no title

バルセロナチャビエルナンデス監督が、チームの快勝を振り返った。スペインマルカ』が伝えた。

27日、ラ・リーガ第26節でアスレティック・ビルバオと対戦したバルセロナ。ミッドウィークヨーロッパリーグ(EL)プレーオフでナポリに圧勝。良い流れでこの試合に臨んだ。

すると37分にピエール=エメリク・オーバメヤンが先制ゴールを決めると、73分にはウスマーヌ・デンベレ、90分にルーク・デ・ヨング、94分にメンフィス・デパイとゴールを重ね、4-0で圧勝を収めた。

試合を振り返ったチャビ監督は、チームの成長に手応え。難しい試合でもしっかりと戦えて良かったとした。

チームがどんどん良くなっており、とても良くトレーニングしているので期待していた。ライバル素晴らしいチームだった。シリアスな試合をプレーしたと思う」

「負けた後のプレッシャーもあり、守備は堅かった。感覚は良いし、それが取り組んでいることだ。ファンとの調和を含め、全てにおいてとても幸せだ」

また、今冬にはオーバメヤンの他、アダマ・トラオレ、フェラン・トーレスと攻撃陣を補強。その成果が出ていることに加え、ケガ人が戻って結果を残していることも喜んだ。

明らかゴールを決める選手が加わった。オーバメヤン、アダマ(・トラオレ)。そしてデンベレが復活した。メンフィス(・デパイ)は負傷していたが、ゴールを決めている」

ルーク(・デ・ヨング)が戻りゴールを決めた。アスレティック相手に4点を奪うのは簡単ではない。マルセリーノのチームは守備で上手く機能していた」

そんな中、途中出場で1ゴール2アシストのデンベレについても言及。対談も噂された中でのこの活躍に、大きな期待を寄せているようだ。

「彼が残るのは私の問題ではない。彼はとても上手く機能しているし、私は彼を守る。彼は彼がしたいことができる」

「彼には多くの可能性を感じている。左でプレーすること、右でプレーすること、ゴールを決めること、パスを出すこと…色々だ」

いよいよCL決勝トーナメント開幕!
決勝まで全試合をWOWOW生放送生配信
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)