Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ▽パリ・サンジェルマン(PSG) が獲得に動くクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)だが、バルセロナは徹底的に拒む姿勢のようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

    ▽バルセロナは、エルネスト・バルベルデ監督が最も重要な選手の一人として評価するラキティッチの契約解除金を1億2500万ユーロ(約158億5000万円)に設定。だが、フットボール界随一の財力を誇るPSGであれば、支払い不可能な額ではなく、流失の恐れがある。

    ▽とはいえ、PSGは昨夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマール(26)、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)獲得時に巨額を投じたことで、今夏はファイナンシャル・フェアプレーを意識した立ち回りが必要に。そのため、ラキティッチ獲得に動くとなれば、現有戦力の中から数名を売却する必要性が出てくる状況だ。

    ▽ラキティッチは、2005年にバーゼルでプロデビュー。その後はシャルケ、セビージャを経て、2014年夏にバルセロナ移籍を果たすと、主力として移籍1年目から活躍し昨シーズンはリーグ戦35試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップではクロアチアの準優勝に大きく貢献していた。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGに158億詰まれようが、そうじゃなくとも…バルサ、ラキティッチ放出拒否】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)に契約更新が迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

    ▽今夏、多くの移籍話が加熱したピャニッチ。チェルシーやバルセロナ、マンチェスター・シティ、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマンからオファーが届いたとみられる。

    ▽だが、ピャニッチはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入により、ユベントス残留を希望。ユベントスにも放出の意思はなく、獲得希望クラブの打診を拒否した模様だ。

    ▽そして、そのユベントスとピャニッチは、延長合意が間近に。期間を現行の2021年から新たに2023年まで更新し、年俸も現在の450万ユーロ(約5億7000万円)から650万ユーロ(約8億2000万円)にアップするという。

    ▽なお、今週中にも正式発表の可能性があるとのことだ。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーベとピャニッチ、今週中にも延長合意か】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



     日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、バルセロナのスペイン人FWパコ・アルカセルに関心を示しているようだ。フランス紙『レキップ』の報道を引用し、スペイン紙『マルカ』が20日に伝えている。

     報道によると、アルカセルはエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっており、今夏の移籍市場で新天地への加入を模索しているという。複数クラブからの関心は報じられていたが、イングランドとイタリアの移籍期間はすでに終了。具体的な動きがないまま、リーガ・エスパニョーラ開幕を迎えることとなった。

     しかし今回、ドルトムントがアルカセルに関心を示していると報じられた。古巣のバレンシアやベティス、アラベスといったスペイン国内クラブも移籍先候補に挙がっている模様で、今後の動向に注目が集まる。

     P・アルカセルは1993年生まれの24歳。バレンシアの下部組織出身で、2012-13シーズンにはヘタフェへのレンタル移籍も経験した。2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラでは13ゴールを挙げ、2014-15シーズンに続いて2季連続となるリーグ戦2桁得点を記録。2016年8月末にバルセロナへの加入が発表され、5年契約を締結した。しかし昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで17試合出場(先発は8試合)4得点にとどまった。

    2016年夏からバルサでプレーしているパコ・アルカセル [写真]=NurPhoto via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ドルトムント、P・アルカセルに関心…バルサ構想外、移籍先を模索と報道】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アラベス戦で“コロコロFK”含む2発 バルサの通算6000ゴールも樹立

     バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間18日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕戦アラベス戦で技巧的なグラウンダーFKなど2ゴールを挙げ、チームの3-0快勝に貢献した。今季もまたゴール量産を予感させる90分間となったが、スペイン紙「マルカ」によると、このゴールがリーガ史上初の“ある記録”の達成になったのだという。

     この試合でバルサは、前半にメッシのFKがクロスバーを直撃するなどチャンスを生かし切れずにいた。しかし後半19分に自ら得たゴール正面約20メートルの直接FKで、相手の心を見透かしたかのように壁下を狙うと、足下を通ったボールはゴールラインを越えて先制ゴールとなった。

     これはバルサにとってリーガ通算6000ゴールとなる節目の一撃で、結果的にこれが決勝点となったが、このゴールがメッシにとってまた一つ、新記録達成となった。それは「リーガにおける15シーズン連続でのゴール」という記録だ。

     2004-05シーズンにトップチームデビューし、05年5月1日のアルバセテ戦でリーガ初ゴールを決めて以降、足かけ14シーズンにわたってゴールを挙げ続けてきた。そのなかには2011-12シーズンの50ゴールという途方もない成績もあったが、今年もゴール数が「0」で終わることはなくなったのだ。

    今季のピチーチ争いもメッシを中心とした展開に?

     また、開幕戦での強さも群を抜いている。この日は後半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスからのロングパスを胸トラップで収め、相手マーカーを寄せ付けず2点目を決めたが、これによって開幕週に挙げたゴール数は「14」となった。すなわち、開幕戦でもほぼ毎シーズンのようにゴールを奪えている計算になるのだ。

     今季はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに去り、毎シーズンお馴染みだったピチーチ(得点王)争いの様相が変わることは必至だ。ただ開幕戦での2得点のように、今後も着々とゴール数を伸ばしていけば――。18-19シーズンもまた、リーガ得点ランキングのトップに「メッシ」の名が鎮座することになるだろう。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナのFWリオネル・メッシ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】“異次元”メッシ、貫禄の2ゴール発進 開幕戦で達成した前人未到のリーガ新記録とは?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ▽チェルシーが、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)との新契約に動いているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

    ▽アザールは現在、チェルシーとの契約を2020年6月末まで残している。しかし、今夏はレアル・マドリーへの移籍が騒がれ、今月中の移籍こそ否定したものの、再び移籍市場が開いた際の動向は不透明だ。また、マドリーはユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドに代わる存在を獲得しておらず、引き続きアザールを注視しているとみられる。

    ▽『ミラー』によると、今後もアザールを引き留めたいと考えるチェルシーが、週給30万ポンド(約4200万円)の新契約を準備しているという。しかし、アザールとは未だ交渉中であり、合意は得られていないようだ。

    ▽イギリス『タイムズ』が報じたところでは、チェルシーが今シーズンのプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるか否かが、新契約締結に影響する模様。週給30万ポンドともなれば、アレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)の推定50万ポンド(約7100万円)、メスト・エジル(アーセナル)の推定35万ポンド(約5000万円)に次ぐ、プレミアリーグ3位の高級取りになるが、この魅力的な提案にアザールは乗るのだろうか。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシー、今夏残留のアザールに新契約を準備!】の続きを読む

    このページのトップヘ