Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



     マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、スペイン代表MFダビド・シルバのパフォーマンスを絶賛した。12日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     12日に行われたプレミアリーグ第30節アウェイでストークと対戦したマンチェスター・C。終始ゲームを支配し、ポゼッション率は77パーセントを記録して2−0で完封勝利を収めた。

     試合後インタビューに応じたグアルディオラ監督は、2ゴールを挙げたシルバについて「今日のダビドのゴールには満足している」と語り、以下のように称賛した。

    「彼は今シーズン多くのゴールを決めている。完璧に試合のテンポをコントロールしていた。普通みんなは、彼のスキルや技術力について語るが、彼には積極的に競り合う一面があることを忘れてはならない」

    「スキルについて疑いようはないが、彼は悪い場面ではいつも正しい位置にいる。試合をコントロールして、チームにテンポを与えていた。それにたくさん走っていることもチームを助けているね」

     現在32歳のシルバは今シーズン、ここまで公式戦33試合に出場し9ゴール12アシストを記録している。

    2ゴールを記録したシルバ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンC指揮官、2得点のシルバを絶賛「試合をコントロールしていた」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    昨年10月のスパル戦で決めた直接FK弾を彷彿させるゴールで首位返り咲き

     ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、現地時間11日のリーグ第28節ウディネーゼ戦で2ゴールを挙げ、チームを2-0の勝利に導いた。先制点は鮮やかな直接FKでマークしたが、“デジャブ弾”に「将軍」「ファンタジー」と称賛が集まっている。

     前半20分に試合が動く。ペナルティーアークやや右後方でFKを獲得したユベントスは、ディバラがキッカーを担当。ウディネーゼが壁4人を含むフィールドプレーヤー全員をペナルティーエリア内に配置して警戒するなか、天才レフティーは迷わず左足を一閃する。壁の上を越えたボールは、GKから逃げていく綺麗なカーブを描いてゴール右隅に突き刺さった。

     完璧な一撃に、ウディネーゼの元アルゼンチン代表GKアルバノ・ビザーリもノーチャンスで唖然。ディバラは後半4分にも今季リーグ戦17ゴール目となる追加点を奪い、2-0と勝利したチームはナポリを抜いて再び首位に浮上した。

     ユベントスは13日に公式ツイッターを更新。「パウロ・ディバラを見よ!」と一言が添えられた動画は、中央で二分割され、同じような光景が収められている。右側はウディネーゼ戦の直接FKだが、左側は昨年10月25日に行われた第10節スパル戦のものだ。キックポイントから、シュートの軌道、ネットを揺らす位置までほぼ同じ。今回のゴールは、スパル戦の“デジャブ弾”だったと言っていい。

     投稿の返信欄には、ファンから「パウロはプラティニのように将軍」「セリエAの宝」
    「ファンタジー」「壮観だ」「アメージング、素晴らしい、そしてハンサム」と称賛が相次いでいる。

     右太ももの故障で約1カ月の離脱こそあったが、ユベントス1年目の2015-16シーズンに挙げた19得点の自己記録を更新する勢いを見せるディバラ。チームのリーグ7連覇には、エースのさらなる爆発が欠かせない。


    (Football ZONE web編集部)

    第28節ウディネーゼ戦、ディバラが鮮やかな直接FK弾で先制点をマーク【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーベ10番ディバラ、驚異の“デジャブFK弾”にファン興奮…】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



     マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、フランク・デ・ブール氏からの批判に反論した。12日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

     F・デ・ブール氏はイギリスメディア『BT Sport』で「(マーカス)ラッシュフォードにとって監督がモウリーニョであることは悲しいことだと思う」と語り、以下のように続けた。

    「彼はミスをしてしまうかもしれないが、時間を与えてあげるべき選手だよ。だが、モウリーニョはそんなことが嫌いだ。結果しか求めていないからね。1、2試合ダメだとすぐ試合から外してしまう。マーカスはまだ若く、たくさんの試合を経験する必要がある」

     このような批判を受けたモウリーニョ監督は、すぐさま次のように反論した。「プレミアリーグ史上最悪の監督であったフランク・デ・ブールが、ラッシュフォードにとって私のような監督は良くないと言っているのを見た」

    「もし、ラッシュフォードがフランクから指導されたら負け方を教わることになる。彼は全ての試合で負けていたのだからね。私はいつも子供のような選手たちには全力を尽くしている」

    「若い選手にとってたくさんの試合に出場することは大切なことだ。だが、彼が昨シーズンと今シーズン私の下で何試合に出場したか数えてみるといい。上位5人の中に入っていると思うよ」

     F・デ・ブール監督は今シーズンクリスタル・パレスを指揮していたが、プレミアリーグ開幕4試合で4連敗を喫し、就任からわずか77日で解任。プレミアリーグ史上最短でクラブを去っていた。

    自身への批判に反論したモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】モウリーニョ、批判にすぐさま反撃「プレミア史上最悪の監督だ」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、苦境に陥る現在の心情を母国メディア『Panenka』のインタビューで語った。

     今シーズン、リーガ・エスパニョーラ第28節終了時点で13試合に出場、そのうち先発は4に止まり、出場時間はわずか473分と無敗を維持するチームで出場機会を得られていないA・ゴメス。

     ユヴェントスからの関心も報じられ、退団の噂が広がっている中、インタビューに応えたA・ゴメスは「僕はフィールドで良い感触を得られていない。好きなことを楽しめていないんだ」と話すと「最初の6カ月はかなり良かったが、それは変わった。正しい言い方ではないかもしれないが、ちょっと地獄に変わったね。多少のプレッシャーは気持ちの良いものだが、試合中は気分が悪いよ」と、現在の苦悩を吐露した。

    「トレーニングでは僕は非常にリラックスしているんだ。チームメイトとの関係も快適に感じる。だけど、明らかに自信が低いと感じる日があり、それがトレーニングで目立ってしまうことがあるんだ。試合が常に頭の中にあって、それが僕を前に進ませてくれないんだ」

    「幾度となく、僕は自分の家を離れたくない時があった。僕は自分の不満を取り除くことはできない。そして誰にも話さない。気にしないで欲しい。僕にとってそれは恥ずかしいことなんだ。チームメイトは僕をたくさん助けてくれるが、仕事はやり方によってうまくいかないものなんだ」

     現在24歳のA・ゴメスは2016年にバルセロナに加入し、2021年まで契約を残している。チャンピオンズリーグ(CL)やリーグも佳境に入り、総力戦となってくるシーズン後半戦での奮起に期待が集まる。

    バルセロナで出場機会を得られていないA・ゴメス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】出場時間「473分」のA・ゴメス…バルサでの生活は「地獄に変わった」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



     アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、すでに噂されるバルセロナへの移籍で合意に達しているようだ。12日付でスペイン紙『アス』、『マルカ』などが報じている。

     同紙の他にも『ムンド・デポルティーボ』などのスペイン各紙はフランスメディア『Le 10 Sport』の記事を引用し、グリーズマンは昨年秋にバルセロナと移籍ですでに合意に達しており、アトレティコ・マドリードとの契約もすでに打ち切っていると伝えている。

     クラブ側もグリーズマン慰留のために、大幅な給料改善や長期契約を提示したが、同選手はこれをすべて拒否したという。これにより今シーズン終了後のバルセロナへの移籍が『確定』したようだ。

     先日、「妻がバルセロナで新居探しをしている」との報道で再燃していたグリーズマンのバルセロナ移籍の噂だが、すでにそれは既定路線となっているようだ。

    グリーズマンのバルセロナ移籍はすでに既定路線となっているようだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】グリーズマン、昨年秋にバルサ移籍内定済みか…クラブとの契約延長も拒否…】の続きを読む

    このページのトップヘ