no title

 FC東京は30日、DF森重真人の負傷内容についてクラブ公式サイトで発表した。

 FC東京クラブ公式サイトによると、森重は20日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節の名古屋グランパス戦にて負傷。チームドクターの診察を受けた結果、右腹斜筋筋挫傷と診断された。全治は約4週間。

 現在34歳の森重は、中学時代にサンフレッチェ広島ジュニアユースに所属。ユース昇格は逃したものの、2006年大分トリニータへと入団した。2010年にはFC東京へと完全移籍し、キャプテンを任されるなどチームの中心として君臨。今シーズンも、明治安田生命J1リーグで8試合に出場して2ゴールJリーグYBCルヴァンカップでも2試合に出場しており、“守備の要”としてチームを後方から支えていた。

FC東京が、森重の負傷内容を発表 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)