Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 cdn.mainichi.jp)



     Jリーグのヴィッセル神戸への加入が正式に決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、早くも同リーグの規定を改定する影響力を発揮している。

     世界最高峰の名門バルセロナで長年にわたり異次元の活躍を続けてきた同選手は、“スランプ無縁”の天才チャンスメイカーとして知られており、今回のヴィッセル神戸による交渉成立はまさにミラクルなスーパープレイとも言うべき仕事ぶりだ。

    「こうした状況の中、加入当初から注目をさらったのは『イニエスタがどの背番号を付けるのか?』という点です。同クラブのオーナーを務める三木谷浩史社長は、イニエスタの入団会見で8番のユニフォームを彼に与えていましたが、その8番はすでに三田啓貴選手が着用しており、Jリーグの規定ではシーズン中の背番号変更を認めていませんでした。しかし、5月30日に何とJリーグ側が今回の事案を考慮し、既存のルールを改定。『Jリーグユニフォーム要項改定のお知らせ』と銘打ち、『(今後は)シーズン途中でも背番号の変更が可能になります』と発表したんです」(スポーツライター)

     これには多くのサッカーファンも、「イニエスタがJリーグのルールをあっさり変えた! すげー」「さすがイニエスタパワー!」「こういう忖度はどんどんやってくれ」「いや、忖度ではなく、これは日本人が最も苦手としてきた“柔軟な対応”だ」などと同リーグの即座の対応を称えている。なお、イニエスタは今回の背番号譲渡を受け、三田へ直接電話をかけて感謝の念を伝えるなど、早くもそのワールドクラスな器の大きさを見せつけている。もちろんその実力も折り紙付きであり、Jリーグのルール改定が結実する日もすぐにやってくるだろう。

    (ジェイコヴ)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】イニエスタに「忖度」!?Jリーグによる即座のルール改定にファン興奮…】の続きを読む



    (出典 bm.best-hit.tv)



    中央調査社発表「一番好きなJ1のサッカーチーム」

     世論・市場調査を手掛ける中央調査社が人気スポーツに関する全国意識調査を実施。「一番好きなJ1のサッカーチーム」で浦和が4年ぶりの1位となった。

     昨年1位の鹿島が2位、G大阪は3位と変動なし。J1に復帰した名古屋は4位と健闘。昨季、J1初優勝した川崎は5位と人気も上昇した。次いで札幌が6位と健闘している。下位は16位・神戸、17位・湘南と続き、J1初昇格の長崎が最下位だった。

     また、好きなスポーツ選手の男女別結果では男性の7位に本田圭佑、10位に三浦知良がランクインしている。(THE ANSWER編集部)

    浦和が好きなJ1のサッカーチーム1位に選ばれた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】あなたのクラブは? 浦和が1位返り咲き、鹿島陥落、G大阪は…好きなJ1チーム】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)



     サッカー・J1神戸は30日、スペインリーグ1部・バルセロナから完全移籍で獲得したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の背番号が「8」に決定したと発表した。バルセロナ時代と同じ背番号となる。背番号「8」を付けていたMF三田啓貴(27)は「7」に変更された。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【J1】ヴィッセル神戸:イニエスタ背番号8決定 三田「7」に変更…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/05/30(水) 16:14:52.76 ID:CAP_USER9.net

    「フェルナンド・トーレスが鳥栖移籍」 Jリーグ公式サイトに一時掲載→削除 「事実ない」
    2018/5/30 15:45

    アトレティコ・マドリ―ド(スペイン)に所属するサッカー元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手が、
    J1・サガン鳥栖に「完全移籍で加入」すると伝える記事が、
    Jリーグ公式サイトに掲載されていたことが2018年5月30日、分かった。

    ただし、その記事は少し様子がおかしい。掲載が「5月31日18時14分」付、つまり未来の日時なのだ。

    ■「トーレスの加入に際し、●が以下のようにコメントしています」

    公式サイトの当該記事は冒頭、
    「サガン鳥栖は●日、アトレティコ・マドリ―ド(スペイン)よりFWフェルナンド トーレスが
    完全移籍で加入することを発表しました」(記号含め原文ママ。以下同)
    と、トーレス選手の鳥栖移籍を明示。

    また「トーレスの加入に際し、●が以下のようにコメントしています。『●●』」などとも記載があり、
    関係者や、トーレス選手自身の言葉も書き加えられる予定になっているようだ。

    トーレス選手の去就をめぐっては、鳥栖への移籍がここ最近報道で取り沙汰されていたが、
    リーグやクラブからの公式発表が出てこず、本当にJリーグ入りするかどうかは大きな関心事となっていた。

    ただ、冒頭で示したように日付が正常でないことから、何らかのトラブルがあった可能性がある。

    J-CASTニュースは30日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に確認したところ、
    広報担当者は「ホームページ担当の者が操作を誤って出してしまったもので、人為的なミスです」と説明。

    そして、内容の真偽をめぐっては
    「トーレス選手の鳥栖への移籍は、まったく事実ではございません」
    と否定した。

    では、なぜこのような文章が執筆されたのか。広報担当者は「準備していたものの1つですが、
    なぜこのような記事を準備していたかについては確認できていません」と話していた。
    J-CASTニュース編集部が確認の電話を入れた直後の30日15時ごろ、問題の記事は閲覧できなくなった。

    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/05/30330002.html
    Jリーグ公式サイトに一時掲載されていた記事画面のスクリーンショット。現在は閲覧できない

    (出典 www.j-cast.com)


    【【衝撃!】フェルナンド・トーレスが鳥栖移籍!?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、同僚となったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて語った。26日にドイツメディア『SPORT1』が報じている。

     イニエスタは今シーズン限りで、下部組織から過ごしたバルセロナを退団し、新たな挑戦の場として神戸を選んだ。同選手の神戸加入が決まり、チームメイトとなったポドルスキは、「もし彼の加入が嬉しくないなんて言ったら、僕自身が間抜けだろう」と喜び、「彼の存在は、クラブにはもちろんだけれど、Jリーグ全体にも勢いを与えてくれるだろう。素晴らしいことになるよ」と日本サッカー界にとって大きな意味を持つことだと語った。

     イニエスタはスペイン代表の一員として2018 FIFAワールドカップ ロシアに参戦したのちに神戸へ合流する。W杯中断期間後から、ワールドカップ優勝経験者の2人が神戸を、そしてJリーグをさらに盛り上げそうだ。

    2010年のW杯で対戦したポドルスキ(左)とイニエスタ(右)[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】ポドルスキ、イニエスタの神戸加入決定に「Jリーグ全体の勢いにもなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ