Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 www.daimrkm.com)



    フランスフットボール専門誌『フランスフットボール』が21日に発表した2019年度の「バロンドール」候補者リスト30名。しかし、そこには意外な事実があった。イギリス『サン』が報じた。

    今回発表された候補30名だが、その30名の中にスペイン人の選手が1人もいなかったのだ。これは1993年以来、26年ぶりのことだという。

    昨年は、レアル・マドリースペイン代表DFセルヒオ・ラモス、MFイスコがノミネートされていたが、今年は選外。また、プレミアリーグ、FAカップ、EFLカップイングランド史上初となる国内3冠を達成し、チームから5名が候補リスト入りしたマンチェスター・シティのMFダビド・シルバも選外となっていた。

    近年で最も少なかった1人は、2015年で当時はバルセロナに所属していたアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)のみという状況はあったが、1人も選ばれなかったのは1993年以来となる。

    ちなみに、スペイン人のバロンドール受賞者は2人しかいない。1人はレアル・マドリーで名声を上げたアルフレッド・ディ・ステファノ氏(1957、1959)が2度受賞。また、バルセロナで活躍したルイス・スアレス氏が1960年に受賞している。その後は、トップ3に入ることはあっても受賞者が生まれていないのが実情。前述のイニエスタ、そしてチャビエルナンデス(アル・サッド監督)以降はトップ3にも入っていない。

    なお、スペイン人は不在ながら、ラ・リーガからは7名がノミネート。バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、レアル・マドリーベルギー代表MFエデン・アザールフランス代表FWカリム・ベンゼマアトレティコ・マドリーのMFジョアン・フェリックスが候補に挙がっている。

    2019バロンドール候補 30名
    リバプール
    FWモハメド・サラー(エジプト)
    GKアリソン(ブラジル)
    DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ)
    DFトレントアレクサンダー=アーノルド(イングランド)
    FWロベルトフィルミノ(ブラジル)
    MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
    FWサディオ・マネ(セネガル)

    マンチェスター・シティ
    FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)
    FWラーヒム・スターリング(イングランド)
    MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー)
    MFベルナルド・シウバ(ポルトガル)
    FWリヤド・マフレズ(アルジェリア)

    バルセロナ
    FWリオネル・メッシ(アルゼンチン)
    FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス)
    MFフレンキー・デ・ヨング(オランダ)
    GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(ドイツ)

    レアル・マドリー
    MFエデン・アザール(ベルギー)
    FWカリム・ベンゼマ(フランス)

    パリ・サンジェルマン
    FWキリアンムバッペ(フランス)
    DFマルキーニョス(ブラジル)

    トッテナム
    GKウーゴ・ロリス(フランス)
    FWソン・フンミン(韓国)

    バイエルン
    FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンポーランド)

    ユベントス
    FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
    DFマタイス・デ・リフト(オランダ)

    アヤックス
    MFドニーファン・デ・ベーク(オランダ)
    FWドゥシャン・タディッチ(セルビア)

    アーセナル
    FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナルガボン)

    アトレティコ・マドリー
    MFジョアン・フェリックス(ポルトガル)

    ナポリ
    DFカリドゥ・クリバリ(セネガル)

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】26年ぶりの珍事…1993年以来スペイン人がバロンドール候補30名に入らず】の続きを読む



    (出典 www.daimrkm.com)



    セルヒオ・ラモス 写真提供: Gettyimages

     フランスフットボール専門誌『フランスフットボール』が21日、「バロンドール」の候補者30名を発表した。しかし、この候補者の中にスペイン人選手の名前はなく、英紙『サン』によると1993年以来となる16年ぶりの出来事だったという。

     昨年、バロンドールにノミネートされた選手はレアル・マドリードセルヒオ・ラモスイスコ。しかし、今年のバロンドールでは彼らの名前はなく、2019年度から新たに新設されたゴールキーパーを対象とした個人賞「ヤシン・トロフィー」の候補者10人にもマンチェスター・ユナイテッドダビド・デ・ヘアは選出されなかった。

     なお、リーガ・エスパニョーラクラブからはバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシレアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマなど7人の選手が選出されたが、スペイン人の選手の選出はなかった。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロンドール、スペイン人選出なしは16年ぶりだった…】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/10/23(水) 12:29:11.96 ID:OYlKMM/29.net

    アディダスは23日、サッカー日本代表新ユニフォームに関するリリースを発表した。

     日本代表の新ユニフォームをめぐっては、海外のサイトでリーク画像が出回った他、日本国内でも一部の報道機関によって詳細が報じられていた。これに対し、日本代表の公式サプライヤーを務めるアディダスは、「当社の発表に基づくものではございません」とし、後日正式に発表する旨を各報道関係者へ通達した。なお、発表前後の詳細な日程は明かされていない。

     以下、アディダスからの発表(原文ママ)。

    「一部報道機関においてサッカー日本代表のユニフォームに関する報道がございましたが、当社の発表に基づくものではございません。サッカー日本代表新ユニフォームの正式発表に関しましては、後日実施を予定しております。」

    https://mainichi.jp/articles/20191023/s*/00m/050/010000c
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/10/23/20191023s*00m050010000p/7.jpg


    【【サッカー日本代表】アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ】の続きを読む


    写真提供: Gettyimages

    フランス誌『フランスフットボール』は2019年度のバロンドール受賞候補者30名を発表した。リバプールDFフィルジル・ファン・ダイクやバルセロナFWリオネル・メッシなど、今年度も印象的な活躍を見せている選手たちが、順当に選出されている。

    しかし、今回発表された30人のリストにはいくつか疑問を抱かざるを得ない部分もある。今回は、このリストに入ってしかるべきだった5人の選手をご紹介する。


    写真:figc.it

    ファビオ・クアリャレッラ

    クラブサンプドリア

    シーズンセリエAで26ゴールを挙げ、得点王に輝いたベテランFWがこのリストに入っていないのは悲しい。もちろん、リーグでの活躍だけが評価基準ではないが、クアリャレッラは印象的なパフォーマンスを見せ続けた。

    このリストに入っているクリスティアーノ・ロナウドは21ゴール。周囲に世界的な選手がたくさんいる環境で21ゴールだ。対するクアリャレッラは、優れた選手が少なくないとはいえ、プロビンチャのクラブで活躍を続けた。バロンドール受賞候補に選ばれるべきだっただろう。


    写真提供:Gettyimages

    アンドリュー・ロバートソン

    クラブリバプール

    1つのクラブから2人のサイドバックを受賞候補に選ぶことはできないようだ。トレントアレクサンダー=アーノルド素晴らしい活躍を見せたが、ロバートソンも同等以上の活躍を見せていたはずだ。

    アシスト数だけで言えばアーノルドに軍配が上がるだろう。ただ、ロバートソンはアーノルド以上に守備面での貢献度が高かったはずだ。もちろん、攻撃能力も極めて優れている。受賞候補に選ばれるべきだっただろう。


    写真提供:Gettyimages

    ハキム・ツィエク

    クラブアヤックス・アムステルダム

    シーズンチャンピオンズリーグ(CL)で旋風を巻き起こしたアヤックス。その攻撃の中心には、マタイス・デ・リフトでもフレンキー・デ・ヨングでもなく、ツィエクが君臨していたはずだ。

    高精度かつ強力な左足のキックを武器に、何度となく決定機を生み出したのはツィエクであり、優れた選手が数多く在籍するアヤックスの中でも、特別な選手であったことは間違いない。


    写真提供:Gettyimages

    ヤン・オブラク

    クラブアトレティコ・マドリード

    オブラクは世界最高のGKの1人であるというのが、サッカーを見ている人たちの一般的な意見だろう。しかし、彼の名前はリストの中にはなく、トッテナム・ホットスパーのウーゴ・ロリスが名前を連ねていた。

    もちろん、チャンピオンズリーグ決勝進出という結果がロリスにあるのは事実だ。しかし、先日行われたマドリードダービーなど、オブラクは数多くの場面でアトレティコというクラブを救い続けている。賛否両論あるかもしれないが、オブラクの方が相応しい選手と言えるのではないだろうか。


    写真提供:Gettyimages

    ルイス・スアレス

    クラブバルセロナ

    シーズンに25ゴール、13アシストの活躍を見せたスアレスラ・リーガタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝に進出。コパ・デル・レイも決勝まで進んだ。

    アントワーヌ・グリーズマンは昨シーズンに21ゴール、10アシストを記録。アトレティコバルセロナリーグ戦で11ポイント差をつけられた。CLとコパ・デル・レイではベスト16で姿を消している。加えて、今シーズンスアレスよりもゴール数が3つ少ない。

    しかし、バロンドール受賞候補の30人に選ばれたのはグリーズマンで、スアレスは選外。選出基準はどうなっているのだろうか。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロンドールの候補にいないのはおかしい?選出されるべきだった5選手】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ひかり ★ :2019/10/23(水) 18:18:21.47 ID:2gW0fzz09.net

    KeisukeHonda(本田圭佑)@kskgroup2017
    理想を追い求めると

    自分の現状が見えてない痛いヤツ。
    これ、子供の頃から沢山言われてきたけど、今思うのは

    この先もずっと痛いヤツであり続けたい。
    午後6:03 · 2019年10月23日

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1186931105544298496
    (deleted an unsolicited ad)


    【【元日本代表】本田圭佑「この先もずっと痛いヤツであり続けたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ