Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 images.performgroup.com)



    1 Egg ★ :2017/11/20(月) 12:35:56.45 ID:CAP_USER9.net

    「前半の僕たちは守備に問題を抱えていた」


    ACL決勝第1レグ]アル・ヒラル 1-1 浦和/11月18日/キング・ファハド・スタジアム

     敵地リャドでの一戦で見事アウェーゴールを奪い、1-1のドローに持ち込んだ浦和レッズ。値千金弾を決めたラファエル・シルバに代わって65分に登場したFWズラタン・リュビヤンキッチは、「結果は狙い通りのものになった」と胸を張った。アジア・サッカー連盟(AFC)の公式サイトがそのコメントを伝えている。
     
     土曜日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1レグ、アル・ヒラル戦は、元スロベニア代表ストライカーの目にどう映ったのか。
     
    「アウェーゴールを決めて、かつ敗戦を免れた。ホームでの第2レグに向けてこれ以上ない結果を持ち帰ったんだ。前半の僕たちは守備に問題を抱えていた。先制はしたもののアル・ヒラルの攻撃の前になす術がなく、相手がゴールを外してくれたのは本当にラッキーだったよ。後半はしっかりリカバーしたね。誰もがハードワークに努め、終了のホイッスルが鳴るまで戦い抜いた。幸運は僕たちに舞い降りたんだ。それがフットボールというものさ。欲しかった結果を手にしたと言っていい」
     
     では、11月25日のリターンマッチ、本拠地・埼玉スタジアムでの第2レグはどう戦うのか。ズラタンは浦和本来の攻撃力を存分に発揮できると確信している。
     
    「1週間後の試合はまったく違うものになる。僕たちはホームで、より攻撃的なアプローチでゲームに臨むだろう。彼ら(アル・ヒラル)に本物のレッズの姿をお見せしよう。リャドで僕たちは大観衆のプレッシャーに晒された。今度はこっちの番だ。埼玉スタジアムの重圧がどれほどのものか、彼らは土曜日に思い知るだろう」
     
     すでに前売りチケットが完売している第2レグ。6万大観衆の真紅の大波が、サウジアラビアの青き精鋭に襲い掛かる。

    11/20(月) 6:13配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00032803-sdigestw-socc


    【<浦和レッズ>ACL決勝第2レグすでに前売りチケットが完売!]6万大観衆!?FWズラタン「本物のレッズをお見せしよう」】の続きを読む



    (出典 s.eximg.jp)



    1 pathos ★ :2017/11/22(水) 13:03:41.80 ID:CAP_USER9.net

    先発の香川、独紙は酷評「簡単に奪われ過ぎ」「印象的なプレーほぼなし」/欧州CL
     
    ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。
    グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。
    先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。

    地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。
    『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。
    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171122/sci17112211080013-n1.html


    【ホームで敗戦のドルトムント…香川に独紙は酷評「簡単に奪われ過ぎ」「印象的なプレーほぼなし」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/22(水) 16:19:21.43 ID:CAP_USER9.net

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、グループリーグ第5節1日目を行った。

     E組では、首位リバプール(イングランド)が敵地で勝ち点1差の2位セビージャ(スペイン)と対戦し、3-3で引き分けた。3位スパルタク・モスクワ(ロシア)もホームでマリボル(スロベニア)と1-1の引き分けに終わったが、勝ち点差は変わらず、勝ち点9のリバプール、同8のセビージャ、同6のスパルタク・モスクワの3チームがグループリーグ突破の可能性を残し、残り1試合となった。最終節ではリバプールがホームでスパルタク・モスクワと直接対決。セビージャは敵地でマリボルと対戦する。

     F組では、4連勝ですでにグループリーグ突破を決めているマンチェスター・シティ(イングランド)がホームでフェイエノールト(オランダ)を1-0で下し、無傷の5連勝を飾った。2位のシャフタール(ウクライナ)は敵地で3位ナポリ(イタリア)に0-3で完敗。両チームの勝ち点差は「3」に縮まった。最終節ではシャフタールがホームでマンチェスター・Cと、ナポリが敵地でフェイエノールトと対戦する。シャフタールは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるが、敗れてナポリが勝った場合は勝ち点9で並び、直接対決の成績で上回るナポリが逆転突破となる。

     G組では、首位ベシクタシュ(トルコ)がホームで2位ポルト(ポルトガル)と1-1で引き分け、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。3位ライプツィヒ(ドイツ)は敵地でモナコ(フランス)に4-1で快勝。この結果、モナコの最下位が確定し、2位争いは勝ち点7で並んだポルトとライプツィヒに絞られた。直接対決の成績でポルトが2位をキープ。最終節ではポルトがホームでモナコ、ライプツィヒもホームでベシクタシュと対戦する。

     H組では、レアル・マドリー(スペイン)が敵地でアポエル(キプロス)に6-0で大勝し、決勝トーナメント進出を決めた。首位トッテナム(イングランド)は敵地でMF香川真司所属のドルトムント(ドイツ)に2-1で逆転勝ち。この結果、トッテナムの首位通過が確定した。ドルトムント、アポエルはともに勝ち点2のままグループリーグ敗退が決定。今後の焦点はELに回る3位争いに移り、最終節でドルトムントは敵地でレアル、アポエルは同じく敵地でトッテナムと対戦する。両チームが最終的に勝ち点で並んだ場合、直接対決の成績は五分のためグループ全体の得失点差で争われる。第5節終了時点での得失点差はドルトムントが-5、アポエルが-12となっている。

    [E組]
    スパルタク・モスクワ 1-1 マリボル
    [ス]ゼ・ルイス(82分)
    [マ]ヤスミン・メシャノ*(90分+2)

    セビージャ 3-3 リバプール
    [セ]ウィサム・ベン・イェデル2(51分、60分)、ギド・ピサーロ(90分+3)
    [リ]ロベルト・フィルミーノ2(2分、30分)、サディオ・マネ(22分)

    [F組]
    マンチェスター・C 1-0 フェイエノールト
    [マ]ラヒーム・スターリング(88分)

    ナポリ 3-0 シャフタール
    [ナ]ロレンツォ・インシーニェ(56分)、ピオトル・ジエリンスキ(81分)、ドリース・メルテンス(83分)

    [G組]
    ベシクタシュ 1-1 ポルト
    [ベ]タリスカ(41分)
    [ポ]フェリペ(29分)

    モナコ 1-4 ライプツィヒ
    [モ]ラダメル・ファルカオ(43分)
    [ラ]オウンゴール(6分)、ティモ・ベルナー2(9分、31分)、ナビ・ケイタ(45分)

    [H組]
    アポエル 0-6 R・マドリー
    [R]ルカ・モドリッチ(23分)、カリム・ベンゼマ2(39分、46分)、ナチョ・フェルナンデス(41分)、クリスティアーノ・ロナウド2(49分、54分)

    ドルトムント 1-2 トッテナム
    [ド]ピエール・エメリク・オーバメヤン(31分)
    [ト]ハリー・ケイン(49分)、ソン・フンミン(76分)

    https://web.gekisaka.jp/pi*up/detail/?223036-223036-fl


    【<UEFA-CL>レアル・マドリッドとベシクタシュが決勝T進出!E組は三つ巴で最終節へ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/22(水) 06:49:14.76 ID:CAP_USER9.net

    ■CL第5節 ドルトムント 1-2 トッテナム

    ドルトムント:オーバメヤン(31分)

    トッテナム:ケイン(41分)、ソン・フンミン(76分)

    チャンピオンズリーグ(CL)は31日に第5節の試合が行われ、グループHではドルトムントとトッテナムが対戦。ドルトムントは1-2で敗れ、CL敗退が決定した。

    第4節消化時点で勝ち点2で3位に位置するドルトムント。グループリーグ突破のためには勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れるという厳しい状況の中トッテナムをホームに迎えた。

    この難しい試合で、香川真司は予想通り先発出場。4-3-3の中盤で、マリオ・ゲッツェやMFユリアン・ヴァイグルとコンビを組んだ。また、規律違反でブンデスリーガの試合を欠場していたFWピエール=エメリク・オーバメヤンが先発に復帰している。

    一方すでに突破を決めているトッテナムだが、首位突破のために大幅なローテーションは採用せず。FWハリー・ケインやMFクリスティアン・エリクセンら、主力選手が軒並みスタメンに名を連ねた。

    ドルトムントホームの試合は、立ち上がりから両チームとも前線で積極的にプレスをかけ、ボールを保持しようと試みる。先発した香川も、リズムを掴むために積極的にボールに触っていった。

    ドルトムントは19分にビッグチャンス。ヤルモレンコの浮き球のパスに反応したオーバメヤンがDFラインの裏に抜け出し、完全にフリーとなる。しかし、GKロリスのプレッシャーもあり、シュートは枠を外れてしまった。

    香川も立ち上がりからキレをみせ、23分には得意のターンからスルーパスを送ってチャンスをつくっていく。少し押され気味だったトッテナムは30分に反撃。フェルトンゲンのクロスにアリが反応し、シュートを放つもこれはGK正面だった。

    すると31分、ドルトムントが先制する。ゴール手前に入ったヤルモレンコが、DFラインの裏にダイレクトでヒールパスを送ると、抜け出したのはオーバメヤン。今度はGKロリスとの一対一を制し、チームに待望のゴールをもたらした。

    観客の大歓声を受けながらリズムを掴むドルトムントは、34分にも自陣からの香川のスルーパスに、反応したオーバメヤンがまたも抜け出すなどゴールに迫っていく。さらに、GKビュルキが奮闘。40分のエリクセンのシュートや、直後のダイアーのヘッドなど、次々とセーブしていく。前半は、ホームのドルトムントがリードを奪って折り返す。

    両チームともメンバー交代はせず迎えた後半、立ち上がりにトッテナムが同点に追いつく。49分、高い位置でボールを奪うとアリが素早くゴール前のケインへ。背番号10はエリア外からグラウンダーのシュートを突き刺した。

    先制後流れをつかむトッテナムは63分にもビッグチャンス。自陣後方でドルトムントのパスミスを奪うと、ソン・フンミンが抜け出す。しかし、ここはGKビュルキの飛び出しに阻まれた。

    流れの悪い中、ドルトムントは66分に香川に変えてカストロを投入する。だが、リズムを掴むまでには至らない。

    すると76分に痛恨の失点。左の深い位置でアリが2人を剥がしてエリア内に侵入すると、ソン・フンミンにラストパス。これを韓国代表FWが冷静に沈めた。さらに、この場面でDFザカドゥが負傷交代。ドルトムントは窮地に立たされる。

    その後も、ケインやアリ、エリクセンといった主力を交代させたトッテナムを相手にビッグチャンスを作ることができず。さらには、この試合でビッグセーブを連発していたGKビュルキも負傷交代するなど、最悪の展開に。

    結局試合はそのまま終了し、昨季ベスト8まで進んだドルトムントは、今季のCLから姿を消す事となった。

    11/22(水) 6:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000032-goal-socc


    【<UEFA-CL>香川真司先発のドルトムント、CL敗退が決定…ソン・フンミンがわずかな希望を打ち砕く決勝弾】の続きを読む


    レアル、ゴールラッシュでGS突破決める! C・ロナウド2発など今季最多6得点



     チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が21日に行われ、アポエルとレアル・マドリードが対戦した。

     先制したのはレアル・マドリード。23分、右サイドからダニエル・カルバハルがクロスを上げると、DFがクリアしたボールに反応したルカ・モドリッチがペナルティエリア手前左からダイレクトボレーで狙う。強烈なシュートがGKの手を弾いてゴール右に決まった。

     追加点を狙うレアル・マドリードは39分、トニ・クロースがクリスティアーノ・ロナウドとのワンツーで相手守備陣を崩し、ディフェンスラインの裏へスルーパス。抜け出したカリム・ベンゼマがGKとの一対一を制して2-0とした。

     止まらないレアル・マドリードは41分、左CKからナチョ・フェルナンデスが決めて3点目を奪うと、45分にはカウンターからベンゼマがこの日2点目を決め、4-0と大量リードで前半を折り返した。

     後半に入っても攻撃の手を緩めないレアル・マドリードは49分、左サイドからマルセロが上げたクロスをゴール前のC・ロナウドがヘディングで叩き込み、5点目をマーク。さらに54分には相手のミスから再びC・ロナウドが決めて、6-0とした。

     試合はこのままタイムアップを迎え、レアル・マドリードが今シーズン公式戦最多となる6ゴールを奪って快勝。勝ち点3を加えたレアル・マドリードは決勝トーナメント進出が決定した。一方、アポエルはグループステージ敗退となった。

     次節は12月6日に行われ、アポエルはアウェイでトッテナムと、レアル・マドリードはホームでMF香川真司所属のドルトムントと対戦する。

    【スコア】
    アポエル 0-6 レアル・マドリード

    【得点者】
    0-1 23分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
    0-2 39分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
    0-3 41分 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
    0-4 45分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
    0-5 49分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    0-6 54分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

    レアル・マドリードが大量6ゴールを奪って決勝トーナメント進出を決めた [写真]=NurPhoto via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアル、ゴールラッシュでGS突破決める! C・ロナウド2発など今季最多6得点】の続きを読む

    このページのトップヘ