no title

EU圏外枠の問題もありチームに登録することができないレアル・マドリーU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)だが、移籍先がようやく決まりそうだ。

ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。

EU圏外枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、ヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。

マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、エデル・ミリトンの3人で埋まっている状況。その中で、放出が予想されていたヘイニエルにはベンフィカが興味を示していた。

しかし、条件面で折り合いがつかずに破談。移籍先が見つからないままシーズンが開幕した。

そのヘイニエルだが、行き先として決定が近づいているとされるのがジローナだ。スペイン『アス』によれば、レンタル移籍することで合意達会という。

マドリーのOBであるロナウド氏が会長を務めるレアル・バジャドリー行きも噂された中、ジローナ行きが濃厚に。早ければ、今週末までに決着がつくとみられ、マドリーは一刻も早く決めたい考えのようだ。

ジローナの指揮官であるミチェル監督もヘイニエル加入を希望。マドリーとしても理想的な成長をさせてもらえるだけでなく、ラ・リーガの舞台でそれが叶うことは大きいとみているようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)