Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     今季、レアル・ソシエダで好調を維持する久保建英が、古巣との大一番を迎える。1月29日スペインリーグ第19節で対レアル・マドリー戦を迎える久保はここまで、リーグ戦では15試合に出場し3得点を記録、攻撃を牽引する役割を担っている。チームも3位につけており、今節は勝点3差の2位レアルとの大一番。昨季までの所属クラブにどんなパフォーマンスをみせるか、期待感が高まっている。


    【関連記事】【W杯】期待外れに終わった久保建英の本音「いい加減、代表で何かを成し遂げたい」


     また、久保は25日に行われた国王杯準々決勝のバルセロナ戦にもスタメン出場を果たし、こちらも古巣のビッグクラブを向こうに回し、好機を演出した。前半で退場者を出したレアル・ソシエダが0-1で敗れたものの、バー直撃のシュートを放つなど、確かな爪痕を残した。

     もちろん、新天地で存分に存在感を放ち続け、レアル戦を迎えようとしている久保には、欧州メディアからの視線が集まっている。

     英サッカーサイト『Tribal Football』ではバルサ戦翌日の26日、「レアル・ソシエダエース、タケフサ・クボが古巣に衝撃を与える予感」と銘打った記事を配信、今季の活躍を振り返るとともに、次戦への期待も記している。

     記事では「今週末、2位のレアル・マドリーが3位のレアル・ソシエダを迎え撃つという、リーガサンタンデールの大一番がある」と綴っており、その上で「リーグ戦5連勝中のバスクチームは自信満々で首都に乗り込んでくるだろう。レアル・マドリーが注目する選手の一人は、2023年に絶好調のスタートを切ったタケフサ・クボだ」として、日本人ミッドフィールダーの存在を強調。


     さらに「クボはすでにレアル・ソシエダリーダーであり、ここ数週間、チームベストプレーヤーの一人である。このウインガーは、アスレティック・クラブとのバスクダービーゴールを決め、イマノル・アルグアシル監督率いるチームにとって重要な勝利に貢献した」と今月14日のアスレチック・ビルバオ戦の鮮やかなゴールも称えている。

     その他、レアル・マドリー専門メディア『Defensacentral.com』では、バルセロナとのカップ戦でのプレーに言及。「彼はフットボールクラブバルセロナを窮地に陥れる寸前だった」と賛辞を贈っている。

     加えて、好パフォーマンスを評しながら「この21歳には明るい未来が待っているようだ。彼のキャリアはますます好調で、今年はすでにチャンピオンズリーグ出場を目指して戦うチームに所属し、その中で彼は議論の余地もない」と見解を示している。

     スペインの地に渡って以降、最高のシーズンを送っている久保建英。大きなターニングポイントともなり得る戦いでどんなインパクトを残すのか、非常に楽しみだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    古巣レアルとの大一番を控える久保建英に欧州メディアが熱視線!「この21歳には明るい未来が待っている」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】古巣レアルとの大一番を控える久保建英に欧州メディアが熱視線!「この21歳には明るい未来が待っている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ブラジル代表DFダニエウ・アウベスと、その妻ジョアナ・サンスさんの別れは近いのかもしれない。スペインマルカ』が伝えている。

    2022年末に訪れたバルセロナのナイトクラブで、女性に対して性的暴行を働いたとして逮捕されたアウベス。所属していたUNAMプーマスとは契約を切られ、現在はサッカー選手、ひいては人生の岐路に立たされている。

    当初は、自身のインスタグラムストーリーズでアウベスと手を絡ませた写真を投稿し、「一緒に」と連帯を示していたジョアナさんだが、27日時点で直近1年の投稿の中から、アウベスに関するものをすべて削除した。

    マルカ』は、「これらすべては2人の完全な別離とモデル(ジョアナさん)の今後の発言を示している」と2人が離婚する可能性が高いとしている。

    なお、ジョアナさんはアウベス逮捕の少し前に母親を亡くしている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】性的暴行で逮捕のダニエウ・アウベス、当初はサポートする意思を見せていた妻も離婚を決意か…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ベンフィカアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに対して、破天荒な好待遇を準備しているようだ。ポルトガル『レコルド』が報じている。

    先のカタールワールドカップアルゼンチン代表の優勝に貢献したそのパフォーマンスが高い評価を集めたエンソ・フェルナンデスレアル・マドリーリバプールなどビッグクラブが関心を示すようになり、一躍に移籍市場の目玉選手に躍り出ると、最近ではチェルシー行きがもっぱらの噂となっている。

    今冬のチェルシーは大枚を叩いて夏に続く大型補強を実施。フェルナンデス同様に注目度の高かったシャフタールのミハイロ・ムドリクを最大総額1億ユーロの移籍金で獲得するなど、新オーナー陣が底知れない資金力の高さを見せつける格好となった。

    アルゼンチン代表MFに向けても大金を用意していたが、さすがに1億2000ユーロの契約解除金は用意できず、選手譲渡などあらゆる手を尽くしてもベンフィカを納得させることは不可能だった。

    冬の移籍期間も残り1週間を切り、世界が注目した22歳の去就はベンフィカ残留が濃厚に。すると、クラブはさぞ満足したのだろうか、その補償金として200万ユーロ(約2億8300万円)をフェルナンデスに手渡す前代未聞の厚遇を決断したようだ。

    同選手の移籍に関してはロジャーシュミット監督は初期段階で非売品であることを明確にし、しつこくオファーを持ちかけるチェルシーに対しては「無礼」と断言していたが、その熱意を行動で示す形となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベンフィカがまさかの好待遇…! 今冬残留のエンソ・フェルナンデスに3億円の“包み金”?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     レアル・ソシエダ日本代表MF久保建英は、コパ・デル・レイ(国王杯)・準々決勝バルセロナ戦に先発出場。スペイン紙『エル・デスマルケ』が、同選手のパフォーマンスを称賛した。

     レアル・ソシエダのMF久保建英は、25日に行われた準々決勝バルセロナ戦に先発出場すると、敵地『カンプ・ノウ』で堂々たるプレーを連発した。前半にバー直撃のシュートを放ち、後半にはドリブル突破から、針の穴を通すようなパスでチャンスを演出。0-1で試合には敗れたものの、”ラ・レアル”の選手として存在感を発揮していた。

     そんな久保のパフォーマンススペイン紙『エル・デスマルケ』も称賛。同選手に、チーム最高評価「8」のDFロビン・ル・ノルマンに次ぐ、「7」を与えた同紙は「レアル・ソシエダで最も優れた選手。前半にクロスバー直撃のシュートを放ち、(アレクサンダー・)セルロートのゴールをお膳立てしたが、ノルウェー人はこれを見事に外してしまった。攻撃陣の切れ味は抜群で、スピード感もある。ピッチに立った77分間、彼は自分を空っぽにした」と高評価している。

    現地メディアがMF久保建英のパフォーマンスを絶賛 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】バルサに敗北も存在感を発揮…現地メディアがMF久保建英を称賛「ラ・レアルで最も優れた選手」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・シティアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスが、同代表FWリオネル・メッシへの忠誠心を語った。アルゼンチン『アス』が伝えている。

    アルバレスはカタールワールドカップ(W杯)で4得点を挙げ、アルゼンチン代表36年ぶりの優勝に大きく貢献。得点だけでなく、前線からの守備といった貢献度も光り、メッシ中心の攻撃陣を引き立てて見せた。

    DAZN』のインタビューでは大会を振り返り、優勝の喜びを語るとともに、少年時代からのアイドルだったというメッシのW杯トロフィー獲得を手助けできた事実を誇りに思うと口にした。

    「僕たちが達成したことがどれだけ難しいものだったか、よく理解しているつもりだよ。多くの選手の夢であるW杯トロフィーを持ち上げられたんだ」

    「僕の世代はメッシを見て育った。彼は僕たちのアイドルさ。国を代表し、チームを助け、多くの人に喜びをもたらしてきた彼が長年求めていたものこそW杯のトロフィーだ。僕がその達成を手伝えたことは大きな満足であり、喜びであり、この上ない誇りだ」

    一方、自身のクラブキャリアに話が及ぶと、昨夏に揃ってシティへ加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに言及。センターフォワード定位置を争うライバルに称賛の言葉を送っている。

    「初めて会った日から信じられない光景を見た。紹介されて挨拶を交わし、そのあとすぐに練習があったんだ。彼のテクニック、フィジカル、スピードに驚かされた…」

    「シティで始まったわけじゃない。彼はこれまでプレーした全てのクラブにおいて、ゴールによって自身の価値を証明してきた。それも信じられないほどにね」

    W杯で輝きを放ったアルバレスは15試合で4得点だが、シティではプレミア19試合で25得点を叩き出す怪物ハーランドに完敗。今後はハーランド定位置を脅かすほどの突き上げに期待したい。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】「僕世代のアイドル」アルバレスがメッシへの忠誠心語る「W杯優勝を手伝えて、この上ない誇り」】の続きを読む

    このページのトップヘ