Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    ドイツサッカー協会(DFB)は11月30日に声明を発表し、ヨアヒム・レーブ代表監督への信頼を改めて強調している。

    2006年ドイツワールドカップ(W杯)終了後、ユルゲン・クリンスマン前監督の辞任に伴い、ヘッドコーチから昇格する形でドイツ代表指揮官に就任したレーブ監督。ここまで14年の長期政権を築いてきたが、今月行われたUEFAネーションズリーグスペイン代表に0-6で大敗したことをきっかけに、風向きが変わっていた。

    DFBは30日にレーブ監督の続投について電話会議を開き、フリッツ・ケラー会長や代表マネージャーオリバー・ビアホフ氏、そしてレーブ監督との話し合いの末、このまま続投することを決定。実行委員会は「コーチングスタッフの質の高い仕事、チームと監督の完全な関係性、そして現在までの道のりと将来の方針についての明確なコンセプトこそが重要であることに同意した」として、レーブ監督の長年にわたるチーム作りへの信頼を強調した。

    また、スペイン戦の敗戦に関しては「大きな失望だった」としながらも、「1試合のみでチームコーチ陣のパフォーマンスを判断できないし、してはならない」とコメント。さらには「2021年ユーロに向けて、その参加資格、ひいてはネーションズリーグリーグAに留まり、カタールW杯予選の抽選ポット1に入るなど、重要な目標はすでに達成されている」ことから、大きな問題ではないと判断したようだ。

    結果的に続投で決着がついたレーブ監督。2018年5月に更新された現行契約は2022年カタールW杯までとなっているが、DFB2024年のユーロまでの延長も視野に入れているようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーブ監督の続投が決定!連盟が信頼を強調】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    代替テキスト
    2008年のカンヌ映画祭で(写真:ロイター/アフロ

    サッカー界の伝説、ディエゴ・マラドーナさんが先月死去したが、主治医が過失致死容疑で捜査を受ける事態となっている。

    マラドーナさんは硬膜下血腫の除去手術を受け、自宅療養中だった25日に心臓発作で亡くなった。主治医のレオポルド・ルケ医師は、マラドーナさんの自宅でのケアを怠ったとして責任を追及されているが、担当の看護師が新たな証言を行った。

    英紙The Sunによると、看護師のジゼラ・マドリードは代理人を通じて、「マラドーナ氏は亡くなる一週間前に自宅で転倒して頭を打ったにも関わらず、家族の誰にもMRIやCTを撮るために病院へ連れて行ってもらえなかった」と主張したという。「彼は何も決めることができなかったのです。転倒後は自室で3日間、誰にも助けられず1人で放置されていたのですから」と弁護士は付け加えている。

    予備的な検視報告書には、「急性肺水腫と慢性心不全により、睡眠中に死亡」とあった。当初の報道では、生きているマラドーナさんを最後に見たのは同居している甥で、一緒に朝食を摂ったとされていた。甥は親戚に「(叔父は)気分が悪い、と言ってベッドに戻って行った」と話していたという。しかし、捜査関係者によると、マラドーナ氏はこの日何も食べておらず、ベッドから起き上がってすらいなかったことがわかっている。また、彼の部屋には前日の夜に置かれたと見られるサンドイッチが手つかずで残されていたそう。

    ある夜勤の看護師は、マラドーナさんが亡くなった当日の朝6時30分頃には彼が生きていたと証言。しかし、後にそれが虚偽であったことを認めている。彼女がなぜ嘘をついたのか、誰かに強制されたのかどうかも含めてまだわかっていない。

    二転三転する関係者の証言に、英雄の死の謎は深まるばかりだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元アルゼンチン代表】マラドーナさんの死の謎深まる、担当看護師が新たな証言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     川崎フロンターレの優勝が決まった2020シーズンの明治安田生命J1リーグAFCチャンピオンズリーグACL)の出場権争いは続いているが、シーズン終了が迫り、監督の去就報道が熱を帯び始めている。特に監督の退任が決まったクラブに関しては、後任の正式発表があるまで様々な報道が飛び交うことだろう。

     そこで今回は、現在フリーエージェント外国人指導者たちをピックアップしてみた。新型コロナウイルスの影響で今年は普段以上に静かなオフになりそうだが、アンドレス・イニエスタなど近年は大物外国人選手がJリーグを移籍先に選ぶケースも珍しくなくなってきた。今後は外国人指導者の来日も加速するかもしれない。実現の可能性はさておき、ここでは個性豊かな指導者を9名紹介する。

    カッコ内は(国籍/現年齢/最後に指揮を執ったクラブ

    [写真]=Getty Images

    マウリシオ・ポチェッティーノ
    アルゼンチン/48歳/トッテナム


    トッテナムを率いて2018-19シーズンチャンピオンズリーグで準優勝。名将の仲間入りを果たしたが、解任から1年が過ぎ、本人も現場復帰を熱望しているとされる。マンチェスター・Uの監督就任の噂が絶えなかったものの、最近はややトーンダウン。選手時代に在籍したパリ・サンジェルマンが狙っているとの報道もあり、今後の動向が最も注目される指導者の一人だ。

    エルネスト・バルベルデ
    スペイン/56歳/バルセロナ


    古巣のバルセロナを率いてリーグ2連覇を達成するなど、優れた手腕を発揮。だが昨シーズン途中に解任された後は公の場にほとんど姿を見せず、行方をくらませている。数週間前には古巣アレティック・ビルバオの監督就任の噂が浮上したものの、もうしばらくはサッカーと距離を置く模様だ。“写真家”としての顔を持ち、日本にも興味を示していたので、Jリーグで指揮を執る姿が見られかもしれない。

    マッシミリアーノ・アッレグリ
    イタリア/53歳/ユヴェントス


    イタリア屈指の名将もまた、現在フリーの一人。2019年夏にユヴェントスを離れた後、1シーズンの“完全休養”を経て、今季から監督業に復帰する予定だったが、いまも率いるチームがない。ただ、今夏にも就任濃厚と伝えられたインテル行きの可能性はなくなっておらず、カルチョの世界に戻ってくる日はそう遠くないようだ。

    マウリツィオ・サッリ
    イタリア/61歳/ユヴェントス


    “サッリ・ボール”と評される美しいサッカーナポリで実践したことで、チェルシー、そしてユヴェントスといった名門クラブでの指揮を任されたが、どちらも1年でお役御免となった。早急な結果を求めるビッグクラブとの相性の悪さは否めないだろう。先日、フィオレンティーナの新監督候補に名前が挙がったが、中堅クラブからの再出発が妥当かもしれない。

    エディー・ハウ
    イングランド/43歳/ボーンマス)


    2012年から率いたボーンマスを3部からプレミアリーグ昇格へと導き、4年連続で残留を達成。5年目となった昨季、ついに2部降格が決まったことで監督を退任することになったが、建設的かつ熱血的な指導は各方面で評価が高く、過去にはアーセナルの監督就任の噂もあった。まだ40歳前半と若く、新たな就職先に困ることはなさそうだ。

    チアゴ・モッタ
    イタリアブラジル/38歳/ジェノア


    昨年10月ジェノアの監督に就任し、トップチーム指揮官としてのキャリアをスタート。しかしリーグ戦9試合で1勝しか挙げられず、わずか2カ月でクビを言い渡された。ほろ苦い経験となったが、パリ・サンジェルマンU-19監督時代には「2-7-2」という斬新なフォーメーションを試していたように、独特のサッカー哲学を持つ。新たな職場で真価を発揮したいところだろう。

    マルクファン・ボメル
    オランダ/43歳/PSV


    オーストラリア代表のアシスタントコーチを経て、2018年PSVの監督に就任。堂安律を指導したことでも知られているが、古巣にタイトルをもたらすことができず、2年目途中に成績不振で解任された。つい先日には、現役時代の盟友であるヴェスレイ・スナイデルをアシタントに据え、ユトレヒトを率いることになるのでは、という噂が浮上。黄金コンビの復活となるだろうか。

    ハビエル・アギーレ
    メキシコ/61歳/レガネス)


    先日、Jリーグクラブからのオファーを明かして話題になった元日本代表監督のアギーレ氏。直近の各報道によると、メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシー行きが有力とのことだが、母国復帰の噂もあり、去就は不透明なままだ。再来日を果たすようなことがあれば、大いに盛り上がると思うが、果たして。

    ドゥンガ
    ブラジル/57歳/ブラジル代表)


    ジュビロ磐田でも活躍したブラジルの闘将は、2016年コパ・アメリカ終了後に母国の代表監督を退任。それを最後に監督業からは遠ざかっているが、優れたリーダーシップの持ち主であることは日本の多くのファンが知っていることだろう。現在は家族のそばにいて、ビジネスを展開したり、慈善活動に取り組んだりと、忙しい日々を過ごしているようだが、指導者として選手たちに“喝”を入れる姿をもう一度見てみたいものだ。

    (記事/Footmedia

    現在フリーの外国人指導者たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】来日の可能性は…!? 現在フリーの外国人指導者たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     DFB(ドイツサッカー連盟)は11月30日ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督の続投を発表した。

     レーヴ監督は11月17日に行われたUEFAネーションズリーググループステージ最終節でスペイン代表に0-6で大敗を喫したことで解任の声も挙がっていたが、正式に続投が決まった。

     DFBの執行委員会は11月30日ビデオ会議を実施し、全会一致でレーヴ監督の続投に合意。フリッツ・ケラー会長ら執行委員会のメンバーやレーヴ監督が話し合いを行い、最終的に代表チームマネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏の推薦に従って指揮官の続投が決まったという。

     DFBは「EURO2020に向けた道のりの中で、EURO出場権の獲得、UEFAネーションズリーグリーグA残留、カタールワールドカップ欧州予選でのポット1入りといった重要な目標をすでに達成しているため、レーヴ監督は今後もDFB執行委員会の信頼を得ています」と続投理由を説明。「誰にとっても厳しい状況ではありますが、レーヴ監督と彼のコーチ陣が成功をもたらすという確固たる信念があります」と信頼を強調した。

     ドイツ代表は11月17日スペイン戦で1931年以来となる6点差での歴史的な大敗を喫した。DFBは同23日、大敗を喫した代表チームの現状や過去2年のチーム作りについて調査、分析を行うことを発表。その結果報告を受け、当初は12月4日に行われる会議でレーヴ監督の去就を決める予定だった。

     4日早まった会議では、スペイン戦の大敗についても話し合われ、DFBは「選手、監督、DFB、ファンサッカー好きの国民たち誰にとっても失望でした」とコメント。ただ、「1試合だけを代表チームや監督の基本的なパフォーマンスの指標にはできません」とスペイン戦の結果だけで判断すべきではないと記した。

     また、DFBは「代表監督にとって、現状やスペイン戦の大敗、EUROまでの数カ月についてオープンで建設的で集中的な話し合うことは重要でした」とコメント。「レーヴ監督は会議で自身の評価や考え、将来のプランについて話しました。執行委員会のメンバーコーチングスタッフの質の高い仕事、チームコーチの円満な関係性、そして現在と将来の方針についての明確なコンセプトが重要であることに合意しました」と会議内容について明かした。

     現在60歳のレーヴ監督は2006年7月にドイツ代表の指揮官に就任し、この14年間で188試合で指揮を取り、120勝37分け31敗を記録している。2014年ブラジルワールドカップでは世界制覇に導いたが、王者として臨んだ2018年ロシアW杯ではメキシコと韓国に敗れて屈辱のグループ最下位で敗退。その後は、トーマス・ミュラーバイエルン)などを外して世代交代によるチーム再建を行ってきたが、思うような結果は出ておらず、今回のUEFAネーションズリーグでも2大会連続で決勝ラウンド進出を逃していた。

    ドイツ代表のレーヴ監督の続投が決まった [写真]=0Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーヴ監督の続投が正式決定…DFB「確固たる信念がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    シーズン限りでブレシアを退団し、現在は無所属の状態が続いている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)だが、新天地はブラジルになるかもしれない。『フットボールイタリア』が伝えた。

    バロテッリは、2019-20シーズンはブレシアに所属。セリエAに昇格したチームに加入しセリA復帰を果たし活躍が期待された中、セリエA19試合に出場し5ゴールを記録していた。

    しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によりリーグ戦が中断。すると、中断中のトレーニング参加を巡ってクラブと確執が生まれ、再開後はプレーせず。そのまま退団となっていた。

    そのバロテッリには様々な移籍先が浮上した中、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのヴァスコ・ダ・ガマが獲得に興味。スポーツディレクター(SD)を務めるファビオ・コルデラ氏がバロテッリ獲得で合意したと主張している。

    「彼はここに来たいと思っている。ヴァスコは世界で最も多くのトロフィーを獲得しているレアル・マドリーに次いで、2番目のクラブであることを忘れてはならない」

    マリオが愚かなことをするためにリオに来る必要はないと思う。彼は精神的に成熟したと思う」

    「ヴァスコは人種差別に反対する組織だ。彼が我々を待ってくれていると願っている」

    「公式には誰とも契約することはできないが、メールやオファーのやり取りはあった」

    「正式に、我々は全てで同意する。形式化する必要がある。1月15日にできるといいが、ヴァスコにはバロテッリのような選手が必要であり、彼にはヴァスコのようなクラブが必要だ」

    「我々のファンにとって、彼はマラドーナのようになるだろう」

    これまでインテルマンチェスター・シティリバプールミラン、ニース、マルセイユと渡り歩いてきたバロテッリだが、新天地にブラジルを選ぶだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】無所属のバロテッリ、ヴァスコ・ダ・ガマのSDが加入合意と主張「彼はマラドーナのようになるだろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ