲスが円熟味を増し、前回ケガで欠場したラメダル・ファルカオ(モナコ)も参戦してくるため、チーム力は確実に上がっている。それを頭に入れたうえで、青山がピッチに立った場合には、4年がかりでこだわってきた球際や一対一の部分の成長を示さなければならない。同時に磨きをかけてきた走力で相手をかく乱できれば理想的だ。ブラジルでは武器である鋭いタテパスを出すまでには至らなかったが、大舞台の雰囲気を知っている分、今回は落ち着いて高度な技術と戦術眼を出せるはず。確かにそれだけの大きな期待を抱かせてくれる存在ではある。

     西野ジャパンは経験と実績を重視したメンバー選考になった分、高齢化が懸念されている。青山にも少なからず批判的な声があるかもしれないが、それを一蹴する圧巻のパフォーマンスで日本代表の新たな起爆剤になってほしい。それを32歳のベテランMFに強く望みたい。

    文=元川悦子

    ブラジルW杯に日本代表としてピッチにたった青山 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】4年前の悔し涙を糧に…ロシアへの“生き残り”に挑むベテランMF青山敏弘】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



     ポルティモネンセに所属する中島翔哉が20日、都内で開催された「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」に登場。宇佐美貴史、武藤嘉紀らとのトークセッションに参加した。

     日本サッカー協会は18日、キリンチャレンジカップ2018のガーナ戦(5月30日)に挑む27名を発表。ポルトガルでは得点、アシストともに2桁を記録し、結果を残した中島だったが「ポリバレントではなかった」との理由で、メンバー外となった。それでも、日本代表の西野朗監督は、選出した27名に関して「あくまで、ガーナ戦の27名」と説明。キャンプ中の追加招集、または今回発表された27名とは別の選手を本戦メンバーに招集する可能性を示唆している。

     トークセッションには中島に加え、ジュビロ磐田の名波浩監督、川又堅碁、さらに日本代表入りを果たした宇佐美貴史、武藤嘉紀も参加。海外と日本サッカーの違いや、現代サッカーにおける“スプリント力”の重要性などを話し合った。

     最後は各選手が今後の意気込みを語る中、中島は「2人はワールドカップに行って、面白いサッカーを見せてほしいです」と、本戦メンバー入りの可能性を残しながらも、宇佐美、武藤両選手へエールを送った。

     日本代表は21日からの国内合宿をスタート。ガーナ戦の翌31日にロシアW杯本戦メンバー23名が発表される予定となっている。

    中島翔哉はロシアW杯本戦メンバー入りの可能性を残しているが…


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】西野監督は追加招集を示唆も…中島翔哉は宇佐美&武藤へ「2人はワールドカップに行って」】の続きを読む



    (出典 news-collection.biz)



     マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が20日、都内で開催された「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」に登場した。

     武藤にとってマインツで3シーズン目となった今季、リーグ戦で8ゴールを記録。残留を争うチームにあって、その活躍は一際目を引くものだった。それでも、1カ月後に開幕を迎える2018 FIFAワールドカップ ロシアへ向け、武藤は課題を口にした。特に、海外でプレーする選手は得点へのこだわりに違いがあると話す。

    「僕が獲ったPKを『僕が蹴る!』って主張しても、無視して蹴られてしまう。PKキッカーを巡って大ゲンカになったことがあって、3,4人が監督室に呼び出されたことがあります。そこでも口論になって……。結局、僕と口論した選手が固定でキッカーになってしまった。それを破ったら罰金で、チームも残留争いをしていたので……。海外の選手は点を獲ることに本当に貪欲で、日本人選手に欠けていることだと思います」

     武藤はシーズン開幕前から「エゴイスト」になると口癖のように話してきた。チームを勝たせるために、強烈なエゴを全面に出してゴールを目指してきた。マインツでPKキッカーを勝ち取るには至らなかったが、8ゴールを記録できたのも強い思いの表れだろう。次なる舞台はワールドカップ――、武藤が目指すのはもちろん“得点”だ。

    「長らく代表では貢献できていないので、点を獲って助けになれるように。チームのために泥臭くやっていきたい」

     日本サッカー協会は18日、キリンチャレンジカップ2018のガーナ戦(5月30日)に挑む27名を発表。日本代表は21日からの国内合宿を経て、31日にロシアW杯本戦メンバー23名が発表される予定となっている。

    武藤嘉紀が自身のこだわりとロシアW杯への決意を語った [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】強烈なエゴを武器に日本勝利へ…武藤嘉紀「チームのために泥臭く」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    ロシアW杯23人選出も有力視される乾、スペイン紙インタビューで自身の哲学を語る

     エイバルの日本代表FW乾貴士は、30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の日本代表メンバーに選ばれ、ロシア・ワールドカップ(W杯)23人枠が有力視される。3シーズンを過ごしたエイバルでの最終戦を控えたタイミングでスペイン紙「マルカ」がインタビューを掲載。そこで乾は“アシストよりゴール”という積極性について口にしている。

     乾はキャリアにおいて野洲高校での“セクシーフットボール”を皮切りに、セレッソ大阪ではMF香川真司(現ドルトムント)との連係プレーなど、チャンスメーカーとしての印象が強かった。エイバルでも左サイドの仕掛け役として存在感を放ち、FWキケ・ガルシア、FWシャルレスといった点取り屋にラストパスを送るシーンは多い。ただ本人の中では、このように考えているようだ。

    「僕はゴールを奪うことに意識がいっています。ゴールに直結するパスを送る以上に、ゴールを奪うことこそ美しいと思っているので」

     エイバルに加入した2015-16シーズン、2016-17シーズンともに3ゴールを挙げている。昨季最終節にはバルセロナ相手にファインゴール2発を叩き込み、敵地カンプ・ノウを凍りつかせたのは印象深い。とはいえ本人は、まだまだ向上可能と捉えている。


    負傷でリーグ最終節は欠場決定、日本で検査予定…W杯に一抹の不安

    「(ゴールについては)自分にとっての課題の一つで、改善し続けていきたいと考えています。自分のサッカーキャリアを通じた時、僕はアシストするよりもゴールの方が良いと思って臨んでいます。今季はさらに増やしたいと思っていましたから」

     その言葉通り、今シーズン残り1試合の時点で乾は5ゴールまで得点を積み上げた。エイバルは最終節アトレチコ・マドリード戦を控えるものの、クラブは乾が右大腿四頭筋を負傷したと公式サイトで発表。すでに日本へ帰国しており、精密検査を受けるという。

     ロシアW杯に向けて一抹の不安が残るものの、無事に回復すれば日本代表にとって頼れる存在となるはずだ。


    (Football ZONE web編集部)

    エイバルMF乾貴士が、自らの哲学について語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「ゴールこそ美しい」 日本代表MF乾貴士が語る「アシストよりゴール」の哲学…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウドの4人を軸に指名

     元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が、GKからFWまで各ポジションのベストプレーヤーを選出。自身にとっての最高の監督、小ネタのある監督の思い出も語った。

     2017年に現役を引退したピルロは、若き日にイタリア国内の地元ブレシアでデビューを果たし、その後名門インテルに加入。そこでは芽が出ずに期限付き移籍を繰り返したが、ACミランでは黄金期の中心メンバーとして活躍し、ユベントスでは中盤の“マエストロ”として君臨。現役生活の最後は、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティで過ごしていた。

     そんなピルロはアメリカ誌「ヴァニティ・フェア」のインタビューに応じ、自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れている。

    「もし私のベストチームを組むなら、GKは(ジャンルイジ・)ブッフォンにいてもらうよ。最終ラインには(アレッサンドロ・)ネスタがいて、中盤には(ジェンナーロ・)ガットゥーゾだ。FWには“怪物”の方のロナウドを指名するよ」

     奇しくも、イタリア勢で“北の3強”と呼ばれるインテル、ミラン、ユベントスでチームメイトとしてプレーした選手から選出。しかし、「そのチームを率いる監督をどうするのか」という質問に対しては、ピルロは「特別な存在がたくさんいるね」と切り出した。


    マッツォーネとアンチェロッティは「兄弟のような存在」

    「まず、(カルロ・)マッツォーネが僕のポジションをトップ下から最終ラインの前に変えてくれた。そして、(カルロ・)アンチェロッティもそれを認めてくれた、ある意味では兄弟のような存在だ。彼らがいなければ、今の僕はないだろう。ただし、(アントニオ・)コンテは全ての監督を超える。選手としても最適な瞬間に彼から指導を受けたのだろう。ミランを離れてユーベに加入した時から、彼からは多くのことを学んだ」

     インテルからの期限付き移籍で戻った地元ブレシアを率いていたのがマッツォーネ監督だった。元イタリア代表FWロベルト・バッジョを擁したチームで、元日本代表MF中田英寿も指導した指揮官はピルロのポジションを一列下げた。これにより、ピルロは過度のプレッシャーに晒されることなくゲームメーク能力を開花させた。ユベントス戦でピルロの美しいパスから、バッジョがキックフェイントをしながらトラップしてGKをかわして決めたゴールは、今でもサッカー史に残るビューティフルゴールと記憶される。

     その後、アンチェロッティ監督にもミランでそのポジションを認められた。その時に支えたのが、ピルロの後方に構えたネスタと脇を固めたガットゥーゾだった。そして、コンテのユベントスでは完全な“ピルロ・システム”でタイトルを積み重ねた。


    ホジソン監督は「僕のことをピルラと呼んできた」

     そうした名将たちの名前を挙げたが、唯一の笑い話にしたのがインテル時代のロイ・ホジソン監督だった。ピルロは「彼は僕のことを『ピルラ(イタリア語で間抜けな奴の意味)』と呼んできたんだ。まあ、わざとではなくイタリア語が上手くなかっただけだと思うけどね」と、ちょっとしたエピソードを語った。

     イタリアが生んだ稀代のプレーメーカーは、チームメイトとしてプレーした超一流レベルの選手たちと監督に囲まれたサッカー人生を、幸せな時間として振り返っていた。


    (Football ZONE web編集部)

    自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れた(左から)ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名手ピルロが選ぶ「ベストチーム」 中核を託す“戦友”と「特別な存在」の監督は?】の続きを読む

    このページのトップヘ