Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 blog-imgs-113.fc2.com)



    大松SCの吉田コーチが証言「小学生の頃から左右のシュートの精度は抜群だった」

     日本代表DF塩谷司(アル・アイン)は、17日に行われたアジアカップグループリーグ第3戦ウズベキスタン戦でボランチとして今大会初出場。後半13分に決勝点となる左足の弾丸ミドルを突き刺してチームを勝利に導いたが、かつて指導した恩師は「小学生の頃から左右のシュートの精度は抜群だった」と活躍を喜んだ。

     5日にMF中島翔哉ポルティモネンセ)、MF守田英正(川崎フロンターレ)の負傷離脱に伴い、塩谷はMF乾貴士(ベティス)とともに追加招集。初戦のトルクメニスタン戦(3-2)、続くオマーン戦(1-0)は出番がなかったが、サンフレッチェ広島時代に師事した森保一監督がウズベキスタン戦で先発10人を入れ替える大幅なメンバー変更を行い、本職とは異なるボランチでスタメン起用された。

     試合は前半40分に先制を許す苦しい展開となるも、その3分後の同43分にFW武藤嘉紀ニューカッスル)が同点弾を叩き込む。そして後半13分、塩谷に見せ場がやってきた。DF室屋成(FC東京)が右サイドからクロスを供給。これは相手にクリアされるも、こぼれ球に反応した塩谷がペナルティーアーク後方から左足を振り抜き、矢のような弾道の豪快なミドルシュートを叩き込んだ。塩谷のA代表初ゴールが決勝点となり、逃げ切った日本が2-1で勝利を収めた。

     塩谷が小学生時代に在籍した徳島の大松サッカー少年団(大松SC)で当時コーチを務め、現在はU-12チームを指導する吉田太治氏は、利き足とは逆の左足でのゴールにも驚かなかったという。

    小学生の頃は体の線は細いながら、左右のシュート精度は抜群でした。当時はFWでしたが、ワントラップして流し込む、あるいはボールをもらってコントロールしてからコースを突いた一撃を決める形で、司がチームの3分の2以上の得点を挙げていましたね。蹴り方もあの頃とそっくり。利き足と同じ精度の自信がないとできないと思いますし、しかもアウト気味にかけてるので確実に(コースを)狙っていましたね。決めてくれて良かったです」

    「次は代表定着、2022年ワールドカップ出場に向かって全力疾走してほしい」

     塩谷はウズベキスタン戦が行われたUAEのアル・アインで1年半プレーしてきた。森保ジャパンの誰よりも開催地を知り尽くしているが、吉田氏によれば「実は暑さは苦手」だという。それでも、消耗の激しいボランチで工夫しながらプレーしていたと吉田氏は話す。

    小学校はFW、中学・高校はボランチでしたが、ガンガン動くタイプの選手ではなかった。ウズベキスタン戦は入りが“スロー”だなと感じました。でも、それは暑さも考慮したうえでのペース配分だったんだと思います。終盤、他の選手は少しキツそうに見えましたが、司は最後までプレーしきった。しっかり地の利を生かしていたと思います」

     吉田氏は、試合前後に少しだけ塩谷とLINEでやりとりをしたという。プレッシャーをかけすぎないように「やればできる子だから」と一言送ると、「やれば、ね」と返答があり、決勝弾で勝利の立役者となった後の「本当にやればできる子だったね」との祝福に対しては、「そういうことよ」との言葉が返ってきたという。

    リオ五輪では苦しい経験もしたと思います。でも、UAEに行って自分自身を磨き、昨年はクラブワールドカップレアル・マドリード相手にゴールも決めた。そこから代表復帰、そして初ゴールですから、良い流れに乗りつつあるかなと。次は代表定着、2022年ワールドカップ出場に向かって全力疾走してほしいです」

     国士舘大からJ2の水戸ホーリーホック、J1サンフレッチェ広島とステップアップし、2014年には日本代表にまで上り詰めた塩谷。14年10月の国際親善試合ブラジル戦でFWネイマールパリ・サンジェルマン)に4ゴールを奪われ、オーバーエイジ枠で出場した16年のリオデジャネイロ五輪でもグループリーグ敗退と挫折を味わった。しかし、17年から日本を離れ、異国の地UAEで挑戦を続けてきた選択が間違っていなかったことを自らのプレーで証明し、30歳にしてそのキャリアは再び右肩上がりの成長曲線を描き始めている。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    DF塩谷が鮮烈なミドルで決勝ゴールを奪った【写真:©AFC】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「やればできる子」「やれば、ね」 殊勲弾の塩谷、恩師とのLINEに込められた自信】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    「昔、本田さんが言っていたんですけど…」 海外移籍で確かな変化を感じている塩谷

     日本代表DF塩谷司(アル・アイン)は、かつて代表で共闘したMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)が国内組に説いた“海外移籍のススメ”の意味を実感したと語っている。日本を飛び出し、UAEで研鑽を積んでいるなか、「その意味がすごく分かる」と力を込めた。

     塩谷司はJ2水戸ホーリーホックJリーグデビューを飾り、2012年夏にサンフレッチェ広島へ移籍。2017年夏にUAE1部アル・アインへ移籍するまで、日本代表を率いる森保一監督の下でプレーした。海外移籍を経て、塩谷は確かな変化を感じているという。

    「精神的に強くなったと思います。日本にいた時は、すごくやりやすい環境にいたので、そういう意味ではいろいろこっちに来て大変なことがたくさんありましたけど、それが全て自分の力になっている」

     昨年12月FIFAクラブワールドカップでは開催国代表として参戦し、4試合にフル出場して2ゴールマーク。決勝では欧州王者レアル・マドリードに1-4と敗れたものの、1ゴールを叩き込む活躍を見せて海外メディアからも脚光を浴びた。

    「昔、本田さんが『海外出るチャンスがあったら出たほうがいいよ』と言っていたんですけど、その意味がすごく分かる」

     本田は常々、国内組に対して「早く海外に出たほうがいい」と言い続けてきた。その言葉の意味を肌身で理解したという塩谷。いちサッカー選手としてだけでなく、人としての成長も感じているようだ。

    UAEで起きた“夏のシャワー事件” 塩谷も思わず「きつかった」

    サッカー選手としてもそうですし、人としてもすごく成長できているなと。(本田は)そういうことを言っていたのかなと。日本だと当たり前だったことが、こっちでは当たり前ではない。知らない世界を知れたのはすごい大きい」

     UAEで最も苦労した出来事の一つとして、塩谷は“夏のシャワー事件”を挙げている。「家のシャワーが熱湯しか出なかったこと。我慢しました。夏、50度ぐらいでたぶんタンクか何かがやられた。いろいろありましたね……熱湯はきつかった」と笑い飛ばした。

     海外移籍を経験して一回り成長を遂げた塩谷が、所属クラブ国で開催されているアジアカップで輝きを放つか。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

    UAE1部アル・アインに所属する日本代表DF塩谷【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】本田圭佑、国内組への“海外移籍のススメ” 日本代表DFが実感「その意味がすごく分かる」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     FA(イングランドサッカー協会)は19日、2018年の同国年間最優秀選手を発表。ファン投票の結果、トッテナムイングランド代表FWハリーケインが2年連続で受賞した。

     ケインは昨年開催された2018 FIFA ワールドカップ ロシアでは、6ゴールを挙げて大会得点王(ゴールデンブーツ賞)に輝いた。イングランド代表の28年ぶりベスト4進出に大きく貢献。UEFAネーションズリーグでもグループステージ突破に貢献した。これらの大会を通じて、2018年は代表として公式戦計12試合に出場して8ゴールを記録。

     年間最優秀選手賞を受賞したケインは次のように喜びのコメントを残した。

    「2年連続で最優秀選手に選ばれ、とても誇りに思う。この賞はファンに認められたという証だ。僕は(イングランド代表)ガレス・サウスゲート監督やスタッフたちと、前向きな結果を実現するため一丸となって努力してきた。昨年が最高の年とならないよう、継続的に進歩していくよ」

    ロシアW杯でゴールデンブーツ賞を受賞したケイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ケイン、2018年の英国最優秀選手に2年連続で輝く! ロシアW杯では得点王】の続きを読む



    (出典 www.vissel-kobe.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/01/19(土) 01:25:15.47 ID:p1IPy3W79.net

    サッカーのJ1神戸は17日、元日本代表DF伊野波(33)の退団を発表した。神戸は伊野波について「契約満了に伴い、2019シーズンの契約を更新しないことが決まりました」と報告。
    伊野波は「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」と短い談話を出した。

    2014年W杯ブラジル大会日本代表DFでもあった伊野波は実業家X氏とともに、08年の北京五輪代表MF梶山陽平氏(33=現J1FC東京普及部コーチ)と一般男性の2人から東京地裁へ民事提訴され、
    係争中であることが昨年12月14日発行の本紙報道で明らかになった。

    梶山氏と一般男性は、X氏が運用する投資を伊野波から勧められて始めたが全額を消失したとして、梶山氏は2750万円、
    一般男性は9350万円の支払いを伊野波とX氏に求めた訴訟が昨年12月4日から始まっていた。元代表DFが五輪代表MFに訴えられる前代未聞の法廷バトルだ。

    神戸の新シーズンの始動日である17日に伊野波の契約満了が発表され、ネット上は「このタイミングで退団って」「投資トラブルが要因かな」などとざわついた。
    伊野波の退団と投資トラブルの関連性は不明だが、コンプライアンスに厳しいご時世だけに、神戸が問題視した可能性はある。

    この裁判では動きがあった。関係者への取材を総合すると、梶山氏は提訴を取り下げ、一般男性のみが伊野波、X氏と係争中の構図になったという。もともと訴訟の提起を主導したのは、
    梶山氏ではなく被害額が大きかった一般男性だったとされる。昨年12月の本紙報道で投資トラブルが明るみに出て、驚いた梶山氏は“伊野波もX氏に利用された面はある”と翻意して原告から降りたと考えられる。

    とはいえ、伊野波が抱える裁判はまだ続く。投資トラブルの代償は小さくなかった。

    1/18(金) 16:51配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000040-tospoweb-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【サッカー】<ヴィッセル神戸>元日本代表DF伊野波雅彦と契約しないことを発表!昨季はリーグ戦10試合に出場
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547697270/


    【【Jリーグ】<元日本代表DF伊野波雅彦>投資トラブルの法廷闘争には新展開!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2019/01/19(土) 06:32:17.19 ID:p1IPy3W79.net

    3連勝でグループ1位通過を決めた翌日、メディアに対してリクエスト
     
    日本代表は17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦ウズベキスタン戦で2-1と勝利し、3連勝でグループ1位通過を決めた。試合翌日、森保一監督がメディアに異例の要望をしている。
    初戦トルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利し、続く第2戦オマーン戦で1-0と連勝を飾り決勝トーナメント進出を決めた日本。勢いそのままにウズベキスタンも下し、21日の決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと激突する。

    グループリーグ3試合を通じてチームが上積みした点について問われた指揮官は、「逆にみなさんにどんどん言ってほしい、書いてほしい、報道してほしい」と言及。森保監督が珍しくメディアに対してリクエストを出している。
    「僕が言ったことじゃなくて、みなさんが見て、『あそこがダメじゃないか』『あそこが良かった』と言ってもらえるようになればすごく嬉しい」

    メディア側の自由な分析や意見を求めた指揮官は、ポジティブ・ネガティブを問わずにどんな見解も歓迎している。全ては代表チーム、日本サッカーの発展のためだ。

    「ポジティブな意見もあれば、批判もあると思います。だと思っていますし、僕らもチームとして成長したい。日本サッカーの成長には皆さんも入っていただいていると思っている。
    どんどん厳しいこともひっくるめて書いてもらえれば」

    決勝トーナメントを前にして、メディアからの忌憚なき意見を求めた森保監督。「3試合全てが苦しい試合だった」とグループリーグを総括しながらも、チームコンセプトや戦術の浸透に一定の手応えを得ている。
    決勝を含めて4試合を残すなか、1試合ずつ成長を遂げる森保ジャパンはアジア王座奪還を果たせるか。

    1/18(金) 20:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00163217-soccermzw-socc


    【【日本代表】<森保監督>メディアに「どんどん言って、書いて、報道して」「批判もあると思います」「それは全部この世界、当たり前」】の続きを読む

    このページのトップヘ