Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    鹿島アントラーズ28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018準々決勝1stレグ天津権健(中国)を本拠地の県立カシマサカースタジアムに迎え、2-0で先勝した。

    Jリーグ勢で一勝ち残る鹿島は、悲願のACL制覇をえるべく、このベスト8で元ブラジル代表のパトを擁する天津権健と対戦する。先発は、直近の試合から4名を変更。天津権健はパトが先発メンバー入りを果たした。

    敵地での2ndレグに有利な状況で挑みたい鹿島。スタメン復帰の内田が積極的な攻撃参加を見せるなど、自に引いて守りを固める天津権健に対して、サイド攻撃で試合の導権を握りにかかる。

    遠藤や、レオシルバ、三竿健斗が果敢にシュートを放っていく鹿島31分、右サイド遠藤が左足でゴール前にクロス。これに鈴木セルジーニョが飛び込むが、いずれも合わせ切れない。

    続く36分にも絶好のシーン。左サイドの味方が上げたクロスセルジーニョが頭で合わせる。これが右ポストくと、素く反応した遠藤だったが、ハンドを取られ、ゴールネットを揺らせない。

    あと一歩のところまでゴールに迫る鹿島は、後半も動的に試合を進める展開。57分にはボックス左に侵攻した安西が中央の遠藤ラストパスを出す。だが、遠藤が左足シュートに飛ばせない。

    半ば以降も導権を握る鹿島60分に均衡を破る。バイタルエリア中央の遠藤が頭で落としたボールがボックス左に流れると、レオシルバが右足ダイレクト。これが突き刺さり、遂に先制点する。

    攻勢の鹿島は続く72分、セルジーニョが来日初ゴールバイタルエリア中央でボールを受けたセルジーニョが快に左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、天津権健を突き放す。

    その後、鈴木遠藤土居を投入した鹿島は、反撃ムードの相手をに試合をコントロールクラブ史上初のベスト4入りに向け、ホームで先勝した鹿島は、9月18日に敵地での2ndレグに臨む。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】鹿島がクラブ初4強に前進 パト擁する天津権健にホーム先勝】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    同点の決定機を演出する美しいパスに母国紙もスポットライト

     サッカーJ1神戸は26日、横浜Mと対戦。横浜Mデビュー戦の17歳久保建英にJ1初ゴールを許すなど0-2で敗れた。一方で、“バルセロナの先輩”元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは後半31分に美しい浮き球のパスで決定機を演出。得点にこそつながらなかったが、観るものを魅了した。スペイン紙「マルカ」もこのシーンにスポットライト。スペインファンからの称賛を集めている。

     なんと柔らかいボールタッチだろう。イニエスタが美しいパス一発で絶好機を演出した。1点を追う後半31分だ。左サイドのポドルスキからのバックパスを受けたイニエスタ。相手最終ラインの裏を取ったFW長沢へワンタッチで、美しい浮き球パスを送った。

     長沢の足元にピタリと収まる優しいパス。しかしループ気味に狙ったシュートはバーの上に外れ、追いつくことはできなかった。アシストにこそならなかったが、DF陣が一瞬見とれてしまうほどの、芸術品のようなパスだった。

    「アンドレス・イニエスタからの何というパスだ。純粋な魔法だ」

    海外ファン「彼にとっては簡単なこと」

    「マルカ」は公式インスタグラムにこうつづり、動画を公開。バルセロナ時代を知るファンからは「彼にとっては簡単なことだ」「ブラボー・イニエスタ」「うん、僕は知っているよ」などと慣れ親しんだパスに感嘆の声が上がっていた。

     一方で、「メッシなら決めていた」「これはアシストにならないといけないパスだ」などと、決定機を決めきれなかった長沢への批判もあった。

     結局、0-2で痛恨の敗戦を喫した神戸。順位も5位に下げてしまったが、イニエスタの輝きは一層増している。(THE ANSWER編集部)

    アンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタの「何というパス」 美しい浮き球パスをスペイン紙絶賛「純粋な魔法だ」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/27(月) 06:35:23.26 ID:CAP_USER9.net

    ◆明治安田生命J1リーグ第24節 神戸0―2横浜M(26日・ノエスタ)

     横浜MのU―19日本代表MF久保建英(たけふさ、17)が敵地の神戸戦でJ1初先発し、後半11分に左足でJ1初得点。17歳2か月22日でのゴールは2004年の東京V・FW森本貴幸(15歳11か月28日)に次ぐ2番目の年少記録で、2―0の勝利に貢献した。神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)との“元バルセロナ対決”を制した。

     喜びを爆発させた。後半11分。右サイドからボールを受けた久保は「良い所に(ボールが)来たので、落ち着いて」と狙いを定めて左足を強振。鋭い弾道はネットに突き刺さり、J1初得点。全速力でベンチ前に飛び込み、アンジェ・ポステコグルー監督(52)と抱擁を交わした。

     J1初先発で対峙(たいじ)したのは、バルセロナの“大先輩”のMFイニエスタ。お互い攻撃的MFに入り、対峙(たいじ)してボールを奪い合う場面もみられた。同じ左利きで、小刻みなドリブルや高い得点能力から久保は“和製メッシ”と呼ばれるが、描く将来像はメッシよりイニエスタだ。10歳からバルセロナの下部組織に所属し、現地では「将来はイニエスタのような選手になる」と言われてきた。

     その理由は判断力。日本ではドリブルやシュートが注目されがちだが、現地で最も評価されたのはトップスピードでも正確なパスを出し、ゴールから逆算した最適な判断を常に下せる頭脳だった。F東京時代にイニエスタのボールの受け方を参考にしていたMF中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=も「マークを外す動きだったり、とられないボールの置き方だったり、タケのプレーはイニエスタみたい」と舌を巻いていたことがある。

     この日、ゴールシーン直前でも「相手の間で受けよう」と中盤でパスをもらうと、右サイドに展開。ゴールを目指して走りつつ、「クロスに飛び込もうとしたけど、松原君が切り返すのが見えた」と動きを止める好判断でフリーになり、メモリアル弾につなげた。

     「自分の今できる最大限の成長」を求め、今月16日にF東京から期限付きで加入し、22日に新天地デビューした天皇杯4回戦・仙台戦では初アシスト。その4日後には、イニエスタの前でJ1初得点。伝説級ストーリーだが、ボールを蹴る楽しさを知ったのは、ささいなきっかけだった。サッカーを始めた幼少時、得点するたびに両親からご褒美で買ってもらえたポケモンパン。おまけのシールを集めるのが、何よりの楽しみだった。シールを目当てに必死でシュート技術を磨き、得点する快感を覚えた。今でも「サッカー以外のことは考えていない」と初心を忘れず、歴代2位の年少弾を刻んだ。

     残留争いをする名門クラブの窮地を救ったが、まだ17歳。「勝利に貢献できてうれしいけど、イニエスタ選手やポドルスキ選手は外国特有の強さや間合いを持っていて、(ポドルスキの)シュートが当たっちゃったんですけど、めっちゃ痛かったです」とあどけなさもたっぷり。日本サッカーの将来を担うスター性が新天地で開花した。(田中 雄己)

     ★久保に聞く

     ―初得点の心境。

     「こんなに早いタイミングでゴールできると思わなかった。移籍して良いことずくめ。これがビギナーズラックにならないようにしないといけない」

     ―ゴール後は、真っ先に監督のもとへ飛び込んだ。

     「サポーターの方に行こうかとも思ったけど、この難しい時期に、試合に全然絡んでいない自分を使ってくれた感謝を表したかった」

     ―イニエスタとの“バルセロナ対決”を振り返って。

     「イニエスタ選手は長年バルサのトップチームでプレーしていて、僕は下部組織でかじったくらい。天と地ほどの差があるし、バルセロナ対決なんておこがましい。ただ今日のゴールで、その差が1ミリでも埋まればいい」

    8/27(月) 6:09配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000011-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<久保建英>イニエスタの前で初ゴール「移籍して良いことずくめ」】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/26(日) 06:25:38.37 ID:CAP_USER9.net

     ◇明治安田生命J1第24節 神戸―横浜(2018年8月26日 ノエスタ)

     神戸のスペイン代表MFイニエスタが“先輩”の貫禄を見せつける。26日の横浜戦(ノエスタ)に向け、非公開調整。前節湘南戦で左膝を痛めたものの、4試合連続で先発起用される見通しとなった。

     自身がプレーしたバルセロナの下部組織に所属していた横浜の17歳MF久保について「もちろん知っているよ」と語った背番号8。先発予定の17歳年下の存在を認識しつつも、勝ち点3のために容赦はしない。

    8/26(日) 6:18配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000053-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<イニエスタ(ヴィッセル神戸)>4戦連続先発へ!“後輩”久保の存在「もちろん知ってるよ」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    イニエスタが投稿した哲学者の言葉が深い

     サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが24日、インスタグラムを更新。「成功とは」と題した哲学者の言葉を投稿すると、5万件近い「いいね!」がつけられるなど、話題を集めている。

     ここ3試合連続でフル出場し、2ゴールをマーク。試合を重ねるごとにパフォーマンスを上げているイニエスタが、次節26日のホーム横浜FM戦へ向け、意味深なメッセージが記された画像を公開した。

     掲載したのは、スペイン語で記された「成功とは」という言葉。米国の哲学者ラルフ・ウォルド・エマーソンの名言だ。

    「よく笑うこと。
     知性ある人々からの尊敬を得ること。
     子供たちに好かれること。
     良い評論家に認められ、うわべだけの友人の裏切りに耐えること。
     美しいものを理解し、他人のよいところを見つけること。
     この世を少しでも良いものにして去ること。

     それは、子供の健康や庭の手入れ、社会問題の改善でも良い。
     そして、たった一人でもいいから、あなたが生きていてくれて良かったと思ってくれる人がいるということを知ること。
     それができたら、成功だったといえる」

     画像でこう記された言葉を投稿。イニエスタも感銘を受けた言葉なのだろう。心に響くフレーズが並んでいる。

     イニエスタは名門バルセロナ、スペイン代表として、誰もが認める名声を得た。そのサッカー人生はまさに“成功者”だが、神戸の一員としても、何かを残そうとしているのは間違いない。(THE ANSWER編集部)

    神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】成功者が語る成功とは― イニエスタが伝える“哲学者の言葉”が深イイと話題】の続きを読む

    このページのトップヘ