Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 shake it off ★ :2018/05/27(日) 11:38:49.14 ID:CAP_USER9.net

    欧州の名門バルセロナで活躍し、スペイン代表の中心選手としてロシアW杯に出場するMFイニエスタ(34)のJリーグ・神戸入りの記者会見場には211社・348人のメディア関係者が押し寄せ、50台以上のテレビカメラがズラッと並んだ。

     ビッグネームの来日に米CNNから中東系のネット配信会社まで多くの海外メディアも記者会見場を訪れ、「さすがはイニエスタ!」「素晴らしい発信力!」といった声が会見場のアチラコチラから聞こえてきた。

    「これまで神様ジーコがJリーグ入りしたり、4人のW杯得点王(リネカー、スキラッチ、ストイチコフ、フォルラン)もプレーしたが、彼はスペイン代表を10年南アW杯優勝に導き、バルセロナでは4度の欧州CL制覇を成し遂げている。
    Jの助っ人の中でも別格中の別格と言っていいでしょう。ちなみに年俸は約32億5000万円と報じられており、J最高給の神戸FWポドルスキの6億円の5倍以上。まさに正真正銘のスーパースターです」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

    イニエスタは3年契約といわれており、そうなると年俸総額は約100億円。「そんな大金を払って神戸はモトを取れるのか?」と余計な心配をしたくなるが、サッカー関係者が「こんな裏事情がある」と言う。

    ■DAZNがクレーム

    「そもそも神戸のイニエスタ獲得には、Jに17年から10年総額2100億円の放映権料を払う動画配信サービス会社DAZNが関わっている。というのもDAZNは『巨額の放映権料を払っているのに魅力的な外国人選手がいない』と村井Jリーグチェアマンにクレームを入れている。そこで村井チェアマンが楽天の三木谷会長に泣き付き、ポドルスキ、イニエスタの獲得につながった。

     いずれにしてもイニエスタの年俸は、J神戸の運営会社だけでまかなえるレベルではなく、楽天本体や複数の関連会社が、広告関連の予算を組んで年俸を補填するといわれている。さらにはJリーグが負担するという話もある。Jリーグには『観客動員などプロモーション活動に関する特別予算』があり、それで一部を肩代わりするみたいです」(前出の関係者)

     記者会見で三木谷会長が「7400万ものSNSのフォロワー数を誇り、世界的に発信力と影響力のあるプレーヤーとして注目を集め続けています」とコメントしたが、楽天全体の広告塔として使い回せば「3年100億円」も安い買い物ということか――。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/229822/2


    【【Jリーグ】巨額年俸をJリーグが一部負担か 、イニエスタ神戸入りの裏側…】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    ついに発表された、世界的プレーヤーのJリーグ入り。

     

    ヴィッセル神戸は5月24日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの獲得を発表した。


    34歳のイニエスタは、プロデビューから一貫して名門バルセロナに所属。同クラブ、そしてスペイン代表で主要なタイトルを総なめにしてきた。

     

    「日本サッカーに対しては、とてもリスペクトしています。選手に対してもそうです。技術が高く、よく考えてプレーしています。コンビネーションも使います。Jリーグや代表についても知っています。とても高いレベルの選手が多くなっています。自分のチームを助けるために、自分のサッカーを見せるために日本へ来ました。それによって、このクラブと日本サッカーをより一層発展させたいと思っています」と加入会見で語ったイニエスタ。

     

    彼のピッチ上での魅力といえば、世界屈指の“サッカーIQ”と、それに裏打ちされた天才的なテクニックだ。イニエスタとの別れを惜しむバルセロナとリーガ・エスパニョーラはこんな動画を公開している。


    ため息が出るほどの超絶スキルの数々!これぞイニエスタだ。


    会見直後、イニエスタはプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズの試合に登場。超大物選手の獲得により、ファン以外の層にリーチできるようになったことは、ヴィッセル神戸だけでなくJリーグにとっても非常に大きい。

     

    神戸とイニエスタが契約した3年間のなかで、日本サッカーにどのような変化が生まれていくのか注目される。

    これがイニエスタだ!世界最高の「マジカルスキル」を見よキャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】これがイニエスタだ!世界最高の「マジカルスキル」を見よ!】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ヴィッセル神戸入りが決まったアンドレス・イニエスタ選手。サッカーファンの間では知らない人が(おそらく)いないほど、名門バルセロナとスペイン代表を長く支えてきた天才MFだ。

    【写真を見る】サッカー情報サイト「Goal」編集長の大川佑さん

    そんなイニエスタがJリーグに来るってどれくらいすごいことなのか、そして、ぶっちゃけイニエスタはJリーグで活躍できるのか、など、気になるところを、サッカー情報サイト「Goal」の大川佑・編集長に聞いてみた。

    ーーイニエスタがヴィッセル神戸に加入する確率はどれくらいあると思っていましたか?

    大川編集長「かなりあると思っていました。諸方面から聞いている話を総合すると実現性は高いなと」

    ーー今回の移籍の決め手はどこにあったと思いますか?

    大川編集長「まず、イニエスタ自身がバルセロナを退団する決意をしたことです。生涯契約を結んだイニエスタの退団は本来ありえないことでした。ワインヤードの経営失敗などが噂されており、実際の理由はわかりませんが、普通だったら獲得のチャンスすらなかったところです。そのうえで、バルサと楽天、三木谷(浩史)さんの強力なコネクションを活かした口説き落しだったと思います。タイミングと縁、そしてそれに相応しいオファーというところでしょうか」

    ーー違約金が発生しないとはいえ、(推定)年俸32.5億円はさすがに高いかな、との声もありますが、どう考えますか?

    大川編集長「ヴィッセル神戸だけで考えると、どう考えても赤字ですが、楽天グループ全体として、そして、グローバルブランドになろうとしてるRAKUTENにとっては、話題作りとしては決して高い金額ではないのかなと思います。初日に楽天イーグルスの試合に連れて行ったのが良い事例でしょう。さらには楽天としてはネットワークも繋がり、ビジネスチャンス、など今後を考えても悪い投資ではないと思います。ヴィッセル神戸にとっても、もちろん強化に直結するだけでなく、ユニフォームやグッズを含めた売上は伸びていくことでしょう。さらに、今後、新規獲得選手を口説く際にも、魅力的だと思います」

    ーーイニエスタがヴィッセル神戸で活躍するうえでカギとなる選手は?

    大川編集長「ルーカス・ポドルスキ、渡邉千真ですね。ポドルスキは主将として、イニエスタとチームの架け橋となる役割を担います。プレー面でも、中盤での王様のような自由な役割から、得点を奪うためのパーツとしてのプレーに変わらなければいけません。ただし、ポドルスキはその王様的な気質から、フレンドリーではあるものの、根回しをするなど関係性をうまく取り持つタイプではありません。そこで、渡邉千真のようなベテランが率先して縁の下の力持ちとなり、ポドルスキ、イニエスタらを含め同じ方向を向くチームになれば、大きく飛躍する可能性を秘めています」

    ーーヴィッセル神戸はイニエスタを生かすためにどうすべきですか?

    大川編集長「イニエスタを中央に配し、ポドルスキを左サイドに置く4-3-3が良いバランスがとれるのではないかと思います。ヴィッセル神戸のネックはポドルスキの運動量と不規則性にありました。イニエスタが中央でプレーすることで、ポドルスキのポジションを左に固定し、計算しやすくすることでチーム全体のバランスを保つのが良いかなと。一方で、ポドルスキとイニエスタが中盤のインサイドハーフに並ぶ攻撃的な布陣も見てみたいですね。ヴィッセル神戸は前線の選手層が厚いので、どう並べるかは悩ましいところですね。渡辺千真に加えて、FWのウェリントンが好調です。恐らく怪我が続くレアンドロは放出されてしまうと思いますが……。いずれにせよ、個人ではなくチームとして機能しないと意味がないとは思います」

    ーーイニエスタの加入がJリーグ、日本サッカーにもたらすものは?

    大川編集長「Jリーグのファンがまず増えますよね。スタジアムに足を運ぶ人が増えることによって、ヴィッセル神戸だけではなく対戦するクラブもうるおいます。メディアの注目も集まり、日本国内での好循環を生み出す触媒になる可能性を秘めています。また、国外でも注目を集めるでしょうし、放映権料の増加が見込めます。今後、海外の選手を獲得する際にも魅力的なリーグと思ってもらえる可能性を秘めた選手ですね。三木谷さんが会見で説明していた次世代選手の育成については、あるとは思いますが未知数だと思います」

    ーーイニエスタがJリーグでプレーするってどれくらいすごいことなんですか?

    大川編集長「世代がめちゃ出ちゃうんですが(笑)、全盛期のスパイス・ガールズのヴィクトリア(ベッカムの妻)がNMB48に加入するみたいな感じですかね……」

    ーーぶっちゃけ、どれくらい活躍できると思いますか?

    大川編集長「結構活躍すると思いますが、バルセロナ時代は周囲にも恵まれていました。当然、周囲のレベルはバルサほど高くはないので、実力を出しきれないでしょう。多分スペインで出していた6割ぐらい。それでも、リーグMVP級の活躍はまだまだできると思います。なんといっても、現役のスペイン代表、それもワールドカップ参加メンバーです。正直、活躍してほしいですね」

    ーー今後、注目しているJリーグ入りが予想される大物選手は?この選手に来てほしいな、みたいなところも含めて教えてください。

    大川編集長「(ジャンルイジ)ブッフォンについては来てほしかったですね。移籍の噂にあがっているフェルナンド・トーレスも来てほしいですが、アメリカ行きの噂も出ています。アトレティコ・マドリーを応援している身としては、トーレスが来たらうれしいですね」

    大川編集長、ありがとうございました。そして、個人的には三木谷さんにも感謝です。アンドレス・イニエスタ、この天才MFのプレーは見ておいて損はないと思います。(東京ウォーカー(全国版)・浅野祐介/ウォーカープラス編集長)

    ヴィッセル神戸に入団したイニエスタ選手


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【疑問】サッカー識者に聞いてみた「ぶっちゃけ、イニエスタはJリーグで活躍できるの?」】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 首しめ坂 ★ :2018/05/25(金) 17:01:15.72 ID:CAP_USER9.net

    イニエスタのワイン、楽天でポイント10倍に。ヴィッセル神戸加入を記念してキャンペーンを実施
    2018年05月25日(Fri)13時44分配信

    24日の会見に出席したアンドレス・イニエスタ【写真:編集部】

    (出典 img.footballchannel.jp)


    ヴィッセル神戸は24日、今季限りでバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの加入を発表した。
    それに伴い、楽天市場ではイニエスタ加入を記念した様々なキャンペーンが展開されている。

    本日10:00から28日の9:59までは、エントリーすれば全ショップ対象でポイント2倍に。
    イニエスタのワイン購入で、ポイント10倍になるキャンペーンもある。26日18:00からはイニエスタの公式ユニフォーム先行販売も開始される予定だ。

    イニエスタは故郷アルバセーテに保有するワイナリー「ボデガ・イニエスタ」でワインを製造している。
    楽天市場でも、イニエスタの名前を冠した様々なワインを販売中だ。

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2018/05/25/post271066/


    【【Jリーグ】イニエスタのワイン、楽天でポイント10倍に。ヴィッセル神戸加入を記念してキャンペーンを実施…】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 Egg ★ :2018/05/25(金) 19:16:16.58 ID:CAP_USER9.net

    スペイン代表のアンドレス・イニエスタが、Jリーグの神戸に新天地を求めた。極東への移籍が決まった一方で、“ヨーロッパのトップクラブでまだできる”という声もある。では、スペインメディアはイニエスタの日本行きについてどう見ているのか、『Goal』スペインのイグナシ・オリバは次のような見解を述べている。

    サッカー選手の奥さんは“美人”が多い!?美しすぎる「妻」26選

    「アンドレスはアメリカのMLSや、UAEなど中東でプレーすることを望んでいなかった。彼はかなり以前から日本に興味を持っていたし、実際に憧れがあったようだ」

    「アジアの中でも、日本は過去数十年に渡って、世界をリードしてきた先進国だ。もちろん(Jリーグの)サッカーの質も事前にチェックしていただろうけど、治安だったり文化的な面を考慮した結果、アンドレスにとっては日本がとても魅力的な場所だったんだろう。近年、中国のクラブがビッグネームを次々獲得する事例があったけど、彼は中国行きも望まなかった。もちろん、神戸側がアンドレスを納得させる条件を提示したことも大きかっただろうけどね」

    その一方でオリバ氏は「アンドレスは以前からミカエル・ラウドルップに憧れていた。ラウドルップは元バルサの選手でもあるけれど、のちに神戸でもプレーしていた。もし、アンドレスがラウドルップに日本行きを相談していたとしたら面白いよね」と発言。イニエスタにとって憧れの存在であるレジェンド、ラウドルップがかつて神戸でプレー(1996~1997)していたことも、Jリーグ挑戦の後押しになったと見ている。

    また、イニエスタは過去に2005年のオフシーズンマッチや、2006年、2011年、2015年とクラブ・ワールドカップなどで何度となく日本を訪れている。その滞在期間を通して、日本に好印象を持っていたようだ。

    5/25(金) 17:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000035-goal-socc


    【【移籍】イニエスタ日本行きの理由…】の続きを読む

    このページのトップヘ