リバプールスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが少なくとも公式戦2試合を欠場することになった。

チアゴは、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし、試合中にふくらはぎを痛めて62分にMFナビ・ケイタとの交代でピッチを後にしていた。

リバプールアシスタントマネージャーを務めるペピン・リンダース氏は20日にクラブ公式のインタビューで、最新のチームニュースに言及。チアゴが少なくともEFLカップ3回戦のノリッジ戦、リーグ次節のブレンフォード戦を欠場することを認めている。

「チアゴに関しては先日の試合後に(ユルゲン・クロップ)監督が言ったように、ふくらはぎを痛めていた。どのくらい時間がかかるかは今は言えないが、明日も週末も無理だろう」

「検査の結果を見て、適切な診断をするつもりだ。彼は試合を支配していたし、私の意見では適切なプレーメーカーだったから残念だ。彼を失ったことは残念だよ」

「1週間で2人の影響力のあるミッドフィルダーを失ってしまったのは痛手だ」

また、リンダース氏はその他の離脱者の最新情報についても言及。ハムストリングのケガで公式戦3試合欠場中のブラジル代表FWロベルトフィルミノ、体調不良でパレス戦を欠場したイングランド代表DFトレントアレクサンダー=アーノルドウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズの3選手の欠場を明言している。

「まず、トレントから話そう。我々の試合は、基本的に12時パレス戦から始まっている。彼は責任を持ってドクターと話をした」

「それは簡単なことではない。多くのプレーヤーは多少の不安や体調不良があっても、すべての試合でプレーをしたいと思っているからだ。しかし、彼は責任を果たした」

トレントには、新型コロナウイルスのような症状はないが、我々はそれに関係なく検査を行う。彼は数日で回復するだろうが、ノリッジ戦は早すぎる」

「また、ボビー(フィルミノ)もチームトレーニングの一部に参加する予定だが、彼もまだ準備ができていない。しかし、経過は良好だ。ネコも順調に回復しているが、明日はまだ早い」

チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)