no title



イングランドプレミアリーグアーセナルは29日、「MFエミール・スミス・ロウが、鼠径部の手術によって12月まで離脱する」と公式発表した。

今年22歳となったアーセナル期待の若手スミス・ロウであるが、9月4日オールド・トラッフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で鼠径部の状態を悪化させてしまった。

それからは長く患部の違和感や不快感に悩まされており、試合でプレーすることができなくなっていた。

そして発表によれば今週初めにロンドンで手術を受けることになり、およそ2ヶ月ほどのリハビリが必要になったという。

【動画】エミール・スミス・ロウが語る「最高のチームメイト」

これによって少なくとも10月11月の試合では出場できないという状況となり、もちろんカタールで行われるワールドカップも絶望となる。

おそらくそのワールドカップ終了後、ボクシング・デーにホームで行われるウェストハム戦あたりで復帰できるのではないかと予測されているようだ。

スミス・ロウ、W杯絶望…鼠径部の手術で


(出典 news.nicovideo.jp)