Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/10/23(火) 08:00:09.33 ID:CAP_USER9.net

    ヘタフェで苦しむ日本代表MF柴崎岳について、スペイン最大手紙『マルカ』が現状を分析している。

    ヘタフェ在籍2シーズン目を迎えた柴崎。しかし、レアル・マドリーとの開幕戦にフル出場した後、7試合でわずか28分しか出場機会を得られず。さらに直近3試合はベンチ外となるなど、苦しみ続けている。

    先日のラージョ・バジェカーノ戦では先発も予想されていたが、結局90分間ベンチを温めることに。厳しい状況の続く日本代表MFについて、『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者が分析している。

    「ヘタフェは今季リーガでも良いリズムで歩を進めている。ほとんど刷新されたチームで、もう1シーズン1部に残ることを求めている」

    「しかしチーム内には、アリカンテ出身指揮官にほとんど戦力に数えられていない、昨季から在籍している男がいる。それはガク・シバサキだ。ホセ・ボルダラスは彼のポテンシャルを理解している。彼が何をもたらせるのかを。ボルダラスは各練習で、ロシア・ワールドカップで強い印象を残した選手の片鱗を見出そうとしているが、しかしヘタフェというチームにはまらないままだ」

    そして、昨季バルセロナ戦でスーパーゴールを挙げたときが「ヘタフェでの絶頂期」と論じた。

    「日本人選手は今季119分しかプレーしていない。90分は第1節、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦。あとは第4節、セビージャでの29分間のみ。その日以降、彼を目にしてしない」

    「それ以降の5節で、ガクは2試合をベンチ、3試合をスタンドで過ごした。バジェカス(ラージョ・バジェカーノ戦)では再び招集リストに含まれ、試合に出場するためにウォームアップをしたが、負傷者が出たことでボルダラスはプラン変更を余儀なくされた」

    「彼は日々の練習で努力をして、ボルダラスを納得させなければならない。ガクは昨季に力強くシーズンをスタートさせ、あの世界を驚かせるバルサ戦のゴールも生みだした。しかし、それがヘタフェでの絶頂期だった。そのバルサ戦で左足第五中足骨を骨折して、結局昨季の出場記録はスタメン11試合、ベンチ11試合の22試合にとどまっている」

    ヘタフェはリーガ9節を終えて3勝3分3敗、首位バルセロナと6ポイント差の勝ち点12で10位につけている。上々のスタートを切ったチームの中で出遅れている柴崎は、さらなる出場機会を掴むことができるのだろうか。

    10/23(火) 7:51配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000028-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<柴崎岳>やはり構想外か…ヘタフェ番記者が分析「ほとんど戦力に数えられていない」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/22(月) 23:30:44.40 ID:CAP_USER9.net

    日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)が22日に自身の公式ツイッターを更新し、街中やトレーニング場で選手に声を掛ける際のポイントを記してファンに呼び掛けている。

     今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した槙野は、森保一監督率いる日本代表に招集されると、新体制初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)、今月12日のパナマ戦(3-0)と2試合連続フル出場を果たした。

     ロシアW杯後も代表戦士として存在感を放つ男が自身の公式ツイッターを更新し、「スポーツ選手に対して街中や、練習場で声を掛ける時は選手の事を、呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」と提案。“選手”という一言を添えた方がいいと綴った。

     その理由について、「そうすると選手自身も気持ちよく手を振ったりファン対応出来るから」と槙野は記しており、選手側の気持ちを代弁する形で思いを伝えている。代表とクラブのムードメーカーらしく、最後はフランクに「みんな、気を付けてな!」と呼び掛けた。

     返信欄には様々なコメントが並び、多くの人がリツイートするなど、日本代表DFのツイートが大きな反響を呼んでいる。

    10/22(月) 20:38 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00143111-soccermzw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<DF槙野智章>ファンに要望!「街中や、練習場で声を掛ける時は…呼び捨てじゃなくて『○○選手』と付けた方がいいね」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/23(火) 05:59:13.79 ID:CAP_USER9.net

    ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮が、22日に行われたブンデスリーガ2部第10節のデュイスブルク戦で負傷交代となった。宮市は2試合連続で先発出場していたが、60分に惜しいヘディングシュートを放つと、着地後に左足をおさえて倒れ込んだ。ピッチ外へ出ると、左足をストレッチしたあと、自ら歩いてベンチへ戻っており、大事には至らなかったようだが、そのまま途中交代となった。

     宮市は9月21日に行われたブンデスリーガ2部第6節のインゴルシュタット戦に途中出場し、2度目の前十字じん帯断裂の大ケガから復帰したばかり。1年4カ月ぶりに公式戦出場を果たすと、82分には2年4カ月ぶりとなる復帰弾も決め、チームを1-0の勝利に導いていた。

    10/23(火) 4:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00851961-soccerk-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<宮市亮>復帰後初の2試合連続先発も負傷交代】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    移籍とともに高騰するサラリー C・ロナウドメッシも上位にランクイン

     サッカー界では近年、世界で高額な移籍が成立している。クラブ間同士で多額のお金が動き、選手たちのサラリーも高騰していることは周知の事実だろう。衛星放送「FOXスポーツアジア版は、世界で最も高いサラリーを受け取っている5選手を発表し、1位パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールいている。

     まず5位に入ったのは、マンチェスター・ユナイテッドチリ代表FWアレクシス・サンチェスだ。18年のの移籍市場で、アーセナルから移籍したアタッカーは、現在ユナテッドクラブ最高額のサラリーを受け取っている。その額は週給39ポンド(約5800万円)。これは、フランス代表MFポール・ポグバよりも約10万ポンド多いと言われている。

     4位には週給40ポンド(約5900万円)で、上海上港のブラジル代表MFスカル。続く3位にはアルゼンチン歴史にこの人ありと言われるほどのプレーを続けている、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが週給50ポンド(約7400万円)で入った。

     惜しくも2位となったのは、今の移籍市場ユベントスへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。ワンクラブマンを貫くメッシとは異なり、スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリードと、いくつかのクラブを渡り歩いてきた。そのカリスマは、今回の移籍で週給51ポンド(約7600万円)を受け取るようになったという。

     そして栄えある1位となったのがネイマールだ。13年にバルセロナへと加入後、メッシや、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに爆発的な得点を誇る攻撃の一として多くのタイトルを獲得。ただ、どんなに活躍しようとメッシの陰からは抜け出せず、を浴びるためにPSGへ移籍。現在は週給60ポンド(約8900万円)という巨額なサラリーを受け取っているようだ。

     欧州を中心に移籍だけでなく、選手のサラリーも高騰の一途をたどる。今後のサッカー界で、さらなる富を得る選手が現れても、もう驚きではないのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    (左から)FWクリスティアーノ・ロナウド、FWネイマール、FWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】1位は週給8900万円! 世界で最も高額なサラリーを得るサッカー選手は?】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/21(日) 21:27:08.79 ID:CAP_USER9.net

    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーでデビューを飾った本田圭佑は、いきなり初ゴールを記録して力を見せつけただけでなく、ピッチ外でも大きな波及効果をもたらした。オーストラリア『AAP通信』が伝えている。

     本田は20日に行われたAリーグ開幕戦のメルボルン・シティとのダービーマッチに先発で出場。新天地での公式戦デビューとなった試合で前半28分に初ゴールを記録してみせた。その後逆転を許してチームは黒星発進となったが、大きな期待に十分に応える力を発揮したと言える。

     本田は今季Aリーグの最大の目玉選手として注目され、同リーグにとって「アレッサンドロ・デル・ピエロ以来」最大のスター選手だとも言われている。その注目度は観客動員にも反映されているようだ。

     ビクトリーの年間チケットはすでに2万4000枚以上を売り上げており、クラブ記録を更新する見通しだという。また、開幕戦のダービーマッチには4万504人のファンが観戦に訪れ、これはシティにオーストラリアの英雄ティム・ケーヒルが在籍していた昨季の同カードよりも13%増加したとのことだ。

    「素晴らしい観客数だった。本田のプレーを生で見たいというファンが大勢いるという騒ぎは今週ずっと耳にしていた。日本のメディアも大勢駆けつけていた。素晴らしい夜だったよ」とAリーグのグレッグ・オルークCEOは“本田効果”について試合後にコメントしている。

    10/21(日) 16:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00293998-footballc-socc


    【【海外サッカー】<本田圭佑>メルボルン・ビクトリー加入で観客数も大幅増!AリーグCEOも“本田効果”にご満悦】の続きを読む

    このページのトップヘ