Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ユヴェントスに所属するブラジル代表DFダニーロがミラン戦を振り返りチームの問題点を指摘している。イタリアメディアミランニュース』が伝えている。

     ユヴェントスは19日にセリエA第4節でミランと対戦。FWアルバロ・モラタのゴールで4分に先制したが、試合が進むにつれ主導権を譲り渡し、後半にはついに決壊。アンテ・レビッチに得点を許し1-1の引き分けに終わった。

     ユヴェントスは4試合を終えて2分2敗で18位。イタリアを長くけん引してきたクラブは今季のスタートダッシュに失敗し不振に陥っている。

     ミラン戦に先発出場したダニーロはユヴェントスの抱える問題点は「メンタリティ」だと指摘。試合を振り返りつつ反省のコメントを残している。

    パフォーマンスが良くても結果が伴っていない。もっとチームとして動かなければならないという監督の言葉には同意するよ。前半は高い位置でプレスをかけポゼッションを保持するなど準備してきたことが発揮できた。後半もそれを続けなければならなかったが失点してしまった」

    「僕らの抱える問題はフィジカル的なフィットネスよりもメンタリティだと思う。そういう(メンタルがやられた)時にはプレスをかけたりユニットとして守備したり、ボールを早く動かすということができなくなる。それこそが改善点だね」

    「ほかのチームの動向にとらわれず自分たちの仕事と成長に集中しなければならない。もし自分たちのレベルのままプレー出来れば順位表を駆け上がることができると思う」

    ダニーロがコメント [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】不振ユヴェントス…ダニーロが問題点指摘「フィットネスよりメンタリティ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ミランステファノ・ピオリ監督がドローに終わったチームパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

    ミランは19日に行われたセリエA第4節でユベントスとのアウェイ戦に臨んだ。チャンピオンズリーグ(CL)でのリバプールとの死闘の影響から疲労の色が残るチームは、試合開始早々に失点を許す苦しい展開に。それでも、76分にFWアンテ・レビッチゴールで同点とすると、終盤には惜しいシーンを作るなど猛反撃を見せ、1-1のドローに終わった。

    これで開幕からのリーグ戦連勝が「3」でストップしたものの、貴重な勝ち点1を得て首位インテルと勝ち点で並ぶ2位となったピオリ監督は試合後、課題を指摘しつつ、チームはFWズラタン・イブラヒモビッチやFWオリヴィエ・ジルーら多くの負傷者がいるなかで、正しい姿を示したと強調。同時に、イタリアサッカーの課題についても言及している。

    「我々は試合に勝つためここに来たが、最初の20分はユベントスの方が我々より優れていた。それでも、後半は確実にずっと良くなったと思う。これは間違いなくポジティブパフォーマンスだった」

    ユベントスとの対戦となったが、これまでに比べ、劣ったパフォーマンスではなかったと思う。我々は重要な選手が常に欠けていることは明らかだが、クオリティチームスピリットは欠けていない。試合全体を通して、勝利を目指していたからね」

    「(イタリアクラブが欧州カップ戦で苦戦する理由として)イタリアサッカーは笛が多すぎ、抗議が多すぎ、休憩が多すぎる。ヨーロッパフィールドで向上するためには、それを高めなければならない」

    また、ピオリ監督は同点ゴールを決めたレビッチにも言及。負傷者の穴を埋める活躍を見せたことを称賛している。

    イブラヒモビッチとジルーがいない状況で、彼は我々に手を差し伸べてくれた。去年はこうした試合に勝つためには奇跡を期待する必要があったが、今はこうした試合でも勝つことを意識しなければならない。そして我々は、今日最後まで勝利を目指した」

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーベ戦ドローで連勝ストップのミラン、指揮官「間違いなくポジティブなパフォーマンス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    リバプールスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが少なくとも公式戦2試合を欠場することになった。

    チアゴは、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし、試合中にふくらはぎを痛めて62分にMFナビ・ケイタとの交代でピッチを後にしていた。

    リバプールアシスタントマネージャーを務めるペピン・リンダース氏は20日にクラブ公式のインタビューで、最新のチームニュースに言及。チアゴが少なくともEFLカップ3回戦のノリッジ戦、リーグ次節のブレンフォード戦を欠場することを認めている。

    「チアゴに関しては先日の試合後に(ユルゲン・クロップ)監督が言ったように、ふくらはぎを痛めていた。どのくらい時間がかかるかは今は言えないが、明日も週末も無理だろう」

    「検査の結果を見て、適切な診断をするつもりだ。彼は試合を支配していたし、私の意見では適切なプレーメーカーだったから残念だ。彼を失ったことは残念だよ」

    「1週間で2人の影響力のあるミッドフィルダーを失ってしまったのは痛手だ」

    また、リンダース氏はその他の離脱者の最新情報についても言及。ハムストリングのケガで公式戦3試合欠場中のブラジル代表FWロベルトフィルミノ、体調不良でパレス戦を欠場したイングランド代表DFトレントアレクサンダー=アーノルドウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズの3選手の欠場を明言している。

    「まず、トレントから話そう。我々の試合は、基本的に12時パレス戦から始まっている。彼は責任を持ってドクターと話をした」

    「それは簡単なことではない。多くのプレーヤーは多少の不安や体調不良があっても、すべての試合でプレーをしたいと思っているからだ。しかし、彼は責任を果たした」

    トレントには、新型コロナウイルスのような症状はないが、我々はそれに関係なく検査を行う。彼は数日で回復するだろうが、ノリッジ戦は早すぎる」

    「また、ボビー(フィルミノ)もチームトレーニングの一部に参加する予定だが、彼もまだ準備ができていない。しかし、経過は良好だ。ネコも順調に回復しているが、明日はまだ早い」

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リバプールのチアゴは少なくとも2試合欠場へ…C・パレス戦でふくらはぎを負傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    バルセロナロナルド・クーマン監督は自身に強まる解任の声にも意に介さずの姿勢を示した。スペインマルカ』が伝えている。

    バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節でグラナダと対戦する。14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のバイエルン戦では、実力差をまざまざと見せつけられ、0-3の完敗。グラナダ戦はミッドウィークと同じ本拠地カンプ・ノウでもあるだけに、仕切り直しの白星を挙げたいところだ。

    解任論も熱を帯びるなかでの一戦となるクーマン監督だが、試合に先駆けた会見で目の前の試合にだけ集中していることを強調した。

    「私は何も知らないし、試合とチームのことしか考えていない。あとは私の手に負えない。私は落ち着いているし、試合に勝つ自信もある」

    「万全な状態でプレーできるようになるには回復の必要な選手もいるが、勝たなければならないことはわかっている」

    「大切なのは、結果だけだ。自分の将来に不安はない。そういったことは会長がクラブを代表して決める」

    さらに、昨季はホームで敗れたグラナダが対戦相手であることについても言及。満員の観客の前では異なった結果になると予想した。
    「どの監督も自分の考えを持っているが、グラナダが変わったとはあまり思わない。システムは[4-3-3]で、フィジカルが強く、直接的なプレーをしてくる」

    「我々は本拠地でプレーし、ホームの観客がいる。彼らのおかげで、昨シーズンとは異なるゲームになるだろう」

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】グラナダ戦控えるクーマン監督、解任の声強まるも…「将来に不安はない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    エバートンコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)が、カタールへと移籍する可能性があるようだ。イギリスBBC』が報じた。

    ポルトモナコプレーしていたハメスは、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)で5試合連続となる6ゴールを記録。その結果、大会終了後の2014年7月にレアル・マドリーへと鳴り物入りで加入する。

    しかし、期待されていたほどの活躍はできず、公式戦125試合で37ゴール42アシスト。その後は、バイエルンへのレンタル移籍を経て、2020年9月にエバートンへとフリートランスファーで移籍していた。

    エバートンでは加入1年目で公式戦26試合に出場し6ゴール9アシスト。しかし、今シーズンからラファエル・ベニテス監督が就任すると、ハメスは構想外に。チームで飼い殺し状態となっており、今夏の退団を強く願っていた。

    トルコからもオファーあった中、結局移籍先が見つからなかったハメス。今シーズンはベンチにも入れない状態となっており、一刻も早く脱出したい考えがあるようだ。

    エバートンファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の制限により、多くの選手と契約できず。今シーズンは3勝1分けと好スタートを切ったが、18日にはアストン・ビラに0-3で完敗を喫していた。

    戦力として全く計算に入っていないハメスは、週給20万ポンド(約3000万円)を手にしているとされており、エバートンとしてはコストカットのためにもいち早く放出したい選手となっている。

    BBC』によれば、ハメスは中東への移籍の可能性があり、カタールへと渡ったとのこと。クラブ名は明らかになっていないが、エバートンで飼い殺されることだけは避けたいところだろう。

    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベニテス監督の完全構想外となったハメス、中東への移籍に向けカタールへ出発】の続きを読む

    このページのトップヘ