Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ

    • カテゴリ:

    川崎FW小林悠、ボルトの“金言”噛みしめる ゴールパフォであのポーズも予告? | ニコニコニュース



    ボルトと対談などをした小林悠 [写真]=PUMA
    サッカーキング

     陸上・男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で、2017年8月の世界陸上ロンドン大会で現役を引退したウサイン・ボルトが6日、川崎フロンターレの練習場を急きょ訪問。選手たちと交流した。

     ボルトをサポートするプーマ社が、川崎のオフィシャルサプライヤーを務めている縁もあり、実現した今回の訪問。ボルトは練習後の選手たちと記念撮影をしたり、ボールを蹴ったりするなどした。また、クラブハウスでは小林悠と『ウイニングイレブン』をプレーするといったアトラクションも実施された。

     “世界最速の男”との交流の時間も長く持てた小林。「サッカーは90分の中でミスを取り返すチャンスもある。一発勝負では緊張感もすごい。でも練習でいい準備ができているからこそ、自信を持って臨めているという言葉にすごく共感できました。やっぱり準備の大切さなんだなと」と、トップアスリートからの言葉を噛みしめる。

     ボルトから「たくさんタイトルを取ってくださいと言われましたし、すごい刺激になりました」と、今季の残り試合への気持ちを改めて高める言葉をもらったようで、「次、点を取ったらポーズやろうかな」と、したたかに“ライトニングポーズ”を披露することも予告している。

     “サッカー好き”のボルトはマンチェスター・Uやドルトムントに入団するのでは?という噂もささやかれているほどだが、川崎加入のオファーについては、「誘ったら僕のライバルになっちゃうじゃないですか!」と、笑いを交えて口説かなかったと話してくれている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【川崎FW小林悠、ボルトの“金言”噛みしめる ゴールパフォであのポーズも予告? | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    中村憲剛が“人類最速男”と夢の共演 電撃訪問に感激「一生自慢できる素晴らしい時間」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ボルトとパス交換やリフティングを行い、「冷静に考えたら凄いことだな…笑」

     

     陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が6日、J1川崎フロンターレの練習場を電撃訪問。競技を越えて実現した“共演”に、MF中村憲剛は自身のブログに「一生自慢できる素晴らしい時間でした‼︎」と綴っている。

     

     中村は6日に「ウサイン ボルトさん」のエントリーでブログを更新。“人類最速男”と称され、陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者であるボルトと邂逅したことを報告した。

     

    「今日はなんとなんとなんと陸上男子100m.200m世界記録保持者であるあの世界最速男ウサイン ボルトさんがフロンターレの麻生練習場を電撃訪問してくれました」(原文ママ)

     

     ブログでは、お互いにサムアップしながら笑顔で映る2ショットのほか、パス交換やリフティングを行うカット、そしてチーム全員でボルトの代名詞である「ライトニングポーズ」による集合写真も公開され、「まさか本物に会えるとは…しかも麻生で…。そのうえパス交換してさらにリフティングまで一緒にできるなんて…。冷静に考えたら凄いことだな…笑」と夢のような出来事を振り返っている。

     

     

     

    「刺激を受け、また明日から頑張れます」

     

     ボルトはスポンサー契約を結ぶメーカーイベントのために来日。8月の世界選手権で引退後、初めて日本を訪れ、5日には京都で舞妓二人に両脇を挟まれた3ショットをインスタグラムに投稿するなど滞在を満喫していたが、マンチェスター・ユナイテッド好きを公言するなど大のサッカーファンであることも手伝って今回の電撃訪問が実現したようだ。

     

     中村は「一生自慢できる素晴らしい時間でした‼︎ 超一流のアスリートであるボルトさんからの刺激を受け、また明日から頑張れます。ボルトさん、訪問、激励本当にありがとうございました‼︎」と感謝の言葉で記事を締めくくっている。

     

     中村にとって、川崎の面々にとって、同じアスリートとして大きな刺激を受ける一日となったようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     

    【写真】川崎を訪問したボルトが公式インスタグラムで紹介した舞妓と“共演ショット”

     

     

     

    Hublot in Kyoto, Japan

    Usain St.Leo Boltさん(@usainbolt)がシェアした投稿 - 2017 9月 4 7:32午後 PDT

    川崎を訪問したボルトが公式インスタグラムで紹介した舞妓と“共演ショット”

     

     

    https://twitter.com/yusuke_tasaka/status/905385034026147840

    田坂祐介が公式ツイッターで紹介したボルトの電撃訪問の様子

     

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中村憲剛が“人類最速男”と夢の共演 電撃訪問に感激「一生自慢できる素晴らしい時間」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    川崎と横浜FMの神奈川上位対決、満員の等々力で…チケット完売と発表 | ニコニコニュース



    9日に川崎フロンターレと横浜F・マリノスが対戦する [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     川崎フロンターレは6日、今月9日に行われる明治安田生命J1リーグ第25節の横浜F・マリノス戦のチケットが、予定販売枚数終了となったことを発表した。

     川崎と横浜FMの一戦は、等々力陸上競技場にて19時キックオフ予定。川崎は6日、公式HPにて「本日付で全席種の予定販売数を終了(完売)いたしましたので、お知らせいたします」と報告し、 以下のように説明している。

    「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービスは実施いたしません」

    「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」

    「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」

     今季の明治安田生命J1リーグ第24節を終え、勝ち点「46」で3位につける川崎と、1ポイント差で同「47」の2位・横浜FMが激突する“神奈川ダービー”。首位の鹿島アントラーズを追う両雄の熱戦に注目だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【川崎と横浜FMの神奈川上位対決、満員の等々力で…チケット完売と発表 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    ルヴァン杯敗退を悔やむ浦和DF森脇「ハーフタイムでは誰一人諦めていなかった」 | ニコニコニュース



    試合後、森脇良太が悔しさを露わにした(写真は7月の新潟戦) [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セレッソ大阪がセットプレーから2得点。浦和レッズが苦しい状況に追い込まれていく──。

     アウェイゴールを許し、浦和が準決勝に駒を進めるには、少なくとも3点が必要となった。

     後半開始からピッチに立った森脇良太が険しい表情を浮かべる。

    「勝ち上がりたかったですよね。それだけの勢いとチーム力があったと思っているので。0-2になってもハーフタイムでは誰一人諦めていなかったですし。絶対に盛り返してやろう、絶対に逆転してやろう、という強い気持ちで後半を迎えたので。残念、以外の言葉はないですね」

     2017JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦が3日、埼玉スタジアムで行われ、浦和がC大阪と2-2で引き分け、アウェイゴール数により浦和の敗退が決まった。

     森脇は8月15日のシャペコエンセ戦に出場して以来、しばらくの間、試合から遠ざかっていた。ベンチに入ったのは、実に5試合ぶりだった。

    「ここからもっともっとコンディションをしっかり上げていかなければいけない。今日は45分でしたけど、90分できる体力というのはつけていきたい。2週間ぐらいしかリハビリしてないのですが、そこまで大きな心配はしてないですし、すぐコンディションは戻ってくると思っています」

     前半を0-2で折り返し、堀孝史監督は後半開始から橋岡大樹と矢島慎也に代えて、森脇と武藤雄樹をピッチに送り出す。

     流れを変えるために森脇はどのようなことを心掛けたのか。

    「より攻撃的にどんどん相手のギャップを突いていこう、と。自分がどういうポジションを取ることによって、相手のサイドハーフが嫌がるか、そこはしっかり考えました。途中で相手の監督もフレッシュな選手を入れてケアをしてきましたけど、そういうところでもしっかり崩していきたかった」

     リーグ戦は残り10試合。9月9日には8位・浦和が4位・柏レイソルをホームの埼玉スタジアムに迎える。

     さらに、9月13日にはAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦の川崎フロンターレ戦、9月20日には天皇杯ラウンド16の鹿島アントラーズ戦も控えている。

    「先発で出る準備をしていきたい。出るのであれば、チームにプラスをもたらすようなプレーをしていきたい」

     悔しい思いを糧にして、森脇が完全復活を目指す。

    文=大西徹



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルヴァン杯敗退を悔やむ浦和DF森脇「ハーフタイムでは誰一人諦めていなかった」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    仙台とC大阪が初のベスト4進出…川崎は大量得点でFC東京を下す/ルヴァン杯準々決勝 | ニコニコニュース



    サッカーキング

     2017JリーグYBCルヴァンカップ・ノックアウトステージ準々決勝第2戦が3日に各地で行われた。

     3-1で第1戦を制したベガルタ仙台は、開始6分に三田啓貴の得点で先制に成功すると、48分には西村拓真のPKで突き放す。対する鹿島アントラーズは58分に鈴木優磨が1点を返す。さらに65分には途中出場の安部裕葵が同点弾をマークすると、続く83分には鈴木のヘディング弾が決まって、鹿島が逆転に成功する。鹿島が第2戦を勝利で飾ったが、2戦合計4-5で仙台がクラブ史上初のベスト4進出を決めた。

     第1戦はスコアレスで終わった浦和レッズとセレッソ大阪の一戦。均衡を破ったのはC大阪だった。10分、丸橋祐介のCKからマテイ・ヨニッチが決めて先制する。前半終了間際の44分には丸橋が直接FKを決めて、前半はC大阪の2点リードで折り返す。後半に入り48分、平川忠亮のクロスに武藤雄樹が合わせて1点を返す。さらに71分に興梠慎三が決めて同点とするが、アウェイゴールの差でC大阪が勝ち抜けとなった。

     両チームともに得点のないまま迎えた後半立ち上がりの46分、ガンバ大阪は遠藤保仁のCKに長沢駿が頭で決めてついに均衡を破ると、64分にはオ・ジェソクのクロスが流れたところを泉澤仁が押し込んで勝負を決定付ける。ヴィッセル神戸との“阪神ダービー”を制し、4年連続のベスト4に駒を進めた。

     家長昭博の2得点で先勝している川崎は、28分に阿部浩之が左足で強烈なシュートを突き刺すと、その2分後の30分にも再び阿部がゴールを挙げる。40分にはシュートのこぼれ球をエウシーニョが詰めて、3点のリードを奪い前半を終える。後半に入り54分、またしても阿部のシュートが決まってハットトリックを達成。さらに56分にも再びエウシーニョのゴールが生まれて、5-0と準決勝進出を大きく手繰り寄せる。FC東京は大久保嘉人が後半アディショナルタイムに1点を返したものの、2戦合計7-1と川崎が大勝を収めた。

     この結果、準決勝の組み合わせはG大阪対C大阪、川崎対仙台という組み合わせとなった。準決勝は10月4日と8日に行われる。

    ガンバ大阪 2-0(2戦合計 2-0) ヴィッセル神戸
    浦和レッズ 2-2(2戦合計 2-2) セレッソ大阪
    FC東京 1-5(2戦合計 1-7) 川崎フロンターレ
    鹿島アントラーズ 3-2(2戦合計 4-5) ベガルタ仙台



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【仙台とC大阪が初のベスト4進出…川崎は大量得点でFC東京を下す/ルヴァン杯準々決勝 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ