Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 www.football-zone.net)



    「大事なのはチーム」と個人賞に大きな興味がないことを

     レアル・マドリードクロアチア代表ルカ・モドリッチは、現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグCL)初戦のASローマ戦で後半40分までプレーして3-0の勝利に貢献。ロシアワールドカップW杯)での疲労を認めつつ、バロンドールへの思いも口にした。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」が報じている。

     3連覇中のレアルの初戦は昨季4強に躍進したローマ相手だったが、前半45分にスペイン代表MFイスコが先制点を決めると後半にも2点を追加し、3-0でまさに一蹴した。その試合後、モドリッチは「もちろんW杯によって、体的にも精的にも疲労を感じているよ。でも、それは日を追うごとに良くなっている」と、決勝戦まで延長戦3試合を含む7試合を戦ったダメージが大きいことを認めた。

     モドリッチは現在FIFA年間最優秀選手を受賞できるかどうかが話題になっている。昨季までレアルで共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの一騎打ちされ、同様の状況にあった欧州最優秀選手賞はモドリッチが受賞。しかし、自身はそうした個人賞の行方に大きな興味がないという。

    チームメイトファンが、に賞を取ってほしいと思ってくれていることは本当に誇らしいよ。ただ、それは何か絶対に受賞しなきゃいけないというようなプレッシャーではなくて、大事なのはチームなんだ。もし賞をもらえたなら、それは良いことだし嬉しいと思うよ。だけど、そうならなかったとしても人生は続いていくからね」

     現代において世界最高のプレーメーカーと称されるレアルの「10番」は、あくまでも大事なのはチームと強調した。この日に各地で行われたCLグループステージ初戦では、ロナウドユベントス移籍後初のCL出場で退場処分という衝撃的な結末を迎えたが、24日の授賞式で名前を呼ばれるのはどちらになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    (左から)MFモドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「プレッシャーはない」 モドリッチ、C・ロナウドとの”バロンドール争奪戦”に無関心】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ユベントス20日、前日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節、バレンシア戦で負傷交代したMFサミ・ケディラとMFドグラスコスタの2選手に関するメディカルレポートを伝えた。

    ユベントスは19日に行われた今季CL初戦のバレンシア戦を2-0で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウド一発退場で数的不利を背負いながらもMFミラレム・ピャニッチの2つのPKによって敵地での初戦をで飾った。

    しかし、同試合では前半半ばに左足を痛めたケディラ、後半終盤に相手との接触で負傷したドグラスコスタの2選手が負傷交代を強いられていた。

    そして、ユベントスは前述の2選手に関する最新のメディカルレポートを発表。ケディラに関しては左大腿部の屈筋の損傷が確認されたという。一方、ドグラスコスタに関しては現時点でケガの程度を評価できず、翌日にめて検を行う予定であると説明した。

    なお、ケディラに関しては3週間程度の離脱を強いられる見込みだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ケディラが左大腿部の屈筋損傷で3週間程度の離脱…D・コスタは再検査へ】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



     レアル・マドリードスペイン代表MFイスコが、チームメートのクロアチア代表MFルカ・モドリッチのバロンドール受賞(FIFA年間最優秀選手賞)を願った。

     チャンピオンズリーグCL)・グループステージ第1節が19日に行われ、レアル・マドリードスペイン)はホームローマイタリア)と対戦。3-0と快勝し、前人未到の4連覇に向けて好スタートを切った。

     この一戦で直接フリーキックから1点を記録したイスコは、試合後にインタビュー応じると、試合内容やFKでの得点を振り返りつつ、モドリッチについても言及した。クラブ公式HPがそのコメントを伝えている。

    らは、良いプレーとともに十分な結果を手にした。もっと得点することもできたね。チャンピオンズリーグでできるだけ良い形でスタートできたのを嬉しく思っているよ。らは良い試合ができた。けど、勝っている時に試合をもっとコントロールすること、相手と撃ち合いをしないなど、今後も成長し続けなければならない」

    「まだシーズンは始まったばかりでミスを修正する時間はあるし、らは正しいを通っている。フリーキックは得意だし、得点を嬉しく思っているよ。チームを助け、勝ち点3の獲得に役立てたね」

    「モドリッチのことをらはよく知っている。彼は偉大すぎるほどの選手で、毎試合素晴らしいものをもたらしてくれる。彼の存在はらにとって根幹を成すもの。バロンドールも彼が取ってほしいね。なぜって彼はそれに相応しいから。彼は二で、らそして代表チームカギを握る選手だ」

     レアル・マドリードの次戦は22日、リーガ・エスパニョーラ第5節でエスパニョールとホームで対戦。CLの次節は10月2日、FW西村が所属するCSKAモスクワロシア)と敵地で対戦する。

    イスコ(左)とルカ・モドリッチ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】FK決めたイスコ、同僚モドリッチをバロンドールに推薦「受賞にふさわしい」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    19日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節マンチェスター・シティvsリヨンが行われ、1-2でシティ敗北。この結果、シティプレミア勢として初めてCL4連敗を記録した。

    試合は26分、右サイドを突破されたシティクロスからFWマクスウェル・コルネゴールを許し先制点を奪われてしまう。さらに43分には、しく自ボールを失うと、FWナビ・フェキルにドリブル突破から追加点を許し2点差に。後半、MFルナルド・シウバゴールで1点を返すも、その後の追撃は阻まれ1-2で試合終了。2018-19シーズンのシティCLスタートとなった。

    Opta』によれば、この結果シティプレミアリーグチームとして初めてCLで4連敗を喫したチームに。昨季のCLラウンド16のバーゼル戦セカンドレグで敗れたシティは、合計スコアで勝ち上がり準々決勝でリバプールと対戦。しかし、この2戦で連敗を喫して敗退。そして今回のリヨン戦での敗戦で、4連敗となってしまった。

    なお、このリヨン戦では昨季のリバプール戦で退席処分を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督ベンチ入り禁止処分を受けていたため、アシスタントコーチミケル・アルテタ氏が揮を執った。試合後には「彼(グアルディオラ監督)がベンチにいたら、結果が変わったかどうかは私には説明できない」とコメントしている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】マンチェスター・シティがプレミア勢初のCL4連敗…】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    1 数の子 ★ :2018/09/18(火) 18:53:14.83 ID:CAP_USER9.net

    9/18(火) 18:45配信 日刊スポーツ

    長友佑都が所属するガラタサライ(トルコ)は18日(日本時間19日)に欧州CL1次リーグ初戦でロコモティフ・モスクワ(ロシア)と対戦する。

    18日のトルコ紙ミリエットによると、テリム監督は17日の記者会見で「非常に重要な対戦相手です。経験豊富な選手がそろっている」と警戒心を見せたという

    さらに長友について「世界中のどのチームも彼と一緒にプレーしたいと思いますよ。本当にいい性格の持ち主」と称賛。「練習でもみんなの手本になる。練習に最も早く来て、最も遅くまで練習する。彼への褒め言葉はどんなに言っても言い足りない」。さらに「たぶん、将来的に日本からさらに他の選手を獲得するでしょう」とも話したという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00334842-nksports-socc


    【【海外サッカー】ガラタサライ監督、長友効果でほかの日本人にも興味】の続きを読む

    このページのトップヘ