Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/26(日) 06:32:02.10 ID:CAP_USER9.net

    DFBカップ1回戦では、ドルトムントのトップチームに帯同しなかった香川真司。トルコのベジクタシュへの移籍がさかんに取り沙汰されていたが、このたび新たな移籍先が浮上した。リーガ・エスパニョーラのセビージャだ。スペインの地元紙『eldesmarque』が報じている。

    「セビージャはまだ、攻撃の司令塔を探している。その候補リストには、ドルトムントの29歳、日本人選手の香川真司の名前がある。セビージャは香川にとても興味を持っており、自分たちの現状と彼が移籍することの重要性について伝えたいと考えているようだ」

     しかし、まだオファーには達しておらず、それはセビージャが他選手にも興味を持っているからだとしている。

    「セビージャはリストアップした選手のうち、パリ・サンジェルマンに所属するユリアン・ドラクスラーの獲得に動いているとも考えられる。香川に対しては、オファーこそ出していないが、すでにコンタクトは取ったようだ」

     ちなみに同記事中では、「マルセイユも、香川に興味を持っているクラブのひとつ。しかし、香川はスペインでプレーしたいと考えているようだ」とも報じている。

     様々な可能性が挙げられているが、香川の移籍については、ドルトムントサポーターの間でも賛否両論のようだ。

     同チームのコミュニティー内では、「カガワにとってはいい移籍じゃないか」「彼はとてもいい選手だけど、活躍できる場所を選んでほしい」といった、移籍を容認する声が上がっている。

     しかし、それと同数以上の「カガワの移籍は間違いだろ」「シンジの放出は、チームの弱体化に他ならない。ロイスがまた負傷したら? 今の前線で攻撃が組み立てられるとでも?」といった反対の声も。

     香川自身はロシア・ワールドカップ後に再三、「僕自身がもっとレベルアップするためにも、個人の力を見つめ直したい」と発言していた。その目標を叶えるために、果たして、ブンデスリーガ、プレミアリーグを渡り歩いた29歳は、どの地を選ぶのだろうか。

    8/26(日) 6:15配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00046247-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍報道】<香川真司>スペイン? フランス? 新たな移籍先浮上! ドルトムント・サポ―ターからは賛否両論...】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、選手たちのコンディションに言及した。24日、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

     2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場していたことでチームへの合流が遅れたベルギー代表MFエデン・アザール。プレミアリーグ開幕後、途中出場が続いているものの、2試合連続でアシストを記録するなど、状態は上がってきている。

     これまでサッリ監督は、アザールが先発出場できるコンディションにないことを明かしていたが、現在の状態については次のように語った。

    「次戦先発するかはまだ分からない。50分とか60分のプレーは問題ないと思う。90分できるかは分からない。でも、スタメン入りする可能性はあるよ。彼がプレーしたいと感じていることが大切だ。もちろん、彼だけではなくチーム全員のことを考えなければならないけどね」

     また、前節のアーセナル戦でチェルシーデビューを果たし、好パフォーマンスを披露したクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチについても満足していることを明かした。

    「マテオとエデンは(アーセナル戦)最後の30分間でとても良いプレーをした。でも、その時間帯はすでに試合の強度が下がっていた。エデンと同じように、マテオも60分から65分はプレーできると思う。彼のことはとても好きだし、これからもこのチームでの活躍してくれることを願っているよ」

     開幕2連勝スタートを切ったチェルシー。次節は26日、アウェイで日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルと対戦する。

    (左)アザールの状態について語った(右)サッリ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サッリ監督、アザールのコンディションに言及「フル出場は難しい」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    ▽バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)のパリ・サンジェルマン(PSG)加入に向けた動きは続いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。

    ▽新たな挑戦を求めて今夏の移籍が決定的とみられるJ・ボアテング。その今夏にマンチェスター・ユナイテッドも囁かれたが、プレミアリーグの移籍市場が閉幕したこともあり、PSG行きがより有力な情勢として取り沙汰され続けている。

    ▽そのバイエルンとPSGの交渉は現在も継続中。移籍金額で折り合いをつけるのみとなっており、バイエルン側は3000万〜4000万ユーロ(約38億7000万〜51億6000万円)を求めているという。

    ▽2021年まで契約を残すJ・ボアテングは2011年夏、マンチェスター・シティから加入。代表通算71キャップを誇り、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGのJ・ボアテング獲得交渉、残すは移籍金額の合意のみか】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッド時代の恩師であるサー・アレックス・ファーガソン氏に感謝した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

    ▽C・ロナウドは2003〜2009年にわたり、ユナイテッドでファーガソン氏と共闘。現在のプレースタイルこそストライカー色が強いが、ユナイテッド在籍当時は得点力だけでなく、高速シザースや直角のカットイン、無回転FKを武器によりファンを魅了するファンタジスタとして、世に名を知らしめた。

    ▽今夏のユベントス加入を受けて『DAZN』のインタビューに応じたC・ロナウドは、ファーガソン氏の下で過ごした若き日を次のように振り返り、代名詞だった“シザース”の抑制を受けたことを明かした。

    「もちろん、スポルティングからマンチェスターに移籍したキャリア初期の僕にとって、彼の存在はすごく重要だった。当時、ポルトガル人のメンタリティに溢れてシザースをやり過ぎていて、ベストな選択じゃなかった」

    「彼は僕にそう気づかせてくれた。プレミアリーグの選手はよりタフでそう簡単に倒れてくれない。何度も言っているけど、僕は彼から全てを教わった。彼は僕の父のような存在さ。マンチェスター・ユナイテッドですごく助けてもらった」
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CR7が明かす恩師ファーガソンのシザース抑制命令】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     アーセナルに所属する32歳のフランス代表DFローラン・コシェルニーが、予定よりも早く練習に復帰した。23日に『サン』や『ステーツマン』などイギリスの複数メディアが報じている。

     コシェルニーは今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦で負傷。アキレス腱を痛め手術を行い、約6カ月の長期離脱と診断されていた。

     アーセナルは当初「2018年には復帰できない」と発表。今シーズン前半は絶望とされていた。しかし、アーセナルのウナイ・エメリ監督は24日、同選手の回復が予定より早まっていることを明らかにしている。

    「彼はとても一生懸命にリハビリをしている。彼はフランスにいたが、先週の日曜日にチームに戻ってきた。彼は私たちのキャプテン。私たちは彼と一緒にいることができて嬉しいよ」

    「負傷が深刻な負傷であったため、私たちは彼に忍耐力を持たせる必要がある。ただ、彼のトレーニングへの復帰は私たちにとって非常に重要であることは明らかだ」

     アーセナルは25日、プレミアリーグ第3節ウェスハム戦を迎える。

    チームに合流し、ランニングをはじめたコシェルニー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナルに朗報! 長期離脱の主将コシェルニー、予定より早く練習復帰】の続きを読む

    このページのトップヘ