Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ


    バルサがデレ・アリへの関心強める…コウチーニョ&デンベレの代替案として浮上 | ニコニコニュース



    ネイマールの代役候補として浮上したデレ・アリ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     バルセロナがトッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリへの関心を強めているようだ。10日付でイギリス紙『デイリーエクスプレス』が報じた。

     先日、ブラジル代表FWネイマールが史上最高額の移籍金である2億2200万ユーロ(約290億円)でパリ・サンジェルマンに移籍する恋おが決定したバルセロナ。

     チームの攻撃を担ってきた“MSN”の一角の穴を埋めるべくネイマールの代役探しに奔走していたバルセロナは、リヴァプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョやドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレをリストアップ。すでに交渉段階に入っていると報じられていた。

     しかし、その交渉は両者ともに所属クラブが反発を見せ、徐々に停滞。そこで新たな代役として浮上したのがアリだ。

     アリ本人も過去のインタビューで「いつかはこのクラブを離れることになる」とコメントしており、さらにメッシとのプレーを望んでいることからバルセロナは獲得に興味を持ったようだ。

     しかし、アリもまた、トッテナムの将来を担う選手の一人と称されており、クラブ側も簡単に手放す気はないようだ。指揮官を務めるマウリシオ・ポチェッティーノ監督も厳しい姿勢で交渉に臨むだろうと同紙は伝えた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサがデレ・アリへの関心強める…コウチーニョ&デンベレの代替案として浮上 | ニコニコニュース】の続きを読む


    W杯優勝監督のデル・ボスケ氏、ネイマールいないバルサは「良いチームになるかも」 | ニコニコニュース



    バルセロナについて語ったデル・ボスケ氏 [写真]=Lliteres - EFE
    サッカーキング

     レアル・マドリードやスペイン代表を率いた経験を持つビセンテ・デル・ボスケ氏は8月10日、スペインのラジオ局『カデナ・セル』のフットボール番組『エル・ラルゲロ』で、パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したネイマールなきバルセロナについて前向きな見解を示した。

    「時折、気まぐれなプレーを見せる選手を結果的に外することができた。もしかしたらバルセロナはネイマール抜きの方が良いチームになるかもしれない」

     デル・ボスケ氏はまた、昨シーズンから好調を維持するレアル・マドリードについても言及。

    「ジダン監督がレアル・マドリードに与えた影響は、過去にジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナにもたらした衝撃に匹敵するだろう。ハードワークをいとわない選手たちを中盤に集めることですべてが潤滑にまわっている。運でこれほどのタイトルが取れるほどサッカーは甘くない。結果がすべてを物語っている。レアル・マドリードは間違いなくヨーロッパ最強だ」

     事実、9日に行われたUEFAスーパーカップでヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・Uを、チャンピオンズリーグ(CL)王者であるレアル・マドリードが2-1で下している。ベルギー代表FWロメル・ルカクを始め積極的な補強を行っているマンチェスター・Uを退けたことで、チームにさらなる自信が生まれただろう。ライバルにポジティブな話題で先行されているバルセロナは、13日と16日に行われる“エル・クラシコ”でチームに新たな風を吹き込みたい。

    (記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【W杯優勝監督のデル・ボスケ氏、ネイマールいないバルサは「良いチームになるかも」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    長期離脱中のイブラ、インスタで回復をアピール「休んでいる暇はない」 | ニコニコニュース



    ズラタン・イブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     膝の手術を受け、リハビリに励んでいる元マンチェスター・Uの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自身のインスタグラムで動画を投稿し、順調な回復ぶりをアピールした。

     イブラヒモヴィッチは4月21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝戦にて膝を負傷し、手術も行い、現在はリハビリ中で、復帰に向けて準備をしているところである。そんな同選手の去就には注目が集まっており、マンチェスター・Uとの再契約や2010年夏から2シーズンに渡ってプレーしていたミランへの復帰など、噂が飛び交っている。

     現在懸命なリハビリに臨んでいるイブラヒモヴィッチは、様々なリハビリ内容に取り組んでいる動画を投稿。あくまで現役続行を目指していることを強調し「No time to rest(休んでいる暇はない)」とコメントを記している。

     同選手は昨夏にマンチェスター・Uに加入。ケガで離脱を強いられるまで、公式戦46試合に出場し28得点をマークするなど、チームに大きく貢献していた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【長期離脱中のイブラ、インスタで回復をアピール「休んでいる暇はない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    新生ミランで問題視される不穏分子4人とは? 戦力外状態も思うように放出進まず | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    選手のだぶつきが見られるミラン 伊メディアはネックとなっている4選手に言及

     

     新シーズンに向けた移籍市場で“チャイナ・マネー”をバックに多くの選手を獲得したACミランだが、既存戦力の整理が進まずに選手のだぶつきが問題視されている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

     

     ミランは最終ラインにイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ、中盤ではトルコ代表MFハカン・チャルハノール、FWにはポルトガル代表アンドレ・シウバなど各ポジションに多くの選手を補強した。来週末に開幕するリーグ戦では、スタメン11人のうち8人ほどが新加入の選手になると予想されるなど、戦力の刷新を進めている。

     

     入ってくる選手がいれば出ていく選手もいるが、その放出は思うように進んでいないという。日本代表FW本田圭佑のように契約満了となった選手の退団は問題ないが、契約期間が残っているにもかかわらず戦力外状態の選手に対し、適切なオファーが来ない状態にあるという。

     

     具体的には、昨季に最終ラインのレギュラーを確保しながら1シーズンで5回の退場処分を受けたDFガブリエル・パレッタ、昨季加入も中盤で中途半端な存在になったMFホセ・ソサ、点取り屋であるものの問題行動も目立ったコロンビア代表FWカルロス・バッカ、昨季途中にワトフォードへ期限付き移籍したFWエムベイエ・ニアングの4人の存在がネックになっているようだ。

     

     

     

    仕上げのエースFW獲得はいまだ実現せず

     

     彼らはいずれも契約期間が残っているうえ、年俸も決して安くないという。

     

     例えばバッカはマルセイユとセビージャが獲得に興味を示したが、ミランが求める金額には遠く及ばないオファーしか届かず、売れ残り状態にある。ソサには南米のクラブが興味を示すが、具体的な話には発展せず。今のままでは、クラブに不穏分子を抱えながら開幕を迎えることを余儀なくされるとしている。

     

     一方で、補強の仕上げであったはずのエースFW獲得は、いまだ実現していない。勢い良くスタートして移籍市場での話題をさらったミランは、ここに来て苦しんでいる模様だ。

     

     リーグ開幕が迫り、残り3週間を切った移籍市場において、新体制の強化部は帳尻を合わせる人材を獲得できるのだろうか。政治力から資金力に舵を切ったクラブの手腕が問われる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新生ミランで問題視される不穏分子4人とは? 戦力外状態も思うように放出進まず | ニコニコニュース】の続きを読む


    司令塔エジル、岡崎所属レスターとの開幕戦に間に合う…ラムジーも復帰へ | ニコニコニュース



    練習に復帰したエジル [写真]=Arsenal FC via Getty Images
    サッカーキング

     アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルとウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、12日に行われるプレミアリーグ開幕戦に間に合う見通しだ。

     エジルは先週に行われたコミュニティシールドに不参加。アーセン・ヴェンゲル監督は足首の負傷と説明していたが、現在はケガから回復し練習を始めているという。

     一方のラムジーは太ももを負傷。しかし、火曜日のチーム練習には合流しており開幕戦に間に合う見込みだ。

     また、コミュニティシールドで眉間を切った元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーは出場できないと重ねて報じられている。

     水曜日に行われた記者会見で「多くのことが不確実だ」と語ったヴェンゲル監督は、中盤の軸を取り戻して新シーズンに挑む。しかし、ブラジル代表DFガブリエルやスペイン代表MFサンティ・カソルラらが数名の選手が負傷によりチームを離れた。19シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権を失ったアーセナルだが、心機一転挑む新シーズンも監督のやりくりが重要になってくる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【司令塔エジル、岡崎所属レスターとの開幕戦に間に合う…ラムジーも復帰へ | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ