Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を否定した。20日、スペイン紙『アス』が伝えた。

     現在36歳のC・ロナウド2009年夏から2018年夏までレアル・マドリードプレー。公式戦通算438試合の出場で450ゴールを記録し、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。しかし、今季のユヴェントスが不振に陥っていることを受け、一部でレアル・マドリードに復帰する可能性も報じられている。

     物議を醸す欧州スーパーリーグ(ESL)の初代会長に就任したペレス会長は20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。そのなかで、C・ロナウドが復帰する可能性について問われると、「ノー。彼はユヴェントスとの契約が残っている。彼が戻ってきても意味がない」と否定した。一方で同選手に向けては、「私は彼をとても愛している。彼は私たちに多くのものを与えてくれた」と賛辞を送った。

     また、ペレス会長は、主将であるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの去就にも言及。同選手の契約は2021年6月30日で満了を迎えるが、サラリーや契約年数をめぐって対立が続き、交渉は難航が続いている。

    「私も彼をとても愛しているが、私たちはとても悪い状況にある。現実的に考えなければならない。ラモスと延長しないとは言っていない。まずは今シーズンが終わってから、来シーズンがどうなるかを考えている。多くの選手と話をしているが、多くの選手が自主的に減俸に応じており、すでに賃金をカットしている者もいる。すなわち、(レンタルで)去っていった2人、ルカ・ヨヴィッチとマルティン・ウーデゴーアだ。昨年、ラモスは減俸を受け入れた。今年は彼の状況が違うから…(どうなるかは分からない)」

     ペレス会長に対しては、獲得が噂されるパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・エンバペに関する質問も。同会長は、「事実、彼はとても良い選手だ。マドリーには変化が必要だが、エンバペのことではないよ。もう何年も彼とは話していないと断言できる。私が知っているのは新聞で読んだことだけだ」と答え、獲得に動いていることを否定した。

    ペレス会長(左)がC・ロナウド(右)に言及(写真は2017年) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長がC・ロナウドの復帰を否定…S・ラモスとの契約交渉は「とても悪い状況」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     国際サッカー連盟FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、欧州スーパーリーグ(ESL)の創設に懸念を示した。20日、イギリス紙『インディペンデント』が伝えた。

     レアル・マドリードプレミアリーグの“ビッグ6”など欧州の12のビッグクラブは18日、既存のチャンピオンズリーグ(CL)に対抗する形で、ESL創設を表明した。これに対し、CLなど欧州の大会を主催するUEFA欧州サッカー連盟)や各国連盟、構想不参加のクラブは猛反発。また、現役選手からも次々と批判の声が上がっている。

     そんななか、インファンティーノ会長は20日、欧州サッカー連盟UEFA)のコングレスで演説を実施。ESLを強く非難し、UEFAと協力して阻止することをアピールした。

    「明確に申し上げると、FIFA価値観の上に成り立っている組織です。価値観とは、スポーツの真の価値観です。FIFAとしては、スーパーリーグの創設には強く反対するしかありません。閉鎖的で、既存の枠組みから脱却した、制度から外れている大会です。FIFAが承認しないことについては、何の疑いもありません」

    「目先の金銭的な利益のために、捨ててしまうものがたくさんあります。(ESLに参加する)人々は慎重に考える必要があり、反省し、責任を負わなければなりません。株主のことだけではなく、すべての人々のことを考えなければなりません。すべてのファンのことを。今日の欧州サッカーを創り上げたすべての人々のことを。それは何十年も、100年以上も前のことです。愛と情熱と献身を持った人々がこのすべてを作り上げてきました。私たちはこれを守らなければなりません。欧州のサッカーモデルを守り、クラブナショナルチームを守ることは、FIFA会長である私の任務であり、UEFAの皆さんの任務でもあります」

    インファンティーノ会長がESLを非難(写真は昨年12月) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】FIFA会長が欧州スーパーリーグを批判「目先の金銭的な利益のために…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、欧州スーパーリーグ(ESL)構想についてコメントした。20日、スペイン紙『マルカ』が伝えた。

     レアル・マドリードプレミアリーグの“ビッグ6”など欧州の強豪12クラブは18日、欧州サッカー連盟UEFA)が主催するチャンピオンズリーグ(CL)に対抗する新たな大会として、ESLの創設を宣言。ペレス会長が大会の初代会長に就任した。

     ESLについては、「一握りのビッグクラブにのみ富が集中し、クラブ間の貧富の格差が今まで以上に拡大する」、「ビッグクラブ同士の対戦の価値が下がる」などといった批判も。各連盟や各リーグUEFAと協力して妨害の動きを見せており、計画不参加のクラブや元選手・現役選手からも続々と反発の声が上がっている。

     そんななか、ペレス会長は現地時間20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。ESL創設の意義について説明し、同大会の商業的成功を確信した。

    サッカーは進化する必要がある。ネットワークが私たちの振る舞いを変えたように、サッカーも現代に合わせて適応する必要がある。サッカーへの関心は失われているのだ。若い人たちがサッカーに興味を持たなくなっているが、それはなぜか? 質の低いゲームがたくさんあり、興味を持てず、他のプラットフォームで気を紛らわせているからだ」

    「(レアル・マドリード黄金期を築いた元会長サンティアゴ・)ベルナベウがサッカーの歴史を変えたように、何かを変えようとするときには、必ずそれに反対する人たちがいる。ビッグチームの中でプレーするという事実、競争力、それがより多くの資源を生み出すのだ。私たちは一つのサッカークラブであり、危機的状況にあるサッカーを救うためにやっているのだ」

    「(現在のCLには)質の悪い試合が存在する。『バルセロナマンチスター』は、CLの『マンチスター対格下のチーム』よりも面白い。全世界が何を求めているのか? 我々には世界中にファンがいる。それがお金になるのであって、他の大会ではお金を生み出せない。そして、そのお金は皆のものとなる。これはピラミッド型のシステムであり、1番上のクラブがお金を持っていれば…(下のクラブにも再配分される)。だがお金が生まれなければ、その構造も存在しない」

     UEFAは18日に発表した各国協会との共同声明で「ESLに参加するクラブは国内、欧州、世界のあらゆる大会への出場が禁止され、所属選手は代表チームへの出場機会を失う可能性があります」と強硬措置を示唆。また、UEFAの執行委員を務めるデンマークサッカー協会(DBU)のイェスパー・メラー会長は19日、「23日にUEFAの臨時委員会が1回開かれるはずだ。そこで(ESL参加の)12クラブは追放されるだろう」とコメントしていた。

     しかし、ペレス会長は“脅し”に屈せず。19日に発表されたCLの新フォーマットを含めて、UEFAを厳しく批判した。

    「脅しが実際に起こることはないから、選手たちは落ち着いていられる。独占権を管理しているUEFAは、透明でなければならない。UEFAは良いイメージを持たれていない、UEFAで起こったことを言及したくはないが、脅迫ではなく対話でなければならない。彼らは誰も理解していないフォーマットを提示し、2024年に開始すると言っているが、(ESLがなければ)2024年には我々は死んでいるだろう。(コロナ禍で)何億ユーロもの損失を出したクラブもあるんだ」

    ESL初代会長のペレス氏(写真は2020年2月) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長、スーパーリーグの成功を確信「CLの“マンチェスターvs格下”よりも面白い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     1996年から2018年にかけてアーセナルの監督を務めたアーセン・ヴェンゲル氏が、欧州スーパーリーグ(ESL)構想を批判した。

     ESLは18日にスペインイングランドイタリアトップリーグに所属する12のビッグクラブによって創設が発表された。同リーグは参加を表明した12クラブと、今後3クラブを加えた15クラブが創設クラブとなり、さらに5クラブを加えた計20クラブでの開催が計画。UEFA欧州サッカー連盟)が主催しているチャンピオンズリーグ(CL)などの既存大会に対抗するものとして構想されている。

     しかし、一部のビッグクラブによって決められたこの計画にUEFA国際サッカー連盟FIFA)、各国リーグは反発の姿勢を見せている。そんな中、現在はFIFA国際サッカー連盟)の「グローバル・フットボール・ディベロップメント」部門のトップであるヴェンゲル氏がイギリスメディア『talkSPORT』で、「それは悪い考えであると思う。フットボールは団結し続ける必要がある。それが最も重要なことだ」とESL構想に苦言を呈した。

    スポーツ面のメリットに基づいたもので、ヨーロッパフットボールが築いてきた歴史を尊重しなければならない。個人的にはそれほどこのアイデアは進まないと信じている。背後に何があるのかは正確にはわからない。その背後にはもっと危険な考えがあり、それはプレミアリーグにとって大きな脅威だ。私がまだ指揮をしていた時から、プレミアリーグの影響力を弱めるために他の国から多くのことが起こっていた。このようなプロジェクトはそれを加速させるだろう」

     また、創設クラブとして古巣のアーセナルが参加を表明したことについてヴェンゲル氏は「私には何が起きているのかわからないが、考えは変わらない」と語り、次のように続けた。

    「私にとって最も重要なことは試合の団結を保つことであり、フットボールが世界中で一つの組織内で同じようにプレーされることだ。フットボールが世界で最も人気のあるスポーツであることはこれが強みであることが理由の一つだと思う。私たちはフットボールシンプルメリットに基づいてわかりやすくあり続けるために戦わないといけないし、すべての人たちにとって平等で成功するためのチャンスと夢がなければならない」

    元アーセナル指揮官のヴェンゲル氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元アーセナル指揮官のヴェンゲル氏、ESL構想を批判「悪い考えである」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドルトムント移籍後もゴールを量産しているノルウェー代表FWアーリン・ホーラン

    先日のCLマンチェスター・シティ戦では試合後に副審からサインをお願いされるという出来事があった。

    その後、ルーマニア人の副審は自閉症の子供たちの治療を専門とする団体に寄付するためだったと説明している(オークションにかけて資金を募る)。

    そうしたなか、ホーラン本人も同じ団体「Asociația SOS Autism Bihor」に自分のユニフォームなどを寄付した。

    ユニフォーム、写真、そしてカードにも彼のサインが入っている。

    Asociația SOS Autism Bihor

    「今日、サプライズの小包が本部に届きました!

    ドルトムントの有名選手、アーリン・ホーランから送られたもので、サインが入ったユニフォームと写真、会長宛の手紙が入っていました。

    彼の高貴な振る舞いに対する感謝を送りたいです。ありがとう!」

    副審の話を聞いてそれに賛同したのだろうか。

    【動画】いい人ホーランが怒った!相手選手の意味不明シーン

    さすがはホーラン、体だけでなく心まで大きいようだ。

    怪物ホーラン 「おねだり副審」に賛同! 自閉症の子供支援のためにユニフォーム寄付


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】怪物ホーラン 「おねだり副審」に賛同! 自閉症の子供支援のためにユニフォーム寄付】の続きを読む

    このページのトップヘ