Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 contents.gunosy.com)



     パリ・サンジェルマンが、現在チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外のチェルシーでプレーするフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得に関心を示している。10日にイギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

     パリ・サンジェルマンは今シーズン、CL優勝候補であったのにもかかわらず、ブラジル代表FWネイマールの不在もあり、決勝トーナメント1回戦で前回王者レアル・マドリードに2戦合計2-5で敗れた。そして早くも来シーズンの同大会に向けてチームの補強を試みている。

     トップターゲットとなっているカンテは2016年にレスターでプレミアリーグ優勝を果たしてからチェルシーに移籍。2016-17シーズンでも同クラブのリーグ優勝に貢献し、複数メディアやファンからトップクラスのMFとして称賛されるようになった。

     しかし、チェルシーは現在CL出場圏外の5位に順位を落としており、4位とは暫定で勝ち点2差である。4位のトッテナムが今節の試合に勝利すればその差は5に開いてしまい、同メディアはチェルシーのCL出場は困難であると述べた。

     パリ・サンジェルマンはこれを受けてカンテの獲得に動いているという。ただ、2021年までチェルシーと契約を結んでいるカンテは、退団を考えていないようだ。

    レスターとチェルシーで2年連続プレミアリーグ優勝を果たしたカンテ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【PSG、CL出場権を“餌”にカンテを勧誘? 本人に移籍の意思は…】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    乾を擁するエイバル戦で2ゴールの活躍 瞬く間に得点ランク3位に浮上

     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現地時間10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節敵地エイバル戦で2ゴールを叩き込み、2-1の勝利に大きく貢献した。2018年に入ってからリーグ戦の得点ペースが一気に上がってきているのは数字にも表れており、ピチーチ(得点王)争い首位でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと6ゴール差に迫っている。

     この日のレアルは、敵将ホセ・ルイス・メンディリバル監督に鍛え上げられたエイバルのショートカウンターとポゼッションに苦戦。日本代表MF乾貴士のチャンスクリエイトからフィニッシュに持ち込まれるなどやや後手に回った。

     しかし、ロナウドは前半34分にクロアチア代表MFルカ・モドリッチの正確なミドルパスを胸トラップでスムーズに受けてからシュートを放ち、先制点をもたらす。1-1と同点に追いつかれて引き分け濃厚かと目された後半39分には、スペイン代表DFダニエル・カルバハルのクロスをドンピシャのタイミングで頭で合わせて決勝点。90分間でボールに関与する時間は少なくとも、2ゴールという結果で敵地を黙らせた。

     今季序盤戦はスペイン・スーパーカップで審判への不適切な行為があったとして公式戦5試合出場停止処分。その影響もあってかゴールをなかなか挙げられず、メッシとのゴール数差は10以上となり、批判を受けることもあった。

     ただ、スペイン紙「マルカ」紙によると、ロナウドは今年に入ってからのリーグ戦8試合で14ゴールと荒稼ぎ。気づけば2位につけるバルサのウルグアイ代表FWルイス・スアレスと3ゴール差、首位メッシとは6ゴール差にまで迫っている。

     もっとも、メッシも同日に行われたマラガ戦を夫人の出産立ち合いで欠場したとはいえ、順調にゴール数を積み重ねて24ゴールを記録している。約10年間に渡って繰り広げられている「メッシ対ロナウド」のピチーチ争い。その構図は今季も続きそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    エイバル戦で2ゴールの活躍を見せたロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】C・ロナウド、 “逆転・得点王”へメッシを猛チャージ リーグ8戦14得点と量産体制へ…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールは、噂されてきたレアル・マドリードへの移籍よりもバルセロナ復帰を希望しているようだ。10日、イギリス紙『メトロ』が報じた。

     ネイマールは昨夏の移籍市場において史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍。しかし、現在負傷した右足のリハビリのためブラジルに帰国しているネイマールは、リーグアンの質の低さに不満を持ち、バルセロナ復帰を望んでいるという。バルセロナと連絡を取り、復帰への道を模索していると報じられている。

     これまで、レアル・マドリードが移籍先の最有力候補として噂されてきた。代理人を務める父親が接触し、獲得に際し4億ユーロ(約525億円)を用意していると報じられている。しかし、今回の報道によると、ネイマールは、レアル・マドリードよりも古巣復帰を望んでいるようだ。

     一方でバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「私にとってはそんな話はファンタジーだ。そんな話の出どころも、どこへ行くかもわからない。結論もでないうわさ話について話し合うことはない」とコメントし、ネイマールの古巣復帰について否定している。

     果たしてブラジルの名手の古巣復帰は実現するのだろうか。

    古巣復帰を希望していると報じられるネイマール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動…】ネイマールがバルセロナ復帰希望か…バルベルデ監督は「ファンタジー」と一蹴…】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    後半28分頃にピッチから消え去り…ジダン監督が説明「トイレへと行ってきただけ」

     白い巨人の闘将、謎めいた“数分間の自主退場”――。スペインでちょっとした話題になっているのは、現地時間10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節エイバル対レアル・マドリードの後半のことだ。レアルの最終ラインを束ねるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが突然ピッチから姿を消したことが現地メディアで取り上げられているが、試合後の会見でジネディーヌ・ジダン監督も触れている。

     試合は前半にエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールでレアルが先制。一方のエイバルも後半開始早々にCKからDFイバン・ラミスのヘディング弾で同点に追いつき、日本代表MF乾貴士もチャンスメイクするなど一進一退の攻防が続いた。しかし、なぜか後半28分頃の数分間、セルヒオ・ラモスが突然ピッチから消え去り、レアルは10対11で戦うことを強いられたのだ。

     1-1の同点という状況で、セルヒオ・ラモスには負傷した様子もなかった。それだけに試合中から様々な憶測が起きたようだが、クラブ公式サイトではジダン監督のコメントを紹介している。

    「ラモスはただただトイレへと行ってきただけだ。そしてピッチへと復帰した。起こったことの全てはそういうことだよ」

     公式サイトは追記して「セルヒオ・ラモスは“自然界からの緊急の呼びかけ”があり、それに対応するためにピッチを去らざるを得なかった。ジダン監督もそう認めている」と、オブラートに包んだ表現でピッチを去った理由について伝えている。

     なおセルヒオ・ラモスは5分後にピッチに復帰。その間にレアルは失点せず、後半39分にロナウドが勝ち点3をもたらすヘディングシュートを叩き込んだことに安堵したのは、誰よりもセルヒオ・ラモスだろう。


    (Football ZONE web編集部)

    現地時間10日に行われたエイバル戦で、セルヒオ・ラモスが突然ピッチから消え去り、数分間レアルは10対11で戦うことになった【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【空白の5分間】レアル主将ラモス「自然界からの緊急の呼びかけ」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、ここ10試合で17得点を挙げているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを絶賛している。クラブ公式サイトが伝えている。

     リーガ・エスパニョーラ第29節が10日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでエイバルと対戦し、2-1で勝利した。ジダン監督はエイバル相手に2ゴールを決め、ここ10試合で17得点を挙げているC・ロナウドを高く評価した。

    「彼(C・ロナウド)は別の銀河の選手だ。ゴールを決めることを分かっているし、とてもポジティブだ。他とは異なる特別な選手であるし、数字が自ずとそれを物語っている。非常に素晴らしいし、彼は我々の選手だ」

     またジダン監督はエイバルの高パフォーマンスを称賛しつつ、チームの勝利に満足感を示した。

    「今日は素晴らしい試合をやったエイバルを評価しなければいけない。彼らは素晴らしかったし偉大な試合をやった。特に前半はね。素晴らしいシーズンを送っている素晴らしいチーム相手の難しいピッチでの試合だったよ。我々は苦しむことは分かっていたし、ボールを持った時に困難に陥った。しかし、我々はまとまって戦い、自分たちのカラーを持ち勝利を成し遂げた。我々は満足しているよ」

     首位バルセロナに勝ち点15差で3位に位置するレアル・マドリード。ジダン監督は逆転優勝を果たす可能性を否定しなかった。

    「リーガは最後まで可能性がある。大事なのは我々が勝ち点を積み重ねること。今日、我々は勝利したことに満足している。2日間しっかり休んで、ジローナと戦う準備をする必要がある」

     レアル・マドリードは今週はミッドウィークの試合がなく、18日にジローナと対戦する。

    エイバル戦中に話し合うジダン監督とクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【復調】10試合で17得点! ジダン監督がC・ロナウドを絶賛「違う銀河の選手」】の続きを読む

    このページのトップヘ