Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 www.football-zone.net)



    昨季鳥栖で共闘した加藤恒平がトーレスの元を訪れ、すき焼きしゃぶしゃぶを食す

     J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、6月21日に自身のSNSで現役引退を表明した。30日に行われたJ1リーグ第17節清水エスパルス戦(4-2)では今季初得点を含む2ゴールを挙げて勝利に貢献したなか、7月4日に公式インスタグラムを更新。昨季鳥栖で共闘した元日本代表MF加藤恒平の訪問を受け、すき焼きしゃぶしゃぶに繰り出したことを報告している。

     アトレチコ・マドリードトップデビューを果たしたトーレスは、19歳でキャプテンを任され、類稀なゴール嗅覚から“エル・ニーニョ”(神の子)の異名をとった。その後、リバプールへ移籍するとゴールを量産し、世界的ストライカーへと飛躍。チェルシーではスランプに陥るも、ACミランを経て古巣アトレチコへと復帰した。

     そして昨夏に鳥栖へと加入。熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、残留に貢献した。35歳を迎えた今季は故障に苦しみ、6月21日SNSで現役引退を表明。後日行われた会見では、8月23日の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する第24節ヴィッセル神戸戦がラストゲームとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーに就任することを発表している。

     清水戦では強靭な肉体を生かしたヘディング2発で勝利に貢献したなか、トーレスは公式インスタグラムを更新し、盟友の訪問を伝えている。

    「友よ、訪問ありがとう。日本式の夕食 #Sukiyaki #shabushabu」

     トーレスの元を訪れたのは、元日本代表MF加藤(ポーランド3部ヴィジェフ・ウッチ)だ。鳥栖加入1年目、日本語の理解に苦労していたトーレスを最も近くでサポートしていたのが、スペイン語を習得している加藤だった。ピッチ外でも良好な関係を築き、Jリーグ公式YouTubeチャンネルが企画した「もうひとつのルヴァンカップ」では、加藤とトーレスの“カトーレス”が堂々の1位に輝いていた。

     加藤はトーレスの引退表明を受け、自身のインスタグラムで「君のすべてにありがとうフェルナンド。君はプロフェッショナルと人間性における最高の手本だ。君のことが恋しくなるだろうが、君のキャリアを祝福するよ! 親友の幸福を願っている」と感謝と惜別のメッセージを送っていた。

     トーレスは日本、加藤はポーランドと別々の道を歩むなかでも、2人の絆は今なお固く結ばれている。(Football ZONE web編集部)

    サガン鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】引退表明のトーレス、盟友の元日本代表MFとの日本食2ショット公開 「ありがとう」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2019/07/04(木) 18:59:50.84 ID:tFNPtvTa9.net

    鹿島アントラーズの日本代表FW安部裕葵(20)がバルセロナに移籍することが濃厚となった。

    3日、クラブ幹部が正式オファーを受けていることを認め「いろんな契約の問題などをクリアできれば(今夏移籍の)可能性はある」と断言。かねて海外志向の強い安部だけに、金銭面などの条件が整い次第、移籍が実現しそうだ。

    関係者によると200万ユーロ(約2億5000万円)に迫る移籍金を提示しており、年俸25万ユーロ(約3125万円)の完全移籍で、原則2年間は2部B(3部相当)のチームでプレーする。すでに代理人も渡欧しており、14日の新シーズン始動に向けて交渉を進めているとみられる。

    日本市場の開拓を狙うバルセロナは今夏、20年東京五輪世代に照準を定めて調査。Rマドリードに移籍した久保や、南米選手権に出ていた他の複数の日本代表選手に接触したが断られ、なんとしても安部を獲得したい状況だ。

    この日の天皇杯北陸大戦後、安部は移籍に関する質問に「それはなしでお願いします」と答えず。先発出場も目立った見せ場はなく、大岩監督は「(安部が)個人の目標としてどこを見ているのかを考えたとき、非常に物足りなさが残った。厳しい目で見られる場所に行くであろうし、そういうところを認識してチームに還元してほしい」と厳しく評価した。

    7/4(木) 4:58日刊スポーツhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-07040007-nksports-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍報道】<鹿島安部>バルサ移籍濃厚!移籍金2・5億円提示「いろんな契約の問題などをクリアできれば可能性はある」と断言】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/02(火) 05:44:40.96 ID:gPgiFwcf9.net

     J2横浜Cが今夏の移籍市場で、元日本代表MF中村俊輔(41)=磐田=の獲得に乗り出していることが1日、分かった。2007年以来、13季ぶりのJ1昇格を目指しているが、今季はここまで7勝5分け8敗と負け越して13位と出遅れている。巻き返しの切り札として、日本を代表するレフティーに白羽の矢を立てた。交渉がまとまれば、FW三浦知良(52)との夢のレジェンド共演が実現する。

     日本サッカー界のレジェンド2人がJ2、横浜Cを舞台に共演する可能性が出てきた。今夏の移籍マーケットが開く19日を前に、横浜Cが、磐田MF中村の獲得に動いていることが判明。関係者によると13季ぶりのJ1復帰を目指すチームが、13位からの巻き返しを図るための起爆剤として白羽の矢を立てた。磐田との移籍交渉がまとまれば、カズとの夢のタッグが実現する。

     中村は今季リーグ戦で出場2試合(先発1、途中出場1試合)にとどまり、現在は左内転筋の肉離れで別メニュー調整中。ただ、横浜Cは41歳を迎えても左足から繰り出される日本最高峰のFKと技術、試合を読む力は衰えることはないと高く評価。負傷、シーズン途中の加入など不確定要素がある中でも、豊富な経験からチームに上積みをもたらせる存在としてラブコールを送った。

     カズは過去に、中村と一緒にプレーすることを望んでいた。2009年6月30日に初めて2人で会食。その後、「同じ横浜なんだからマリノスではなく、横浜FCでもいいだろ、とオファーを出しておいた。いつか一緒にプレーしたいね」と口説いたことを告白していた。当時、中村をめぐってはスコットランド1部セルティックから古巣・横浜M復帰が取り沙汰されており、争奪戦にカズも“参戦”したが、最終的に中村はスペイン1部エスパニョール移籍を決めた。

     10年前のカズの願いがかなう可能性は、ある。中村にとっては地元のクラブであり、尊敬する「キング・カズ」の存在は大きい。何よりもクラブから戦力として高く評価されており、次なる新天地として選んでも不思議ではない。得点源FWイバとのホットラインが完成すれば、他クラブにとっても脅威になるはずだ。夏の選手登録期間は19日~8月16日。日本のキングと天才レフティーの邂逅(かいこう)は、大きな話題となりそうだ。

     ◆カズと俊輔 年齢は11歳差だが、98年フランスW杯直前のオーストラリア合宿で対面して以降、カズは「本物のサッカー小僧」、俊輔は「ベテランという域を超えた存在。憧れ」と尊敬し合う間柄。日本代表では4試合で共演。俊輔が初得点した00年2月のアジア杯予選ブルネイ戦では“アベック弾”を記録している。

     ◆中村 俊輔(なかむら・しゅんすけ)1978年6月24日、横浜市生まれ。41歳。桐光学園高3年時の高校選手権で準V。97年に横浜Mへ加入し、2000年のシンガポール戦で日本代表デビュー。同年シドニー五輪出場。02年にレッジーナ(イタリア)移籍。セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)、横浜Mを経て17年に磐田へ移籍。日本代表通算98試合24得点。178センチ、71キロ。家族は妻と4男1女。

    7/2(火) 4:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000017-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍報道】<横浜FC>中村俊輔獲得へ…カズとレジェンド共演】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/04(木) 09:32:32.91 ID:mu54dd0m9.net

    来季からのC大阪加入が内定している桐光学園高3年のU―20日本代表FW西川潤(17)に対し、スペイン1部バルセロナが獲得に乗り出していることが3日、分かった。複数の関係者によると、来年2月に国際移籍が可能な18歳になるのを見据えてリストアップ。欧州制覇5度を誇る名門は、同クラブのU―19やバルセロナBなどで育成するプランも持っているという

     次代を担う逸材が、世界屈指の超名門からマークされていることが分かった。神奈川の桐光学園高3年で、来季からのC大阪加入が内定している西川に対し、アルゼンチン代表FWメッシらを擁するバルセロナが獲得に乗り出していることが判明。複数の関係者によると、国際移籍が可能となる18歳になるのを見据え、準備を進めているという。

     鹿島のMF安部に正式オファーを提示するなど、日本人選手の才能を評価するバルセロナ。安部の動向に左右される可能性もあるが、来年2月21日に18歳の誕生日を迎える西川を育て上げるため、U―19やバルセロナBなどを経て、徐々にステップアップさせる計画も持っているという。すでに来季からのC大阪加入が決まっている中で、期限付き移籍で獲得する考えもあるようだ。

     C大阪の特別指定選手として登録されている17歳は、すでにJ1の舞台を経験済み。以前に将来的な目標を問われ「海外でプレーしたいという気持ちがあります」と話していた。C大阪の森島寛晃社長も、一般論として「選手がいろんなところから注目されるというのは良いこと」と語っている。

     同学年で南米選手権にも出場した日本代表MF久保建英は、スペイン1部Rマドリードに完全移籍で加入することが決定した。西川の今後にも注目が集まる。

     ◆西川 潤(にしかわ・じゅん)2002年(平14)2月21日生まれ、神奈川県出身の17歳。青葉FCから横浜ジュニアユースを経て、兄と同じ桐光学園に進学。過去にU―15日本代表などに選出され、今年はU―20W杯ポーランド大会に出場。1メートル80、70キロ。利き足は左。

    7/4(木) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000003-spnannex-socc


    【【リーガエスパニョーラ】<バルサ>C大阪内定の西川リストアップ Bチームなどで育成プラン】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    名古屋戦で華麗なミドル弾を含む来日初の2ゴールで勝利に貢献

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、6月30日のJ1リーグ第17節名古屋グランパス戦で来日初の2ゴールを挙げ、チームを5-3の勝利に導いた。なかでも、一時勝ち越しとなる一撃は華麗なコントロールショットで決めたが、オランダメディアは「美しい弓」と表現し、「まだまだできる」と評している。

     神戸は6月8日ドイツ指揮官トルステン・フィンク氏を新監督に招聘。イニエスタをボランチで起用し、15日の第15節FC東京戦で1-0と勝利、22日の第16節大分トリニータ戦は2-2の引き分けで6月ラストゲーム名古屋戦を迎えた。

     1-1で迎えた後半18分に世界最高峰の名手が魅せた。相手GKがパンチングしたこぼれ球を、ペナルティーエリア手前で拾ったイニエスタは、丁寧なトラップから右足を一閃。鋭い弾道の一撃はゴール左上に突き刺さった。

     この場面でイニエスタは、ボールを足もとにワンタッチコントロールすると、自身から見て右のシュートコースを切るように飛び込んできた相手の逆を突き、コンパクトに右足を振り抜いてゴール左を射抜いてみせた。

     全盛期を彷彿させる圧巻のミドル弾に、「再びバルサプレーできる」「バルサで誰がこれを決められる?」「スペインに帰還するべきだ」と海外ファンの間でも反響を呼んでいたが、オランダ紙「ダ・テレグラフ」は「美しい弓」と称賛している。

     イニエスタはその後、後半23分に獲得したPKを決め、来日初の2ゴールマーク。新体制が発足してから3試合で3ゴールと絶好調を維持しており、記事では同カードバルセロナ時代以来6年ぶりとなる“アベック弾”を決めた37歳の元スペイン代表FWダビド・ビジャとともに、「イニエスタビジャはまだまだできる」と報じている。

     元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが離脱するなか、百戦錬磨のイニエスタが力強くチームを牽引している。(Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸MFイニエスタ、絶妙コントロールショット弾の反響が欧州で拡大 「美しい弓」】の続きを読む

    このページのトップヘ