no title



またしてもこの男の左足が火を噴いた。

浦和レッズは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区準々決勝で、手倉森誠監督率いるタイのパトゥム・ユナイテッドと対戦し、4-0で勝利。先発出場となった元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグは36分に大量点の口火を切る先制点を挙げた。

36分、関根貴大が左サイドから力強いドリブルでゴール方向へ斜めに侵攻。同じベクトルにパスを出すと、松尾佑介がスルーしたボールはモーベルグの下へ。ワンタッチでボックス左に侵入した背番号10は迷わず左足を振り抜き、GKの手を弾く強烈なシュートをねじ込んだ。

ラウンド16でもアメージングな直接FKを含む2ゴールを挙げていたモーベルグは、これでJ1第25節のジュビロ磐田戦から公式戦3戦連発の5得点。驚異的な活躍を見せるレフティーには、「凄いしか出ない」、「今日もモーベルグ!」、「モーベルグ最高やな」、「DMK10」、「助っ人外国人てこういうこと」、「マジでモーベルグえぐいて!!!!」などの賛辞が相次いでいる。

大勝に次ぐ大勝でベスト4入りを決めた浦和。準決勝でもモーベルグの左足が輝きを放ちそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)