Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    『Gazzetta dello Sport』は10日、「クリスティアーノ・ロナウドは、ユヴェントスはとても謙虚なクラブだと話した」と報じた。

    今夏のマーケットでレアル・マドリーからユヴェントスに移籍したロナウド。33歳という年齢でありながら、その取引には1億ユーロ(およそ128.5億円)以上が動いた。

    9年間を過ごしたスペインを離れ、イタリアにやってきた彼。ユヴェントスで過ごした半年間をどう感じているのか?

    クリスティアーノ・ロナウド

    「これは、僕が経験した中で最高のグループだと言えるよ。我々はチームなんだ。

    他のクラブでは、数名の選手が『クラブよりも大きな存在だ』と感じているところもある。

    一方、ここでは誰もが同じ船に乗ってオールを漕いでいる。皆が謙虚であるし、勝利に飢えているんだ。
    もしディバラやマンジュキッチがゴールを決められなくても、皆が満足し、笑っているようだ。それは僕にとって素晴らしいものだよ。違いを感じられる。

    マドリーでの選手たちも謙虚だったけど、ここでは…。更にそうだと感じているよ。大きく違っているし、さらに家族のような感じだ。

    まあ、過去は過去だよ。今はユヴェントスとともに勝ちたいだけだ。この色を守りたいんだ。

    他はどうてもいいことさ。もしレアル・マドリーと戦うことになっても、全力を尽くそうとするだろう。

    ユヴェントスハメス・ロドリゲスギャレス・ベイルマルコ・アセンシオらを獲得しようとしているという話があるが?)

    「その記事は見たよ。しかし、正直に言えば、今のユヴェントスに選手を加える必要はないと思うよ。

    それは会長に話すべきことだね。将来的にはわからない。マルセロはいい選手だし、我々はそのような存在にドアを開けている。彼はそれだけの力があるからね」
    ロナウド「ユヴェントスはレアルよりも謙虚だ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ロナウド「ユヴェントスはレアルよりも謙虚だ」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     ユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が10日に伝えている。

     C・ロナウド2009年レアル・マドリードへ加入し、数々のタイトル獲得に貢献。今夏にユヴェントスへ移籍。今シーズンセリエAで15試合に出場し、10得点を記録している。

     一方、メッシは13歳の時にバルセロナの下部組織に加入して以来、同クラブ一筋でプレーしている。しかし、C・ロナウドメッシセリエA挑戦を勧めた。

    「僕はイングランドスペインイタリアポルトガルプレーしてきた。僕にとって、人生とは挑戦だ。それが好きだし、人々を幸せにしたいと思っている。いつかメッシにはイタリアに来てほしい。僕のように挑戦を受け入れてほしい」

    「しかし、メッシバルセロナで幸せなら、彼を尊重するよ。彼は選手としても人間としても素晴らしい。僕はここに満足している。これが僕の新しい人生で、僕は幸せだよ」

    スペインでプレーしたメッシとC・ロナウド (写真は2017年のもの) [写真]=Real Madrid via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、メッシのセリエA挑戦を希望「いつかイタリアに来てほしい」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/12/12(水) 19:21:09.71 ID:CAP_USER9.net

    サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)に対しビリャレアルが獲得を検討していることが12日、明らかになった。スペインを中心にした移籍情報などを扱うウェブサイト、ゴール・デジタルが伝えている。

    【写真】真野恵里菜「人生で一番おめでとう」と言われた 柴崎と結婚発表後初の公の場

     記事によると監督交代により体制が変わったばかりのビリャレアルは冬市場で少なくとも3人の補強をする予定。そのうちひとつはチリ人選手MFイトゥーラの離脱が決定的となっているボランチのポジションで、複数候補の中に柴崎の名前がリストアップされているという。

    12/12(水) 19:05配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000102-dal-socc


    【【移籍報道】<柴崎岳>ビリャレアルが獲得を検討!新体制で3人の補強予定】の続きを読む



    (出典 lifeofleisure7.com)



    Corriere dello Sport』は7日、「元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチは、ユヴェントスと契約延長に向けた話し合いをしている」と報じた。

    先日行われたインテルとのイタリア・ダービーで決勝点を決めたマンジュキッチ。32歳にしてパフォーマンスを向上させており、今季はすでに8ゴールを決めている。

    この1~2年ユヴェントス退団が噂されてきたマンジュキッチであるが、それもあってかクラブとの間で契約延長に向けた話し合いが始まっているという。

    現在の契約は2020年まで残っているが、クラブ側はそれをさらに2~3年延長することを望んでいるとのこと。

    また、マンジュキッチは年齢も考えてか減俸を受け入れる姿勢を見せており、現在の年350ユーロから300ユーロへ変更されるという。

    ただ、削減分はパフォーマンス関連のボーナスに移っており、活躍すればそれほど収入に変化はないようだ。

    現在32歳のマンジュキッチ。もし2023年まで残るとすれば、そのときは37歳になっている。ユヴェントスでキャリアを終える可能性は高そうだ。

    なんと減俸で!インテル戦で殊勲のマンジュキッチ、ユヴェントスと契約延長へ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】なんと減俸で!インテル戦で殊勲のマンジュキッチ、ユヴェントスと契約延長へ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    『FourFourTwo』は12日、「チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、DFギャリー・ケイヒルの退団を許可した」と報じた。

    今季がチェルシーとの契約最終年度となっているケイヒル。しかしサッリ新監督の下では出番がなく、更新の可能性はかなり低いと考えられている。

    1月のマーケットでチームを離れることになるのか?サッリ監督は彼の状況について以下のように話し、戦術に合わないので使えないと語ったという。

    マウリツィオ・サッリ

    「彼のことをとてもリスペクトしている。なぜなら、このクラブとともにあらゆるものを勝ち取ってきたからだ。

    私は自分の仕事をする。どの試合でも、選択をしなければならない。ここでは、彼はベンチに置くことができない。

    おそらく、ボックスの中では彼はベストだ。しかし、我々のディフェンダーは試合中100110回はボールと共にプレーしなければならない。とても技術的な選手が必要なのだ」

    (ケイヒル退団の可能性はある?)

    「それは私が決断することではない。彼と、クラブの判断次第だ。

    彼は契約最終年度にある。新しい契約を結ぶか、それとも他のクラブに行くのか、彼自身が決断しなければならない。

    30歳を超えた選手は、通常1年の契約にする。もし他のクラブで3年間のオファーをもらえるなら、チェルシーを退団することもできる。

    それは、私が感傷的になるかどうかとは関係がないものだ」
    ケイヒルはベンチに置けない…チェルシー監督、干した理由をハッキリ言う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ケイヒルはベンチに置けない…チェルシー監督、干した理由をハッキリ言う】の続きを読む

    このページのトップヘ