Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    負傷離脱中のG・モレノ、次節のリーガで戦列復帰の可能性が浮上

     ビジャレアルは現在、エーススペイン代表FWジェラール・モレノを負傷で欠く状況が続いているが、ビジャレアル専門メディアは「モレノはバジャドリード戦に間に合うのか? そして、それはタケ・クボにどのような意味があるのか?」と見出しを打ち、G・モレノ復帰時の日本代表MF久保建英への影響を指摘している。

     今季ウナイ・エメリ新体制となったビジャレアルは、レアル・マドリードから久保を期限付き移籍で獲得。プレシーズン中から熾烈なポジション争いが繰り広げられてきたなか、絶対的エースのG・モレノが今月のスペイン代表活動中に負傷。左足のハムストリングを痛めて、11日から数週間の離脱を余儀なくされていた。

     29日に控えているUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節カラバフFK戦は欠場の可能性が高いが、ビジャレアル専門メディア「VILLARREAL USA」は「モレノはバジャドリード戦に間に合うのか? そして、それはタケ・クボにとってどんな意味があるのか?」と見出しを打ち、11月2日リーガ・エスパニョーラ第8節バジャドリード戦でG・モレノが復帰する可能性を取り上げている。

     記事では、G・モレノの練習復帰が目前であることに触れつつ、「最も損失を受ける人物は、もちろんタケ・クボだ。スィヴァススポル戦では並外れていたが、カディス戦に関しては非常に物静かだった。レアルの若者は、ジェラールと共存し、自分の立場を維持するため、左サイドシフトする必要が求められる。それほど、両者の間には目に見える違いがある」と指摘している。

     久保はEL初戦のスィヴァススポル戦(5-3)で1ゴール2アシストと印象的なパフォーマンスを発揮した一方、リーグ初先発に抜擢された第7節カディス戦(0-0)では存在感を示せずに終わっていた。同メディアは、右サイドを主戦場とするG・モレノが復帰した場合、最も影響を受けるのは久保であると認識しているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ビジャレアルでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「久保にとってどんな意味がある?」 エース復帰の影響を海外指摘「最も損失を受ける人物」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    アルゼンチンが生んだ稀代の天才、ディエゴ・マラドーナ10月30日誕生日で60歳を迎える。

    『AS』によれば、新型コロナウイルス感染が疑われる人との濃厚接触があったため、医師からの勧めで自宅での予防的な隔離に入ったという。

    彼を支えてきた世話人のひとりに発熱、咳、嗅覚の消失という症状が現われた。今のところマラドーナに症状はないものの、彼は(感染した場合に命の)リスクがあるとされているため、予防的に隔離することにしたそう。

    濃厚接触者の検査結果は現地午後に判明するとのこと。マラドーナは陽性になったヒムナシアFWニコラス・コンティンとの接触があったため、数週間前にも隔離されていたそう。

    そのマラドーナがやった伝説のプレーのひとつが、「神の手ゴール」だ。

    VARがある今ならば、絶対にありえないシーンである…。

    彼は60歳を前にしたインタビューで「イングランド相手にもう一度やりたい。今度は右手でね」とお茶目な発言をしていた。

    60歳マラドーナ、濃厚接触でまた隔離


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元アルゼンチン代表】60歳マラドーナ、濃厚接触でまた隔離】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     10月も最終週を迎え、2020年もあと2カ月というところまでやってきた。新型コロナウイルスの影響で今年はかなり変則の日程で試合が行われているが、過酷な状況下でも各クラブエースたちはゴールを量産している。

     では、欧州5大リーグプレーする選手のうち、今年最も得点を奪っているのは誰だろうか。移籍情報サイト『transfermarkt』のデータをもとに、2020年1月からの公式戦得点数をランキング化。ここでは、上位11選手(トップ7)を紹介する。

    ※以下、情報はすべて10月27日時点のもの
    ※断りがない限り、すべて公式戦のデータ(代表戦は除く)
    [写真]=Getty Images

    ▼7位タイ(18得点)

    リオネル・メッシバルセロナ/FW/32歳)


    得点数:18
    出場試合数:32

    7位に名を連ねた1人がメッシ。昨季はリーガ・エスパニョーラ初の20ゴール20アシストを達成し、得点王に輝いたものの、今季は公式戦6試合に出場して2得点。それもPKで決めたゴールしかない。やはり夏の退団騒動が尾を引いているのか、24日に行われた“エル・クラシコ”でもネットを揺らせなかった。

    ◆ソン・フンミン(トッテナム/FW/28歳)


    得点数:18
    出場試合数:27

    今年、メッシと同じだけネットを揺らしているのがソン・フンミンだ。26日のバーンリー戦で今季プレミアリーグ8点目となるゴールを挙げて、得点ランキングの単独トップに立った。最近出場した公式戦7試合で10ゴールを記録し、まさにゴールマシンと化している。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチミラン/FW/39歳)


    得点数:18
    出場試合数:25

    今季のセリエAで得点ランキングトップに立つのは、“39歳”のイブラヒモヴィッチだ。今季は出場したリーグ戦3試合すべてで“ドッピエッタ(1試合2得点)”を達成。最近出場した公式戦7試合のうち、無得点に終わったのは1試合だけと、驚異的な得点力を見せつけている。新型コロナウイルスの感染も、この男には何ら影響なかったようだ。

    フランチェスコ・カプト(サッスオーロ/FW/33歳)


    得点数:18
    出場試合数:26

    セリエAの“絶好調男”といえば、カプトも忘れてはならない。欧州カップ戦や国内カップ戦に参戦していないにも関わらず、メッシイブラヒモヴィッチと並ぶ18ゴールを記録。この活躍を受けて、今年9月に代表初招集を受けると、10月モルドバ戦では最年長デビュー弾(33歳62日)を決めてみせた。来年開催されるEURO2020のメンバー入りも視界にとらえている。

    キリアン・エンバペパリ・サンジェルマン/FW/21歳)


    得点数:18
    出場試合数:24

    ケガの影響もあって、昨季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは無得点。チームもあと一歩のところで優勝を逃したが、1ゴールを挙げるのに要した出場時間(103分)はトップ7の5人のなかで最も少なく、決定力の高さを誇示している。悲願のビッグイヤー獲得に向けて、大舞台でのさらなる活躍に期待したい。

    ▼6位(19得点)

    ◆カイ・ハフェルツ(チェルシー/MF/21歳)


    得点数:19
    出場試合数:32

    今回、MFでは唯一、名を連ねた。今夏にチェルシー入りを果たしてからも、リーグカップハットトリックを達成。10月17日に行われたサウサンプトン戦ではプレミア初得点を奪うなど、結果を残している。チェルシーチームとしての完成度が高まれば、さらなる得点増も期待できそうだ。

    ▼4位(23得点)

    ◆チーロ・インモービレ(ラツィオ/FW/28歳)


    得点数:23
    出場試合数:28

    4位にランクインしたのは、昨季セリエA得点王に輝いたインモービレ。年明けから昨季最終節までのリーグ戦21試合で19ゴールを叩き出し、欧州最多得点者に贈られるゴールデンシューも初受賞した。今季はここまで公式戦3ゴールにとどまっているが、取り出したら止まらないストライカーだけに、キッカケを待つばかりだ。

    アーリング・ハーランドドルトムント/FW/20歳)


    得点数:23
    出場試合数:26

    今年1月のドルトムント加入以降もゴールを量産しているのは周知のとおり。同世代のエンバペを上回る得点を挙げ、10月ルーマニア代表戦では代表で初のハットトリックを達成した。クラブでも代表でも1試合1ゴールに迫るペースで得点を記録し、“スランプ”とは無縁のキャリアを過ごしている。

    ▼3位(27得点)

    ロメル・ルカクインテル/FW/27歳)


    得点数:27
    出場試合数:35

    “闘将”アントニオ・コンテ監督のもとで別格のストライカーへと成長を果たしたルカクは、いよいよ制御不能な選手となりつつある。9月下旬のセリエA開幕以降、出場した公式戦でネットを揺らせなかったのは第3節ラツィオ戦だけ。代表戦を含めれば、最近5試合連続でゴールを挙げており、もはや手がつけられない状態だ。今季はセリエAの得点王争いに間違いなく絡むだろう。

    ▼2位(28得点)

    クリスティアーノ・ロナウドユヴェントス/FW/35歳)


    得点数:28
    出場試合数:27

    新型コロナウイルスによる自主隔離中も話題を振りまいているが、ピッチ上での活躍も申し分ない。セリエAでは、年明け以降に出場した21試合のうち17試合で得点をマーク。35歳になった今もコンスタントに結果を残していることは特筆すべきだろう。復帰後もゴールを量産してくれるに違いない。

    ▼1位(35得点)

    ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン/FW/32歳)


    得点数:35
    出場試合数:29

    欧州5大リーグに所属する選手で、今年最も多くの得点を挙げているのはレヴァンドフスキだった。32歳にしてキャリア最高のパフォーマンスを披露しており、今季も出場5試合でブンデスリーガの得点数を二桁に乗せた。今年度の開催がなく、バロンドール受賞はお預けとなったものの、今もっとも優れたフットボーラーであることに誰も異論はないはずだ。

    (記事/Footmedia



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アルゼンチンが生み出した稀代の天才、ディエゴ・マラドーナ10月30日で60歳になる彼が『France Football』のインタビューに答えた。

    キリアン・エムバペリオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドについては、こう述べたそう。

    ディエゴ・マラドーナ

    「彼(エムバペ)は素晴らしい選手だ。でも、彼はまだ子供さ!」

    「(夢を見させてくれる現役選手は)

    メッシクリスティアーノだ、クリスティアーノとメッシ

    この2人は他の選手たちより一段上だ。

    彼らに近づいているものは誰もないよ。誰も彼らの半分もしていない」

    エムバペのポテンシャルを評価しつつ、メッシロナウドが圧倒的だと評価していたとか。

    ともにキャリアの晩年にさしかかっているメッシロナウドの2大巨頭。ただ、35歳ロナウドはこんな異次元プレーを見せつけたばかり。

    これで35歳とは恐るべし!

    また、マラドーナナポリ時代にマルセイユから破格オファーを貰ったものの、それが破談に終わった話も明かしたそう。

    メッシ、ロナウド、エムバペで誰が最強? 偉人マラドーナはこう思う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシ、ロナウド、エムバペで誰が最強? 偉人マラドーナはこう思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    写真提供:Gettyimages

    2020年9月にメジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミへの入団が発表されたアルゼンチン人MFゴンサロ・イグアイン。翌月マイアミはゴンサロの実兄であるFWフェデリコイグアインのDCユナイテッドからの獲得も発表し、イグアイン兄弟は13年ぶりに同じクラブに在籍することとなった。

    兄弟揃って厳しいサッカー界に挑戦している選手は数多くいる。父や親族など一家でプロサッカー選手というケースも少なくない。

    今回は、話題のイグアイン兄弟もランクインする、サッカー選手2兄弟の最高移籍市場価値を比較したランキングTOP20を紹介しよう。『Transfermarkt』のデータより、各選手のキャリア中、最も高い移籍市場価格を2兄弟で足した数を検証したものだ(2020年10月時点)。

    歴代で最も価値の高い兄弟サッカー選手は誰か。中には兄弟どちらか一方の数字がほとんどを占め、格差のあるケースもある。


    ジョリオン・レスコット 写真提供:Gettyimages

    20位:レスコット兄弟(イングランド)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約34億3,000万円(2,765万ユーロ)

    ジョリオン・レスコット(弟):2009年エバートンからマンチェスター・シティーに移籍時の約34億1,700万円
    アーロン・レスコット(兄):2000年アストン・ビラからシェフィールド・ウェンズデイに移籍時の約1,864万円


    キーン兄弟 マイケル(左)ウィル(右)写真提供:Gettyimages

    19位:キーン兄弟(イングランド)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約36億9,265万円(2,970万ユーロ)

    マイケル・キーン(双子の兄):2017年バーンリーからエバートンに移籍時の約35億4,345万円
    ウィル・キーン(双子の弟):2016年マンチェスター・ユナイテッドからからハル・シティに移籍時の約1億4,910万円


    バルデ兄弟 ケイタ(右)イブラヒマ(左)写真提供:Gettyimages

    18位:バルデ兄弟(セネガル)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約37億5,559万円(3,021万ユーロ)

    ケイタ・バルデ(弟):2017年ラツィオからモナコに移籍時の約37億2,948万円
    イボラヒマ・バルデ(兄):2016年アレッツォからサンプドリアに移籍時の約2,610万円


    アロンソ兄弟 シャビ(右)ミケル(左)写真提供:Gettyimages

    17位:アロンソ兄弟(スペイン)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約43億5,106万円(3,500万ユーロ)

    シャビ・アロンソ(弟):2009年リバプールからレアル・マドリードに移籍時の約42億8,891万円
    ミケル・アロンソ(兄):2009年レアルソシエダからテネリフェに移籍時の約2,610万円

    父のペリコ・アロンソも元スペイン代表、レアルソシエダのスター選手である。


    アイェウ兄弟 写真提供:Gettyimages

    16位:アイェウ兄弟(ガーナ)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約44億9,004万円(3,610万ユーロ)

    アンドレ・アイェウ(兄):2016年スウォンジー・シティからウェストハム・ユナイテッドに移籍時の約29億9,751万円
    ジョルダン・アイェウ(弟):2015年ロリアンからアストン・ビラに移籍時の約14億9,253万円

    父親のアベディ・ペレ、長兄のイブラヒム・アイェウ、叔父のクワメ・アイェウもガーナ代表経験のあるサッカー選手である。

    ゲッツェ兄弟 マリオ(右)ファビアン(左)写真提供:Gettyimages

    15位:ゲッツェ兄弟(ドイツ)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約46億843万円(3,725万ユーロ)

    マリオ・ゲッツェ(弟):2013年ドルトムントからバイエルン・ミュンヘンに移籍時の約45億7,750万円
    ファビアンゲッツェ(兄):2010年ドルトムントからマインツに移籍時の約3,092万円

    三男のフェリックス・ゲッツェもアウクスブルク所属のサッカー選手である。


    ジョアン・マリオ(右)ウィルソン・エドゥアルド(左)写真提供:Gettyimages

    14位:ジョアン・マリオとウィルソン・エドゥアルド(ポルトガル)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約50億1,237万円(4,050万ユーロ)

    ジョアン・マリオ(弟):2016年ポルティングからインテルに移籍時の約49億5,049万円
    ウィルソン・エドゥアルド(兄):2014年ポルティングからNKディナモ・ザグレブに移籍時の約6,188万円

    母のみが同じ兄弟である。


    クリスティアン・ベンテケ 写真提供:Gettyimages

    13位:ベンテケ兄弟(ベルギー)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約57億6,732万円(4,660万ユーロ)

    クリスティアン・ベンテケ(兄):2015年アストン・ビラからリバプールに移籍時の約57億5,495万円
    ジョナサンベンテケ(弟):2016年ズルテ・ワレヘムからクリスタル・パレスに移籍時の約1,237万円


    ディアロ兄弟 アブドゥ(右)イブラヒマ(左)写真提供:Gettyimages

    12位:ディアロ兄弟(フランス)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約58億1,683万円(4,700万ユーロ)

    アブドゥ・ディアロ(兄):2019年ドルトムントからパリ・サンジェルマンに移籍時の約39億6,039万円
    イブラヒマ・ディアロ(弟):2020年ブレストからサウサンプトンに移籍時の約18億5,643万円


    マティッチ兄弟 ネマニャ(右)ウロシュ(左)写真提供:Gettyimages

    11位:マティッチ兄弟(セルビア)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約59億346万円(4,770万ユーロ)

    ネマニャ・マティッチ(兄):2017年チェルシーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍時の約55億3,354万円
    ウロシュ・マティッチ(弟):2017年シュトゥルム・グラーツからコペンハーゲンに移籍時の約3億7,137万円

    ミリート兄弟 写真提供:Gettyimages

    10位:ミリート兄弟(アルゼンチン)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約59億4,206万円(4,800万ユーロ)

    ディエゴ・ミリート(兄):2009年ジェノアからインテルに移籍時の約34億6,620万円
    ガブリエルミリート(弟):2007年サラゴサからバルセロナに移籍時の約24億7,586万円


    トゥーレ兄弟 ヤヤ(左)コロ(右)写真提供:Gettyimages

    9位:トゥーレ兄弟(コートジボワール)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約60億2,871万円(4,870万ユーロ)

    ヤヤ・トゥーレ(弟):2010年バルセロナからマンチェスター・シティに移籍時の約37億1,471万円
    コロ・トゥーレ(兄):2009年アーセナルからマンチェスター・シティに移籍時の約23億1,550万円

    三男のイブラヒム・トゥーレもサッカー選手だったが、2014年にガンのため死去している。


    ファーディナンド兄弟 写真提供:Gettyimages

    8位:ファーディナンド兄弟(イングランド)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約69億3,412万円(5,600万ユーロ)

    リオ・ファーディナンド(兄):2002年リーズ・ユナイテッドからマンチェスター・ユナイテッドに移籍時の約56億9,588万円
    アントンファーディナンド(弟):2008年ウェストハムからサンダーランドに移籍時の約12億3,823万円

    従兄弟のレス・ファーディナンドも元イングランド代表サッカー選手である。


    アントニー・マルシャル 写真提供:Gettyimages

    7位:マルシャル兄弟(フランス)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約75億2,847万円(6,080万ユーロ)

    アントニー・マルシャル(弟):2015年モナコからマンチェスター・ユナイテッドに移籍時の約74億3,126万円
    ジョアン・マルシャル(兄):2010年にバスティアからスタッド・ブレストに移籍時の約9,908万円

    もう1人の兄弟であるドリアン・マルシャルもサッカー選手である。


    カカ 写真提供:Gettyimages

    6位:カカとジゴン(イゼクソン・ドス・サントス・レイチ兄弟)(ブラジル)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約83億6,016万円(6,750万ユーロ)

    カカ(兄):2009年ミランからレアル・マドリードに移籍時の約82億9,824万円
    ジゴン(弟):2004年サンパウロからミランに移籍時の約6,192万円

    ルカク兄弟 ロメル(左)ジョルダン(右)写真提供:Gettyimages

    5位:ルカク兄弟(ベルギー)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約109億8,180万円(8,870万ユーロ)

    ロメル・ルカク(兄):2017年エバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍時の約104億8,656万円
    ジョルダン・ルカク(弟):2016年オーステンデからラツィオに移籍時の約4億9,523万円

    父のロジェ・ルカク従兄弟のボリ・ボリンゴリ=ムボンボもサッカー選手である。


    イグアイン兄弟 ゴンサロ(左)フェデリコ(右)写真提供:Gettyimages

    4位:イグアイン兄弟(アルゼンチン)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約112億9,751万円(9,125万ユーロ)

    ゴンサロ・イグアイン(弟):2016年ナポリからユベントスに移籍時の約111億4,275万円
    フェデリコイグアイン(兄):2007年にリーベル・プレートからベシクタシュに移籍時の約1億5,474万円

    父のホルヘ・ニコラス・イグアインもボカ・ジュニアーズなどでプレーしたサッカー選手である。


    エルナンデス兄弟 リュカ(右)テオ(左)写真提供:Gettyimages

    3位:エルナンデス兄弟(フランス)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約128億7,447万円(1億400万ユーロ)

    リュカエルナンデス(兄):2019年アトレティコ・マドリードからバイエルン・ミュンヘンに移籍時の約99億344万円
    テオ・エルナンデス(弟):2017年アトレティコ・マドリードからレアル・マドリードに移籍時の約29億7,103万円

    父のジャンフランソワエルナンデスアトレティコ・マドリードに在籍したサッカー選手である。


    ポグバ兄弟 ポール(右)フロランタン(左)写真提供:Gettyimages

    2位:ポグバ兄弟(フランス、ギニア)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約130億6,016万円(1億500万ユーロ)

    ポール・ポグバ(弟):2016年ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍時の約130148万円
    ロランタン・ポグバ(兄):2012年スダンからサンテティエンヌに移籍時の約6,189万円

    兄フロランタンの双子の兄弟マティアス・ポグバギニア代表サッカー選手である。


    アザール兄弟 エデン(右)トルガン(左)写真提供:Gettyimages

    1位:アザール兄弟(ベルギー)

    兄弟合計最高移籍市場価格:約173億3,531万円(1億4000万ユーロ)

    エデン・アザール(兄):2019年チェルシーからレアル・マドリードに移籍時の約142億3,972万円
    トルガン・アザール(弟):2019年ルシアMGからボルシア・ドルトムントに移籍時の約31億5,750万円

    両親共に元プロサッカー選手。三男キリアンアザール、四男エタン・アザールサッカー選手である。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20】の続きを読む

    このページのトップヘ