Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 images.performgroup.com)



    コロンビア戦で歴史的勝利も気を緩めず 「課題はたくさんあった」

     日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガル代表と対戦する。初戦で強豪コロンビアを破って勢いに乗る西野ジャパンだが、MF香川真司はFIFA公式のインタビューに応じ、「自分たちの本当の力が試される」と決意をにじませている。

     香川は19日のコロンビア戦(2-1)にトップ下で先発出場すると、前半3分にFW大迫勇也のシュートのこぼれ球に詰め、相手MFカルロス・サンチェスのハンドと一発退場を誘発するシュートを放った。獲得したPKを自ら決めて先制点をもたらすと、後半25分にMF本田圭佑と交代するまで、攻守両面でチームのために全力を尽くした。

     もっとも、序盤で数的優位に立ちながら、前半39分には一時同点となる直接FK弾を決められ、押し込められる場面も多発。W杯でアジア勢として初めて南米勢を破る歴史的勝利を挙げたものの、決して盤石の展開ではなかった。「FIFA TV」のインタビューに応じた香川は、勝利の余韻に浸ることなく、セネガル戦に向けて決意のコメントを残している。

    「とりあえず勝つことだけに集中しましたけど、課題はたくさんあったので、2試合目はそれと同じようにやったら必ず負けると思っている。僕たちはしっかりとそれを修正して、ある意味自分たちの本当の力が試されるゲームになると思う」

     初戦から進歩しなければ必ず負ける――。FWサディオ・マネ(リバプール)やDFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)ら、欧州5大リーグでプレーする実力者を多く擁するセネガルを警戒するからこそのコメントだろう。勝利すれば、2010年南アフリカ大会以来となる決勝トーナメント進出が近づく一戦、日本の10番はロシアの地でどのようなプレーを見せてくれるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    香川真司がFIFA公式のインタビューに応じ、セネガル戦に決意をにじませた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【⚽️W杯】日本の“10番”香川真司、セネガル戦へFIFA公式で決意 「自分たちの本当の力が試される」】の続きを読む



    (出典 rr.img.naver.jp)



     2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第2戦で、日本代表とセネガル代表が対戦する。19日に行われた第1戦では、白星を飾った両チーム。勝てば決勝トーナメント進出が大きく近づく。運命の一戦を前に、今回はセネガル代表にまつわる10のトリビアを紹介する。

    1.W杯出場は日韓大会以来
    W杯に出場するのは、2002年の日韓大会以来、16年ぶり2回目のこと。前回出場時は、開幕戦で王者フランスに1-0の完封勝利を飾り、世界中に衝撃を与えた。続くデンマーク、ウルグアイとの試合を引き分けに持ち込んでアフリカ勢唯一の決勝トーナメント進出を果たすと、1回戦でスウェーデンを破ってベスト8入り。準々決勝でトルコに敗れたものの、強烈なインパクトを残した。

    2.“おもてなしの心”を持つ代表チーム
    代表チームの愛称は、「テランガのライオンたち」。テランガには「親切にもてなす」という意味がある。ライオンは同国サッカー協会のシンボルマークであり、W杯初出場を決めた選手たちが尊敬の意味を込めてこう呼ばれるようになったという。

    3.監督は元主将で、今大会最年少指揮官
    チームを率いるのは、セネガル人のアリュー・シセ監督。日韓大会では代表キャプテンを務め、守備の要を担った。現役引退後、U-23代表のアシスタントと監督を経て、2015年にA代表の指揮官に就任すると、2002年以降、3大会連続で逃していたW杯出場権を母国にもたらした。なお監督としては、今大会最年少の42歳。また32チーム中、唯一の黒人監督となる。

    4.“国内組”はゼロ
    ロシアW杯のメンバー23名全員が海外でプレーしている。“国内組”が一人もいないのは、出場32カ国中、スウェーデンとセネガルの2カ国だけだ。なお、各選手の所属クラブ(*W杯開幕時)をリーグ別に分類すると、フランスとイングランドが最多7名、次いでイタリアが3名、ベルギーとトルコが2名、そしてドイツとギニアが1名と続く。

    5.国外出身者が多数
    チームには、“セネガル生まれではない”選手たちが何人もいる。GKアブドゥライェ・ディアロ、最終ラインのリーダーを務めるDFカリドゥ・クリバリ、初戦のポーランド戦で決勝点を奪ったFWエムバイェ・ニアンら、8名がフランス生まれ。FWケイタ・バルデに至っては、スペインのカタルーニャ州ジローナの出身である。またクリバリを筆頭に、年代別代表ではフランス代表を、A代表では自身のルーツであるセネガル代表を選択した選手も少なくない。

    6.ラマダンは回避か
    セネガル国民の9割以上はイスラム教徒。シセ監督をはじめ、代表選手の何人かもイスラム教を信仰している。今月14日までは、日中に飲食ができないラマダン期だったため、コンディション面に不安を抱えていたが、地元メディアなどによると、今回に限っては絶食を控えることにしたという。信仰と健康のバランスを保つ必要があるため、プロのアスリートはラマダンの時期をずらすことが許されている。

    7.最近11試合でわずか1敗
    親善試合を含めて、最近戦った11試合でわずか1敗しか喫していない(6勝4分け1敗)。唯一の敗戦は、今大会開幕直前に行われたクロアチア戦で1-2と敗れたもの。高い身体能力を駆使したスピーディーな攻撃が注目されているが、この間、7試合で無失点を達成するなど守備も堅い。

    8.アフリカ勢、唯一の白星スタート
    今大会、アフリカ勢は苦戦が続いている。参加5カ国のうち、初戦で勝利を挙げたのはセネガルだけ。エジプト、モロッコ、チュニジア、ナイジェリアのその他4カ国は黒星スタートとなり、23日までにエジプト、モロッコの2カ国はグループステージ敗退が決定している。アフリカ大陸すべての誇りをかけて日本戦に臨む。

    9.“元チームメイト”がたくさん
    セネガルには、日本の選手と縁のあるプレーヤーが少なくない。FWサディオ・マネは2014年から2年間にわたってサウサンプトンに在籍しており、吉田麻也の元同僚になる。DFサリフ・サネとFWマメ・ビラム・ディウフも、酒井宏樹のハノーファー時代の元チームメイト。ニアンは本田圭佑のミラン時代の同僚で、ツーショット写真をSNSに投稿するなど気心の知れた仲だった。ちなみに、DFムサ・ワゲはベルギーのオイペンに所属するFW豊川雄太の現チームメイトになる。

    10.最速プレーヤーは?
    セネガルはアフリカのチームの中でも特に組織的と言われるが、それでも圧倒的な身体能力とスピードは特筆すべきものだ。国際サッカー連盟(FIFA)が公開しているデータによると、ロシアW杯の第1戦で最も速かったセネガルの選手はニアンで、時速32.62kmを記録。ちなみに、コロンビア戦の日本の最速プレーヤーは原口元気で時速32.18kmだった。ただ上には上がいて、マネは所属先のリヴァプールで時速34.84kmを叩き出し、プレミアリーグで4番目に速いスピードを誇ると紹介された。

    (記事/Footmedia)

    ポーランド戦のセネガル代表のスターティングメンバー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【⚽️W杯】日本代表の第2戦の相手、セネガル代表について知っておきたい10のこと…】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    世界で唯一、1930年の第1回大会からすべてのW杯本大会に出場し続け、歴代最多となる通算5度の優勝を誇るブラジル代表。カナリア軍団(ブラジル代表の愛称)が優勝候補に挙がるのは毎度のことだが、ホスト国として臨んだ前回大会では、準決勝でドイツに1―7という歴史的惨敗を喫し、サッカー王国のブランドはすっかり地に墜ちてしまった。

    しかし、あれから4年。その屈辱を晴らすべく強いブラジルが蘇り、W杯の舞台に帰ってきた。

    2016年6月にチッチ監督が就任して以来、南米予選では9連勝を飾るなど2位ウルグアイと勝ち点10ポイント差をつけて首位通過。また、チッチ体制の通算成績も17勝3分1敗。唯一の黒星はアルゼンチンとの親善試合で喫したものなので、いまだ公式戦では無敗を続けている。

    今回のW杯でブラジルが優勝候補筆頭に挙げられるのも当然である。

    ところが、波乱続きの今回のW杯ではブラジルも例外とはなれなかった。初戦のスイス戦では相手の堅守に苦しめられて1−1のドロー発進。とりわけエースのネイマールが1試合で10回のファールを受けるなど攻撃にリズムが生まれないまま終わってしまい、全体的に低調さが目立っていた。

    それだけに、コスタリカとの第2戦は重要な一戦となった。

    ブラジルのスタメンは、ケガのダニーロに代わってファグネルが右サイドバックに入った以外、スイス戦同様のメンバーで4−3−3を編成。予選時に右ウイングで起用されていたコウチーニョを中盤の左に配置し、代わってウィリアンを右ウイングに起用した点も同じだった。これが今大会におけるブラジルの基本布陣だ。

    しかし、試合開始からボールを支配したブラジルは5−4−1の布陣で堅守速攻を武器とするコスタリカを攻めあぐね、決定的チャンスを作れないまま時間が経過。ネイマールもファールを受けることを前提にドリブルを仕掛けるシーンが増え、やがて主審もそれを見越して笛を吹かない場面が増えていった。

    この試合もスイス戦と同じ展開で進むのか…。ハーフタイムを迎えた時、スタジアムには不穏な空気が流れ始めていた。

    スイスにしてもコスタリカにしても、格上のブラジルに対しては徹底した守備を行なう。当然、さすがのブラジルもそのぶ厚い壁を簡単に崩すことは困難を極める。攻撃の生命線となっている左サイドの3人、マルセロ、コウチーニョ、ネイマールも手詰まり感満載のプレーに終始した。

    さらに、攻撃を停滞させた原因となったのは右ウイングに入ったウィリアンだった。ブラジルの攻撃は「左から崩して右で仕留める」のがひとつのパターン。しかし、カウンター時に能力を発揮するタイプのウィリアンは相手が引いて守っている時は沈黙してしまうケースが多い。カットインからシュートを狙う際も、利き足とは反対の左足でのシュートを強いられてしまう。

    そんな状況を目にしたチッチ監督は後半開始からウィリアンに代えてドウグラス・コスタを右ウイングに起用。スピード豊かで縦への突破を得意とする左利きのウインガーだ。そのため、相手が引いて構えた時は右サイドからカットインしてのシュートという武器も威力を発揮する。この試合でチッチ監督が最初に施した打開策がそれだった。

    実際、ドウグラス・コスタが右に入ったことで、左に偏っていたブラジルの攻撃に変化が生まれ、攻撃は明らかに活性化した。

    しかしながら、チャンスは増えたが肝心のシュートがネットを揺らすまでには至らない。そんな状況が続いたため、今度は中盤の右に入ったパウリーニョを下げて、同じポジションに本来FWのフィルミーノを投入。

    この時のブラジルは中盤3人のうちセンターのカゼミーロ以外はふたりのFWがプレー。つまりフィールド10人の半分にあたる5人がFWの選手という超攻撃的布陣にシフトしたことになる。

    そもそも、チッチ監督に代わってからのブラジルは守備面を整備したことで安定した成績を残せるようになったことを考えると、それは大博打の采配といっても過言ではない。

    結局、采配が実を結んだのはそのまま無得点ドローで終わるかに見えた後半アディショナルタイムに入ってからのことだった。そして91分のコウチーニョの先制点にしても96分のネイマールの追加点にしてもセットプレーではないクリエイティブなゴールシーンだったことが、勝ったブラジルにとっては極めて重要だった。

    この試合であらためて見えてきたことは、ブラジルの強さの秘密は選手の能力の高さだけでなく、タレント軍団を見事に操縦するチッチ監督の手腕にあるということだ。少なくともドウグラス・コスタを右ウイングに起用して成果を得たことは今後の試合につながる好材料に違いない。

    もちろん、守備の堅さは相変わらずで、攻撃から守備への切り替え、攻撃時のリスク管理も抜かりはない。さらに、エースのネイマールにゴールが生まれたことでチームに勢いもつくはずだ。ブラジルが本領を発揮する態勢は整ったと見ていいだろう。

    これで1勝1分の勝ち点4を手にしたことで、同じ日にスイスに逆転負けを喫したセルビアを抜いてグループ首位に立ち、同じく勝ち点4の2位スイスに追われる形となった。決勝トーナメント進出が決まったわけではないが、優勝候補筆頭が目を覚ましたことだけは間違いなさそうだ。

    ちなみに1994年アメリカ大会と2002年日韓大会でブラジルが優勝を果たした時、ライー(1994年)、ロナウジーニョ(2002年)という攻撃の中心を担った選手はいずれも当時、パリ・サンジェルマン(フランス)でプレーしていた。

    今大会、それにあたるのはネイマールだ。通算6度目の優勝を目指すブラジルにとっては、これもポジティブなデータとなっている。

    (取材・文/中山 淳 写真/JMPA)

    チッチ監督の采配で覚醒したブラジルにポジティブなジンクスが!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇧🇷ブラジル代表】チッチ監督の采配で覚醒したブラジルにポジティブなジンクスが!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    コロンビア戦で決勝弾、大迫の代名詞「半端ない」の認知度が一気に上昇

     日本代表は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2節セネガルに臨む。会場のエカテリンブルク・アリーナで前日トレーニングを終えたFW大迫勇也は「もう一回初戦のつもりでリセットしてやるだけ」と強調。コロンビア撃破で順風のチームに警鐘を鳴らすように、「W杯はそんなに甘くない」と口にしている。

     19日のコロンビア戦では、開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて先制。前半39分、相手に低弾道FKを叩き込まれて1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKから大迫が決勝のヘディング弾を決め、日本が2-1と勝利を収めている。

     決勝弾の大迫は一躍、時の人となった。高校選手権で大迫を擁する鹿児島城西に敗れた滝川第二の主将が「大迫、半端ないって! あいつ半端ないって! 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん」と驚愕。以降、「半端ない」は大迫の代名詞のように使われていたが、コロンビア戦の活躍を受けて一気に認知度が高まった。

     脚光を浴びる大迫だが、セネガル戦に向けて「有利だとは思っていないですし、もう一回初戦のつもりでリセットしてやるだけじゃないですか」と冷静沈着。“初心”を強調しながら「試合をするからには勝ち点3を取りたい」と意気込む。だがその一方で、チームに対する逆境も想定しているようだ。


    エースとしての風格を漂わせてチームに釘を刺す 「うん本当に……それだけですよ」

    「ただ、W杯はそんなに甘くない。自分たちが思うように全くいかない時もあるし、そんな上手くいかない時、どんだけ我慢して耐えて、勝ち・引き分けに持っていけるかが大事になってくる」

     コロンビア戦の1ゴールで“半端ない”と注目されながら泰然自若を貫く大迫。エースストライカーとしての風格を漂わせる男は、上手くいかない時にこそチームの真価が問われると釘を刺している。

    「踏ん張るところで、みんなが本当に覚悟を持って踏ん張るだけだと思う。うん本当に……それだけですよ」

     そう言い残した大迫だが、自身は2002年日韓W杯のMF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)以来となる、日本人二人目のW杯2試合連続ゴールを虎視眈々と狙い、エースとして活躍を期している。


    (大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

    コロンビア撃破で順風のチームに警鐘を鳴らすように、「W杯はそんなに甘くない」と大迫が口にした【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】“半端ないゴール”のFW大迫、順風のチームに警鐘 「W杯はそんなに甘くない」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     試合終了直前の後半ロスタイム5分に劇的な得点でドイツ代表を勝利に導いたトニ・クロース(レアル・マドリード)。自身のパスミスから失点を許し、チームを苦境に導いたことも素直に認めている。ドイツの国営放送『ARD』のインタビューに答えている。

    「最初の失点は僕の責任だ。仮に400本もパスを出すとすれば、そのうち2本はミスになるだろう。でも、しっかりと勇気(Eier=金玉)を持って後半を闘わないといけない」と10人になっても最後まで攻め続けた試合を振り返った。

     初戦のメキシコ戦での敗戦から後がない状況に、チームも苦しんだようだ。「僕らは、たくさんの批判を浴びた。そのなかには、的を得たものもあった。これだけの批判を浴びると、なかにはドイツ代表のグループリーグリーグ敗退を喜ぶ人々もいるような感じを受けるけど、そう簡単には行かないよ」とチームが苦しむ土壇場で決勝点を決められるだけの強い反発心を見せた。

     チームメイトのマルコ・ロイス(ドルトムント)は、美しい軌道を描いたクロースのゴールに脱帽。「トニ(・クロース)のシュート。それ以外に言うことなんかあるのかい?今大会は、試合終了間際に得点が決まることが多い。今回は、僕らに運が回ってきたね」と喜んだ。

     だが、ロイスは喜ぶだけではなく試合を冷静に振り返った。「立ち上がりうまく試合に入れたけれど、決定的といえるチャンスも作れなかった。スウェーデンはコンパクトに守って、スペースを消してきた。うまくやったと思う。ミスがなぜ起きるのか説明するのは難しい。トニはミスもしたけれど、それを取り返してみせた。結果的に、彼は全て正しいプレーをしてみせたと言える」と最後までチームメイトのクロースを讃えた。

     批判的な論評が飛び交う逆境を跳ね返したドイツ代表。W杯史上初の連覇に向けて、水曜日の韓国戦での勝利を目指す。

    劇的逆転弾を叩き込んだトニ・クロース [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇩🇪ドイツ代表】「たくさんの批判を浴びたけど…」劇的決勝点のクロース、反発心を力に!】の続きを読む

    このページのトップヘ