Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、キャリア通算700ゴールマークした。

     C・ロナウドは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のディナモ・キエフ戦(3-0で勝利)に先発出場。1-0で迎えた57分に、右サイドをドリブルで突破したフェデリコ・キエーザがクロスを送ると、アルバロ・モラタが右足で合わせる。これはGKに防がれたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込みリードを2点に広げるゴールを決めた。

     この試合のゴールで今季ここまで公式戦8試合出場で10ゴールとなったC・ロナウドユヴェントスでの公式戦通算は75点目となり、スポルティングでの5点、マンチェスター・Uでの118点、レアル・マドリードでの450点、ポルトガル代表での102点をあわせて、キャリア通算750ゴールに到達した。

     なお、この試合がユヴェントスでは公式戦出場97試合目となり、スポルティングでの31試合、マンチェスター・Uでの292試合、レアル・マドリードでの438試合、ポルトガル代表での168試合をあわせて、キャリア通算1026試合に出場しており、1試合平均では0.73ゴールを叩き出していることとなった。

    通算750ゴールに到達したC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、キャリア通算750点に到達! 1026試合出場で達成】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    現在レアル・マドリープレーしているドイツ代表MFトーニ・クロース。彼は以前から早期の引退を希望していることを明らかにしている選手の1人だ。

    彼は今回『MagentaTV』のインタビューで以下のように話し、セカンドキャリアはスポーツキャスターをやりたいと語ったという。

    トーニ・クロー

    素晴らしいコメンテーターの横に座って、様々なものに対してコメントすることを想像できるよ。

    それは、試合後に何が正しかったか、何が間違っているかということを話す専門家とは違ったものだ。

    指導者をするにしても、小さなユースチームになるだろう。旅行のストレスや、人生の半分を家族と離れてホテルで過ごすのはもういい。これ以上はやりたくない。

    アウェーゲームのあと、3万ユーロを支払ってでも直後に帰国するのはそういうことだ。

    自分にとってそれは愚かなものではない。子どもたちが朝起きたときには家にいられる。だからこそお金を喜んで支払うのだ」

    弟ともにポッドキャストトーク番組を配信しており、歯に衣着せぬコメントが話題になるクロース。

    解説者や指導者として活動するよりも、キャスターとして人前に出ていくことを希望しているようだ。

    クロース告白「旅行やホテルはもういい…キャスターやりたい」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】クロース告白「旅行やホテルはもういい…キャスターやりたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    1日、『GoldenFoot(ゴールデンフット賞)』の受賞者が発表され、2020年ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が受賞した。

    ゴールデンフット賞は、29歳以上の現役サッカー選手に与えられる賞。受賞選手は、足型を採り、それらをモナコの海岸通りに並べて「チャンピオンズ・プロムナード」というサッカー選手版のウォーク・オブ・フェイムを作られる。なお、一度しか受賞できない賞だ。

    2003年からスタートしたこの賞は、今年が18回目。毎年10人の候補リストからファンによる投票で選出される。

    今年の候補者には、C・ロナウドのほか、リオネル・メッシ(バルセロナ)、ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)、ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、モハメド・サラー(リバプール)、アルトゥーロ・ビダル(インテル)がノミネートされていた。

    また、今回はアンドレア・アニェッリ会長が『Golden Foot Prestige』の初代受賞者となり、ユベントスが2つの受賞を受けることとなった。

    ゴールデンフット賞 歴代受賞者

    2003年ロベルト・バッジョ/ブレシア
    2004年パベル・ネドベド/ユベントス
    2005年:アンドリー・シェフチェンコ/ウクライナ
    2006年ロナウド/レアル・マドリー
    2007年アレッサンドロ・デル・ピエロ/ユベントス
    2008年ロベルトカルロス/レアル・マドリー
    2009年ロナウジーニョ/ミラン
    2010年フランチェスコ・トッティ/ローマ
    2011年ライアン・ギグス/マンチェスター・ユナイテッド
    2012年ズラタン・イブラヒモビッチ/パリ・サンジェルマン
    2013年ディディエ・ドログバ/ガラタサライ
    2014年アンドレス・イニエスタ/バルセロナ
    2015年サミュエル・エトー/アンタルヤスポル
    2016年ジャンルイジ・ブッフォン/ユベントス
    2017年イケル・カシージャス/ポルト
    2018年エディンソン・カバーニ/パリ・サンジェルマン
    2019年ルカ・モドリッチ/レアル・マドリー
    2020年クリスティアーノ・ロナウド/ユベントス

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドがついにゴールデンフット賞を受賞、過去には現Jリーガーも受賞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    2020年も残すところ1カ月ほどとなるなか、UEFAは「Team of the year」にノミネートされた選手のリストを発表した。

    GK:

    アリソンリヴァプール
    アントニ・ロペスリヨン
    ケイロル・ナバス(PSG
    マヌエル・ノイアーバイエルン
    ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー

    DF:

    ダヴィド・アラバ(バイエルン
    トレントアレクサンダー=アーノルドリヴァプール
    アンヘリーノ(RBライプツィヒ
    フアン・ベルナトPSG
    アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン
    マタイス・デリフト(ユヴェントス
    ステファン・デフライインテル
    ハンス・ハテブール(アタランタ)
    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン
    プレスネル・キンペンベ(PSG
    セルヒオ・ラモスレアル・マドリー
    アンディロバートソン(リヴァプール
    チアゴ・シウヴァチェルシー
    ダヨ・ウパメカノ(RBライプツィヒ
    フィルヒル・ファンダイク(リヴァプール

    MF:

    ティアゴ・アルカンタラ(リヴァプール
    フッサーム・アウアールリヨン
    エベル・バネガ(セビージャ⇒アル・シャバブ)
    ニコロー・バレッラ(インテル
    キングスレイ・コマン(バイエルン
    ケヴィン・デブライネ(マンチェスター・シティ
    ブルーノフェルナンデスマンチェスター・ユナイテッド
    アレハンドロゴメス(アタランタ)
    レオン・ゴレツカ(バイエルン
    カイ・ハヴァーツ(チェルシー
    ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール
    ヨシップ・イリチッチ(アタランタ)
    マルキーニョス(PSG
    トーマス・ミュラーバイエルン
    マーセル・ザビッツァー(RBライプツィヒ

    FW:

    アーリン・ホーランドルトムント
    ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー
    アンヘルディマリアPSG
    セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    チーロ・インモービレ(ラツィオ
    ハリー・ケイントッテナム
    ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン
    ロメル・ルカクインテル
    サディオ・マネ(リヴァプール
    キリアン・エムバペPSG
    リオネル・メッシバルセロナ
    ネイマールPSG
    クリスティアーノ・ロナウドユヴェントス
    モハメド・サラーリヴァプール
    ラヒーム・スターリングマンチェスター・シティ

    GKは5人、DF・MF・FWは15人の計50人。

    CL覇者であるバイエルンからは最多の10人が選ばれている。国籍でもドイツ選手が最も多い(6人)。

    これまでで「UEFA.com fans’ Team of the Year」に選ばれた回数が最も多い3人は、ロナウド(14回)、メッシ(11回)、ラモス(8回)。なお、ロナウドはこれで17年連続のノミネートになった。

    【関連記事】「実はバロンドールを獲ったことがない、偉大なる10選手」

    ファンたちはオンライン上でこのなかからベストイレブンを選ぶことで投票することができる。

    2020年の「UEFAチームオブザイヤー」 候補者が決定!その全選手リストがこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】2020年の「UEFAチームオブザイヤー」 候補者が決定!その全選手リストがこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     ジュビロ磐田に所属するMF遠藤保仁が、国際サッカー連盟FIFA)のインタビューに登場した。1日、同連盟の公式サイトが伝えている。

     現在40歳の遠藤は、鹿児島実業高等学校を卒業した1998年横浜フリューゲルスへ加入。その後、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)を経て、2001年ガンバ大阪へと移籍した。G大阪では2005年クラブ初となるJ1リーグ制覇に貢献すると、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝も達成。今季は楢崎正剛氏の保持していたJ1最多出場記録を塗り替えた(※現在641試合)が、出場時間の減少を受けて、10月から磐田へと期限付き移籍で加入している。

     磐田ではここまで明治安田生命J2リーグの13試合に出場しており、2ゴールを記録するなど変わらぬ存在感を示している。インタビューではまず、磐田での挑戦とこれまでのキャリアで経験したことを比較して、との質問が。遠藤は、「ここでは単純にサッカーを楽しんでいます。僕がこれまでプレーしてきたクラブとは環境がとても異なる。例えばアメリカと比べたら日本は小さな国だけど、その中でも大阪と静岡では(環境や文化が)全然違う。異なる文化の中でのサッカーを楽しんでいます」と答えた。

     また、「日本ではなぜ偉大な経歴を持つ40代・50代が第一線で活躍できるのか、その秘訣を教えて」との質問も。遠藤は「わからない(笑)」と答えつつ、「日本人は諦める方法を知らないんですよ。僕らにはそういうメンタリティがある」と自らの考えを明かした。

     同選手は2010 FIFAワールドカップ 南アフリカで印象的なパフォーマンスを披露できた理由について聞かれると、「難しい質問だけど、答えは明確。W杯への出場権を手にした後、いくつかの練習試合をこなしたけど、結果は非常に悪く、日本人も他の国の人たちも、僕らが南アフリカW杯で良いプレーをすると期待しなくなった。日本のメディアファンは『南アフリカでは彼らに何も期待しない』と言っていたけど、そのおかげで外部からの重圧がかからないまま大会に臨み、僕らは『本物の日本のサッカーを見せてやろう』と決意した」と振り返った。

     過去に海外移籍も噂された遠藤は、日本に残り続けた理由について、「海外からのオファーもあったけど、僕はいつもその国のスタイルを重視していました。スタイルに合わなければ僕が幸せになることはできないと思い、日本にとどまることを決めた」と説明。一方で、「日本に残ったことを後悔はしていないけど、海外でやりたいという気持ちはまだ残っている」と、新たな挑戦の可能性を閉ざしていない。

     引退後のことは「まだ何も決めていません。しばらく休んで、旅行にでも行きたいですね。世界遺産をできるだけたくさん見てみたい」と答えた遠藤。最後に、サッカーに対する思いを次のように語っている。

    サッカーは僕に全てを教えてくれた。たくさんの貴重な友人にも出会いました。僕がサッカーで育ち、サッカー選手として色んな国を見るようになり、様々な文化から多くのことを学んだ。僕のプレーで人々に感動や幸せを与えることができる。だから、僕はこのスポーツをするんです」

    遠藤保仁がFIFAのインタビューでキャリアを振り返った [写真]=鈴木颯太朗


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】遠藤保仁、FIFAのインタビューで過去・現在・未来を語る「海外でやりたい気持ちはまだある」】の続きを読む

    このページのトップヘ