Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、ファビオ・カペッロ氏との思い出を語った。イギリス紙『ミラー』を引用し、イギリスメディアスカイスポーツ』が20日に伝えている。

     イブラヒモヴィッチは、2004年夏にアヤックスからユヴェントスに移籍した。加入初年度からエースとして活躍し、リーグ戦35試合に出場して16ゴールを記録。2シーズン連続でクラブにスクデットをもたらした。

     イブラヒモヴィッチは、ユヴェントスカペッロ氏の指導を受けた。同選手はユヴェントス在籍時を振り返り、“恩師”との思い出をコメントした。

    「今まで指導を受けた監督の中でも、カペッロ氏は際立っている。彼には『私のためにゴールを決めろ。ゴールを決めなければ、スタンドに座っていろ』と言われたんだ」

    「俺は直接言われるのが好きなんだ。『君は素晴らしい。なんて素晴らしい選手なんだ』と言われるのは好きじゃない。分かりきったことを聞く必要はないからね。俺を掻き立ててくれる人を必要としているんだ」

    ユヴェントス在籍時を振り返ったイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラヒモヴィッチ、“恩師”カペッロ氏に感謝…ユーヴェ在籍時を振り返る】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     バルセロナが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの移籍金を8500万ポンド(約125億8000万円)に設定しているようだ。イタリアメディアCalcioMercato』の報道を引用し、イギリスメディアスカイスポーツ』が19日に報じている。

     昨年1月にリヴァプールからバルセロナに加入したコウチーニョは今シーズンリーガ・エスパニョーラ第28節終了時点で26試合出場4得点を記録しているが、先発出場は16試合にとどまっている。同選手に対してはマンチェスター・Uが関心を示していると報じられており、移籍の可能性も取り沙汰されている。

     今回の報道では、バルセロナがコウチーニョの移籍金を8500万ポンドに設定していると伝えられた。果たして、大型移籍は実現するだろうか。

    移籍の可能性も報じられているコウチーニョ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサ、コウチーニョの移籍金を約126億円に設定? マンUが関心か】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    「まるで双子のような“何か”を手に入れられる」 しかしサッカーファンの反応は…

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは31歳となった2018-19シーズンゴールを量産し、クラブの3冠獲得に向けて圧倒的なハイパフォーマンスを見せている。その一方で、年齢を考えればピッチ上での天才的なプレーを見られる期間は決して無限でないことを思い知らされるが、なんと“メッシクローン化”は可能なレベルであると公言した科学者が現れたという。

     驚きのニュースを伝えているのは、スペイン紙「マルカ」だ。ラジオ局「カデナ・セール」のインタビューに答えたのは、アルカディ・ナバロ氏。ヨーロッパにおける遺伝子解析の重職を務める同氏は、メッシの華麗なプレー永遠に楽しむための計画を考えているのだという。

    メッシと瓜二つのプレーヤーを手に入れられる可能性がある。現在の技術ならば彼をクローン化し、まるで双子のような“何か”を手に入れることができるだろう」

     2018年には、中国で遺伝子的にゲノム編集した赤ちゃんが生まれたと発信する教授が現れ、世界中が大騒ぎになった。そうしたなかで同氏は、メッシのようなスーパープレーヤーについてもそれが適用できると見ているのだという。

    「もし双子のような人物が生まれ、その一つが凍結されたとする。そして20~30年後、我々は彼に正しい時間を与えることができる。もしすべてが上手くいけば、同じものが生まれる」

     誰もが驚く決定力とドリブル突破をずっと見られるかもしれない――。しかし同紙が緊急実施した「フットボールスポーツの未来にクローンは可能か?」というアンケートは、“NO”が70%近くとなっている。(日本時間21日10時現在)。人道的な部分を考えれば、このクローン計画に拒否反応が多く集まるのは自然と言えるところか。(Football ZONE web編集部)

    バルサFWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】天才メッシの“クローン化”が可能!? スペイン科学者が驚きの計画を提言】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    スペイン2大クラブからオファーでレアルを選択 同胞選手の助言も決断の一因に

     18歳U-20ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール2018年夏にブラジルの名門フラメンゴからレアル・マドリードに移籍した。同じスペインの強豪バルセロナからも関心があり、レアル以上の高額オファーがあったというが、それでもマドリード行きを選んだのはプロジェクトに惹かれたからと地元メディアの取材に明かしている。

     フラメンゴのトップチームデビュー前から頭角を現し、「ネイマール二世」「フラメンゴの至宝」などと呼ばれて大きな注目を浴びていたヴィニシウス。ブラジルが優勝を飾った2017年2月のU-17南米選手権では大会得点王(7得点)とMVPダブル受賞を果たした。その後、同年5月に16歳でプロデビュー。さらにその直後、18歳を迎える18年8月にレアルへ加入することが決定した。

     瞬く間にスターダムへの階段を駆け上がっていったヴィニシウスだが、レアルよりも先に獲得に関心を示したのがバルセロナだったという。スペインの2大クラブが新天地候補となった状況で、決め手となったのはお金ではなく、クラブが掲げるプロジェクトの内容だったようだ。

    「僕の父はバルセロナレアル・マドリードからの関心があるまでは、僕に移籍の話は一切しなかった。そして、両方のクラブを訪問したけど、どちらも好きになった。バルセロナはより高額のお金を支払いたがったけど、僕らは最高のプロジェクトを求めていたし、マルセロやカゼミーロが話してくれたことも決断の助けになった」

     ヴィニシウスはスペインラジオ「カデナ・セール」に対して、このように語っている。レアルプロジェクトに惹かれ、レアルプレーする同胞選手の助言も移籍の決め手の一つとなったようだ。

     昨年9月にアトレチコ・マドリードとのダービーマッチレアルでのトップチーム初出場を果たし、すでに公式戦でゴールも決めているヴィニシウス。ジネディーヌ・ジダン監督というレジェンドの復帰で、この18歳の立場がどう変わるのかも注目が集まるが、“銀河系軍団”の中でポジションを勝ち取ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    レアルFWヴィニシウス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサ高額オファーも… 神童ヴィニシウス、レアル移籍の決め手は“最高のプロジェクト”】の続きを読む



    (出典 newscollect.jp)



    ルカ・ヨビッチ  写真提供:GettyImages

     バルセロナアイントラハト・フランクフルトセルビア代表ルカ・ヨビッチの獲得に6000万ユーロ(約76億円)を用意しているようだ。ドイツの報道をスペインメディアフットボールエスパーニャ』が引用して伝えている。

     現在ベンフィカからレンタルフランクフルトに加入しているヨビッチ。これまでバイエルン・ミュンヘンレアル・マドリード、複数のプレミアクラブからの関心が報じられている。

     同メディアによるとフランクフルトが今夏買取オプションを施行し、ビッククラブへ売却することを画策している模様。現在、ヨビッチの代理人とベンフィカが交渉中とのことだ。

     この状況にバルセロナは獲得に向けて6000万ユーロ(約76億円)を用意しているようだ。

     果たして、ヨビッチ争奪戦はどのクラブが制するだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサ、ヨビッチの獲得に76億円用意か?】の続きを読む

    このページのトップヘ