no title

38歳にして古巣バルセロナに戻ってきたブラジル代表ダニ・アウヴェス。

先日行われたエクアドル戦に出場した彼の代表キャップ数はセレソン史上3位となる120に到達している。

『Mundo Deportivo』によれば、真面目さと献身性が自分の強みだと自己分析していたそう。

ダニ・アウヴェス

「自分はこの偉大で歴史的なユニフォームを守るための経験、献身性、真剣さをもたらすことができると思う。

ブラジル代表での自分にはオプションや可能性があると思って、常に見てきた。

それは自己バイアスのせいでも、豊富な試合経験があるからでもなく、自分のコミットメント、ディシプリンキャラクターによるものだ」

「(ダニーロやアレックスサンドロなど他のブラジル人SBとの違い)

違うのは彼らはとてもフィジカルで、自分はもう少しテクニカルだということ。そして、自分はゲームの仕組みをもう少し理解できる。

自分はプレーメイカーのようにもなれる。それは自分の人生でも常にやってきたことでもあるしね」

フィジカル面では劣るものの、テクニックと試合をコントロールする技術に長けていると自負しているようだ。

【動画】これが全盛期ダニ・アウヴェス!宿敵レアルを粉砕した爆裂シュート

また、アウヴェスは「ブラジルは他のポジションも支配しているから、様々なプレー法を生み出したと思う。ブラジルはそのパラダイムを少しシフトさせることで、他の国とは違う流儀になっている」とも述べていたそう。

38歳ダニ・アウヴェスが教える!他のブラジルSBにはない「巧さ」とは


(出典 news.nicovideo.jp)