no title



マンチェスター・ユナイテッドレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、イングランド代表DFハリー・マグワイアの状態を懸念した。

昨季から不安定なパフォーマンスが続き、ユナイテッドではベンチスタートの機会が増えつつあるマグワイア。代表でも9月に行われたUEFAネーションズリーグドイツ代表戦で、スタメン発表でマグワイアの名が呼ばれた途端にファンからブーイングが生じる事態に。その試合では失点に直結するミスを犯してさらに批判が苛烈化するなど、まさに悪循環に陥っている。

イギリススカイスポーツ』に出演したネビル氏も、マグワイアの状況を憂慮。このままでは代表で先発から外される可能性が高いとしつつ、チームに有力なセンターバックが少ない事情も指摘した。

ハリーが負ったケガや現在のフォームはポイントになると思う。サウスゲイトは彼を守るためにも、彼をチームから外すことを真剣に考えるだろうね。彼はミスを犯しており、何もかもが思い通りになっていない」

「W杯を自分のフォーム探しにはできない。ウォームアップのための試合も準備期間もないのだ。ユナイテッド11月にフルアムと試合をした1週間後には、W杯に向けた良い準備が期待される。しかし、彼はユナイテッドで数週間プレーせず、今後3、4週間もそうかもしれない。サウスゲイトは他のセンターバックを選ぶ必要性を考えるだろう」

ハリーが良い状態にないのは確かだ。1週間前のイングランド代表での試合を見てもわかるように、彼はタフな状態に置かれているね。それでも、サウスゲイト監督は彼を信頼し、代表にいることを望んでいる。トレントアレクサンダーアーノルドがほかのサイドバックと競争するように、チームにもう3、4人トップクラスセンターバックがいれば、彼がチームに入ることはなかっただろう。ただ、現時点ではそうではない」

また、ネビル氏は批判を浴び続けるマグワイアの精神状態を懸念。自身の経験を踏まえ、然るべき機関で診察を受けることを勧めた。

「3冠を達成した次のシーズン、私はある臨床心理士の前にいたんだ。ブラジルでのクラブワールドカップ(CWC)、ヴァスコ・ダ・ガマ戦で2つのミスをしてしまい、大騒ぎになった。私はクラブで頂点に到達したが大きなプレッシャーがあり、その4、5カ月後にはショックを受けることになった」

「試合でボールが欲しくなくなり、チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリー戦では試合中に隠れてしまうこともあった。代表でも酷い目に遭い、ユナイテッドドクターから『誰かに診てもらう必要がある』と言われたのを覚えているよ」

「キャリアを終えるまでこのことは話さなかったが、6、7回の診察を受けて純粋に人と話し合い、対処法を探ったことも覚えている。フットボーラーにとって、広い視野は本当に大切だ。どんな選手にも悪い瞬間はあり、そこで求められるのが視野と対処法になる」

「私にその診察は効果があった。もちろん、すべての人に効果があるとは言えないが、ハリーフットボールの関係者から離れて癒しを求めるべき段階に来ていると思う。チームメイトコーチにこうしたことを話すのは、簡単ではないからね」


第3節はインテルvsバルセロナチェルシーvsミランなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)