Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/02/20(火) 17:17:25.07 ID:CAP_USER9.net

    2/20(火) 16:30配信
    Number Web

     香川真司がヨーロッパの地を踏んだのは今から8年前のことだ。

     日本からやってきた21歳の青年は、2010年のサッカー界を驚かせた。

     ドイツ人たちはその技巧に魅せられた。屈強なディフェンダーの隙間を、森の子ぎつねみたいにするすると抜けていく。なんだ*ごい日本人がいるという話は国境を越え、英国にも、イタリアにも、もちろんスペインにも伝わった。

     レアル・マドリーの監督だったジョゼ・モウリーニョにロンドンで会ったことがある。

     「あのとき、私は本気で香川を獲得しにいったんだ」

     そう打ち明けられたときは驚いたものだ。

     ドルトムントの香川は、レアル・マドリーが、モウリーニョが、噂ではなく、本気で獲得に動くほどのインパクトを秘めていた。

     それから香川はマンチェスター・ユナイテッドで英国のフットボールを肌で感じ、4年前に再びドルトムントに帰ってきた。欧州の地で経験を重ね、特に今季は非常に高いパフォーマンスで観客を沸かせている。

    「同情してもらう気はないし、かっこつける気もない」

     日本を離れて戦うことの意味を、今春29歳になる香川はこう語る。

     「欧州で戦うというのは、相当に大変なことです。周りに日本人がいない環境で自分を表現していくのは想像以上に難しいこと。

     同情してもらう気はないし、かっこつける気もない。でもこの環境にいることが、サッカーだけじゃなく、人としての自信にもなる。だからこそ成長できると感じます。

     海外に挑戦するという気持ちは、サッカー選手を目指すならぜひ思っておいてほしい。これからの日本サッカー界を担う若い人たちは特に。世界は広いということを肌で感じてほしい」

     頭にあるのは、まだまだヨーロッパで挑戦し続けていくという強い思いだ。

     幸いなことに、というべきだろう。香川はキャリアで重傷とされるような大きな怪我や筋肉系の故障をしたことがない。

     身に染み付いた、しなやかにいなすプレースタイルも故障の少なさに関係しているのかもしれない。

    「4年後のワールドカップは33歳で迎えます」

     彼以前にヨーロッパでプレーし、今も現役であり続ける先輩たちの姿も、彼の刺激になっている。

     「(中村)俊輔さんとか、上の人があれだけやっていますし、自分たちにとっては最高の励みです。その存在意義をどんどんこれからも見せてほしいと思います。

     自分はまだまだヨーロッパでやりたい。4年後のワールドカップは33歳で迎えます。仮に次のワールドカップを目指すのであれば、いずれまた環境を変える必要があるかもしれない。自分がヨーロッパに来た時以上のチャレンジをしないと」

     初めてドイツにやってきた21歳の頃のように、香川は挑戦しようとしている――。

    (「Number Ex」豊福晋 = 文)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00829976-number-socc


    【【日本代表】香川真司が、すべてを語った…W杯のこと、キャリアのこと、夢のこと。】の続きを読む



    (出典 static.goal.com)



     ローマのMFダニエレ・デ・ロッシが、イタリア代表での続投を望んでいることを明かした。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が19日に報じた。

     デ・ロッシは、イタリア・サッカー選手協会(AIC)の会報誌『Il Calciatore』のインタビューで「スウェーデン代表との試合(2018 FIFAワールドカップ ロシア大会欧州予選プレーオフ)の後、何人かの選手のサイクルは終わると思っている。物事が失敗する時、一歩後ろから考える必要がある。これから新しい監督を選ぶこととなるが、どのようになるか見守らなければならない。優秀な選手は多い。しかし、自分は代表をずっと家族のように見てきた。つまり、その時々のものだけではないのだ。もし、新しい代表監督が自分を必要としてくれるのであれば、その時は…。年齢は34歳になってしまっているけどね」と、代表続投への意欲を持っていることを明かした。

     また現役引退後についても語り「恐らく助監督を務めることになると思う。ディ・フランチェスコ(現ローマ指揮官)、スパレッティ(前ローマ指揮官で現在のインテルの監督)、あるいは何人かの監督とは関係が上手くいっていた。現役を退いた後も、ピッチに留まり、ロッカールームを見ていきたい。スーツにネクタイという姿を見せることはないだろう」と、現役引退後は指導者の道を歩みたいとの希望を示している。

    ベテランの域に達しているデ・ロッシだが、イタリア代表での戦いを続ける意思を明かした [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】デ・ロッシ、代表続投に意欲…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/02/19(月) 00:51:38.19 ID:CAP_USER9.net

    2/18(日) 23:52配信
     サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が18日に自身のブログを更新し、16日の練習中に負傷した膝について、損傷箇所が左膝の内側側副靱帯であることを明かした。

     左膝に装具を付けた写真とともに「膝のケガでしばし離脱します」と報告。「やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですがパワーアップして帰ってきたいと思います」と無念さをのぞかせつつも前向きな姿勢を示した。

     クラブから全治期間など、詳細はまだ発表されていない。

     吉田は17日に行われたイングランド協会(FA)杯5回戦のウェストブロミッジ戦を欠場。試合後、ペジェグリーノ監督は「きのう(16日)の練習で麻也はカリージョとぶつかり膝を少しひねった。重症ではない」と説明した上で「週明けに精密検査を行うのでその後、判断したい」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000187-spnannex-socc


    【【日本代表】吉田麻也は左膝内側側副靱帯損傷、ブログで明かす…】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



     サッカーのイングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は18日、自身の公式ブログで左膝を負傷したことを明らかにした。左足を装具で固定した写真を載せ、「膝のけがでしばし離脱します」と書き込んだ。内側側副靱帯(じんたい)を痛めたものと見られる。復帰時期は不明。

     吉田は17日のイングランド協会(FA)カップ5回戦で、ベンチ外だった。日本代表は3月下旬に欧州遠征を予定している。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】吉田麻也、左膝痛める…】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     セレッソ大阪は19日、日本代表MF清武弘嗣が右腓腹筋筋損傷で全治6週間と診断されたと発表した。同選手は18日のトレーニング中に負傷した。

     清武はC大阪復帰2年目となる今季、背番号を「46」から「10」に変更。2月10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレ戦、そして14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節の済州ユナイテッド(韓国)戦と、公式戦2試合連続で先発メンバーに名を連ねていたが、離脱を強いられることとなってしまった。

     清武は昨季開幕前にセビージャからC大阪へ復帰したが、度重なる負傷に悩まされた。明治安田生命J1リーグでは全34試合中18試合の出場(6得点)にとどまっている。11月4日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ決勝の川崎F戦ではフル出場を果たして初優勝に貢献し、12月にはEAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表メンバーへ招集。しかし大会開幕3日前の練習中に頭部を打ち、脳しんとうと診断されて代表離脱が決定した。

     C大阪は21日にACLグループステージ第2節で広州恒大(中国)をホームに迎え、25日には明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスと対戦する。来月下旬には日本代表が欧州遠征を実施するが、清武は今回の負傷離脱により、メンバー入りが難しい状況となりそうだ。

    18日のトレーニングで負傷した清武弘嗣 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【C大阪】清武弘嗣が全治6週間の負傷、J1開幕絶望…3月の欧州遠征、代表入りも困難か…】の続きを読む

    このページのトップヘ