Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    イニエスタが公式インスタグラムで家族とのオフショットを公開

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、公式インスタグラムを更新した。新型コロナウイルスの影響を受け4カ月中断していたJ1は7月4日に再開。超過密日程をこなしていくなかで、神戸の絶景が一望できる六甲山を訪れた様子を振り返っている。

     イニエスタバルセロナアカデミー、ラ・マシア出身で、2002年に当時のルイス・ファン・ハール監督によりトップチームに引き上げられ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブブルージュ戦でデビューを飾った。その後、18年夏まで所属したバルサで数々のタイトル獲得に尽力し、クラブレジェンドとして地位を築き上げ、惜しまれながら退団。新天地にはJリーグを選び、2年前に神戸への加入が決定した。昨年度の天皇杯では優勝に導き、クラブ史上初めてのタイトル獲得に貢献している。

     Jリーグ3年目を迎えたイニエスタ。今季は2月に行われた横浜FCとの開幕戦(1-1)後に新型コロナウイルスの感染が拡大し、リーグは中断していたが、活動休止期間を経て7月4日に再開を迎えた。新型コロナウイルスによる中断によって過密日程となったことから、第4節の大分トリニータ戦(1-1)はメンバー外だったものの、ここまで5試合連続で先発出場している。

     そんななか、イニエスタは公式インスタグラムを更新。家族とともに神戸の美しい眺望が開けるの標高932メートルの六甲山を訪れた様子を振り返っている。「Mi Familia. Mi vida.僕の家族、僕の人生」と愛の言葉を綴り、ハッシュタグでは「#MtRokko」「#Kobe」と、楽しかった思い出の地を明かしている。ファンからは「あの雲… 手が届きそう」「絶対に同じアングルで撮りたい」「美しい」と絶賛の声が相次いだ。

     まだまだ日本の暑い夏での厳しい日程が続くが、イニエスタにとっては家族の存在が支えとなっていることだろう。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタが家族との写真を投稿【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】イニエスタ、標高932mの名所・六甲山で絶景ショット公開 家族と貴重オフ回顧「僕の人生」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    ビジャレアルフェルナンド・ロイグ会長が、レアル・マドリーから加入した日本代表MF久保建英について語った。

    久保2019年夏にFC東京からマドリーへ加入。EU圏外枠の問題もありマジョルカへレンタル移籍すると、チームの中心選手としてラ・リーガで35試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。


    10日にはビジャレアルへの1年間のレンタル移籍が発表。そして11日に入団会見が行われていた。

    久保は「最良の選択肢」とビジャレアル移籍の理由を語り、チームに貢献したいと意気込みを語るなか、入団会見に同席したロイグ会長が久保の印象についてコメントしている。

    「彼はとても若く、才能のある選手だ。19歳で、彼は日本とスペインサッカーの経験を持っている」

    「彼は我々に多く貢献することができ、素晴らしいシーズンを過ごすのを確実に助けてくれる選手だろう」

    会長からも大きな期待を寄せられた久保には、背中に漢字で「久保建英」と書かれたユニフォームが手渡されていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「若く、才能のある選手」ビジャレアル会長が久保建英について語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    C・ロナウドが公式インスタグラムで貴重なオフの様子を公開

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが公式インスタグラムを更新した。2019-20シーズンセリエA9連覇という偉業を成し遂げたものの、リヨンと対戦したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16では、アウェーゴールの差で敗退。貴重なオフに突入したC・ロナウドは、超豪華船で肉体美を披露しており、海外メディアが注目している。

     リーグ戦は33試合31ゴール、前人未到のセリエA9連覇に導いたエース2019-20シーズンが終わった。新型コロナウイルスの多大な影響を受けて長期的な中断が強いられるなど変則的な1年。シーズンの締めくくりとなったCLでは、リヨンとのラウンド16ホームの第2戦を2-1で勝利したが、アウェーで行われた第1戦を0-1で敗戦を喫していたため、アウェーゴールの差で敗退となった。

     シーズン終了後には自身の公式インスタグラムで「僕たちの2019-20シーズンは終わった。期待していたよりはかなり早く終わってしまった。これからはしっかり反省する時間。ファンは僕たちに、もっと多くのことを期待している。そして僕たちは高い期待に応えて、結果をもたらさなければいけない」と、猛省の言葉を綴っていたC・ロナウド。現在は、短いオフを家族と過ごし、リフレッシュしているようだ。

     自身のインスタグラムで、ヨットの上で水着姿を披露。これに、英紙「デイリーメール」も注目。休暇の様子を伝えている。

    「彼はパートナー、4人の子供たちと日光浴をして休暇を楽しんでいる。クリスティアーノ・ロナウドは、イタリアでの休暇中の月曜日に信じられない肉体を披露。35歳の”フットボールセンセーション”は、550万ポンド(約7億7000万円)のヨットで自信を持ってポーズを取り、小さな水泳パンツで腹筋を見せた」

     貴重な休暇を楽しむC・ロナウド。7億円超えの超豪華船で大切な家族とともに来季への英気を養っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、”7億円超”豪華船で筋肉隆々の水着ショット披露 海外注目「信じられない肉体」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    写真提供: Gettyimages

    2020年7月30日ユベントスU-23の監督に就任したアンドレア・ピルロは、わずか10日後にマウリツィオ・サッリの後継者に任命され、トップチーム指揮官となった。

    ビアンコネーリ(ユベントスの愛称)にとってこれは大きな賭けであろう。確かに2011年イタリアの最強ファンタジスタプレーメイカー)ピルロユベントスに加入したことによって、このクラブは栄光を取り戻しセリエA9連覇を果たすほどの存在となった。しかしながら、監督としてはピルロにとってこれが初経験となる。果たしてクラブサポーターの期待に応えられるだろうか?

    しかし、プレーしたクラブで監督としての初経験を積むケースは少なくない。今回はピルロと同様の道を経て活躍してきた現役指揮官を見てみよう。


    ユルゲン・クロップ 写真提供: Gettyimages

    クロップ

    現在リバプールの監督を務めるユルゲン・クロップは、1990年から2001年にかけてドイツマインツプレーし、2001年に引退してすぐに同クラブ指揮官に就任した。

    クロップにとってマインツでの監督時代(2001-2008)は非常に良い発射台となった。2004年にはブンデスリーガ2部に所属していた同クラブを1部昇格に導き、初の1部挑戦となった2004/05シーズンには11位でリーグ戦を終えて残留を決めた。

    その経験によって2008年ボルシア・ドルトムント2015年にはリバプールほどのビッグクラブに渡ることができ、ブンデスリーガ優勝2回、プレミアリーグ優勝1回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝1回など、多くのタイトルを手にしている。


    マウリシオ・ポチェッティーノ 写真提供: Gettyimages

    ポチェッティーノ

    2019年11月19日までトッテナム・ホットスパーの監督を務めたマウリシオ・ポチェッティーノも、クロップと似たような形で監督としてのキャリアをスタートしている。

    2004年から2006年にかけてポチェッティーノはエスパニョールのDFとして活躍し、引退から3年後(2009年1月)に監督として再びスペインクラブに戻った。

    エスパニョール監督時代(2009-2012)のポチェッティーノはトロフィーにこそ恵まれなかったものの、長期に渡ってクラブに安定感をもたらした。その後(2013年1月)プレミアリーグに渡り、2部へ降格するリスクがあったサウサンプトンを見事に救ってから、2014年5月にトッテナムに就任した。

    現在はローマが彼に興味を示し、パウロ・フォンセカに代わってジャッロロッシ(ローマの愛称)の監督となる可能性が高まっているようだ。


    ディエゴ・シメオネ 写真提供: Gettyimages

    シメオネ

    2011年12月からアトレティコ・マドリードの監督を務めているディエゴ・シメオネは、地元アルゼンチンで指導者としての道を歩み始めている。

    シメオネは、2006年2月17日にラシン・クラブで現役引退を迎えたと同時に監督に就任した。しかし同年6月にクラブの会長が変わったことによってチームを去ることとなった。

    その後は同国のリーベル・プレートやイタリアのカターニャなどで経験を積むが、シメオネが監督としての才覚を表したのは、やはりアトレティコ・マドリード指揮官となってからだ。

    アトレティコでは2011年から現在にかけてラ・リーガ優勝1回、ヨーロッパリーグ(EL)優勝2回など、8冠のタイトルを手にしている。

    ジネディーヌ・ジダン 写真提供:Gettyimages

    ジダン

    レアル・マドリード指揮官であるジネディーヌ・ジダンは、このクラブの全てを知り尽くしてから現在の一流監督となった。

    2001年から2006年にかけてロス・ ガラクティコス(マドリードの愛称)のスター選手となり、引退を迎え、2013年に副監督としてカルロアンチロッティのスタッフに加わった。その後、2年ほどカスティージャ(マドリードのリザーブチーム)で監督経験を積んでから、2016年1月にトップチームに就任している。

    ジダンの元でマドリードは多くのタイトルを獲得。CL3連覇(2015-2016、2016-2017、2017-2018)まで果たすことができた。


    シモーネ・インザーギ監督 写真提供:GettyImages

    インザーギ

    ジダンと似たような道を歩んでいるのは、セリエA4位で2019/20シーズンを終えたラツィオの監督シモーネ・インザーギである。彼は現役人生の多くをラツィオに注いだ(1999-2010)。

    引退後も指導者としてビアンコチェレスティ(ラツィオの愛称)と共に道を歩み続ける。U-17のコーチとしてスタートを切ると、2013/14シーズンからはU-20の監督を務め、U-20コッパ・イタリアで2度の優勝を果たした。

    2016年4月3日ステファノ・ピオリの解任に伴い、インザーギトップチームの監督に昇格。そして、マルセロ・ビエルサのわずか2日間の監督就任という珍事(2016年7月6日に就任するも、7月8日に一試合も指揮をとることなく解任)を除いて、ラツィオ指揮官としての役割を果たし続けている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ピルロだけじゃない。プレーしたクラブで監督初経験を積んだ現役指揮官5選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が、ユベントスの新監督に就任したアンドレア・ピルロ氏に言及した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    ユベントスではマウリツィオ・サッリ前監督がチャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンの前に敗退したことを受けて8日に電撃解任され、監督未経験のピルロユベントスU-23チームを率いることなくトップチームの監督に電撃就任していた。

    そのピルロに対し、マンチーニ監督は「彼はラッキーだよ。トップチームから、それもベストチームをいきなり率いることができるのだからね。もし、私がユベントスの幹部であったら、アンドレアをやはり候補にしていただろうね。彼はサッカーの知識が豊富なんだ。誰にとっても常に初めてのことはある。おそらく彼は新しい道を切り開くだろう。彼に付いていけば大丈夫だ。幸運を祈っている」と監督未経験ながらピルロ指揮官としての資質があると太鼓判を押していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】イタリア代表指揮官マンチーニ、ピルロ新監督に「彼はラッキー」】の続きを読む

    このページのトップヘ