Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

    no title


    代表デビューしていない実力者を紹介 ウルブスで好調のトラオレもキャップ数はゼロ

     サッカー界ではビッグクラブレギュラーを張るだけの実力を備えながら、代表チームとは縁のない選手も数多く存在している。英メディアSportskeeda」は「世界最高のアンキャップフットボール選手5人」と題し、代表未経験選手を対象にしたランキングトップ5を公開している。

     第5位はフランスの強豪リヨン生え抜きMFフセム・アワールだ。U-21フランス代表までは招集を受けているが、A代表への待望論も挙がっている逸材だ。リヨンではすでに公式戦に140試合近く出場しており、21歳にして現在のチーム内で最も市場価値の高い選手の1人に数えられている。中盤にタレントが揃うだけにフランス代表入りの壁は高いが、今後の活躍が期待されている。

     第4位はバルセロナの下部組織出身で、現在プレミアリーグのウォルバーハンプトンでブレイクしているFWアダマ・トラオレ。強靭な肉体を誇る24歳は、U-16からU-21カテゴリーまでスペイン代表として活躍してきた。両親がマリ人のため、一時はマリ代表入りが噂されたが、昨年11月に欧州選手権予選に向けたスペイン代表に初招集を受けた。その後に負傷離脱したため、キャップ数は「0」のままだが、代表デビューの日は近そうだ。

     3位はマンチェスター・ユナイテッドの右サイドバックDFアーロン・ワン=ビサカが名を連ねた。昨夏にクリスタル・パレスから引き抜いた逸材で、加入初年度からレギュラーに定着している。昨年8月にギャレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表に招集を受けるも、背中の負傷により離脱を余儀なくされたため、デビュー先送りとなっている。マンチェスター・シティのDFカイルウォーカーリバプールトレントアレクサンダー=アーノルドなどが揃う激戦区の右サイドバック争いに食い込むことができるのか注目だ。

    1位は「世界最高の左CB」 昨年待望の代表招集も長期離脱でお預け

     2位はアストン・ビラのMFジャックグリーリッシュ。数年前からビッグクラブ移籍の噂が再三取り沙汰される24歳のテクニシャンだ。アストン・ビラが長く2部にいた影響で、同世代に比べればプレミアリーグでの活躍の印象は薄いが、昨年は2部リーグの年間ベストイレブンにも選出された。

     U-21世代まではアイルランド代表でプレーしたが、その後にイングランド代表入りを決断し、2016年には当時サウスゲイト監督が率いていたU-21イングランド代表デビューを飾った。同指揮官が率いるスリーライオンズイングランドA代表の愛称)入りの瞬間が待ち望まれている。

     そして、堂々の1位はマンチェスター・シティのDFアイメリク・ラポルテだ。貴重なレフティーのセンターバックは、ジョゼップ・グアルディオラ監督から「世界最高の左センターバック」と絶賛されている。

     ラポルテフランス国籍ながら、スペインのアスレティック・ビルバオの下部組織で育ち、そのままプロデビューを飾った変わり種。U-21世代まではフランス代表としてプレーするも、A代表には縁遠く、一時はスペイン代表入りも噂されていた。昨年8月には待望のフランス代表招集を受けるも、その直後に右膝の負傷で長期離脱したため、デビューはお預けとなっていた。世界で最も評価されるセンターバックながら、“A代表キャップ0”という意外な経歴となっている。(Football ZONE web編集部)

    (左から)グリーリッシュ、アワール、ラポルテ、ワン=ビサカ、トラオレ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「代表未経験の世界最強5人」を海外メディア選出 ペップ絶賛CB、ブレイク中FWも…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    エデン・アザール 写真提供: Gettyimages

     レアル・マドリードベルギー代表FWエデン・アザールの今シーズン中の復帰は絶望的となったようだ。24日、英メディア『ESPN』が報じている。

     アザールは22日、ラ・リーガのレバンテ戦で67分に負傷交代。23日、レアルは怪我の詳細を発表。アザールは右足腓骨の亀裂骨折を負ったようだ。レアルは治療期間については明言しなかったものの、ベルギー代表のロベルトマルティネス監督によると、離脱期間は少なくとも3か月に及ぶようだ。

    ロベルトマルティネス

    「彼はケガによって少なくとも3か月は離脱することになるだろう。とても悲しいよ。

     彼のようなプレーヤーはいつもピッチにいるべきなんだ。私たちはレアルメディカルスタッフ素晴らしいコミュニケーションをとっている。アザールのことが心配だ。

     マンチェスター・シティとのビッグマッチの前にこのようなことが起こってしまってとても残念だ。」

     このことにより、実質シーズン終了が決定的となってしまったアザール。昨年の夏に1億2000ユーロ(約156億円)でレアルへと加入した同選手だが、ファーストシーズンは公式戦15試合、1ゴール5アシストという記録になりそうだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】アザール、負傷により今シーズン終了か…ベルギー代表監督が認める…】の続きを読む


    写真提供: Gettyimages

    最前線で活躍するサッカー選手、特に欧州5大リーグプレーする選手の年俸は1億円を超えるのが当たり前の時代となっている。スター選手と呼ばれる選手たちの年俸は10億円を優に超えている。

    しかし、中には活躍の割に年俸が低い選手たちがいる。今回は、契約延長の際に年俸が急上昇しそうな5人の選手をご紹介する。


    写真提供:Gettyimages

    ジェイドン・サンチョ

    クラブボルシア・ドルトムント
    週給:3万8000ポンド(約550万円)
    年俸換算:197万6000ポンド(約2億8600万円)

    19歳と超若手のサンチョは、ドイツの地で開花したイングランドの才能だ。昨シーズンに12ゴール14アシストを記録すると、今シーズンリーグ戦21試合で13ゴール15アシストと、昨シーズンを上回る活躍を見せている。

    しかしながら、同選手の週給は4万ポンドにもとどいていない。プレミアリーグクラブへの移籍が噂されているが、実現すれば年俸は倍以上になるだろう。


    写真提供: Gettyimages

    トレント・アレクサンダー=アーノルド

    クラブリバプール
    週給:4万ポンド(約580万円)
    年俸換算:208万ポンド(約3億円)

    現在のサッカー界において、最も攻撃力のあるサイドバックと言っても過言ではないアーノルドリバプールアシストを量産し、昨シーズンチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。

    そんなアーノルドだが、21歳とは言え活躍の割に年俸が低い。同世代でもジャンルイジ・ドンナルンマのような選手は倍以上の金額を受け取っている。次の契約では年俸が大幅に上がるはずだ。ちなみに、チームメイトのナサニエル・クラインの方が年俸が高い。


    写真提供:Gettyimages

    ラウタロ・マルティネス

    クラブインテル
    週給:5万ポンド(約720万円)
    年俸換算:260万ポンド(約3億7600万円)

    インテルブレイクを果たしたL・マルティネスロメル・ルカクとの2トップは破壊力抜群で、リーグ戦21試合で12ゴール3アシストの活躍を見せている。

    そのL・マルティネスだが、年俸は活躍に見合っていない。2018年に結ばれた現行契約なので致し方ないが、倍以上の活躍は見せていると言えるだろう。次の契約ではどれくらい年俸が上がるだろうか。


    写真提供:GettyImages

    レロイ・サネ

    クラブマンチェスター・シティ
    週給:9万ポンド(約1300万円)
    年俸換算:468万ポンド(約6億7700万円)

    シーズンは負傷に苦しんでいるものの、昨シーズンチームにとって欠かせない戦力だったサネ。10ゴール15アシストを記録し、クラブプレミアリーグ2連覇に大きく貢献した。

    そのサネだが、週給は9万ポンドと意外に低い。同じくウィンガーのラヒーム・スターリングが30万ポンドを受け取っていることを考えると、少々気の毒な数字だ。契約延長オファーを拒否していた理由の1つかもしれない。


    写真提供:Gettyimages

    サディオ・マネ

    クラブリバプール
    週給:10万ポンド(約1440万円)
    年俸換算:520万ポンド(約7億5200万円)

    ここ2~3シーズンリバプールにおいて、最も重要な選手の1人であるマネ。攻守にわたって高い貢献性を見せ、昨シーズンプレミアリーグの得点王にも輝いた。

    しかし、そのマネの週給はわずか10万ポンド。チームトップモハメド・サラーが20万ポンドを貰っているだけに、低すぎると言ってもいいだろう。ロベルトフィルミーノやフィルジル・ファン・ダイクも18万ポンドを受け取っている。年俸の額は過小評価を言わざるを得ない。


     





    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】活躍不相応に年俸の低い5選手。え、これしか貰ってないの?】の続きを読む




    (出典 f.image.geki.jp)



    写真提供: Gettyimages

     ボタフォゴ所属の元日本代表FW本田圭佑が設立したONE TOKYOは23日、登録選手を追加募集することを発表した。

     ONE TOKYOは先月24日にトライアウトを実施していたが、選手を追加募集するようだ。選考は経歴と動画、実技で行うという。本田は追加募集に際し、ツイッターで「今いる選手の多くはプロや地域レベルプレーできるけど、敢えてONE TOKYOを選んでくれてます」とレベルの高い選手が集まっていることを報告している。

     ONE TOKYOはタレント武井壮氏の監督に就任と作家の乙武洋匡のGM就任を既に発表している。同クラブは「東京から世界を1つに」をビジョン東京都中央区を拠点に活動。今季は東京都社会人サッカーリーグ4部を戦う。今後のONE TOKYOに注目したい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】本田圭佑設立のONE TOKYO、選手の追加募集を発表!】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督が、今夏の東京五輪に出場するU-23スペイン代表への同国代表DFセルヒオ・ラモスの参加を“許可”した。スペインメディア『LA SEXTA NOTICIAS』が伝えている。

     S・ラモスは以前から東京五輪へのオーバーエイジ枠での出場を希望していた。今回の会見で指揮官からゴーサインが出たことで障壁が一つクリアになったが、次の問題はスケジュール面だ。

     欧州では6月12日から7月12日までEURO 2020が開催される。東京五輪の開幕は同大会閉幕からわずか12日後の7月24日。S・ラモスEURO 2020出場は確実視されているため、東京五輪にも出場するとなれば、このハードスケジュールを乗り越えなければならない。

     ジダン監督はラ・リーガ第25節レバンテ戦の前日記者会見に出席。その席上でS・ラモス東京五輪出場の可能性について質問され、次のように答えた。

    「もちろん参加するべきだと思っている。彼が出場を望むのであれば、私は彼をサポートする。母国のためにプレーするのは非常に素晴らしいことだ」

     果たして東京五輪でS・ラモスの雄姿を見ることはできるだろうか。

    ジダン監督はS・ラモスの東京五輪出場について言及した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ジダン監督、S・ラモスの東京五輪出場を後押し「彼をサポートする」】の続きを読む

    このページのトップヘ