no title

今夏にバレンシアに加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、移籍の裏側を語った。『ESPN』がコメントを伝えている。

昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団していたカバーニは、数ある選択肢の中からバレンシアをジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督率いるバレンシアを選んだ。加入したのがすでにシーズン開幕後で、コンディションも整っていない状態だったため、デビューは若干遅れたが、17日に行われたセルタ戦で先発出場し、晴れてデビューを果たした。

移籍先としては母国からもオファーがあったようだが、凱旋に全く興味はなかったとのこと。35歳となった今でも、ヨーロッパの第一線で活躍したいという思いが強かったようだ。

ウルグアイクラブには失礼かもしれないけど、決して選択肢には入っていなかった。自分も周りも常に何を求めているのかが明確だった。そして僕にチャンスを与えようと声をかけてくれた人たちも、その明確な意思を示してきた。嘘をついたことはない」

ヨーロッパには多くのチャンスがあり、さまざまな場所に行くことができる。決断をが遅れたのは、自分の目的をはっきりさせ、どこに行くべきかをよく分析したかったからだ」

「キャリアの晩年だからこそ、自分が充実できるチャレンジにしたかった。移籍先を決めるのに時間がかかったのは、決してオファーがなかったからではない。考えられるだけ考えて、最終的な決断は自分が望んだものだけに限られる」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)