Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ

    • カテゴリ:

    浦和が大逆転でACLベスト4進出! 後半怒涛の猛攻撃で川崎に4得点大勝   動画あり



    ACL準々決勝セカンドレグで浦和と川崎が対戦した [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
    サッカーキング

     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝・セカンドレグが13日に行われ、浦和レッズと川崎フロンターレが対戦した。

     8月23日に等々力陸上競技場で行われたファーストレグでは、ホームの川崎が3-1で浦和に勝利。川崎はこの試合に引き分け以上でベスト4進出が決まり、敗れても点差次第では勝ち抜けられる優位な立場となっている。一方の浦和は、逆転でのベスト4進出に向けて最低でも2ゴールが必要な状況。ホームの大声援を背に、巻き返したいところだ。

     浦和はファーストレグを欠場した柏木陽介がスタメンに復帰したほか、槙野智章や阿部勇樹、興梠慎三らが順当にスタメン入り。ファーストレグでゴールを挙げた武藤雄樹は累積警告のため出場停止となっている。システムは4-1-4-1を採用した。

     対するアウェイの川崎は、ファーストレグと同じ11選手をスタメンに起用。前回対戦で2得点をマークしている小林悠や、中村憲剛、阿部浩之といったメンバーがこの試合もゴールを狙う。

     試合は19分に動く。川崎は中村からのロングパスをエウシーニョが追いかけると、飛び出してきた浦和GK西川周作の前で長い足を伸ばし、触れたボールはそのままゴールへ。川崎が大きな先制点を手にした。浦和も35分、矢島慎也のスルーパスに抜け出した興梠がゴールを決め、2戦合計2-4とする。38分、川崎は車屋紳太郎の振り上げた足が興梠の顔面に当たってしまい一発退場に。左サイドバックを失った川崎は中村に代えて田坂祐介を投入し、穴埋めを図る。

     後半、浦和は数的優位を生かして猛攻を仕掛ける。立ち上がりに高木俊幸が強烈なミドルシュートで川崎ゴールを脅かしたが、これはわずかに枠の外。その後もラファエル・シルバ、柏木らがゴールを狙っていくが、川崎GKチョン・ソンリョンが幾度となくファインセーブを見せてピンチをしのぐ。すると70分、右CKからズラタンが頭で決めて2戦合計3-4。浦和が1点差まで追い上げる。さらに84分、浦和はPA内でボールを持ったR・シルバが右足を振り抜いてゴール。ついにスコアを振り出しに戻した。勢いに乗る浦和はその1分後に高木が味方からの浮き球パスを冷静に沈めて4点目。2戦合計5-4とし、とうとうゲームをひっくり返す。試合はこのまま終了し、浦和が大逆転でACLベスト4進出を決めた。

     浦和は準決勝で上海上港(中国)との対戦が決定。ファーストレグは9月27日にアウェイで、セカンドレグは10月17日にホームで行われる。

    【スコア】
    浦和レッズ 4-1(2戦合計:5-4) 川崎フロンターレ

    【得点者】
    0-1 19分 エウシーニョ(川崎フロンターレ)
    1-1 35分 興梠慎三(浦和レッズ)
    2-1 70分 ズラタン(浦和レッズ)
    3-1 84分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)
    4-1 85分 高木俊幸(浦和レッズ)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【浦和が大逆転でACLベスト4進出! 後半怒涛の猛攻撃で川崎に4得点大勝】の続きを読む

    • カテゴリ:

    川崎初のACL4強へ、中村憲剛が描く勝利の方程式



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    結果にかかわらず、浦和を1点以下に封じれば川崎は準決勝進出

     

     川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛は12日、浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦を翌日に控え、「勝てば上に行けるのはハッキリしていること」と雑念を取り払う考えを示した。

     

     川崎は8月23日の第1戦で3-1と快勝。中村自身もトップ下で自由にプレーし、浦和守備陣を苦しめ続けた。初戦でフル出場した浦和のMF青木拓矢は「(川崎は)攻撃を作る時に、枚数が多い。人数をかけてくる分、捕まえ切れないことがある」と、中盤の攻防では分の悪さを感じたと語る。中村を含め、日本代表MF大島僚太、MFエドゥアルド・ネットが絡むトライアングルは、攻撃的な川崎を中央から回転させる「エンジン」になっている。

     

     初戦にホームで2点差をつけて勝利した状況を考えれば、川崎は浦和を1点に抑えればどんな結果であれ準決勝に進出できる。しかし、中村は「しっかり勝ち切って帰るのを大目標に。もちろん、そこから点差とか、0-0とかのシチュエーションが変わってくるのでやることは変わってきますが、それでもしっかり勝てば上にいけるのはハッキリしていることなので」と、あくまでも勝利を前提とした“方程式”を思い描く。

     

     浦和は先週末のリーグ第25節の柏レイソル戦で、4バックシステム(4-1-4-1)を本格的に導入した。中村はミハイロ・ペトロヴィッチ前監督から堀孝史監督に交代した浦和の変化を警戒しつつも、それに自分たちが影響を受けすぎてはいけないと持論を展開する。

     

     

    「自分たちがどれだけボールを持てるか」

     

    「あれ(監督交代)から1カ月経ってないくらいだと思いますが、新しい監督の色は出てきてると思います。そこはシステムとメンバーの構成を見れば分かる通りですし、やってくることも1戦目とは多少違ってくるところもある。ただ、それ以上に自分たちがどれだけボールを持ってやれるかだと思うので。攻められるところもあると思いますが、そこをしっかりゼロで抑えて我慢する。逆に失点したとしても慌てない。とにかくブレずにやるのが大事だと思います」

     

     今季はリーグ戦と合わせて浦和に2戦2勝、合計7得点と浦和の守備陣を攻略している。中村自身はゴールこそないが、「常に決めるつもりでやってるので、明日もチャンスがあれば打つし、それでチームの姿勢が出せればいい」と話し、ボールとゲームを支配することで浦和の攻撃回数を減らすつもりだ。

     

     川崎の大黒柱の頭の中には、浦和との日本勢対決を制してクラブ史上初のベスト4に進出するイメージが出来上がっている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【川崎初のACL4強へ、中村憲剛が描く勝利の方程式】の続きを読む

    • カテゴリ:

    クラブ初のACL4強へ      小林悠が攻撃宣言



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ACL準々決勝第1戦は浦和に3-1快勝 有利な状況のなか13日に敵地で第2戦

     

     川崎フロンターレの鬼木達監督と主将のFW小林悠が、13日に埼玉スタジアム2002で行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦、浦和レッズ戦の前日会見に臨み、初戦のアドバンテージを考えすぎないことを強調した。

     

     川崎はホームで迎えた8月23日の準々決勝第1戦を3-1と快勝した。2戦トータルのゲームとしては優位な状況にあり、鬼木監督も「一戦目の勝利というのはアドバンテージに、実際にはなると思う」と話した。しかし、その優位性に目を向けることは危険をはらんでいるとも警戒感を語った。

     

    「明日の試合でメンタル面で持ちすぎると受け身に回ってしまう。自分たちの良さを出すためにも、0-0からのスタートだと考えるし、ルヴァン杯でもそうやって選手たちと歩んできた。シンプルに勝ちを目指して戦うことに尽きる。次に進むため、それを実現したい」

     

     また、初戦でゴールを決めている小林も「アウェーゴールを奪われているが、その1点の価値は大きい」としたうえで、「もし僕らが2点取れれば勝負は決まったようなものになると思う。積極的にゴールを狙いたい」と、浦和に止めを刺すゴールを宣言した。

     

     

    小林「対策はできている」と強調

     

     浦和は先週末の柏レイソル戦で本格的に4バックを導入している。しかし、小林は「スカウティングでしっかり対策できている。どのフォーメーションできても自信を持って戦える」と話し、鬼木監督も「攻守において、よりアグレッシブになっている。ただ我々も、それに対しては攻撃の部分でチャンスがある。アウェーゴールを狙えるチャンスも増えると思うので、しっかり結び付けたい」と対策は万全のようだ。

     

     これまでACLではベスト8が最高成績だった川崎にとって、初の準決勝進出への大きなチャンスが訪れている。それをつかみ取るのは、あくまでも攻撃的な姿勢とゴール。2点リードと有利な立場ながら、守備的に戦うのではなく、自分たちの長所を前面に出して突破する構えだ。

     

    【了】

     

    轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

     

    フットボールゾーン編集部●写真 photo by Football ZONE web

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【クラブ初のACL4強へ 小林悠が攻撃宣言】の続きを読む

    • カテゴリ:

    川崎F 強さが出てきた 頂点が見えてきた



    川崎フロンターレのMF中村憲剛。これまで以上に中心的な役割を果たしている【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル
    最近17試合で一敗のみ。絶好調維持するフロンターレ

     9月9日、明治安田生命J1リーグ第25節の試合が行われ、川崎フロンターレは横浜F・マリノスに3-0で勝利した。好調同士の上位対決となった一戦で、川崎Fはその攻撃力を存分に発揮。リーグ屈指の堅守を誇るマリノスの守備を打ち破った。これで今シーズン15回目のクリーンシートも達成。ACLも含め悲願のタイトル獲得へ歩みを進めている。(取材・文:ショーン・キャロル)

    ——————————

     現在は鹿島アントラーズが2位を6ポイント引き離し、J1首位の座を堅持していると言えるかもしれない。だが川崎フロンターレの最近の戦いぶりを見ていると、大岩剛監督のチームがこのまま首位で走り抜けたいのであればペースを落とす余裕はないと言えそうだ。

     フロンターレは最近6週間にわたって絶好調を維持しており、公式戦9試合連続の無敗。最近17試合で唯一敗れたのは、7月29日のホームでのジュビロ磐田戦、2-5という奇妙な敗戦を喫した試合のみだ。

     鬼木達監督のチームはその結果としてJ1の2位に浮上し、ルヴァンカップでは準決勝に進出。天皇杯でも4回戦へ駒を進め、AFCチャンピオンズリーグでも準決勝進出に王手をかけている。

    「オニさんになってから、何をするべきなのかが明確になりました。誰も怠けることはなく、全員で走って攻守の切り替えができています」と中村憲剛は、横浜F・マリノスに勝利を収めた9月9日の試合後に語った。

    「もちろん技術やアイディアも大事ですけど、今はとにかくそういう部分がベースにあることが大きいですね」

     確かな基礎があることは間違いないが、現在のフロンターレにとっては技術やアイディアも決して後付の要素などではない。今季は見ていて本当に楽しいサッカーを何度か披露してきた。もちろん中村もその中で、これまで以上に中心的な役割を果たしている。周囲の状況を把握する感覚や、ボールを受けてパスを出す驚異的な能力は、現在のJリーグで並ぶ者がいないほどだ。

     だが中盤での周囲からのサポートも手厚い。大島僚太もラインの間で相手を翻弄する選手の一人として然るべき称賛を集めているが、中央で全てをまとめ上げる存在はエドゥアルド・ネットだ。

     エドゥアルド・ネットの守備面で試合を読む力は図抜けている。チームがボールを持った時にも姿を消すことはなく、チームメートにとって常に選択肢のひとつとなってくれる。

     今シーズンのデータを眺めてみれば、彼があらゆる面でチームのスタイルに欠かせない存在であることが分かる。フロンターレのリーグ戦でのパス交換数上位5組の全てに彼が絡んでおり、トップ10の中でも8組に絡んでいる。

    ベンチにも質の高い選手たち。ゴール量産と同様に際立つ守備力

     今季の川崎の本当に特筆すべき点はその層の厚さであり、ピッチのあらゆる場所からベンチに至るまでクオリティーの高い選手が揃っている。

     ピッチの両端にはチョン・ソンリョンと小林悠というトップレベルの個人が君臨し、エウシーニョや谷口彰悟、車屋紳太郎、家長昭博、阿部浩之といった選手たちも重要な役割を果たしてきた。ベンチにもエドゥアルドや田坂祐介、森谷賢太郎、森本貴幸などが控えており、質の高い交代選手も送り出すことができる状況にある。

    「今は誰が出場しても自分たちのサッカーができるようになっていて、良いパフォーマンスを見せて結果を出すことができています」

     マリノスに3-0の勝利を収めた土曜日の試合後に、奈良竜樹はそう話していた。彼もまたチームにとって欠かせない存在となった選手の一人だ。

     だがフロンターレが試合に臨む姿勢は、決して楽しむだけでもなければ無謀なものでもないと奈良は固く主張する。ゴールを量産できていることと同じくらい、シーズン15回目のクリーンシートを達成したという事実も重要であることを強調した。

    「(守備陣も)ディフェンス以外の面でも貢献することを考える必要はありますけど、攻撃的なチームだと言われているからといって、失点を気にしないというわけではありません」と奈良は語る。

    「後ろが無失点に抑えられれば、それだけ勝利の可能性は高まります。3点取れれば1点取られてもいいとは考えていません。4点や5点取ったとしても、守備では相手に何もさせず失点しないようにしたい。それが今の僕らのスタンスであり考え方です」

    最近9試合では計23ゴール。1試合除いて2得点以上を記録

     水曜日に行われるACL準々決勝2ndレグの浦和レッズ戦でもその姿勢が変わることはないだろう。この試合も無失点に抑えられればフロンターレの準決勝進出は保証される。

    「だからといって守備的に戦うというわけではありません。それは僕らのやり方ではないですので。自信はありますよ。1点か2点取れれば相手は5点必要になりますからね」

     フロンターレが最後に無得点に終わった試合は、マリノスとのアウェイゲームに0-2で敗れた6月4日の試合だった。無敗を守っている最近の9試合では計23ゴールを挙げており、FC東京と1-1で引き分けた8月5日の試合を除けば常に1試合2得点以上を記録している。

     直接のライバルに対して快勝を収めた試合もいくつかあった。5月19日にはアウェイで鹿島に3-0の勝利。レッズに対しては7月5日のリーグ戦で4-1、8月23日のACL準々決勝1stレグで3-1の勝利を収めている。先週末には横浜FMを3-0で粉砕してみせた。

    「リーグ一の堅守だったマリノスから3点取れたのは、チームとしても個人としても大きな自信になります。自分たちの今やっているサッカーが間違っていないことが分かります」と中村は語る。

    「(この日のパフォーマンスは)僕らのプレースタイルが体現されたものだったと思います」

    「(浦和との)1stレグの結果は忘れて2ndレグを戦うべき。もちろん試合に意識を集中させる必要はありますけど、大事なのは変わらないこと。アウェイゴールはやっぱり取りに行くべきなので。今の自分たちがやっているスタイルのサッカーを続けていくのがとにかく大事なことだと思います」

     それが実行できたとすれば、水曜日の試合で浦和が川崎を破るのは容易なことではないだろう。今の調子を維持するフロンターレと戦いたいと思うチームはアジア全体でもそう多くはないはずだ。

    (取材・文:ショーン・キャロル)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【川崎F 強さが出てきた 頂点が見えてきた】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Jリーグが8月の月間MVPを発表…J1は首位鹿島のFW金崎、J2は名古屋の“魔法使い”シャビエル | ニコニコニュース



    8月度の月間MVPを受賞した金崎 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
    サッカーキング

     Jリーグは11日、明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 8月の月間MVPを発表した。

     J1では鹿島アントラーズのFW金崎夢生が選出された。首位を走る鹿島の原動力となり、8月だけで3ゴール3アシストをマーク。現在10ゴールをマークし得点ランキングで5位タイに位置している。自身が活躍するだけではなく、味方を生かすプレーもでき、ゴールとアシストの両方が評価された。8月最後のセレッソ大阪との試合では、体を張ったプレーでFWレアンドロのゴールをお膳立てしている。

     金崎のコメントは以下の通り。

    「8月の月間MVPに選んでいただき、とても光栄に感じています。共に戦うチームメイトとスタッフ、スタジアムで声援を送ってくれるサポーターあっての受賞なので、皆さんに感謝したいです。自分の仕事は、前線で最後まで走って1つでも多くの得点に絡み、チームの勝利に貢献することだと自覚しています。これからも目の前の1試合1試合に集中し、優勝に向かって勝ち点を積み上げられるよう、自分らしくゴールを狙っていこうと思います」

     一方、J2ではブラジル人MFガブリエル・シャビエルが選ばれた。7月中旬に名古屋グランパスへ加入すると、瞬く間にチームに馴染む。8月はほぼ全ての得点に絡み、存在感をまざまざと見せつけている。多彩なキックで味方を生かし、高い技術で観るものを魅了するプレーは「ピッチに魔法をかけている」ようだと高い評価を得た。

     シャビエルのコメントは以下の通り。

    「8月の月間MVPを受賞することができ、とても幸せに思います。まず最初に、チームメイトの皆に感謝したいです。彼らなしには、この受賞はなかったと思います。後半戦の残りの試合もチームメイトと共に良いプレーを続けて、もっとチームに貢献したいです。最後に、名古屋グランパスで初めての受賞というのを聞き、とても光栄に思います」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Jリーグが8月の月間MVPを発表…J1は首位鹿島のFW金崎、J2は名古屋の“魔法使い”シャビエル | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ