Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    英紙がネイマールを特集、「C.ロナウドか、はたまたメッシか」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は22日、E組で優勝候補ブラジルが苦戦の末、コスタリカに2-0で勝利し初勝利。勝ち点4はスイスと並んだが、得失点差で首位に立った。後半52分に貴重な追加点となる今大会初ゴールをマークしたエースFWネイマールは、試合後に涙した。

     激しいマークを受けた際に空いたとみられる両足のソックスの4つの穴が開いた写真を、米放送局「FOXスポーツブラジル」が公開し話題を集めていたネイマール。英メディアはネイマールをポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと比較し特集している。

    「ネイマールはゴールを得た――しかし彼はブラジルのクリスティアーノ・ロナウドになれるのか、はたまたリオネル・メッシのようにプレッシャーに屈するのか?」

     こう題して特集を組んでいるのは、英紙「インディペンデント」だった。

    「ネイマールの涙は感情的なクライマックスとなった。ブラジルにとっての彼は、期待をモチベーションに変えチームを背負った、ポルトガルにとってのクリスティアーノ・ロナウドのようになるだろうか? またはアルゼンチンにとっての今のリオネル・メッシのように、ついにその重さに屈し、素晴らしさが消え見間違うほど壊れた男になってしまうだろうか?」

    ネイマールの完全復活期待「メッシと違い、決勝ラウンドに残ると思われる」

     記事ではこうつづっている。ブラジルのエースは、今大会で2戦4発と絶好調のC.ロナウドになるか、もしくは2戦連続で不発に終わり、グループリーグ敗退の危機を迎えているアルゼンチンの王様、メッシのように重圧に押しつぶされてしまうのか、どちらかの道をたどるだろうとしている。

    「真実はその間のどこかだろう。ネイマールはメッシと違い、自分の名前でゴールを決めた。そしてメッシと違い、決勝ラウンドに残ると思われる。彼らは今日もベストではなく、これまでのように萎縮し不安な様子であったとはいえ、ブラジルはグループGの最有力で変わらないだろう」

     ブラジルの決勝トーナメント進出は確実で、ネイマール自身も試合を重ねるごとに復調するだろうと予測している。

    「なぜならネイマールとコウチーニョのロスタイムのゴールの前に、ブラジルにとってフラストレーションのたまる長い90分間があったからだ。ネイマールにとって究極的に憤る午後だった。だからこそ、見方によっては意味のない彼の追加点は、とても大事なものだった」

     同紙は、ネイマールのダメ押し弾の価値はチームにとってよりも、自身にとって大きな意味を持つゴールだと評している。王国の浮沈を担う存在にとって、このロシアW杯はどんな舞台になるのか。最高の結果をブラジルに届けるのか、それともここまでのメッシのように苦い思い出と共に終えるのか――。世界がかたずをのんで見守っている。(THE ANSWER編集部)

    ネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇧🇷ブラジル代表】ネイマールが辿る道は… 「C.ロナウドになれるか、はたまたメッシか…」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    クラブの評価は高い一方で、モドリッチとクロースの壁を越えることができず

     レアル・マドリードのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチは出場機会に飢えている。さらなる成長が期待される24歳は、スペイン紙「マルカ」のインタビューでレギュラーポジションを求めているとして、退団希望を明かした。

     コバチッチは2015年にインテルからレアルへ移籍した。しかし、チームでは同じポジションに同胞MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロースが君臨。コバチッチもピッチに立てば高いクオリティーを示しているが、先発出場の機会は限られている。

     今季リーガ・エスパニョーラでの出場は21試合で、そのうち先発は10試合のみ。3連覇を果たしたUEFAチャンピオンズリーグでも7試合でピッチに立ったが、リバプールとの決勝はベンチ入りしながら出番はなかった。

     ロシア・ワールドカップ出場中のクロアチア代表MFは「マルカ」紙のインタビューで、「フットボールを愛していて、ピッチに立ちたい。プレーできなければ嬉しくない」と出場機会を求めていることを強調。そして、「もっとプレーしたい。その最善の方法はレアル・マドリードを出ること」と移籍を示唆するコメントを残している。

    「マルカ」電子版は「コバチッチは忍耐と切迫に挟まれている」と報じた。クラブはコバチッチを高く評価する一方で、コバチッチは出場機会を渇望している。


    地元紙が指摘「コバチッチは十分に我慢したと感じている」

     昨夏にも移籍のオファーが届いていたが、最終的にはチームに残留。ジネディーヌ・ジダン前監督が慰留したと言われている。

     しかし、負傷があったとはいえ、ジダン体制ラストシーズンとなった今季も望んでいたほどの出番を得ることはなかった。記事では「コバチッチは十分に我慢したと感じている」とも指摘されている。

     2013年に18歳で名門インテルの10番を与えられたコバチッチ。まだ24歳とこの先もさらなる伸びしろを残す年齢なだけに、ベンチにくすぶる日々を受け入れることはできないようだ。ついに我慢の限界が訪れるのか。コバチッチはフレン・ロペテギ新監督を迎えたレアルに別れを告げ、新天地を探すことになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードのコバチッチは、レギュラーポジションを求めているとして、退団希望を明かした【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】クロアチアの星コバチッチ、レアル退団を示唆 出場機会を渇望「プレーできなければ…」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのレアル・マドリード移籍が囁かれている。21日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

     先日、フレン・ロペテギ監督が就任したレアル・マドリードでは、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチは出場機会の少なさを理由に今夏の移籍を検討しているようだ。そこで白羽の矢が立ったのが、年代別、A代表を含め、ロペテギ監督が指揮していたスペイン代表チームで多くの出場機会を与えられていたチアゴである。また、チアゴ自身もレアル・マドリードへの移籍に積極的であり、バイエルンのニコ・コヴァチ新監督も、移籍を望む選手の放出を徹底的に拒否することはないようだ。
     
     約7000万ユーロ(約90億円)の移籍金とされているチアゴは、古巣であるバルセロナの獲得希望リストにも挙げられている。しかし、昨夏のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスのローン移籍などの影響でバイエルンとの関係が良好だと思われるレアル・マドリードが優勢であるようだ。もし、移籍が実現すれば元バルセロナ所属の選手が、因縁のライバルであるレアル・マドリード加入という禁断の移籍となる。

    レアル移籍が囁かれるチアゴ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】禁断の移籍が実現か…元バルサのスペイン代表MFにレアル行きの可能性…】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     22日、レアル・マドリードはゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ1部)に所属する19歳のウクライナ代表GKアンドリー・ルニンを獲得したと発表した。

     同クラブはルニンと6年の長期契約を締結。スペインメディア『マルカ』によると、移籍金は1400万ユーロ(約18億円)のようだ。

     身長が191cmと長いリーチが特徴のルニンは、若くから各年代別のウクライナ代表に選出。昨年5月にはA代表に初招集され、今年3月のサウジアラビア戦で19歳ながらフル代表デビューを果たしている。ユヴェントスやインテルといった強豪クラブが同選手に関心を示していたが、レアル・マドリードが争奪戦を制した。

     ルニンはすでにウクライナの1部リーグで40試合以上に出場。また今季のヨーロッパリーグ(EL)でもその才能を披露し、アスレティック・ビルバオ戦では素晴らしいパフォーマンスをみせ、UEFA.comによるその週のベストイレブンに選ばれた。

    ウクライナの世代別代表でも活躍し続けてきたアンドリー・ルニン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】争奪戦を制したのはレアル! ウクライナで注目の19歳GKを獲得!】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



    「地球上でトップ3に入る選手」

     ウェールズ代表は、ロシア・ワールドカップ出場を逃したものの、そのエースの去就に注目が集まっている。レアル・マドリードのFWギャレス・ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のニュース番組でクライアントの今後について語った。

     昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で素晴らしいオーバーヘッドキックで決勝ゴールを挙げたベイルだが、シーズンを通してジネディーヌ・ジダン前監督の下ではベンチに座る機会も多かった。

     同氏は「レアルとの話し合いが必要だと思っている。その後、彼がどこに行くのかを見てみよう」と、クラブと会談の場を設けることを明かした。

    「彼は昨季より良い年になることを望んでいる。彼はもっとプレーをしたいと思っているし、それが最も重要なんだ。私は彼が地球上でトップ3、4に入る選手だと思う。彼はプレーする必要がある。それはお金に関したことではない。彼はバロンドールを獲得したいと思っているし、私はそれができると思っている」


    「ベイルのアーセナル加入は月にいく方が簡単」

     そう語るバーネット氏は、昨季のCL決勝の活躍でベイルへの関心が高まっていることを認め、これ以上彼自身の凄さを証明する必要はないとした。

     またアーセナルファンとしても知られるバーネット氏だが、インタビュアーから「ウナイ・エメリ新監督の下で新たな一歩を踏み出そうとしているアーセナルにベイルが加わることはありえるか」と聞かれると、「彼はスペインで生活を楽しんでいる」と語り、こんな言葉を残した。

    「私は(アーセナルのサポーターとして)そこで彼がプレーしたらうれしいけど、それなら月に行くチャンスの方が大きいね」

     ベイルの未来はレアルにあるのか、それとも新天地を求めるのか。レアルとの会談がすべてを左右しそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ベイルの去就に注目が集まっている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ベイルが出場機会を求めレアルと話し合いへ 「バロンドール獲得のため」と代理人明かす…】の続きを読む

    このページのトップヘ