Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 pbs.twimg.com)



     ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、アトレティコ・マドリードとのチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦について語った。

     今シーズンセリエAで無敗と好調を維持しているユヴェントスは、20日に敵地でアトレティコ・マドリードと激突する。アッレグリ監督はベスト8進出に向けて、アウェイゴールの重要性をコメントした。

    アトレティコホームで攻撃的なフットボールをする。彼らはヨーロッパ素晴らしい結果を出してきたチームだ」

    「我々は彼らと同じくらい通過するチャンスがある。私たちがまずやらなければいけないことは、マドリードゴールを決めることだ。マドリードでの得点は決定的な要素になるだろう」

    アトレティコ戦に意気込んだユヴェントスのアッレグリ監督 [写真]=Juventus FC via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーヴェ指揮官、アトレティコ撃破へ「やらなければいけないことは…」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が元スペイン代表MFダビド・シルバを大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じている。

    シティは16日に行われたFAカップ5回戦でニューポート・カウンティ(イングランド4部相当)とアウェイで対戦。U-21イングランド代表MFフィルフォーデンの2発を含む4得点でニューポート・カウンティを退け、8強進出を果たした。

    タイトルにまた一歩前進したグアルディオラ監督は試合後、82分までプレーした33歳の“絶対的司令塔”ダビド・シルバについて次のように言及。「18歳のようなプレー」だったとベタ褒めした。

    「インクレディブルだよ。33歳で、戦い、デュエルに勝った。本当に、本当に凄いね。ダビドは素晴らしい選手。彼はリーグ2(4部相当)のクラブ相手に18歳のようなプレーをした。まるでフィルフォーデンみたいだったね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】33歳ダビド・シルバが“18歳”の輝き! ペップ大絶賛】の続きを読む



    (出典 juventus-journal.com)



    UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドに先勝したPSG

    試合後にはキリアン・エムバペがサポーターに応援して欲しいと訴える場面も。

    そうした中、マルコ・ヴェッラッティもファンの重要性を口にしていた。クラブの公式HPにおいて、こう述べたのだ。

    マルコ・ヴェッラッティ

    サポーターフットボールにおいて最も美しいものであり、僕らには彼らが必要さ」

    多くの強さを与えてくれる存在であり、疲れた時に体を動かす原動力になるとも。

    来月行われるホームでの2ndレグでもサポーターの後押しが必須になることだろう。

    ヴェッラッティ「サポーターはサッカーにおいて最も美しいもの」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ヴェッラッティ「サポーターはサッカーにおいて最も美しいもの」】の続きを読む



    (出典 %E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8Bwiki.xyz)



    マンチェスター・ユナイテッドが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)を今夏のトップターゲットに設定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。

    ユナテッドにとって、センターバックは長らく課題として挙げられているポジションの1つだ。新戦力の確保を目指すユナイテッドは、ナポリセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)とサンプドリアデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)をリストアップしているという。

    しかし、クリバリに関してはナポリが放出を拒んでおり、コンタクトを取ったとされるもう一方のアンデルセントッテナムに加入する可能性が高いことから、両者の獲得は困難と判断しているようだ。

    そうした中で、シュクリニアルをトップターゲットに据えているという。同選手はインテルと新契約締結に向けて交渉しているが、ユナイテッドにより長期的に動向を追われている事も把握しているという。

    また、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督は補強方針について「フィットする適切な選手でなくてはならない」とコメント。最近ではDFクリス・スモーリング(29)とDFフィルジョーンズ(26)と契約延長したばかりであり、シュクリニアルの獲得に成功した場合はDFエリック・バイリーの立場はさらに厳しくなると『インデペンデント』は指摘している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッド、シュクリニアルをトップターゲットに設定か】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    スターリングら好調な選手が多く、名将ペップも“嬉しい悲鳴”を上げる

     マンチェスター・シティアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、クラブでの出番を失いつつある。直近のプレミアリーグ7試合でピッチに立ったのはわずか2試合(24分間)のみ。ペップ・グアルディオラ監督は「彼に罪はない」とし、マフレズを起用できていない状況を「悲しい」と語った。英公共放送BBC」が報じている。

     今季第26節までに21試合に出場しているマフレズだが、先発出場は10試合と、半分以下にとどまっている。特にここ1カ月半ほどは出場機会の減少が顕著だ。

     シティを率いるグアルディオラ監督はこうした現状を「悲しい」と表現しているが、マフレズのコンディションやパフォーマンスが低下しているわけでも、個人的な問題を抱えているわけでもないと明かしている。

    「理由は私だ。彼にはまったく罪はない。彼はトレーニング素晴らしいプレーをしている。それだけに私は悲しいよ。彼は本当に才能豊かな選手だが、我々には5人のストライカーがいるんだ。前の試合ではレロイ(・ザネ)もプレーしなかった」

     グアルディオラ監督によれば、豊富なタレントを抱え“過ぎ”ていることが、マフレズの出場機会減少の最大の理由だという。「我々には素晴らしい選手が揃っている。ベルナルド(・シウバ)やラズ(ラヒーム・スターリング)のような選手がね。彼らがトップフォームにあるのが大きな理由だ」と嬉しい悲鳴を上げている。

    「現実として、私は彼(マフレズ)にふさわしいだけの出場機会を与えていない。そのことは本当に申し訳なく感じている。私が言えるのはそのことだけだ」

     2017年クラブレコードを更新する移籍金6000万ポンド(約85億円)でシティに加入したマフレズ。今はそのチームメートたちに押され気味の立場だが、再びレギュラーポジションをつかみ取ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    シティのグアルディオラ監督(左)、MFマフレズ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「理由は私だ」 ペップ監督、“出番減”のマフレズを擁護「彼にはまったく罪はない」】の続きを読む

    このページのトップヘ