Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/25(水) 06:15:54.21 ID:CAP_USER9.net

    「タカは華々しい活躍を見せている」と指揮官
     
    ドイツ国内での評価がうなぎ上りだ。ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで出色の出来を披露する日本代表FW、宇佐美貴史である。
     
    日曜日の31節、3-0の快勝を収めたインゴルシュタット戦では、僚友・原口元気が先制アシストを決めると、宇佐美は2点目と3点目をCKキックから導き、ふたりで全得点に絡んで見せた。
    ドイツ・メディアはこぞってこの日本人デュオの活躍を称え、フリードヘルム・フンケル監督は「昔からよく知るゲンキ(原口)が来てからというもの、タカ(宇佐美)は華々しい活躍を見せているね」と目を細める。
     
    ドイツ全国スポーツ紙『BILD』は、「チームにすっかり溶け込めているし、僕たちふたりは本当に楽しんでプレーしている。個人的には冬のウインターキャンプでいい準備ができたのが大きかった」と宇佐美の声を伝えた。
    さらに選手本人は「(2部で)チャンピオンになりたい。そして、デュッセルドルフに残りたい」と、その胸中を明かしている。

    現在、宇佐美は1部のアウクスブルクからの期限付き移籍中で、レンタル元との契約は2019年6月まである。フォルトゥナは来シーズンに1部を戦う上で重要な戦力と捉えており、それはフンケル監督も同意見だ。
    アウクスブルクが売却に応じるかどうかだが、クラブのスポーツ・ディレクターであるシュテファン・ロイターが『BILD』紙の取材に応え、口を開いた。かつてボルシア・ドルトムントなどで一時代を築いた、元ドイツ代表の名DFである。
     
    「フォルトゥナでのウサミは素晴らしいね。もしプレーヤーが私の元へ来て、他のクラブでの解決策を探し求めているなら、基本的に話をする準備はあるよ。だが結論を出すためには、すべてのサイドの条件がフィットしなければならない」
    条件面さえ整えば完全移籍の交渉に応じる、とも取れる発言だ。『BILD』紙も「フォルトゥナが適正な買い取り額を提示すれば問題はないだろう。そもそもウサミとアウクスブルクは上手く行っていなかったのだから」と記している。

    ◆原口とともに“ダブル買い取り”の可能性も
     
    ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト『LIGA-ZWEI』は、フォルトゥナに対して早急な決断を求める。「ウサミはハラグチとともにワールドカップを戦う日本代表のメンバーに選ばれるだろう。
    もしそこで名を上げれば、市場価格はグッと吊り上がるはずだ。フォルトゥナは早めに決断して、アクションを起こす必要がある」と論じるのだ。
     
    原口も宇佐美と状況は同じで、レンタル元のヘルタ・ベルリンとは来年6月まで契約が残っている。
    左に原口、右に宇佐美を配する日本人アタッカーの両翼が機能しているフォルトゥナだけに、フンケル監督は原口の完全移籍も視野に入れているかもしれない。
     
    いずれにせよ、西野朗新政権が発足した日本代表にとって両雄のハイパフォーマンスは、頼もしい限りだ。今週土曜日のディナモ・ドレスデン戦でも揃ってスタメン出場を果たすか。
    勝てば1部昇格が決まり、他会場の結果次第では2部優勝が確定する注目の一戦だ。

    4/25(水) 5:56配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00039355-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<宇佐美貴史の評価がうなぎ上り!>「残りたいです」と告白! レンタル元のSDが「完全移籍」に向けて注目発言…】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 数の子 ★ :2018/04/24(火) 20:07:30.05 ID:CAP_USER9.net

     フローニンゲンへの完全移籍が決まったFW堂安律(19)は今季、エール・ディビジで8得点3アシストを記録している。データサイト『オプタ』によると、これは欧州リーグの10代選手の中でもトップクラスの成績だという。

     オプタの公式ツイッター日本版(@OptaJiro)は24日、欧州5大リーグとエール・ディビジで「二桁得点に関与している10代選手」のリストを発表。5人の選手が記載されており、その中に堂安の名前がある。

     1番上にはパリSGの主力として13ゴール8アシストを記録しているFWキリアン・ムバッペ(19)が君臨し、以降は8ゴールで並ぶ選手たち。6アシストのフィテッセMFメイソン・マウント(19)、元オランダ代表エースを父に持つ5アシストのアヤックスFWジャスティン・クライファート(18)が並び、3アシストの堂安が続いている。また、レバークーゼンで3ゴール8アシストのMFカイ・ハフェルツ(18)も入った。

     堂安はU-20W杯出場後の2017年夏、中学時代から過ごしたガンバ大阪を巣立ってフローニンゲンに期限付き移籍。契約期間は1年間となっていたが、現地での活躍が評価され、見事に2021年までの3年契約を勝ち取った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-01653060-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】堂安律、欧州10代選手でトップクラスの成績】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 Egg ★ :2018/04/24(火) 19:42:49.21 ID:CAP_USER9.net

    『フランス・フットボール』、『AFP』の両フランスメディアは23日、2017-18シーズンにおける「フットボーラーの総収入ランキング」を発表。2位に大きな差をつけ、バルセロナFWリオネル・メッシがトップになっている。

    昨年11月にバルセロナと契約を延長したメッシ。『マルカ』などのスペインメディアでは、年俸は4200万ユーロまで上がったとされ、世界最高給の選手になったと噂されている。

    そして、『フランス・フットボール』、『AFP』が発表した、給与総額や広告収入などを合計した「フットボーラーの総収入ランキング」で、堂々のトップとなった。メッシの総収入は、およそ1億2600万ユーロ(約167億円)にも上るようだ。

    2位は、長年メッシとともにフットボール界を牽引するレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド。昨季からおよそ650万ユーロアップの9400万ユーロ(約125億円)となったようだ。

    以降、今季開幕前にバルセロナからパリ・サンジェルマンへと移籍したFWネイマール、FWギャレス・ベイル(レアル・マドリー)、DFジェラール・ピケ(バルセロナ)と、スペインの2強関係者がトップ5を独占している。

    また監督部門では、マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョが2600万ユーロ(約35億円)でトップに立った。

    ●2017-18シーズン総収入トップ5選手

    1位 リオネル・メッシ:1億2600万ユーロ
    2位 C・ロナウド:9400万ユーロ
    3位 ネイマール:8150万ユーロ(約108億円)
    4位 ギャレス・ベイル:4400万ユーロ(約58億円)
    5位 ジェラール・ピケ:2900万ユーロ(約38億円)

    ●2017-18シーズン総収入トップ5監督

    1位 ジョゼ・モウリーニョ:2600万ユーロ
    2位 マルチェロ・リッピ:2300万ユーロ(約31億円)
    3位 ディエゴ・シメオネ:2200万ユーロ(約29億円)
    4位 ジネディーヌ・ジダン:2100万ユーロ(約28億円)
    5位 ジョゼップ・グアルディオラ:2000万ユーロ(約27億円)

    4/24(火) 12:09配信 ゴール
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000004-goal-socc


    【【海外サッカー】<メッシの収入はなんと167億円!>仏紙発表のランキングでトップに…監督はモウリーニョで約35億円でトップ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    伊メディアが報道、元ミランの実力者が“イタリア帰還”か

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリードに敗れたイタリア王者ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFチアゴ・シウバに獲得オファーを出していることが明らかになった。イタリア国営放送「RAI」が報じている。

     同局によると、ユベントスの強化責任者であるジュゼッペ・マロッタ氏は、シウバへのオファーを否定しなかったという。そのため、ユベントスが最終ラインの補強としてブラジル代表DFに白羽の矢を立てていることが確定的になった。

     ユベントスは今季リーグ7連覇を狙っているが、22日に2位のナポリとの直接対決に0-1で敗れて、勝ち点差は「1」に詰まっている。今季は最終ラインの弱体化が指摘されており、開幕前にはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがACミランへ移籍。同DFジョルジョ・キエッリーニは怪我がちで、元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリとともに来季の契約にサインをしていない。

     そうしたなかで、フランスメディアではPSGが来季に向けて陣容の大幅刷新を計画し、シウバもオファー次第では放出が容認されると報じられていた。かつてライバルクラブのミランで名を上げた実力者に対して、ユベントスはオファーを提示している模様だ。

     シウバは6月に開幕するロシア・ワールドカップ本大会では、優勝候補ブラジル代表の最終ラインを支えることになる。来季の去就決定は、その代表活動の前になるのか、大舞台の後とするのか。シーズン最終盤に向け、シウバの決断に注目が集まることになりそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    イタリア王者ユベントスがPSGのチアゴ・シウバに獲得オファーを提示か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】守備陣補強を狙うユベントス PSGのブラジル代表DFチアゴ・シウバに獲得オファー…】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    現在のサッカー界でトップはユナイテッドのモウリーニョ監督

     現在のサッカー界で最も年俸の高い監督は誰なのか。フランス誌「フランス・フットボール」がそのトップ3を公開し、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、その年俸でも“スペシャル・ワン”であることが明らかになった。

     モウリーニョ監督は昨季の開幕時に1年間の延長オプションがついた3年契約でユナイテッドの監督に就任。その後、今年の1月に20年までの新契約とさらに1年間の延長オプションがついた契約にサイン。その年俸額は2600万ユーロ(約34億円)という驚愕のものになったという。これが、現在のサッカー界で世界のトップとなる。

     それに続くのは、“爆買い”がサッカー界にも定着した中国からだ。2016年10月から3年契約にサインした中国代表のマルチェロ・リッピ監督は、年俸2300万ユーロ(約30億円)を受け取っているという。イタリアの名門ユベントスでクラブ世界一、2006年ワールドカップでイタリア代表を優勝に導き、世界で初めてクラブと代表で頂点に立った名将は、破格の報酬を受け取っている。

     そして第3位は、アトレチコ・マドリードの“親分”ことディエゴ・シメオネ監督だという。昨年の9月に2020年まで2年間の契約延長で合意した“闘将”が受け取っているのは、年俸で2200万ユーロ(約29億円)とされた。途中就任だった11-12シーズンにUEFAヨーロッパリーグ(EL)優勝に導き、その後は常にリーグ戦で3位以内をキープ。リーグ優勝とスペイン国王杯を1回ずつ勝ち取って名将の仲間入りを果たしている男は、少なくともそれに見合った報酬を受け取っていると言えるだろう。

     いずれも世界に名だたる指揮官だが、その報酬額は驚異的なものになっている。


    (Football ZONE web編集部)

    (左から)中国代表のリッピ監督、ユナイテッドのモウリーニョ監督、アトレチコのシメオネ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー界】報酬額が多い指揮官は? 「世界の高額年俸監督トップ3」】の続きを読む

    このページのトップヘ