Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

    no title


    今季ユヴェントスに戻ってきたGKジャンルイージ・ブッフォン。41歳になった彼がまた偉大な記録を樹立した。

    第4節エラス・ヴェローナに先発し、クラブ通算での試合出場が902に到達(ユーヴェ657、パルマ220PSG25)。これでパオロ・マルディーニの記録に並んだのだ。

    だが、ヴェローナ戦ではそのブッフォンでも防げなかったスーパーゴールがあった。それがこれ!(動画27秒~)

    PKのチャンスでヴェローナのシュートは2本連続でクロスバーを直撃…。絶好の機を逸したかと思いきやボールを拾い直すと、ミゲウ・ヴェローゾが左足でスーパーゴールをブチ込んだのだ。

    ブッフォンも届かないトップコーナーな突き刺す見事な一撃。PK失敗直後にこんな超絶ゴールが決まるのはかなり稀なはず。

    だが、ユーヴェはアーロンラムジーのセリエAデビューゴールクリスティアーノ・ロナウドのPKで逆転。

    2-1で勝利した試合後、ロナウドは「難しい試合だったね。CLの後で僕らは疲れていた。アトレティコのような相手との激戦後では普通のことだけど、勝点3をとることができた」と述べていた。

    偉人ブッフォンがやられた…「PK失敗からの電撃シュート」がすごすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】偉人ブッフォンがやられた…「PK失敗からの電撃シュート」がすごすぎる】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



     マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、同チームに所属するフランス代表MFポール・ポグバについて言及した。22日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

     今夏、レアル・マドリードから関心が寄せられ移籍が噂されていたポグバは、結局マンチェスター・Uへ残留。そこで同選手は、移籍市場が再び開く来年の1月以降こそ移籍するのではないかと言われている。しかし、スールシャール監督は以下のように語り、その可能性を否定した。

    レアル・マドリードの会長の話を聞くつもりはないね。ポールはここで懸命にプレーしており、マンチェスター・Uに全てを捧げているんだ。私は心配していないよ。彼はどこにも行かないんだ」

    マンチェスター・Uプレーするには、大きなメンタリティが必要だ。彼はどんなピッチでも、自信に満ち溢れている。それはポールの個性であり、私が求めていることでもある。チームメイトたちも彼を尊敬しているよ」

    マンチェスター・Uに所属するポグバ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンU指揮官、今夏移籍が噂されたポグバの去就に言及「彼はどこにも行かない」】の続きを読む

    no title


    首位ビジャレアル戦でフル出場、バルサ公式が移籍後初勝利をレポート

     バルセロナBの日本代表MF安部裕葵が、フル出場で勝利に貢献した。セグンダB(スペイン3部相当)グループ3第5節ビジャレアルB戦(1-0)で、右サイドとして奮闘。首位相手に積極的なプレーを見せて、自身の“バルサ初勝利”を飾った。

     今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに加入した安部は、書類の手続き遅れで開幕戦出場には間に合わなかったが、現地時間1日の第2節ヒムナスティック・タラゴナ戦(2-2)で公式戦デビュー。決定機を演出するなど存在感を発揮していた。14日の第4節プラト戦(2-2)にも先発出場し、この日2試合連続のスタメンとなった安部は、“定位置”の右サイドだけではなく、臨機応変にポジションを変えながら好機を演出。前半5分には、左サイドからカウンターでドリブル突破を図り、焦った相手からファウルで止められた。ゴールこそなかったが、フル出場で勝利に貢献した。

     バルサ公式ホームページも安部のプレーに言及しており、「攻撃に積極的に参加」「バルサBで最初のイエローカードも受けたが、アディショナルタイム6分間も含め、最後までプレーし、フル出場を果たした」と綴られており、20歳のアタッカーは着実に好印象を与えているようだ。

     この日の勝利で、自身の出場試合ではバルサ移籍後“初勝利”を飾った安部。クラブの公式インスタグラムでは試合後のロッカールームの様子が投稿され、満面の笑みで写る安部に対して「ホンマにいい写真すぎる!」「ナイス勝利!」「みんないい笑顔」とコメントが寄せられた。

     まだまだ異国の地での戦いは始まったばかり。公式戦初ゴールを目指して、アピールを続けていくだけだ。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナBのMF安部裕葵が“バルサ初勝利”を飾った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】安部裕葵が“バルサ初勝利”! フル出場で「攻撃に積極参加」、首位撃破に貢献】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    3点ビハインドの後半25分、カットインから左足でブディミルのヘディング弾を演出

     スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間22日のリーグ第5節ヘタフェ戦(2-4)で味方の負傷交代による前半19分から緊急出場。3点ビハインドの劣勢のなかで、反撃の狼煙を挙げるゴールを演出してリーガアシストマークし、意地を見せた。スペイン全国紙も「良いセンタリング」と伝え、リーガ専門記者も「彼はクオリティーを加えた」と技術を称えている。

     マジョルカは前半7分に相手のセットプレーガーナ人MFイドリス・ババの体に当たってコースが変わり、オウンゴールで失点。さらに、前半14分にガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババ、その3分後にはスペイン人MFサルバ・セビルが接触プレーで負傷し、交代を余儀なくされる。

     この緊急事態に、ビセンテ・モレノ監督がガーナ代表DFルーマー・アグベニューとともに投入したのが、3試合連続ベンチスタートとなっていた久保だった。

     右サイドハーフに入るも思うようにボールを持てず、2点目を失って迎えた後半、徐々に久保が見せ場を作る。同4分、右サイドからのFKのキッカーを務めると、後半10分にはペナルティーエリア手前右でボールを受け、反転から素早く左足シュートを放つも相手のブロックに遭い、得点には結びつかなかった。

     そして0-3で迎えた後半25分、久保は右サイドからカットインを仕掛け、左足でゴール前にピンポイントクロスを供給。マーカーが届かない絶妙な軌道を描いたボールクロアチア人FWアンテ・ブディミルがヘディンシュートで流し込み、1点を返した。

     スペイン全国紙「AS」は、テキスト速報で「マジョルカがわずかに反撃。左利きの久保が右サイドから良いセンタリング」と報じれば、英衛星放送「BTスポーツ」などに寄稿している、リーガを専門的にカバーしているサイモン・ハリソン記者も公式ツイッターで「本当に抑えの利いたクロス。彼はあの年齢(18歳)にもかかわらずクオリティーを加えている」と称えた。

     後半32分にもブディミルがゴールを決めて1点差に詰め寄ったマジョルカだが、終盤に失点して最終的には2-4で敗戦。それでも、久保のワンプレーチームが息を吹き返したのもまた事実だった。(Football ZONE web編集部)

    マジョルカMF久保が初アシスト【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】久保建英、待望のリーガ初アシストを海外称賛 「良いセンタリング」「質を加えた」】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が記録的な快勝劇を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

    21日に行われたプレミアリーグ第6節でワトフォードホームに迎え撃ったシティは、開始数十秒で元スペイン代表MFダビド・シルバが先制点を挙げると、リーグ史上最速のキックオフから18分までに計5ゴールを記録。それ以降も怒涛の攻めを展開してみせ、8-0の快勝劇を演じた。

    前節のノリッジ・シティ戦で2-3のシーズン初黒星を喫した後のリーグ戦だったが、白星を取り戻すだけでなく、記録的な戦いぶりも披露して見事にバウンスバックしてみせたシティ。グアルディオラ監督はそのワトフォード戦後、こう述べ、選手たちを労った。

    「5本のシュートで5ゴールが生まれるなんて、冷酷だったね。20本のシュートを打っても得点できないことだってある」

    チャンピオンズリーグ(CL)での長旅で準備の時間が設けられなかったのに、我々全員にとって、ラブリーな1日になったよ。シティファンにとっても、太陽とたくさんのゴールに照らされた日だったね」

    「5-0でハーフタイムに突入すれば、選手がそれぞれ身勝手なプレーに走りがちだが、今日は完全に真逆だった。我々はより積極的に、とても良い後半だった。私はそれが最も気に入ったね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】記録的な8発快勝撃でバウンスバック! ペップ「冷酷だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ