Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 juventus-journal.com)



    スイス代表DFシュテファンリヒトシュタイナー(36)が12日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。

    グラスホッパー、リール、ラツィオを経て2011年ユベントスに加入したリヒトシュタイナー。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、在籍7シーズンで公式戦通算259試に出場し、7度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。

    しかし、晩年は思うように出場機会を得ることができず、2018年の夏にユベントスを退団しアーセナルへ加入。その翌年にはアウグスブルクへと完全移籍した。そのアウグスブルクではブンデスリーガ20試合に出場し1アシストを記録。クラブの1部残留に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約満了を迎えていた。

    また、2006年デビューしたスイス代表では、歴代5位となる通算108試合に出場し8ゴール7アシストマーク。3度のワールドカップ(2010,2014,2018)、2度ユーロ(2008,2016)に出場した。

    リヒトシュタイナーは12日に自身のツイッター(@LichtsteinerSte)にメッセージ動画を投稿。その中で「僕は自分の将来について多くのことを考えており、サッカー選手としてのキャリアに終止符を打つことを決めた」と、現役引退を決断したことを明かした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】リヒトシュタイナーが現役引退…ユベントスではセリエA7連覇に貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sport-japanese.com)



    通算8シーズンを過ごしたドルトムントを契約満了で退団、今夏にフリー移籍へ

     今季限りでドルトムントを退団する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米1部インテル・マイアミが巨額オファーを提示したものの、同選手はこれを拒否したという。28歳のMFは欧州クラブに残ることを望んでいるようだ。英紙「デイリーメール」が報じている。

     ドルトムント下部組織出身のゲッツェ2009年に同クラブでプロデビューを飾り、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の下で日本代表MF香川真司らとともに活躍。同クラブでは2010-11、11-12シーズンブンデスリーガ2連覇を経験している。その後、バイエルン・ミュンヘンでのプレーを経て、16年に復帰。今季限りで契約満了を迎え、プロとして通算8シーズンを過ごしたドルトムントからの退団が決まっている。

     フリーとなるゲッツェに対し、アプローチを仕掛けたのはアメリカ1部メジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミだという。同クラブは元イングランド代表MFベッカム氏が共同オーナーを務め、ゲッツェに年俸530万ポンド(約7億4000万円)の待遇を用意。これが実現すればMLSでは最高給取り選手の一人になっていたという。

     しかし、ゲッツェはこのオファーを拒否したようだ。記事によれば、ゲッツェはまだヨーロッパでやり残したことがあると感じており、欧州内のクラブに残ることを希望しているという。

     2014年にはドイツ代表としてブラジルワールドカップで優勝に貢献し、ドイツの英雄となったゲッツェ。28歳と老け込む年齢ではないだけに、まだヨーロッパから離れる選択肢は持っていないようだ。(Football ZONE web編集部)

    今季限りでドルトムント退団となるMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元独代表ゲッツェ、MLSインテル・マイアミ行きを拒否 年俸7億提示も“欧州残留”希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.football-zone.net)



    バイエルンとの契約期限が残り1年に迫るスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)。クラブへ退団の意向を伝えてリバプール移籍に前向きとも言われているが、障壁も多いようだ。

    バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は先日、来夏に契約切れとなるチアゴに対して3000万ポンド(約41億8000万円)の値札を付けると公言。一時は契約延長に動いていたものの、チアゴが拒否したため今夏中の売却へシフトした模様だ。

    そんなチアゴは、イギリススカイスポーツ』の記者を務めるカーヴェ・ソルヘコル氏の主張によるとユルゲン・クロップ監督の下でのプレーを望んでいるようだ。しかし同氏はまた、リバプールが中盤の強化を目指していないとの見解も示している。

    一方ドイツではリバプールにチアゴ獲得を推す声も多いようで、ドイツ人記者のラファエル・ホーニッヒシュタイン氏は「リバプールに唯一欠けている点は、チアゴのようなテクニカルな選手だ」と主張している。

    先月にクロップ監督から「本当に良い選手で、大好きな選手」と移籍に関する明言を避けられたチアゴ。一部ではミュンヘンの自宅を売却したとの報道もなされたが果たして。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】リバプール行き噂のチアゴの去就は? 英独で意見分かれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



     ユヴェントスは今夏の移籍市場でウェールズ代表MFアーロンラムジーの売却を図っている。12日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

     ラムジーは昨夏の移籍市場で11年間在籍したアーセナルに別れを告げ、キャリア初となるセリエAへの移籍を決意。デビューシーズンリーグ制覇を果たした同選手だが、選手層の厚いチームの中で先発メンバーに定着することはできなかった。

     同紙によると、新たにアンドレア・ピルロ氏を指揮官として招へいしユヴェントスラムジーの売却を望んでいるという。同氏はすでにチームの再建に向けて動き出しており、起用が見込めない選手は今夏の移籍市場で退団を強いられる模様だ。

     同クラブラムジーの高年俸を支払うことを避けようと、契約が残っているにもかかわらず、今夏でのフリー移籍を承諾する意向だという。移籍予算が限られていると報じられている古巣アーセナルが、この条件で同選手の獲得を希望しているようだ。果たして今夏の移籍市場で、この異例のフリー移籍は実現するのであろうか。

    ラムジーは今夏の移籍市場でユヴェントスを退団する模様だ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】新体制ユーヴェ、ラムジーをアーセナルに返却? フリー移籍の承諾へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



     マンチェスター・Uバルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレに関心を示しているようだ。11日、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。

     マンチェスター・Uは今夏、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得を目指していることが明らかとなっている。一部では個人合意に至っていることも報じられていたが、ドルトムントが要求している1億2000ユーロ(約150億円)の移籍金は新型コロナウイルスの影響を受ける現在の移籍市場では現実的ではないとマンチェスター・Uは考えており、交渉は難航している。

     そんな中、10日にドルトムントミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)が「サンチョは我々の計画の一部だ。彼は来シーズン(2020-21シーズン)も一緒にプレーする。これは最終決定だ。これがすべての疑問の答えになるだろう」とサンチョの残留を明言。マンチェスター・Uは今夏の同選手獲得を諦めてはいないようだが、移籍実現の可能性は低いと見られている。

     そこで、マンチェスター・Uは代役としてデンベレ、バイエルンフランス代表FWキングスレイ・コマン、ユヴェントスブラジル代表FWドウグラス・コスタらをリストアップしているという。

     その中でも、同メディアマンチェスター・Uがデンベレ獲得に向けて非公式ながらバルセロナと会談を行ったと報道。バルセロナ側はケガに悩まされている同選手へのオファーを聞き入れる方針で、非公式ながら買い取りオプション付きのレンタル移籍で交渉が行われたという。現時点では正式なオファーは確認されていないようだが、今後の動向に注目が集まっている。

    バルセロナに所属するデンベレ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】サンチョ獲得難航のマンU、デンベレが代役候補に…非公式ながらすでにバルサと接触?】の続きを読む

    このページのトップヘ