Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 www.targma.jp)



    昨季限りで現役引退の守護神・楢﨑 「あんなに凄いGKは見たことがない」

     昨季限りで現役を引退した元名古屋グランパスGK楢﨑正剛。Jリーグ660試合出場、日本代表77試合出場で、ワールドカップ(W杯)4大会連続選出という輝かしい成績を残した。42歳で輝けるキャリアに幕を引いた守護神の凄みを、かつて名古屋日本代表で共闘した元日本代表DF田中マルクス闘莉王(現・京都サンガF.C.)が証言した。

    「ナラさんの引退は本当に寂しい。まだやれる。最後にピッチ上でのプレーが見たかった」

     こう語った闘莉王と楢﨑は、言わずと知れた盟友だ。2010年に万年中位と揶揄されてきた名古屋に移籍した闘将は、楢﨑と鉄壁の連係を見せ、同年にクラブ史上初のリーグ優勝をもたらした。

    「日本サッカー界で最高のGKだと思う。あんなに凄いGKは見たことがない。これから出てくるのかな、とも思う。とにかく技術が高い。止めるという部分でまず上に出る人はいない」

     守護神・楢﨑についてこう語り始めた闘莉王は、クラブと代表で最も忘れられない記憶があるという。

    「一番の思い出はチームだとグランパス移籍1年目のリーグ優勝。あのチームはすごくタレントが揃っていたけれど、被シュートの本数はリーグワーストに近かった記憶がある。それはナラさんがいるからという部分も多かった。ペナルティーエリア外からのシュートは自分とマス(増川隆洋/現・京都)がコースを消しているし、ナラさんがいるのでまず入らない。だから、どんどん打たせていた。GKとして初めてJリーグMVPに選ばれたけれど、自分のことのように嬉しかった。相応しいとも思った。

     日本代表戦だと南アフリカワールドカップ最終予選のアウェー、ウズベキスタン戦。1-0で勝ってワールドカップ出場が決まったけれど、数的不利になるなか、(中澤)佑二さんとナラさんと守り倒した」

    失点を防ぐ卓越したステップ 「教えられてできるものじゃない」

     チームでは名古屋初となるリーグ優勝が一番の喜び。代表戦では2009年6月6日の敵地タシケントで行われた、南アフリカW杯アジア最終予選第6戦だった。FW岡崎慎司(現・レスター)の泥臭いゴールで序盤にリードを奪ったが、終盤にMF長谷部誠(現・フランクフルト)が不可解な判定で一発退場。凄まじいアウェーの雰囲気のなか、気迫漲る守備で無失点に抑え、世界最速となる本大会出場を決めた。

     ポジショニング、セービング、クロスの対応、コーチングなどすべてにおいて、絶大な技術を誇る楢﨑だが、近くから見守ってきた盟友だからこそ分かる凄みが存在するという。

    「ナラさんの凄い部分はステップだと思う。相手がシュートを打つタイミングに合わせてGKはステップを踏むけど、すごく細かい。そして、何度も何度も踏み直す。このステップが間違っていると、シュートは入ってしまう。日本代表でも逆方向にステップすることが多いGKもいるくらい。あれは教えられてできるものじゃない。神様から与えられた恵まれた才能だと思うけれど、GKならよく見たほうがいいと思う」

     シュートを受ける前の独特のステップこそが、楢﨑を凡百のGKと隔てる密かな凄みだと闘莉王は証言していた。(Football ZONE web編集部)

    DF闘莉王がかつて名古屋と日本代表で共闘したGK楢﨑について語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】闘莉王が“盟友”楢﨑の偉大さを証言 「神様から与えられた才能」と称えた技術とは?】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2019/02/11(月) 07:38:31.89 ID:wwZHQ6Y19.net

    浦和の日本代表DF槙野智章(31)がさらなる進化へ“チーム槙野”を結成する。今月上旬の沖縄合宿から導入した専属カメラマンに加え、近日中に専属のコンディショニングトレーナーとも契約する方針だ。
    J1、ACL、A代表で1年間フル稼働できる肉体づくりを目指す。

    さすがの槙野も年齢には逆らえない。高パフォーマンス維持のため「運動量、練習量はさらに増やしてきたい」。チーム練習を全力でこなした後、プラスアルファの部分でコンディショニングトレーナーの下、
    体幹や筋力強化に励むという。チームはこの日、さいたま市内で再始動。アジア杯から沖縄合宿とほぼ無休だが、もちろん精力的な姿勢は際立った。

    既に自身のSNSでは専属カメラマンによる高クオリティーの映像を発信、反響も大きいという。プロとしてはプロモーションも大事な要素。今後はスポンサーも募集していく方針だ。
    進化する31歳は“チーム槙野”と共に24時間をサッカーにささげ、パワーアップを図る。

    《ホーム開幕戦チケットすでに売り上げ4000枚》浦和のホーム開幕となる札幌戦(3月2日)チケットの売れ行きが好調な滑りだしを見せた。

    有料ファンクラブ会員対象の先行販売では初日(9日)だけで約4000枚が売れ、前年比18%アップ。初動としては5万人超の勢いという。
    13日には立花新社長を筆頭にスタッフ、後援会総勢60人が浦和駅など、さいたま市内を中心に告知のチラシ配りも実施する。J1とACLの2冠達成に向け本気の姿勢を見せている。

    2/11(月) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000006-spnannex-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<浦和レッズ>“チーム槙野”結成! 専属カメラマン&トレーナーと契約へ】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    Calciomercato』は7日、「ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスは、ヴィッセル神戸の大きなオファーを断った」と報じた。

    今冬のマーケットでラツィオから古巣のユヴェントスに復帰することを決断したマルティン・カセレス。

    セリエAでほとんど出番がない状態だったため、ユヴェントスラツィオに支払った移籍金は60万ユーロ(およそ1.2億円)という格安のものとなった。そして給与については5ヶ月間で90万ユーロという条件だそう。

    しかし彼は先月、日本のヴィッセル神戸から3年間の契約を打診されており、その年俸総額は900万ユーロ(およそ11.6億円)を超えるものだった。

    カセレスはそれを一旦受け入れていたものの、愛するユヴェントスからのオファーが来るやいなや日本行きを断ったのだという。

    今冬メフディ・ベナティアカタールのアル・ドゥハイルに放出し、ケガ人も続出しているユヴェントス。もしカセレスを獲得できていなければ多大な負担がかかっていたと考えると、この選択に助けられたという感も…。

    神戸を断ってユーヴェ入りのM・カセレス、給与はなんと「9分の1」だった!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】神戸を断ってユーヴェ入りのM・カセレス、給与はなんと「9分の1」だった!】の続きを読む



    (出典 www.sports-his.com)



    2019シーズンも“蹴"春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第4弾は浦和レッズを紹介。

    ◆前人未踏の2冠を目標に《優勝争い》
    ※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択

    (C)CWS Brains,LTD.
    昨季途中に就任したオズワルド・オリヴェイラ監督の下で天皇杯優勝を勝ち取った浦和が今季の目標に掲げたのは、Jリーグ優勝とACL優勝の2冠。ここ2シーズンJリーグで優勝争いに絡めていない中、前人未到の挑戦へクラブは本気度の伝わる補強を敢行した。まずはセレッソ大阪から2シーズン前に22ゴールを挙げたFW杉本健勇を獲得。FWファブリシオがヒザに爆弾を抱えている中、エースFW興梠慎三の負担を軽くする意味でも杉本の加入はプラスに働くことが予想される。

    そして、左サイドスペシャリストであるDF山中亮輔を横浜F・マリノスから2億円と報じられる高額な移籍金で獲得。サイド攻撃に難を抱えていた浦和にとっては喉から手が出るほど欲しい人材だっただけにピンポイントの的確な補強を施した印象だ。レギュラー組に割って入ってきそうな代表クラスの両選手を獲得した中、MF柏木陽介不在時に不足していたパサー役として期待して補強したのがMFエヴェルトンだ。ポルトが保有権を持つブラジル人MFは、浦和OBのポンテ氏が副会長を務めるポルティモネンセからDFマウリシオ、ファブリシオに次ぐ3選手目の加入となった。同クラブで3人はチームメートだったこともあり、チームに馴染む上においても同胞の存在は助けとなることだろう。

    現状、キャンプで4バックを取り入れていないことから、今季も3バックを継続する可能性が高い中、駒不足が心配されていたセンターバックには柏レイソルからDF鈴木大輔を獲得した。スペインでのプレー経験を持つロンドン五輪世代の主軸DFの加入は選手層を厚くする意味で高い効果を生むだろう。ペトロヴィッチ監督時代にはレギュラー陣のバックアップの意味合いが強い“補充”の感のあった選手獲得だが、2006年Jリーグ優勝を知る中村修三GMの下、本気の“補強”で13年ぶりのリーグ奪還を目指す。

    ◆補強動向《A》※最低E~最高S
    (C)CWS Brains,LTD.
    【IN】
    GK石井僚(18)←浦和レッズユース/昇格
    DF鈴木大輔(29)←柏レイソル/完全
    DF山中亮輔(25)←横浜F・マリノス/完全
    DF岩武克弥(22)←明治大学/新加入
    DF大城螢(18)←浦和レッズユース/昇格
    MF池高暢希(18)←浦和レッズユース/昇格
    MFヴェルトン(26)←ポルト/期限付き
    MF汰木康也(23)←モンテディオ山形/完全
    FW杉本健勇(28)←セレッソ大阪/完全

    【OUT】
    GK榎本哲也(35)→カターレ富山/完全
    DF岡本拓也(26)→湘南ベルマーレ/完全
    DF平川忠亮(39)→引退
    MF伊藤涼太朗(20)→大分トリニータ/期限付き
    MF駒井善成(26)→コンサドーレ札幌/完全
    MF菊池大介(27)→柏レイソル/完全
    MF武富孝介(28)→湘南ベルマーレ/期限付き
    MF井澤春輝(19)→ヴォルティス徳島/期限付き延長
    FWオナイウ 阿道(23)→大分トリニータ/期限付き
    FW李忠成(33)→横浜F・マリノス/完全
    FWズラタン(35)→未定

    ◆超WS編集部イチオシ選手
    MF柏木陽介(31)
    (C)CWS Brains,LTD.
    イチオシ選手は、キャプテン2シーズン目となる柏木だ。昨季はゴールこそなかったが、オリヴェイラ監督就任後にストロンポイントとなったセットプレーキッカーとして精度の高いボールを送り続けた。結果、14アシストマークし、多くの得点機を演出。新シーズンセットプレーは大きな武器となることが予想されるだけに、キッカーの柏木に懸かる期待は大きい。また、キャプテンとしてもチームを鼓舞する姿が板に付いてきており、精神的支柱としての役割も期待される。

    ◆注目の東京五輪世代!
    DF橋岡大樹(19)
    (c) J.LEAGUE PHOTOS
    昨季、ルーキーイヤーながら右ウイングバックレギュラーの座を掴んだ。本職はセンターバックだが、走力と対人の強さを買われての右サイド起用となった。その期待に応え、守備面ではJリーグで十分に通用することを昨季証明している。一つ歳上のDF冨安健洋がアジアカップで一躍日本代表の主軸DFに成長したことを刺激にしているU-20日本代表主将は浦和でレギュラーの座を守り抜き、オリンピックの舞台に立つことを目指す。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】目指すは前人未到のリーグ優勝とACLの2冠《浦和レッズ》】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/02/08(金) 18:10:12.50 ID:d7adJN4I9.net

    ヴィッセル神戸は実力派DFの獲得目前まで迫りながら、土壇場でドタキャンを食らっていたようだ。

     ウルグアイ代表DFのマルティン・カセレスは、今シーズンのラツィオで出番が減り、今冬の移籍が囁かれていた。パルマやボローニャとの交渉が破談した後、急浮上したのがヴィッセル神戸行きだ。バルセロナに時代に共闘したアンドレス・イニエスタをはじめ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキなど大物が所属するJクラブ入りへ、本人も前向きだと現地メディアで伝えられた。

     しかし1月下旬、かつて二度に渡って所属した古巣ユベントスから急遽オファーが届く。メディ・ベナティアがカタールのアル・ドゥハイル行きが濃厚になったため(その後に同クラブには中島翔哉も移籍)、その後釜として声が掛かったのだ。結果として1月29日、ユベントスへの半年レンタルが発表された。
     
     現地時間2月7日に地元トリノの『トゥットスポルト』紙が報じたところによれば、その顛末はこうだったという。

     カセレスはヴィッセル神戸と年俸300万ユーロ(約3億9000万円)の3年契約で基本合意。ラツィオでの年俸は110万ユーロ(約1億4300万円)だったため、ギャラは約3倍だ。そして、日本行きのフライトチケットも予約した。しかし、ユベントスからまさかのオファーが届き、そのすべてをキャンセルしていたのだという。

     ちなみに、ユベントスとは半年契約で給与は90万ユーロ(約1億1700万円)。しかも現在はCBに怪我人が続出しているため出場機会を得ているが、基本的にはバックアッパーの立ち位置だ。

     つまりカセレスは、望外とも言える金額のオファーをくれた神戸での“カネ”をあえて蹴り、ほぼ現状維持のギャラなうえ控え扱いとはいえセリエAはもちろんチャンピオンズ・リーグの優勝も狙えるユベントスでの“名誉”を取ったということだろう。31歳とキャリアの晩年に足を踏み入れた選手としては、異例と言っていい選択だった。

     トゥットスポルト紙もこの選択を、「カセレスのユベントスへの愛が証明された。説得には2、3回の電話で十分だった。現代サッカーでは狂気とも言える選択だ」と驚きをもって報じている。

     ちなみにカセレスは、2019年6月で保有権を持つラツィオとは契約が満了する。ユベントスと契約延長するか、はたまた神戸を含めて新天地を求めるか、夏には再び去就に注目が集まることになる。

    2/8(金) 16:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00053947-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】<ウルグアイ代表DFカセレスの狂気的な選択とは?>ヴィッセル神戸での「カネ」よりもユベントスでの「名誉」】の続きを読む

    このページのトップヘ