Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 portal.st-img.jp)



    ラングレーポンスへの“肘打ち”で退場も… バルベルデ監督はVAR判定を問題視

     バルセロナは現地時間23日、リーガ・エスパニョーラ第5節でジローナとの“カタルーニャダービー”に臨み、2-2のドローに終わった。新加入DFクレマン・ラングレーのVARビデオアシスタント・レフェリー)による退場がく形となったが、バルサエルネストバルベルデ監督がこの判定に「理解できない」と述べれば、ファウルを受けたジローMFファウルではなかったと明かしたと、英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」が報じている。

     試合は前半19分にMFアルトゥーロ・ビダルのパスを受けたFWリオネル・メッシが冷静に決めて、バルサが幸先良く先制。しかし、試合の流れが大きく変わったのは同35分のこと。ラングレーが相手MFペレポンスに肘打ちしたとしてVARが適用され、レッドカードが提示された。

     バルベルデ監督は試合後、報道に対し「試合を見ていて、レフェリーがVARめたのはラングレーの退場のためではなく、例えば相手選手への警告など、私たちに何か(有利なものを)与えてくれるためかと思った。だから、レフェリーの最後の判定には本当に驚いたね。ラングレーファウルだとは思えない。自分を守ろうとしてはいたかもしれないが、肘打ちでは絶対になかった。彼と衝突したジローナのペレポンスでさえ謝ろうとしてたんだ。退場では絶対にない」と疑問を呈した。

     そのうえでVARについては、「あのクレマンの件でVARを使うなんて思いもしなかったよ。少し驚いた。VARはレフェリー誤審メディアから責められる可性があるような、大きな問題の時に使われるものだと考えていた。私が思うに、このシステムは形になってきてはいるが、VAR使用の条件について折り合いをつけようとしているところだね」との見解を示した。

    「彼の肘が当たったなんて、は気がつきもしなかった」

     そしてこのレッドカードについては、ラングレーと競り合った当事者のポンスも“アンフェアだった”と話している。

    たちは二人とも100%ボールに向かっていった。確かにに当たったけど、立ち上がってラングレーに謝り、自分の手を差し出したんだ。なぜなら、二人ともファウルと言われたけど、最初はファウルしたと思ったからね。あれはファウルもなかったのに、最後はVARという第三者が判定を出した。でも、彼の肘が当たったなんて、は気がつきもしなかった」

     ジローナ側からも退場には相当しないプレーだったとのが上がったことで、今季からリーガで導入されたVAR判定は、今後も何かと議論の的になりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ジローナ戦レッドカードで退場となったバルセロナDFラングレー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサDFの一発レッドに疑問噴出 “肘打ち”受けた相手も「誰のファウルでもない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 casillas ★ :2018/09/24(月) 16:59:12.96 ID:CAP_USER9.net

    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・*ケツとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に対して不満を述べている。スペイン紙『マルカ』が23日付で両選手のコメントを伝えた。

     バルセロナは、23日のリーガ・エスパニョーラ第5節でジローナと対戦し、2-2のドローに終わった。この試合では35分にフランス人DFクレマン・ラングレが相手選手への肘打ちでビデオ判定を経て一発退場に。
    数的不利に陥ったバルセロナは一時逆転を許すなど苦戦を強いられた。ターニングポイントとなったラングレの退場について、*ケツはVARを用いた判定が適切ではなかったと主張している。

    「接触はあったかもしれない。それは映像を見れば分かるだろう。ただ、ボールは地面にあったんだ。ラングレの動作は自然なものだった。故意にやったことじゃない。ラングレは相手選手を見ていない。むしろ、ジローナの選手は謝罪していたよ。彼がファールを*ていたからね。VARは、同じ基準で、正しく使われなければならない」

     また、ビダルも今回の判定に対してを納得していない様子だ。同選手はVARについて“注文”をつけている。

    「このようなことというのは起こらないものだ。なぜなら、試合の結果を決定してしまうのだから。僕たちもビデオであのプレーを見たよ。VARは手助けをするべきであって、害を与えるべきではないと僕は思う」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00837782-soccerk-socc


    【【リーガエスパニョーラ】 「同じ基準で、正しく使うべき」…バルセロナの選手たちがビデオ判定に不満】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/24(月) 18:18:54.01 ID:CAP_USER9.net

    ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉へ、シャフタール・ドネツクが関心を示しているようだ。ポルトガル『Record』が伝えた。

    昨季欧州初挑戦ながら10ゴール12アシストを記録するなど、ポルトガルの地で躍動した中島。ロシア・ワールドカップの日本代表メンバーからは落選したが、今季はポルティモネンセで10番を与えられ、ここまで全試合に先発出場を果たしている。23日のギマランエス戦では、今季初得点を含む2ゴール1アシストを記録し、大活躍を見せた。

    そんな中島に、ウクライナの強豪クラブが関心を示しているようだ。『Record』によると、このギマランエス戦にスカウト陣を派遣していたという。

    シャフタールは、1月にも中島獲得へ向けポルティモネンセにオファーを提示していた模様。しかし、これはクラブに断られたようだ。当時は日本代表FWの違約金は1000万ユーロ(約13億円)に設定されていたようだが、今夏の契約更新で中島のリリース条項は4000万ユーロ(約53億円)に再設定されており、ポルティモネンセ会長は満額支払うクラブにのみ移籍を容認する構えだという。

    なお、『Record』によると、ギマランエス戦には長谷部誠所属のフランクフルトやセビージャ、マジョルカの代表者も訪れていたようだ。

    果たして中島は、ウクライナの強豪に加入し、チャンピオンズリーグで躍動することになるのだろうか。

    9/24(月) 18:02配信 ゴール
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000016-goal-socc

    【サッカー】<ウクライナの強豪シャフタール・ドネツクなどが中島翔哉に熱視線!>2ゴール1アシストの試合をスカウト視察!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537779925/


    【【日本代表】<中島翔哉>今夏の契約更新で違約金は約53億円に再設定!ポルティモネンセ会長は満額支払うクラブにのみ移籍を容認する構え】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 pathos ★ :2018/09/24(月) 17:01:22.75 ID:CAP_USER9.net

     現地時間9月20日、英衛星テレビ「Sky One」のサッカートーク番組『A League Of Own』に出演したエブラは、司会者から「君はドレッシングルームでどんなイタズラをしてきたの?」と聞かれ、何かを思い出したかのようにフーっと一息つくと、「彼らが先にやってきたんだよ」と前置きをしたうえで、マンチェスター・ユナイテッド時代のことを静かに語り出した。

    「ある日、彼らは僕のトレーナーと靴を焼いたんだ。あれは笑えなかったよ。だって、靴は何か月もナイキに頼み込んで子どもの名前を入れてもらっていたものだったからね。実際にやったのが、ジェラール・ピケだってことは分かっていた」

     痛快なのはここからだ。エブラはピケへの仕返しに打って出る。

    「だから、俺は彼にやってやったのさ。ピケのスパイクをトイレに持っていって、その中にクソを垂れてやったんだ。ソーリー。悪かったとは思ってるよ(笑)」

     この衝撃的な告白に番組は爆笑の渦に包まれたわけだが、一連の経緯については、現在バルセロナに所属するピケもスペイン・メディア「TV3」で、次のように語っている。

    「僕はブリティッシュ・ユーモアの大ファンなんだ。からかっても誰も怒らないんだよね。やり返そうとはするけど、グチグチ言ったりはしないんだ。バルサでは僕のユーモアは常に誰からも歓迎されるわけじゃない。チームメイトたちの愛車のタイヤの空気を抜いたりしたけど、ユナイテッド時代に起きたこととは比べ物にならないよ。

     一番面白かったのは、パトリス・エブラが何か月もナイキにお願いしていた靴を持ってやってきた時だね。その靴は彼の子供の名前が入っていたり、とにかく装飾が凄いものだった。それで彼がシャワーに行った時に、僕らはちょっとした焚火をして、燃やしたんだ。それを撮影して、ビデオを彼に送ってやったよ」

     ピケの過激なイタズラを受けたエブラからすれば、目には目を歯には歯を、ということだったのかもしれない。しかし、その仕返しとして、サッカー選手の商売道具でもあるスパイクに脱*するとは……もはや、驚きでしかない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00047714-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】「俺はピケのスパイクに脱糞を…」元フランス代表DFエブラがマンU時代の過激な復讐を激白!】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     元イングランド代表のデイヴィッド・ベッカム氏が、自身が共同オーナーを務めるインテル・マイアミの指揮官としてジネディーヌ・ジダン氏の招へいを画策しているようだ。イギリスデイリーミラー』が23日付で報じている。

     インテル・マイアミは、2020年からメジャーリーグサッカーMLS)に25クラブとして参戦する。ベッカム氏は同クラブビッグネームを連れてきたいと考えており、選手としてはバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を真剣に検討している模様だ。「アメリカ最大のクラブを作りたいと考えている。それは何人かの偉大な選手を連れてくることを意味するね」とベッカム氏は話しており、大物選手の獲得は同氏の悲願となっている。

     同時に、ベッカム氏は指揮官にもスターを据えたいと考えている。それが、今回名前の挙がったジダン氏だ。同によれば、かつてレアル・マドリードで共演した両者はすでに話し合いの場を設けており、監督就任に向けやり取りが行われたという。ただ、ジダン氏は今のところヨーロッパでの揮を望んでいるようで、直ちにアメリカへ向かう可性は低いとのことだ。ジダン氏が所属の状況が長く続けば、インテル・マイアミにもチャンスが訪れるだろうと、同は見立てている。

     果たして、アメリカの地でベッカム氏とジダン氏の再タッグ結成はあるのだろうか。

    ベッカム(左)とジダン(右)がアメリカで共闘? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベッカムがジダン招へいを画策? MLS新クラブの指揮官就任を要請か】の続きを読む

    このページのトップヘ