Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ

    • カテゴリ:

    【THE REAL】華やかに幕を開けた新・ポドルスキ伝説…デビュー戦で魅せた日本への愛と人懐こさ | ニコニコニュース



    ルーカス・ポドルスキ
    CYCLE

    デビュー戦で履いた異色のマンガスパイク

    【大きい画像を見る】ルーカス・ポドルスキ

    世界と対峙してきた男の足元を見た選手がいたとしたら、敵味方の垣根を越えて驚いたはずだ。ドイツ代表でも一時代を築いた、FWルーカス・ポドルスキのスパイクはそれだけ異彩を放っていた。

    鮮やかなブルー地に映えるオレンジ色の靴紐もさることながら、甲の部分にはアニメのイラストが描かれている。しかも、サッカー選手の大半が目を通したことのある日本の人気サッカー漫画の登場人物だった。

    右足の甲に『キャプテン翼』の永遠の主人公・大空翼が、左足の甲には宿命のライバル・日向小次郎の顔がほどこされたスパイクを履いて、ポドルスキはヴィッセル神戸の一員としてのデビュー戦に臨んだ。

    「僕は『キャプテン翼』のファンで、もう長いこと、3年くらい前からこのスパイクをもっていた。特製かどうかは覚えていないけど、ずっと自宅に置いてあったものを、どこかのタイミングで履けたらと思って日本にももってきた。そして今日の試合で履いたんだ」

    ホームのノエビアスタジアム神戸に大宮アルディージャを迎えた、7月29日のJ1第19節を終えた後の取材エリア。32歳のビッグネームは、子どものような笑顔を浮かべながらスパイクの謎を説明してくれた。

    日本だけでなく、世界中でテレビアニメが放送された『キャプテン翼』に魅せられたサッカー選手は多い。J2東京ヴェルディとの交渉が注目された、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティもその一人だ。

    最終的には、実に四半世紀も在籍した愛着深いローマで引退する道を選択した。しかし、少年時代には日向の必殺技、タイガーショットを真似して骨折した経験もあるほどの筋金入りだ。

    アメリカのチームのオファーを断り、ローマのフロント入りかヴェルディでの現役続行かの二択に絞られた背景には、『キャプテン翼』を介して日本に覚えていた親近感があったとされている。

    元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(c) Getty Images

    すね当てにもプリントされていた日向小次郎
    プロデビューを果たしたケルンを皮切りに、バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテル・ミラノ、ガラタサライでプレーしてきたポドルスキにとって、ヴィッセルは通算6つ目の所属チームとなる。

    しかも、ヨーロッパの地を離れるのは初めて。それも言語だけでなく、文化や風習のすべてが異なるアジアの日本におけるデビュー戦とあって、約3年間に及んだスパイクの封印を解いたのだろう。

    いまも大好きな『キャプテン翼』の神通力にあやかりたい、童心にも似た純粋な思いも働いていたかもしれない。しかし、前半の45分間を戦っているうちにある問題が頭をもたげてくる。

    ポドルスキが履いていたスパイクは、アディダス社の『F50 Adizero 2014 Samba』。ワールドカップ・ブラジル大会へ向けて前年の2013年に発表された、ちょっと古いモデルだった。

    「いつも履いているスパイクとは異なるポイントだったので、履き心地という意味でちょっと違っていた。なので、ハーフタイムにいつもの白いスパイクに履き替えて、後半の戦いに臨んだんだ」

    一般には些細な違いに映るかもしれない。それでも、足元の感覚を大事にするサッカー選手にとっては、足の裏から伝わってくる違和感がどんどん大きくなる状況は、集中力を保つ点でも難しかったかもしれない。

    0‐0で迎えた後半の開始わずか4分。ペナルティーエリアの外、約20メートルの距離から振り向きざまに、助走をほとんど取らない体勢から、ポドルスキは利き足の左足を迷うことなく振り抜いた。

    相手ゴールの右隅を正確無比に射抜いた強烈な弾道。挨拶代わりと呼ぶにはあまりに衝撃的な来日初ゴールだったが、実はストッキングの下に装着しているすね当てにも、日向のイラストがプリントされていた。

    「利き足が違うだけで、ヒューガは自分とすごく似ている選手だからね」


    注目されるプレッシャーを力に変えて
    今年3月に引退したドイツ代表で、130試合に出場して49ゴールをマークしている。2006年のドイツ、2010年の南アフリカ、そして2014年のブラジルとワールドカップの舞台に3度も立った。

    南アフリカ大会の前からは「10番」を託され、ブラジル大会では24年ぶり4回目、東西のドイツが統合されてからは初めてとなる世界一の座をつかみ取ったメンバーのなかに名前を連ねた。

    ブラジル大会の優勝メンバー (c) Getty Images
    華やかな軌跡を刻んできたスター選手が、果たしてどのようなプレーを日本で魅せてくれるのか。デビュー戦で注がれた期待と注目度の高さは、百戦錬磨のポドルスキにも少なからず影響を与えていた。

    「立場的にもそういう(スターとして見られる)プレッシャーは当然ある。しかも、ヨーロッパの人々が思っているようなレベルにJリーグはない。今日の相手も16位のチームと聞いていたが、すごくいいサッカーをしていた。そういったプレッシャーを、これからも力に変えていきたい」

    両チームともに無得点で前半を折り返し、スパイクを履き替えて臨んだ後半開始前のピッチ。その中央で左サイドバックの橋本和に対して、英語を介しながら忌憚なく戦術的な要求をぶつけた。

    後半15分に追いつかれるも、わずか2分後にこれまでほとんど見せたことのないヘディング弾を見舞って勝ち越す。そして、同33分に決まったボランチ・田中英雄のゴールでダメを押した直後だった。

    左ひざの前十字じん帯損傷という大けがを、必死のリハビリで乗り越えた34歳の田中は、アルディージャ戦が復帰して2試合目。直近のゴールは、2015年4月25日の鹿島アントラーズ戦までさかのぼる。

    当然のように、周囲を取り囲んだチームメイトたちから手洗い祝福の嵐を受けまくる。そして、歓喜の輪が解けた目の前に、笑顔を満開に弾けさせたポドルスキが両手広げながら田中へ抱き着いてきた。


    変な日本語を駆使したコミュニケーション
    このときの2人の間のやり取りを、試合後の取材エリアで田中が苦笑いしながら明かしてくれた。田中によれば、ポドルスキは「日本語を言ってきた」という。

    「この場では言えないようなこと、ですね。いまはいろいろと日本語を覚えているところなので。生活用語もそうやし、変な言葉もね。誰から教わったのかはわからへんけど」

    変な言葉とは、つまりは下ネタだろう。サッカーだけでなく、たとえばプロ野球においても、来日したばかりの新外国人選手は下ネタを好んで覚えては、公の場ではばかることなく口にして周囲の笑いを誘う。

    微笑ましくなるような人懐こさ(c) Getty Images
    下ネタはスムーズに新天地へ溶け込むための、最良のツールにもなる。雲の上の存在、という感も少なからずあったポドルスキがそういう言葉を使い、無邪気に笑うだけでその場の空気はなごむ。

    人気サッカー漫画を十数年だったいまも愛する童心と、思わず微笑ましくなるような人懐こさ。何よりもワールドクラスの実力を披露してヴィッセルを勝利に導いたヒーローは、こんな言葉を残してもいる。

    「今日は子どもたちも、家族連れも大勢スタジアムにきていた。これ以上にない雰囲気のなか、最初の試合で2点を取り、試合にも勝てたことは言葉にできないくらい嬉しい。まだ完全にはフィットしていないが、これからどんどん前へ進んでいきたい」

    実はアルディージャ戦では、ポドルスキの愛称『ポルディ!』を専用窓口で元気よく伝えた小学生以下の子どもたちに、バックスタンド自由席入場券がプレゼントされる特別企画が実施された。

    名づけて「ポルディからの招待状」を申し出たのは、「できるだけ多くの子どもたちに見に来てほしい」と望んだポドルスキ本人だった。不思議な縁で日本と結ばれていた男はあふれんばかりの優しさも身にまといながら、新たな伝説をJのピッチに刻んでいく。【ほかの画像を見る】ルーカス・ポドルスキ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【THE REAL】華やかに幕を開けた新・ポドルスキ伝説…デビュー戦で魅せた日本への愛と人懐こさ | ニコニコニュース】の続きを読む


    Jリーグが公式アプリ「Club J.LEAGUE」をリリース…チケット購入も可能に | ニコニコニュース



    Jリーグが公式アプリをリリースした [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     Jリーグは1日、Jリーグ観戦をより楽しむための公式アプリ「Club J.LEAGUE」をリリースした。

     アプリではJリーグのニュースや試合日程がお気に入りのクラブごとに閲覧できるほか、Jリーグチケットと連動し、チケットの購入も可能に。また、スタジアム観戦を重ねるとメダルが貯まり、当たりが出るとペアチケットを手に入れることができる「明治安田生命Jリーグチャレンジ」にも挑戦できる。

     また、スマートスタジアム推進事業としてスタジアムWi-Fiに接続することで、DAZN(ダ・ゾーン)の無料視聴への接続も簡易となる。なお、当初はカシマスタジアムにて運用される。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Jリーグが公式アプリ「Club J.LEAGUE」をリリース…チケット購入も可能に | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    浦和、25歳のDFマウリシオが加入内定「本来のポジションを取り戻す」 | ニコニコニュース



    浦和に加入が決まったアントニオ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     浦和レッズは8月1日、ブラジル人DFマウリシオ・アントニオの加入内定を発表した。

     現在25歳のマウリシオはポルトガルリーグのマリティモに在籍。かつてはU-15、U-17ブラジル代表としても活躍していた。昨シーズンは公式戦32試合に出場、3ゴール1アシストを記録している。

     浦和加入に際して、本人は以下のコメントを残している。

    「このたびは、日本のトップクラブである浦和レッズのユニホームを着られることになり、大変名誉なことだと思っています。チームのために全力で戦い、自分のベストを尽くすことを約束します。本来の浦和レッズにふさわしいJリーグでのポジションをいち早く取りもどし、多くのタイトルに貢献する事が、私の目標です。テレビで浦和レッズの中継を見るたびに、世界でもトップクラスのファン・サポーターがいて、その魅力と迫力に圧倒されます。そして私が、そんな美しいビッククラブの一員として戦うことをとても光栄だと思いますし、うれしく思っています」

     浦和は明治安田生命J1リーグで9勝2分9敗の勝ち点「29」で8位に位置している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【浦和、25歳のDFマウリシオが加入内定「本来のポジションを取り戻す」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    データで見る浦和“崩壊”の要因 「さいたまダービー敗戦後」に激減した数値とは | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    第9節大宮戦の敗戦後に大きく変わったパス数 特に深刻だったのは…

     

     2006シーズン以来11年ぶりのJ1リーグ制覇を目指し今季の戦いに臨んでいた浦和レッズだが、勝負の夏を迎えた段階でそれは厳しいものとなりつつある。7月29日の第19節・北海道コンサドーレ札幌戦に0-2と敗れ、2連敗。暫定首位セレッソ大阪と勝ち点12差の8位に低迷するなか、翌30日にクラブは大ナタを振るった。5年半にわたってチームを率いたミハイロ・ペトロヴィッチ監督の解任を発表。後任に堀孝史トップチームコーチを据えて、立て直しを図ることになった。

     

     第8節の札幌戦まで6勝1分1敗、24得点9失点という圧倒的な数字で首位を快走しながら、なぜここまで崩れてしまったのか。そこで今回は、データ分析会社「InStat」を利用して開幕からの8試合と、潮目が変わった第9節大宮アルディージャ戦(0-1)から7月22日に開催された第22節セレッソ大阪戦(2-4)までの11試合のデータを集計。大宮戦の前後で、首位を快走していたチームにどのような変化が起きたのかを見ていきたい。

     

     まず、ボールポゼッションを志向する浦和にとっての生命線と言える「1試合平均パス本数」は、大宮戦前までの674.5本(成功率87.2%)から、大宮戦以降は595.5本(成功率87.2%)と激減。パス成功率に変化はないものの、本数が減少したことにより、試合の主導権をつかみづらくなっている様子が窺える。

     

     特に深刻なのが中盤だ。ピッチを自陣ゴール側からディフェンシブサード、ミドルサード、ファイナルサードと3分割した際、ディフェンシブサードへのパス数が143.1本から114.4本、ミドルサードへは336.9本から271.4本と大幅に減少。敵陣のファイナルサードでは194.5本から194.4本とほぼ変化がないことから、最終ラインや中盤での支配力が低下している傾向が見て取れる。

     

     

     

    ロングパスとクロスは本数と精度も向上

     

     一方、大宮戦後に増加している数値が、「ロングパス数」と「クロス本数」だ。ロングパスは34.6本から38.5本に増え、成功数、成功率ともにアップ。また1試合平均のクロス本数も10.5本から13.5本と3本も増加しており、サイド攻撃の回数が増えたことによる影響か、「空中戦回数」も43.9回から48.5回へと上昇している。

     

     これらの数値を見る限り、中盤での支配力が低下しパス交換数が減ったなか、打開力に優れる両ウイングバックの選手を使った攻撃を展開。決してサイドアタックの精度を著しく欠いたわけではないものの、ペトロヴィッチ体制下で目指していた中盤を制圧するポゼッションスタイルには陰りが見られていたようだ。

     

     それと同時に、守備面でも「インターセプト数」が42.8回から38.1回、「タックル成功率」が65.9%から59.6%に減少。高い位置から圧力をかけてボールを奪い返す守備も、やや威力を失い、攻守両面で後手を踏む展開が増えていたのは間違いない。

     

     こうした状況を受けて、堀新監督はペトロヴィッチ流を継承し修正を施していくのか、それとも別の打開策を講じていくのか。浦和にとっての今後数試合は、クラブとしての方向性をも大きく左右することになりそうだ。

     

    データ提供元:InStat

     

    【了】

     

    Evolving Data labo●文 text by Evolving Data labo

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【データで見る浦和“崩壊”の要因 「さいたまダービー敗戦後」に激減した数値とは | ニコニコニュース】の続きを読む


    ルヴァン杯組み合わせ決定…神阪ダービー、多摩川クラシコが実現! | ニコニコニュース



    ルヴァン杯ノックアウトステージの組み合わせが決まった
    サッカーキング

     2017Jリーグ YBCルヴァンカップ ノックアウトステージの組み合わせを決定するオープンドローが、31日に行われた。Aグループ1位のベガルタ仙台、Bグループ1位のヴィッセル神戸、Aグループプレーオフを制したFC東京、Bグループプレーオフを制したセレッソ大阪の4チームと、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017に出場していた鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4チームを合わせた計8チームでタイトルを争う。

     フジテレビ本社屋1F広場 みんなの夢大陸イベントステージで開催された今回のオープンドロー。一般公開は2007年以来10年ぶりとなった。

     会場にはJリーグの原博実副理事長、Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんが登場。そして、ノックアウトステージ出場チームから仙台MF佐々木匠、鹿島DF西大伍、浦和FW武藤雄樹、FC東京MF中島翔哉、川崎MF大島僚太、G大阪GK東口順昭、C大阪MF木本恭生、神戸FW渡邉千真の8選手が出席し、オープンドローが行われた。

     前回大会王者・浦和はC大阪と対戦。武藤は「去年優勝できて、埼スタでサポーターと喜びあえて嬉しかった。今年も優勝できるように頑張りたいです」と連覇に意気込みを見せている。一方、前回大会で準優勝に終わったG大阪は神戸との対戦が決定。関西勢同士の激突となっている。また、FC東京と川崎による“多摩川クラシコ”が実現したほか、鹿島と仙台の対戦も組まれた。

     組み合わせは以下の通り。

    ■準々決勝組み合わせ
    第1戦:8月30日(水)
    第2戦:9月3日(日)

    G大阪(ACL) vs 神戸(B1位)【①ノエビアスタジアム神戸 ②市立吹田サッカースタジアム】
    浦和(ACL) vs C大阪(Bプレーオフ)【①ヤンマースタジアム長居 ②埼玉スタジアム2002】

    FC東京(Aプレーオフ) vs 川崎(ACL)【①等々力陸上競技場 ②味の素スタジアム】
    鹿島(ACL) vs 仙台(A1位)【①ユアテックスタジアム仙台 ②県立カシマサッカースタジアム】

    ※右側のチームがホームで第1戦を行う。キックオフ時間は未定。

     準々決勝は8月30日(水)と9月3日(日)、準決勝は10月4日(水)と8日(日)に実施。決勝は11月4日(土)に埼玉スタジアム2002にて開催される。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルヴァン杯組み合わせ決定…神阪ダービー、多摩川クラシコが実現! | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ