no title



 AFCチャンピオンズリーグACL)準々決勝が22日に行われ、浦和レッズとBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)が対戦した。

 3シーズンぶりの決勝進出を目指す浦和は、ラウンド16でマレーシアのジョホールダルル・タクジムを5-0で粉砕。一方、手倉森誠監督が率いるパトゥムは、香港の傑志に4-0で勝利して初となる8強入りを果たした。

 浦和は開始50秒に決定機到来。岩波拓也が自陣深い位置からロングボールを前方に供給。松尾佑介が相手の背後をとって抜け出し、相手GKとの一対一を制してゴール左下に流し込んだ。しかし、松尾がボールコントロールした際にその左手に当たっていたとして、主審のオンフィールドレビューで得点は取り消された。

 その後も先制の機会をうかがう浦和は25分、関根貴大がペナルティエリア手前で右足一閃。シュートは左ポストに当たってネットを揺らしたが、シュートコース上に立っていた松尾のオフサイドを取られ、これも得点にはならない。

 32分、浦和が正真正銘の先制点を獲得する。関根が相手に囲まれながらもボールキープし、ペナルティエリア手前のダヴィド・モーベルグにパス。モーベルグが左足を振り抜くと、強烈なシュートは相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 浦和は42分にリードを広げる。左コーナーキックから岩尾憲がインスイングのボールを供給。ニアに飛び込んだ岩波が頭で合わせて押し込んだ。浦和は2点リードで折り返す。

 後半に入ってからはパトゥムが幅を使って攻撃するようになり、浦和は何度かゴール前まで迫られる。それでも徐々に相手のペースに慣れてくると、65分に3点目を獲得。敵陣で相手のパスをインターセプトした伊藤敦樹がペナルティエリア手前まで運び、相手を引きつけてから中央に折り返す。パスを受けた小泉佳穂は左足を振り抜き、相手の股の間を通してゴール右下へと流し込んだ。

 勝利に大きく近づいた浦和は、66分からキャスパー・ユンカーら3選手を起用。さらに70分に酒井宏樹を下げて馬渡和彰を投入する。すると72分、途中出場の明本考浩が4点目をもたらす。後方でボールを持ったアレクサンダー・ショルツは、相手のプレス網の間を通して伊藤にパスを供給。伊藤がペナルティエリア手前まで運ぶと、ボールは江坂任を経由して、ペナルティエリア左の明本へ。明本は左足を振り抜き、ファーのゴール右上に突き刺した。

 試合はこのまま終了し、4-0で勝利した浦和がベスト4に進出した。東地区の準決勝は25日に行われ、浦和は全北現代モータース(韓国)と対戦する。

スコア
浦和レッズ 4-0 BGパトゥム・ユナイテッド

【得点者】
1-0 32分 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
2-0 42分 岩尾憲(浦和)
3-0 66分 小泉佳穂(浦和)
4-0 72分 明本考浩(浦和)

スターティングメンバー
浦和(4-4-2)
西川周作;酒井宏樹(70分 馬渡和彰)、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、大畑歩夢;ダヴィド・モーベルグ(66分 明本考浩)、伊藤敦樹(75分 安居海渡)、岩尾憲、関根貴大;小泉佳穂(66分 江坂任)、松尾佑介(66分 キャスパー・ユンカー)

先制点を挙げたモーベルグ [写真]=兼子愼一郎


(出典 news.nicovideo.jp)