Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 staticx.antenna.jp)



    クロアチア代表FWマンジュキッチを狙う ブンデスでのプレー経験も評価

     すでに来季に向けての積極補強を展開しているブンデスリーガドルトムントは、イタリア王者ユベントスからハードワークのできるアタッカーの獲得を狙っている模様だ。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

     ドルトムントはすでに、同リーグのボルシアMGからベルギー代表MFトルガン・アザールレバークーゼンからドイツ代表MFユリアン・ブラントを獲得したことを発表している。そのうえで、さらにイタリア王者ユベントスから元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得すべくオファーを出すとしている。

     マンジュキッチはユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入してから、彼の守備面での負担を引き受けるようなプレーや、前線で相手センターバックを引き付けるようなプレーにより存在感を示した。昨季までも、マッシミリアーノ・アッレグリ監督からの信頼を強く受けていたハードワーカーぶりはいまだに健在だ。

     しかしながらユベントスは今季限りでアッレグリ監督が退任するため、次の指揮官が前線の選手に対してどのような素養を重要視するかは不透明だ。そうしたなかでドルトムントは、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンでもプレー経験を持ち、ドイツへの順応にも心配のないマンジュキッチの獲得を狙っているという。

     今年4月に契約を1年延長し、2021年6月まで契約を残すマンジュキッチ。ユベントスが新指揮官に誰を招聘するかによって、移籍話はより具体化することになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWマンジュキッチ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】止まらないドルトムントの積極補強 イタリア王者ユベントスFWに獲得オファー準備】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    欧州サッカーシーンシーズン大詰めを迎えており、夏移籍についての話題が増えてきた。

    そうした中、リヨンオランダ代表FWメンフィス・デパイがこんな動画をInstagramストーリーポストしていたようだ。

    全身赤の出で立ちで、真っ赤なプライベートジェットに乗り込もうとしていたデパイ。そして、「ありがとうリヨン」とのメッセージも。

    これによって一部ではリヨンからの退団説が浮上。

    『Manchester Evening News』では、リヨンはデパイの売却に前向きであり、リヴァプールへの移籍が噂されていると伝えている。

    デパイはかつてマンチェスター・ユナイテッドが保有していた選手であり、2017年リヨンへ売却した際には買戻し条項を付帯させたとも。

    【関連記事】 「ソックスを短く履くのが好きな有名選手たち」

    結局それは行使されることなく、宿敵リヴァプールプレーすることになるのか…。

    デパイ、リヴァプール移籍!?「赤スーツ&赤ジェット」 で去る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】デパイ、リヴァプール移籍!?「赤スーツ&赤ジェット」 で去る】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     マンチェスター・Uは、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトへの関心を引き続き持ち続けているようだ。イギリス紙『ミラー』が25日に伝えている。

     アヤックスセンセーショナルな活躍を披露した19歳のデ・リフトは、今夏の移籍が盛んに取り沙汰されてきた。当初はバルセロナが補強のターゲットに定めていると報道されていたが、ここにきてマンチェスター・Uが移籍先の有力候補に躍り出ているという。

     同紙によると、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が1200万ポンド(約17億円)の手数料を要求したことで、バルセロナとの交渉は停滞している模様。この状況を受けて、マンチェスター・Uはデ・リフトの獲得に向けて、ライオラ氏の要求に応じる姿勢を示しているという。同クラブは既に移籍金7000万ポンド(約97億円)を準備しているようだ。

     また、昨シーズンまでマンチェスター・Uに在籍していたアヤックスオランダ代表DFデイリー・ブリントが、デ・リフトにマンチェスター・Uへの移籍を勧めているという。

    マンチェスター・Uがデ・リフト争奪戦をリードしているようだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサ移籍報道から一転…マンUがデ・リフト争奪戦を一歩リードか】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    一度は戦力外通告を受けたダビド・ルイス トレーニングから信頼を勝ち取り契約延長

     チェルシーの元ブラジル代表DFダビド・ルイスは、クラブと契約を延長し、来季もスタンフォードブリッジプレーすることとなった。今季、最終ラインの要として活躍を見せたが、昨夏にマウリツィオ・サッリ監督が就任した直後には、戦力外通告を受けていたという。UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝がサッリ監督のラストマッチではないかという報道もあるなか、英紙「デイリーメール」に対して、ダビド・ルイス指揮官との思い出を振り返った。

     サッリ監督は2018年夏からチェルシーの指揮を執ることとなった。前任の同胞アントニオ・コンテ監督が起用していた選手を継続して起用するよりも、自身のやり方を通そうとした。

     17-18シーズンは負傷に苦しんだダビド・ルイスは、就任直後の監督とのやり取りが、次のようなものだったと明かしている。

    「僕たちは彼が到着して最初の週に話し合いの場を持った。その時、彼は僕に残ってほしくないと言ってきたんだ。でも、それは普通のことだった。僕は長い期間、怪我で離脱していたからね。契約の最終年だったし、31歳になっていた。誰もが『ダビドは終わった』と言っていた。でも、それから僕が練習に復帰して3日経った時、監督は僕を見て『君はここに残るよ』と言ってくれたんだ」

     サッリに自身の価値を証明したダビド・ルイスは、今シーズン、公式戦49試合に出場した。現地時間29日に控えているUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝のアーセナル戦に出場すれば、50試合に出場することになる。

    「僕は高いレベルプレーし続けたい。100歳までプレーしたいくらいだけど、高いレベルで戦い続けたい。だから自己管理をしっかりしないといけないし、自分を律し、毎日努力をしているよ。僕はチェルシーのためにプレーしたいし、大きなタイトルを獲りたい。契約はあと2年ある。でも、あと5年はここにいるかもしれない。分からないけどね」

    チェルシーでは7人の指揮官の下でプレー 「僕は全員から学ぼうとしてきた」

     14年から16年にかけて、パリ・サンジェルマンPSG)でプレーしたダビド・ルイスだが、チェルシーに在籍した期間では、プレミアリーグ、FA杯、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、ELのトロフィーを獲得している。その間、7人の監督の下でプレーしたが、それぞれから学ぶことがあったと振り返る。

    カルロアンチロッティ監督は、僕をここに連れてきてくれた。アンドレ・ビラス=ボアス監督の下で、すべての試合に出場した。ロベルト・ディ・マッテオ監督の下で、CLとFA杯を優勝した。ラファエル・ベニテス監督の下では、ELを優勝した。ジョゼ・モウリーニョ監督の下では、CL準決勝まで進んだ。アントニオ・コンテ監督の下では、プレミアリーグを優勝した。マウリツィオ・サッリ監督の下では、ELを優勝する可能性がある。全7人の監督の下でプレーしてきた。それは僕が彼らのことを理解し、全力を尽くしていたからだと思う。それぞれに敬意を払い、その歴史を理解しないといけない」

     多くの監督の下でプレーしたダビド・ルイスは「チェルシーの監督を務めるということは、彼らは何か偉大なことを成し遂げたということ。誰もがスタイルを持ち、自分のサッカーを持っていた。彼らのサッカーに対する考え方、教え方。僕は全員から学ぼうとしてきたよ」と、青いユニフォームを身にまとい、歩いてきたキャリアを振り返った。今度はサッリ監督の下、EL決勝の舞台で新たな歴史を築き上げるつもりだ。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーのDFダビド・ルイス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「サッリは最初、僕を不要だと言った」 チェルシーDFが指揮官とのエピソードを告白】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    ローマボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)がインテルと個人合意したようだ。イタリアスカイスポーツ』が報じている。

    2020年6月までローマと契約を結んでいるジェコだが、ローマ側に更なる契約延長の意思はないようで、ウェストハムやパリ・サンジェルマンといったクラブがジェコの獲得に興味を示していた。

    そんな中、インテルの新指揮官候補に挙がるアントニオ・コンテ氏が以前よりジェコを高く評価しており、インテルが獲得に接近しているようだ。

    2015年夏にマンチェスター・シティからローマに加入したジェコは、ローマで公式戦178試合に出場して87ゴール38アシストを記録。今季はセリエAで32試合に出場して9ゴールチャンピオンズリーグで6試合に出場して5ゴールを挙げていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ローマ退団濃厚ジェコ、インテルと個人合意か】の続きを読む

    このページのトップヘ