Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【インタビュー】急速な進化を遂げる井手口陽介……いざ「想像を超えた」戦いへ | ニコニコニュース



    サッカーキング

     井手口陽介が過ごしたこの1年は、まさに激動だった。

     プライベートでは結婚を発表し、長女が誕生。サッカーではリオデジャネイロ・オリンピックで世界を体感し、2016シーズンの後半はガンバ大阪で完全にレギュラーの座をつかみ取った。ルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』と『Jリーグベストヤングプレーヤー賞』に輝くと、日本代表にも定着。6月のイラク戦では初先発を飾り、最終予選ならではの緊張とプレッシャーも味わっている。

     誰よりも早くスターダムを駆け上がっているが、その要因はいったいどこにあるのだろうか。このインタビューで秘密を探ろうと試みたが、明確な答えはなく、そこにあったのは「21歳の飾らない素顔」だった。

    インタビュー・文=山本剛央
    取材協力・写真=ナイキジャパン

    ■ブラジル戦で痛感した“世界との差”

    ──結婚と長女誕生を発表したのが2016年6月19日でした。父親となって1年以上が経ちましたが、意識の変化はありますか?
    子どもと接していると、サッカーのことを忘れさせてくれるというか。普通の人、普通の父親になれます(笑)。と同時に、「より一層子どものためにも頑張らないと」っていう気持ちにもなる。責任感というか。そういう意味で、少し意識は変わっているのかもしれません。

    ──昨年は「オムツを代えるのは無理!」と言っていましたが、できるようになりましたか?
    今でも無理です(笑)。そこは奥さんに任せています。自分は一緒に遊んだりしていますね。

    ──結婚して長女が誕生してから、リオデジャネイロ・オリンピック出場、ルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』と『Jリーグベストヤングプレーヤー賞』をダブル受賞。そして日本代表デビューと駆け足で階段を上っています。家族を持ったことが井手口選手の活躍を後押ししている面はありますか?
    私生活では子どもと奥さんと一緒にいてリラックスしています。オフは1日中、家にいることはなく、大体家族と遊びに出掛けていることが多い。それがリラックスになっていて、心が落ち着いているのかなと思います。ただ、それがサッカーにどこまで関係しているのか、自分では分かりません(笑)。

    ──では、「意識の変化」という点で、大きなターニングポイントになった出来事はありますか?
    やっぱりプロ初ゴールは大きかったですね(2016年9月17日のJ1リーグ名古屋グランパス戦)。一つ取れてから気が楽になり、「どんどんシュートを打っていこう」という意識になりました。攻撃面でも遠慮することなくプレーできるようになりましたね。

    ──自身初の世界大会、リオデジャネイロ・オリンピックに関しては?
    そこまで……ですね。むしろ大会前にブラジル代表と親善試合をしましたが、そっちのほうが印象に残っています。ブラジルの選手はみんな「止めて・蹴る」の基本技術が高くて、ボールを全く奪えませんでしたから。スピードも全然違う。ネイマールなんて、かなり余裕を持ってプレーしていて、世界との差を痛感しました。

    ──その後、2016年11月に日本代表に初選出され、2017年6月にはシリア戦で代表デビュー。最終予選・アウェイでのイラク戦で初先発を飾りました。
    この時が、この1年での最も大きな出来事になりました。サポーターの期待に応えなければいけない責任感だったり、日本国民の期待というのを身をもって感じました。この緊張感の中でプレーして、結果を出さなければいけない。そういう代表ならではのプレッシャーを感じられたことは大きかったように思います。

    ──それでも、緊張はしなかった?
    いや、しました。自分にしては珍しく(笑)。「やらないといけない」と過剰に思い過ぎたのか、試合が始まる前に緊張していました。

    ■「何も考えないこと」が逆にいい

    ──パフォーマンスを発揮するため、プロになってから意識が変わった部分はありますか?
    食事に気を遣うようになって、バランス良く食べるようにしています。でも、それくらいですね。

    ──周りの先輩選手に聞いたりして?
    いや、そこまではしていません。周りの選手たちが食べているもの、飲んでいるものは多少気になりますけど、決まったタイミングで何かをするっていうのは、自分は長続きしないタイプなので(苦笑)。

    ──では、試合日はどういうふうに過ごしていますか?
    特別なことは何もしていませんよ。移動中、僕はあまり音楽を聞かないタイプなので、海外ドラマなどを観て過ごしています。試合会場に着くとウォーミングアップの時間が来るまで自分でストレッチをしていますが、その程度です。

    ──アカデミー時代から特に変わっていない?
    はい。基本的に何も変わっていません。

    ──他にプロになってから、ピッチ外で取り組んでいることなどは?
    ……ないです。あ、でも、子どもができてからは早く寝るようになりました(笑)。

    ──井手口選手を見ていると、性格としては「マイペース」、「素直」、「奔放」という言葉がピッタリあてはまる気がします。そういった性格がサッカーにいい影響を与えていると思いますか?
    どうですかね。あまり気負ったりはしないというか、ほとんど何も考えていないところが逆にいいのかなと思います(笑)。

    ──ピッチでも遠慮はしないですよね?
    さすがに最初はしますよ(笑)。でも、慣れると遠慮はしません。

    ──試合中は味方選手がどう思っているかとか考えたりしない?
    はい。自分のプレーに集中しているというか。他の選手がどう思っているかなんて考えたこともありません。

    ──相手に寄せてボールを奪うプレーなどを見ていると、本能で動いているようにも見受けられます。
    自分の場合は、考えながらプレーするよりも、何も考えていない時のほうがいいプレーができます。考える前に動く、という感じです。

    ■大一番は「想像を超えたもの」

    ──日本代表の大一番、オーストラリア戦とサウジアラビア戦が近づいてきています。
    まずは選ばれるように、目の前のリーグ戦を頑張りたいです。代表のことは選ばれてから、チームに合流してから考えます。

    ──それでも、ワールドカップ出場の懸かった試合に出たいという欲もあるのでは?
    それはありますけど、今はまだ意識していません。

    ──今考えても仕方がない。
    はい。今考えて想像したりするのと、実際にやるのとでは絶対に違う。想像を超えたものが必ずあるはずなので。

     インタビューから1週間後の8月24日、日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はアジア最終予選オートラリア戦とサウジアラビア戦に臨むメンバー27名を発表した。最年少メンバーとして選出された井手口はクラブを通じて次のようにコメントしている。

    「今回、最終予選でも最後の最後の試合を目前に、選出されてうれしいです。出場を決めることがチームの目標となった今、プレッシャーもかかる中、自分自身ができることを精一杯することが出場を決めるために必要なことだと思います。自信を持って、また、短い時間ですがキャンプでしっかりと力をつけて臨みたいです! そこに出場していれば最高です!!」

    「想像を超えたものが必ずある」と断言するワールドカップ出場の懸かった大一番。日本代表に招集を受けたのは3度目になるが、「慣れたら遠慮しない」という21歳が何か大仕事をやってくれるのではないか──。

     少年から父親へ。若手の一人から主軸選手、そして日本代表選手へ。激変に身を置く中でも、決して自分らしさを失わず、マイペースに戦う井手口を見ていると、そんな期待が膨らんでくる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【インタビュー】急速な進化を遂げる井手口陽介……いざ「想像を超えた」戦いへ | ニコニコニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ネイマール、バルサが狙うコウチーニョにリヴァプール残留を進言? | ニコニコニュース



    ネイマール(中央)がコウチーニョ(左)に残留を勧める? [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     今夏にバルセロナを退団したブラジル代表FWネイマールが、バルセロナが獲得を狙っているとされる同代表MFフィリペ・コウチーニョにアドバイスを送っているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』がブラジル紙『Estadao』を引用する形で29日に報じている。

     現在ブラジル代表は31日のエクアドル代表戦、5日のコロンビア代表戦に向けてブラジル国内で調整を行っている。コウチーニョは背中の負傷の影響で、所属するリヴァプールでの出場はゼロ。しかし医師の診断の結果、「すべて解決している」とコンディションに問題はない様子だ。

     同紙によると、軽めのウォームアップだけのメニューだったというコウチーニョはネイマールとよく会話をかわしていた模様。その中でネイマールは、揺れるコウチーニョに「バルセロナに行かせない、というリヴァプールの決定を、君は後悔しないはずだよ」とアドバイスを送ったという。

     以前、ネイマールはバルセロナの幹部に対し「クラブにいるべきではない」と痛烈な批判を展開。古巣のフロントには良い印象を持っていないことが明らかになっている。一方ブラジル代表には、今夏にバルセロナへと移籍したMFパウリーニョも選ばれており、ブラジル代表内でコウチーニョを巡る場外戦が行われているのかもしれない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ネイマール、バルサが狙うコウチーニョにリヴァプール残留を進言? | ニコニコニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    豪州メディアは岡崎を警戒 プレミアで守護神から「ゴールを打ち破ったストライカー」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    今季プレミア開幕戦 ブライトンの豪州代表GKライアンから岡崎が2ゴール

     

     日本代表が決戦のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦を31日に控えるなか、オーストラリアメディアは日本代表FW岡崎慎司(レスター)を最も警戒すべき存在として認識している模様だ。豪TV局「SBS」が報じている。

     

     同局は岡崎について、「マシュー・ライアンのゴールを打ち破ったストライカーだ」として紹介。今季のリーグ開幕戦のブライトン戦で、オーストラリア代表GKライアンから、開始直後のものを含む2ゴールを決めた岡崎を警戒している。

     

     来日して調整を続けているライアンは取材に対し「クラブでの試合前からスカウティングはしていた。彼はとても運動量が豊富な選手だ」という言葉を残している。

     

    「彼は適切な時に、適切な場所にいる選手だ。そのために、オフ・ザ・ボールの小さな走りを繰り返すからこそ、それが実現できるし、ボールが落ちてくる場所にいることができる。彼はすでに自分たちの試合とアーセナルとの試合で得点者に名を連ねている。そのレベルのプレーをするためには、本当に良い選手でいなくてはならない」

     

     オーストラリアの守護神はそう語り、岡崎のゴール前での勝負強さの要因を分析している。そして「彼はゴールがどこにあるかを熟知している選手だから、我々は最後の最後まで彼に付いていかなくてはいけない。それができた時に、彼は多くのことができなくなる。そうできることを願いたいね」と、味方に徹底マークを求めた。

     

     ここ最近の日本代表チームでは、FW大迫勇也(ケルン)がレギュラーポジションを確保しつつあり、岡崎の出場機会は減少傾向にある。今回は大迫に負傷明けという懸念もあり、岡崎がスーパーサブとして投入されるか、先発で起用されるか不透明だが、その存在はオーストラリアのゴールを守るライアンに少なからず苦手意識と恐怖を与えるはずだ。バヒド・ハリルホジッチ監督はこの大一番で、相手の嫌がる岡崎を起用するだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【豪州メディアは岡崎を警戒 プレミアで守護神から「ゴールを打ち破ったストライカー」 | ニコニコニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2年ぶり代表復帰の34歳ファン・ペルシー、得意のボレーで好調ぶりアピール | ニコニコニュース



    2年ぶりの代表復帰で活躍が期待されるファン・ペルシー [写真]=VI Images via Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選に挑むオランダ代表に2年ぶりに選出されたフェネルバフチェ所属のFWロビン・ファン・ペルシーが、早速代表のトレーニングで好パフォーマンスを見せているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

     現在34歳のファン・ペルシーは、フェイエノールトやアーセナル、マンチェスター・Uでプレー。2015年7月からはフェネルバフチェに加入し、これまでに同クラブでは公式戦91試合に出場、40得点を挙げている。

     オランダ代表としては2005年6月にA代表デビューを果たすと、2006年のドイツW杯、2010年の南アフリカW杯、2014年のブラジルW杯に出場。これまでに101試合に出場して、50得点、20アシストを記録している。

     同選手は2015年10月以来、代表から遠ざかっていたが、今回2年ぶりに招集。そしてそのトレーニングで鮮やかなボレーシュートを何本も決めるなど、好調ぶりを披露しているようだ。オランダ代表の公式アカウントがツイッターで動画を投稿している。

     オランダ代表は欧州予選のグループAで6試合を終え、勝ち点「10」。W杯出場権圏外の3位という厳しい立場に立たされている。31日には勝ち点「13」で2位につける最大の“ライバル”フランス代表と敵地で、さらに来月3日には勝ち点「9」で4位のブルガリア代表とホームでの試合が控えており、重要な2連戦となる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2年ぶり代表復帰の34歳ファン・ペルシー、得意のボレーで好調ぶりアピール | ニコニコニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    S・ラモス、ピケへのブーイングに物申す「国のために戦う選手には敬意が払われるべき」 | ニコニコニュース



    代表でコンビを組むS・ラモス(左)とピケ(右)[写真]=Getty Images
    サッカーキング

     スペイン代表の主将を務めるレアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモスが、チームメイトであるバルセロナのDFジェラール・ピケへのブーイングが収まるよう物申した。

     出身であるカタルーニャ州の独立を支持する姿勢や、宿敵であるレアル・マドリードに対する歯に衣を着せぬ発言が、一部の人々の反感を買っているピケは、スペイン代表ではホームゲームでもブーイングを浴びるのが常となっている。

     一方、S・ラモスにとってピケは、クラブ間ではお互いに“口撃”をし合う関係だが、代表ではセンターバックのコンビを組む関係にある。それゆえ、代表戦でのピケへのブーイングは自身にとっても、チームにとってもマイナスにしかならないため、主将としてサポーターに自制を求めた。

    「ピケに対しても、誰に対してもブーイングは止めて欲しい。自分たちの国のために戦う選手に対しては常に敬意が払われるべきであり、ピケはその一人だ」

     ここに来てS・ラモスがピケを擁護したのは、スペイン代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの欧州予選でイタリア代表とのグループ首位の座を賭けた一戦を控えているからに他ならない。来月2日にレアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行なわれる大一番を前に、S・ラモスはサポーターに向けて一枚岩となって団結することを要求した。

    「イタリアとの一戦は、激しく厳しい試合になるだろう。それゆえ、選手を全面的に支えて欲しい。僕たちは良い戦いを見せる意欲に溢れているし、この試合に相応しい完璧な舞台が整った」

     なお、10試合のうち6試合を消化した同予選のグループGは、5勝1分で並ぶ首位のスペイン代表と2位のイタリア代表が、3勝3敗で並ぶ3位アルバニア代表と4位イスラエル代表に9ポイントの大差を付け、完全に一騎打ちの様相を呈している。したがって、今回の直接対決を制した方が、プレーオフに回ることなく自動的に本大会に出場できる切符を大きく手繰り寄せることとなる。

     スペイン代表は、勝ち点で並んだ場合に順位を決定する条件の得失点差では5点、その次の条件の総得点でも4点、いずれもイタリア代表を上回っているため、今回の一戦はドローでも大きな問題にはならない。しかし、引き分け狙いの戦いをするようなスタイルではないうえ、イタリア代表は死にもの狂いで勝利を目指してくるだけに、ヨーロッパ指折りの強豪同士による白熱の攻防が繰り広げられること必至だろう。

    文=北村敦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【S・ラモス、ピケへのブーイングに物申す「国のために戦う選手には敬意が払われるべき」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ