Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 sakaneta.com)



    モイーズ政権時の2013年に“20分の1”の移籍金で獲得に動いていたと英紙報道

     マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場でDFの補強に力を入れており、トップターゲットの1人だったレスター・シティイングランド代表DFハリー・マグワイアはDF史上最高額の8000万ポンド(約108億円)で獲得合意に至ったと報じられている。ビッグディール成立が間近となっているが、ユナイテッドは過去にわずか400万ポンド(約5億4000万円)でマグワイアを獲得できるチャンスがあったという。英紙「デイリーミラー」が報じた。

     マグワイアはシェフィールド・ユナイテッドの下部組織出身の26歳。2014年に加入したハル・シティでブレークし、17年にレスターへ移籍。同年にイングランド代表デビューも飾り、昨年のロシアワールドカップにも出場するなど飛躍を遂げた。今やプレミア屈指のセンターバックの1人と評価されている。

     ユナイテッドは昨夏から継続的にマグワイアの獲得に動いており、今夏ついに実現させようとしている。移籍金高騰の影響から、その合意金額は8000万ポンドにも到達すると報じられているが、実はデイビッド・モイーズ政権時の13年にもマグワイア獲得に動いていたという。まだ無名に近かった当時のマグワイアを獲得できていれば、移籍金はわずか400万ポンドに抑えられていたという。

     記事によれば、12-13シーズン限りで退任したアレックス・ファーガソン元監督がマグワイアの才能に目をつけており、後任のモイーズ元監督に獲得を進言していたという。モイーズ元監督もそのアドバイスを受けてクラブに獲得を指示したが、ユナイテッドはその考えに反対したという。

     移籍金だけを見れば当時の20倍。タイトル奪還を目指して大型補強を目論むユナイテッドが、かつて逃した大きな魚を手に入れようとしている。(Football ZONE web編集部)

    レスターDFマグワイア【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マンU、6年前に“5.4億円”で獲得狙ったマグワイア DF史上最高額の“108億円”で獲得へ】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/15(月) 17:51:37.66 ID:6spQvkHK9.net

    ・現地でのメディカルチェックを経て正式加入へ

    7月15日、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨が、ベルギー1部のシント=トロイデンに完全移籍することが確実となった。両クラブが発表したのは、クラブ間の基本合意。今後現地入りしてメディカルチェックを経たのち、正式加入の運びとなる。契約年数などは現時点で明らかにされていない。

    【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋のほかにも続々! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

     鈴木は2015年に鹿島ユースからトップチームに昇格。同年にトップデビューを果たし、2017年からは「9」番を背負うなど、名実ともに鹿島のエースへと成長を遂げた。2018年には日本代表にも選出され、鹿島が王者となったアジア・チャンピオンズリーグの大会MVPにも選出された。

     負傷のため戦線離脱が続いているが、今後は7月末に開幕するベルギー・リーグの開幕に向けて、調整を続けていくことになる。今夏の鹿島では、安西幸輝(→ポルティモネンセ)、安部裕葵(→バルセロナB)に続く3人目の旅立ちだ。

     鈴木は鹿島の公式サイトに以下のコメントを寄せている。

    「この度、シントトロイデンVVに移籍することになりました。シーズン中の移籍になりますが、自分の年齢を考えるとラストチャンスになると思い、挑戦を決断しました。

     ここ何年かは、海外でやりたい気持ちと鹿島でやりたい気持ちが入り混じっていました。同世代の海外で活躍している選手たちを見て、何をしているんだろうと思う時もありました。でも、今は鹿島で今日まで続けてきて良かったと、はっきり言えます。

     自分に携わってくれた方々のおかげで、人としても選手としても成長できました。必ず、ヨーロッパに行ってもっともっと成長した姿をみんなに見せます!最後に、僕にとってこのクラブは特別であり、ホームです。どこにいようが、このクラブは僕の心の中にあり続けます。小学生から17年間、ありがとうございました。行ってきます」 

    7/15(月) 17:42 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00061473-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍】<鹿島・鈴木優磨>ベルギー1部のシント=トロイデンへ完全移籍で合意!「このクラブは僕の心の中にあり続けます」】の続きを読む

    no title


    バルセロナへ移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。彼の背番号は17番に決まった。

    デイヴィッド・ベッカムを愛する彼は7番に愛着を持ってきた。レアル・ソシエダで当初背負った番号も27番だったりする。

    なお、バルサでこれまでに背番号17を着けたのは、ジェイソン・ムリージョ、パコ・アルカセル、ムニール・アル・ハッダーディ、アレックスソング、ペドロ、ジオバニ・ドス・サントスマルクファン・ボメル、ガイスカ・メンディエタら。

    グリーズマン、バルセロナでは「背番号17番」!これまでに着けた選手は誰だ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】グリーズマン、バルセロナでは「背番号17番」!これまでに着けた選手は誰だ】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    バルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、加入への喜びを口にした。スペインマルカ』が伝えている。

    今年5月に昨シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団を明言していたグリーズマンは今月12日、5年契約でのバルセロナへの加入が決定。5年間、在籍したアトレティコに別れを告げ、近年、長らく移籍話が取り沙汰されてきたブラウグラナでついに新たな挑戦をすることとなった。

    そのグリーズマンは14日に入団会見を実施。これまでのプロキャリアでお世話になった人々への感謝を忘れず、バルセロナでのプレーを心待ちにした。特に同クラブの不動のエースアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの共演を楽しみにしているようだ。

    「最初にプロ契約をしてくれたレアル・ソシエダに感謝したい。それにエンリケ・セレソ(アトレティコ・マドリーの会長)、ディエゴ・シメオネアトレティコ、そしてクラブや代表で一緒になり、助けてくれたすべてのチームメイトに感謝したい」

    「居心地の良い場所、家族、友達、同僚がいる場所を離れることはとても難しいものだ」

    「この機会を与えてくれたバルセロナにも感謝している。僕はこの挑戦を受け入れ、この場所にいられることに興奮しているよ」

    メッシやみんなとプレーできることは僕を最も幸せにさせる。特に彼の横でプレーできることはとても嬉しいよ」

    「コウチーニョも特別なものを持っている。アルトゥールはゲームをよく読んでいるし、マウコムもウイングで相手にダメージを与えられる選手。彼らはみんな優秀だ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】グリーズマン、メッシとの共演心待ち「彼の横でプレーできることはとても嬉しい」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    『The SUN』は14日、「レスターDFハリー・マグワイアは、明日マンチェスター・ユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックを行う」と報じた。

    記事によればマンチェスター・ユナイテッドは8000万ポンド(およそ116.4億円)の移籍金支払いに合意したとのこと。

    6000万ポンド(およそ87.3億円)については即座の支払い、そして追加で2000万ポンド(およそ29.1億円)を追加するという内容で交渉は完了したという。

    これはセンターバックとしては昨年1月のフィルヒル・ファン・ダイク(サウサンプトンリヴァプール)の7500万ポンド(およそ109.1億円)を超える最高記録となる。

    ただ、一方で『Telegraph』はそれと相反する記事を出しており、マンチェスター・ユナイテッドはマグワイアに5000~6000万ポンド(およそ72.8~87.3億円)の価値しかないと考えているとか。

    レスター7500万ポンド以上を求めているものの、ユナイテッド側はそこまで出すことは避けたいという立場だとも。

    マグワイアはマンチェスター・ユナイテッドマンチェスター・シティへの移籍を希望しているが、レスターと対立したくないことから、良い入札がなければ残留するという心構えが出来ているようだ。

    マンチェスター・ユナイテッドは現在9000万ポンド(およそ131億円)でロメル・ルカクを売却するための動きをしているとのことだが、これで収入が得られればあるいは…。

    マグワイアが「ファンダイク超え」?ユナイテッド移籍に合意か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マグワイアが「ファンダイク超え」?ユナイテッド移籍に合意か】の続きを読む

    このページのトップヘ