Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    ついにUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出クラブが決定した。そこで今回は、過去10年間のベスト4進出クラブリーグをおさらいしよう。


    2008/2009シーズン

    マンチェスター・ユナイテッドイングランド

    アーセナルイングランド

    チェルシーイングランド

    バルセロナスペイン


    2009/2010シーズン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    リヨンフランス

    インテルイタリア

    バルセロナスペイン


    2010/2011シーズン

    シャルケドイツ

    マンチェスター・ユナイテッドイングランド

    レアル・マドリードスペイン

    バルセロナスペイン


    2011/2012シーズン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    レアル・マドリードスペイン

    チェルシーイングランド

    バルセロナスペイン


    2012/2013シーズン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    バルセロナスペイン

    ボルシア・ドルトムントドイツ

    レアル・マドリードスペイン


    2013/2014シーズン

    レアル・マドリードスペイン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    アトレティコ・マドリードスペイン

    チェルシーイングランド


    2014/2015シーズン

    バルセロナスペイン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    ユベントスイタリア

    レアル・マドリードスペイン


    2015/2016シーズン

    マンチェスター・シティイングランド

    レアル・マドリードスペイン

    アトレティコ・マドリードスペイン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ


    2016/2017シーズン

    レアル・マドリードスペイン

    アトレティコ・マドリードスペイン

    モナコフランス

    ユベントスイタリア


    2017/2018シーズン

    バイエルン・ミュンヘンドイツ

    レアル・マドリードスペイン

    リバプールイングランド

    ローマイタリア


    2018/2019シーズン

    リバプールイングランド

    トッテナム・ホットスパーイングランド

    アヤックスオランダ

    バルセロナスペイン


    過去10年間ベスト4入りクラブランキング

    1位:レアル・マドリード(8回)

    2位:バルセロナ(7回)

    2位:バイエルン・ミュンヘン(7回)

    4位:チェルシー(3回)

    4位:アトレティコ・マドリード(3回)


    過去10年間ベスト4入りリーグランキング

    1位:ラ・リーガ(18回)

    2位:プレミアリーグ(10回)

    3位:ブンデスリーガ(9回)

    4位:セリエA(4回)

    5位:リーグ・アン(2回)

    6位:エールディビジ(1回)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】CLベスト4決定。過去10年間で最も多く進出したクラブ、リーグは?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ユヴェントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラは、「膝の怪我を治すために手術を受けることにした」と発表した。

    今季は怪我と病気に悩まされており、セリエAでは10試合の出場に留まっていたケディラ。2月には心臓の問題で1ヶ月の休息を余儀なくされており、今季7度目の離脱となる。

    報告によれば、彼はこの4ヶ月ほど苦しめられてきた膝の怪我を完治させるために手術を受けることを決断したという。

    2週間後にメスを入れる見込みで、来季のスタートで万全のコンディションに戻すことを目標にしているそうだ。

    【関連記事】CL衝撃敗退のユヴェントス、夏に獲得したい5人のスター

    ユヴェントスは現在セリエAで首位を独走しており、次のフィオレンティーナ戦で勝点を1以上獲得できれば8連覇が決定する。

    ケディラが今季7度目の離脱…シーズン絶望に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ケディラが今季7度目の離脱…シーズン絶望に】の続きを読む

    no title


    複数のビッグクラブが興味 ベジクタシュでの香川との“共闘”は困難と指摘

     マンチェスター・シティとの契約延長がいまだ合意に至っていないドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン。今夏にも同クラブを出ていく可能性があると噂されているが、その場合、行き先はどこになるのだろうか。ドイツメディアsport.de」はギュンドアンの“親友”である日本代表MF香川真司との共闘も含め、様々な可能性を予想している。

     2020年までシティと契約しているギュンドアンは、新契約についてクラブ側と数カ月にわたって交渉中。シティ側は残留を求めているものの、同選手は“コンスタントな出場”の確約を求めており、なかなか首を縦に振らないと言われている。同選手を巡っては欧州のトップクラブが関心を示しており、今夏の退団もあるのではないかと囁かれている。

     新天地候補の1つとして「sport.de」が注目したのが、香川が現在レンタルプレーしているベジクタシュだ。同メディアは「つい最近、ギュンドアンはドルトムント時代の同僚、シンジ・カガワのことを夢中になって話していた。ゲルゼンキルヘン生まれの彼は、この日本人選手との共闘を愛していた。再会はあるのだろうか?」と、問いかけた。

     その一方で同メディアは「カガワは今季終了までベジクタシュに貸し出されているが、レンタル期間終了後に買い取るには高すぎる。同クラブがギュンドアンとの契約をまとめるというのも考えにくい」と続け、移籍実現は難しいとしている。ベジクタシュが来夏に香川とギュンドアン両方を獲得する見込みはかなり低そうだ。

     欧州では複数の有名クラブがギュンドアンに興味を抱いているが、なかでもインテルは熱心に関心を示していると言われている。「sport.de」はイタリア紙「トゥットスポルト」の情報として、インテル600万ユーロ(約7億5000万円)の給料を支払う用意があると伝え、移籍の実現可能性は最も高いとした。次いで可能性がありそうなのは、ギュンドアン自身が「おそらく最高の指揮官」と称賛したトーマス・トゥヘル監督率いるパリ・サンジェルマンだという。

     なお、香川と共闘関係を築いた古巣ドルトムントも候補に挙がっている。ルシアン・ファブレ監督の下、守備的MFのポジションではベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルとデンマーク代表MFトーマス・デラネイが定位置をつかんでいるものの、その1列前に関してはドイツ代表FWマルコ・ロイスが負傷した場合に備えて補強を考えるかもしれないとし、移籍実現の可能性は少なくないとしている。

     同メディアはさらに、ドルトムントと同程度の可能性をバイエルン移籍、バルセロナ移籍に見出し、次いでレアル・マドリードユベントス、そして同率でリバプールとベジクタシュと予想。夏の移籍市場開幕まで3カ月を切ったが、最終的にギュンドアンとシティはどのような選択をするのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ベジクタシュMF香川真司(左)、シティMFギュンドアン(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“親友”香川と再会の可能性にも言及 シティMFギュンドアンの移籍先を独メディア予想】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    『Voetbalzone』は18日、「ナポリカルロアンチロッティ監督は、イタリアアヤックスは生まれないだろうと話した」と報じた。

    先日ユヴェントスを相手に勝利をあげ、チャンピオンズリーグ準決勝への進出を決めたアヤックスレアル・マドリー撃破に続いての金星となった。

    ナポリを率いているアンチロッティ氏は以下のように話し、あのような長期的計画はイタリアで実現できないものだと語ったそうだ。

    カルロアンチロッテ

    アヤックスはとてもいいサッカーをしているね。しかし、彼らが準決勝まで進むと予想した者は誰もいなかっただろうね。

    私は、彼らがチャンピオンズリーグを優勝できるとは思わない。しかしおそらくそれは間違っているね。

    彼らは数歩先を見越したプレーをし、個々でもしっかり守り、1対1でも優位性を保っている。彼らはコンビネーションプレーしようとしていて、それがとてもいいね」

    【関連記事】CLでユーヴェ撃破!天才デ・ヨング「レアル戦のほうがきつかった」

    トップ選手が成功するためには?)

    「技術、そしてそれを高めるための練習が必要だ。

    我々全員がこのアヤックスに心から感銘を受けている。彼らは常に素晴らしい選手を生み出してきたチームだ。

    しかしながらイタリアではそのような長期的計画が理解されない。なぜなら、ファンが常に目の前の結果を求めているからね」
    「アヤックス、イタリアでは実現不可能」 アンチェロッティ監督が嘆くワケとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「アヤックス、イタリアでは実現不可能」 アンチェロッティ監督が嘆くワケとは】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    キャンセルされなかった会見で広がった憶測、ノイアーが出席の理由について明かす

     バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー水曜日に引退を発表するのではないか。そんな噂がSNSで飛び交った。だが、ノイアーはこの噂を「おかしかった」と笑い飛ばしている。衛星放送「FOXスポーツ」が報じた。

     発端は、14日に行われたブンデスリーガ第29節のフォルトゥナデュッセルドルフ戦(4-1)でノイアーふくらはぎを負傷したことだった。これにより2週間の戦線離脱を強いられることになったノイアーだが、数日前に彼が出席することが発表される記者会見キャンセルされなかったのだ。そのため、この会見は彼の将来に関わる話が出てくるのではないかという憶測が広がったという。

     現在33歳のノイアーは、負傷で2017-18シーズンのほとんどを棒に振り、リーグ戦の出場は3試合にとどまった。3月にはふくらはぎを負傷し、その前にも親指の負傷に見舞われている。

     会見で引退について聞かれたノイアーは、「正直に言うと、その話を聞いて笑ってしまったんだ。この会見をやることは、1週間前に決まっていた。僕の話を聞きたいという人が多くいたから、出席するように準備をしていたんだよ。それが、この会見をキャンセルしなかった理由だ」と説明している。

     ノイアーは、5月11日ライプツィヒ戦での復帰を目指して、治療とリハビリを続けていくという。

    ノイアーは欠場濃厚も… 大迫が復帰したブレーメンとの連戦を控えるバイエルン

    「おそらく2週間後にはプレーできると思うが、怪我をしたばかりだからいつピッチに戻るかを伝えるのは難しい。可能な限り早くコンディションを整えたいし、そのためにできることはなんでもやるよ。ライプツィヒ戦が現実的な目標だと思うけれど、一歩一歩進むしかない。2週間後にはすべてのトレーニングができるようになるはずだ」

     昨季、大きな怪我を負っていたことから、小さな問題が出ることは覚悟していたというノイアー。「こういう怪我は予想できない。過去の判断について、何かを後悔したり、苛立ったりするものではない。プロスポーツの世界では、よくあることだよ」と話している。

     バイエルンは、リーグ戦(20日)とドイツカップ準決勝(24日)で日本代表FW大迫勇也が復帰したブレーメンとの連戦を控えている。ノイアーが欠場している間に、タイトルに近づくことができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バイエルンGKノイアー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】負傷離脱の独代表GKノイアー、引退の噂を一蹴 「笑った」「2週間後にプレーできる」】の続きを読む

    このページのトップヘ