Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 football-tribe.com)



    バルセロナと神戸の対戦が決定 イニエスタは古巣対決が実現

     バルセロナは今年7月、グローバルメインパートナー楽天株式会社が主催する「Rakuten Cup」に参加することを発表した。2015年12月に行われたクラブワールドカップ以来となる約3年半ぶりの来日に、海外メディアも注目。昨季限りでバルセロナを退団し、ヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの“古巣対決”実現にも熱視線を送っている。

     17-18シーズンからバルセロナと楽天がスポンサー契約を締結したことを契機に両者の絆は強まり、それが一つの形となったのが昨夏のイニエスタの神戸加入だった。バルサの英雄が日本行きを決断したことで、Jリーグスペインだけでなく世界各国から注目を浴びるようになった。

     また今季から元スペイン代表FWダビド・ビジャ、“ブスケッツ2世”として下部組織時代から期待されていたMFセルジ・サンペールも加入し、神戸は着実に“バルサ化”を進めている最中にある。

     バルセロナは来日決定を受け、クラブ公式ツイッターエースアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表DFジェラール・ピケら複数人の選手たちが日本にメッセージを送る動画を公開。また、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「イニエスタにとって特別なものとなるだろう」と、“日本勢”の一員としてバルセロナと初対戦することに注目している。

     さらに、スペイン紙「ラ・バンガルディア」も「イニエスタは敵としてバルサとの再会を果たす」と紹介すれば、海外メディア「Be Soccerスペイン語版は「彼がクラブを去る時、バルセロナの対戦相手となるチームには移籍しないと確信していたが、今回は例外的な措置となるだろう」と指摘し、イニエスタにとっての“古巣対決”は特別な一戦になることを強調していた。

     日本で行われるイニエスタバルセロナの再会には、海外メディアも熱い視線を送っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタ(左)、バルサFWメッシ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】「イニエスタが敵として再会」 バルセロナの日本上陸に海外も熱視線「例外的な措置」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     楽天株式会社は18日、今夏にプレシーズンマッチとなる『Rakuten Cup』の開催が決まったことを発表。バルセロナチェルシー7月23日に埼玉スタジアム2002で、バルセロナヴィッセル神戸7月27日にノエビアスタジアム神戸で対戦することが決定した。

     発表に合わせて行われた記者会見では、元バルセロナ所属で現在は神戸でプレーするアンドレス・イニエスタダビド・ビジャ、セルジ・サンペールの3選手がビデオメッセージを寄せた。

     2018年夏にバルセロナを離れ、神戸を新天地に選んだイニエスタは「特別ワクワクする」と対戦が決まった時の心境を明かすと、「僕にとっては新しい体験になります」と、バルセロナと初めて敵として相対し、長年のチームメイトたちと反対側のピッチに立つことを楽しみにしている様子を見せる。

     2010-11シーズンから3年間バルセロナプレーしたビジャは、試合の見どころとして笑みを浮かべつつ「相手にポゼッションさせないこと」を挙げると、「バルセロナプレースタイルベースにしたチーム作りを目指していて、そのスタイルを世界的に先導する立場のチームと対戦することは最高の学びの場になります」と意欲を語った。

     イニエスタ同様、バルセロナのカンテラ育ちで、3月に神戸へ加入したばかりのサンペールも「自分を育ててくれたクラブと対戦できるのは本当に特別です。みんなが楽しめる試合にしたいですね」と、早くも日本の地で以前の仲間と再会できることを楽しみにしているようだ。

     勝算を問われるとイニエスタは少し間を空けてから「サッカーは何が起こるかわからないので、可能性はもちろんある」と前置きした上で、「単純な勝ち負けという基準で挑もうとは思っていません。自分たちがベストを尽くさないと、やりあえないようなチームとの対戦なので、それを大事な成長の機会ととらえるべきです」と話し、「お祭りのような1日になるので、ファンの皆さんにも楽しんでほしいです」とメッセージを送っている。

    ビデオメッセージを寄せた3選手 [写真]=ヴィッセル神戸


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】古巣バルセロナと日本で再会…イニエスタ「ワクワク」、ビジャ「ポゼッションさせない(笑)」】の続きを読む

    no title


     インターネット通販大手の楽天は18日、サッカースペイン1部リーグの強豪バルセロナを招いた親善試合「楽天カップ」を7月に開催すると発表した。バルセロナイングランド1部リーグチェルシー7月23日に埼玉スタジアムで、楽天が親会社のJ1神戸と同27日にノエビアスタジアム神戸で、それぞれ対戦する。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    バルセロナの親善試合「楽天カップ」開催を発表する、楽天の三木谷浩史会長兼社長(左)。右はバルセロナのエリック・アビダル・テクニカルセクレタリー=東京都目黒区で2019年4月18日午後5時57分、大谷津統一撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バルセロナが来日へ チェルシーやJ1神戸と7月に親善試合】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



     ハンブルガーSVに所属するDF酒井高徳が、ドイツの地元メディアに対して日本復帰の希望を明言したことで、今夏に7年半ぶりとなるJリーグ復帰の可能性が浮上した。

     本人は「僕の中で最後は日本でキャリアを終えたいというのは実際にあるので、そこ(復帰希望)の事実に関しては間違ってはいない」と断言。だが「この夏とはハッキリ言っていない」とも話し、あくまでも将来的な復帰を考えていると説明した。

     地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』は、酒井がJリーグへの復帰を望んでいると報道。HSVとの契約が2020年夏までであり、家族もすでに日本へ帰国していることから、今夏の退団を示唆したとして話題になっていた。しかし本人は15日のブンデスリーガ2部第29節ケルン戦後、「(復帰が)『この夏』みたいな雰囲気で報道されていたけど、そういう感じじゃなくて…」と苦笑いを浮かべた。

    ドイツメディアインタビューを受けたとき、来年まで契約があるという話になって、僕としては『昇格を目指して頑張る。でも、家族が日本にいて非常に寂しい日々を過ごしているのもあるから、家族に会いたいし、日本に戻りたい感覚はある』と話した。でもそれは『チームが昇格したら』という話で、『いつかどこかのタイミングで日本に行くこともあるかもしれない』というふうに話したら、『この夏』みたいな感じになっていた」

     今はチームの1部復帰を最優先に考えている。HSVはブンデスリーガ2部第29節を終えて勝ち点「52」で自動昇格圏内の2位。首位ケルンとは7ポイント差、3位ウニオン・ベルリンとは3ポイント差だ。チームは現在4試合未勝利で、シーズン残り5試合で激しい昇格争いが待っている。だからこそ、今は目の前の試合に集中している。「ここに残った一つの理由に『昇格』というのが明確にあるので、本当に昇格に対してチームにどれだけ力が出せるか、どれだけやれるかというのが大事だと思っている」とまっすぐな表情で話す。

     昨夏に帰国した家族についても、昨年末に同紙のインタビューで「子供が日本の学校に行くことになりました。これは妻が決めたことです。子供に転校を繰り返してほしくないからで、僕も正しい決断だと思います」と説明。日本復帰に向けた準備と言うより、愛する子供たちの環境を考えてのことだった。

     ただ、Jリーグ復帰への思いはたしかに強い。「僕はまだ日本に伝えることがいっぱいある」。2012年1月からドイツで戦い、HSVではブンデスリーガ日本人初の主将も務めた。これまで培ってきた豊富な経験を還元するという使命感が胸にある。「日本でプレーして、日本に貢献したいという気持ちはすごくある。最後は日本で、Jリーグサッカーを辞めたい」。

     今シーズン昇格を決めたら、もしかしたら今夏復帰の可能性もあるのかもしれない。でも本人は今のところ日本へ戻るタイミングを明確にはしていないという。「結果次第で、状況やシチュエーションが変わることはあると思う」。まずはなによりHSVの1部昇格。そこが叶った先に酒井の将来が見えてくる。

    酒井高徳は将来的な日本復帰を語った [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】酒井高徳、“将来的な”Jリーグ復帰への強い思い「日本に伝えることがいっぱいある」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    17日にリージョ監督との契約解除が決定 「あなたのそばで働けて嬉しかった」

     ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ監督の意向を受けて契約解除に合意するとともに、2017~18年に指揮を執っていた吉田孝行氏が監督を務めることを発表した。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは同日、自身のツイッターを更新。同胞の指揮官とハグを交わす写真をアップし、「幸運を!」とメッセージを綴った。

     リージョ監督は、イニエスタが加入した2018年夏後に神戸の監督に就任。今季は日本2年目を迎え、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元バルセロナスペイン人MFセルジ・サンペールを獲得して“バルサ化”の実現を進めていた。

     しかし、神戸は第6節の松本山雅FC戦(1-2)、第7節サンフレッチェ広島戦(2-4)と連敗し、開幕7試合で3勝1分3敗とリーグ10位に後退。この状況下で指揮官の交代が決まった。

     リージョ監督退任の一報から程なくして、チームキャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキも自身のツイッターで「自分はヴィッセル神戸キャプテンの座から降りる事になりました」とキャプテンマークを返上したことを報告。「ここ数週間の苦しくて悔しいチームの状況と同じように自分にとっても難しい決断でした。喜びと誇りを持ってやってきていたので複雑な思いです」との思いも吐露していた。

     同じスペイン出身であるイニエスタも自身のツイッターを更新。リージョ監督とハグする写真とともに、「ありがとうコーチ。あなたのそばで働けて嬉しかった。幸運を!」とメッセージを綴った。

     イニエスタはリージョ監督の思いも背負い、20日のリーグ第8節・浦和レッズ戦に挑む。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタが、退任決定のリージョ監督に惜別のメッセージを綴った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸イニエスタ、退任決定のリージョ監督との“ハグ写真”投稿で感謝 「幸運を!」】の続きを読む

    このページのトップヘ