Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 handymikan.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/13(木) 09:24:02.80 ID:CAP_USER9.net

    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する26歳のブラジル代表FWネイマールが、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルーフォ氏を批判した。12日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

    現地時間11日に親善試合が行われ、ブラジル代表はエルサルバドルと対戦し5-0の勝利をおさめた。
    ネイマールは1ゴール3アシストの活躍を見せている。だが、この試合で主審を務めたマルーフォ氏に不満を募らせているようだ。

    試合開始して44分、ネイマールは自らドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。
    そこで相手に足をひっかけられたとして、大きくダイビングし倒れ込んだ。
    しかし、審判を欺くシミュレーションだと判断したマルーフォ主審はネイマールにイエローカードを提示している。

    これに対しネイマールは「敬意を欠いている」としてマルーフォ主審を批判。
    続けて「もし、PKを与えたくないのであれば、それで良い。しかし、イエローカードは不要だろ」とコメントしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289280-footballc-socc
    9/13(木) 8:40配信


    【【リーグアン】ネイマール、もうダイビングは通用せず。イエローカード提示され…審判批判】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/12(水) 09:12:27.65 ID:CAP_USER9.net

    レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが脱税を認め、4か月間の懲役刑を受け入れたという。

    英『BBC』によると、スペイン税務当局に対して49万ユーロ(約6340万円)の脱税を認めた模様。75万ユーロ(約9700万円)の罰金と懲役4か月が科された。
    なお、スペインの法律では、初犯の場合、2年以内の刑罰であれば刑務所に入ることはない。

    スペインでは、これまでFWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWクリスティアーノ・ロナウドら多くのサッカー選手が脱税容疑で起訴されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-01837067-gekisaka-socc
    9/12(水) 8:57配信


    (出典 upload.wikimedia.org)


    【【リーガエスパニョーラ】マルセロが脱税を認める…懲役4か月、罰金は約9700万円に】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/09(日) 01:44:49.96 ID:CAP_USER9.net

    ■ 「シティにとっては最悪のタイミングだった」

    いまや世界有数の金満クラブとなったマンチェスター・シティ。移籍市場では狙った獲物は逃がさないとばかりに、アブダビ資金を前面に押し出してチーム強化を進めてきた。
     
     そんなシティが、ほんの10年前に超が付く大物の獲得に失敗していたという。英紙『The Sun』が伝えている。レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチで、なんと交渉決裂の理由は“資金難”だったのだから驚きだ。
     
     2008年夏、22歳ながらディナモ・ザグレブで不動の司令塔として活躍し、クロアチア代表での地位も確立させていたモドリッチ。EURO2008を控えた直前、いよいよ国外のビッグクラブへの移籍に機が熟し、相談相手としたのが大親友のDFヴェドラン・チョルルカだった。彼はシティに籍を置いており、モドリッチにマンチェスター行きを薦めたのである。クラブ幹部だったベルナルド・ハルフォード氏がこう振り返る。
     
    「ヴェドランはモドリッチの実力に太鼓判を押していたし、世界最高のMFになるとも言っていた。値段を聞けば1000万ポンド(約15億円)。支払えない額ではなかったが、あの頃のシティにとってはタイミングが最悪だったんだ」

     当時のオーナーはタイの元首相タクシン・チナワット氏で、資金の不正流用などの咎でタイ政府から資産を凍結されていた。その数週間後にタクシン氏は辞任し、経営権を現在のアブダビ資本会社に売却、シェイク・マンスールが新たに代表の座に就いたのだ。
    現在もクラブで要職を務めるハルフォード氏は「わずかなタッチの差でモドリッチを取り逃がした。あのとき彼を獲得していたらまた異なるシティの歴史が築かれていたかもしれないね」と回顧する。
     
     シティ行きが破談となったモドリッチは、直後にトッテナム・ホットスパーへの入団を決意する(その数週間後にはチョルルカも加入)。なんと移籍金は当時のクラブレコードである2000万ポンド(約30億円)に跳ね上がっていた。逃がした鯉は、やはり大きかったのだ。
     
     それからの10年でモドリッチはワールドクラスへの道を一気に駆け上がった。ロシア・ワールドカップでのハイパフォーマンスを受けて、2017-18シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞に輝き、バロンドールの有力候補のひとりにも挙げられている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180908-00046920-sdigestw-socc


    【【海外サッカー】 モドリッチの獲得失敗をマンC幹部が明かす…たった“1000万ポンド”が支払えず】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★ :2018/09/11(火) 12:14:57.76 ID:CAP_USER9.net

    日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2018のコスタリカ代表戦に向けて会場となるパナソニックスタジアム吹田で前日練習を行った。

     MF中島翔哉は練習後、「それぞれの選手の良さを出してほしいとは常々、監督は言ってますし、そういうふうにプレーできたらなと思います」と自然体で試合に臨むことを強調した。

     コンビネーションについて問われると「いい選手が沢山いるので、いいプレーができると思います」と答え「みんなパスもできるし、自分でシュートを打つこともできると思うので、ボールを持ってないときはいいところに自分は動きたいと思います。ボールを持ってる時はゴールを目指して楽しくプレーをしていきたいと思います」と抱負を述べた。

     昨季は所属するポルティモネンセで活躍しながらもロシアワールドカップメンバーからは外れた中島。「今後の4年間のことはあんまり考えてなくて。ホントに明日の試合で自分ができる限りのいいプレーをしたいですし、チームの勝利に貢献出来たらいいかなと思ってます」とコメントしている。

     また海外で変わった事を尋ねられた中島は「より楽しくサッカーをするようになりました。自分のプレースタイルに合ってるっていうのは間違いなく1つあると思います」と飛躍の要因を分析した。

     コスタリカ戦では2列目で堂安律と左右での起用が予想されている。同じ海外でプレーする堂安について「それぞれの良さがしっかりと融合して明日はいいプレーを、いい内容に試合をしたいと思ってます」と語った。

    (取材:元川悦子、文・構成:編集部)

    9/11(火) 8:20 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00288893-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<中島翔哉(ボルティモネンセ)>海外移籍は正解だった!「より楽しくサッカーをするようになりました」】の続きを読む



    (出典 ichef.bbci.co.uk)



    1 Egg ★ :2018/09/10(月) 20:12:27.81 ID:CAP_USER9.net

    今夏ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、絶対的なカリスマとしてサッカー界に君臨しているが、ストーク・シティの元イングランド代表FWピーター・クラウチはロナウドの驚きの“ナルシストぶり”を暴露している。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」が報じている。

     ロナウドは2003-04シーズンに、母国のスポルティングCPからユナイテッドへと移籍した。当時、18歳の若さでファーガソン氏からクラブのエースナンバーである背番号「7」を与えられ、大きな話題を呼んだ。06-07シーズンにプレミア年間最優秀選手に選出されると、07-08シーズンでは連続受賞に加え、リーグ得点王に輝く。そして、2008年度のバロンドールを受賞した。

     09年にはレアル・マドリードへと移籍し、在籍9年間で2度のリーガ制覇、4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を含める数多くのタイトル獲得に貢献。バロンドールにも13、14,16、17年と4度輝き、キャリア通算5度の受賞を成し遂げている。

     史上最高のフットボーラーの一人としてサッカー史にその名を刻み続けるロナウドだが、先日自伝本を出版したクラウチは、そのなかでロナウドの秘話を明かしていた。

    自身よりもメッシの方が良い選手と認めるも…

    「リオ・ファーディナンドが僕に教えてくれた話がある。ロナウドが鏡の前に立ち、手で髪をかき上げて、こう言ったらしいんだ。『ワオ! 俺はなんて美しいんだ』とね。他のユナイテッドの選手は『メッシはお前よりも良い選手だけどね』と挑発したらしいけど、彼は肩をすくめて『ああ、確かにそうさ。でも、メッシは僕ほどのルックスじゃない』と笑顔で返したらしいよ」

     ロナウドはクラウチとチームメイトになった経験はないが、ユナイテッド時代の同僚だった元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドを通じて、思わぬ方向から恥ずかしいエピソードを暴露される格好となってしまったようだ

    9/ 10(月) 19:50配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00134691-soccermzw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<C・ロナウド>若き日の“ナルシストぶり”発覚!「メッシは僕ほどのルックスじゃない」クラウチが暴露】の続きを読む

    このページのトップヘ