no title



イングランドプレミアリーグリバプールに所属していた日本代表FW南野拓実が、フランスリーグアンモナコに移籍することが決まった。中国のリバプールファンからは惜別の声が相次いでいる。

モナコは28日、南野の獲得を正式に発表した。先日にはクラブ間で合意に達し、残るはメディカルチェックのみと報じられていた。南野はクラブの公式ウェブサイトで「モナコに加入することができてうれしい。新しい環境を楽しみ、チームを助ける仕事がしたい」と抱負を語った。

南野は2020年1月に世界屈指の強豪リバプールに加入。選手層の厚さからなかなか出場機会を得られない中、昨シーズンは公式戦22試合に出場し10ゴールマーク。カラバオカップとFAカップでは重要な場面で得点するなど、チームの2冠獲得に大きく貢献した。

出場試合が少ないながらも結果を出し続けた南野の移籍に、リバプールの中国版ツイッター・微博(ウェイボーアカウントは「リバプールは南野の貢献に感謝する。彼の未来が順調であることを祈る」とコメントしている。

また、中国のリバプールファンからは次のような感謝や惜別の声が寄せられている。

「残念だよ」

「グッドラック」

カップ戦制覇の大功労者だ」

「終始主力として扱われなかった南野が、クロップ監督が獲得したことのなかった国内カップ優勝に導いたんだ」

ありがとう南野。モナコでうまくいくことを祈っているよ」

リバプールを離れてほしくないけど、モナコならより多くの出場機会が得られる。年末のW杯を頑張ってほしい」

「南野選手のフランスリーグでの活躍に期待している。ワールドカップ(W杯)でも死の組を突破してほしい」

「南野がリバプールにもたらしてくれたことに感謝。今シーズンカップ戦での貢献は偉大だった。モナコでの成功を祈る」

「今シーズン2個のカップを獲得できたのはあなたのおかげ。ずっと応援し続けます」

「決して多くない出場機会でプロフェッショナルを見せてくれた。機敏でゴールも奪える、アジアトップクラスの選手。これからのキャリアでより多くのことを成し遂げてほしい」 (翻訳・編集/北田

リバプールに所属の南野拓実がモナコに移籍することが決まった。中国のリバプールファンからは惜別の声が相次いでいる。写真はリヴァプールFCの微博公式アカウントより。


(出典 news.nicovideo.jp)