Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    この夏にアーセナルへ移籍した日本代表DF冨安健洋

    ノリッジ戦で62分、バーンリー戦では90分プレーしたが、いずれも右サイドバックで起用されている。

    ミケル・アルテタ監督も冨安のフィジカルは素晴らしいと評価しているが、スタッツ面でも驚異的な数値を記録。

    football.london』によれば、冨安はここまでの空中戦で12回中11回勝利しているという。実に91パーセント以上の勝率!

    まだ2試合だが、サイドバックとしては高身長なだけにほぼ競り負けていないようだ。また、冨安は相手の左サイドを担当したドワイト・マクニールを抑えこんだとも評価されていた。

    【動画】冨安がカバーしすぎ!?バーンリー戦でのあわやピンチシーン

    188cmの冨安を加えたアーセナルクラブ史上最高身長のDFラインを手に入れたとも伝えられている。

    今後はトッテナムリヴァプールマンチェスター・ユナイテッドとのビッグゲームも控えており、冨安のプレーには一層注目が集まりそうだ。

    アーセナル冨安、すごいぞ!プレミア2試合の「空中戦勝率」がエグい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナル冨安、すごいぞ!プレミア2試合の「空中戦勝率」がエグい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    PAOKで2年目のシーズンを迎えた香川真司。開幕戦ではスタメン起用されたが、ここ2試合はベンチ外になっている。

    そうしたなか、現地紙『sportime』は「香川は終わった」と報じた。

    sportime

    「香川は終わりだ!

    彼は皆が期待していたものをPAOKに与えられず、今ではチームの重荷になっている。

    PAOKと香川の契約は競争力をつけるためだけでなく、PR的な理由もあった。

    日本市場の開拓やアルトゥロ・カナレスへのアプローチなどだ。

    AC Talentのオーナーである彼はマリア女史(PAOK幹部)とも非常に良好な関係にあったし、夏にはスペイン人のスポーツディレクターを連れてくる予定だった」

    「だが、それらの話は一切進展せず、来年1月まで香川はPAOKのお荷物になる。彼はルチェスク監督に“焼かれ”、退団のメッセージが伝えられていた…」

    選手としての能力だけでなく、日本市場を視野に入れた獲得だったという。そのうえで、いまだノーゴールの香川はもはやお荷物になっていると指摘している。

    【動画】もはや構想外か…32歳香川、PAOKで見せていた笑顔シーン

    AC Talentは香川やジェラール・ピケ(バルセロナ)、サミュエル・ウンティティ(バルセロナ)、ルーカスバスケス(レアル・マドリー)、アンデル・エレーラ(PSG)、ケパ・アリサバラガ(チェルシー)らを顧客に抱えるエージェンシーだ。

    そして、同社のオーナーでもあるアルトゥロ・カナレスはスペイン人の代理人。バレンシア大学で経営学を習得した後にローハンプトン大学やハーヴァード大学でも学んだ人物であり、スペインサッカー界で最も評価されているエージェントのようだ。

    「香川真司は終わった…お荷物だ」 PAOKの獲得には“裏”があったとギリシャ紙暴露


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】「香川真司は終わった…お荷物だ」 PAOKの獲得には“裏”があったとギリシャ紙暴露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     サッカー日本代表長友佑都選手が9月19日Instagramを更新。11年ぶりのJリーグ復帰戦を大勝で飾り、「最高の勝利でまた新しい挑戦をスタートできた」と喜びをつづっています。

    【画像】復帰後の写真まとめ

     9月12日に古巣チームFC東京」に復帰した長友選手は、18日の横浜FC戦で早速の先発出場。背番号50を背負ってホームグラウンドの“味スタ”(味の素スタジアム)のピッチに立つと、左サイドバックで躍動して4-0の大勝に貢献しました。

     試合後の夜にInstagramを更新した長友選手は、「11年ぶりに味スタに帰ってきた。4144日ぶりらしい」と感慨深げなコメントを添えて試合中の写真を投稿。「最高の勝利でまた新しい挑戦をスタートできたことを嬉しく思う」とこの上ない試合結果に喜びをつづり、「僕1人では大したことはできない。ただ僕の持っている熱を1人でも多くの人に感じてもらいたい。熱が伝染し、大きな熱量となった時、このクラブは本当の意味での勝者となる。僕は本気です」と古巣に対する熱い思いを言葉にしています。

     ファンからは、「おかえりなさい!! 楽しそうにプレーしてる姿、観てて嬉しかったです」「味スタへお帰りなさい佑都さん 復帰戦勝利おめでとう」「熱い気持ちをもった選手がJリーグに帰ってきてくれて嬉しいです!」など国内外から祝福メッセージが続々。またサッカー日本代表堂安律選手、原口元気選手、同じくJリーグに復帰した酒井宏樹選手からも、拍手やバンザイの絵文字でお祝いするコメントが寄せられました。

    横浜FC戦に先発出場した長友選手(画像は長友佑都Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】長友佑都、11年ぶりの“Jリーグ復帰戦”を大勝で飾る 「本当の意味での勝者」「僕は本気です」と熱い思いつづる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    かつてバルセロナなどでプレーしたブラジル人MFパウリーニョ。

    33歳になった彼は今夏にサウジアラビアのアル・アハリに移籍したが、わずか4試合で退団することが決まった。

    クラブが相互合意のもとで契約を解除すると発表したのだ。パウリーニョはチームを助けるようなパフォーマンスができていないとして自ら契約解除を希望したとのこと。

    【動画】0円で獲得可能!33歳になったパウリーニョの最新ゴールシーン

    出場4試合で2ゴールを決めたパウリーニョだが、チームは4試合連続で引き分けに終わっていた。

    元バルサMFパウリーニョ、4試合で電撃退団!アルアハリと契約解除


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元バルサMFパウリーニョ、4試合で電撃退団!アルアハリと契約解除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    アーセナルに移籍した冨安健洋はノリッジとのデビュー戦で上々の評価を得た。

    『Telegraph』では、日本代表の冨安はフィジカル的に屈強であり、イタリアで守備を磨いたと評価。さらに、「冨安の加入でアーセナルプレミアリーグ発足以降においてクラブ史上最高身長のDFラインになった」とも伝えている。

    サイドバックの冨安は188cm、CBのガブリエウ・マガリャイスは190cm、ベン・ホワイト187cm、左サイドバックキーラン・ティアーニーは180cmほど。

    ただ、ベン・ホワイトは空中戦を不得手にしており、同紙でもバーンリーの“砲撃”にアーセナルは苦慮したと指摘している。

    【動画】冨安、英雄になり損ねる!アーセナル初戦での未遂シーン

    とはいえ、冨安はセンターバックとしてもプレー可能なため、その点でも大きな補強になったと評価されているようだ。

    188cm冨安加入のアーセナル、クラブ史上“最高”のDFラインになる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】188cm冨安加入のアーセナル、クラブ史上“最高”のDFラインになる】の続きを読む

    このページのトップヘ