no title



現役引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に対する各クラブの反応が異なっている。

所属するメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミから今季限りでの引退が発表されたイグアイン。リーベル・プレートから19歳でレアル・マドリーへと移籍し、その後はナポリユベントスミランチェルシーといったビッグクラブを渡り歩いた。

イグアインの突然の引退には、かつて在籍したユベントスが公式SNSで過去のゴールを振り返ったほか、マドリー時代に師事したジョゼ・モウリーニョ監督(現ローマ)が惜別のメッセージを送るなど、一時代を築いたストライカーに歴代のクラブや関係者から労いの言葉が贈られている。

そんななか、ナポリはこれらの動きを完全にスルーイグアイン2013年夏に加入したナポリセリエA得点王に輝いたほか、3年間で通算91得点を挙げるなど絶対的エースとして君臨したが、2016年夏のユベントス移籍に憤ったファンからは大きな反発を呼んでいた。

こういった事情もあってか、ナポリイグアインの現役引退を「無視」。ライバルクラブへと去った元エースに対する遺恨は6年経っても消えていないようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)