Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ


    「チームのために、では圧倒的に足りない」 川口能活がスーパーセーブを呼べる理由



    【連載最終回】「僕は完全にサッカーに取りつかれている」―42歳、今なお現役の原動力とは

     自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。19日のJ3・FC東京U-23戦でリーグ通算500試合出場を達成するなど、42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。最終回はプロ選手として長く現役を続けるパワーの源について語る。

     高校卒業後、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団し、現在、J3のSC相模原で24シーズン目を戦う川口。プロとして長くプレーするために必要のことは何か?

     その問いに「情熱、自己管理、結果を残すこと。そして、サッカーを始めた原点に返ること」と答える。

    「プロである以上、日々のトレーニングから真摯に取り組み、100%の力を尽くす。そして、どんな状況でもグラウンドの上では弱みを見せない。これらを継続しているからこそチームは僕と契約し、試合に足を運んでくれるファンの方々もいると思っています。

     プロ選手としてプレーするのは、当然、楽しいことばかりではありません。パフォーマンスが悪ければ試合に出られないし、失点すれば責任を問われる。でも苦しいときこそ初心を思い出すことが大切。僕はサッカーを好きで始めたし、楽しいから今も続けている。その純粋な気持ちがあるかないかで、練習の取り組み方から変わるんです」

    「スーパーセーブ」――。川口の活躍を評するとき、過去に幾度となく登場した言葉だ。彼の「スーパーセーブ」につながる強さは、どこから来るのか。

    川口が「スーパーセーブ」を呼べる理由、「強い野心、ちょっとした遊び心」の必要性

    「僕の場合、自分が目立ってやろう、勝利の立役者になろうという気持ちが底力となります。GKはゴールを守る最後の砦。誰も助けてくれません。チームのために戦う、というのはベースにありますが、それだけでは圧倒的にパワーが足りない。勝負を決めるためには『自分が主役になってやる!』という強い野心、ちょっとした遊び心が力になるんです」

    「そもそもスーパーセーブと言われるプレーはいつも練習でやっていること」と川口。

    「行きつくところ、本番で出せる力のベースは日々のトレーニングにあります。練習と試合ではシーンが変わるだけのこと。いかに試合を想定し、練習時から全力で取り組めるか否かが左右する。つまり、日頃のトレーニングから闘いなんです。観客がいない練習場でも、試合と同じ気持ちで100%のプレーをする。その積み重ねがあって、本番に力を発揮できる。スーパーセーブなんて、急にはできません(笑)」

     時には100%の力で練習に臨む難しさを感じることもある。体が痛い、気持ちがのらないときもあるし、J3でプレーする今はグラウンド内外問わず、チームに頼らず自分自身でやらなくてはいけないことも多い。しかし、苦しくなればなるほど、“サッカーが好きだ”という気持ちに行きつくという。

    「だから、現役を続けている」―42歳、今なお想い続ける“サッカーの魅力”とは

    「確かに今は練習着の洗濯もシューズの管理も自分でしなければいけないし、グラウンドもJ1のようないい環境を望めません。でも現役選手にこだわり、続けようと決めたのは自分。そのために必要な努力は惜しまない。僕にとって最も辛いのは試合に出られないこと。

     ピッチの外で『何故、出られないんだ』『何故、勝てないんだ』とジリジリする時間はものすごく苦しい。だけど、グラウンドに入れば、練習を、試合をやれる充実感に満たされる。それまでに感じていた辛さなど、一瞬で忘れてしまいますよ」

     プロ選手である限り、きれいごとでは済まされないことがたくさんある。でも、それにも勝る魅力がサッカーにはある、と川口。

    「サッカーを、GKをやっていることが本当に楽しい。だから、現役を続けているのだと思います。僕は完全にサッカーに取りつかれているんです」

    (終わり)

    <川口能活、初著作「壁を超える」を刊行>

     川口は初著作「壁を超える」をこのほど上梓した。

     42歳現役選手を支え続けるものとは何か――。順風満帆に見えて、実際は今ほど整っていない環境での海外移籍や度重なる怪我など辛い時期を幾度も乗り越えてきた。メンタルが問われるゴールキーパーという特殊なポジションで自分自身を支え続けるものは何なのか。

    第1章 苦境のおしえ
    第2章 人を育てるということ、組織(チーム)を率いるということ
    第3章 リーダーの肖像 ――指揮官たちに教わったこと
    第4章 厳しかった日々と家族の存在
    第5章 「現役」であること、「引退」に思うこと

    「あの時」、川口は何を思っていたのか――。

    定価:本体800円+税 ISBN:978-4-04-082166—5

    長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima

    かつて日本代表でも数多くのスーパーセーブを披露してきた川口能活【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画あり】「チームのために、では圧倒的に足りない」 川口能活がスーパーセーブを呼べる理由】の続きを読む


    浦和の「輝かしい出だし」を支えた人物は? “プレッシャーの鬼”を海外称賛「大きな武器」



    ACL決勝第2戦、立ち上がりからハイプレスを敢行…長澤が流れを作る立役者に

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(CL)決勝第2戦は25日、浦和レッズがアル・ヒラル(サウジアラビア)を1-0で破り、10年ぶりにアジア王者に輝いた。手に汗握る接戦に終止符を打ったのは決勝弾を叩き込んだFWラファエル・シルバだが、相手に攻め込まれながらも無失点で切り抜けられた背景には日本代表MF長澤和輝の存在があった。海外メディアも「プレッシングをかけ続けていた唯一の人物」と評した上で、「浦和の大きな武器となっていた」と称賛している。

     浦和のみならず、日本サッカー界にとっても大きな勝利だった。

     敵地での初戦を1-1と引き分けた浦和は、立ち上がりからハイプレスを敢行。アル・ヒラルにボールを持たれても、球際で激しい“デュエル”を展開し、簡単にチャンスを作らせなかった。スコアレスで前半を折り返したゲームが動いたのは後半43分。相手最終ラインの背後に出たボールにシルバが抜け出すと、GKとの1対1で強烈なシュートを決めて待望の1点を奪った。

     退場者を出しながらも猛攻を仕掛けるアル・ヒラルをはね返し、浦和は1-0で勝利。10年ぶりのアジア王者に輝くとともに、12月にUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップ(W杯)への出場を決めた。5万7727人の大観衆を歓喜の渦へと誘った一戦で、中盤を支えたのが11月の欧州遠征で日本代表デビューを飾った長澤だった。

    中盤を支えた圧巻の守備「プレッシャーをかけ続けた唯一の人物」

     海外メディアも反応し、米スポーツ専門局「ESPN」は「浦和の出だしは最高に輝かしいものだった」と評するとともに、その理由について記している。

    「アル・ヒラルの守備陣に激しいプレッシャーをかけ続け、開始1分でナガサワが決定機を創出してみせた。すぐさまプレッシャーを再開したナガサワは、相手GKが少しサイドへと寄った際にまで従順にプレッシングをかけ続けていた唯一の人物だった」

     この日、4-1-4-1のインサイドハーフでプレーし、絶え間ないプレッシングと体を張ったブロックでアル・ヒラルの攻撃を無効化した長澤の働きを称賛。「アル・ヒラルはゾッとさせるような埼玉の空気に飲まれ、まるで風邪をこじらせているかのようだった」と振り返り、「ナガサワは浦和の大きな武器となっていた」と“プレッシャーの鬼”に賛辞を送った。

     急成長を遂げた長澤の活躍もあり、2007年以来となるアジアの頂点に立った浦和。次なる舞台はクラブW杯。FW本田圭佑を擁するパチューカ(北中米カリブ海)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら豪華なタレントを誇るレアル・マドリード(欧州)など、各大陸の王者が集う大舞台で、今度は「世界一」の称号を掴みに行く。

    【動画】10年ぶりに訪れた歓喜 ACL決勝公式ツイッターが公開した浦和レッズの“赤き戴冠式”


    【動画】10年ぶりに訪れた歓喜 ACL決勝公式ツイッターが公開した浦和レッズの“赤き戴冠式”

    ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

    浦和レッズの日本代表MF長澤和輝【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【浦和の「輝かしい出だし」を支えた人物は? “プレッシャーの鬼”を海外称賛「大きな武器」】の続きを読む



    (出典 rr.img.naver.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2017/11/26(日) 21:56:43.91 ID:CAP_USER9.net

    ハリル監督、杉本褒めて清武には慎重 C大阪戦視察
    2017年11月26日18時51分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201711260000588.html

    C大阪対神戸 スタンドから観戦するハリルホジッチ監督(撮影・加藤哉)

    (出典 www.nikkansports.com)


    <明治安田生命J1:C大阪3-1神戸>◇第33節◇26日◇ヤンマー

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が視察に訪れた。セレッソ大阪の日本代表FW杉本健勇(25)が2発を決めて結果を出した。中でも相手DFの頭上から頭でたたきつけてきめた前半41分の同点ゴールを「1点目は素晴らしかった」とほめた。

    また、元日本代表MF清武弘嗣(28)については「よくなっていると思う。ただ、代表で通用するレベルかは別問題。さらにいいコンディションをみせてもらいたい」と慎重だった。


    【【動画あり】ハリル監督、C大阪 2得点のFW杉本褒めてMF清武には慎重 C大阪-神戸戦視察】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 赤黒梟 ★ :2017/11/26(日) 15:37:32.49 ID:CAP_USER9.net

    ●仙台 2 - 2 横浜
     前半05分:【横浜】天野 純
     前半19分:【仙台】大岩 一貴
     前半28分:【仙台】石原 直樹
     後半43分:【横浜】オウンゴール

    ●鹿島 0 - 0 柏

    ●大宮 0 - 0 甲府

    ●清水 2 - 3 新潟
     前半14分:【清水】金子 翔太
     前半29分:【清水】北川 航也
     後半26分:【新潟】ホニ
     後半40分:【新潟】加藤 大
    後半44分:【新潟】酒井 宣福

    ●G大阪 0 - 1 札幌
     後半27分:【札幌】ジェイ

    ●C大阪 3 - 1 神戸
     前半11分:【神戸】渡邉 千真
     前半41分:【C大阪】杉本 健勇
     後半22分:【C大阪】マテイ ヨニッチ
     後半42分:【C大阪】杉本 健勇

    ●広島 2 - 1 東京
     前半45分:【広島】柴崎 晃誠
     後半14分:【東京】山田 将之
     後半21分:【広島】稲垣 祥


    ●鳥栖 0 - 2 磐田
     前半01分:【磐田】オウンゴール
     後半11分:【磐田】川又 堅碁


    【柏の意地で鹿島足踏み 止まらない札幌ジェイまたゴール! 広島自力で残留決定 無念…大宮力尽きる】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2017/11/25(土) 22:53:20.12 ID:CAP_USER9.net

    優勝後の表彰式で発表 浦和はフェアプレー賞も受賞
     
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の今季の戦いが全て終わり、25日の決勝第2戦でアル・ヒラル(サウジアラビア)を破った浦和レッズのMF柏木陽介が大会MVPに輝いた。

    浦和は初戦のアウェーゲームを1-1で乗り切ると、ホームでの第2戦は苦しい展開になった。ボールを保持されて猛攻を受けたが、堅い守備組織で跳ね返し続けると、

    後半43分に最終ラインの背後に抜け出したFWラファエル・シルバがGKとの1対1で強烈なシュートを決めて決勝ゴール。1-0で勝利し、2戦合計2-1で勝利した。

    試合が終わった後のピッチでは表彰式が行われ、10年ぶり2回目の優勝を飾った浦和はフェアプレー賞も受賞。得点王には10得点を挙げたアル・ヒラルのFWオマル・フリービーンが輝いた。

    そしてMVPが柏木と発表されると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。トロフィーを受け取った柏木は、スタジアムを埋めた浦和サポーターを指さしながらトロフィーを見せると、ユニフォーム左胸のエンブレムを叩いて喜びと感謝を示した。

    決勝の直前に「しっかり整理して臨みたかった」と、来季以降の浦和との契約延長を発表した柏木は、守勢に回るチームのなかでも奮闘した。

    そして、後半終了間際に退くまで戦い続けた“走るファンタジスタ”は、MVPの栄誉を胸に、来月のFIFAクラブワールドカップで世界との戦いに挑んでいく。

    11/25(土) 21:52配信 FOOTBALLZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00010023-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【<柏木陽介>ACL大会MVPを受賞! 表彰式で大きな拍手 浦和はフェアプレー賞も受賞】の続きを読む

    このページのトップヘ