Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    日本政府観光局は昨年末、2018年の訪日外国人旅行者数が史上初めて3000万人を超えたことを発表した。

    SNS全盛の時代とあって日本に対する関心が地球規模で広がるなか、貴重なシーズンオフを遠い極東の地で過ごそうというサッカー選手たちも増えてきている。

    そこで今回は、欧州のシーズンが終わりを迎えつつある今、昨年のこの時期に来日した選手たちを改めて振り返ってみよう。

    クラウディオ・マルキージオ(ゼニト)

    -

    昨夏ユヴェントスを退団したマルキージオは、イベントなどのために来日。「日本はイタリアと同じくらい心が安らぐ!」んだそう。

    エディン・ジェコ(ローマ)

    -

    -

    ボスニア・ヘルツェゴビナの英雄でもあるローマのFWは、美人の奥さんとともに来日。着物姿が眩しかった!

    ちなみにジェコはこの時、今季限りでヘーレンフェーンを退団した小林祐希とも対面している。

    アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)

    -

    今季限りでのユナイテッド退団を発表しているエレーラも昨夏に来日。東京観光などを楽しみ、「たった4日間だったけど日本の文化と恋に落ちたよ」と綴っていた。

    セルジ・ロベルト(バルセロナ)

    -

    -

    メッシを支えるバルセロナの万能プレーヤー東京ディズニーランドなどを回り、「最高だね!同意してくれる?僕は日本と日本の人々を愛しているよ!」。

    昨年はロシアワールドカップが開催されたこともあり、この時期に訪日できる選手は限られていた。

    今年はすでにベルギー代表FWミシ・バチュアイがやってきているが、これからどんな選手たちが現れSNSを賑わせてくれるのだろうか。

    今年は誰が来る?「大物」外国人選手の来日まとめ(2018年夏)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今年は誰が来る?「大物」外国人選手の来日まとめ(2018年夏)】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 12:01:41.62 ID:6MSo2rRC9.net

    <ブンデスリーガ‥デュッセルドルフ2-1ハノーバー>◇18日◇メルクールシュピールアリーナ(ドイツ・デュッセルドルフ)

    デュッセルドルフFW宇佐美貴史(27)が移籍を明言した。
    日本代表FW原口元気(28)が所属のハノーバーに勝利。宇佐美はベンチスタートも出場はなかった。

    試合後に今季を振り返り「前半戦は試合にも絡みながらですけど、その中でなかなか数字を残せなかったというのは、後半戦に引きずる…後半戦なかなかうまくいかなかった要因にもなったかな、と思いました」。
    今後については「ここ(デュッセルドルフ)でないことは確かですね」と明言し「ただ(来季の所属クラブが)どうなるかとか、僕の希望とかは、ここでは話せないことですし、まだ僕自身分からない状況なので、何も言えないですね」。
    本人サイドは古巣のガンバ大阪復帰を希望している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-05190135-nksports-socc
    5/19(日) 7:32配信


    【【移籍報道】デュッセルドルフ宇佐美が移籍明言 G大阪復帰希望】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 15:45:27.64 ID:hB0w81Nw9.net

    「(ヴィッセル)神戸はどうしたんだ? 選手は適性のあるポジションでプレーしているのか? 
    コレクティブな力をまったく感じず、それぞれがプレーに迷っている。まるで素人の思いつきのような布陣だ!」

    イニエスタではなくポドルスキ。神戸には泥沼脱出の旗手が必要だ

    知り合いのスペイン人記者が、試合中にSNS通信アプリでメッセージを送ってきた。
    彼は前監督のフアン・マヌエル・リージョと親しい。チームの変わりように、呆気にとられたようだった。

    この日、神戸は公式戦8連敗目を喫した。「アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキの不在が響いた」というレベルではない。
    それぞれの選手は奮闘していたものの、糸の切れた凧のように無軌道で、チームとしてなす術(すべ)がなかった。神戸の選手たちは、失意の中でもがいている。

    5月18日、日産スタジアム。13位と低迷する神戸は、7位の横浜F・マリノスの本拠地に乗り込んでいる。

    立ち上がりは、互角以上の戦いを演じていた。ボールが落ち着かず、攻め切れない横浜FMを尻目に、高いラインを保ちながら、むしろ優勢ですらあった。
    右サイドを崩し、西大伍のクロスをダビド・ビジャがボレーで狙う。あるいは、敵陣内でのボールを巡る争いに勝利し、三田啓貴のパスから西がGKと1対1となってシュートを放った。

    「前半は相手のプレスもあって、いいパスコースを見つけながら前に行こうとしたが、後ろで持ちすぎていた面もあったかもしれない」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)。

    しかし、前半20分を過ぎると、神戸は徐々にサイドで起点を作られ始める。自然とバックラインが下がってしまい、攻守に乱れが生じる。
    選手たちは気合いだけで不具合を調整し、前へ押し出していたが、崩れるのは時間の問題だった。

    31分だ。左CBの宮大樹が左サイドに開いて、左足でサイドチェンジを試みる。
    それはプレッシャーを回避し、一気にポジション的優位を作るプレーのひとつだが、「攻撃と同時に守備のポジションを取る」という戦術的リスクヘッジはなかった。
    相手にカットされると、わずか2、3秒でゴール前まで持ち込まれ、フリーのマルコス・ジュニオールに先制点を叩き込まれている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00860270-sportiva-socc
    5/19(日) 14:57配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
    順位表


    【【Jリーグ】「イニエスタ不在」というレベルではない。 漏れてきた神戸の危機的状況 3勝8敗1分 勝ち点10 15位】の続きを読む

    0248A91D-B4F8-4A1B-A8BE-69B4D9A72BBB


    1 れいおφ ★ :2019/05/18(土) 23:22:46.98 ID:4LDwU8rx9.net

    <明治安田生命J1:横浜4-1神戸>◇18日◇第12節◇日産ス

    ヴィッセル神戸の迷走が止まらない。横浜に1-4で大敗し、リーグ戦での連敗はついにクラブワーストの7にまで伸びた。

    前半31分にミスから先制点を許すと、後半22分にFW李に追加点をとられてから立て続けに失点。
    ロスタイムにFWウェリントンが1点を返したが、焼け石に水だった。
    吉田監督は、4月17日の就任後も続く泥沼状態に「足をつったり交代選手が出たり、徐々にバランスが崩れた」と厳しい表情で振り返った。

    “銀河系軍団”となれるレベルの選手をそろえても、ピッチに立たなければ意味はない。
    話題を呼び続ける大型補強も、この日に先発したのはFWビジャだけだった。

    元スペイン代表MFイニエスタはコンディション不良で2試合ぶりにベンチ外。
    指揮官は「本人とも話したが、全然100%の状態でなく、チームに合流もできていない状況」と方を落とす。
    元ドイツ代表FWポドルスキにいたっては4試合連続となった。

    チームの核となる助っ人たちの出場が不安定なことで、チーム全体にちぐはぐさが否めない。
    MF西が「誰が(ボールを)持っても(周囲の)アクションも足りないし助ける動きも少ない」と話したように、
    ボールを持った選手が孤立するシーンが目立った。

    ビジャが懸命に前線からプレスに走っても追随する選手がおらず、
    試合中に両手をあげてフラストレーションをあらわにする場面もあった。

    チームはけが人も続出し、遠征に参加したフィールド選手16人はベンチを埋めるぎりぎりの人数。
    これでも、現在プレー可能な選手全員だという。吉田監督は「いる選手でやっていくしかない」と力なく話した。
    夢のある補強が続いていることは間違いない。ただ現時点では「バルサ化」は頓挫している。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905180001091.html

    関連記事
    イニエスタ突っ伏す…7連敗に神戸幹部「勘弁して」
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905180001078.html
    クラブ史上ワースト7連敗 迷走のJ1神戸 “悪癖”ミスから失点繰り返す
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/201905/0012343167.shtml

    前スレ ★1=2019/05/18(土) 20:04:32.57
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558177472/


    【【Jリーグ】ヴィッセル神戸、クラブワースト7連敗!大補強もバルサ化頓挫…スタンド観戦のイニエスタ突っ伏す、社長「勘弁して」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/18(土) 23:38:28.40 ID:iN0jqqX39.net

    18日に行われたJ1リーグ第12節横浜F・マリノス戦に4-1で敗れ、リーグ戦7連敗を喫したヴィッセル神戸のキャプテンを務める山口蛍が試合後のメディア対応でチームとサポーターに“厳しさ”を要求した。

    試合の総括を求められた山口は、「うーん...」と考えこみ、「どうやろうな...逆にどう思います!?」と記者に逆質問をするほど困惑しているようであった。

    先に失点する展開が多いことを指摘された山口は、「自分達のミスから始まった失点ではあったが、失点してしまうと気落ちしてしまうのか、どうすることもできなくなってしまう」と現状を分析した。

    山口は、チームメイトに声をかけ、鼓舞しているというが、反応がないことを嘆いている。
    「なかなか声を出していても...もう少しみんな応えてくれても良いんじゃないかなと思うくらい落ちこんでいる。そこはもっと前向きにみんながなっていかないと厳しいかなと思う」と語った。

    ■前向きな気持ちにさせるにはどんなアクションが必要か

    「人それぞれポイントが違うと思うが、僕は試合中にも声を掛けていくしかないし、やり続けていくしかないと思う。それしかない」とチームメイトに促した。

    また、試合途中で諦めているような選手がいたかとの問いには、「諦めてはなかったと思うが、気迫とかそういったものが感じられなかった。
    試合が終わっても(話し合いをせず)そのまま終わってしまっていることが多いし、ピッチに立っているのは選手だし、責任は僕らにある。一人ひとりがもっと自覚してやっていかないといけない」と指摘した。

    ■イニエスタ不在の影響

    「(イニエスタが)いる、いないだけで相手の重心も変わってくるが、いない中でもやっていかないといけない。
    ただ、なかなか難しいところではある。もちろんトライしているが、あれだけの選手なので(問題を)突破するのは難しいとは思う」と述べた。

    この試合の後、サポーターの下へ挨拶に行った際にブーイングは起こらなかった。
    しかし山口は、チームの現状にサポーターからもっと厳しくしてもらっても構わないと述べている。

    「ブーイングはなかったと思うが、“このままでいいのか”といった趣旨の発言は聞こえた。
    でも現状、ブーイングされるべき結果と内容と今の自分達だと思うので、もちろんサポートしてくれることは有り難いことだけど、厳しく僕らにもっとあたってくれてもいいかなと思う。
    それぐらいしないと選手も気づかないところがある。僕は本当に(厳しくしてもらって)いいと思う」と締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00010013-sportes-socc
    5/18(土) 18:41配信


    【【Jリーグ】山口蛍、ブーイングなしのサポーターにも要求「それぐらいしないと選手も気づかない」】の続きを読む

    このページのトップヘ