Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ: 海外リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 number.ismcdn.jp)



    ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カラバフとのアウェイゲームを振り返った。スペインマルカ』が伝えた。

    ビジャレアルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第2節でアゼルバイジャンのカラバフと対戦。試合は拮抗した展開の中ゴールレスで推移する。

    [4-5-1]の左サイドでスタメン出場した日本代表MF久保建英は、開幕節のスィヴァススポル戦で1ゴール2アシストを記録した勢いそのままに好プレーを連発。シュートクロスで決定機を演出した。

    しかし、ゴールを奪えないビジャレアルは75分に久保やカルロス・バッカをさげてテコ入れするも、78分に先制を許す展開に。

    それでも80分にジェレミ・ピノが同点ゴールを奪うと、85分に久保に代わって入ったパコ・アルカセルが逆転ゴールアディショナルタイムにもPKで加点し、1-3で勝利した。

    終盤に畳み掛けて逆転勝利を収めたエメリ監督は苦戦を認めながらも、先制されたことで目が覚めたと語った。

    「特に前半は拮抗した試合となった。彼らはチャンスを作ることなく自分たちの試合をプレーした。我々は悪くなり、思ったよりコントロールできなかった」

    「後半はプレッシャーが増していったが、最終的に目的を達成した。彼らのゴールは、我々が80分間やってきたことをを20分で加速させ、そして正当に勝利した」

    アーセナル時代にもカラバフと対戦した経験があるエメリ監督だが、その経験は少し役だったようだ。

    「2シーズン前で、彼らは似たようなチームだったと思う。明るいゲームクオリティの高い選手が揃っている。2年前にアーセナルでバクーで試合をしたように、プレスに適応することに苦労した。我々は冷静さを保つ方法は知っていた」

    ラ・リーガでもまずまずのスタートを切ったビジャレアル。ELでは若手選手を積極的に起用している中、エメリ監督としての狙いがあるとコメント。結果こそ残せなかったものの、久保やサムエル・チュクウェゼも評価した。

    「この大会に関しては、多くの選手を組み合わせ、若い選手が責任を持てるようにしたいと思っている」

    「彼らはトレーニングで準備をし、こう言ったゲームは非常に高いレベルプレーするという中でとても上手くやっている」

    「バエナとジェレミはとても良かった。久保とサム(サムエル・チュクウェゼ)も試合でよくやってくれた」

    連勝スタートとなったビジャレアルグループ首位に。次節は同じく連勝で2位のマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「久保とサムもよくやった」終盤逆転勝利のエメリ監督がELの狙いを語る「若い選手が責任を持てるように」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    今季レアル・マドリーからエヴァートンへと移籍し、プレミアリーグで見事なプレーを見せているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス

    スペインではジネディーヌ・ジダン監督に信頼されず出場機会が減ってしまったが、アンチロッティ監督の下で大復活を遂げている。

    10月17日に行われたマージーサイドダービーフィルヒル・ファン・ダイクと接触し、睾丸を打撲して血腫ができるというケガを抱えてしまった。

    だが彼はいち早く回復し、25日のサウサンプトン戦でもプレー。その早い治癒の秘密はこれなのか、SNSでは最近話題の「圧力治療機」を使っている場面が投稿されているぞ。

    これは『NormaTec』というもので、空気圧を使用して脚を圧迫し、循環系の活動を活発にし、打撲などケガの治癒を早めるもの…であるとのことだ。

    10年以上前から存在する器具であるが、まだ現時点で日本における展開はされていない。ただ、個人輸入などで海外から取り寄せているアスリートもちらほらいるようだ。

    先週末は復帰から間もなかったということもあってか、あまりパフォーマンスが良くなかったハメス。しばらくの休みがあったこともあり、11月1日ニューカッスル戦では本領を発揮してくれそうだ。

    ハメス、股間のケガに「締まる圧迫パンツ」導入!強力らしい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ハメス、股間のケガに「締まる圧迫パンツ」導入!強力らしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    インテルが29日、ベルギー代表FWロメル・ルカクの負傷を報告した。

    ルカクは27日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のシャフタール・ドネツク戦にフル出場したが、クラブによると、29日のMRI検査で試合後に違和感を覚えた箇所の状態を確認。左足大腿部の筋肉損傷が判明したという。

    離脱期間などの詳細は現時点で不明だが、追って報じたイタリアスカイ』によると、31日に本拠地で行われるセリエA第6節のパルマ戦だけでなく、11月3日に敵地で予定するCLグループB第3節のレアル・マドリー戦を少なくとも欠場する模様だ。

    また、11月8日に敵地で行われるセリエA第8節のアタランタ戦出場も現時点で流動的。今季もここまで公式戦7試合の出場で7ゴールの活躍を披露するルカクの離脱は同選手の得点力を生かした攻撃を展開するインテルにとって、痛手になりそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】インテル主砲ルカクが左足大腿部負傷 最低でもCLレアル戦含む2試合欠場か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    今季新加入の17歳MFペドリ、逸材が見せた妙技をバルサ公式インスタグラムが投稿

     昨季12シーズンぶりの無冠に終わったスペインの名門バルセロナは、今季クラブOBのロナルド・クーマン監督を迎えて新たなスタートを切った。開幕からここまで、17歳スペイン代表FWアンス・ファティを筆頭に若き才能を積極的に起用しているが、そのうちの1人が今夏ラス・パルマスから加入したMFペドリだ。注目度が高まっている17歳の逸材だが、バルセロナ公式インスタグラムが練習場で見せたワンシーンの映像を公開すると、ファンから「バルサの未来」「絶対的な宝石」などの声が上がっている。

     ペドリは、バルサにとって今季初陣となった9月27日リーガ・エスパニョーラ第3節ビジャレアル戦(4-0)に途中出場し、いきなり新天地デビューを果たすと、ここまでの公式戦全7試合に出場。さらにリーガ第6節ヘタフェ戦(0-1)以降、同7節のレアル・マドリード戦(1-3)、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ユベントス戦(2-0)とビッグマッチでスタメン起用されるなど、指揮官の信頼を勝ち取りつつある。

     ファティとともに“17歳コンビ”として注目度を高めるなか、バルサ公式インスタグラムは練習場でのワンシーンを捉えた映像を公開した。数人とリラックスした様子でリフティングをするなか、ペドリは高い軌道を描いて飛んでくるボールに対し、ジャンプしながら両足を交差させ、軸足の後ろに回した右足でキックする“ラボーナ”を披露。トップレベルのプロ選手にとって、練習中に見せる技としてはそれほど難易度の高いものではないものの、スロー再生された空中でのキックフォームは美しさを感じさせるものだった。

     バルサ公式インスタグラムがびっくりした表情の絵文字とともに映像を投稿すると、「世界最高の若手MF」「バルサの未来」「絶対的な宝石」「驚くべき!」「魔法」といった感嘆の声のほか、「彼は昨夜素晴らしかった」とCLユベントス戦での活躍を称えるものや、ジャンプしてラボーナする技が「ネイマールみたい」というコメントも寄せられていた。

     新生バルサの一員として17歳MFはどんな成長曲線を描いていくのか、多くのサッカーファンが熱視線を送っている。(Football ZONE web編集部)

    バルサの17歳逸材MFペドリ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「バルサの未来」 17歳新鋭MFに熱視線…練習中の妙技に海外注目「絶対的な宝石」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.soccer-king.jp)



    レアル・マドリードイツ代表MFトニ・クロースが、かつて所属したバイエルンとマドリーで異なる点があると明かしている。スペイン『アス』が伝えた。

    クロースは、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦にスタメン出場。チームはアウェイで2点を先取される苦しい展開だったが、終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のスコアで試合を終えている。

    クロースはこの母国ドイツへの遠征を利用し、試合後に現在ドイツ2部でプレーしている弟のフェリックス・クロースとポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で配信を開始。選手としての最高の逸話や試合後の感情などについて話し、ファンを沸かせた。また、配信の中でクロースは、2014年まで所属していたバイエルンとマドリーを比べ、ある“習慣”が違うと明かしている。

    バイエルンではCLの試合後に必ず大宴会が開かれるんだ。正直、気乗りしていなかったし、面倒に感じていた。僕はここ(マドリー)でのやり方の方が好きだね。マドリーでは試合が終わるとすぐ家に帰れるんだ。でも、ミュンヘンでは違った。家に帰るまで永遠の時間が流れているようだったよ」

    バイエルンとマドリーそれぞれの習慣は、合う選手と合わない選手ではっきり分かれるかもしれない。ただ、少なくともクロースにとっては、マドリーでの習慣の方が快適なようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」】の続きを読む

    このページのトップヘ