Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    『Independent』は14日、「チェルシーのFWペドロは、マウリツィオ・サッリ監督の戦術は時に難しいと話した」と報じた。

    このところチームの調子が下降しているチェルシー。ボーンマスに0-4、マンチェスター・シティに0-6と大敗しており、他のチームに対策を講じられている状況にある。

    【関連記事】チェルシー、衝撃の6失点…キャラガー「アーセナルみたいに弱い」

    ペドロは現在のチームについて、サッリ監督のアイデアは時に難しくなると話す一方、それを支持していると明かした。

    ペドロ

    チームの全員がマウリツィオ・サッリのアイデアを支持しているよ。

    強いプレッシャーをかけ、コンパクトさを保ち、そしてチャンスを作っていく。いいポゼッションをして、多くボールを触って。我々はチームとしてそれに取り組んでいる。

    しかし、時にはこの形でプレーするのがとても難しいんだ。対戦相手に依存していることだ。

    マンチェスター・シティはとてもいいプレーをした。プレスをかけるのも、スペースを作るのも、守るのも非常に難しかった」
    「だがそれがマウリツィオのアイデアだ。高い位置でプレスをかけるのは好きだ。チャンスを作るために早くボールを奪い返すことがね。

    90ボールが転がってくるのを待って、ゴールを決めるために60メートルを走るよりね。

    この数試合は、結果を残せるだけのいいコンディションではなかったんだ。マルメ戦は自信をつけるチャンスだよ」

    (サッリ監督の戦術に選手が不満を持っているとも言われるが…)

    「どんな監督にとっても難しいと思うよ。高いモチベーションと野心を持ってやってきたときには。

    それはチェルシーのドレッシングルームだけではない。どんな指導者にとってもそうだ。

    サッリにとってはあまり良くない状況だ。結果が出ていないからね。しかし今の力学を変化させるのは、我々にとっていいことだ。

    カラバオ・カップの決勝に進出したこと、FAカップのユナイテッド戦を控えているのもいいことだよ。リーグでは目標達成が難しくなったが、4つの大会で戦っているんだ。

    今期を分析するのは時期尚早だ。シーズンが終わってからやればいいんだよ」
    サッリの戦術が機能しなくなるのはなぜか?ペドロはこう答えた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】サッリの戦術が機能しなくなるのはなぜか?ペドロはこう答えた】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    ロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対する皮肉を弁明した。

    C・ロナウドは昨夏、レアル・マドリーからユベントスに加入。新たな挑戦」として位置づけたユベントスでも類稀な攻撃センスを武器に完全無欠のストライカーとして輝きを放ち続けている。

    そうしたなか、“カリスマイブラヒモビッチは以前、C・ロナウドの言う“挑戦”に対して、「ユベントス移籍は挑戦でも何でもない」とコメント。この言葉に多くのメディアが群がった。

    だが、イタリアカルチョメルカート』によれば、イブラヒモビッチが伝えようとした真意は異なるという。『DAZN』のインタビューで当時の発言について次のように意味を補足した。

    「彼の移籍が“素晴らしくない”と言っているわけじゃない。ユベントス移籍は“チャレンジにならない”と言っているんだ。世界でも最有力のクラブに行くことは難しいことじゃない」

    「おそらく、それは自分が挑戦をどう定義付けているかによる。俺にとっての挑戦はチームを強くして、高みに導くこと。それこそが俺の思う挑戦だ」

    「だが、いずれにせよ、俺の第二の故郷であるイタリアにとって、彼との契約は素晴らしいことさ。彼の参戦により、セリエAはより大きな成長を遂げることはできたのだからね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イブラ、CR7に対する“あの発言”に補足 「彼の移籍が“素晴らしくない”と言っているわけじゃ…」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    [14日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)は14日、ポルトガル人のジョゼ・モウリーニョ前監督解任にあたり、多額の補償金を支払ったことを明かした。 マンUは昨年12月モウリーニョ氏を成績不振により解任。同クラブOBのオーレ・グンナー・スールシャール氏を暫定監督に迎え、ここ28年間で最悪のシーズンスタートと言われたチームは現在リーグ4位まで息を吹き返している。 クラブモウリーニョ氏を解任するにあたり、同氏とコーチングスタッフの一部のメンバー1960万ポンド(約27億7200万円)の補償金を支払ったと発表した。 報道によると、モウリーニョ氏の契約解除金は1500万ポンド。マンU2016年5月にルイス・ファンハール元監督を解任した際の補償金が840万ポンドだったことと比べても、今回のモウリーニョ氏解任はクラブに多額の出費を伴うものとなった。

     2月14日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンUはポルトガル人のジョゼ・モウリーニョ前監督(右)解任にあたり多額の補償金を支払ったことを明かした。英リバプールで2018年12月撮影(2019年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンU、解任のモウリーニョ前監督に多額の補償金】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    モウリーニョ氏を“スペシャル”と認めるも… サッリ監督とガルシア監督を挙げる

     チェルシーベルギー代表FWエデン・アザールが、クラブ公式サイトで「THE MAKING OF ME: EDEN HAZARD(エデン・アザールがどう作られたのか)」をテーマにしたインタビューに応じ、自身のキャリアを振り返った。そのなかで、歴代監督の中で「僕のサッカー理論に近い」という2人の名前を挙げている。

     アザール12歳フランスのリールの練習に参加し、14歳で拠点をクラブ所在地のリールへ移した。15歳からトップチームとの練習を始め、16歳デビュー。リールで頭角を現し、2012年からチェルシープレーを続けている。

     チェルシーでは、元マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏の下でリーグ制覇とEFLカップ優勝を経験。その後のアントニオ・コンテ体制でもリーグ制覇を果たし、現在はイタリア人のサッリ監督の指導を受けている。

     モウリーニョ氏とは、任期終盤にかけて不仲が報じられていたアザールだが、モウリーニョ氏を“スペシャル”だったと認め、いつか同氏の下で再びプレーしたいという願望を明かした。その一方で、プレースタイルでは現在のサッリ監督の方が合っていると話している。

    「リールでのクロード・ピュエル監督から始まり、今のマウリツィオ・サッリ監督まで、みんな違うサッカーの見方をしていて、それが現在の僕という選手を作った。彼らは全員、重要なアドバイスをしてくれた。ジョゼ・モウリーニョ監督はスペシャルだったけど、サッリ監督や、(元リールの)ルディ・ガルシア監督のやり方の方が、私のサッカーの理論に近いと思うが、それでもみんな多くのことを与えてくれた」

    スターとして確固たる地位を築いたシーズンを回想 「ドログバが手助けしてくれて…」

     アザールが初めてプレミアリーグタイトルを手にした2014-15シーズン。同選手はモウリーニョ氏率いるチームの中軸として活躍し、PFAとFWAの年間最優秀選手にも選ばれるなど、スターとして確固たる地位を築き上げた。本人も当時を次のように振り返る。

    「あれは完璧なシーズンだったよ。チームでのトロフィーと個人のトロフィー。最高だった。ディディエ・ドログバが戻って手助けしてくれて、たくさんの試合を勝ったし、リーグ杯も優勝して、多くの得点を挙げた。本当に自分たち自身が楽しんだし、だから私たちはチャンピオンだったんだ」

     また、コンテ政権での自身2回目のリーグ制覇の時の心境も明かしている。

    2016-17シーズンにも優勝したんだ。気持ちは同じだったけど、勝ち方がファンタスティックだった。なぜなら、シーズン序盤は問題を抱えていたからね。アーセナルリバプールに負けて、システムを完全に変えた。そして、信じられない連勝を重ね、最後は優勝してただただ嬉しかったよ」

     レアル・マドリード移籍の噂などが浮上しているアザール。近日中にも、自身の決断について発表する予定とされているが、果たして、多くの思い出を胸に退団が決まるのか。去就に注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

    チェルシーFWアザール【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシー10番FWアザール、歴代監督の中で「僕のサッカー理論に近い」という2人は?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    [マドリード 14日 ロイター] - サッカースペイン1部、アトレチコ・マドリードは14日、ディエゴ・シメオネ監督(48)との契約を2022年まで延長したことを明らかにした。 シメオネ監督は、クラブソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)に投稿した動画で「アトレチコ・マドリードのすべての幹部、ファンにこのプロジェクトの継続をサポートしてくれることに感謝したい。大きなチャレンジが待ち受けていることは分かっているが、たくさんの興奮とともに2022年までプロジェクトが続くことは楽しみだ」と語った。 現役時代にアトレチコでプレーしたシメオネ監督は、2011年12月に同クラブ指揮官に就任すると、低迷していたチームを欧州トップクラスに引き上げた。アトレチコでは欧州リーグ(EL)2回、国内カップ1回、国内リーグ1回など優勝7回を成し遂げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では準優勝2回の成績を残している。

     2月14日、サッカーのスペイン1部、アトレチコ・マドリードは、ディエゴ・シメオネ監督との契約を2022年まで延長したことを明らかにした。マドリードで9日撮影(2019年 ロイター/Sergio Perez)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】アトレチコ、シメオネ監督と契約延長】の続きを読む

    このページのトップヘ