Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    3月にアゼルバイジャンのネフチに加入した本田圭佑。第23節ジラ戦に先発すると81分間プレーした。

    ゴール正面で得た絶好の位置から蹴ったフリーキックがこちら。

    味方選手が開けた壁の間を低いシュートで狙ったが、枠はとらえらえず。

    また、本田はクロスに頭から飛び込むシーンがあったが、ゴールはならず(動画3分40秒~)。

    【写真】サッカーの歴史上「最悪の髪型」10選

    またも新天地での得点を奪えなかった本田は「次は決める!」とツイートしていた。なお、試合は4-0でネフチが勝利している。

    34歳本田圭佑、いまの「フリーキック」はこんな感じ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】34歳本田圭佑、いまの「フリーキック」はこんな感じ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    リーグアン第33節、マルセイユ対ロリアン戦に酒井宏樹が先発出場した。

    ドゥエ・チャレタ=ツァルとアルバロ・ゴンサレスCB2人が出場停止のため、3バックの左で起用された酒井。後半アディショナルタイムに勝ち越したマルセイユが3-2で勝利した一戦にフル出場した。

    先日の3バック起用の際には高評価を得た酒井だが、この日は厳しい評価に。

    『footmercato』では、酒井に両チームで最も低い2.5点という評価を与えていた。「通常は右SBの彼はCBで起用された。テレム・モフィにゴールを許したシーンですぐに弱点を露呈。70分に再びモフィにやられた。この日本代表は試合中ずっと問題だった」というのがその理由。ただ、2失点目はフロリアン・トヴァンの酷いパスミスからカウンターを浴びる形だったのだが。

    この日のマルセイユは1点をリードされて迎えたハーフタイムに3バックの一角だったリュカ・ペランを下げて、ブラジル人アタッカーのルイス・エンヒキを投入。エンヒキを左に入れて、前半は左サイドだったトヴァンを右に移すなど配置転換を行った。

    【動画】もはや親友!酒井宏樹とトヴァンの仲良しシーン

    試合後の会見で「前半の選手選考を悔いているか?」と聞かれたホルヘ・サンパオリ監督は「そうだ、私が決断を間違えた。(右の)ポル・リロラと(左の)トヴァンで深さを作るのがスタメンの狙いだった。選手選考でのミスは全て私の責任だ。後半にそれを修正しようとした」と説明していたとのこと。

    酒井宏樹、またマルセイユで3バック起用も…現地は酷評


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】酒井宏樹、またマルセイユで3バック起用も…現地は酷評】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、同クラブに退任の意向を伝えたことを明かした。17日、ドイツメディアスカイスポーツ』が報じている。

     バイエルンとの現行契約が2023年6月30日までとなっているフリック監督。昨季は前人未到のブンデスリーガ8連覇と7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)制覇、2シーズン連続となるDFBポカール制覇の3冠を達成。今季はパリ・サンジェルマンに2戦合計3-3のアウェイゴール差でCL準々決勝敗退となったが、ブンデスリーガではここまで21勝5分け3敗という成績で首位に立つチームを牽引している。

     バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)との意見の相違なども報じられていたフリック監督は、17日に行われたブンデスリーガ第29節のヴォルフスブルク戦後、クラブに退団の意向を伝えた経緯について以下のように説明している。

    パリ・サンジェルマンとのアウェイでの試合の後、クラブに今シーズン終了後の契約解除の意向を伝えた。それを今日、チームに伝えた。今日の試合後にチームに伝えたいと思ったのは、クラブに伝えることがどれほど難しく、重要なことかを知っているからだ。私にとっては、チームが私から聞くことが重要だった。なぜなら、すでに噂のひとつやふたつがあるからだ」

    「我々は2年間、一緒にとてもよく働いてきた。私はこのチームスピリットクオリティに非常に感激していて、このチームとともに進めることに感謝している。そして、このようなチームを指導する機会を与えてくれたクラブにもとても感謝している」

     フリック監督は、EURO2020後の退団が決定しているヨアヒム・レーヴ監督の後任としてドイツ代表指揮官に就任する可能性が噂されているが、自身の将来については「まったくわからないし、オリバー・ビアホフ(ドイツ代表のマネージャー)との会話もない。最近は重要な局面を迎えていたからね。もちろん、DFB(ドイツサッカー連盟)はすべての監督が考えなければならない選択肢のひとつだが、私にとってはまず、すべてを消化することが重要だ」と話している。

     フリック監督は1965年まれの現在56歳。現役引退後に指導者としての道を歩み始めると、2006年から10年に渡ってドイツ代表のコーチや強化担当を務めた。その後、2019年夏にバイエルンコーチに就任すると、2019年11月からはニコ・コヴァチ前監督に代わってバイエルンを率いている。

    バイエルンを率いるハンジ・フリック監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルンのフリック監督、今季末で退任へ「契約解除の意向を伝えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    今週末にレアル・マドリーと対戦するヘタフェの久保建英

    先日行われたラ・リーガ第30節カディス戦では先発から50分ほどプレーした。サイドではなくトップに近い位置で起用されると前半7分にチャンスを演出。

    対峙した相手DFを巧みなフェイントアンクブレイク!だが、直後のプレーにやや迷ってしまい、クロスは相手にカットされてしまう…。

    中途半端なプレーになってしまった久保はすまない…といった感じで味方に対して手を上げていた。

    DAZNで配信されている『FOOTBALL TIME』で内田篤人がこのシーンを解説。久保だからこそ迷ってしまったと語っていた。

    内田篤人

    「(味方に)ごめんだね、そうだね…。

    ここのドリブルはさすがですね、(相手の)外し方。

    (その後のプレーに)ちょっと迷っちゃったね!

    んーって持っちゃった。色々見えちゃうんだよね、たぶん彼くらいになると」

    相手1人を剥がした後にルックアップしていた久保。視野が広いハイレベルの選手だけに出しどころに迷ってしまったと内田は感じたようだ。

    【動画】能力が高いからこそ…久保建英がヘタフェの味方に謝ったシーン

    実際、大外のマルクククレジャらがフリーになっており、いくつか選択肢は見えていたはず。

    レアルバルセロナとの連戦を迎えるヘタフェ。久保のプレーにも期待したい。

    「ごめんだよね…」 久保建英が味方に謝ったシーン、内田篤人が解説


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「ごめんだよね…」 久保建英が味方に謝ったシーン、内田篤人が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    この冬にリヴァプールからサウサンプトンローン移籍した南野拓実

    彼の契約は2024年まであり、ユルゲン・クロップ監督も買い取りオプションの付随を断っている。

    そうしたなか『Liverpool Echo』は「南野が“新生”リヴァプールの一員としてプレーできる理由」という記事を伝えた。その内容を要約するとこのような感じ。

    Liverpool Echo

    「昨季は新型コロナウイルスの影響が甚大だったため、今季は南野にとって本当の意味での1年目になるはずだった。

    だが、シーズン繰り下げでプレシーズンは短縮され、フィルヒル・ファンダイクらCB陣の相次ぐ離脱によって、南野は5試合の出場の留まることに。

    クロップ監督はチームの軸とフィジカル的要素の多くを失ったことで、センターMFたちを最終ラインにコンバートせざるをえず、南野の起用にもその影響が及んだ。

    南野には特性があるが、フィジカル的要素はチームメイトたちと同じレベルにない。身長は175cmで、体躯は華奢だ。

    クロップはCB陣が抜けたチームのフィジカルと高さを維持する必要性に触れており、セットプレー(での守備)を懸念していた。

    南野の起用が減ったこととサウサンプトンへのローン移籍は、クリスマスの時期にクラブを襲った怪我の危機による予期せぬ副産物だった。

    だが、ポジティブなことに状況はもうすぐ変わる」
    来季、南野はリヴァプールで初めて完全なプレシーズンを迎えられるだろう。

    ファンダイクらが怪我から復帰すればチーム全体のフィジカルも回復する。

    そうなれば、南野はプレミアリーグの覇権奪還を目指すクロップのもとで新たなスタートを切ることができるはずだ。

    南野はプレッシングユニットの一員として典型的な10番の役割に適しているように見える。

    よって、クロップフォーメーションを4-3-3から彼に適している4-2-3-1などに切り替える可能性を探るかもしれない。

    リヴァプールで必要とされるクオリティの基準を考えれば、南野の能力がレギュラーを張れるものなのかは疑問が残る。

    とはいえ、来季の彼は真価を発揮するためのフェアな舞台を与えられるだろう」

    クロップ監督は南野を起用できなかった理由の一つにサイズ(体格)を挙げており、その理由はセットプレーでの守備での高さを維持するためだったと述べている。

    【動画】身長は関係ねぇ!南野拓実、リヴァプールでやった神業テク

    怪我人が戻ってくる来季はそういった要素は消えるため、南野はポジション争いの場を与えられると地元紙は見ているようだ。それでも、スタメンは厳しいと考えているようだが…。

    「南野拓実の能力に疑問は残るが…」地元紙、来季のリヴァプール復帰を予想


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「南野拓実の能力に疑問は残るが…」地元紙、来季のリヴァプール復帰を予想】の続きを読む

    このページのトップヘ