Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 日本リーグ



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ブラジル人DFダンクレー、Jリーグでの活躍を誓う 「夢はブラジル代表」

     J1ヴィッセル神戸ブラジル人DFダンクレーは、今年2月にポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバルから移籍したが、欧州と日本におけるサッカーの違いについて持論を展開している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版のインタビューで語った。

     現在27歳のダンクレーは母国ブラジルのヴィトーリアでプロキャリアをスタートさせ、ボタフォゴとジョイヴィレを経て、ポルトガルエストリル・プライアへ移籍。その後はフランスのRCランスポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバルでプレーし、Jリーグ開幕直後の2月25日に神戸へ完全移籍した。

     ダンクレーは3月2日の第2節サガン鳥栖戦(1-0)で先発フル出場を飾ってJリーグデビュー。以降はリーグ戦7試合連続フル出場を続けるなどチームに不可欠な存在となっている。来日から3カ月近くが経つなか、早くも適応しているダンクレーはJリーグでの活躍を誓う。

    「日本サッカー史に自分の名前を刻み付けたい。もちろん、他の選手と同様に夢はブラジル代表。アジアプレーしていても可能だ。(元ブラジル代表MF)パウリーニョ(広州恒大/中国)のような例もある」

     そんなダンクレーに飛んだ質問の一つが、欧州と日本の違いだ。フランスポルトガルプレーしたブラジル人DFの目に、日本サッカーはどのように映っているのだろうか。

    欧州に引けを取らないサッカーの質、「日本ではフィジカル的な準備が欠かせない」理由

     ダンクレーは「ヨーロッパと日本は、それほど変わらないよ」と切り出し、日本サッカーの質は欧州に引けを取らないと語る。その一方、「日本のほうが、動き回るサッカーをしている」とスタイルの違いを指摘した。

     そのうえで「日本人は監督の指示に従うし、戦術的にも優れている。それにゲームスピードと強度も高い。決して動き回ることを止めず、最後までプレスをし続ける」と、日本サッカーの特徴を次々と挙げた。豊富な運動量をベースとしたスタイルが日本で根付いていると感じており、「だから、日本ではフィジカル的な準備が欠かせないんだ」と明かす。

     187センチ・80キロの体躯を駆使して1対1の球際で圧倒的な強さを見せる一方、足もとの技術もDFとしては高水準を誇るダンクレー。早くも“当たり助っ人”の声も出ているなか、名DFとしてJリーグ史に名を刻むことになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸DFダンクレー【写真:木鋪虎雄】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸の海外助っ人DFが語る、日本と欧州サッカーの違いは? 「日本のほうが…」】の続きを読む


    no title



    読者の皆様は、「疑似カウンター」という言葉をご存知だろうか。

    自陣の低い位置でパスを繋いで相手を誘い出し、そのことによって空いたスペースを突いて一気に攻める攻撃のことを昨今ではこのように呼ぶことがある。

    これを高いレベルで実践しているのが大分トリニータだ。

    彼らは片野坂知宏監督が就任した2016年以来、その独特のポゼッションサッカーによりJ3からわずかに3年でJ1へと駆け上がり、今季もここまで4位と昇格チームとは思えない戦いを繰り広げている。

    先週末に行われたガンバ大阪とのアウェイ戦では、それがよく分かる場面があった。

    サイドを広く使った見事なボール回しであるが、目に付くのは何と言ってもGK高木駿の高いポジション。これがポイントだ。

    エリアから大きく飛び出し組み立てに参加する高木に対し、ガンバの選手たちは当然のごとくプレスで襲いかかる。しかしこれこそが大分の罠だった。

    足元に絶対の自信を持つ高木は、巧みなボール技術でこれをかわすと前方へロングフィード。

    ボールを奪おうと前がかりになったガンバの中盤はぽっかり空いており、パスを受けた大分の選手たちはこの広大なスペースを存分に使って一気にシュートにまで運んだのであった。

    【関連記事】大分MF小塚、50m級「超ロングスルーパス」がエグい

    この場面では得点に繋がらなかったが、全ての選手が意思を共有し、ガンバをいとも簡単に崩した大分の「疑似カウンター」。J1でも最上位と言えるこの熟練度で彼らの快進撃はどこまで続くのであろうか。

    快進撃の大分、噂の「疑似カウンター」がすごい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】快進撃の大分、噂の「疑似カウンター」がすごい】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/24(水) 08:42:13.94 ID:M6BfyvjE9.net

    ヴィッセル神戸は23日、クラブ公式ツイッター(@visselkobe)上でMFアンドレス・イニエスタが新キャプテンに就任することを発表した。
    自身もキャプテンマークを返上する意向を明かしていた。

    この神戸の“お家騒動”にバルセロナの地元紙『エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ』も注目している。
    「アンドレス・イニエスタがルーカス・ポドルスキのキャプテン辞任に伴い、ヴィッセル神戸の新主将に任命された。
    副キャプテンを務める地元選手の西大伍、山口蛍とともに、日本の最も重要なチームの1つの腕章を着用する責任を負うことになった」と報じ、神戸のチーム状況を次のように伝えた。

    「イニエスタはバルセロナで22個の国内タイトルと10個の国際タイトルを獲得した後、2018年に契約を終了して神戸に加入した。
    現在、神戸にはスペインリーグの古くからの知人や、2014年にドイツ代表の選手として世界チャンピオンに輝いたルーカス・ポドルスキなど、ワールドクラスの優れた選手たちがいる」

    「兵庫県のチームに最近追加されたのはダビド・ビジャだ。彼はアメリカMLSのニューヨーク・シティを経て、昨年末にJ1リーグへ来た。
    セルジ・サンペールも神戸でプレーするもう1人のスペイン人選手。バルセロナの下部組織出身の彼はクラブとの契約を解消した後、アジアの国に到着した。過去のキャリアで怪我に悩まされていたが、新しいリーグで再起を試みている」

    だが、神戸はこれらの豪華なタレントを擁しながらもシーズン序盤で苦戦が続き、現在リーグ戦3連敗中。
    一時4位まで浮上したが、第8節終了時点で3勝1分4敗(勝ち点10)の11位となっている。

    同紙は「大スター(世界チャンピオン3人)がいるにもかかわらず、神戸は今季の初めに多くの苦しみを味わっている。
    リーグ戦18チームのうち11位。スペイン人監督のフアン・マヌエル・リージョとの契約解除に合意した後、吉田孝行がファーストチームの指揮を執ることになった」と、神戸の難しい現状をレポートした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-43466275-gekisaka-socc
    4/24(水) 8:07配信


    【【Jリーグ】バルサ地元紙が神戸のドタバタ劇に注目「世界王者が3人もいるのに苦しんでいる」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    MLSが有力候補と伝えられるも、中国や中東と共にFC東京もオファー提示と報道

     バイエルン・ミュンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは今季限りでの退団を表明しているが、海外メディアでは数多くの新天地のなかでFC東京も候補に含まれていることが報じられている。スペイン紙も「ロッベンは日本での新たな挑戦を見据えている」とJリーグ参戦の可能性を取り上げている。

     これまでチェルシーレアル・マドリードなど世界屈指のビッグクラブプレーしてきたロッベンは、2009年バイエルンへ加入。リベリーと両ウイングから仕掛ける攻撃がチームの軸となり、“ロベリー”のコンビ名で世界でも人気を博した。在籍10年目を迎え、バイエルンロッベンにとって最も所属歴の長いクラブとなったが、契約満了となる今季限りで退団となる。

     今季終了後にメジャーリーグサッカーMLS)への移籍が有力であると報じられてきたが、ここにきてFC東京入りの可能性が急浮上しているようだ。伊メディアカルチョ・メルカート」によると、ロッベンに対しMLSに加えて中国や中東、古巣のPSVや強豪インテルが関心を示しているとのことだが、日本からはFC東京がオファーを提示したと伝えている。

     さらに、スペイン紙「AS」は「ロッベンMLSを通過して日本での新たな挑戦を見据えている」と見出しを打って報じ、「バイエルンウィンガーはアメリカではなく日本のJ1リーグへの移籍を好んでいるのかもしれない」と綴っている。世界中のファンを魅了したカットインシュートが、Jリーグで見られる日は来るのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    今季限りでバイエルン退団を表明しているFWロッベン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「日本での新たな挑戦を見据えている」 ロッベンのJリーグ参戦報道にスペイン紙も注目】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/23(火) 12:50:44.17 ID:v6GU9kqD9.net

    もはや内紛状態だ。神戸は20日の明治安田生命J1リーグ第8節・浦和戦(埼玉)に0-1で敗れ、11位に低迷している。

    総年俸40億円超の日本版銀河系軍団は、空中分解寸前か。クラブは17日に就任わずか7カ月目のリージョ前監督の契約解除と、昨年9月まで指揮を執っていた吉田孝行監督の再登板を発表。前監督は「私と家族にとっては、こうする事がベストだと思いました」と謎めいたコメントを残した。元ドイツ代表FWポドルスキは同日、主将を辞任した。

     こうして迎えた浦和戦は、スペイン代表MFイニエスタがコンディション不良で今季リーグ戦を初めて欠場。吉田監督は「全然大きな問題じゃない。その程度のケガです」と詳細を明かさなかった。

     ポドルスキは先発出場したが、後半14分、思うようにボールが渡されないことにいらだち、ボールボーイに「huren sohn!(フーレン・ゾーン=ドイツ語で“クソ野郎”という意味)」と暴言を浴びせたところを実況中継のマイクが拾い、欧州にも拡散して物議を醸している。試合後には改めて主将辞任の理由について「自分に対する信頼も含めて、はっきりしたモノがみえなかった」と語った。

     不穏なムードの要因は、オーナーである楽天・三木谷浩史会長兼社長(54)にあるとみる関係者が多い。


     神戸のシーズン途中の監督交代は3季連続。このクラブの監督は“短命政権”に終わるケースがあまりに多い。

     かつての神戸スタッフのひとりは「現場介入が甚だしい。私がいたときには、試合前日に三木谷会長が決めたスタメンがファクスで送られてきた。当時の監督、コーチはやがてそれを破り捨てるようになりましたけどね」と証言する。

     昨年のW杯ロシア大会直前に日本代表監督に就任しベスト16に導いた西野朗氏(64)も、2012年5月に神戸監督に就任し、わずか6カ月で解任されている。

     そんな三木谷会長が進める神戸の“バルサ化”は、どう結実するのだろうか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2019.4.23 ザクザク
    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/190423/spo1904230005-s1.html

    写真

    (出典 www.zakzak.co.jp)


    【【Jリーグ】<ヴィッセル神戸“内紛状態”…>原因は三木谷会長か 元スタッフが証言!「現場介入が甚だしい】の続きを読む

    このページのトップヘ