FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループCアルゼンチン2-0メキシコ(日本時間11月27日ルサイル スタジアム)

アルゼンチンメキシコは激しい局地戦が繰り広げられるバチバチの展開となった。中でも「絶対に負けない」と強い意志を感じたのが、五分五分のボール120%の全力スライディングを見舞ったデパウルとグアルダードの接触シーンだった。

【映像】意地と意地のぶつかり合い!ダブルスライディング

初戦に勝ち点3を拾うことのできなかったチーム同士の対戦は、序盤からインテンシティの高いゲームを展開した。

そして、注目の場面は11分に起こった。メキシコの攻撃をアルゼンチンが防いでボールがルーズとなったところで、まだボールを諦めないメキシコ代表MFグアルダードとアルゼンチン代表MFデパウルが、2人同時にスライディングをした。

ケガをしてもおかしくないような全力のスライディングについて、ABEMA視聴者は「なんてスライディングだ」「気持ち入ってるなー」と興奮気味の様子。解説の中山雅史氏は「ルーズボールへの反応も、お互いに激しいですね!」と闘志あふれるプレーを代名詞としていた現役時代を思い起こさせるようなコメントを残した。

このようにタックルを食らう場面では相手選手のカードを誘うためにわざと痛がることもあるが、2人は何事もなく次のプレーへと向かった。その表情からは勝利への強い執念が感じられた。

ABEMAFIFAワールドカップ カタール 2022)

退場上等!潰しにいく全力スライディング 絶対に負けられないアルゼンチンvsメキシコは激しすぎる肉弾戦


(出典 news.nicovideo.jp)