Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ

    • カテゴリ:

    Jリーグ“神の手騒動”が波及 ドイツでも話題「マラドーナ以来、最も大胆なハンド」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    神戸DF渡部の手にボールが当たるも…「このミステリーは永遠に残る」

     

     J1第24節ジュビロ磐田対ヴィッセル神戸戦(8月26日/2-1)で、神戸のDF渡部博文は磐田MFアダイウトンのシュートを体を張ったプレーで防いだが、このシーンで明らかなハンドがあったとして議論を呼んでいる。この試合では神戸の元ドイツ代FWルーカス・ポドルスキが出場していたこともあり、ドイツメディアでも取り上げられている。

     

     独紙「デア・ヴェステン」では、「マラドーナ以来、最も大胆なハンドボール」と見出しを立てて紹介。1986年のメキシコ・ワールドカップでアルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナが見せた“神の手”ゴールと比較して問題のプレーを取り上げている。

     

     前半24分、神戸DF岩波拓也が自陣ゴール前でアダイウトンにボールを奪われ、倒れ込みながらオーバーヘッド気味にシュートを放たれる。ボールは弧を描いてゴールに吸い込まれそうになるが、全速力で戻った渡部が間一髪でクリアし、CKに逃れたかに見えた。しかし、直後に磐田の選手たちが飯田淳平主審に詰め寄り、ハンドを主張。ベンチも一緒になり訴えかけたが、主審の判定は覆らなかった。動画で見ても明らかに手に当たっているシーンが確認されている。

     

     同紙は「なぜレフェリーはこの大胆な罪を見ていなかったのか。このミステリーはおそらく永遠に残るだろう」と疑惑の目を向けている。スペインメディアなどでも驚きをもって報じられたこの誤審騒動は、サッカー大国ドイツでも話題を集めているようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Jリーグ“神の手騒動”が波及 ドイツでも話題「マラドーナ以来、最も大胆なハンド」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ルヴァン杯準決勝への勝ち上がり条件は? 浦和とG大阪は勝利必須、川崎と仙台有利か | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    3日に準々決勝第2戦の4試合開催 神戸とC大阪のカギはアウェーゴール

     

     国内三大タイトルの一つ、ルヴァン杯は3日に準々決勝第2戦の4試合が行われる。第1戦の結果を受け、その勝ち上がり条件はどのようになっているのだろうか。

     

     ともに第1戦をスコアレスドローで終えたのが、ヴィッセル神戸対ガンバ大阪と、セレッソ大阪対浦和レッズの二つのカードだ。第2戦はG大阪と浦和がそれぞれホームでの戦いを迎えるが、神戸とC大阪の大きなカギになるのはアウェーゴールだ。ともにホームで勝ち切れなかったとはいえ無失点に抑えており、アウェーで1点でも取れば引き分けでも勝ち抜けることができる。

     

     逆に言えば、G大阪と浦和は勝利が絶対条件になる。G大阪は攻撃陣が準決勝進出へ導くゴールを生み出せるか。前掛かりになりすぎれば、神戸の前線には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや元日本代表FWハーフナー・マイクといったワンプレーでゴールを生み出す力を持つストライカーがいる。虎視眈々と一撃を狙う点取り屋に細心の注意を払いながら試合を進める必要に迫られそうだ。

     

     また、浦和とC大阪のゲームは代表招集と負傷者といった欠場者の影響も受けるゲームになる。C大阪は中盤の核であるMF山口蛍とチーム内得点王のFW杉本健勇を日本代表招集で欠く。浦和もDF槙野智章が同じ立場だが、MF柏木陽介、MF宇賀神友弥、DFマウリシオ、DF那須大亮と主力に故障者が続出している。最終ラインはDF森脇良太が復帰する可能性が高いが、初戦で途中出場したユース所属のDF橋岡大樹が起用されることもあり得る。互いに苦しい台所事情のなかで、準決勝進出に向けて争う構図となる。

     

     

     

    大久保が古巣・川崎戦で大活躍なるか

     

     第1戦で2点差がついたのは、川崎フロンターレ対FC東京の“多摩川クラシコ”と、ベガルタ仙台対鹿島アントラーズの2カードだ。それぞれ、ホームの川崎と仙台が2点差で勝利しているだけに、FC東京と鹿島は第2戦では少なくとも2点差での勝利を手にしなければいけない。

     

     特に優位なのは、アウェーゴールを与えずに2-0勝利をしている川崎だろう。MF中村憲剛、MF大島僚太といった両プレーメーカーを温存しながらも、MF家長昭博の2ゴールが光った。第2戦でアウェーゴールを奪えば、その優位はさらに大きくなる。一方のFC東京は、ゲームメーカーのMF高萩洋次郎を代表招集で欠き、MF中島翔哉もポルトガル移籍でチームを離れた。古巣対決になるエースFW大久保嘉人が劣勢を覆すほどの大活躍を見せられるか。MF太田宏介のセットプレーも含め、早い時間のゴールでプレッシャーを掛けたい。

     

     また3-1で勝利した仙台は、優位であるものの油断のできない立場だ。鹿島にとってホームでの2-0勝利は現実的なスコアになる。それだけに仙台は、守備を軸にしながらゲームを進めて時間の経過を味方につけたい試合になる。一方の鹿島は、DF昌子源、DF植田直通のセンターバックコンビを代表招集で欠いている苦しさが初戦に出てしまった。初戦は途中出場のFW金崎夢生などの攻撃陣が前半のうちに1点を取れば、仙台に強烈なプレッシャーを掛けられるだけに、そのプレーに注目が集まる。

     

     

     

    浦和が連覇を果たすか、それとも…

     

     昨季は浦和が延長戦、PK戦の末にG大阪を下し、ルヴァン杯と名称が変わっての初代チャンピオンに輝いている。今季、浦和が連覇を果たすのか。G大阪のリベンジ、鹿島やFC東京の王座奪還があるのか。あるいは、他のクラブによる初優勝があるのか。注目の一戦は、9月3日に一斉に開催される。

     

    ■ルヴァン杯準々決勝第1戦のスコア(左がホーム側/8月30日)

    神戸 0-0 G大阪

    C大阪 0-0 浦和

    川崎 2-0 FC東京 [川崎=家長昭博2]

    仙台 3-1 鹿島 [仙台=奥埜博亮2、中野嘉大 鹿島=土居聖真]

     

    ■ルヴァン杯準々決勝第2戦

    鹿島×仙台 18:00キックオフ(カシマ)

    浦和×C大阪 18:30キックオフ(埼玉)

    G大阪×神戸 19:00キックオフ(吹田S)

    FC東京×川崎 19:00キックオフ(味スタ)

     

    ■大会日程

    準決勝第1戦 10月4日

    準決勝第2戦 10月8日

    決勝 11月4日(埼玉)

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルヴァン杯準決勝への勝ち上がり条件は? 浦和とG大阪は勝利必須、川崎と仙台有利か | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    泉里香、サッカー谷口彰悟選手と交際報道 所属事務所がコメント | ニコニコニュース



    熱愛報道の泉里香、谷口彰悟選手(写真右はGetty Images)
    モデルプレス

    【泉里香/モデルプレス=9月2日】モデルの泉里香(28)が、サッカー元日本代表でJリーグ川崎フロンターレMFの谷口彰悟選手(26)と交際していると一部で報じられた。これを受け、泉の所属事務所がモデルプレスの取材に対しコメントした。

    【さらに写真を見る】泉里香に交際報道 “エロふわボディ”で圧倒的支持を集める

    ◆泉里香の所属事務所がコメント

    報道によると、2人は共通の友人の紹介で知り合い、2015年夏頃から交際に発展したとしている。

    モデルプレスの取材によると、泉の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と回答。交際について否定はしなかった。

    泉は、“今1番なりたい身体”、“エロふわボディ”を武器に、同世代の女性から圧倒的な支持を集める。雑誌「美人百花」や「MAQUIA」など多数の女性誌にレギュラー出演し、活躍している。

    谷口選手は、筑波大学出身で2011年のユニバーシアードには日本代表として出場。2014年に川崎フロンターレに入団している。(modelpress編集部)

    ■泉里香(いずみ・りか)

    生年月日:1988年10月11日
    出身地:京都府
    血液型:A型
    身長:166cm

    ■谷口彰悟(たにぐち・しょうご)選手

    生年月日:1991年7月15日
    出身:熊本県
    血液型:B型
    身長:183cm

    【Not Sponsored 記事】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【泉里香、サッカー谷口彰悟選手と交際報道 所属事務所がコメント | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    2得点の川崎MF家長昭博、ケガからの完全復活で「欠かせない選手」に | ニコニコニュース



    家長の2得点で準決勝進出に大きく前進した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     目に見える形でしっかりと結果を残した。74分に森本貴幸が得たPKを冷静に沈めると、90分にも途中出場の小林悠とのワンツーから左足を振り抜いた。公式戦5試合連続スタメン出場で「体はきつい」と苦笑いしたが、家長昭博の移籍後初となる1試合2得点の活躍で川崎フロンターレが先勝した。

     30日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の第1戦が行われ、川崎がホームにFC東京を迎え撃った。前に速い川崎らしさはあまり見られなかったが、「いろいろなプランがあるので多くは語れない。しかし我々の試合だったと思っているし、選手はこっちの意図を組んでやってくれた。我々のプランどおり」(鬼木達監督)とほくそ笑んだ。

     そんな中、輝きを放っていたのが家長だった。トップ下を中心に縦横無尽に動いてボールを引き出しては、チャンスを生み出す。そして生まれたのがゴールの場面。1点目はPKだが、その起点となったのも家長だった。

     72分に森本がとのパス交換からペナルティーエリア内に侵入する。家長から浮き球パスが戻って来るタイミングで相手DF3人に囲まれたが、背後から丸山祐市の手が掛かって森本を倒してしまった。迷わずPKスポットに立つ家長。「今年は練習していない」と語ったが、「落ち着いて蹴ったつもり」とゴール右隅に蹴り込んだ。

     2点目は終了間際の90分。家長が右サイドでボールを持つ。パス交換をしながら出しどころを探っていた中で、スペースに抜け出した小林悠に一旦ボールを預けると、戻ってきたところに左足を一閃。「いいパス交換ができて、いいシュートが打てたと思います」と試合を決定づけた。

    「素晴らしいの一言に尽きる」と指揮官も手放しで喜ぶほどの活躍。「攻撃でも役割を果たしてくれたし、守備でもしっかりと戻るところ、戦うところで走ってくれた。あれがスタンダードになってきているので、今は欠かせない選手になってきている」と家長に高い評価を示した。

     数字として2得点という結果を残し、指揮官に「欠かせない選手」とまで言わせたものの、本人は至っていつもどおり。「結果が出なかったらまた言われますし、出たらそういわれるので、あまり気にしていない。変わらずやるだけ。また次も勝ったら上に上がれるので、勝てるようにやっていきたい」。

     淡々と“家長らしさ”全開で、9月3日に行なわれるアウェイでの第2戦に挑む。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2得点の川崎MF家長昭博、ケガからの完全復活で「欠かせない選手」に | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    家長、奥埜が2得点の川崎&仙台が先勝! “阪神ダービー”とC大阪対浦和はスコアレス/ルヴァン杯準々決勝 | ニコニコニュース



    好調を維持する家長の2ゴールで川崎がホームで先勝した [写真]=J.LEAGUE
    サッカーキング

     2017JリーグYBCルヴァンカップノックアウトステージ準々決勝第1戦が30日に各地で行われた。

     ヴィッセル神戸とセレッソ大阪はホームにそれぞれACL出場枠のガンバ大阪と浦和レッズを迎えた。“阪神ダービー”として注目を集めた神戸とG大阪の対戦、リーグの不調から抜け出したいC大阪と浦和の対戦は両者とも、決定機を活かせずスコアレスドローに終わった。

     川崎フロンターレとFC東京の“多摩川クラシコ”は家長昭博が後半に2得点を決める大活躍を見せた川崎が、ホームで2-0で先勝した。

     Jリーグで首位を走る鹿島アントラーズをホームに迎えたベガルタ仙台は、60分に中野嘉人、64分に奥埜博亮がゴールを決め、わずか5分の間に2点差とした。その後、鹿島の土居聖真に1点を返されるも、奥埜の2得点目で突き放したベガルタ仙台が3-1で勝利。見事“下克上”を果たす結果となった。

     セカンドレグは9月3日に行われる。

    ■ノックアウトステージ・ファーストレグ結果
    神戸 0-0 G大阪
    C大阪 0-0 浦和
    川崎 2-0 FC東京
    仙台 3-1 鹿島

    ■ノックアウトステージ・セカンドレグ(9月3日)
    G大阪 vs 神戸
    浦和 vs C大阪
    FC東京 vs 川崎
    鹿島 vs 仙台



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【家長、奥埜が2得点の川崎&仙台が先勝! “阪神ダービー”とC大阪対浦和はスコアレス/ルヴァン杯準々決勝 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ