Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

    no title

     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、チェルシーイングランド)とバイエルンドイツ)が対戦した。

     前半はアウェイバイエルンに決定機が多く到来する。11分、キングスレイ・コマンがトーマス・ミュラーとのパス交換でDFラインを突破してフィニッシュまで持ち込んだが、シュートは惜しくもゴールの右横に外れた。28分にはミュラースルーパスからロベルト・レヴァンドフスキがGKとの1対1を迎えたが、フィニッシュは飛び出してきた相手GKのウィリー・カバジェロに阻まれた。

     29分、ミュラーカットインからゴール右隅を狙った強烈なシュートを放ったが、ポストのわずかに右横へ外れる。さらに35分、セルジュ・ニャブリが左サイドからインスイングのクロスを送ると、中央のミュラーバックヘッドで合わせる。しかし、ボールクロスバーに阻まれゴールとはならなかった。

     対するチェルシーは左サイドを中心にバイエルンゴールに迫る。43分には、マテオ・コヴァチッチスルーパスを受けたマルコス・アロンソが、相手DFをキックモーションで剥がしてフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKマヌエル・ノイアーに正面で防がれた。

     スコアレスで後半に突入すると、51分に試合の均衡が破れた。中央にカットインしたニャブリが左に流れたレヴァンドフスキへパスを流すと、レヴァンドフスキシュートではなく折り返しを選択。このボールをニャブリが押し込み、アウェイバイエルンが先制に成功した。

     すると54分、バイエルンリードを広げる。レヴァンドフスキセンターハーフ付近での空中戦に競り勝つと、こぼれ球をニャブリが回収。ニャブリは少し運んで左に流れたレヴァンドフスキに渡すと、ゴール前でリターンを受け取り、最後は冷静にゴール右下隅に流し込んだ。

     76分、バイエルンがさらにアウェイゴールを獲得する。左サイドを突破したアルフォンソ・デイヴィスがグラウンダーで折り返し、最後はレヴァンドフスキが詰めてネットを揺らした。同選手は今季のCLで11得点目となり、ドルトムントアーリング・ハーランドを抜いて、再び得点ランキング首位に躍り出た。

     83分、チェルシーは退場者を出してさらに追い込まれる。M・アロンソレヴァンドフスキの走るコースを妨害しようと腕を振ると、これがレヴァンドフスキの顔に当たる。M・アロンソにはイエローカードが提示されたが、VARの介入によってカードの色は赤に変わった。

     試合はこのまま終了。バイエルンホームで行われるセカンドレグは、日本時間3月18日29時(19日5時)にキックオフを迎える。

    スコア
    チェルシー 0-3 バイエルン

    【得点者】
    0-1 51分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-2 54分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
    0-3 76分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン

    スターティングメンバー
    チェルシー(3-4-2-1)
    カバジェロ;アスピリクエタ(73分 ペドロ)、クリステンセン、リュディガー;R・ジェームス、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、M・アロンソ;バークリー(61分 ウィリアン)、マウント;ジルー(61分 アブラハム

    バイエルン(4-2-3-1)
    ノイアー;パヴァール、J・ボアテング、アラバ、A・デイヴィス;キミッヒ、チアゴ(90分 ゴレツカ);コマン(66分 コウチーニョ)、T・ミュラー、ニャブリ(85分 トリッソ);レヴァンドフスキ

    バイエルンは敵地で3つのアウェイゴールを獲得 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バイエルンが8強へ大きく前進! 敵地でチェルシーに3発快勝】の続きを読む




    (出典 img.footballchannel.jp)



    ライオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

    2019/2020ラ・リーガ第25節、バルセロナ乾貴士が所属するエイバル相手に圧勝(5−0)し、リーグ1位の座を取り戻した。来週月曜3月2日(日本時間)に行われる現在2位のレアル・マドリードとの大一番「エル・クラシコ」に向けても、エイバル戦は勢いをつける大事な一戦となった。

    しかし、そんなピッチ上での好調に反して、現在バルサピッチ外にて、選手、フロントサポーターなどを巻き込む大きな問題を抱えている。

    ここ数日、バルサに関する事実か噂かはっきりしない様々な情報が挙がっているが、事実であればクラブの大きなピンチとなり得るだろう。今年になって表に出た不可解な出来事をまとめてみる。

    キケ・セティエン 写真提供:Gettyimages

    シーズン途中の珍しい監督交代

    バルサ2020年は不思議な監督交代から始まった。2017年の夏から監督を務めていたエルネスト・バルベルデが1月14日(日本時間)に解任となり、後任として選ばれたのは2017年5月から2019年5月までレアル・ベティスで指揮を取っていたキケ・セティエンである。

    その瞬間から、バルサにとって珍妙なシーズンとなることを想像した人は多いだろう。ブラウグラナ(バルサの愛称)がシーズン途中に監督を変えるのは滅多にないことで、最後にこのようなシチュエーションが起こったのは、2003年ルイ・ファン・ハール監督解任の時だった。

    セティエンが監督となってからプレーに迷いが出た試合もあったが、新しいコンセプトに慣れなければいけないチームにとっては当然のことだ。しかし、これに関する深刻な状況が、2月に入ってから明らかになり始めた。

    リオネル・メッシ 写真提供:Gettyimages

    SDアビダル氏の発言とメッシのリアクション

    2月の始まりにバルサスポーツディレクター(SD)であるエリック・アビダル氏が、バルベルデ監督の解任に関してこう語った。

    「数人の選手がバルベルデとの関係を不安に思っていた。ロッカールームでの雰囲気は悪くはなかったが、私も選手だったので何かがおかしいことを感じ取って、監督解任という選択をした」

    そして、この発言に対してリオネル・メッシが強いリアクションを示したのだ。2月4日に、以下のような発言をしている。

    「誰かが選手の話をする時は、名前をきちんとあげるべきだ。そうじゃないと全員に泥がつくこととなり、でたらめも生まれる」

    このやり取りの後、状況が落ち着く様子は全く見られず、さらにクラブの信用が疑われるような大きなトラブルが表に出た。

    カルレス・プジョル 写真提供: Gettyimages

    I3 Ventures社によるネガティブキャンペーン

    『カデナ・セール』というスペインテレビ局が取り上げた話題の1つが、もし事実なのであれば大変なことになる。ジョゼップ・マリアバルトメウ会長率いるバルサの幹部陣が『I3 Ventures』という企業と契約を交わし、SNSを通じてバルサの選手を含めた特定の人物を批判させていたと報じられた。

    クラブはすぐにその報道を否定し、I3 Ventures社との契約はSNSにおけるバルサに対するポジティブメッセージネガティブメッセージモニタリングするため、と発表した。

    しかし、カデナ・セールが作成した36ページのレポートでは、I3 Ventures社がメッシシャビカルレス・プジョルなど、バルサレジェンドに対するネガティブメッセージを配信したアカウントを管理していたという証拠が明らかにされたのだ。そして、バルサから発生したI3 Ventures社への支払いが正規の経理資料に含まれてないと証明できることも発信され、大きな問題となった。

    さらにメッシ2月20日スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』へのインタビューで、バルサへの疑いが解けない内容の発言をしている。

    「その話が本当かどうか僕にはわからない。これから明らかとなるだろう。しかし、1月から様々な不思議なことが起きているのは事実です」

    ジェラール・ピケ 写真提供:Gettyimages

    取締役会で上がった重要な話

    メッシインタビューの翌日(2月21日)に、バルトメウ会長は、監督とベテラン選手(メッシジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト)とのミーティングを経て、取締役会の会議に挑んだ。

    取締役会で上がった最も重要な話は、I3 Ventures社に支払われた料金に関する問題だった。バルサ内の規則では20万ユーロ(約2400万円)を超える支払いが発生する場合は理事会の承認が必要となるそうだが、I3 Ventures社に支払われた料金80万ユーロ(約1億円)が、その金額を超えないよう小分けにされたという。

    この話し合いは、まだ続いているそうだ。

    バルサ、そしてメッシの未来はどうなる?

    この大問題はしばらく解決せず、これから数年のクラブの活動に大きな影響を与えると思われる。ホームスタジアムであるカンプ・ノウ、そして練習施設などのリニューアル計画も抱えているバルサは、本当に大丈夫なのだろうか?

    また、バルササポーターメッシのことも心配しているだろう。彼は2021年までの契約が残っているが、この数ヶ月で2020年6月にクラブを離れるという噂が流れている。そして、メッシの移籍の可能性が高まったのはこの問題が始まってからということを、複数のメディアが報じている。

    災厄の2020年開始となったブラウグラナは、一体これからどうなるのだろうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルセロナのピッチ外の不可解な大問題。メッシはどうなる?】の続きを読む

    no title


    南野拓実が移籍したリヴァプールスコットランド代表の左サイドバックアンディロバートソンは近年最高の掘り出し物といえる。

    25歳の彼は下部リーグから世界最高のクラブにまで上り詰めた成り上がり選手。『Soccerbile』のインタビューでこんな話をしていた。

    アンディロバートソン(リヴァプールDF)

    「(Nikeが青のスパイクを出した時は困る?)

    あぁ、難しいね。

    彼らはちょうどチャンピオンズリーグ決勝というタイミングで青いスパイクを出すことに決めた。僕らの多くがジレンマに陥ったよ。

    でも、そういうものさ。様々なカラーがあり、(どの色も)全て出る。

    でも、正直なところ、青よりも赤のほうが好きだね!」

    「(靴紐がどうなっているかとかは大事?)

    紐が長すぎるのが好きじゃないので、試合中に突き出ないように最初に少し切るんだ。

    それから、(スパイクを)綺麗にして、手入れする。

    自分のスパイクが汚れているのは嫌い。だから、試合に行くときは間違いなく綺麗にするよ」

    「(Nikeは新カラーモデルをどれくらい前に送ってくれる?試合までにどれくらい練習できる?)

    週の初めに届いたら、週末には履けるかな。

    大体、月曜か火曜に送られてくるんだ。もしミッドウィークに試合があったら、週末までは履けないね。

    通常は週末に(新カラーが)お披露目されるからね。

    いつも新しいスパイク、新しいカラーが出るのを楽しみにしているよ。常に新鮮に見える」

    「(スパイク一足はどれくらいもつ?)

    毎日トレーニングして、1週間に3試合ある時は、かつてほどはもたないね。

    幼い頃は1年くらい使っていたかもね!

    でも、自分たちにとって(商売)道具なので、いい状態に保つようにしている。履き始めたら、すぐに交換するよ」

    「(ずっと保管しているスパイクはある?)

    両親は僕が最初に履いたスパイクをとってあると思う。Diadoraなんかのかなり小さいやつだったね。

    それから、セルティックにいた幼い頃に個人向けに作られた(Nike)ティエンポをゲットしたのも覚えているよ。

    緑と白で自分の名前も入っていたので、とっておいた。12,13歳の頃だったと思う。

    それ以外だとCL決勝のスパイクも保管しているよ。プレーオフ決勝のもあるし、全てのスパイクが自分にとって大事だ。

    決勝のために常にパーソナライズしていて、自分や家族のために常にとっておいている」

    宿敵エヴァートンカラーである青のスパイクを履くのはやはり難しいようだ。そんなロバートソンがいま履いているのは、この色!

    ピンク!これなら問題なさそうだ。

    リヴァプールDFロバートソン、「青いスパイクは困る話」がおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールDFロバートソン、「青いスパイクは困る話」がおもしろい】の続きを読む

    no title



    プレミアリーグ初優勝に向けて無敗を続けるリヴァプール。だが、第27節ウェストハム戦には苦しんだ。

    開始9分で先制するも後半途中に逆転され、初黒星がよぎる展開に。だが、モハメド・サラーサディオ・マネの2発で逆転仕返し、3-2の勝利を収めた。

    守護神アリソンがチームを救った驚異的なセーブがこれだ(以下動画6分25秒~)。

    完全なる大ピンチ

    裏に抜けたジャロド・ボーウェンと1vs1になるも、落ち着き払った対応で平然と阻止してみせた。ポジショニングと相手への詰め方、最後まで倒れない判断力はさすが。

    試合後、ユルゲン・クロップ監督は「相手にはチャンスがあったが、アリがセンセーショナルなセーブをしてくれた」と讃えていた。

    リヴァプールを救った!アリソンの「世界最強レベルの1vs1」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールを救った!アリソンの「世界最強レベルの1vs1」がこれ】の続きを読む



    (出典 my-ynwa.red)



    過去にレアルへ移籍した自身の同僚を例に挙げてG・ネビルが指摘

     元イングランド代表DFギャリー・ネビルは、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが「リバプール踏み台に」して、近いうちにスペインレアル・マドリードか、バルセロナへ移籍すると考えているようだ。英メディア「エキスプレス」が報じている。

     2017年リバプールに加入してから、最も多くのゴールを挙げてきたサラーは、2019年UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。だが、ネビル氏はサラーがレアルプレーすることを希望していると信じており、元イングランド代表MFデビッド・ベッカム、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと同じ道に進もうとしているサラーを責められないと考えている。

    「彼のような選手の穴を埋めるのは、簡単なことではない。18カ月前、私はサラーがリバプールを去ると思っていた。リバプールファンが、サラーに対する愛情を示さないのは単純な理由かもしれない。それは親和性と忠誠心の理由からだ。彼には『いつかレアルプレーしたい』『バルセロナへ行こう』と、そういう大型移籍をしようとする考えがあると思う」

    「これはサラーに対する批判ではない。私はデビッド・ベッカムプレーをしたし、ルート・ファン・ニステルローイクリスティアーノ・ロナウドともプレーをした。彼らはバロンドールを勝ち取りたかった。彼らはレアル・マドリードに行きたかった。より光を浴びる場所へ行き、世界で最大のクラブプレーをすることを希望したんだ」

     いつかリバプールを離れることを念頭に置いているからこそ、サラーはリバプールファンから最大のバックアップを受けられていないと指摘するネビル氏は、「彼はリバプールを彼のキャリアの踏み台にしていると思う。彼には野心がある。正直になろう。多くの選手にとって、レアル・マドリードバルセロナは頂点なんだ」と、見解を述べている。

     リバプールに加入し、世界のトップ選手へと飛躍したサラーは、ネビル氏の予想通り、スペインの2大クラブへ移籍することになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    スペイン2強へ移籍の可能性を指摘されたサラー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】サラー、スペイン2強へ移籍? 元英国代表DFが去就予想「リバプールを踏み台にする」】の続きを読む

    このページのトップヘ