no title



レアル・マドリーが画期的なシステムトレーニングに導入した。

シーズンラ・リーガチャンピオンズリーグ(CL)を制したマドリー。今シーズンは連覇に向けてシーズンスタート。開幕3試合で3連勝と好スタートを切っている。

中盤の要であったブラジル代表MFカゼミロがマンチェスター・ユナイテッドに電撃移籍したものの、チームは強さを保っている状況だ。

そのマドリーは、トレーニングからハイレベルテクノロジーを使用していることが判明した。

それは、FKの壁。よく知る練習用の壁は、マネキンを数体立たせるものだったが、マドリーが導入したテクノロジージャンプするのだ。

コンピューターによる制御で、まず壁の高さを変更することができる。それも一体一体変えられるため、よりリアルな壁が作れる。

さらに、シュートに合わせて壁がジャンプ。今まで動くことがなかった壁が、本番同様に動くのだ。

このテクノロジーに目がいく一方で、それ以上にこの動画で驚くことが。なんと、出てくる選手のFKの精度が常軌を逸しているのだ。

登場するのは、ルカ・モドリッチ、ダニ・セバージョス、エデル・ミリトン、トニ・クロースの4名。なんと、全員が壁の上ギリギリを越え、さらにゴール左隅にしっかりとシュートを叩き込むから驚きだ。

ファンは「ついに壁も動くのか」、「これが最大の補強か」、「なんてクラブだ」、「素晴らしい!」とこの導入に称賛の声。また、「腹筋こんなにいる?」、「なんかもっこり」と壁のディテールにも注目が集まった。

ただ、それ以上に4人のFKに「巧すぎる」、「ギリギリ狙いすぎ」、「効果絶大だな」、「やばすぎる」と、選手の技術の高さが何よりも驚かせていた。

なお、このテクノロジー導入が影響しているのか、マドリーは開幕3試合で直接FKを2本決めている。今季最大の補強は、この壁かもしれない。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)