no title

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドマンチェスター・ユナイテッドを救う活躍を再び披露した。イギリスデイリーメール』が報じている。

チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節でヤングボーイズ戦にまさかの逆転負けを喫して、黒星スタートのユナイテッド。29日に本拠地で行われた第2節のビジャレアル戦も先制を許す苦しい展開だったが、2-1の逆転勝利で飾り、今大会初白星を手にした。

そんなユナイテッドで大きな輝きを放ったのが今夏に12年ぶりの凱旋を果たして以降もファンの期待にしっかりと結果で応え続けるC・ロナウド。1-1の後半アディショナルタイム5分、ボックス右の厳しい角度から右足シュートをねじ込み、逆転弾をマークした。

この試合を通じてシュートを打てる場面でお膳立て役になろうとしたりとやや消極的なプレーが目についたものの、最後の最後に“夢の劇場”を狂喜乱舞させたC・ロナウド。試合後、イギリス『BT Sport』で結果を喜び、改めて強い決意と覚悟を示した。

「戻ってきたのはこのためだ。このクラブのことがすごく恋しいんだ。僕にはこのクラブとの歴史があり、自分のためだけじゃなく、チームを後押しするためにも、もう一度やりたいんだ」

「仮に今日、(3)ポイントを獲れなかったら、次のステージに進むのが難しくなってしまっていただろう。でも、今やすべてが可能で、すべてが開かれていて、突破できると信じている」

また、オーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、「クリスティアーノがピッチにいると、常にチャンスがある。彼はゴール前で優れ、観客や選手を含むすべての人に影響を与える」とコメントしている。

36歳でのユナイテッド復帰だったが、レアル・マドリーユベントスを渡り歩く間によりゴールスコアラーにバージョンアップした姿で、ここまで公式戦5試合の出場で5得点とさすがの活躍を披露するC・ロナウド。これからも一挙手一投足から目が離せない。

チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)