no title



レアルソシエダの日本代表MF久保建英の今季2点目が改めて称賛されている。

ソシエダは2日、ラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦。この試合もノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートと2トップを組む形で先発した久保は、躍動する。

まずは8分、ボックス左のスペースに抜け出した久保がダビド・シルバからのパスを受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これを、ボックス内でセルロートが見事に蹴り込み、ソシエダが先制する。

その後打ち合いとなるも、3-4と逆転すると85分に久保が魅せる。

ソシエダはカウンターを仕掛けるとパスを受けたセルロートが持ち込み並走する久保へパス。久保はボックス内で相手DFと一対一となると、抜き切らずに左足一閃。右ポストを叩いたシュートネットを揺らした。

ソシエダのインスタグラムが改めてこの動画を投稿。現地のファンも改めて称賛の声を並べた。

素晴らしいゴール
「ついに超越した」
「なんていうゴールだ」
「タケとセルロートはゴールデンカップル
ゴラッソ
「何も言うことはない」

開幕戦に続いて今季2ゴール目。周囲との連係も試合を重ねるごとに上がっており、好調を維持。カタールワールドカップ(W杯)まで、どこまで調子を上げてくるのか楽しみだ。



第3節はインテルvsバルセロナチェルシーvsミランなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)