no title

バルセロナオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの売却を検討しているようだ。

前体制から引き継がれた負の遺産により、極度の財政難を抱えるバルセロナ。選手の給料をカットするなど、様々な方法で負債を減らそうと努力しているものの、その道のりは長い。

そんな中、『El Chiringuito TV』のジャーナリストであるホセ・アルバレス氏は、バルセロナが8600万ユーロ(約111億円)もの莫大な移籍金で獲得したデ・ヨングの売却を強く検討していると主張。深刻な財政難に陥っている中で、現時点で最も市場価値が高いとされるオランダ人MFを現金化することを目論んでいるようだ。

加えて、6日に就任が発表されたチャビエルナンデス新監督は、ロナルド・クーマン前監督の寵愛を受けたデ・ヨングを放出候補と見ているという。

なお、デ・ヨングにはバイエルンマンチェスター・シティからの関心が噂されている。

チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)