Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ


    来夏退団か? フェライニが延長オファーを受け入れず…今季が契約最終年 



    退団の可能性が浮上したマルアン・フェライニ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ベルギー代表MFマルアン・フェライニが今季でマンチェスター・Uを退団する噂が浮上した。イギリス紙『デイリーメール』が18日付で報じている。

     昨シーズンは通算46試合出場し4得点を記録していたフェライニ。先日同クラブは、契約が2018年で切れてしまう同選手に契約延長オファーを提示したようだ。しかし、フェライニは同オファーを拒否。来夏退団の可能性が浮上した。

     現在、同クラブとフェライニは協議を重ねている。マンチェスター・U側は30歳以上の選手とは1年契約を結ぶことを希望しており、11月に30歳になるフェライニにも1年の契約延長を提案しているようだ。フェライニ側としては、長期契約を希望していると見られており、契約年数が争点となる見込み。

     フェライニはイタリアとトルコのクラブからオファーを受けているという噂もあり、契約上2018年1月から自由に海外クラブと個人的に話すことができる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【来夏退団か? フェライニが延長オファーを受け入れず…今季が契約最終年】の続きを読む


    クロップ監督、好調のマンチェスター勢を意識せず「余計な心配は不要」



    マンチェスター勢の影響は受けてないと強調するクロップ監督 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、19日に行われるカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)のレスター戦を前にインタビューに応じた。17日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

     クロップ監督は、今シーズンにおけるマンチェスター・Uとマンチェスター・Cの順調なスタートは、リヴァプールに特別なプレッシャーをかけていないと主張している。

    「マンチェスター勢の試合は面白いので見ているよ。でも、この時点でポイントを数えて、『今は彼らがリードしているが、まだ大丈夫だ』と安心するのは私の仕事ではない。私は対戦するときだけ、彼らに集中すれば良いと思っている。その他の試合の前には余計なことを心配する必要はないよ」と強調した。

     また、リーグカップについて「私はプレッシャーではなく可能性を感じている。チームの力を示す良い機会だと思うし、勝つことができると思うよ」と述べ、「おそらくプレッシャーはあるだろうが、それは私が自分自身にかけたものより大きいものではないし、プレッシャーには慣れているよ」と締めくくった。

     リヴァプールは16日に行われたプレミアリーグ第5節のバーンリー戦に1―1で引き分けた。ここまでマンチェスターの2チームと5ポイント差の勝ち点8でリーグ8位につけている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【クロップ監督、好調のマンチェスター勢を意識せず「余計な心配は不要」】の続きを読む


    ジェノアFWペッレグリ、今世紀5大リーグで複数得点を挙げた最年少選手に 



    今世紀の欧州5大リーグで最年少複数得点を記録したペッレグリ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

      セリエA第4節でジェノアとラツィオが対戦。この試合で2得点を挙げたU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリが、今世紀に複数得点を決めた選手の最年少記録であると18日、アメリカ紙『Sports Illustrated』が伝えている。

     試合はジェノアが1点ビハインドの57分、ペッレグリが同点弾となるゴールを決める。さらに勝ち越しゴールを決められた直後の73分、同選手が再び同点に追い付く得点を挙げた。この複数得点を16歳と184日で記録したペッレグリ。これは21世紀が始まってから、ヨーロッパ5大リーグで複数得点を挙げた最年少記録であると同紙で紹介されている。

     同選手は2001年生まれの16歳。昨シーズン、15歳と280日でセリエA最年少出場記録を更新し、最終節では16歳72日と歴代3位となる若さでの得点も記録した。久保建英と同年代の若きFWが、さらに欧州の最年少記録を更新するのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジェノアFWペッレグリ、今世紀5大リーグで複数得点を挙げた最年少選手に】の続きを読む


    コウチーニョ、バルサ移籍騒動を語る「オファーは光栄だった」 



    バルセロナへの移籍騒動について語ったコウチーニョ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     今夏、バルセロナへの移籍報道でサッカー界を騒然とさせたリヴァプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが一連の騒動について言及した。『ESPN』のブラジル版が報じている。

     ブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンへと放出し、その代役としてコウチーニョや当時ドルトムントに所属していたフランス代表MFウスマン・デンベレをリストアップしていたバルセロナ。

     “両獲り”を画策していたともされたバルセロナだが、リヴァプールの徹底した抵抗に遭い、断念せざるを得ない状況となった。デンベレの獲得には成功した同クラブだが、理想通りのシナリオとまではいかなかった。

     渦中にいたコウチーニョが、プレミアリーグ第5節バーンリー戦後についに口を開いた。同メディアがそのインタビュー内容を伝えた。

    「全世界は僕に何が起こったかを知っているよね。私がここで最初にプレーした時からこれまで、僕は常にリヴァプールファンに受け入れられてきた。それは変わっていないようだね。僕がしなければいけないことは懸命にチームのために働き、最善を尽くすことだ。バルセロナのような偉大なクラブからオファーを受けることはとても名誉なことだ。しかし、ここに入れることもまた光栄なことなんだ」

     まず最初にリヴァプールでの奮起を語ったコウチーニョは続けて、「僕にとって複雑な1カ月だが。さっきも言ったようにオファーを受けることは光栄だが、ここにいることも喜ばしいことだ。もうすべては終わったことだ。僕は懸命に働くことに集中し、可能な限り良い1年にすることを望んでいる。僕はチームを助けなければならないんだ」と、移籍願望はありつつも最終的には残留し、今後はチームに貢献すると意気込んだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コウチーニョ、バルサ移籍騒動を語る「オファーは光栄だった」】の続きを読む


    レアルが公式戦73試合連続得点達成! ペレ所属サントスの世界記録に並ぶ 



    レアルが73試合連続得点の世界記録に肩を並べた [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     レアル・マドリードが、17日のリーガ・エスパニョーラ第4節レアル・ソシエダ戦で公式戦73試合連続ゴールを達成し、連続得点世界記録に並んだ。

     この試合でレアル・マドリードはU-21スペイン代表FWボルハ・マジョラルが19分に先制ゴール。これにより、同クラブは公式戦73試合連続ゴールとなり、サントス(ブラジル)が1963年に記録した連続得点世界記録に肩を並べた。なお、当時のサントスには“サッカーの王様”として知られる元ブラジル代表FWペレ氏らが所属していた。今回レアル・マドリードが打ち立てた記録は、2016年4月30日に開催されたレアル・ソシエダ戦からスタート。奇しくも、世界記録に並んだ試合の相手から始まっていた。

     なお、17日付のスペイン紙『マルカ』によると、この間に生まれたゴールは「198」。最も多くゴールを挙げたのはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで、49得点をマークした。フランス人FWカリム・ベンゼマが21得点、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(今夏にチェルシーへ移籍)が20得点と続く。負傷離脱が多かったウェールズ代表FWギャレス・ベイルは12得点にとどまり、これはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの13得点を下回るものとなった。

     まだまだ止まりそうにないこの記録。果たして、レアル・マドリードはどこまで得点をマークし続けるだろうか。まずは、20日の第5節べティス戦で新記録樹立を目指す。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアルが公式戦73試合連続得点達成! ペレ所属サントスの世界記録に並ぶ】の続きを読む

    このページのトップヘ