アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋の状態を語った。クラブ公式サイトが伝えた。

シーズンからアーセナルに加わった冨安。加入直後に右サイドバックポジションを掴むと、チームの状況が好転。また高い守備能力がファンの心を掴み、一気にレギュラーとなった。

しかし、今年に入ってからコンディションに問題が。昨シーズンセリエAから東京オリンピック日本代表活動などフル稼働した影響もあるのか、1月20日のEFLカップ準決勝のリバプール戦を最後にプレーしていない。

ふくらはぎのケガが長引き、日本代表の活動も2回続けて欠場している状況。復帰の目処が立っていない状況だった。

そのアーセナルは現在プレミアリーグ3連敗中。ここからチェルシーマンチェスター・ユナイテッドウェストハムと上位陣との大事な3連戦を迎える。

そんな中、チェルシー戦を前にした記者会見アルテタ監督は負傷者についてコメント。冨安について言及した。

「トミはとても近づいている。この試合が彼にとって早過ぎるかどうかについては、今日のトレーニングセッションの後に判断することになる」

冨安は11試合連続でリーグ戦を欠場中。トップ4フィニッシュのためには復帰が待たれるところだが、アルテタ監督は慎重な姿勢を崩さないようだ。

また、FWアレクサンドル・ラカゼットについても言及。「彼はCOVID-19に感染していて、数日間不在だった。だから、我々は彼が何らかの形でチームに貢献できるのかどうか、彼がどういう状態かを把握しようと思う」とコメントチェルシー戦での復帰は不透明なようだ。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ
>詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)