Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ


    インテルなどで活躍したカンビアッソが37歳で現役引退。今後は指導者へ | ニコニコニュース



    元アルゼンチン代表のエステバン・カンビアッソ【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     元アルゼンチン代表MFのエステバン・カンビアッソは、所属していたギリシャのオリンピアコスを退団して現役を引退することを発表した。7日付のアルゼンチン紙『クラリン』が伝えている。

     現在37歳のカンビアッソは母国アルゼンチンのインデペンディエンテとリーベル・プレートでプレーしたあと、2002年から2年間はレアル・マドリーに所属。2004年に移籍したインテルではレギュラーとして10年間を過ごし、2010年の3冠達成を含む数多くのタイトル獲得に貢献した。

     インテルを離れたあと、2014/15シーズンにはレスター・シティのプレミアリーグ残留に大きな役割を果たし、チームの年間最優秀選手に選ばれた。過去2年間はギリシャの強豪クラブであるオリンピアコスでプレーしていた。

     アルゼンチン代表としても50試合以上に出場したカンビアッソは今後、指導者の道に進むとのことだ。すでに欧州サッカー連盟(UEFA)のAライセンスを取得し、ユースチームや下部リーグのチームで指揮を執ることは可能となっている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【インテルなどで活躍したカンビアッソが37歳で現役引退。今後は指導者へ | ニコニコニュース】の続きを読む


    アザール、レスター戦に帯同へ…コンテ監督は限定的な起用を示唆 | ニコニコニュース



    トレーニングで軽快な動きを見せるアザール [写真]=Chelsea FC via Getty Images
    サッカーキング

     チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、9日に行われるプレミアリーグ第4節・レスター戦に帯同するようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日付で伝えている。

     アザールは今年6月にベルギー代表での練習中に足首を負傷。手術を受けた影響で、今シーズンここまではチェルシーでの公式戦出場はなかった。しかし、8月31日の2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選第9節・ジブラルタル代表戦では先発出場し、ゴールもマーク。復活をアピールしていた。

     チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、アザールについて前日記者会見で「エデンは起用可能だ。彼は明日の試合のスカッドに入っているし、とても良くなっているよ。彼は戻るために本当に良く努力している」と言及。メンバー入りを明らかにしている。

    「彼を戦力にカウントできると思っているが、彼に与える出場時間を適度にしなければいけないのは間違いない」と続け、限定的な起用を示唆したコンテ監督。ケガ明けとあって、やはり無理はさせたくない意向のようだ。

     レスターの本拠地キング・パワー・スタジアムで行われるこの試合は、現地時間15時(日本時間23時)キックオフを予定している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アザール、レスター戦に帯同へ…コンテ監督は限定的な起用を示唆 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ジダンが今季レアルで目指す究極スタイル バルサ相手でも「ポゼッションで上回る」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    就任3シーズン目の目標を語る 「私は最高のスタイルを模索している」

     

     レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、トップチームの監督就任1年半でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)2連覇、昨季のリーガ・エスパニョーラ制覇などタイトルを勝ち取っている。現役時代に天才司令塔として君臨した男は、今季の目標として「サッカースタイルの変化」を掲げている。衛星放送「ビーインスポーツ」で語ったもの。

     

     45歳のジダン監督は、レアル下部組織カスティージャの監督から昇格1年目でCLのタイトルを手にしている。現役時代に華麗なテクニックで中盤に君臨した実績に加え、FWクリスティアーノ・ロナウドにターンオーバーでの起用を納得させるほどのカリスマ性とマンマネジメント能力で、早くもサッカー界の名将の仲間入りを果たした。

     

     そして指揮官は、今季目指すサッカースタイルについて次のように語っている。

     

    「私には卓越した選手が数多くいる。彼らにはいいサッカーをしてもらいたい。私は最高のスタイルを模索している。相手よりもポゼッションを支配することだ。たとえ、バルセロナが相手だろうと」

     

     

     

    “BBCトリオ”に加えて中盤の人材が充実

     

    “ティキ・タカ”と呼ばれる圧倒的なポゼッションを誇った黄金時代のバルセロナに対して、レアルは“BBCトリオ”と呼ばれるFWカリム・ベンゼマ、FWギャレス・ベイル、ロナウドの看板3トップを全面に押し出した高速カウンターを武器にしていた。だが、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロースという円熟味を増した両司令塔に加え、MFイスコ、MFマルコ・アセンシオら高い技術を誇るタレントも台頭。ポゼッションスタイルを極めるための人材は揃っている。

     

     そしてジダン監督は今季、スタイル変更へと一気に舵を切るつもりだという。3シーズン目を迎えているジダン体制のレアルは、新たなステージへと足を踏み入れるのだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジダンが今季レアルで目指す究極スタイル バルサ相手でも「ポゼッションで上回る」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    37歳カンビアッソが現役引退…インテルでは5度のセリエA優勝を経験 | ニコニコニュース



    インテルなどで活躍したカンビアッソが現役引退 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが、現役を引退した。

     オリンピアコスは8日、クラブ公式ツイッターに動画付きでメッセージを投稿。「エステバン、いろいろとありがとう!」とカンビアッソに感謝の意を示した。

     カンビアッソは現在37歳。レアル・マドリードの下部組織から母国・アルゼンチンでのプレーを経て2002年にレアル・マドリードに復帰すると、2004年にはインテルへ移籍。同クラブでは5度のセリエA優勝や4度のコッパ・イタリア優勝を経験し、2009-10シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も成し遂げた。2014-15シーズンはレスターでプレーし、同クラブのプレミアリーグ残留に大きく貢献。2015年8月よりオリンピアコスに所属していた。

     カンビアッソは2000年から2011年にかけてアルゼンチン代表としても活躍。通算52試合出場5得点を記録している。

     古巣・レスターの地元紙『レスター・マーキュリー』もカンビアッソの現役引退を報道。その中で、カンビアッソが今後は指導者の道に進むことも伝えている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【37歳カンビアッソが現役引退…インテルでは5度のセリエA優勝を経験 | ニコニコニュース】の続きを読む


    欧州中に広がる移籍市場”繰り上げ閉幕”の気運 フランスもプレミア案に同調か | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    フランスのリーグ機構が年内の会議で結論を出す意向

     

     イングランド・プレミアリーグが、来季から夏の移籍ウインドーをリーグ開幕週の木曜日にクローズすることを決定したが、この動きにフランスも追随する模様だ。フランスのラジオ局「RMC」が報じている。

     

     欧州主要リーグのなかで比較的開幕の早いプレミアリーグでは、リーグ開幕後に選手が移籍してチームのメンバーが代わっていくことや、主力が引き抜かれていくことに疑問が呈されていた。そうしたなか、来季からは夏の移籍市場がリーグ開幕日に合わせてクローズされることが決定。実質的に英2部から4部のリーグを取り仕切るチャンピオンシップも、9月中に実施される会議で同様の決定がされる模様だ。

     

     そうしたなか、フランスもイングランドの動きに合わせて夏の移籍ウインドーの繰り上げクローズに追随する模様だ。フランスは今季、移籍市場最終日にメガディールが実現したが、その一方で代表活動と重なったからこそ実現しなかった移籍交渉もあった。

     

     今季、フランスでは8月末のインターナショナルマッチウィークと移籍市場の最終日が重なり、すでに下交渉が終わっていたモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペのパリ・サンジェルマン行き(期限付き)は実現した一方で、モナコのMFトマ・レマルの獲得に動いたアーセナルは、フランス代表のディディエ・デシャン監督に代表活動中に選手が集中力を削がれることを嫌われ、交渉すらできずに門前払いとなった。こうしたことは、リーグ開幕前の時点でウインドーが閉じていれば発生しない。

     

     フランスのリーグ機構は移籍市場の最終日を繰り上げることに前向きで、年内の会議で結論を出すことになるという。

     

     欧州中に広がる勢いを見せつつある夏の移籍市場の最終日繰り上げへの気運だが、今後イタリアやスペインなどにも拡大していくのか。サッカー界における注目ポイントの一つになっている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州中に広がる移籍市場”繰り上げ閉幕”の気運 フランスもプレミア案に同調か | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ