Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: ナショナルチーム



    (出典 the-ans.jp)



    小3から指導する木場氏が太鼓判「彼は全く体がぶれない」

     海外サッカースペインリーグ1部の名門レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大。華麗なテクニックやパスセンスからバロンドールを受賞したレアルクロアチア代表MFルカ・モドリッチの再来と期待を集める15歳は身長180センチに到達する急成長を遂げているが、カラダの厚みにおいては、2歳年上のFC東京FC久保建英と互角のレベルに到達しているという。

    「ピピは急成長しています。180センチという身長で去年から12センチ伸びましたが、体幹周りの成長が凄まじいものがあります。タケフサとカラダの幅は同じですが、同じぐらいの厚みもパワーもついた印象があります。一見細く見えるのですが、体幹のパワーが進化しています。特性ゴムチューブを使って、不安定な状態を作った上でサイドステップを繰り返すトレーニングメニューがあります。彼は全く体がぶれずに、膝とつま先がピタッと止まります。体幹周りが十分に成長していますね。まだ中学生ですが、高校生どころか、プロ選手と比較してもひけをとりませんね」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、育成年代の金の卵から、数々のトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部をアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

     中井と久保の専属トレーナーを務める木場氏は15歳の進化に驚きを隠さない。昨年合同自主トレを行ったが、その際に体幹強化を続ける中井の背の高さのみならず、カラダの厚みに刮目したという。昨夏の時点でピピの身長は176センチ、体重は59.6キロだったが、今や180センチ、体重は62キロ。スリムな印象を受けるピピだが、パワーアップもしている。カラダの厚みは2歳年上の天才FW久保をも凌ぐほど。爽やかイケメンとしても定評のあるピピだが、脱いだらスゴイというのだ。

     小学3年時から真面目に木場氏の指導メニューをコツコツとこなしてきたピピ。日々の鍛錬は姿勢に現れるという。

    体の強さは折り紙付き「レアルに行って、一度も怪我をしていない」

    「ピピとは常に姿勢の話をしています。彼は立った時の姿勢が素晴らしい。つま先から足まで真っ直ぐな軸ができています。怪我をする選手はその場面で頭の位置が流れて、バランスを失ってしまうケースが多い。膝と臀部の軸もずれてしまう。膝が内側に入った状態でコンタクトが発生すると、怪我をするリスクが高まります。ピピは姿勢筋を強化しているので、軸がしっかりしている。レアルに行って、一度も怪我をしていない。本人もびっくりしている。周りの選手がみんな怪我しているので、効果を実感しているそうです」

     フィールドでも颯爽とした立ち姿のピピは常にルックアップした状態で広い視野を確保できている。小気味よいパスでゲームを組み立てる司令塔としての長所でもあるが、頭からつま先までインナーマッスルを強化していることで、コンタクトでもバランスを崩す場面が少なくなり、怪我のリスクも減少するという大きな効果を挙げているという。

    「彼の続けるという部分は天性の才能だと思います。本当に真面目です。怪我をしないカラダは順調に成長しています。22歳まで身長は伸びると一般的に言われていますし、このまま規格外のサッカー選手に育ってもらいたいですね」

     このままレアル・マドリードトップチームの扉を叩くのだろうか。進化をやめない愛弟子に木場氏は優しい視線を送っていた。(THE ANSWER編集部)

    モドリッチの再来と期待を集める中井卓大【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】15歳中井卓大は脱いでもスゴイ!? 恩師が太鼓判「体幹の強さはすでにプロ級」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    イングランドフットボール界でふたたび問題になっている人種差別。

    BAME(黒人やアジア人、マイノリティ)が標的になっているとも伝えられておりトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンも差別を受けたことがあると口にしている。 

    そうした中、ラヒーム・スターリングがこの件について言及したようだ。『FourFourTwo』によれば、こう述べたという。

    ラヒーム・スターリング

    「この数か月で注目を集める様々な人種差別事件について見聞きすることになるだろう。

    でも、残念なことにそれは氷山の一角にすぎない。

    世界中で黒人やアジア人の選手、ファンコーチは人種差別の対象になっている。

    毎日(それは起きている)、公園での草サッカーからチャンピオンズリーグに至るまで。

    自分からすれば、試合の運営側がこの問題を解決するためにやっていることは全くもって不十分だ」

    「変えるのにどれほど時間がかかるのか分からない。でも、いま始めなければいけない。

    次世代の黒人選手たちにこの悪に我慢を強いることはさせたくない」
    スターリング、「アジア人差別」 について言及


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外リーグ】スターリング、「アジア人差別」 について言及】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/23(火) 16:02:03.92 ID:B+A1MV0i9.net

    テレビの情報番組に出演する姿を見て、目を疑った。
    元サッカー日本代表MF中田英寿氏(42)。現役時代は、マスコミ嫌いで、担当記者だった私もはね返されてきた1人だ。
    あれから約20年。
    *は今、あるイベントを主催している。「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」(29日まで)だ。

    自身が日本全国を巡り、厳選した110の酒蔵が出店。
    テーマは「日本酒と世界各国料理とのペアリング」で、アジアから欧州まで世界10カ国の料理が並んでいる。
    今月19日のオープニングセレモニーで*は、「日本酒を世界に伝えていくためには、ワインやシャンパンと同じように、さまざまなジャンルの料理とのペアリングを伝えることが重要だと思います」
    とイベントのテーマを策定した経緯を語った。関係者によると、初日に約1万5000人が来場。各酒蔵で用意した日本酒は、連日完売の状況という。

    出演した情報番組は、TBS系「ビビット」、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」などで、イベント3日目の21日には同局系「シューイチ」に登場し、MCの中山秀征と対談。
    瞬間最高視聴率は14%超(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしている。文字通り、PR作戦大成功だが、*が出演に踏み切った理由について、関係者はこう話す。

    「シンプルに、サッカーとは違うフィールドに出ている中田に話を聞きたい番組側のご希望を多くいただき、中田本人も『今、活動していることであれば』になりました」

    確かに*は引退後もサッカーについては、多くを語っていない。
    現役時代、イタリアで私が1度だけ得たインタビュー機会にも「引退後は、どちらかと言うとサッカー以外の仕事をやってみたいですね。
    サッカーのステップはこの先を考えれば小さいもので、多種多様な職業がありますから」と話していた。

    マスコミ、特にスポーツ紙との確執についても聞くと、こう返された。

    「たまに会見で『変なこと聞くなあ』とは思いますけど、だからどうこうというのはもうないですよ。
    ただ、1度崩れた関係はそう簡単には直せないものですが、歩み寄る人がいれば、僕も歩み寄るという形にはなると思います。
    僕が近寄りがたいのは分かりますよ。もちろんそうしてるし、それは長年、身についているものですから(笑い)。
    ただ、例えばライオンがいて、怖そうだからずっと避けようというのなら何も状況は発展しないでしょ。
    そこで歩み寄ってかみつかれるのか、どうにかなるかは分からないじゃないですか。だから、それをどうするかは、そこを通る人次第ってことですよね」

    その後、練習場であいさつをかわす程度にはなったが、私の努力不足で「関係修復」とまでには至らなかった。
    しかし、引退後、横綱朝青龍の応援で両国国技館を訪れた*に再会し、取組の感想を聞くと、笑顔で「横綱は強くないといけないですが、魅せてくれる人だと思いました」などと返した。
    「近寄りがたい」オーラは残ったままだったが、1つの大きな壁が取れたことは感じた。

    以降、私が*に取材で関わる機会はなかったが、先日、情報番組で話す姿を見て久しぶりに会ってみたいと思っ
    42歳の今も「ライオン」なのかも確かめたい。その可能性を探るべく、イベントに足を運んで日本酒をいただこうと思う。【柳田通斉】

    http://news.livedoor.com/article/detail/16358855/
    2019年4月23日 10時56分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【元日本代表】中田英寿氏は、今も「ライオン」なのか…確かめたい】の続きを読む

    no title


    1 Egg ★ :2019/04/22(月) 09:17:49.47 ID:1Vxq/zCG9.net

     小野伸二をはじめ、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰、本山雅志らきわめて個性的で質の高い選手がこの世代に集まった。奇跡としか言いようがない。

     彼らが中学生だった時代にJリーグが開幕し、プロという目標はできたが、サッカーの素地はそれ以前に形成されている。みな、育った地域も環境もチームもバラバラだ。指導者レベルもいまほど高くはなく、指導方針もそれぞれのチームの監督次第だった。彼らはそれぞれの場所で純粋培養されて育ってきたのだ。

     それが個性となり、お互いの違いが武器になった。現在のように指導が画一的で、個性がスポイルされる時代には、彼らのような強烈な個性と高い能力の持ち主が一堂に会するという奇跡は起こりにくくなっている。彼らは日本中に放牧されたなかから集められた「天然の一級素材」だったのだ。

     黄金世代が、その名を日本サッカー界やファンに轟かせたのは、1999年のナイジェリア・ワールドユースである。FIFA主催の世界大会で日本は史上初となる準優勝に輝いた。

     この「準優勝」という結果が黄金世代のスタートになった。

     もし、彼らがベスト8くらいで終わっていれば、「優秀な選手が揃った世代だった」というレベルの評価に終わり、それほど注目もされていなかっただろう。だが、決勝に進出し、世界と互角に戦ったことで彼らは高く評価され、世間の注目を浴び、多くのひとに見られることでさらに成長していった。下の世代の選手には、「あの舞台に立ちたい」と思わせるモチベーションを生んだ。そして、ファンには「日本サッカーは捨てたもんじゃない」と今後への期待を膨らませてくれた。

     これが非常に大きかった。


     この前年、フランス・ワールドカップに初出場した日本代表はグループリーグで3連敗を喫し、世界がとんでもなく遠いことを選手もファンもメディアも思い知らされた。その結果、ワールドカップ前に大きく膨らんだ期待はあっという間に萎み、世界との差に日本サッカー界は打ちひしがれていた。そんななか、世代別カテゴリーとはいえ、若き精鋭たちが世界の強豪を打ち負かし、決勝にまで進出したのだ。その偉業は98年の悪夢から日本を目覚めさせ、選手たちは「俺たちでもやれるんだ」と自信を取り戻し、2002年日韓ワールドカップに向けて大きな希望の灯をともした。

     黄金世代が日本サッカー界のV字回復、その着火剤となったのだ。
     現在に至る日本人選手の海外移籍の流れを作ったのも、彼らだった。

     最近では前回のU-20ワールドカップで堂安律が活躍し、オランダへの移籍が決まったが、99年のワールドユース後は大会のベスト11に小野と本山が入ったのにもかかわらず、誰ひとりとして海外移籍が実現しなかった。当時は、中田英寿がセリエAでプレーしていたが、日本代表のトップの選手しか海を渡れなかったのだ。それほど海外移籍は狭き門だったのである。

     小野たちが海外に行くまでナイジェリアから2年間の時間を要している。

     彼らはスポンサー枠や客寄せパンダではなく、個々の力を評価され、しかも有名クラブへの移籍を実現させた。小野はオランダの強豪フェイエノールト、稲本はプレミアリーグのビッククラブであるアーセナル、高原はアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスである。その後、中田浩二、小笠原満男らも欧州に渡った。

     小野は、その技術の高さと独特のセンスで入団1年目から活躍し、UEFAカップで優勝、その後もオランダやドイツで活躍した。アーセナルでの稲本は1試合も出場できずに苦しんだが、02年日韓ワールドカップで活躍してフルアムへの移籍を勝ち取り、約9年間、海外でプレーした。

    そうした彼らの活躍と努力の跡に海外への道が開かれ、その後、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎慎司らが海外移籍へのチャンスを掴んだ。いま、若い選手たちが比較的容易に海外へ飛び出していけるのは、自らの実力もあるが、小野たちが作った道でもあるといっても過言ではない。

    2019年4月20日 18時9分サッカーダイジェスト
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16346760/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー日本代表】<小野、稲本、遠藤、小笠原…>世界準優勝から20年...黄金世代とはなんだったのか?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    先週、クリスティアーノ・ロナウドが展開している『CR7 Footwear』というシューズブランド2019春夏コレクションが発表された。

    そのプロモーションにおいて新たにモデルとして使われたのがチェイエン・フェリックスという女性だ。

    ポルトガルスペインイタリアドイツスウェーデンなどで活動している国際的なモデルで、今回CR7フットウェアに抜擢されたようだ。

    クリスティアーノ・ロナウドも魅了されたはずのチェイエン・フェリックスはどんな女性なのか?Instagramチェックしよう。

    ロナウドブランドの「顔」として選ばれたチェイエン、まさに「クール」な雰囲気の女性だ。

    クリスティアーノ・ロナウドブランドに関わったことでサッカー関係者からの知名度も上がったと思われるチェイエン。

    【関連記事】チチャリートの超セクシー彼女、ハダカで日本食を召し上がっていた

    これからもQolyではその動向を追っていくぞ。

    ロナウドの靴ブランド、新モデルになったセクシー美人が話題


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ロナウドの靴ブランド、新モデルになったセクシー美人が話題】の続きを読む

    このページのトップヘ