Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 liverpool.tokyo)



     アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは来シーズン以降もクラブに残留することを発表した。14日、スペインのドキュメンタリー『Movistar+』にて伝えられている。

     グリーズマンに関する移籍の噂は昨年から囁かれており、特に今夏では、バルセロナが最優先の獲得候補として挙げていると報じられていた。しかし、14日から開催している2018 FIFAワールドカップ ロシアの前に去就を発表すると発言しており、今回の残留宣言でバルセロナ移籍は消滅した。さらに、スペイン紙『マルカ』では、クラブと新しい契約を結ぶ見通しだと伝えている。

     グリーズマンは同番組内で「僕はアトレティコ・マドリードに残留することを決めた」と語っている。また、自身のツイッターでは「僕のファン、僕のチーム、アトレティコ・マドリードこそが僕の家だ」とクラブへの忠誠を誓っている。

    アトレティコ残留を宣言したグリーズマン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ついに決着…「残留を決めた」グリーズマン、来季もアトレティコでプレー!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     プレミアリーグは14日、2018-19シーズンの日程を発表した。

     来シーズンの開幕戦は8月11日。リーグ王者であるマンチェスター・Cは、敵地でアーセナルと対戦。開幕戦からいきなり“ビッグ6”同士の対決が実現した。また、マンチェスター・Uはホームに日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターを迎える。

     そのほか、トッテナムは敵地でニューカッスルと、リヴァプールはホームでウェストハムと、チェルシーは敵地でハダースフィールドとそれぞれ対戦する。そして、第2節では早くもチェルシーとアーセナルの“ビッグロンドン・ダービー”が予定されている。

     開幕戦の対戦カードは以下のとおり。

    ■プレミアリーグ2018-19シーズン開幕戦

    アーセナル vs マンチェスター・C
    ボーンマス vs カーディフ
    フルアム vs クリスタル・パレス
    ハダースフィールド vs チェルシー
    リヴァプール vs ウェストハム
    マンチェスター・U  vs レスター
    ニューカッスル vs トッテナム
    サウサンプトン vs バーンリー
    ワトフォード vs ブライトン
    ウォルヴァーハンプトン vs エヴァートン

    2017-18シーズンの王者マンチェスター・C [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】来季の日程発表…王者マンCは開幕戦でアーセナルと激突!】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



    4年に一度のサッカーの祭典、2018年FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会が本日より開幕します。
    国別に結成されたチームが世界の頂点を目指して激突。世界中の名プレーヤーたちが華麗な技で人々を魅了する、サッカーファンなら見逃せないイベントです。
    1930年の第1回大会から数えて今回で21回目の開催となるW杯。これまでの大会では、数々の名プレーヤーによって名勝負、スーパーゴールが生まれてきました。そこで今回は、後世に伝えたい、永遠に語り継がれるサッカー選手は果たして誰なのかについて調べてみました。

    1位 三浦知良
    2位 ペレ
    3位 リオネル・メッシ
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「三浦知良」

    日本サッカー界のレジェンドでありながら、51歳にして現役で活躍中の「キング・カズ」こと「三浦知良」(FW=横浜FC)が堂々の1位にランク・イン。
    15歳の時に単身でブラジルのプロチームへ留学。帰国後は1993年のJリーグ発足時にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)でキャプテンを務めるなど、日本サッカーの発展に貢献をしてきました。

    現在は横浜FC(2006年~)に籍を置いており、昨年3月12日のザスパクサツ群馬戦で決めたゴールにより「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネスレコードに認定されています。今年でプロ33年目のシーズンを迎えたキング・カズ。これからの活躍にも期待ですね。

    2位は「ペレ」

    2位にランク・インしたのは、サッカー王国ブラジルが世界に誇る歴史的名プレーヤーの「ペレ」でした。
    貧しかった少年時代からストリートサッカーで技術を磨き、若くしてサントスFCにスカウトされました。プロデビュー後はすぐさま頭角を現し、1958年に開催されたW杯スウェーデン大会にわずか17歳でブラジル代表として初出場。W杯には4度出場し、うち3度優勝を決めるという素晴らしい結果を残しています。現役時代には公式戦やチャリティーマッチなどを含めた1,375試合に出場し、世界最多となる1,283得点を記録していますが、こちらも前人未到と言えるでしょう。

    2016年には彼の生涯を描いた映画『ペレ 伝説の誕生』が公開されるなど、そのサクセスストーリーは今も多くのサッカーキッズに希望を与え続けています。世界中から「サッカーの王様」と呼ばれるのも納得ですね。

    3位は「リオネル・メッシ」

    出典:ゲッティ=共同
    若き生ける伝説「リオネル・メッシ」(FW=FCバルセロナ)が3位にランク・イン。
    13歳でスペインの名門チームであるFCバルセロナに合格。その後トップチームでデビューすると、記録という記録を全て塗り替えてしまうかのような活躍を見せてチームを9度のリーグ優勝に導きました。
    これ以外にもFCバルセロナの4回にわたるUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、自身も世界年間最優秀選手に贈られるバロンドールを5回受賞するなど、欧州リーグの現役プレーヤーとしてはナンバーワンの存在と言っても過言ではないでしょう。

    このほか、4位以降にも「リオネル・メッシ」と同じスペインリーグで活躍中の「クリスティアーノ・ロナウド」(FW=レアル・マドリード)、アルゼンチンの英雄「ディエゴ・マラドーナ」が5位と、名選手がめじろ押しです。

    あなたの語り継ぎたいサッカー選手は、この中にいましたか?



    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,494票
    調査期間:2018年4月25日~2018年5月09日
    永遠に語り継がれるサッカー選手ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【必見】永遠に語り継がれるサッカー選手ランキング!】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    レアルの監督に就任するのに……

     2大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝を目指すスペイン代表に激震が走った。スペインサッカー連盟は、ロシアW杯開幕前日の13日、フレン・ロペテギ監督の電撃解任を決定した。ロペテギ監督は、12日にレアル・マドリードの新監督就任が発表されたばかりだったが、その事実を連盟側が知らされたのは電撃発表の5分前。手腕に定評は高かったが、あまりの配慮のない指揮官とクラブの対応に、連盟トップの堪忍袋の緒が切れた格好だ。そして、そのお騒がせ指揮官の5月に残した禁句が、このタイミングでクローズアップされている。

     ロペテギ監督は、5月にアルゼンチンテレビ局「TyC」のインタビューに登場すると、レアルの宿敵で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛し、「史上最高の選手」「彼のような選手を探すのは極めて困難」と賛辞を並べた。

     さらには、スペインメディア「20 Minutos」のインタビューでも「さまざまなシナリオでも継続的に違いを見せ続けている」「彼のプレーを見るのは幸せ」とまで絶賛している。

     これらの発言は、メッシに対抗意識を燃やすレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのプライドを大いに傷つけるものだろう。レアルの関係者やOBは、絶対的なエースの気持ちを逆なでしないように公然とメッシを称える発言を控えてきた。だが、レアル監督就任発表直後にメッシを崇める発言が露見してしまった。

     お騒がせ指揮官のこの失言は、「スポルト」、「AS」といったスペイン地元各紙のみならず、アルゼンチン紙「ラ・ナシオン」も一斉に報道。「ムンド・デポルティーボ」に至っては、大々的に「ロペテギによる、メッシとクリスティアーノ・ロナウドの違い。マドリードの新監督はアルゼンチン人を史上最高と呼ぶ」と報じた。ロシアW杯後のレアル新監督と、ロナウドとの関係悪化が今から心配なところだ。


    (Football ZONE web編集部)

    スペイン代表のロペテギ前監督の失言が波紋を広げている【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】スペイン代表解任のお騒がせ監督、C・ロナウド傷つける失言発覚 「メッシが史上最高」】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    W杯初戦は「最高のレベルで」

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団し、今夏からJリーグのヴィッセル神戸へと移籍する。発表までの過程で様々な憶測が飛び交ったが、本人がスペインのラジオ局「COPE」で、その移籍の真実を語った。

     イニエスタは、新天地を検討するにあたり、愛する古巣と対戦するクラブには加入しないと断言してきた。ところが、元バルサでジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティに移籍するという噂が、英国メディアを中心にたびたび報じられた。

     これについて、イニエスタは「ゼロだ。これまでの報道は見てきたが、一度もコンタクトはしてない。事実を教えよう。あの時、そのような会話はゼロ、全くなかった」と一蹴し、「考えもしなかった。私がバルサを退団するということは、ヨーロッパを去ることだったので、あのような情報は全くつじつまの合わないことだ」と続けた。

     そして、自身4度目の舞台となるロシア・ワールドカップ(W杯)へと挑む。スペインの初戦は15日で、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)を擁するポルトガルと対戦する。イニエスタは長年クラシコで死闘を演じた、ライバルとの一戦に向け、こう語った。

    「クリスティアーノは現・欧州選手権王者のポルトガルにいて、どのチームにとっても要注意の選手。ポルトガルは崩すのが難しいチームだと思っているし、彼らに勝つのは非常に厳しい。我々は最高のレベルで戦わなければならない」

     2度目の挑戦となった2010年の南アフリカW杯決勝では、スコアレスで突入した延長後半に決勝弾を決めたイニエスタ。開幕2日前に来季レアル指揮官就任が発表されたフレン・ロペテギ監督が電撃解任され、フェルナンド・イエロ新監督が誕生した激震のラ・ロハ(スペイン語で赤)だが、希代の名手は誇りに満ちたユニフォームに袖を通し、再び頂点を目指す。


    (Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸への加入が決まっているイニエスタだが、その移籍の真実を語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【告白】イニエスタ、神戸加入前の噂を否定 「シティ移籍は考えてもいなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ