Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 f.image.geki.jp)



    セットプレーから打点の高いヘディンシュートを被弾するなど4失点の大敗

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦のチリ戦で0-4と大敗を喫した。序盤は大会王者相手に互角に近い戦いを見せていたなか、前半にセットプレーから先制点を献上。地力の差を見せつけられた後半には3失点を喫して黒星スタートとなったが、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)は「見えないちょっとした差がここまで開く」と悔しさを滲ませた。

     今大会の日本は東京五輪世代の若手を中心にメンバーを組み、チリ戦では“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)らスタメン6人が代表デビュー。一方のチリはMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)やFWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)らが先発するなど、本気モードで襲いかかってきた。

     序盤は互角に近い攻防を繰り広げたが、同41分にCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に先制ゴールを献上。失点の場面、植田はビダルを背負い中央へ入れさせないようにしていたなか、目の前に飛んできたボールに対してジャンプを試みたが、プルガルのマーク役だったMF中山雄太(PECズヴォレ)と重なるような形になり、打点の高いヘディンシュートを許してしまった。

     さらに、後半に入ると徐々に地力の差がピッチ上に反映され、FWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2得点、FWサンチェスに1得点を許し、0-4の大敗を喫した。

    「僕は勝てたと思う試合ほど、見えないところに差があるんじゃないかなと」

     植田はセットプレーで失った先制点を、「相手があの位置にいれば僕らがああなるのは必然。ボールに行っても良かったという思いもあるので、自分のマークだけでなく味方を助ける強さも必要かなと」と反省しつつ、大会王者チリに敗れた悔しさを滲ませる。

    「試合をやって自分たちがやれるという思いが強い。自分も試合が終わって、この相手に負けてしまったことが悔しい。僕は勝てたと思う試合ほど、口で表すのは難しいけど、見えないところに差があるんじゃないかなと。そのちょっとした差がここまで開くんじゃないかと思います。(得意の)空中戦で負けてしまう部分もあったので、全勝できるくらいにしていきたい」

     チリ戦前には「僕がもっとチームを引っ張っていきたいという思いもある」と、ディフェンスリーダーとしての自覚を覗かせていた植田。FWルイス・スアレスバルセロナ)、FWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)と世界トップクラスストライカーを擁するウルグアイ相手にどこまで渡り合えるか、チリ戦の悔しさを胸に次戦のウルグアイ戦で意地を見せたい。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    日本代表DF植田直通【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「見えない差がここまで開く」 植田直通、コパ王者チリとの一戦で感じた“世界との壁”】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    途中出場したチリ戦に大敗 背番号18について「考える余裕もなく」戦っていたと告白

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日に行われたコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ初戦でFIFAランキング16位のチリ代表に0-4と大敗を喫した。後半途中から出場したベテランのFW岡崎慎司レスター)は、「日本代表では苦い思い出のほうが多い」と“雑草魂”で這い上がってきた自身の生き様に現状を重ね合わせた。

     東京五輪世代18人という若いメンバーで挑んだ今大会、森保監督はスタメンにA代表デビューの6人を起用。4-2-3-1システムを採用したなか、1トップには“大学生A代表”のFW上田綺世(法政大)が入った。

     日本はセットプレーから失点した3分後の前半44分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出した上田が相手GKをかわして決定機を迎えたが、最終的にシュートは枠外へ。後半も12分のダイレクトボレーを含めて3度のチャンスを逃してしまった。

     岡崎は0-2で迎えた後半34分に上田に代わって1トップへ。しかし、チリの猛攻で守備に追われ、チャンスを作る前に後半37分、38分と立て続けに失点。攻撃でボールを持つ機会もほとんどないまま、0-4でタイムアップを迎えた。

     試合後、キリンチャレンジカップでは着る機会のなかった「18番」について問われた岡崎は、「そんなことも考える余裕もなく、2点入ってしまったので取り返さなきゃと」と胸中を吐露。それほど実際にピッチに立っていた選手たちは、コパ・アメリカ王者のチリに追い込まれていた。

     しかし、わずか中2日で20日にウルグアイ戦が控えており、肩を落としている暇はない。岡崎もチリ戦翌日、「まあ、日本代表では苦い思い出のほうが僕は多いので」と、日本代表ストライカーに長年君臨してきた原動力について改めて口にした。

    「やり切れない思いをどれだけ残さないか。まだ自分も(その領域に)到達していない」

    「やっぱりワールドカップベスト16で負けている部分もあるし、ブラジルワールドカップなんか特に(悔しさを)感じた部分。その時にいつも思うことは、どこかでやり切れていないと思う自分がいるから頑張れる。大会において、やり切れない思いをどれだけ残さないか。それはいつも自分に課していることで、まだ自分も(その領域に)到達していない。正解が何か探している段階ですね」

     上田やFW前田大然(松本山雅FC)ら若手の台頭があるなか、33歳となった岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている。

    「もし正解があったとしたら、ワールドカップベスト8だったり未知のステージに行けている。ここにいるヤツらもみんなオリンピックで優勝したいと思っている選手たちだし、日本がまだ手にしていないものを手にしたいわけじゃないですか。僕もそれは思っているし、そのためには自分たちがやってきたことを超えないといけない」

     日本歴代3位のA代表通算50得点を誇るストライカーは、“新たな自分”を探して走り続ける。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    岡崎はチームの成長とともに、自身もさらなる高みを目指し続けている【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「苦い思い出のほうが多い」 “雑草魂”の岡崎慎司、日本代表で探し続ける“正解”とは?】の続きを読む



    (出典 www.footballchannel.jp)



    久保を指導する木場氏がプレーを身体の面から解説

     サッカー日本代表は17日(日本時間18日)に行われたコパ・アメリカ(DAZN独占中継)のグループリーグ初戦で0-4と大敗した。惨敗の試合で最大の光明となったのがレアル・マドリード移籍が発表された久保建英だ。先発フル出場で、相手のバルセロナMFアルトゥーロ・ビダルら2人をドリブルでかわし、惜しいシュートを放つなど、強烈なインパクトブラジルの地で残した。ワールドクラスの名手を相手に見せた、鮮やかなスラロームはいかにして生まれたのだろうか。

    「A代表で初めての国際大会でしたが、堂々としたプレーでしたね。欧州のトップリーグで活躍している相手とのマッチアップでも、タケフサ本来のテクニック、そして小学校5年生から続けているトレーニングの成果を感じることができました。特にスラロームのシーンではタケフサの良さが出ていたと思います」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。独自のメソッド「KOBA式体幹バランストレーニング」を開発。小学5年生時から久保を指導し、レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大らサッカー界の育成年代のエリートから、日本代表DF長友佑都というトップアスリート。さらには陸上、競泳、バドミントンフェンシングサーフィンと競技の垣根を越えて、日本を代表する選手を指導している。

     恩師が振り返ったシーンは後半20分。久保はMF中山雄太とのワンツーからペナルティエリアに侵入。鮮やかなドリブルで、バルセロナMFアルトゥール・ビダルのスライディングとDFを交わして、左足で強烈なシュートゴールが外れると、地面を叩いて悔しさを爆発させた。

    「ワンツーの場面ですが、ボールを受けた際にトップスピードまで上げることができています。大腰筋を強化してきた成果です。足の引き上げに関与する筋肉で、特にウサイン・ボルトのようなスプリンターが発達しています。体幹トレーニングを進めていく中で、足を引き上げる筋肉を強化しなければ、一瞬でトップスピードに入ることはできませんから」

     特性ゴムチューブを使った脚上げチューバランストレーニングなど、バルセロナの下部組織に所属していた小学5年生からスプリント能力を高める取り組みの成果が、二人抜きの際の衝撃の一歩目として現れていたという。

    ビダルを交わすシーンは姿勢にも注目「とにかく美しい

     そこから、体幹の強さとバランス力の高さも輝いていた。

    「ドリブルでビダル選手をかわすシーンはまず姿勢に注目してもらいたいです。とにかく姿勢が美しい。頭の軸がほとんどぶれていませんでしたね。大腰筋がしっかり太腿部に連動してトップスピードからのドリブルにつながっています。その上で、脇腹、お尻、大腰筋、太ももの腸腰筋がうまく連動しているからこそ、あのスラロームが生まれたと思います。体の横部分の体幹と前部分の体幹がスムーズに連動している。シュートの振りも速かったですね」

     バルセロナでも日本でも、木場氏が発案したトレーニングを続けてきた久保。コパ・アメリカで2大会連覇王者のチリ代表を脅かしたスラロームは8年間の体幹トレーニングの賜物でもあったようだ。

    「タケフサは今季Jリーグトップレベルで違いを見せ、A代表の国際大会でも全く遜色ないプレーを見せています。すごい進化を見せてくれています。今は成長しかないですよね。今後、日本代表レアルでどんな活躍を見せてくれるのか。全力でサポートを続けていきたいです」

     南米の地で強烈なインパクトを残した18歳の教え子の躍進に、木場氏は目を細めていた。(THE ANSWER編集部)

    木場 克己
    KOBA式体幹バランストレーニング協会代表、プロトレーナー
    小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
    中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
    高校レスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
    腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。
    鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

    日本代表・久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】久保建英の2人抜きドリブルには明確な根拠あり 恩師が証言する18歳の確かな成長】の続きを読む



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    フィニッシュの精度不足を指摘 「チャンスで決めきれなかった」「決め切らないと…」

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦でチリに0-4と大敗した。大会2連覇中の南米王者に力量差をまざまざと見せつけられる結果となったが、この大敗はなぜ生まれたのか。チリ戦を戦った監督・選手のコメントから舞台裏に迫る。

     今大会、東京五輪世代の若手を中心に臨んでいる日本は、短い準備期間のなかでチリ戦を迎えた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビュー。それでも世代別で共闘してきた選手も多く連係面のベースはできており、チリ戦の序盤は互角の攻防を披露した

     しかし徐々に地力の差が現れ、前半41分にはCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に被弾。後半にはFWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2ゴール、FWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)に1ゴールを決められて0-4と大敗した。

     大差をつけられ得点「0」に終わった日本だが、決定機を何度も創出しており、チャンスでの精度不足を指摘した選手は少なくない。4-2-3-1システムトップ下で代表初の先発出場を果たしたMF久保建英FC東京レアル・マドリード)は、「向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分たちはチャンスで決めきれなかった」と振り返る。

     再三のチャンスを逃した上田は「力不足で片付けるつもりはない。どうしたらいいかを考えながら、この遠征中に解決していきたい」と前を向く。また右サイドハーフで先発した前田が「前半の良い時に決めないと、ああいう展開になる。前半のうちに失点したのがもったいない。チャンスはあったので、決め切らないとああいう試合になる」と語れば、森保監督も「チリとのクオリティーの差があったことは認めなければいけない」と現実を直視する。

    サイドの対応に課題 「人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」

     攻撃では相手ゴールに何度も迫っており、チャンスの形は作り出している。フィニッシュ精度が世界との差を如実に物語るが、それでも“攻撃の形”という点では一定の評価を与えてもいいだろう。

     一方、4失点という結果を受けて守備面の課題が噴出しており、指揮官は「一瞬のスキを突いてくる勝負強さがあると感じた」とチリを称えた。左サイドハーフで先発したMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)も「クロスの質が高く、ワンタッチも上手かった」と評している。

     4失点のGK大迫は「修正力、もっと味方に声をかけていれば……。3点目のファーから入ってくるのも前半から相手がやっていた。4失点目は、3失点目をしてから少し下を向いてしまったかなと思う」と振り返る。

     またサイドの対応について語ったのが、途中出場のFW岡崎慎司レスター・シティ)とCBの一角でフル出場したDF植田直通(セルクル・ブルージュ)だ。

    サイドを上手く使われて数的優位を使われる。相手のほうが上手くサッカーをやった」(岡崎)
    サイドに1枚張っている状態でセンターバックの前に落ちてくるのをどうするか戸惑った部分はあったし、そこで人数を割けなかった。相手に人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」(植田)

    反撃ムードが漂うなかで終盤に2失点 「攻めている時ほどリスクマネジメントが必要」

     サイドからチリの攻撃を受けた日本は、さらに「僕たちのバイタルエリアに入る技術は高いと感じた」(中山)と中央のスペースも巧みに使われるなど後手を踏んだ。劣勢のなかで反撃に転じた日本は終盤に2失点したが、キャプテンのMF柴崎岳(ヘタフェ)は試合運びの課題を指摘する。

    「悪くはないと思うけど、攻守は表裏一体。攻めている時ほどリスクマネジメントが必要で、その管理が足りなかった。個人的には自分たちが弱いというか、苦手としている部分をしっかり突いてきた」

     球際や局面では互角の攻防も繰り広げたが、終わってみれば0-4と大敗。チリに試合巧者ぶりを見せつけられる形となった。

     20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦と続く。グループ3位まで決勝トーナメント進出の可能性を残すなか、次戦の相手はFIFAランク16位のチリを上回る同8位のウルグアイだ(日本28位)。チリ戦で浮き彫りになった課題をどこまで修正し、ピッチ上のプレーに反映できるか。森保監督の手腕と選手の対応力に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

    チリ戦の大敗はなぜ生まれたのか…監督・選手のコメントから舞台裏に迫る【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】なぜチリ戦で0-4大敗を喫したのか? 選手・監督の発言から紐解く舞台裏】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1908年6月18日日本人の移民781名を乗せた船「笠戸丸」がブラジルサントス港へ初めて到着した。

    これをきっかけにして日本からは多くの人がブラジルへと渡っていった。これを記念して、6月18日ブラジルにおいて「日本人移民の日」、日本では「海外移住の日」とされている。

    昨日はそれから111周年の節目。ネイマールも自身のツイッターでそれを祝っていたぞ。

    これまで何度も日本を訪れ、熱い歓迎を受けてきたネイマール。「禰偉丸」の漢字表記も何やら移民船っぽい雰囲気はある。

    【関連記事】ネイマールが今後もバロンドールを獲れない5つの理由

    現在PSGから古巣バルセロナへの復帰が噂されており忙しい夏になりそうなネイマール。その中でも日本と縁がある記念日を忘れずにいてくれたようだ。

    ネイマール、「日本人移民の日」を祝う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマール、「日本人移民の日」を祝う】の続きを読む

    このページのトップヘ